カテゴリー「西洋シャクナゲ大輪」の6件の記事

2017年5月 4日 (木)

生きる力を与えてくれる「西洋シャクナゲ大輪」

P1020849【誠に美を表現する西洋シャクナゲ大輪】・・拡大してご覧ください。

 私が西洋シャクナゲと貴重な日本シャクナゲを育て始めたのは、群馬県の高校音楽の授業で副教材として歌集「しゃくなげ」を使っていることに起因します。
 
 初めの頃は花のシャクナゲについて殆ど知識がありませんでしたが、教材で使ってるのに教える本人がこの植物を知らないでは済まされず、花木センターや群馬県北部の山岳で見つけ、その純朴な花に感銘し、ついに自らシャクナゲを集め、育て始めました。
 
P1020847【家の中から観賞できる位置に植えてある】
 
 現在、育ててるのは日本シャクナゲ3本、西洋シャクナゲ5本です。これ以外に以前に3本ほどありましたが、私の育て方の未熟さで枯らしてしまった苦い体験に基づき、現在では平地で無理があっても工夫しつつ良い花が咲くよう試行錯誤の連続で既に30年以上取り組んでます。
 
 師匠がいないということは失敗から学ぶのみです。その代わり、二度と同じ過ちを繰り返さない真剣な管理は年中無休です。
 
 特に、花が咲き終わった6月~8月の夏場の管理こそ、手が抜けません。それは何と言っても、直射日光を嫌う植物であるが故、常に半日蔭になってるかどうかです。地球規模で気象変動が起こり、午前10時から午後4時ころまでの直射日光は強烈です。この直射日光に当たればすぐ葉が萎れます。直射日光が避けられないときは人工的に遮る工夫を施します。
 
P1020646 【種類の異なる西洋シャクナゲ大輪は二つ並んで植えてある】
 
 ところで、今までも記述しましたが、シャクナゲは開花してる今の時季に多量の水を必要とします。水を与えると新芽が勢いよく育ち、その相関関係を会得しました。
 
 一方、水はけのよい土地が必須条件です。この矛盾を解決する方法は、一般の植物より、20㎝ほど土盛りして植えれば、解決します。人間の食事より先に行う朝晩の水遣りは今後の期待感につながり、楽しいものです。高齢化社会にあって「心の中に期待感があるかないか」は、その人の生きる力に関係すると実感します。
 
P1020861【花が咲きつつ来春の新芽が勢いよく育つ】
 
 ところで、昨年まで上の西洋シャクナゲは元気がありませんでした。新芽に勢いがなく、花も寂しいものでした。肥料を与えても変化はありません。このため思い切り、一度掘り起こしてみました。
 
 どうしたことでしょう。理由が分かったときの私の心境は「やられたか」でした。それは半日蔭の場所に選んだことは正解でも、近くにあった半日蔭を作る大きな梅の木の根がシャクナゲの所を占領してるではありませんか。「なるほど」良かれと思ってしても、物事にはマイナス面があるのです。
 
 梅の根の一部を切り取ったり、シャクナゲの方に張り出してる地中の太い根を鋸で切断しました。そして、シャクナゲを今までより高く植え直しました。その結果が一番上の写真のように大きく開花です。
 
 咲かないには咲かない理由があるのです。その結果、今春は花も大きく、新芽が溌剌と伸びてます。5年ほど前、花の色彩に非常に魅力を感じたことから埼玉県花園町でゲットしましたが、その後元気がなかったのです。
 
 P1020858 【根の周りをクレーターのようにしてある】
 
 水が深くまで浸み込むように、根の周りを水が溜まりやすくし、現在は花と新芽の育つ時季なので一日3回の水遣りです。夏の期間は通常朝夕のみです。お礼肥として六月に、また一月に蕾に栄養を与えるつもりで油粕を根から離して施します。
 
 一方、西洋シャクナゲの一種として白い「フィリスコーン」が咲いてます。雄大で品格が人を惹きつけます。
 
P1010025
 
 現在、庭はシャクナゲ園の様相になり、前の道を通る方々や来客を感銘させる雰囲気を有し、これも励みになって毎日、忙しく管理してます。西洋シャクナゲ大輪は13年間、余儀なくされてる一人暮らしと、既に1万3千回を超える孤食の寂しさを吹き飛ばしてくれてます。シャクナゲは日々「私に力強く生きるべき」と教えてくれます。
 

| | コメント (6)

2016年3月31日 (木)

一年間の世話が実り、西洋シャクナゲ大輪が開花

P1000854 【八分咲きになった西洋シャクナゲ大輪】・・・Enlarge please!

 群馬県の高校では音楽科の副教材として歌集「しゃくなげ」を使用してます。改訂を繰り返し、すでに50年も音楽の授業で使用されてきました。私も職業柄この歌集を教科書とともに使用しました。歌集の命名者は初版時の先輩教員の方々です。おそらくシャクナゲが群馬の山岳に咲く代表格と捉えたのでしょう。

P1000877_2  ですから私の現役時代には「シャクナゲ」という言葉が常に身近にありました。しかし、本来、植物であるシャクナゲについてはあまり知識がなく、恥ずかしい状況で、植木屋巡りをしていたある日、ピンクのシャクナゲを目にした瞬間、その美しさと品格に感銘し、これがシャクナゲかと驚き、以来、歌集シャクナゲより、本物のシャクナゲの虜となり、これが元で30年以上に亘り、種類の異なる8本のシャクナゲを育てています。

 西洋シャクナゲ5本、日本シャクナゲ3本です。実はブログ内での質問に、この二者の違いを問うアクセスが数多くあります。

P1000862  先ず、日本シャクナゲは【葉の裏側が茶色】です。葉は幾分か表から裏にかけて両端が丸みを帯び、花の色は一見、地味で、白っぽい中に薄いピンクが漂うものが多いです。しかし、色彩に純心さと深み、何よりその絶対的な品格は女王を彷彿させ、人間の心を捉えます。

P1050054 【日本シャクナゲ・・・2年前の写真より】

 一方、西洋シャクナゲは、概して色彩が豪華です。歴史的に交配が繰り返えされ、人為的に作られた品種であり、色彩は多種に亘ります。葉は一般の他の植物に似てます。葉の裏は緑系です。

 一般にシャクナゲと言えば、殆どが西洋シャクナゲであり、数でも圧倒的に西洋シャクナゲが多いです。その点、日本シャクナゲは稀少であり、植木屋巡りをしても出合うことは難しいです。

P1000857_2 【西洋シャクナゲ】・・・Enlarge please! 

 ところで、シャクナゲを育てるポイントは「植える場所」です。真夏の直射日光を嫌う性質から大きな木の下など半日蔭のところです。しかし、冬季には蕾を大きくするため太陽光が必要です。この矛盾に対する答えは簡単です。大きな落葉樹の下に植えることです。

 一方、植える場所は水はけが良いところです。高めの土地や、少々土盛りすればジメジメしません。しかしながら、年間を通じて水遣りは必要です。土の表面が乾いたら潤します。

P1000858【花びらの上に細かい点々がある】

 不思議なことに、花弁には上下があり、中の点々は花弁の上部のみにあります。これはスミレが猿の顔のように上下があるのと似てる現象です。

 肥料は年に2回で、5月にお礼肥、1月に寒肥えです。根から20㎝ほど離して油粕を与えます。

 庭にはこれから次々にシャクナゲが咲きます。家族がいないので私一人で眺めてはもったいない心境です。お近くの方は見にいらしてください。

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

西洋シャクナゲ大輪が開花・・・人生も斯ありたい

P1020232  ラニーニャ現象の影響でしょうか、多くの植物の開花が遅れてます。今春の桜の開花は当地でも1週間から10日ほど遅れました。それでも高崎公園や近くのお堀端、七輿山は例年と同様に日本の春を豪華に演出しました。

 家のシンボル「西洋シャクナゲ大輪」は例年ゴールデンウィークに満開ですが、今春はやっと今になって蕾がほころび始めました。 毎年、昼の長さは狂いがなくとも、今年の2月~3月は厳寒が続き、日照時間も影響してるのでしょう。

 各地で豪雪が続き、日本全体が冬から春にかけて異常低温でした。この遠因は日本から遥か遠方のペルー沖に広がる太平洋の海面温度が通常より低いと伝えられ、その反動でインドネシア近海の海面温度が高くなり、日本上空に吹く偏西風が通常より南下し、それによってシベリア寒気団が長期にわたり日本列島に居座り、日本海側の各地が豪雪になったのではないかといわれます。

 秋田市の鳩友・鈴木鳩舎によると悪天候続きのために競翔日程が予定通りに消化せず、その後も予定がずれ込み、現在はすでに1000Kの頃ですから大変な日程と推察してます。

 前述のラニーニャ現象と対を成すものはエルニーニョ現象といわれ、こちらは海面の温度が通常より上昇し、その反動でインドネシア近海の海面温度が下がり、日本上空に流れる偏西風の動きに作用し、延いては日本列島も異常高温など気候変動が起こるとの解説を耳にしたことがあります。

 ところで、ペルーの公用語であるスペイン語でラニーニャとは少女のことを指し、エルニーニョは少年を意味するようです。それは微笑ましい形容ですが、集中豪雨など気象に重大な影響を与えるとなると少年少女であっても侮れません。

P1020205  写真では花の大きさが分かり難いでしょうが、一つの蕾から10個ほどの花が咲くので花が集合して咲きます。蕾はシャクナゲ全体で200個ほどあり、すべて開花すると誠に豪華になります。

 私一人で見ていては勿体ないので、前の道を通る人にシャクナゲの近くでご覧いただくため看板を出してます。

P1020235  庭には、この他にも日本シャクナゲや西洋シャクナゲが幾本かあり、開花が終わったら、小型や中型のシャクナゲを移植する予定です。場所は大きなしだれ梅の下に間隔をあけて並べ、シャクナゲ園の雰囲気を作りたいと考えてます。前にも述べましたが、シャクナゲには多様な色が存在しするので、色彩バランスを考慮し近未来には、より楽しめるように配置したいです。

 歌曲「夏の思い出」の歌詞に「シャクナゲ色にたそがれる」とありますが、シャクナゲは紅、ピンク、紫、白、二色混合など多種多様なので作者はどの色を指してるのでしょう。

http://www.youtube.com/embed/mu8KdO7CbBg

 表題の人生も斯ありたいですが、私が演奏する楽器がサキソフォンで16才から吹いてます。ベルギーで生まれたサキソフォンを、もし日本的に書けば「咲きそう本」でしょうか。

 咲くか咲くかと思わせながら、一向に咲かない我が人生です。 西洋シャクナゲの如く、人生も「咲きそう」を脱皮し、真に開花したいものです。

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

花見に間に合うか・・・西洋シャクナゲ大輪

P1020185  群馬県・館林市の花山公園はツツジの名所です。15年ほど前、ここで購入した西洋シャクナゲを乗用車117クーペのトランクに積んで我が家まで50Kmほど運んだのですから、当時の私は燃える男でした。このシャクナゲに心底から惚れたのでしょう。

 植木を購入する際の鉄則は、開花した花弁の色を確認することです。 蕾のまま購入しては、正札によりおよその色を知って期待していても、実際、開花すると予想と異なり、がっかりすることがあります。その点、枝ぶりは常に確認できます。

 この西洋シャクナゲ大輪は色を確認して購入したので、毎年、この時季にピンクの大輪が咲きます。最近、急に蕾が大きくなり中のピンクが見えてきました。

 下の写真は昨年の開花です。

430 【クリックしてご覧ください。】

 購入当時に比べ、全体的にずいぶん大きくなり、枝の周囲はおよそ5mです。良くこんなに育ったものですが、まだ大きくなる気配です。植えてある場所は玄関前の築山なので大きくなっても大丈夫です。築山の高さはおよそ50㎝で水はけ抜群です。

 矛盾するかの如くですが、水はけが良いところで水を必要とすると考えてます。このためシャクナゲは築山が相応しいとともに、水を与えやすいことが大切と思ってます。

 私は肥料を殆ど与えませんが、与える場合は根元から1m以上離し、ほんのかすかに、じわじわ影響が出る程度です。

 水については、両親から譲り受けた井戸により自家製ポンプで汲み上げ、蛇口を捻れば与えられます。水を十分に与えると植物は生き生きしてきます。根元をクレーターのようにして水を溜め、効果的に根に浸みる工夫をしてます。

 気をつけることは、5月下旬の強烈な直射日光に新芽が焼けたり萎んでしまうので、一時的に太陽光を遮るものを覆う必要があります。

 ところで、夏から秋にかけ来春の蕾が大きくなり、あまりにもたくさんなので、近年では12月に、もったいなくても蕾を70~100個も摘みます。一つ一つの花が大きいので開花しても摘んだことが分かりません。毎年、平均して開花するには、この作業が欠かせません。しかし、小さなシャクナゲでは必要ありません。

http://www.youtube.com/embed/oz-Brag2iZI 

 ところで、6日は現役時代のお客様やその友人たちを招いて西洋シャクナゲ観賞会です。BYOB方式=Bring Your Own Booze又はCateringでお料理や飲み物を持寄ります。予想では咲き始める頃ですが、満開には至らないかもしれません。でも、かなり咲いてくれるでしょう。満開でない場合は拙いピアノ演奏で代用させてもらうつもりです。【カッキーやるねえ。】 

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

大器晩成の如く咲く西洋シャクナゲ大輪

434 【写真をクリックしてください。】

 まるで女王の風格を持つ西洋シャクナゲ大輪が玄関前に咲いてます。年間の手入れが功を奏し(?)と言っても過言ではないでしょう。

 こんなにたくさん開花しても昨年12月に蕾を100コ摘みました。現在、咲いてる花は運よく摘まれなかった生き残りです。蕾を摘むときは摘まなければ咲くのにと、もったいない気がしてなりません。しかし、毎年平均して咲かせたり樹勢を考慮すると、この作業は欠かせません。ですから、現在開花してるのは涙の結晶なのです。 100コ摘んでも、鑑賞する人には摘んだ結果であることが分からないでしょう。

 前の道を通る方々に看板をご覧頂いてます。今朝も元・高崎女子高校の校長先生が愛犬の散歩中、庭に入って来られ、このシャクナゲ大輪を素晴らしいと褒めてくださいました。彼は芸術家で音楽美術に造詣の深い方です。美を見る専門家に褒めていただき私は嬉しくなりました。

 アップにすると中が良く観察できます。それぞれの花弁内には必ず上の方に点々の模様があります。最近気がついたことですが、シャクナゲに限らず多くのツツジもそうで、この模様が逆さになりません。必ず上にあります。これはスミレでもそうで、上下が逆さにならないことは自然界の神秘の一つです。

 今の時季、春の花々が終わりを告げる頃です。その中にあって、大器晩成の如く咲き出してるので目立ちます。

 概して言えることですが、西洋シャクナゲは自然の色とは思えないほど強い色彩を持つものがあります。

 余り紹介されてませんが、欧米では数世紀にわたり植物学者によって品種の改良が繰り返され、その結果として現在多くの西洋シャクナゲが存在します。しかし、このピンクは目に優しいので自然に近いと言えるでしょう。

 その点、日本シャクナゲは目に優しい色彩がほとんどです。品種名があっても、例えば「屋久島シャクナゲ」や「アズマシャクナゲ」という風に地名が品種名になってます。

 ところで、このように大きな西洋シャクナゲの育て方にはポインドがあると悟ってます。今までも数回書きましたが、第一に水はけのよいところが肝心です。写真は築山の上に植えてあり問題ありません。

 このシャクナゲの上には覆いかぶさるように枝垂れ桃があるので半日陰を作ってます。桃は冬季に落葉するので寒い時季に陽を浴びられます。夏は直射日光を遮ってくれます。

 日々、水はたっぷり与えてます。「水はけがよいところで水をたっぷり与えます。」私は雨水を防火用水に溜めて与えます。

 肥料は鶏糞を施しました。鶏糞は他の肥料に比べ格安なので助かります。化学肥料よりじわじわ効いて自然でしょう。

 それから、前述の蕾を摘み取ることが平均して毎年開花します。しかし、小さい西洋シャクナゲでは蕾は大切なので余り摘まないほうが賢明です。摘むのは樹木が大きくなったてからと考えます。

| | コメント (2)

2010年5月 7日 (金)

我が家のシンボル・・・鳩舎と西洋シャクナゲ大輪

 この写真を、もしイギリスのレース鳩月刊誌「ビクトリアル」編集部へ送れば、表紙に採用される可能性を秘めてます。

  以前にもこのように花木と鳩舎を三度送りましたら、すべて表紙に採用され世界57か国の人たちにご覧いただいたことがあり、この写真も何となくそう思われます。イギリスがガーデニングの国であることから、レース鳩を飼育してる競翔家もこの西洋シャクナゲ大輪にホッと癒されるかもしれません。

 それにしても、この西洋シャクナゲは花弁が大きく一固まりが直経15センチほどあります。蕾の濃いピンクと開いたピンクの色合いがマッチして優雅な雰囲気を醸し出し、「シャクナゲの女王」とでもいう風格を備えています。

 今から15年ほど前、群馬県館林のツツジが丘公園のシャクナゲ専門店で購入し、当時乗っていたいすゞ117クーペのトランクに積み、咲いたまま私の家まで50キロほど運びました。当時の大きさは直経70センチほどでしたが、どうしても魅力に取りつかれ、この千載一遇のチャンスを逃してはならないと感じたのです。

 以前にも述べましたが、花木を購入するときのポイントは開花の色を自分の目で確認することです。今でもこれは正しいと思ってます。

 この西洋シャクナゲが植えてあるところは築山で、庭より一段高い所です。 シャクナゲの生育にとって不可欠なことは水はけのよさと、半日陰です。築山の中央には大きなしだれ桃が覆いかぶさり、真夏の直射日光を遮ります。また、築山の高い所はクレーターの様に水が貯められるようになってます。

 このクレーターにはポンプで汲み上げた井戸水と鳩舎の屋根からの雨水が貯まり、次第に地中に浸みてゆき、根元に水分が届く仕組みです。これも鳩舎と西洋シャクナゲの密接な関係です。

 西洋シャクナゲは築山の端に植えてあり水はけは抜群です。水の必要性と水はけの徹底という相反することがシャクナゲ生育のポイントであることを体験から学びました。

 今年のように天候不順であっても、五月の快晴の日は真夏の太陽と変わりなく、生まれたばかりの新緑は炎天下の暑さで萎びてしまいます。この注意を疎かにすると来春の開花に支障がでます。上の写真は赤紫や薄紫のツツジと大輪シャクナゲの三種の色合いのバランスがとてもいいと感じます。

 現在は、まるで生きてる動物のように時間とともにどんどん開花してきます。おそらく蕾は100個以上でしょう。それでも2カ月ほど前、すでに100個の蕾を摘まみました。もったいない気がしましたが、そのままにしてすべて咲かせると木が弱ったり、来春の開花が期待できなくなります。このシャクナゲの周囲は5mほどです。

 このままの調子で10年もするとかなり成長が期待され、土止めの石を50㎝ほど広げて、根元に鹿沼土と黒土を入れてやることがより良い生育に大切と考えてます。

 私は25年ほど前から日本シャクナゲと西洋シャクナゲの魅力に取りつかれ、今では11本のシャクナゲが4月から5月にかけて次々開花します。倉賀野郵便局の裏の方ですから、お近くの方は鑑賞にお出かけください。鳩を飼っている家と訊けばすぐ分かります。お茶をサービス致します。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査