カテゴリー「健康的な夏の過ごし方」の58件の記事

2022年8月 8日 (月)

人生の 前半音楽 後半植物

Img_3606
  
 現職時代は音楽漬けの日々でしたが、退職と同時に生活環境が一変し、音楽演奏や音楽鑑賞は少なくなりました。その代わり、森のような庭に住み、植物の世話が中心の生活になってます。
  
 特に夏は人間のみならず、植物が水不足にならないよう細心の注意をしますが、これには植物に対する丁寧な観察が基本です。
  
 来年も多くの植物がより良く咲くように配置替えしたり、日々、植物を蝕むものを撤去したり、風の流れを良くしたり、剪定したりで光合成を促し、結果的に新鮮な酸素を吸収しつつ、肉体作業となり、私自身の健康づくりになってます。
  
 まだまだ暑い日々ですが、今日は朝から天気が良いので群馬高崎では景色抜群の牛伏山の自然に触れ、残り少ない夏を満喫します。
  
Dear my friends who like forest and castle 
  When I was incumbent, I was immersed in music, but after I retired, my living environment has changed completely, and playing music and listening to music decreased. Instead, I live in a forest-like garden and concentrate on plant care.
 
 Especially in summer, I take great care not only for humans but also for plants so as not to run out of water, but this is based on meticulous observation on plant.
 
 I will rearrange many plants so as to bloom better next year, remove tiny vermin that eat plants every day, improve the flow of wind, and pruning to promote photosynthesis. While breathing fresh oxygen, it becomes a physical work and it is my own health promotion.
 
 Although it is still hot days, the weather is fine from the morning today at Takasaki-city in Gumma prefecture, so I will visit Mt. Ushibuse where the scenery is breath-taking to taste the nature for my heart' content. And there is a castle on the summit.
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (2)

2022年7月 4日 (月)

大切な 水分補給 忘れずに

Img_3516
  
 写真の花は玄関前のハイビスカスです。直径が大きく12cmほどです。大きな花は色彩とともに目立ちます。蕾がたくさんあり、これからも楽しめます。
  
 ところで、AUのスマホについて、ラインは使えますが、すでに50時間以上に亘り、電話が使えません。普通電話が近くに無い場合や、周囲に人がいない場合では緊急事態に困ります。
  
 一方、東シナ海にある台風4号の接近により、今日は今までより涼しいと予想できますが、引き続き、水分補給が大切です。
  
 というのは、今までたくさん汗を掻いたことで、体内の水分が不足していると考えられます。暑く感じなくても時々、水分を摂り、身体内部を労わりましょう。
  
【英文は、これからラジオ体操に行くのでその後になります。】English composition will be expressed after the radio gymnastics held in nearby park.
 
Dear my friends throughout the world
 The flower in the photo is a hibiscus in front of the entrance. The diameter is about 12 cm large. Large flower stands out with color. There are so many buds that I and you can enjoy the blossom from now on.
 
 By the way, as for the AU smartphones, the line can be used, but the telephone cannot be used for more than 50 hours already. If we don't have a regular phone nearby, or if there are no people around us, some people will be in trouble in an emergency.
 
 On the other hand, due to the approach of typhoon No. 4 in the East China Sea, it can be expected to be cooler today that usual, but rehydration is still indispensable.
 
 It is thought that the water in our body is insufficient because we have sweated a lot until now. Even if we don't feel hot, we should drink water from time to time and take good care of inside our body.
  
※For the Japanese people
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (2)

2022年7月 2日 (土)

人間は 自己表現こそ 目的に 

Img_3501
【クリックし拡大して、ご覧ください。】
 
 庭の築山では、グラジオラスが今を盛りに、きれいな色で自己表現しています。人間も自己表現するために生まれてきたのでしょう。
 
 グラジオラスのすぐ後ろは築山の頂上で、水が溜まるようにしてあり、水分不足はありません。
 
 植物同様に、人間も生物なので、喉が渇く前に時々水分補給しましょう。身体が酸性化しやすいので、最近の私はPH9の弱アルカリ性の水を常飲してます。
 
 今年の夏は誠に暑くても、塩分を取り過ぎないよう注意したり、また、Tシャツなど薄着で寝ないようにしましょう。皆さん、知恵を絞って厳しい自然に対処しましょう。
 
Dear my friends who hope longevity
 In the garden's artificial hills named Tsukiyama in our tongue, gladioli are now in full blossom expressing themselves in beautiful colors. Humans may have been born so as to express themselves.
 
 Just behind the gladioli is the summit of an artificial hill where water collects, so there is no lack of water for plants I guess.
 
 Like plants, we humans are living things, so it is indispensable to rehydrate from time to time before we feel thirsty. Since my body is easily acidified, these days. I have been drinking weak alkaline water of PH9 all the time.
 
 It is really hot this summer, be careful not to take too much salt, and do not sleep in light clothes such as T-shirts. Everyone, let's focus our wisdom on dealing with the harsh nature.
  

| | コメント (2)

2022年7月 1日 (金)

暑いので 今宵はバクで 生ビール

Photo_20220701153601

 車の点検が済み、気持ちの上で一段落しました。猛暑を少しでも和らげるため今宵はバクで過ごします。一人暮らしなのでお許しください。

  今宵は生ビールで7月の健康と生活の充実を祈念します。

 The car has been inspected and I have settled down in heart. I will spend tonight in "Baku" to alleviate the heat wave. Please forgive me because I live alone.

  Tonight, I pray for the health and fulfillment of my life in July with draft beer.

| | コメント (0)

2022年6月28日 (火)

今夏も行う 榛名湖一周 ウォーキング

Harunako_1200900
 
 以前に数回、私は群馬県の榛名湖一周ウォーキングをしました。今年の夏も行うつもりです。このため以前に書いたブログを読み返してみました。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 下界は連日、猛暑に覆われ湿度も50%以上であり、私の住む群馬県平野部の高崎市は35℃~38℃です。日本の気候は大陸より湿度があるので一層不快に感ずるのでしょう。

 一昨日の午前中、Audi TT Quattroを走らせ、途中カーブの連続を通過し、暫くぶりに写真の榛名湖に着きました。夏休みにしては想ったより観光客が少なく、私は平素の運動不足解消をめざし、今回、湖畔を一周するウォーキングをめざしました。しかし、歩いてもそれほど汗をかきません。

 海抜と温度の関係は、一般には100m上がると1度下がるといわれ、榛名湖の海抜は1084mで、私が家の海抜と比較すると約1000mの違いがあり、単純計算では10°気温が低いことになります。しかも、湖水を渡る空気はひんやりし、足は前へ前へと進みます。

 一方、気圧に関しては、100m登ると約10hPa気圧が下がるので、榛名湖の気圧はおよそ900hPaでしょう。

 榛名山の中央部は標高1390mのコニーデ榛名富士と、カルデラ湖である榛名湖です。周囲は外輪山に囲まれ、主な外輪山は水沢山、相馬山、烏帽子岳などで、最高峰は掃部ヶ岳(かもんがだけ)1449mです。

 今回はこれらの山を仰ぎながら、一周6㎞の榛名湖をウォーキングしました。一部、湖畔を歩けない場所があり、少々遠回りし、実際に歩いた距離は6.5Kmほどです。この距離を休憩なしで、反時計回りに1時間30分で歩き、よい運動になりました。

 最近、運動について考えることの一つは、「必要以上に心拍数を上げないこと」が健康長寿に大切ではないかということです。以前はジムで130~140まで上げたことがありますが、健康上は何の意味もなく、それどころか必要以上に心拍数を上げることは心臓に負担を強いることになり「害はあっても益はない」と判断しました。

 あくまで一般論ですが、若い頃、運動で連日のように心拍数を上げた場合、老齢になってそれが健康につながることは関係ないように思います。心臓の働きは生涯続くことから「長く安定して脈打つこと」ではないでしょうか。

 心拍数を上げるとしても「血流を活性化するために」せいぜい平素の1.5倍を限度とし、数値としては心拍数110前後が望ましいと考えます。人間の最大心拍数は220-年齢といわれますが、これは健康とは無関係です。

 その点、「速い競歩でなく、また、ゆっくりした散歩でない、ウォーキング」は快適な心拍数の維持であり、心臓に負荷をかけ過ぎることはないと考えます。

 ポイントは前方を見ながら、腕を振り「必ず踵で着地します。」足腰の骨を丈夫にする意識で、身体全体に響くように着地します。腕を振ることで血流がスムースになるでしょう。

 連日の猛暑で下界でのウォーキングはできません。夏季は湖水や涼しいところを選んで行き、時々、ウォーキングしたいものです。

 帰路は、日本の名湯「伊香保温泉の露天風呂」に立ち寄り、足腰の疲労回復に努めました。昨今はすぐに入れる温泉が各地にあり、運動した後はとても快適です。

 ウォーキングはインナーマスルを始め「全身の筋肉を使う運動」です。「栄養」「運動」「睡眠」のバランスを取りたいものです。しかし、人間の心は弱いもの。私たちは「継続的に運動」する強い心を持ちたいものです。
 
Dear my friends abroad
I am sorry that I didn't interpret for you due to long sentences than usual. Generally meaning I wrote this time is the effectiveness of walking by means of going around such as the highland named "Lake Haruna" situated in my prefecture, Japan. Here we feel low temperature and low atmospheric pressure than my plain, so I recommend my friends to train such as at an ideal place during hot summer season for our health and longevity.
 

| | コメント (2)

2022年6月26日 (日)

効果あり! 不整脈には キャフレイズ

Img_2172
 
 真夏の気候ゆえ、皆様、体調はいかがでしょうか。
 
 20代に勤めてたインド・カルカッタ日本人学校では夏休みは5月で、最高気温は、午前11時に日陰で測って連日42°Cでした。午後になると気温は下がり、その後、時には豪雨となり、1時間もすると再度太陽が照りつけました。ですから、私は今でも暑さには比較的強いですが、「寒さと孤独には弱い」です。
 
 ところで、私たちにとって、これからの季節で大切な生活習慣は早寝早起きでしょう。運動は涼しい場所や涼しい時間帯にしましょう。目的は適度な運動を通じて、あくまで筋肉増強とスムースな血液循環です。
  
 私の場合、キャフレイズと言われる踵の上下運動を50~100回して、脹脛を鍛えると不整脈が出ません。また、「充分な睡眠時間」の確保です。睡眠不足は体がだるくなり、血圧が高くなります。
 
 厚労省によると、2025年には「65才以上の5人に1人が認知症になる」と予想されてます。
 
 これを未然に防ぐため、私は「いかに筋肉維持するか、及び血流を良くするか」、更に「いかに好きで、夢中になることを通じて」脳を活性化させるかを「この夏の課題」にします。
 
Dear my lifelong friends throughout the world
 Due to the midsummer climate in the northern hemisphere, how is your condition?
 
 At the Calcutta Japanese School in India, where I was working as a teacher in my twenties, the summer vacation was May, and the maximum temperature was 42 ° C every day, measured in the shade at 11:00 am. In the afternoon, the temperature dropped, then sometimes heavy rain occurred, and after an hour, the sun shone again. So I'm still relatively strong against the heat, but "weak against the cold and loneliness."
 
 By the way, for us, the important lifestyle habit in the coming season will be early sleep and early wake up. We should exercise in a cool place or during cool hours. The purpose is muscle building and smooth blood circulation by means of a moderate exercise.
 
 In my case, arrhythmia does not occur when the heel is moved up and down 50 to 100 times by one set, which is called "calf-raise" .Also, secure "sufficient sleep time". Lack of sleep makes our body languid and our blood pressure tends to rise.
 
 According to the Ministry of Health, Labor and Welfare in Japan, it is estimated that "1 in 5 people over the age of 65 will suffer from senile dementia" in 2025.
 
 In order to prevent the senile dementia, I'll maintain muscles and smooth blood flow". Furthermore, I'll activate the brain through "being crazy about what we like, as "this summer's purpose".
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年6月24日 (金)

水遣りは 葉の上からも 与えます

Img_3359
  
 誠にお暑ございます。珍しくクーラーをつけ、一人暮らしゆえ、失礼ながら上半身裸でブログを書いてますが、お許しください。
  
 現在、午後5時半で室内の温度は31°C、気圧1007ヘクトパスカル、湿度45%です。私の住む群馬高崎市は今年になって最高気温でしょう。
  
 植物たちが可哀そうなので、先程すべてにたっぷり水を遣りましたら、見る見るうちに元気を取り戻してます。私の水遣り方は今は亡き園芸士から習った方法で、根元はもちろん、葉の上からも雨のように与えます。すると葉が生き生きしてきます。
  
 今宵は珍しく生ビールを戴きます。
  
(※日本文と英文には微妙に差異がございます。・・・There is a subtle difference between the two tongues)
  
Dear my friends who like draft beer and chatting with me about life
 It's really hot. So it's unusual for me to turn on the cooler. Due to living alone, I'm rude to write weblog shirtless, but please forgive me. 
  
 Currently, at 5:30 pm, the room temperature is 31 ° C, the atmospheric pressure is 1007 hectopascals, and the humidity is 45%. The temperature in Takasaki-city, Gumma, where I live, may be the highest this year.
  
 The plants are pitiful due to hot, so when I watered them a little while ago, they will be rejuvenated immediately. My method of watering is the way I learned from the late gardener, I give it not only the roots, but from the top of the leaves like rain. Then the leaves came to full of life.
  
 Tonight I will "Bottom Up" alone with the draft beer, of course, thinking of you!
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (0)

2022年6月22日 (水)

夏至の日に 夏の植物 一気に咲く

Img_3477
  
 夏至の日の昨日、今年初めてグラジオラスが咲きました。なかなか大胆に咲きます。球根の植物は何もしなくても毎年、時季が来ると芽が出て開花するので、ものぐさな私には便利です。
 
 それはユリも同じです。このユリもグラジオラスも1mくらいに背が高く、しかも色彩が華やかなので遠くから目立ちます。実に素晴らしい表情をしてます。
 
 私がしてやれることは十分な水遣りです。そしてユリは意外と強い風に弱く、鉢植えなので場所を変えてやります。
 
 光合成する植物と人間とは本質的に相互依存であり、感謝の気持ちで年間を通じて次から次へと花の手入れの毎日です。
 
 音楽演奏と花は個性的に表現という点で共通するのかもしれません。
  
Img_3476
   
Dear my friends who love flowers and music
 Yesterday on the summer solstice, the gladiolus bloomed for the first time this year. It blooms quite boldly. Bulb plants are convenient for me who are lazy without doing anything, because they sprout and bloom every year when the season comes.
 
 It's the same as a lily. Both the lily and the gladiolus are 1m tall, and the colors are gorgeous relatively, so they stand out from a distance. They indicate a really nice expression.
 
 What I can do for her is watering enough. But, the lilies are surprisingly vulnerable to strong wind and are potted plants, so I change the location.
 
 I think that both of the plants that photosynthesize and humans are essentially interdependent, so that I care her with gratitude every day one after another.
 
 Music performance and flowers may have something in common in the viewpoint of individual expression.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2022年5月30日 (月)

肝腎な 水分補給 忘れずに

Img_3392
【クリックし、拡大してご覧ください。】
  
 今朝、5時に庭先で撮影したダリアの一種「マジョーレ」です。ご覧の通り、全体的には白ですが、外側の花弁がかすかに紫になっており、神秘的な色彩です。人間社会はまだ眠りについてますが、自己の個性を最大に表現しています。私は感謝の気持ちを込めて朝から水遣りです。
  
 今朝の群馬県の日の出は4時28分で正午の太陽高度は75°です。因みに、冬至の太陽高度は30°ですから、いかに高くなってるかが分かります。これでは暑いわけです。今日も気温は高くなると予想されてます。
  
 ところで、私たちの体内の水分量は、新生児で75%、4~5歳児で70%、成人女性が50%、成人男性が60%、老人は50%ほどといわれてます。大人にとっても水分補給は必要ですが、特に子供の水分が減ると熱中症になる危険があるので、こまめな水分補給が欠かせませんね。
  
Dear my friends who like summer and flower
 This is a kind of dahlia named "Majore" taken by me in the garden at 5 o'clock this morning. As you can see, it is white overall, but the outer petals are faintly purple which is a mysterious color. While human society is still asleep, she maximizes to express her individuality. I am watering from the morning with gratitude.
 
 The sunrise in Gumma prefecture, Japan, this morning is 4:28, and the today's solar altitude at noon is 75 °. By the way, the solar altitude at the winter solstice was 30 °, so we can understand how high it is. Therefore it is hot isn't it. The temperature is expected to rise today as well.
  
 By the way, it is said that the amount of water in our body is 75% for newborns, 70% for 4-5 year old, 50% for adult women, 60% for adult men, and 50% for the elderly. So we adults also need rehydration, but there is a risk of heat stroke, especially for children. Rehydration as often as we could is indispensable.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (4)

2022年5月29日 (日)

物理的 暑い空気は 上昇する

119077537_3153391414783903_5713343716064
  
 私の家は一見、二階建ての和風住宅ですが、実際には、山小屋風の広い三階の部屋【第二客間】があります。今日の群馬県高崎市の気温は35°Cで真夏並みの暑さだったです。
   
 ところで「空気は温まると上昇する性質があります。」このため、三階の窓を開けて家中の温まった空気を外に逃がしました。つまり、家全体を煙突のように考え、一階と二階の空気を上に流しましたら、だいぶ涼しくなりました。
  
 これからも何でもエアコンに頼らず、工夫して暑い季節を乗り越えたいと思います。
   
 もう一つ涼しくする方法として、私は今日から脹脛が出て、膝が隠れる半ズボンにしました。とても快適です。もちろん、夜の一杯は「冷」を戴きました。つまり、暑さに対して「三所攻め」で対処です。何事も創意工夫です。でも、心には温かさが欲しい。
 
Dear my friend in the northern hemisphere
 At first glance, my house is a two-story of pure Japanese-style house, but in reality, it has a large third floor [second guest room] that looks like a mountain hut. Today's Takasaki City, Gumma, Japan, was as hot as midsummer at 35 °C.
  
 By the way, as you know, "The air has the physical property of rising when it gets warm." Therefore, I opened the window on the third floor and let the warm air in the house escape to the outside. In other words, I think of the whole house like a chimney and let the air on the first and second floors flow up and escape, then it became much cooler.
   
 From now on, I would like to devise ways to overcome the hot season without relying on air conditioner only.
  
 As another way to cool down, I used shorts that the calves out and hide my knees from today. It's very comfortable. Of course, I got "cold" for a drink at dinner. In other words, the heat is dealt with by "triple attacking methods". Everything is ingenuity. But I need warmth in my heart.
   
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査