カテゴリー「高崎のいい所」の12件の記事

2021年2月12日 (金)

白鳥が飛来する自然環境の高崎市

Img_1681
【拡大すると読みやすいです。】
 
 現在、高崎市木部町の鏑川には多くの白鳥が飛来してます。地元の「白鳥を守る会」では毎日、飛来数を記録してます。1日に数回数えてるこの記録表によると11月中旬から来てますが、12月下旬からグループで来始め、1月には大分増え、2月の最も多い日には100羽が飛来してます。
 
 このように日によって羽数が変化するのは日本に渡ってから、あちこちに移動してる可能性が考えられます。今後は3月中旬までここで休息し、太陽高度や、気温、風向きの変化により春分の日頃までには海を渡り、故郷シベリアへ向かう習性です。
 
 なお、ここに飛来する理由は広い川の面積に殆ど流れがなく、沼のような環境があること、そして天敵から身を守れる安全な場所であることが考えられます。優雅な白鳥の姿を眺めていると「人間の1000年、2000年の歴史などに負けてないぞ」という風格が見て取れます。
 
 Currently, many swans are flying to Kabra River in Kibe-town, Takasaki City, Japan. The swan protection society records the number of arrivals every day. According to this record table which counts several times a day, it came from November, then it started to come in group at the end of December, and it increased a lot in January, and 100 birds came flying on the most day in February.
 
 I guess it is possible that the number of birds changes the place after flying to Japan. From now on, the swans will rest here until the middle of March, and due to changes in the sun altitude, atmospheric temperature, and wind direction. They will say good by to Japanese archipelago and cross the ocean by the vernal equinox day and head for their hometown of Siberia continent.
 
 The reason for flying here is thought to be that there is a swamp-like environment with almost no flow in a large area of this river, and that it is a safe place to protect themselves from natural enemies like birds of prey. When I look at the elegant swans, I can see swan's dignity which "I'm not defeated by the history of humans that only continued several thousands".
 
Photo_20210212044901
  
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.  
 

| | コメント (2)

2020年12月 4日 (金)

来年85才になる高崎観音像

P1030122
 
 群馬県高崎市と言えば、白衣観音が有名です。年に2~3回ですが、緑に覆われたこの周辺は私のウォーキングコースの一つです。
 
 昭和11年に建立され、高崎市を見渡すように標高200mほどの丘陵の上に立ち、当時は東洋一の高さと言われました。今でも四方八方の遠方からその姿が望めます。無病息災、安産、子育ての仏様ですが、何を願ってもよいことになってます。
 
 拡大すると肩の所に穴が開いてることが分かるでしょう。これは窓です。この中には高い位置まで階段があり、歩いて登れます。窓からの景色はため息が出るほど素晴らしいです。私はいろんな角度から観音像の写真を撮りましたが、この姿が一番気に入ってます。
 
 Speaking of Takasaki City, Gumma Prefecture, Japan, the white robe Kannon is famous. Two or three times a year, this area covered in green is one of my walking courses.
  
 Built in 1935, it stands on a hill with an altitude of about 200m overlooking Takasaki City, and was said to be the tallest in the Orient at that time. You can see this white statue from afar in all directions. It is a sickness-free, easy-to-deliver, child-raising Buddha, but you can wish for anything.
 
 If you zoom in, you'll see a hole in the shoulder. This is a window. There are stairs to a high position inside the statue, so you can walk up. The view from the window is breath-taking marvelous scenery. I have ever taken pictures of this statue from various angles, but I like this one the most.
 
※上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2020年11月27日 (金)

車で通過しても、ウォーキングしても快い別天地

Img_1330_20201127101401
 
 最近、開通なった「新鏑川橋」へのアクセス道路を通過すると車は滑るように走ります。ウォーキングしても景色がよく、周辺はのどかで大きな建物がなく、正面に榛名山の全貌が望め、実に気持ちがよいです。それにしても、近年の道路建設は技術的に大変優れてます。この橋を通過すれば高崎市から藤岡市へすぐに行けるようになりました。
 
 現在も、アクセス道路の延長工事が続いており、高崎側も藤岡側も2~3年後にいっそう便利になります。ご覧の通り、今のところ車が少なく、全身の筋肉の維持増強のために小春日和の温かな日にはこの坂を腕を振りつつ、せっせせっせと登ります。やがてシベリアから飛来してくる白鳥たちといっしょに鏑川の自然を満喫したい。
 
 When I pass the access road to the recently opened "Shinkabra-River Bridge", the car will proceed like slide. Even if you walk, the scenery is good, there are no large buildings in the surrounding area, and you can see the whole view of Mt. Haruna in front of you that is one of the well-known mountains in Gumma prefecture. So you will be really comfortable. Even so, road construction in recent years is technically marvelous. If you pass this bridge, you can go from Takasaki-City to Fujioka-City immediately.
 
 Even now, the extensional construction of the access road is continuing, and it will be more convenient on both Takasaki and Fujioka side in a few years. As you can see, there aren't many cars so far so that I recommend you to walk here on warm days of Indian summer. I will swing arms back and fourth and climbing up the slope to maintain and strengthen the muscles of the whole body. I will enjoy the nature of the Kabra River with the swans coming from Siberia.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

源流の最初の一滴は「烏の嘴」といわれる烏川

Img_1050

 倉賀野町の南を流れる「烏川」です。ここは江戸時代は河岸でした。子供の頃はプールがなく夏休みにこの川で泳ぎました。実は、近年、この川の源流近くに行きましたが、辿り着くものではありませんでした。

  倉渕の人の話によると、昔から「最初の一滴」は烏の嘴の形をした岩から流れ出てるとのことです。私は以前に倉渕の鼻曲山や角落山に登頂したことがあるので、源流の上にいたことになります。「最初の一滴」から、このような一級河川になり、烏川は旧石器時代以前から流れ続けていると推測します。


 The photo shows Karas-River flowing in Kuragano Town. This was a riverside port in the Edo period. When I was a kid, there wasn't a pool, so I used to swim in this river during summer vacation. In fact, recently I have been close to the origin of the river, but I couldn't reach it.

 According to a person from Kurabuchi, the "first drop" is flowing from the rock shaped a crow's beak. I have previously climbed Mt. Hanamagari and Mt. Tsunouchi. So I was on top of the source. The "first drop" became such a first-class river, and It is speculated that this river has been flowing since before the Paleolithic period.

P1070413_20200819050201

【後方の山は浅間隠山】・・・角落山山頂で

 

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

初冬を迎え、山頂の天守閣から見る景色は抜群

P1060112

 高崎市にある天空の城です。今まで、私はこの天守閣の最上階に10回ほど登りましたが、何と言っても景色が抜群で驚く他はありません。それは山の頂上にどっしり構えてるからです。こんな所によく建設したものです。眼下に高崎市、前橋市、伊勢崎市が手に取るように見え、上毛三山はもちろん、遠く筑波山や武尊山、そして男体山が高く見えます。現在、周囲は紅葉まっ盛りで、晩秋から初冬の佇まいが満喫できます。


 A castle in the sky in Takasaki city. So far I have ever climbed the top floor of this castle tower about 10 times. I recommend you to visit here because the scenery is marvelous beyond description. You will be surprised when you stand here due to top of the mountain. This castle was well built in such a place. Under the eyes, Takasaki City, Maebashi City, and Isesaki City can be seen distinctly as well as three well-known mountains in our prefecture, including Mt. Tsukuba and Mt. Hotaka. Now, the surrounding area is full of autumnal tints so that you can enjoy the appearance from late autumn to early winter.

 

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

高崎市木部町に完成間近・・・仮称「新鏑橋」

P1060119

 高崎市と藤岡市を結ぶ仮称「新鏑橋」の本体はすでに完成してます。現在、その橋へのアクセス道路を建設中です。1~2年後、この橋が開通すれば山名町の街中を通過しないで鏑川を渡れます。

 実はこの橋は私のウォーキングコースの木部町にあり、完成の暁に私は橋を渡って藤岡市側の土手も歩くことを予定してます。大河の畔で空気は新鮮、冬季はシベリアから白鳥が多数飛来し、私にとってこの5Kウォーキングコースを健康づくりにつなげたい。


 The tentative name “New-Kabra bridge” connecting Takasaki City and Fujioka City has already completed. Currently an access road to the bridge is under construction. One or two years later, when this bridge is opened, we can cross the Kabra-River without passing through Yamana-town.

 Actually, this bridge is situated in Kibe-town where is my walking course. When the construction is finished, I plan to cross the bridge by walking on the Fujioka-city side. The air is fresh here, and swans come from Siberia as migratory bird in the winter, so that I would like to use this 5km walking course to improve my health.

P1070921_20191117035501

 

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

早朝、展望風呂から眺める関越道と赤城山の雄姿

P1010581 【展望風呂から見える関越道の流れ】・・画像は拡大してください。

 一人暮らしは、朝食のメニューが一定になりがちで気持ちに変化を与えたり、現実に栄養面からバランスを考え、週一回ほどは家を午前6時に出て、高崎市のニューサンピアに行きます。ここで風呂と朝食のセット券を購入し(\950+税)、6階の展望風呂に入ります。

P1010580  この風呂は広く、いつも空いててのんびり入れます。「元気の湯」と称され、日中は日帰り温泉として一般客に開放されてます。景色は抜群です。

P1010579 【風呂から眺められる上毛三山の一つ赤城山1828m】

 ニューサンピアは隣に広い催しもの会場が併設され、冬季はアイススケート場として、また、夏季は運動場として有効利用されてます。たまたま、今朝は若い多くの学生さんが朝食のバイキングにいました。ウェヤーから高校の運動部と分かります。「何部ですか」と、ちょっと訊ねたら地元・育英高校サッカー部とのことで、この度は野球部が甲子園出場おめでとうとございますと伝えました。

 ところで、下は朝食バイキングの一例です。多種の料理が並んでおり、主食はパンかご飯ですが、デザートもお茶なども種類があり、つい食べ過ぎそうになります。今朝、私はご覧の料理を選び、平素のカレーにコーンスープのみとは異なる朝食となりました。

P1010582 【朝食バイキング】

 朝から多種に見えますが、量は抑えるようにしてます。私たちに必要な栄養素は、「いろいろのものを食すること」に始まり、同時に「絶対量は少なく」することで、糖尿対策になると考えます。

 一方、牛乳は筋肉を生成する上で、特に運動した後に効果的な栄養です。若い人のみならず、高齢者にはロコモ対策や、サルコペニア対策として理想な食品と考えてます。

 ナショナルチームのバスケットボール選手は身長の伸びを増進するため、1リットルパック牛乳を一日2本は飲むと言われます。骨はカルシュームであることから、牛乳はアスリートにとって欠くべからざる栄養食品と考えられます。

P1010575【最上階が展望風呂のニューサンピア】

 最近、新町の銭湯が閉店し、近くに日帰り温泉が少なくなった折、ここサンピアは私にとって大切なところです。ホテルであっても宿泊はせず、朝食と風呂のセットが便利です。また、夕刻、入浴に来ることもしばしばです。夏季であっても、家でシャワーで済ませず、ゆったり湯船で寛ぐことは血管が緩み、血液循環の面から健康にプラスと考えてます。

| | コメント (0)

2014年12月 8日 (月)

小春日和は五感を回復させるウォーキングを!

P1050992  小春とは、陰暦10月の異称であり、この期間については、今年は現行歴【太陽暦】の11月22日から12月21日までです。ですから今の季節は旧歴【太陽太陰暦】で小春です。

 小春日和とは陰暦10月頃のよく晴れた暖かい日和をいいます。これからは三寒四温と言って、このように気候の寒暖が交互に続くものです。

 暖かな日にウォーキングすると、平素、気づかない野鳥のさえずりや植物の観察もできたり、きれいな空気を体感でき、自然の様子を自らの五感で捉えられます。特に水辺をウォーキングすると水面を渡る風、冬鳥のサンクチャリー、せせらぎの音を体感できます。

P1020959  ウォーキングは慣れたいつものコースのほかに、時には車で出かけ遊歩道のような歩きやすいコースを歩くことが、視覚に変化が起こり、時には名所旧跡に触れると脳が刺激を受けるものです。

 健康面から考えれば、私を含め生活習慣病予備軍の健康回復には、ウォーキングほど手っ取り早いものはなく、これはお金もかからず、体内エネルギーの消費となり、簡単に続けられます。しかし、健康的であっても、歩けば何でもよいわけではないので心すべき点があります。

 それは、時間帯です。たとえ小春の季節といえども、実際の季節は初冬です。暖かな日や時間帯を選び、早朝や寒い夕刻時は避けた方が無難でしょう。目に見えず、絶え間なく変動し、自覚症状のない血圧を考慮すると、早朝は気分的に良い気がしても、医学的には避けた方がよく、気温が上昇してからの時間帯が好ましいと考えます。また、夕刻も、1年で最も日没が早い時期であることから温度が急激に下がります。

P1050002  実は小春日和の今日、車で高崎観音の裏山方面に行き、有名な「千人隠れ」付近をウォーキングしました。手つかずの自然がそのまま残され、巨大な岩肌が見えます。

 もしかして、多くの高崎市民にも知られてない可能性がある観音丘陵の南側は広大であり自然に満ち溢れています。ご存知の方もいるでしょうが、この界隈は地殻変動=diastrophismによって貝の化石が出るほど古い年代の地層が表面に露出してます。

P1050995 苔の生えてる階段を下ると川のほとりに出ます。熊が出るのではないかと思われるほど静寂な雰囲気です。どんどん下って行くと、急遽、眼前に現れたのが「千人隠れ」の巨大な岩です。実際には、80人~100人が雨宿りできるでしょう。

 環境庁の説明によると、昔、戦いに敗れた大勢の武士が難を逃れて隠れたり、天明3年の浅間山大噴火の時は、近くの人たちが降灰から逃れてここに集まったりしたといわれます。この大きな岩の下を流れる川は雁行川の上流で、「高麗蛙」というカジカガエルが生息してるとのことです。

P1050999 【高崎市の千人隠れ】Click please!

 ところで、これから季節はますます寒冷になります。しかし、室内にばかり居ないで、天気の良い暖かな日には屋外に出て身体を動かし、筋肉の増強を図りましょう。

 現在は高血圧の病がなくとも身体は変化します。血圧は血液の病気でなく、血管の病気です。血管はデリケートであり、急激な温度下降や、精神的ストレス、塩分の摂り過ぎで高くなると考えられてます。

  私たちは日々少々の努力を続けることで健康な未来が約束できるのではないでしょうか。このためには一つ~二つは脳を活性化できる学習習慣、朝食を十分に摂る心掛け、そしてウォーキングを取り入れた運動は必須と考えたいものです。

 何せ、私たちの筋肉の70%は下半身にあると言われてます。高齢になると人によっては食べ物を飲み込む力がなくなると聞きます。飲み込む力は筋肉です。首の運動はもとより、上半身全体の筋肉も創意工夫して減らさないように心がけたいものです。 

| | コメント (0)

2014年4月 7日 (月)

一人長い石段を登り、桜花爛漫の高崎観音へ

P1040977 【上信電鉄・南高崎~根小屋間】

 今日は天気が良かったので身体を動かしたくなり、クロスバイク仕様の自転車で倉賀野の自宅を9時30分に出発し、「一本松橋」経由で烏川を渡り、高崎商科大学付近から安全な田畑の中の道を西へ西へと漕ぎました。

 広大な畑のあちこちで農家の人たちが作業してる様子が目にとまります。30分も漕ぐと上信電車の踏切に辿り着き、運良く下仁田行きの電車に遭遇です。ここはカーブしてる地点であることから車体が少し傾いてることが分かります。

 踏切を通過した後も長閑な田畑は続き、やがて次第に大きくなってきた観音様が目に入ります。家を出てから50分程で観音山の麓にある石段入口に到着です。クロスバイクをここに駐輪し、いよいよ推定1000段ほどの石段を登り始めました。

P1040981【石段の途中にある山門】クリックしてご覧ください。

 風もなく気温は心地よく、体調は充分であり、登坂する気持ちに揺るぎはありません。石段の一段の高さが15㎝程なのであまり疲れず、その代わり、行っても行っても延々と石段が続きます。

 山門の鐘を鳴らし、良い出会いを祈念し、休憩なしで登ります。私はこの石段をあまり登ったことはありませんが、微かな記憶を辿ると小学1年の頃、亡き父に連れられて登ったことが蘇ります。

 ところて、先人は何千何万という石段の石を一体どこから運び、どのような方法で組み合わせたのかと思いを巡らし、重機のない時代の建設の苦労を偲びました。

P1040983【最後の長い石段】クリックしてご覧ください。

 石段の標高差は推定150mで、距離は400mほどです。実はこの東に観音山霊園があり、私の一番上の姉が眠ってます。姉は倉賀野中学校の音楽の教員であったことから倉賀野に住む私は実の姉の音楽の授業を3年間受けた珍しい体験を持ってます。姉が55年前に作曲した倉賀野中学校校歌は現在でも歌い継がれてます。帰路に墓参しました。

P1040991 【桜に囲まれた高崎観音】クリックしてご覧ください。

 石段を登り終え、頂上に着いてから観音像まで桜の遊歩道を20分ほど散策し、ついに眼前に白衣観音が現れました。いつも不変で慈愛に満ち溢れ迎えてくれます。心休まる瞬間です。この場所からの光景がとてもいいです。

P1040997 【昭和11年建立・高さ41m】

 近くで見ると高くて立派です。高崎市が誇りにできる観音像で、戦禍にも遭わず美しい姿を78年間維持してます。

 建設当時は100年持つように建設されたことから、後22年経過すると建て替えの時期になります。このため関係者はそろそろ資金的な準備に取り掛からなくてはならないと記されてます。

P1040990 【遠望は高崎市役所と市街地】こちらもクリックしてご覧ください。

 桜花爛漫の観音丘陵を歩いたことは暫くぶりです。しかし、私は桜見物が目的でなく、家から自転車で麓まで、そして長い石段を登り、その後は観音像まで散歩というより、ある程度のスピードを持ってウォーキングすることでした。

 私が運動するのは心と身体が、動きたい意志を持ったときです。このようなときの鍛錬は効果があるように感じます。寒い冬も過ぎ去り、屋外に出てウォーキングによって故郷の自然を満喫したいです。

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

高齢化時代・・・風呂場は南側の暖かい所に

P1040695  近年、盛況である日帰り温泉のお湯は、地下から湧き出る本格的な温泉であるもの、ボイラーによる優れもの、また、廃材などを燃してお湯にしているもの、これらを組み合わせ入浴に適温としているものなどいろいろあります。

 ここ高崎市吉井町の「牛伏ドリームセンター」は、ご覧の通り40mほどの高い煙突からモクモクと煙が立ち上り、この光景は県内であれば、かなり遠方からでも認識できます。それは牛伏山を目印に探し、その麓に位置し、まるで、狼煙のように棚引いてる姿が見えるからです。煙が見えれば営業してることになります。この煙突は群馬県内でも高いものの一つです。

P1040696 【牛伏山の麓にある牛伏ドリームセンター・宿泊可能】

 煙突はこの建物に隣接する焼却場のもので、近隣からの廃材を燃して生じたエネルギーを有効利用し、一日中、お風呂を楽しめます。また、露天風呂では南に聳える牛伏山と共に、夕刻は周囲が暗いことから星が眺められます。

 私の家から8Kほどで、ドライブがてら月に2~3回利用してます。四季を通じて絶景である牛伏山山頂を散策してから立ち寄ることもあります。

P1040686  牛伏山(491m)はその名の通り、山の姿が、恰も牛が伏せてる形に似てることから命名され、山頂からの景色は上毛三山、谷川岳、浅間山、尊武山など群馬の名峰が手に取るように見えます。高崎市でこれほど素晴らしい景色のところはないでしょう。

P1030277 【尊武山をバックに牛伏山頂から見える高崎市】Click plese!

 ところで、楽しい温泉や家庭の風呂であっても、厳寒である今の時季に気をつけなくてはならないことがあります。それは家庭内の風呂場や脱衣場の低温です。

 昔から日本の家屋では風呂場が北側の寒い位置にあります。殆どの家庭でそうであることから、当たり前のように感じられてます。最近の新築家屋を拝見しても、やはり北側の寒い位置が多く、高齢者の安全を配慮した風呂場とは言えないようです。

 誰でもいつかは高齢になります。そのとき、安心して入浴できるには、今から発想を180°転換し、風呂場を暖かな場所に設計することが望まれます。また、高齢になったら夜は入浴しないことです。

 こんなことから、一人暮らしの私はもう4~5年家庭の風呂に入ってません。脱衣場も暖かな近くの銭湯や日帰り温泉が楽しみの一つになってます。

 というのは、県内において一昨年、入浴中の死亡者数は326人と伝えられます。昨年の死者も260人を超え、これは【交通事故による死者73人の3倍以上に当たり】(県警)、今や深刻な状況です。

 医学的には、寒い脱衣場で服を脱ぐと血管が縮み血圧の急上昇となり、その後、浴槽で熱い湯に浸かると急激に血管が広がって血圧低下を起こし、この急激な血圧の変化が心筋梗塞、脳卒中などを起こし、失神を引き起こすと考えられてます。今後、高齢化が進むと更に事故が増えると懸念されます。

 しかし、今更、浴室の間取りを変えられない家庭が多いことから、入浴に当たっては、第一に、脱衣場や浴室の温度を事前に温めておくこと。第二に、お風呂のお湯は熱過ぎないこと。第三に、家族に入浴を伝えておくことです。

Userid_1_gazou5_20090722093248 【渋川スカイテルメ】

 群馬県は全国有数の温泉地であり、温泉巡りは私の趣味の一つです。日本人なら、温泉や家庭のお風呂ほどリラックスできるものはないでしょう。

 しかし、厳冬期は入浴に潜む危険性があります。これを十分に心得、温泉県である群馬県に住んで本当に良かったと思いたいものです。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査