カテゴリー「気象」の9件の記事

2020年12月16日 (水)

摂氏より華氏の方が人間の感覚中心

Img_1490
 
 群馬県高崎市も今朝の気温は氷点下となり、ご覧のように、築山の小さな沼に入れる水と、雨水を溜めておいた防火用水が完全に凍ってます。それにしても、気温を示す摂氏とは氷点を0度とし、平地で水か沸騰する温度を100度としてる点は自然の気温を明確に示してます。
 
 一方、華氏は自然より、人間の感覚を中心とした測り方で、こちらは、私たち人間が生活するのに耐えられる最低の気温を0度とし、生活するのに耐えられない最高の暑さを100度しています。
 
 私はどちらかと言うと、華氏の方が私たちの生活に適していると思います。これは丁度テストの点のように最高は100点で、最低は0点であるのと同じで、平均点70点ほどが最も暮らしやすと感じます。
 
 In Takasaki City, Japan, the temperature this morning was below freezing point, therefore as you can see, the water in the small swamp of the artificial hill and the water for fire prevention that stored rainwater are completely frozen. Even so, the freezing point is 0 degrees Celsius and water's boiling on flat ground is 100 degrees Celsius, so that it clearly indicates the natural temperature.
 
 On the other hand, Fahrenheit is a measurement method that focuses on human's sense rather than nature. And we set the lowest temperature that we humans can tolerate is 0 degrees and the highest heat that we can not tolerate is 100 degrees.
 
 I think Fahrenheit is more suitable for our lives. This is Just like the test points, the highest is 100 points, the lowest is 0 points, and the average score of 70 points is the most comfortable for us to live.
 
Img_1491
 

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

今朝も一際明るく輝く「明けの明星」

Img_1459
 
 群馬県高崎市は今朝もよく晴れ、それに伴い放射冷却で気温はかなり低いです。一方、東南東の空には一際明るく「明けの明星」の金星が輝いています。
 
 ところで、オーストラリア、フィリピン、中国、ニュージーランドにお住まいのフェイスブック友人の皆さんの国でもこの金星がよく見えますか。南半球ではおそらく北東方向に見えると私は推測してます。
 
 また、そちらは夏ですから暖かくてよいですね。外で泳げますか。群馬県も北部はすでに雪とのことです。共通することは今年も後、25日のみで、コロナ禍の収束を願うばかりです。
 
 The weather of Takasaki-City, Gumma Prefecture, Japan is fine this morning, therefore the temperature is quite low due to radioative cooling. On the other hand, Venus which is called "dawn star", is shining brightly in the east-southeastern sky.
  
 By the way, can you see Venus well in your countries of my Facebook friends living in Australia, Philippine, China and New Zealand? I guess that it will probably look in the northeast, in case of the Southern Hemisphere.
 
 Also, it's summer, so it's okay to swim in the nature. It is said that the northern part of Gumma prefecture is already snowy. What we have in common is that this year is only 25 days left, and we hope that the Covid 19 wreck will end.
 
Img_1354
 
 ところで、どうしたことか、私は昭和時代の末よりシャクナゲに嵌ってしまい、今でも飽きずに毎日6本を世話しています。概して西洋シャクナゲは色彩が派手で、花が目立ちます。一方の日本シャクナゲは私に似て地味です。しかし、神秘的で、数少なく稀少価値があります。どちらかと言うと私は日本シャクナゲに愛着が深く、いくら見てても飽きません。
 
 西洋シャクナゲと日本シャクナゲの最大の違いは、日本シャクナゲの葉の裏は何故か黄土色です。これも不思議です。上の写真にはありませんが、大きい日本シャクナゲは直植えしてあります。開花は4月です。来春、見にいらしてください。
 
 Not change the subject, but for some reason, I've been interesting in rhododendrons since the end of Showa period around 1988, and I still take care of 6 trees every day without getting tired of it. Generally, western rhododendrons are flashy in color and the flowers stand out. On the other hand, Japanese rhododendrons are simple and quiet the same as me, and mysterious. It has great rarity value. I have a deep attachment to Japanese rhododendron, and no matter how I look at them, I never get tired of them.
 
 The biggest difference between Western rhododendron and Japanese rhododendron is that the back of the leaf of Japanese rhododendron is ocher for some reason. This is also strange. Although it is not shown in the photo above, the large Japanese rhododendron is planted directly. Flowering is in April. Would you please come and appreciate them next spring.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2020年11月21日 (土)

きれいな朝焼け・・・昨日の朝

Img_1396
 
 写真は昨日の朝、東の空を撮ったものです。天気の諺に「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」があります。これは昔の人の経験によって言い伝えられてます。気象学的にもかなり合ってるようです。
 
 日本の上空は西から東へ流れる偏西風の影響を受けることから、東に朝焼けがあると、すでに低気圧の雲が来ていることになり、昨日は日中、断続的に雨模様になりました。
  
 私の東隣の家には誰もいませんが、日中、洗った靴が外に干してあり、私は濡れない所に移動しておきました。今日は一日中よく晴れそうです。
 
 The photo is eastern sky taken by me yesterday morning. The saying of the weather is "rainy morning glow, sunny evening glow". This is created by the experience of old people. It seems to be meteorologically correct.
  
 The sky above Japanese archipelago is affected by the westerlies that flow from west to east, so if there is a morning glow in the east, low-pressure clouds had already arrived. Therefore, yesterday it rained intermittently during the day.
 
 There is no one in the neighbor's house to my east, but the washed shoes were dried outside so that I have moved them to a place where it will not get wet. It will be sunny all day long today.
 

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

台風は北緯30度付近で更に気圧が下がる

 一昨日は台風が襲来する可能性が多く、立春から数えて210日目でした。これは今年が閏年のためで平年は9月1日です。

 現在、日本付近に台風9号と10号が接近中です。共に強力で、これは太平洋中緯度の海水温が30℃と高いことが原因と考えられてます。9号は九州を掠め、北北東へ、10号は西日本へ接近すると予想されてます。

  台風は北緯30°付近で気圧が更に下がります。台風接近時に気圧計を見ると本当に低くなります。近くに河川がある地域は洪水が起こりやすく、高台への早めの避難が大切です。


 There is a high possibility that a typhoon will hit the day before yesterday, this day has passed 210 days since Feb. 4th, due to leap year.

 Currently, typhoon 9 and 10 are approaching near Japan. Both are thought to be strong due to the high mid-latitude seawater temperature of 30°C. No. 9 is forecast to pass Kyushu, then go north-northeast, and No. 10 is forecast to approach western Japan.

 If the typhoon reaches latitude 30°N, the atmospheric pressure further decreases. If I look at the barometer when a typhoon approaches, it really becomes low. Floods are likely to occur near the rivers, so it is important to evacuate to higher ground as soon as possible.

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

台風情報


台風15号の動きです。最近3時間に設定し、開始をクリックしてください。

This is the movement of Typhoon No. 15. Please set the last 3 hours and click start.

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

台風が通過すれば次第に秋に向かうでしょう

天気図

 台風を観察すると、通常、北緯30度辺り【鹿児島市の南100km】で最も気圧が下がり、北緯40度【秋田市辺り】を超えると温帯性低気圧に戻るようです。例外もあるので注意が必要です。つまり、北上すると風速が17m未満になるようです。

 これは日本上空を常に西から東に向かって吹いてる偏西風に原因するのと、ここでは海水温が下がるからではないでしょうか。台風は石器時代から日本へやって来たものでしょう。


 Observing the typhoon, it usually becomes the lowest atmospheric pressure around 30 degrees north latitude [100km south of Kagoshima City] and return to an extratropical low pressure when it goes beyond 40 degrees north latitude [around Akita City]. There are exceptions, so be careful. In other words, the wind speed seems to be less than 17m per second when going north.

 This is probably due to the westerlies that is blowing always from west to east over Japan, and the seawater temperature decreases here. Please tell me the details If you are interested in meteorology. The typhoon probably came to Japan since the Stone Age.

  

| | コメント (2)

2019年2月17日 (日)

雨降らず 井戸水涸れて 雨乞いす

P1020593【アセビ】

最近、私は困ってることがあります。それは井戸水が涸れ始めています。このため、植物に水をやれない状態です。蛇口を捻れば井戸水が出るように庭に2つの蛇口があります。昨年の秋から雨が全く降らないことが原因で井戸の水位が下がっています。庭で雨乞いの儀式をしてみようか。近所の人がカッキーもいよいよどうかしたかと驚くかも。
 
Recently, I have something in trouble. Well water is beginning to go dry. For this reason, I can not water for plants in the garden. There are two faucets in the garden so that well water came out so far. Because it did not rain at all since last autumn, the water level of the well is decreasing. As ritual, shall I pray for rain by dancing alone in the front yard?.Everyone nearby will be surprised at my behavior doubting if senile dementia.
 
P1070310
 
 

| | コメント (4)

2013年9月19日 (木)

前例を見ないほど猛威を振った・・・台風18号

P1040243 【倉賀野町を流れる烏川】・・・Click please!】

 台風18号は、先日19日の正午頃、我が群馬県の東部を掠めて通過したことから倉賀野町でも、もの凄い北寄りの風雨に晒され、近年では例を見ない猛烈なものでした。台風の猛威を家の3階から暫し見てましたが、恐ろしいほど横殴りの風は木々が折れそうで、秒速30m以上と推定できます。

 写真の烏川(からすがわ)は5Kほど上流で碓井川が合流してここに流れてきます。そして、7Kほど下流で流域面積日本一の利根川に合流します。なお、写真の場所は江戸時代に、この川を上り、江戸から荷を運んだ帆かけ舟の終着港・倉賀野河岸でした。明治初期に鉄道が敷かれ、その役目が終わりました。

 ところで、台風の定義は、北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し,なおかつ、低気圧として最大風速が【17m/s以上】のものを言います。

 台風は上空の風に流されて動き,地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っおり、通常東風が吹いている低緯度では西へ流されながら次第に北上し,上空で強い西風(偏西風)が吹いている中緯度に来ると向きを変え、速い速度で北東へ進みます。

 丁度その位置にある日本列島にとっては、いわば天敵であっても、日本人にとって不可欠な恩恵も考えられるのです。

 このように熱帯で生まれた強力な台風は、中心に向かって吹く風の方向が、北半球においては、左回りであるため、風を背にして左斜め前方から左方向に中心があることを知ると、台風の位置を自ら知ることができ便利です。

 これはメキシコ湾のハリケーンや、インド洋のサイクロンも同様で、北半球の共通した風の方向です。一方、南半球で熱帯性低気圧が中心に向かって吹く風は、北半球とは逆で右回りです。

 このように台風の中心に向かって吹く風の「方向が異なったり、低緯度から高緯度へ進む」のは地球の自転によるものと考えられます。

P1040249  以前に記述しましたが、インド・ベンガル湾上空でフレンドシップという小型プロペラ機に搭乗してたときのことです。機体は猛烈なサイクロンの中に入ってしまいました。日本ならば運航停止の筈です。

 雨雲の中に入った途端、突然もの凄い衝撃があり、手荷物は天井にぶつかり、乗客は椅子にしがみつき皆顔面蒼白、乗ってる飛行機の主翼が見えません。このとき私は主翼が機体からもぎ取れたのかと思いました。身体の浮く状態は、いつになっても止まりません。機体はガタガタ音を立てながら落下し続けます。ここは海の上。心の中で「止まってくれ!止まってくれ!」と叫び続けました。

 窓から外が見えない状態は10分ほど続き、生きた心地はせず、これで一貫の終りかと思い、何故こんな現実になったのか、「飛行機に乗らなければよかった」と後悔し続けましたが、自分の力ではどうにもなりません。

 その後、運良く水平飛行になり、主翼が見えたとき命はあったと思い、「もう、飛行機には二度と乗らないぞ」と決心しました。しかし、帰国するときは仕方ないと自らに言い聞かせたものでした。

P1040245 ところで、子供の頃は写真の烏川で夏は泳いだものです。実はここでも深みにはまって、水中を10mほど流されことがあり、いっしょに行った姉たちは沈んで姿が見えなくなった私にかなり心配したようです。こんなことから私は「命拾いを二度した」ことになります。

Dscf0127  台風は電力や飲料水、そして田畑を潤す恵みの雨として人類にとって大きな恩恵です。しかし、地域によっては洪水を起こし多数の人命を奪う脅威にもなります。当地でも、戦後、カスリーン台風によって1000名以上の犠牲者が出ました。

 輝く未来ある子供たちのために、少しでも自然の脅威を減らし、恩恵に振り替えることが人類の知恵です。50年以上にわたる論争にいよいよ終止符が打たれ、八ッ場ダムは完成に向かって歩み始めました。

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

寒さに震える日本列島・・・ラニーニャ現象か

 立春が過ぎ、雨水が過ぎ、もうすぐ啓蟄という時季にしては、私の住む群馬県高崎市も昨年の12月以来、寒過ぎます。

 冬将軍にはそろそろ撤退してほしいところですが、寒波の到来は今日も続いてます。

 北海道はもとより日本海側での降雪量は例年の2倍以上といわれ、特に東北地方の被災地の方々の暮らしは耐え難い状況であると察し、お見舞い申し上げます。

3873_8  私の子供の頃に比較すると、近年は夏と冬が長過ぎ、一方、春と秋が短いように感じます。年間を通して庭木の世話をしていて気がつくことですが、例えば、5月の晴天の日は昔はとても良い気候と記憶しています。しかし、近年この時季は日差しが強烈で、直射日光に西洋シャクナゲの新芽は萎れてしまいます。5月ですでに真夏の日差しです。

 室内の暖かなところ育てている君子蘭は、昨年に比較し、今年は開花が1ヶ月ほど遅れて、やっと蕾が出てきたところです。昨年は2月中旬に満開でした。

 ところで、この寒さの原因は一体、何であるか考えてみました。 これは日本だけの問題でなく、地球規模の気候変動によるものではないでしょうか。それはタイの洪水や和歌山県の水害、また、アフリカの干ばつも別問題ではなさそうです。

 以下は気象に関して素人である私の考えです。

 最近、耳にするようになった南米大陸の太平洋側の赤道付近における海水面の上昇をエルニーニョ現象といい、逆に、同じ場所に起こる海水面の低温をラニーニャ現象といいい、どちらも日付変更線の東側一帯の海域で、近年、この二つの現象が世界の気候変動に影響を及ぼしてるといわれます。

 この海域は日本から遥か遠方で日本の気象には影響を与えないのではないかと考えがちですが、どちらの現象もインドネシア近海での海水面の温度を上下する影響を及ぼし、海水面温度においては、エルニーニョ、ラニーニャともにインドネシア近海とシーソーゲームのような関係にあるらしいです。 つまり、エルニーニョが起こった年はインドネシア近海の海水面温度が低くなり、逆にラニーニャ現象の時は、インドネシア近海の海水面温度が高くなる関係にあるようです。

 一方、日本上空5000メートル付近には西から東に向かって絶え間なく吹いてる偏西風=westerliesがあります。

 ラニーニャ現象が起こるとインドネシア近海では海水面の温度上昇が起こり、それによって大気の対流活動が活発になり、これが偏西風の進路に影響を与え、偏西風は南よりに蛇行させられ、それが北極からの寒気団を南下させる状態となり、延いては日本列島に冬将軍が居座る状態になるようです。

 およそ地球の反対側で起こった海水面の低温に起因し、それが日本に寒波をもたらしていることになれば気象もグローバルに作用し合ってることになります。

日照時間は確実に伸びてます。「冬来りなば春遠からじ」を信じて寒さを乗り切りましょう。

 我が人生の厳しい冬も永遠に続くわけではないでしょう。果たして希望の未来は後ろに控えているでしょうか。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査