カテゴリー「集中力を高める」の2件の記事

2013年8月 5日 (月)

暫くぶりに「テンペスト」の練習・・・今月のピアノ

Photo  若き日、インド滞在から帰国後に購入したピアノは年季が入ってても、13年前、家を建て直すときピアノ工房で弦を張り替え、全面塗装を施したことから現在でも色褪せない姿です。

 ご覧の通り、本体を包む木の枠が幅3㎝と現在一般に販売されてるものより広いです。最近は軽量化により狭くなってるようです。調律師の話では、木枠に幅のあるものがやはり音色に深みがあるとのことです。こんなことから生涯の友としてこのピアノを大切に弾きたいと思ってます。

 以前に度々、ホームコンサートを行い10名程度の方々にクラシック作品を数曲聴いていただきアンコールでは「冬のソナタ」など映画音楽を弾いたりしました。しかし、最近はホームコンサートを行なうほど練習してません。

 一人暮らしでは、ピアノを弾いてるより、外の自然に接する時間が多いです。ピアノは聴く人がいてこそ成り立つものでしょう。

P1040113  音楽とは楽しむものと考えられますが、それは一つには正しいでしょう。しかし、楽しい以上に「より高い精神美の充足」を求めた場合、幸せにも人類の先達は多くの名作を残しており、深く胸を打つものが多々あります。作曲家の死後2~3世紀が経過した現代でも、色褪せない名曲の数々に生涯を通じて触れたい思いです。

 ところで、数年前にホームコンサートで弾いたことのあるベート―べンの「テンペスト」1楽章を、今月は新たな気持ちでやり直しています。曲は1802年頃の作曲といわれ、当時の彼は31~32才であり、ハイリゲンシュタットで有名な田園交響曲を作曲し円熟期に入った頃で、調性は「第九」を彷彿させるニ短調。

 曲は音楽というよりピアノがあたかも説得する言葉のようになり、万人に人生の悲しみ、それを克服しようとする精神力、葛藤、暫しの安堵、また、激しい心の動きなど、これらを媒介にして納得、そして天上の幸せなど、どこまでも精神のより高きを追求してるように思えてなりません。

P1040115 【導入部分の楽譜】

 それでは名ピアニストの演奏をお聴き下さい。

http://pianomusicdouga.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

 毎日、暑い日が続いても、カリンの床と漆喰壁は適度な温度調節となり、練習にエアコンは要りません。青春時代を思い出し、8月は、ねじり鉢巻きで「テンペスト」に取り組みたい。 

| | コメント (0)

2013年2月21日 (木)

集中力を高める辞書の活用

P1030419 【しだれ白梅の開花】

 学校を卒業した後、勉強は独学になります。この時に欠かせないのが各種の辞典・辞書で大きな役目を持ちます。辞書は先生代わりとなり、必要に応じてその個所を引くことになります。これにより知らないことを知ったり、不確かであったことを再確認したりします。

 私が高校1年の時、3年生の卒業式で今は亡き当時の校長先生が式辞で話されたことが鮮明に思い出されます。会社に就職しても、初めは自分の机がないかもしれないが、【常に国語辞典だけはそばに置き、決して誤字を書いてはならない】というのです。誤字をかくと教養が疑われたり、仕事における信頼関係まで左右するとの教えであったのでしょう。

 どうしたことか校長先生のこの言葉は半世紀以上経過した今でも、しっかり頭に残り、現在でも辞書を使わない日はない私です。

P1030408  左から和英辞典、英和辞典、国語辞典、漢和辞典です。どれ一つなくても困ります。

 1年前に始めたフェイスブックは、文字通り、自分の顔や自ら書いた文が日本のみならず、地球の東西南北の隅々まで直結しており、不思議なことに外国の方とも簡単に友達になれる優れものです。

 私は日本文で書いてから、同じ内容を英文で書くように努めてます。これは問題を解く英作文ではなく、自分の意志を述べる生きた英作文となり、このとき、和英辞典は確認そして再確認のため不可欠なものとなります。これを今後10年間も続ければ言いたいことの多くは英語で言えるようになるかもしれません。後10年くらいは生きられるだろう。

 【自由英作文と英会話力】は連動すると考える私です。

P1030409  学生は今でも和英辞典を使うより、英和辞典中心の学習らしいですが、学校教育も「発想を転換」し、これを逆にしたら日本人はかなり高い英会話力が身につくのではないでしょうか。英語購読と同じくらい英作文に没頭することです。結果的に発信型英語力が高まると考えられます。自分で言いたい内容を英文にする鍛練です。

 ブログを書くとき、漢字や言い回しについては時々、国語辞典で確かめて記述します。それでも誤謬は起こり、気づき次第、校正します。漢和辞典は書物を読むときに出くわす読めない漢字や、難解漢字に大いに役立ち、手放せません。一つの漢字でも音読みと訓読みがあり、生涯にわたり読み方と意味、そして用法を学ばなくてはなりません。

P1030421 【君子蘭の蕾】

 最近は小学生の集中力を高めるのに辞書引き学習が広まってるようです。これは自ら学ぶ意欲を育み、好奇心を刺激し、驚くほどの集中力を発揮するようです。その都度、漢字の読み方を親に訊く必要がないようルビ付きの国語辞典が便利で、これで今までより学習時間が継続し、言葉への興味が高まり言語生活が飛躍的に充実するでしょう。

 家族みんなで日常的に辞書を引くと新たな発見があり、家族内の話題が豊富になり、生活や学習の喜びにつながりそうです。

 子供に限らず、私たち大人も、日々辞典を引く生活は受動型生活から能動型生活に転換できるのではないかと考えます。 

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査