カテゴリー「植物の生態」の18件の記事

2020年10月28日 (水)

春~夏~秋に咲き続けるハイビスカス

Img_1295
 
 サルスベリは百日紅とも書き、確かに7月中旬から先日まで100日咲き続け、長い期間と思いました。ところが、驚くことに一度枯れ始めたハイビスカスが5月に咲き始めて今日まで未だ咲いています。実に180日間も咲き続けています。
 
 春に化成肥料を施したら小さい木でしたが、ぐんぐん成長し、樹高も1mほどになりました。肥料がこの樹木に合っていたようです。しかも、2本もあります。今度は萎れさせないように温かな場所で冬を過ごさせます。
 
 Crape myrtle is also written as 100-day red in Chinese character, and it surely continued to bloom for 100 days from mid-July till recent day and I thought it was a long period. However, surprisingly, the hibiscus in the photo that had begun to die once, began to bloom in May and is still in bloom today. It has been blooming for 180 days.
 
 It was a small tree, and I had applied chemical fertilizer in the spring, so that it has grown steadily and the height of the tree has reached about 1 m. It seems that the fertilizer was suitable for this plant. Moreover, there are also two hibiscus. This time, it spends the winter in a warm place so as not to wither.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

今でも咲いてるハイビスカスとサルスベリ

Img_1227
 
 次第に本格的な秋になり、庭には落ち葉が増えてきました。ところが、ハイビスカスは勢いがよく、葉が大分黄色くなってるのにも関わらず、今朝も咲いてます。結局、半年間も咲いてます。このような植物は珍しいです。
 
 一方、百日紅は今日まで80日間咲いてます。果たして文字通り100日咲くでしょうか。このような永く咲く植物に肖り、私もこれから人生に咲かせたいものです。しかし、まだ、蕾にもなってない私です。
  
 It was gradually becoming a real autumn, and the number of fallen leaves was increasing in the garden. However, the hibiscus has a lot of momentum, and even though the leaves are mostly yellow, she is still in bloom this morning. After all, it has been blooming for half a year. Such plants are rare.
 
 On the other hand, the crape myrtle is in bloom for 80 days so far. Will it literally bloom for 100 days? I wish I had her longevity and would like to bloom a big flower named life. However, I haven't a bud yet.
 
Img_1228
 
上の英文をドラッグしてコピし、次に貼り付けるとネイティブによる発音が聞けます。https://ttsreader.com/ja/...
 
 

| | コメント (2)

2020年8月31日 (月)

欅の巨樹から生命力を教わる

Img_1164

 ご覧の欅は倉賀野緑地の中央にあるもので、誠に大きく見事な風貌です。幹を触ると私はつい「てっぽう」をしてしまいます。これほど葉が多いと、我々の生命維持に欠くべからざる酸素をどれ程多く生産してるか計りしれません。

 ここは芝生が広がり、いつもきれいになってます。高崎市の公園緑地課が管理してます。小さな子供を思い切り運動させたいですが、実際には犬を連れた方々の交流の場になってます。この木が作る日陰もすごく広く、涼しいです。


 This zelcova tree you see is in the center of the Kuragano green park, and it looks really large and has a marvelous appearance. When I touch the trunk, I just push up named Teppo. With so many leaves, it is difficult to measure how much oxygen produces that is indispensable to sustain our lives.

 The lawn spreads out here and is always beautiful. It is managed by the Park and Greenery Division of Takasaki City. We would like to exercise our small children to the fullest, but actually it is a place for people's interact with their dogs. The shade made by this tree is also very wide and cool.

 

| | コメント (2)

2020年8月18日 (火)

今夏は誠に樹勢のよいハイビスカス

Img_1135

 今夏はハイビスカスが次から次へと蕾を持ち、直径10㎝ほどの大きな花が咲き続けてます。実は、今春、高さ25㎝ほどの小さなハイビスカスに化成肥料を与えたところ、見る見るうちに成長を続け、今では1m程の高さになってます。

 しかも、当初1本かと思っていたら、2本あり根分けしたら2本ともよく成長しました。肥料とはその植物に合うものと合わないものがあるようです。今の勢いでは秋になっても咲き続ける気配です。近くの方は見にいらしてください。お茶をお入れいたします。


 As you see, the hibiscus has buds one after another this summer, and a large flower with a diameter of about 10 cm continues to bloom. In fact, this spring, a synthesized fertilizer was applied to a small hibiscus with a height of about 25 cm, it continued to grow rapidly, and it is around 1 m now.

 Moreover, I thought it was one stump at the beginning, there were two, so I rooted out, both grew well. There seems that fertilizer fits a plant or not. With the current momentum, it seems to continue to bloom even in autumn. If you are near, please visit me and appreciate it. I will make tea for you.

 

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

突然、芽を出して咲く「びっくり草」

P1080007_20200723034401

 世の中には不思議な植物があるものです。葉を触ると萎んでしまう「おじぎ草」や、夜になると葉が閉じる「ねむの木」、そして蕾が同じ方向を向く「モクレン」などです。

 ところが、春に芽を出し、他の植物と同様に成長し、葉がいっぱいになりましたが、いつの間にか葉がなくなり、地上からすっかり姿を消してしまいます。

 そして、7月下旬になり、人間が忘れていた頃、突如、50㎝ほどの芽が伸びてきて花が咲き、私を驚かせています。このため亡父は「びっくり草」と言ってました。これは球根による植物です。


 There are strange plants in the world. For example, "Bowing grass" that wilts when we touch the leaves, "Silk tree" that closes leaves at night. and "Magnolia" whose buds face the same direction.

 However, this plant sprouted in spring, grew like other plants, and became full of leaves, but while I was unaware of it, the leaves fell and disappeared completely from the ground.

 Then, in late July, when humans had forgotten, suddenly, about 50 cm of stems appear and grow and flowers bloom now which surprises me. For this reason, my late father said "Surprised grass." This is a plant of bulb.

 

| | コメント (2)

2020年7月11日 (土)

情熱の大切さを教えてくれる百日紅

Img_1009

 百日紅(サルスベリ)が例年と比較し5日ほど遅く、やっと昨日少し咲き出しました。故郷の中国ではおよそペイルーホンと発音するようです。

 西の枝先から東の枝咲きまで6~7mと樹木が大きく、蕾は無数です。一般的に、百日紅は咲き終わると枝が切り落されますが、私は自由な樹形にしてるので全体的にふんわりした形に成長してます。

 百日紅とは、その名が示す通り、これからおよそ100日間、情熱の大切さを私に教えてくれます。長い人生いつも何かに心が燃えてることが必要で、私の場合、植物や音楽に集中できる情熱を持ちたいと思います。


 Compared to the usual year, the crape myrtle is about 5 days later, and finally it bloomed a little yesterday. It is pronounced like peiruhon in Chinese in her hometown.

 The tree is large, from 6 to 7 meters from the tip of the branch to the branch, and the buds are numerous. Most of the Crape myrtle was its branches cut off when it finished blooming, but since it has a free shape, it has grown to a fluffy shape overall.

 As its name suggests, she will teach me the importance of passion during the next 100 days. I want to have a passion that keeps my heart burning and concentration on plants and music.

Img_1010

【拡大すると花が咲いてる部分が分かります。】 

 

| | コメント (2)

2020年7月 3日 (金)

黄色いハイビスカスと黄色いグラジオラス

Img_0741_20200703024301

 ハイビスカスとグラジオラスが今を盛りに毎日咲いてます。今年、ハイビスカスに化成肥料を与えたところ、すごく成長し、蕾が次から次へと生れ、毎日咲いてます。ただ花は1日で終わります。

 一方のグラジオラスには水をたくさん与えたところ、多くの球根が生まれ、やはり毎日咲いてます。

 不思議なことに、この二つの植物には共通点があります。それは周囲が黄色で、花の中心部が赤です。おそらく、これによりチョウチョなど昆虫が集まりやすく、受粉するのでしょう。


 Hibiscus and gladiolus are in full bloom every day. This year, when I gave hibiscus a chemical fertilizer, it grew very much, and the buds grew one after another and bloom every day. However, the flower finishes in one day.

 On the other hand, when a lot of water was given to the gladiolus, many bulbs were born, and they bloomed every day.

 Curiously, the two plants as you see have something in common. It has a yellow periphery and the center of the flower is red. Perhaps this will attract insects such as butterflies and pollinate them.

Img_0954

 

| | コメント (2)

2020年5月28日 (木)

倉賀野町にある巨大な欅の不思議な穴

Photo_20200528045101

 私の住む近くには樹齢推定500年ほどの大きな欅の木があります。いつも不思議に思うのですが、ご覧の通り、幹の高い所に直径50㎝ほどの大きな穴が開いてます。以前にその家の人に「何故、穴が開いてるか」訊いたことがありますが、昔から開いてたというだけで理由は分からないとのことです。

 その人も数年前に亡くなりました。人間の歴史とは比較にならない巨樹の生命力に驚きます。この欅は22世紀、23世紀と今後、生き続け、高い位置から我が倉賀野町を見守ることでしょう。夏季は蝉しぐれで賑わいます。


 There is a big zelkova tree around 500 years old in my neighborhood. It's always strange to me, as you can see, there is a large hole with a diameter of 50cm in the high trunk. I once asked a person of this garden "why there is a hole", but he said that it was opened since a long time ago and he doesn't know the reason.

 That person also died a few years ago. I am amazed by the vitality of giant tree which is incomparable to human history. This zelkova tree will continue to live in the 22nd and 23rd centuries, and will watch over my Kuragano town from a high position. There is a loud chorus of cicadas in the summer.

 

| | コメント (2)

2020年5月19日 (火)

夜になると葉が閉じる「ねむの木」の習性

Img_0643

 写真は亡父が植えた初代の「ねむの木」の孫の代に当ります。数年前に庭に生えた小さな苗をお稲荷様を覆うように私が植えました。今ではかなり成長し、樹形も良いです。それにしても、夜になると葉が閉じる習性は不思議です。

 小さな葉が軸を中心に左右に対になっており、夜になると閉じ、朝になると開きます。写真は早朝に撮ったので先の方は未だ閉じてます。花は極楽浄土を思わせるもので夏至の頃に咲きます。誠に風流な植物といえます。

P1050451

【以前に撮影したものです。】

 The photo is the grandchild of the first "Nemu no Ki" that means silk tree planted by my late father. I planted a small seedling that grew in the garden a few years ago to cover Inari shrine. Now it has grown considerably and the shape has improved. Even so, the habit of the leaves closing at night is strange.

 The small leaves are paired to the left and right around the axis, closing at night and opening in the morning. I took the picture early in the morning, so the tip is still closed. The flower is reminiscent of paradise and bloom around the summer solstice. I will upload a photo when it blooms. The word "Elegance" suits this plant.

 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

ユリの花弁は3枚と3枚が上下に重なってる

Img_0588

 今を盛りに咲いてるユリです。花を良く観察すると不思議な花弁です。一見6枚に見えても、3枚ともう一組の3枚で上下にずれて構成され、その角度も等しいです。おしべの数は花弁と同じく6本です。

 それから以前に気づき、アップしたコデマリは未だ咲いてますが、こちらはどれを見ても5角形です。

 同様にツツジも5角形です。ツツジの場合は高い位置にある花弁に胡麻のような点々が見られます。一方、先日、株分けした牡丹を暫くはよく世話したいと思います。

Img_0489_20200506014901

【コデマリの蕾】


 The upper plant is a lily that is in her best now. It is a strange petal when I observe the flower well. At a glance, even if it looks like 6 sheets, it is composed of 3 sheets and another 3 sheets that are vertical, and the angles are the same. The number of stamens is 6, just like petals.

 And, I noticed about spirea I uploaded before is still in bloom, but this petal is a pentagon. Similarly, azaleas are also pentagonal.

 In the case of azaleas, sesame-like dots can be seen on the high petal. On the other hand, I would like to take good care of the peony that was recently made independent.

 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 旬の野菜 昆虫 星座 星食 春の過ごし方 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査