カテゴリー「藤の咲かせ方」の3件の記事

2017年4月17日 (月)

10年以上、咲かなかった永泉寺の藤に蕾がつく

P1020733【本日、庭の藤の蕾】

 一年半ほど前、近所のO宅から昔咲いた藤がもう10年以上も開かないとの連絡をもらい、早速、伺って拙い体験から、これは剪定すれば咲くと瞬時に感じました。私は遠慮なく剪定作業に入り、剪定した枝は全体量の約半分に相当し、ずいぶん隙間ができ、これで来春は咲くだろうと密かに確信を持ちました。
 
 というのは以前に、私自身が同じ悩みを5年ほど持ち続けていたからです。購入時は赤紫がきれいに咲いてたのに、何故、咲かないのだろうと首をかしげる毎年でしたが、あるとき、枯れて元々と思い、長く細い枝をバリバリ切り落としてみました。
 
 そしたら何と翌春、夢のように蕾がたくさん付いたではありませんか。このときの喜びは忘れられません。素人でも「やればできる」と私に一つの自信が生まれました。これと同じ方法で開花したOさんの喜びは大きく、近年ご主人を亡した寂しさの中にあって、諦めてた藤が咲き、作業をした私も本当に良かったです。
 
 日常生活においても、私は何事も自分本位になりがちで、益ばかり得ようとしてしまう心があります。時に諦めてしまったり、物事に対し不満を持ち易いものです。しかし、植物も含め相手の心境に入れれば、あるいは、良く観察することで諦めてたことがいとも簡単に解決できることがあると藤の剪定から学んだ思いです。
 
P1000993 【5年間咲かなかったのがうそのような庭の藤】・・・拡大してご覧ください。
 
 先ず、藤は水分をすごく必要とする植物で、これは真夏の日照りに水が切れると葉がすぐ萎れることから分かります。水が豊富であれば、蔓るが伸び、どんどん成長します。成長は結構なことであっても、肝心な花が咲かないのでは何にもなりません。
 
 根から吸収する栄養分は新たな蔓や枝を成長させるためで、それらに栄養が行き過ぎると「養分に蕾を作る余裕がなくなる」と考えます。この対策は、夏になったら一度思い切り剪定すると養分の流れが蕾を作ることに専念し、翌春の開花につながると考えます。
 
 専門家【植木職人】に訊かなくても、私たちは自身で細かく観察することで植物の本質を見抜いたり、植物が欲してることに思い当るものです。
 
P1020738
 
 ところで、近隣のOさん宅で開花した藤を近くの永泉寺の娘さんが見たことで、またもや私に依頼がありました。寺の境内にある二本の藤がもう10年以上も咲かないとのことです。私はすぐ拝見したところ、いわゆる枝がボーボーの状態で、瞬時にこれでは咲かないと判断できました。早速、思い切り剪定です。
 
 他人の家の植物を剪定するのは気が引けても、開花を望む心に寄り添えるならと遠慮なく、無駄な枝を切り取り、四方八方に出てる蔓や小枝を切断です。これが昨年の夏でした。
 
P1020740 【今春はたくさん蕾を持った永泉寺の藤】・・・拡大してください。
 
 どうしたことでしょう。今春は予想を超えた蕾が生じ、その数50個以上です。植物は手を加えれば、必ず応えてくれることを今回も学びました。
 
 私は植物が好きでも、いわゆるプロではありません。しかし、咲かない藤を咲かせるには剪定が必要なことを体験から知り得ました。永泉寺では君子蘭も良く咲かないそうで、こちらも来春は咲くようお手伝いします。実は永泉寺は私の菩提寺ではありませんが、私の叔母や従兄が眠ってます。藤や君子蘭、そしてシャクナゲが毎春咲くようにこれからも世話を続けます。
 

| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

多くの水が必要な鉢植えの藤・・・本日植え替え

P1030663 Click please!

 今春は暫くぶりに開花した赤紫の藤です。購入以来の数年間は開花せず、どうしたことかと試行錯誤しました。毎年、夏に水を欠かすと葉が萎れるので、蛇口を捻れば根元に水が行くようにしてました。しかし、それでも咲かずの年が続きましたが、昨年の夏ごろ、出て来た蔓をすべて30㎝程で切り落としたら、今春は見事な開花につながりました。

 やはり藤は蔓の剪定がポイントでした。今季は成長著しく、昨年、大きい木製の植木鉢に植え換えたことで咲いたということもあります。

P1030945  しかし、それも小さくなり、本日、横板を剥いだら根が行き場を失ったかのように隅々までぎっしり詰まってました。これでは限界と感じ、写真のように今までより大きい植木鉢に植え替えました。直経70㎝ほどです。

 もうこれで、庭木としての鉢の大きさは十分でしょう。植え替える前に鹿沼土を3袋いれ、花木用の土を一袋入れ、より良い成長を期します。

 ところで、鹿沼土は鉢植えの樹木にはとてもいいと感じます。それはしっかり水分を含んでくれるからです。一見、乾いているように見えても水分を含み、鉢内の水分調節する役目をします。こんなことから鹿沼土は乾燥を防ぎ、藤にいいと考えます。

 新たな植木鉢は合成樹脂で容量が大きく、固まってた根は次第にほぐれ、夏に向かって蔓を伸ばし、樹勢が良くなると期待します。現在、すでに花芽がたくさんついてます。

 こんなことから、私の考える鉢植えの藤の咲かせ方は1、水をたくさん与える。2、大きな植木鉢に植える。3、鹿沼土を入れる。4、日光の当る場所に置く。5、蔓は20~30㎝を目安にして剪定する。

P1030942 Click please!

 この写真は庭先から玄関へ緩やかにカーブしてる敷石です。新築時に業者が並べました。今回、敷石の周囲をすべて掘り起こし、繁茂したドクダミなどを取り除き、小石を並べたのは私です。

 しだれレンギョウのアーチも上手く出来ました。これであとは化粧石として敷石の回りに色のついた小石を入れて完成です。これは高崎商業勤務時代の吹奏楽部の部長が現在、石屋をしてるので入れてもらいますが、近日中にきれいな色の小石をセレクトすることになってます。

 庭と樹木は春夏秋冬、剪定、植え替え、整地、風通しなど手を入れれば気に入った庭に近づくでしょう。それが同時に肉体労働になり一石二鳥で、夕刻のビールの味は格別です。  

| | コメント (0)

2013年4月 4日 (木)

6年ぶり蕾をつけた「赤紫」の藤・・・開花はもうすぐ

Dscf0161_1  これは6年前に埼玉県花園のグリーンセンターで見つけ、色が珍しいことから気に入って購入した赤紫の藤です。一般的に青紫の藤が多い中、この色は貴重と思い、それ以来、大切に育てましたが、どうしたことか、翌年から一向に花が咲きません。

 購入以来、一年中、鉢植えのまま外で育てました。夏季には葉が萎れ枯れる寸前になったこともあり、慌てて水を与えたら事無きを得ましたが、水がたくさん必要ということを藤から教わりました。

 その後は花が咲くようにと個形の油粕を与え、翌春の開花を期待しても、嘲笑うかの如く花芽はつきません。いろいろ本で調べても、的確な答えに出合いませんでしたが、それでも諦めずに手をかけ続けましたが、結局、5年間の長きに亘り咲きませんでした。

 ご存じの通り、藤は五月頃より蔓が四方八方にたくさん出ます。長いものは1m以上になり、この蔓をまとめて束にして縛っておいたりしましたが、例年の如く、春になると芽は付いてますが、それは、いわゆる葉芽になるものばかりでした。

 近所に藤の育て方を知ってる人もいないので、【試行錯誤として、昨年の5月から秋にかけて伸びてきた蔓を今度は20~30センチほどで切り落としました。】

 さあ、蔓に関しては例年と異なる方法を採りました。かなりの変化です。また、例年、半日陰の所にあったことから、思い切り、直射日光が当たる場所へ移動をしました。なお、植木鉢を変え、木製の大きな樽のようなものに植え替え、特に夏季は毎日、朝夕たくさんの水を与えました。

P1030566  そしたら何と、今春の3月になり、今までと芽の様子が違うのです。例年より大きくなり、これは花芽ではないかと期待していたところ、概算200個ほどの蕾であることが判明し、ついに待ちに待った開花が期待できることになりました。赤紫でこんなにたくさん咲いたら、見事な咲きぶりでしょう。現在は1日1日、期待とともに膨らむ蕾です。

 やはり、【蔓の剪定法が藤を咲かせる根本であった】ようです。

 昨春以降、おそらく50本くらい出た蔓を次から次へと切っては毎日水を与えたことから、木そのものが大きくなり、エネルギーが中に蓄積したようで、それが爆発するかの如く花芽になりました。

 こんなことから拙い体験ですが、藤を咲かせる第一のポイントは新緑の頃から伸び始める蔓をすべて20~30㎝ほどで切ることです。第二に、陽の当る所で育て、第三に夏季に水をたっぷり与え続けることです。

P1030564  このようにやっとのことで辿り着いた藤の咲かせ方を胸に、今後ずっと育てます。今では枝周り直径2mほど、高さ1.5mで、かなり成長しました。今春咲き終えたら良い場所を見つけて直植えにしようと思います。

 赤紫の藤は、家庭の庭では珍しい品種なので大きく成長させ、赤紫の素晴らしい色合いと香りを楽しみ、近所の人たちに鑑賞してもらいたいと思います。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査