カテゴリー「植物の生態」の4件の記事

2019年7月11日 (木)

予想外 ハイビスカスに 応援され

P1070960

 (この文は昨日書いたものです。)

https://www.youtube.com/watch?v=8djx8g8m54M

 今朝、外に出たら、お気に入りのハイビスカスが咲いてました。今年の開花第一号です。今日、私はこれから東京へ行きます。まるで「行ってらっしゃい」というかの如く、タイミングよく咲いてます。

 ・・・I wrote the sentences yesterday morning.・・・ 


  My favorite hibiscus bloomed when I went out this morning. It is the first blooming of this year. I will go to Tokyo today. It is blooming with good timing, she says as if "Be careful going and returning".

 

| | コメント (2)

2019年6月 8日 (土)

来春の 開花の準備 もう開始

P1070806

 あちこちにシャクナゲはあっても殆どが西洋シャクナゲで、日本シャクナゲはなかなか見当たりません。その意味で写真は貴重な日本シャクナゲです。もう来年の葉が出てきました。日本シャクナゲの特徴は葉の裏が黄土色です。花はそれほど派手ではなく、素朴です。

 Most of the rhododendrons here and there are western rhododendrons, and at first Japanese rhododendron is not found. In this sense, the photo is a valuable Japanese rhododendron. The leaves have already come out for next year. The characteristic of Japanese rhododendron is that the back of her leaf is ocher. The flowers are not so flashy rather rustic.

P1050094

(開花時)

 

| | コメント (2)

2017年9月28日 (木)

シャクナゲに教わる「半年前からの準備」

P1020045【蛇行してる源平しだれの幹】

 昨晩から低気圧とそれに伴う前線が列島を通過し、千葉県で大雨の被害と伝えられてます。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
 
 一方、他の地域が自然被害に遭遇しても私の住む群馬県は比較的安全な県と言えます。それはカスリーン台風後の利根川の治水など先達の努力の賜です。カスリーン台風は戦後襲来し、群馬県では600名ほど犠牲者が出ました。
 
 また、長い年月には群馬県の先人たちは大変な被害に遭遇したことがあります。それは天明3年【1783年】に起こった浅間山の大噴火です。熱泥流は群馬県側に流れ、234年経過した現在でも麓の嬬恋村鎌原地区では多くの民家が埋没したままです。直線距離50K離れてる私の庭の地中からは現在でも浅間砂といわれる荒い火山灰が層を成してます。 
 
 実は写真の源平しだれの地中には今でも浅間砂の層があり、何と、これが植物の成長に大きな役目をしてます。それは「水はけの良さ」につながってるからです。
 
 天明3年後、私の倉賀野地区でも噴火により田畑一面に火山灰が堆積し、当時の農民たちは浅間山がもたらした灰をあちこちに集め、「灰塚」を作ったと歴史が伝えます。おそらく私が住んでる土地は灰塚だったと推定できます。
 
 先史時代より大自然は私たちの遠い祖先に脅威を与え続け、一方、台風や長雨などは電力を始め、食物の生育になくてはならず人間に恩恵を与えます。いかに脅威を回避し、いかに恩恵を享受するか、人類の知恵です。
 
P1020047【既に蕾を持ってる貴重な西洋シャクナゲ赤・・・今朝撮影】
 
 ところで、このシャクナゲは一時的に枯れそうになりました。当時、原因不明です。しかし、周囲を掘ったら近くの梅の根がシャクナゲの根を覆って、シャクナゲが養分を吸収できない状態でした。すぐに、根を掘り起こし対処したところ、見事に回復し、今年の春には大輪を咲かせました。同じ間違いはもうしません。
 
 植物の調子の悪さは必ず原因があるものです。このように、他の植物の根の侵入により起こる勢いの悪さはroot competitonといわれ、私はこの言葉をこのブログをご覧になったオーストラリア在住の逍遥様からコメントを通じて教わりました。彼はシドニー近郊でシャクナゲを生育され、日本と気候が逆で開花時期が半年異なるのに、こちらの季節に合わせて丁寧にお教えくださいました。心より感謝です。
 
P1020046【こちらもすでに蕾を持ってる日本シャクナゲ・・・品種名アヅマシャクナゲ】
 
 ところで、シャクナゲが開花するのは4月です。にもかかわらず半年前からこのように大きな蕾を持ち、これから冬を越します。あるいは厳しい冬の到来前に、早くも翌春の準備にしておくのでしょう。その間、蕾の中身に栄養を送り、きれいに開花するよう着々と準備しているのでしょう。
 
 このようなことは多くの植物で見られ、例えば、花梅は落葉すると小さな蕾が出てることが分かります。
 
P1020040【百日間の開花が終わる直前の百日紅】
 
 振り返って、ややもすると私はその日暮らし的な生活を繰り返してる面があります。
 
 しかし、今日は明日のため、植物の如く、いや半年後のため、1年後、あるいは数年後の目標達成のために今日仕込むべき準備があると志を強く持ちたいものです。
 
 高齢化社会の中にあって若き日のような情熱は徐々に失われつつあっても、人間に生まれた恩恵を再認識し、今より少しでも脱皮し、新たな分野への挑戦は人間的に生きる意味に通じるのではないでしょうか。
 
 私の場合、それは「人との出会い」、「音楽的感性の陶冶」、「今取り組んでる分野のより深い探究・・・ボキャブラリー」です。シャクナゲが半年前に開花準備してる如く、新たな生き方を今から準備したい。
 

| | コメント (2)

2013年7月18日 (木)

触ると瞬時に葉が閉じる「オジギソウ」の不思議

P1040010  葉が「ねむの木」に似てる「オジギソウ」=mimosaを育て観察してますが、他の植物に見られない不思議なことは「触ると瞬時に葉が閉じ、枝が垂れ下がる」ことです。

 この行動はまるで動物が反応するかの如くで、紀元前アレクサンダー王や昆虫記で有名なファーブル、そして進化論のダーウィンも興味を持ったといわれる植物です。

 「ねむのき」と同様、「オジギソウ」は夜になると、触らなくても葉が閉じ(就眠運動)、その上、枝まで下がり萎れて見えます。

 不思議な反応ですが、環境が変化してもこの行動するようです。触るだけでなく、水や雨に当っても、息を吹きかけても葉が閉じることから、英語では繊細な植物という意味でsensitive plantとも表現されるようです。

P1040012  指で触ると、その葉だけが閉じ、他の葉は閉じません。5分ほどすると再び開きます。

 「なぜ、このような動きをするか」について、私の推測では、鳥や野性動物から身を守るためではないかと考えます。しかも、すべて閉じると「棘のような様相」になるので、やはり身を守るためという印象を強くします。次の写真は手ですべてを触ってみました。

P1040013   どうしたことでしょう。先程の生き生きした姿からは想像できないでしょう。瞬時に萎れます。この瞬時に反応する動きはまるで動物のようです。

 他の植物では、殆ど、このような行動をとらないように見えても、実は結構あるかもしれません。すべては危険を察知し、生命を維持するためであったり、子孫を繁栄のためではないかと推測できます。

 植物学者の研究によると、触ると葉が閉じる「オジギソウ」のメカニズムは、触ったことにより電気が通じ、枝の付け根に溜まってる水が抜ける仕組みで、それにより枝が垂れ、葉が閉じるらしいです。

P1030799  「ねむの木」も夜間は葉を閉じる就眠運動します。就眠運動ではオジギソウの場合も同様で、推測の域を脱しませんが、夜間に葉から出る水分の蒸発を防ぐためや、動物の食害から身を守るためではないかと考えます。この神秘な動きについては、もっと研究したいと思います。

 「オジギソウ」の原産地はブラジルや南アフリカといわれ、日本へは江戸時代にオランダ船で持ち込まれたらしいです。「オジギソウ」をもう少し大きく成長させ観察を続けます。 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 暦について 月の満ち欠け 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査