カテゴリー「植物の生態」の30件の記事

2022年7月31日 (日)

びっくり草 突如芽が出て 花が咲く

296855067_5167530176703340_7046930380728

 早くも今日で7月が終わります。旧暦(太陰太陽暦で)で今日は7月3日ですから西の空に夕方三日月が出ます。日本で見ると右下が輝いても、フェイスブック友人セラーのニュージーランドで見ると左下が輝き、インドで見ると下が光るので地球が球体であることが分かります。

 ところで、世の中には不思議な植物があるものです。葉を触ると萎んでしまう「おじぎ草」や、夜になると葉が閉じる「ねむの木」、そして蕾が同じ南の方向を向く「モクレン」などです。

 人間が忘れていた今の時季に突如50㎝ほどの茎が伸びてきてピンクの花が咲き、私を驚かせてます。半世紀以上前に亡父が植えた球根からです。亡父は「びっくり草」と言ってました。

 写真の花は、他の植物と同様に春に芽を出し、6月には葉がいっぱいになりましたが、いつの間にか葉が枯れてなくなり、地上からすっかり姿を消してました。それが突如として茎が伸びてきて、ご覧の花が咲き出します。びっくり草の正式名は夏水仙です。

Dear my friends who like to surprise
 Today is the end of July already. At the same time, today is the 3rd day of July according to the lunisolar calendar. Therefore a crescent moon will appear in the western sky in the evening. When we look at it in Japan, the bottom right will shine, but if we look at it in New Zealand where my Facebook friend Ms. Sarah lives, the bottom left will shine, and if we look at it in India, the bottom will shine, so we can know that our planet is a sphere.

 By the way, there are strange plants in the world. There are “Mimosa” whose leaves wither when we touch, “Silk tree” whose leaves close at night, and “Magnolia” whose buds face the same south direction.

 Not change the subject, but in this season, when humans have forgotten, the stems of about 50 cm suddenly appear from the ground and pink flowers bloom, which surprises me. My late father planted the bulbs more than half a century ago. He said, "Bikkuriso" that means surprising grass.

 The flowers in the photo sprouted in the spring like other plants, and at June the leaves were withered before I know. Then, the stem suddenly grows and the flower you see blooms. The official name of Bikkuriso is summer narcissus.

※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。

 

| | コメント (2)

2022年5月24日 (火)

初夏の花 意外と色彩 多種である

Img_3377
【拡大してご覧ください。・・・Please enlarge the image】
 
 5月下旬となって春の花は咲き終わり、現在、庭の花は比較的背の低い色彩豊かなものに移行してます。ご覧の植物は台の上に載せてあるので人の目の高さで花が見られます。
 
 この花の名はパンサーです。特徴は種がつかないので開花期間が長く、暑さにも強く、今後しばらく楽しめます。根元から花茎を立ち上げて花を咲かせます。
 
 一般的に紫の花は少なく、花の形も変わっていて十分に楽しめます。植木鉢で育てます。植木鉢の土壌について、私は排水性と保水性を併せ持つ軽石とピートモスを主体にしています。
 
 概して、背の低い植物を私たちは上から見がちですが、台の上に置き、ステージに登場したように同じ目線で見てやりたいものです。
 
Dear my friend who loves purple
 Late May has come, the spring flowers already finished to bloom, and the flowers in the garden are shifting to relatively short and colorful ones now. The plant as you see is placed on a table, so we can see the flowers at the height of human's eyes.
 
 The name of this flower is "Panther". This plant has a long flowering period because she does not have seeds in the petal , and it is resistant to heat, so we can enjoy flowering for a while. The flower stalk raises from the root and blooms.
 
 Generally, there are few purple flowers, and the shape of this flower is few, so we can fully enjoy it. Grow in a flowerpot. The soil in flowerpots is mainly composed of pumice stones and peat moss, which have both drainage and water retention.
 
 we tend to see short plants from above in general, but we should put them on a table and see her from the same perspective as if she appeared on the stage.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

花弁が こんなに大きな 花はない

 大きな花びらのアマリリスが咲き出しました。花の直径は10cmです。まるで「今日も元気?」と私に挨拶しているようです。これから暫くの間咲いているでしょう。
 
 こうなると、一人暮らしもそれほど寂しく感じません。これからの季節は多種の花に囲まれ、しかも、夜は一杯があるので充実します。やはり、花と音楽は人間の心を癒します。でも、何か足りません。それは人との会話かもしれない。
  
Dear my friend
 Amaryllis with large petals has begun to bloom. The diameter of the flower is 10 cm. She is like greeting me, "How are you doing today?" She will be in bloom for a while.
 
 When in this situation, I don't feel so lonely living alone. The coming season will be surrounded by various flowers, and at night there will be a drink, so I will be fulfilling. After all, flowers and music heal the human mind. But something is missing. It will be conversation with human.
 

| | コメント (2)

2021年9月16日 (木)

欅の木 想像つかない 歴史持つ

Img_2147_20210916073901
 
 以前にお知らせしましたように、我が家の比較的近くにある巨大な欅の樹齢は推定500年です。ところが、ご覧の通り地上から10m程の高さの幹の中央に不思議な穴が開いてます。その大きさは直径50cm位です。何故、開いてるのでしょう。私はここを通る度に考えます。先ず、開いたのはいつ頃でしょうか。持ち主に訊いても「昔から開いてました。」とのことです。しかし、高齢の彼も近年亡くなりました。
 
 このため、この欅の寿命は人間の生涯とは比較にならないほど長いのでしょう。巨樹に比べると人の一生は意外と短いので一日一日大切に生きなければなりません。それにしてもこの穴は、もしかして、戦争の傷跡でしょうか。欅だけがその理由と歴史を知ってます。
 
 As I mentioned previously, the giant zelkova tree which is relatively close to my house, is estimated to be 500 years old. However, as you can see, there is a mysterious hole in the center of the trunk about 10m above the ground. Its size is about 50 cm in diameter. Why is this hole opening even now? I consider every time I pass here. First of all, when did this hole open? Even when I asked the owner, he said, "It has been opening for a long time." However, this elderly man died in recent years.
 
 For this reason, the life of this zelkova is probably incomparably longer than that of humans. Compared to giant tree, people's lives are surprisingly short, so we have to live carefully day by day. If possible, is this hole a scar of World War Ⅱ? Only the zelkova tree knows the reason and history about it.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年8月29日 (日)

心和む 三色咲き分け サルスベリ

Img_2333
 
 昔は「何でもいいから1つのことをしっかりやるべき」と教えられました。しかし、人生は一度限りです。私は、例えば趣味においても、三つのことが深くできると日々の生活がすごく充実するように考えてます。一方、人生においては三本柱【経済、健康、夢中になれるもの】があれば倒れません。
 
 ところで、同様に、私の近所のH邸には一つのサルスベリに赤、紫、桃色の三色の花が今を盛りに咲いてます。皆さん、この色彩いかがですか。いつまでも観賞してても飽きません。今朝、ラジオ体操会が終わってから、拝見し、その色彩とバランスに感銘しシャッターを切りました。
 
 In the old days, though you select anything is okay, I was taught by elders to do one thing firmly. But our life is only one chance. For example, in our hobbies, I think that if you can do three things deeply, your daily life will be greatly enriched in your heart. Also, in our life, if we have three pillars such as economy, health, and things that we can be absorbed in, we will not fall down.
 
 Not change the subject, but in the same way, at the garden of Mr. H in my neighborhood, red, purple, and pink flowers are in full bloom in one crape myrtle. Everyone, how about these colors? I won't get tired of watching it forever. After the radio gymnastics session was over this morning, I saw this crape myrtle and was impressed with its colors and balance so that I took a picture for you.
 

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

日が長い 今日は父の日 明日は夏至

Img_2108
【ねむの木に花が咲いてる。】
 
 植物が開花する時期は決まっていて、毎年、夏至の頃咲くのは「ねむの木」と「紫君子蘭」です。植物が太陽の角度を察知して咲くのではないかと考えます。今日の正午の太陽の角度は77°(群馬県)です。因みに冬至のときは30°ですから、その差は47°で、太陽の高さは想像以上に異なります。
 
 これに伴い今日の昼の長さは14時間39分で、冬至では9時間41分ですから、その差は4時間58分もあります。ずいぶん異なりますね。それにしても「ねむの木」の葉は、その名の通り、夕方になると葉が閉じてしまい、本当に不思議です。花は針のように細いです。
 
 The season when the plants bloom will be fixed, and every year around the summer solstice, "Nemu no Ki" that means Silk tree and "Purple kaffir lily" that means Agapanthus bloom. I think that the plant will bloom by sensing the angle of the sun. The angle of the sun at noon today is 77 ° (Gumma Prefecture, Japan). By the way, it is 30 ° at the winter solstice. The difference is 47 °, so it's quite different.
 
 Along with this, today's daytime is 14 hours and 39 minutes, and the winter solstice is 9 hours and 41 minutes only, so the difference is 4 hours and 58 minutes. It's quite different beyond our imagination. Even so, as the name suggests, the leaves of "Silk Tree" close in the evening, which is really strange. As you see, the flowers are pink as thin as needles.
 
P1020386
 
 夕方になると葉が閉じます。拡大してご覧下さい。
 
The leaves close in the evening. Please enlarge the image.
 

| | コメント (2)

2021年3月24日 (水)

親は紅白の咲き分けでも、子は濃い赤の枝垂れ桃

Img_1846
 
 植物には突然変異があることを実感してます。あるいは分離の法則でしょうか。この蕾を持った小さい枝垂れ桃の親は源平枝垂れです。つまり親は紅白で咲きます。しかし、この子供に白い花はなく、濃い赤のみの咲く枝垂れ桃で生まれました。
 
 こんな植物でも自身ではどうにもならない運命があります。枝垂れ具合もよく、貴重なので大切に育てます。昨年も少し咲きましたが、真っ赤なので遠くからも皆さんによく見えるでしょう。実は少し傾いてるので、ご覧の通り、紐で引っ張ってます。お近くの方は見にいらしてください。お茶をお入れいたします。駐車場完備。
 
 この場所は以前に鳩舎があった所ですから、同じ生物同士で突然変異が起こるのでしょう。レース鳩も時に親とは異なる羽色やレース成績を上げる突然変異や隔世遺伝による子供が生まれます。
 
 I realize that plants have mutation. Or is it the law of separation? The parent of this small weeping peach was a Genpei bicolored weeping peach. In other words, parent blooms in red and white. However, this child had no white flowers and was born of a weeping peach with only dark red flowers.
 
 Even such a plant is destined to be helpless by herself. The weeping shape is fantastic, so it is precious, therefore I will carefully raise it. It bloomed a little last year, but it's bright red, so it can be seen well from a distance. Actually, it's tilted a little, as you see, so I'm pulling it with a string. If you are near, please visit me. I will make tea for you with playing piano. Equipped with parking lot.
  
 Since this place used to be a pigeon loft, mutations may occur between the same living things. Racing pigeon also sometimes was born by mutation and atavism such as different feather colors and race results than her parents.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

球根植物が持つ永遠の生命力に感銘

Img_1847
【拡大してご覧ください。】
 
 さて、この3つの芽は何でしょう。昨年、開花したこの植物は遠方から見て、花が大きく黄色くて凄く目立ち驚きましたが、今春、ご覧の通り、茶色の皮をかぶった芽が3つ出ました。このように芽が出てくると植物には永遠性あることが感じられます。
 
 人間も生まれ変わるかの如く、新鮮な気持ちで春を迎え、1年を計画し、過せたら素晴らしいと思います。日に日に背が伸びて、まるで、この世を珍しそうに見てる感じです。果たして1日に何㎝伸びるでしょう。この植物はユリです。
  
 Now, tell me about these three buds? This plant which bloomed last year, was very noticeable because the flowers were large and yellow when we viewed from a distance, but as you can see, three brown-skinned buds appeared this spring as well. When the buds come out like this, we heel that the plant has eternity.
 
 If human beings were reborn, it would be great to plan a year and spend in the spring with a fresh feeling. As she grow taller day by day, she seems to look rarely at the world. How many centimeters will it grow in a day? This plant is a lily.
 

| | コメント (2)

2021年3月 1日 (月)

今日から3月、植物はいよいよ開花の準備に

Img_1753
 
 この植物は何でしょう。実はこれは花の蕾でなく、これから先ず枝ができ、その後に丸い蕾が出て来ます。花は直径10㎝ほどの大輪で、色彩は多様です。私の庭では紅白の絞り、ピンク、紫、黄色の4種が咲きます。
 
 実は、昨年この植物の根元に子供が生れたので昨年の秋に親から分離し独立させました。果たして上手く育つでしょうか。毎朝、私はたっぷり水を与えてます。ところで、世の中には豪華という言葉があります。この花は誠に豪華で人間の目を惹きつけます。答えは牡丹です。
 
 今日から3月です。植物の活動に負けず、私も目標に沿って地道に読書を続けたい。今日は新たに出版された日英対照の「天声人語」を本屋で購入します。
 
 Please tell me the name of this plant. Actually, this is not a flower bud, but a branch will be formed first, and then a round bud will come out. This flowers are large about 10 cm in diameter, and there are a variety of colors. In my garden, they will bloom four kinds, such as dappled red and white, pink, purple and yellow.
 
 Acturely their children were born at the root of the plants last year, so I separated it from the parents and made it independent last autumn. Will it grow up well? Every morning I give plenty of well water. By the way, there is a word "luxury" in the world. This flower is truly gorgeous and eye-catching. The plant is peony.
 
 It's March from today. I will keep reading in line with my purpose without losing the activity of plants. Today, I will buy the newly published "Tensei Jingo" in Japanese and English version at the bookstore.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年2月20日 (土)

植物の育て方に共通する人間の教育

Img_1724
  
 7~8年前に前橋花木センターで手に入れたご覧の「源平しだれ桃」は、購入時の樹形のまま大きく成長し、毎春4月に紅白の花を開花させてます。これは植木職人が幼木のとき、観賞に値するように紐でしばり型を造りました。
 
 私はこの花桃を見て、植物の育て方は人間の教育に似てると感じてます。若木のときに余分な芽を摘み、良い方向に幹や枝を導けば、植物は見事な樹形に成長します。同様に、人間の場合も幼児期から青年期まで良い教育を授かれば、生涯に亘り、心身共に輝く人物に成長するでしょう。
 
 現在、私は種から生えた数本の幼木を、見よう見まねで幹をくねらせ育ててます。近未来は個性ある姿の花桃がたくさん開花すると予想してます。お近くの方は見にいらしてください。
 
 The "Bicolored weeping peach" that I bought at Maebashi Flower Center 7 or 8 years ago, has grown large with the same shape as at the time of purchase. The red and white flowers bloom every spring in April. A professional gardener made it worthy of appreciative shape with tying by strings when it was a seedling.
 
 Looking at this flower peach, I feel that the way of growing plants is similar to human's education. If we pick extra buds when it is a young tree and guide the stems and branches in the right direction, the plant will be raised a wonderful shape. Similarly, if humans have a good education from early childhood to adolescence, he or she will grow into a brilliant figure in both physically and mentally throughout the life.
  
 Currently, I grow a few seedlings with twisting the trunk by imitating what the gardener did. I anticipate that many unique of flower peaches will bloom at my garden in the near future. If you are near, please visit me to appreciate them.
 
Img_0346
【写真は昨春、咲き始めの頃の源平しだれです。】
 
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査