カテゴリー「レース鳩・帰還後の手当て」の1件の記事

2013年1月21日 (月)

レース帰還後の1週間は回復に専念する

Dscf0199 【第一陣が鳩舎上空に飛来・・・Click please!】

 1月下旬になれば多くの地区で100キロ訓練が行なわれ、特に秋レースに参加してない若鳩にとっては初めて本格的な合同訓練、あるいはレースとなり、100Kが最初に通過すべき厳しい関門と考えられます。大羽数のコンテナに詰められただけでストレスになるでしょう。

 季節は大寒の最中です。コンテナ内の冷たい金網の床に12時間も二本足で立ったまま、しかも、揺れ続くトラックで輸送され、鳩同士が接触し睡眠は皆無。そして、現地に到着し、日の出前は最低気温であり、折角、蓄積したエネルギーも寒さと揺れによる疲労で消費し、現地に着いてから放鳩までは充分に休息させる配慮が必要です。

 放鳩地ではコンテナの飛び出し口をできるだけ帰還地方向に向け、放鳩のタイミングは太陽が昇りコンテナ内がある程度・暖まって、鳩の状態が上がってからとなり、それは鳴き声や活発な動きで判断できます。

681  放鳩場所は猛禽対策として、近くに山が迫ってなく、森や高い木々、送電塔がなく、その他・障害物がなく、見晴らしのきく平原がいいと考えられます。

 しかし、放鳩場所を探すのは暗いうちに行ないます。場所が確定したら放鳩までエンジンを停止して待機します。運転手と放鳩者は暖房が使えず、これが辛いです。もちろん、大切なレーサーが有毒な排気ガスを吸わないためです。

 放鳩のタイミングは日の出後30~40分以上経過して、太陽が地平線からかなり高くなり、【鳩が飛びたくて待ちきれない様子】がポイントでしょう。

 帰還地の責任者に天候と予定時刻を連絡し、もう一度、猛禽の危険がないことを確認してからコンテナのハンドルを徐々に引きます。扉は少しずつ開け、前列にいた鳩が扉の網を登って飛び出すようにします。

 一度にすべて開けると下から飛び出した鳩が上の鳩の風圧により地面に落ちるので、下の方を先に開け、その後、残りを開けます。このとき、羽の粉や埃が舞い上がるので放鳩者はマスクが要ります。

P1030335 ところで、タイトルである帰還後の手当てについて、当日帰り、翌日帰り、短距離では3日目帰りもあり、【酷使した体力の回復に努め、回復から次第に次のレースに向けたコンディション作り】が飼育者の腕の見せどころと思ってます。

 私のレース成績はあまり芳しくありませんが、昨春、モザイク号をもって稚内グランドを帰すことができたのは700K帰還後、持寄りまで一つの工夫をしました。

P1030064 それはモザイク号♂【写真】がいつもいる止り木近くに分離式巣箱を取り付けました。

 出来上がって私がそこを離れたら、モザイクはすぐに飛び込み気に入ったらしいです。こんなことから【レース鳩にとっては、いつもいる場所が大切】なのでしょう。

 そして、持寄り日が抱卵10日目になるよう逆算した日に、お気に入りの♀を片方の部屋に入れてやりました。

P1020067  このような長距離でなく、一般のレースでも【前のレースから次のレースまでの2週間の持っていき方】は、先ず、前レースで帰還後、呼吸器と腸内の殺菌が不可避と考えます。帰還時に普通の水は飲ませません。

 【帰還したときから次のレースの調整が始まってます。】

 コンテナ内は多くの鳩と嘴を通して接触し、中距離になれば宿泊を伴い、現地で餌と水が与えられます。

 ややもすると、実際には上段から下段へ、水や溜まった糞、ゴミが落ちたりで、特に飲水が不衛生になりやすく、しかし、それを飲まざるをえません。

 金曜持寄り、日曜放鳩の場合は36時間も閉じ込められ、最悪の場合、コンテナ内は病原菌の巣となる可能性が潜んでます。

P1020320 こんなことから、レースや訓練から帰還したら、まず、疲労と病原菌を抜くことに専念してます。

 1週目は筋肉疲労の回復や内臓の殺菌に専念し、夜間の寒さ対策、餌は軽いもの。疲労時に脂肪分は消化しにくいでしょう。

 2週間目からは状態を上げます。水浴もポイントで鳩がしたがるときはもちろん、最近の私は試行的に持寄り日の午前中、温かければ行ない、体調をすっきりさせて持寄ります。次は150キロ。疲労回復後の策は練ってます。

|

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 古代史 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査