カテゴリー「健康的な夏の過ごし方」の19件の記事

2019年7月16日 (火)

梅雨明け前、脅威と恩恵 与える自然

P1070984

 雨が降らなければ、今朝、朝食前に6時から7時まで、いつもの鏑川の土手を4Kウォークングします。おっと、その前に抗酸化作用のある中身の濃いトマトジュースを飲んでからです。

 庭にはご覧のグラジオラスが数本咲き始めてます。今年は雨の日が多いので、とてもよく咲いてます。先日、植え替えた枝垂れレンギョウはついたので来春から伸び伸びと枝が垂れ下がり、たくさんの黄色い花が咲く気配です。何だか私の周囲には黄色いものがたくさんあります。


 If it doesn't rain, I will walk 4K this morning from 6 am to 7 am before breakfast on the bank of Kabra-river as usual. It's a real cinch. Oh, before this training, I will drink a cup of thick tomato juice for antioxidant activity that is very effective against cancers.

 By the way, A few gladioli are blooming as you see in the garden. There are many rainy days in this rainy season, so it blooms very well. The weeping forsythia that was replanted the other day took roots, so it will grow and her branches will hang next spring and It will bloom a lot of yellow flowers that is worth seeing. There are a lot of yellow things around me. Today is my birthday.

P1010766

  

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

梅雨開けは 当分先か 夏恋し・・・・・・・・・・・・・・・回転し 水撒く庭の 宇宙船

P1020469-1

【画像を拡大すると迫力が出ます。】 

 海の日はもう少し後の方がよさそうです。毎日雨が降り、首都圏の水がめである群馬県内のダムでも今夏は水不足が解消するでしょう。

 ところで、庭の水撒きはご覧の器具で行ないます。これに水を送れば自然にくるくる回り、直径10mほどを潤し続けます。遠心力を利用し人間は頭脳で実によいものを作ります。しかし、当分、出番がありません。インドが第二の故郷である私には暑い夏が待ち遠しい。このままでは夏が来る前に立秋が来てしまう。


 "The sea day" of Japan should be set a little bit later due to in the midst of rainy season. It is raining every day. In this summer, many dams in Gumma Prefecture that are water fountains for the metropolitan area such as Tokyo, will eliminate the water shortage.

 By the way, watering the garden is done with this equipment as you see. If water is sent to this equipment, it will turn around naturally and will continue to moisturize a radius of about 10m in diameter. Human made a good thing by the brain with using centrifugal force. However, for the time being, there is no turn. I can not wait for the hot summer because my second homeland is India. Under this condition, a first day of fall will come before summer comes.

  

| | コメント (2)

2019年6月21日 (金)

心の塵洗う ドリームセンター 露天風呂

  今朝、庭に出て驚きました。突如、サボテンの花が10以上も咲いてます。今日は何かいいことがありそうです。先ず今日は大安です。また、これから大きな枝垂れレンギョウを一人で植えかえます。作業が順調に進むことを祈ります。


 I was surprised in the garden this morning. Suddenly, more than 10 cactus flowers bloom. It seems that something good will happen today. First of all, today is a lucky day that is Taian in our tongue. In addition, I will replant a large weeping forsythia by myself from now on. I hope the work goes well.

P1030910

 

 ところで、昨年の今頃は、お酒も飲めない体調不良が9月まで続きました。しかし、今年はお陰さまで体調がまあまあなので、お酒も飲めます。ただ、差し向かいでは飲めません。

 昨日は暫くぶりに吉井ドリームセンターへ行き、大自然を眺めつつ露天風呂に入り、平素の心の塵を落としました。車は快適に中山峠をぐんぐん登り、牛伏山の麓に着きました。帰宅してから戴いた野菜ジュースで喉を潤しました。ビタミンは生命維持に絶対必要な栄養素です。

P1010857_20190621013901  

 
 By the way, during in this season of last year, I was unable to drink alcohol and It continued to have poor health until September, but this year I am able to drink alcohol because my physical condition is not so bad. However, I can not drink face to face with a lady.

 Yesterday I went to Yoshii Dream Center after a long interval, and bathed the open-air bath looking at great nature so as to drop the dust of my heart. The yellow car comfortably climbed the Nakayama Pass and reached the foot of Mt. Ushibuse. After I returned home, I moistened my throat with vegetable juice that was presented. Vitamins are indispensable nutrients for our life maintenance.

P1050903

 

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

昼時間 今日も夏至も 同じです

 今日6月17日の日の出は群馬県高崎市で4時25分です。これは夏至の日の出より1分早いです。また、日の入りは19時04分です。こちらは夏至の方が1分遅いです。ですから、今日の昼の時間は14時間39分です。このため、夏至の昼間の時間も今日と同じく14時間39分です。今の時季、1日を有効に使いたいものです。

 因みに、冬至の昼の時間は9時間41分なので、現在の昼の長さは冬至より約5時間も長いです。

 Today is June 17th. Today's sunrise is 4:25 in Takasaki City, Gumma Prefecture, Japan. This is one minute earlier than the sunrise on the summer solstice. Today's sunset will be 19:04. And the summer solstice's sunset is one minute later than today. In addition, today's daytime is 14 hours 39 minutes. Therefore, the daytime of the summer solstice will be 14 hours 39 minutes the same as today. In this season, we should spend one day effectively.

 By the way, since the daytime of the winter solstice is 9 hours and 41 minutes, the current day length is about 5 hours longer than the winter solstice.

P1070178

 

 ところで、今日は旧暦の5月15日ですから満月です。すぐ右に見えるのが木星で、更に右にみえるのが「さそり座」の赤いアンタレスです。アンタレスは、火星に対抗する星という意味で名づけられました。火星も赤みを帯び、しかも、両者とも黄道近くを通過することから、紀元前から人々が間違いやすかったらしいです。アンタレスまでの距離は550光年と計測され、私たちが今見てる光は豊臣秀吉が生きてた頃の光です。因みに光の速さは秒速地球を7周半です。何と宇宙は広大なのでしょう。


 Not change the subject, but it is possible that we can see the celestial bodies tonight. Today is the full moon due to May 15 in the lunar calendar. Jupiter is seen just to the right, and red Antares of "Scorpio" is seen further to the right. Antares was named against Mars. Mars is reddish, and both are passing near the ecliptic, so people had been mistaken since BC. The distance to Antares is measured at 550 light years, so that the light we are looking at now is the light when Toyotomi Hideyoshi was alive. As you know, the speed of light is seven and a half times around the earth a second. What a vast universe it is, beyond our imagination!.

P1070875  

 

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

剪定に 今が一番 良い季節

 天気予報によると今日はそれほど雨が降らないでしょう。このため、コデマリを中心に樹木を剪定する予定です。剪定すると来春よく花が咲き、庭が整然とし、最近建設した塀がよく見えるようになるからです。

 塀は本来の目的以外に観賞用でもあります。また、剪定作業は腕に効果的な運動になるので、年を重ねても 身体をアグレッシヴに動かしたい。

P1070734_1

 
 According to the weather forecast, it will not rain much today. For this reason, I will prune trees centered on a spirea as you see. When pruning, flowers will bloom well next spring. At the same time, the garden will be well ordered, and as the result, the recently built fence will look better.

 The fence has another meaning for appreciation as well as preventing invaders. Since pruning work is an effective exercise for the arms, I try to work aggressively even with age, thinking of a friend lived in southern hemisphere who is the same age.

P1070796_1

 

 

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

忘れまい 水分補給に 紫外線

今日も、5月としては気温の上昇が著しいでしょう。外出時には大きめの帽子をかぶり、紫外線対策を施したいものです。紫外線は目や皮膚によくないです。一方、水分補給をこまめに行い、熱中症や血栓症(脳梗塞・心筋梗塞)を未然に防ぎたいものです。また、昔から寝る前の一杯の水は「宝水」といわれてます。これは早朝高血圧対策や便秘対策になります。


Today, the temperature will rise remarkably as May in Japan. We should wear a large hat against ultraviolet ray when going out. The ultraviolet ray is not good for our eyes and skin. On the other hand, we have to supply our body with water or rehydration as a dehydration measure so as to prevent heatstroke and thrombosis such as cerebral infarction and myocardial infarction in advance. In addition, it has long been called that a glass of water before going to bed is "Takaramizu" in Japanese that means treasure-water. This is a measure against hypertension for the next early morning and constipation.

P1050789

 

| | コメント (2)

2019年5月23日 (木)

入院見舞い 驚く病院の 危機管理

Photo_7

 令和になってからも続いた大型連休後、隣人Tさんが風邪をこじらせ、その後、呼吸器に異常が見つかり、高崎市の大病院に入院し、すでに2週間ほど経過してます。

 家族の話では当初、食事が喉を通らなくて、点滴で栄養補給とのことでした。その後、日にちが経過し、次第に回復して話しも普通にできるとのことで、私は昨日、新装なった国立病院に見舞いに行きました。以前にこの病院に知人の見舞いに行ったのは20年ほど前で、当時は昔の建物でした。

 ここは高崎市役所近く、広い高崎公園の隣に位置し、高崎観音が望める景観のよい立地条件です。初めて訪れる白亜の病院の巨体さに圧倒された私は、瞬時に地震対策がよく出来てる構造と感じました。

 中に入ると患者や家族、また病院職員の多さに驚くと共に、近代的な設備に、そして何より危機管理が徹底してる職員の応対を感じました。

 受付で「見舞いに来ました。」というと、応対した職員が「患者さまの名前と患者さまの住所ををお知らせください。」とのことで私はすぐに答えました。結果的に私が患者と関係があるかどうかを審査したのでしょう。その後、病棟の階数を教えられ「ナースステーションに立ち寄って下さい。」とのことでした。

 エレベーターで指定された階に昇り、ナースステーションで見舞いの申し込み用紙に患者名と私の名前を記入したところ、職員はその用紙を持って暫くそこを立ち去りました。おそらく患者さんの部屋に行き、私の名前を告げ、知人であるかどうかを確認したのでしょう。2分ほどして職員は戻り、「それではどうぞ」と部屋まで案内してくれました。

 私は2か所の一連の応対に危機管理が徹底してると思いました。残念ながら、世の中には患者の弱みに付け込み、患者が不快な思いをすることがあったり、自由に出入りできては危険も起こり得るからです。

 このとき、私は40年ほど昔のことを思い出しました。甥が病院に入院してたところ、知らない宗教関係の人が病室に来て、宗教に入るよう執拗に迫ったことがありました。知らない人からいろいろ言われ困っていたところ、やっとのことで担当医師がその人を帰してくれた話を看病に行ってた今は亡き母からから聞いたことがあります。

P1030277

【群馬県高崎市・・・遠望は武尊山・標高2158m】・・・以前に撮影したもの・・・拡大してご覧ください。

 ところで、患者Tさんとは半世紀以上に亘る隣人であり、共通の趣味である植木についてや、一人暮らしである私にいろいろ今後についてアドバイスして下さると共に、現役時代は広い意味では私の上司でした。

 私が勤務した前橋高校にも、ずっと以前に勤務された経験をお持ちで、こちらも共通してます。暫くの期間、教育界では行政のトップにおられ、この意味でいろいろご指導を戴き、私は公私共によい星の下に生まれたのです。

 最近では、隣人としての交流は毎日で、お人柄はもとより、私の両親の時代からのお付き合いで、私は人生において誠に良い人的環境に恵まれました。

 今回のお見舞いで私が感じたTさんの経過は順調に回復中と見え、本人曰く「早く家で普通の食事をしたい。」との強い希望を持たれてます。慣れ親しんだ奥様の美味しい手料理を待ち望んでるその気持ちこそ大切で、もうすぐ退院ではないかと私はご本人と同じ気持ちになりました。

 

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

夏は涼しい時間帯に身体を鍛える

P1010543 【私のウォーキングコース・鏑川の土手】ここはお薦めです。画像を拡大してご覧ください。

 いよいよ夏休みとなり、近所の子供たちも楽しそうです。私は子供の頃、学校があまり好きでなかったので夏休みほど楽しいことはありませんでした。決められた学習で評価を受けるより、興味関心ある事象について自ら研究したり、夏休みはあちこちに行って新たな事象に出合うことが楽しかったです。

 その一つが鳩の飼育です。「お釈迦さまと鳩」の紙芝居を見たことや、裏の杉の木にキジバトが巣を作り、初めて鳩の雛を目にした感動は今でも忘れられません。

 以来、人生の大半をレース鳩飼育に明け暮れるとは、当時、思いもよらなかったことです。職業は音楽教育であったのに、それより長い期間レース鳩を飼育し続け、家で生まれた鳩が日本最北地・稚内から帰還することに無上の喜びを感じるようになりました。

P1030243 【稚内モザイク号の直仔】

 いよいよ夏ですが、梅雨も明けないのに実際にはあと2週間で立秋です。暦は意外と早く移り変わります。

 四季を通じて私たちは健康こそ第一に考え、前向きな生き方が基本であり、クーラーの効いた室内に座ってテレビ視聴も時には楽しくても、戸外に出て呼吸筋を鍛えること、サルコペニア対策として筋肉増強の鍛錬をしたいものです。

 私たちが生きてるのは、呼吸筋が伸びたり縮んだりする弾力性にかかってます。呼吸筋は無意識のうちに作用し、伸び過ぎると縮み、縮み過ぎると伸びることを繰り返し、不可欠な酸素と不要となった二酸化炭素を肺でガス交換します。

 ところで、呼吸筋は肺を取り囲むようにたくさん存在し、両腕を大きく上下に動かしたり、肘を前後に大きく振ることで伸びます。つまり、日々これらの運動を取り入れることで呼吸筋の弾力性はより増強すると考えます。

 また、呼吸筋はラジオ体操のように身体を横に曲げたり、上体を左右に捻ることでより弾力性が増し、水泳や管楽器演奏でも正しい呼吸法であれば、効果は大きく、肺活量も増大します。

P1010539 【倉賀野町を流れる烏川の歩道橋】

 ところで、夏は食品が腐食しやすいことから、新鮮な野菜や魚、肉を手に入れ、その後、正しい保存の必要があります。野菜も意外と早く腐ります。こうなったらすぐ捨てることです。食品は可能な限り加熱すべきです。

 一方、清潔を保つには、うがい、手洗い、三度の歯磨きの励行です。しかし、手洗いは洗い残し、歯は磨き残しがあるものです。

P1010545【爪と皮膚の間は洗い残しが多い】

 指先はよく洗っても、爪の背に菌が残りやすく、石鹸で二回洗えばきれいになるでしょう。菌は目に見えないので特に「指の付け根」と「爪の背」を重点的に洗いたいものです。食中毒を未然に防ぐためにも、「過熱」と「手洗い」を励行したいものです。

P1010544 【梅ジュース】

 夏季のウォーキングは涼しい早朝、あるいは夕方が望ましく、日中の場合は可能な限り、木漏れ日がある公園などが適してます。また、血液のために水分補給が欠かせません。

| | コメント (0)

2015年7月23日 (木)

本日は「大暑」・・・こまめな水分補給を!

P1070005【庭先で紅く咲き誇る満開のサルスベリ】

 今日は二十四節気の一つ「大暑」です。天文学的には、太陽は春分点から120°移動し、現在の位置は黄道12星座の「双子座」を過ぎ、「かに座」方向へ向かってます。あと15°移動すると「立秋」です。

 これらの表現は私たちの地球から太陽を眺めた場合であり、恰も、天動説=the Ptolemaic system的な見方です。太陽は背景にある黄道12星座の中を東へ東へと移動してるように見え、二十四節気と12星座は数字の上では倍数なので、毎年、二十四節気と黄道12星座の関係は一定です。

P1070001 【貴重な日本シャクナゲ】

 ところで、今の時季はどの植物もよく成長してます。毎日手入れしてるシャクナゲ類には最近、お礼肥を与えました。肥料は通常年2回で、12月~1月の寒肥と6月~7月のお礼肥です。来春の開花を夢見て施します。

 先日、油粕を根元から30㎝ほど離し円状に撒き、その上から土を被せました。これで根元がクレーターのようになり、水が溜まりやすくなりました。直植えなのでいくら水を与えても、すぐに土の中に浸みこみます。水はけの良さこそシャクナゲを植えるポイントです。

P1060997【西洋シャクナゲ・・・根元の周囲に花の土を施す】

 このシャクナゲは大きく枝から枝までは180㎝です。ご覧の通り、高く植えてあるので「水はけ」は抜群で、近くに大きな梅の木が日差しを遮り、「半日陰」の状態です。この二つはシャクナゲを育てる基本事項と考えます。

P1060998 【日本シャクナゲの一種・・・細葉シャクナゲ】

 こちらは周囲に少し高く土を盛り、水分不足になることを防いでます。途端に成果が出たのでしょうか、勢いよく新芽が吹き、来春の開花に希望を抱かせてます。

 このように植物は今を盛りに成長してることから、この時期によく観察するとその植物が健康状態であるかどうかが一目瞭然です。栄養分を吸い上げ、新たな芽が伸びる姿ほど植物の健康美を感じることはありません。同時に、私たち人間はこれらからの植物から酸素を提供される関係にあり、その恩恵に浴してます。

 一般的に、花木では花の咲く時期は春が多くても、手入れは一年中休みなしです。その作業の主なことは「剪定と水遣り」です。植物と他の植物の間に隙間を作ったり、風通しをよくするために下枝を剪定します。剪定作業は、時折、「角度を変えて」遠くから眺めつつ行うと間違わずにできます。

 今が一年で最も暑い時期で、人間も生物であるので水分が必要です。ビタミン水やミネラル水による水分補給が不可欠です。運動は涼しいところ涼しい時間帯に行い、夏季であっても活動的な生活を励行したいものです。  

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

サルスベリの花に「情熱」と「生き抜く力」を習う

P1060948【車庫の屋根から撮影した本日のサルスベリ】・・・Enlarge please!

 半夏生(7月2日)に咲き始めた庭先のサルスベリは、この2~3日の猛暑でかなり開花が進み、7分咲きになりました。写真ではかなり咲いてるように見えても、未だ咲いてない枝が多くあります。あと一週間で満開になると予想してます。

 サルスベリの原産地は中国南部と推測され、日本に渡ったのは江戸時代と伝えられます。真夏に咲くので、暑い地方が原産地であることは想像がつきます。

 中国では百日紅と書いて発音は「パイルーホン」に近いです。その名の通り、百日も紅く咲き続けるので、写真のサルスベリも例年通り、10月上旬まで咲き続けるでしょう。

 日本名の「サルスベリ」とは、とても滑稽な命名です。その原因は見た目に樹皮がツルツルしてるので、もしかして「猿も滑る」のではないかという江戸時代の庶民のユーモアでしょう。しかし、猿は滑ることなく簡単に登ると想われます。

P1060953 【花をアップ】

 サルスベリの花は小さくて近くで見る花ではありません。離れて見る樹木で全体像として観賞すべきです。実際には小さい花弁は2~3日で落ち、次の花にバトンタッチすることから、百日間咲いても一つの花びらの命は短く、次々に咲いて全体として咲き続けてるように見えます。開花期間中は樹木の下に赤い花弁がたくさん落ちてます。

P1060955 【熊蜂がホバリングして蜜を吸う】・・・Enlarge please!

 ところで、サルスベリには小さい蟻が幹の中に巣を作ります。外見は立派でも、多くが幹の中はトンネルになっており、数か所の穴から出入りしてます。これは大昔からのことで、サルスベリは成長することにより、蟻の侵入に負けず養分を吸い上げ、老木でなければ蟻が原因で枯れることはないでしょう。しかし、成長のために蟻が幹内に巣を作らない方がよいことは確かです。

P1060396 【ゆう合剤で蟻の出入り口を塞ぐ】

 私は蟻の穴を「ゆう合剤」で塞ぎます。また、時折、木に登れないようにガムテープを巻きつけます。

 一方、根元の周囲をクレーターのようにして連日、水遣りを欠かしません。これだけ多くの花を咲かすには水分を多量に必要とし、水を与えなくても根が張り出して地中の水分を吸い上げますが、水を与えると花の色が濃くなるように感じます。

 サルスベリの隣には、これまた暑い地方原産と想われる「ねむの木」が今を盛りに花を咲かせてます。こちらは夕刻になるとすべての葉が閉じるので神秘的です。

P1060949 【ねむの花】

 現在は、恰も「サルスベリ」と「ねむの花」の饗宴のようです。樹木の下は風の通り道にしてあり、地上は「木漏れ日」です。本格的な夏を迎え、私たちは樹木によって夏季を涼しく過ごせる工夫をしたいものです。

 子供の頃、私の家は8人家族で賑やかな環境でしたが、現在は核家族の最たるものです。10年前に妻に先立たれ、娘たちは独立し、一人暮らしを余儀なくされてます。このような生活状況では健康対策が最重要です。これには自ら創意工夫し、より快適な環境作りを心がけてます。

 庭にコンクリートは使わず、樹木をたくさん植えて、木漏れ日を作り涼しくする工夫が夏を健康に過ごす基盤ではないでしょうか。

 寂しさからややもすると弱音を吐きそうな私は、濃い色彩を放ち、旺盛な活力に満ちたサルスベリから「情熱ある心」、そして、「力強く生き抜く力」を習います。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 暦について 月の満ち欠け 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査