フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「植物の生態」の47件の記事

2024年5月10日 (金)

日中の活動量に比例する睡眠の深さ

Img_6015
Img_6009
【写真をクリックすると、画像が明瞭になります。】 
 
 5月10日、今朝の日の出は4時41分【群馬県】です。写真は数年前に種が零れ、自然に生えた「ねむの木」です。上の写真はすでに明るくなった今朝5時30分に撮りましたが、未だ葉が閉じたままで意外と寝坊です。下の写真は、昨日の日中に同じ位置で撮り、葉が開いてます。
 
 二枚の写真を比較すると葉が閉じてる状態と開いてる状態がよく分かります。下の写真を拡大すると、葉が全く左右対称に生えてることが分かり、眠るときはその2枚がピタッと閉じてます。一枚として閉じる相手がいない葉はありません。
 
 ところで、ねむの木は「夜になると何故、葉が閉じるのでしょう。」誠に不思議な植物でまるで人間のようです。(もちろん、人間の中には昼間寝て、夜活動してる人もいるようです。)
 
 しかし、ねむの木の就眠運動について、その原因は今でもよく解明されてないようです。上の写真はすでに明るい時間帯なのにまだ閉じていることから、あるいは気温にも関係するかもしれません。
 
 一方、人間の場合、充分な睡眠を得るには「日中の活動量が多ければ自然と深い睡眠になるでしょう。」現役中は夜10時にはバッタンキューで朝までぐっすりでした。高齢となった現在では、努めて日中の脳活動と身体活動の両面を多くしなくてはならないと自覚していますが、寄る年波には勝てず、夜中に目が覚めます。その分、日中、うとうとしてるようです。
 
Dear my friends abroad
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
....................................
 The sunrise this morning on May 10th is 4:41 [Gumma Prefecture]. The photo shows a Silk Tree" whose seeds were spilled a few years ago and have grown naturally. The photo above was taken at 5:30 this morning when it was already light, but the leaves were still closed so that she was surprisingly overslept. The photo below was taken at the same location during the daytime yesterday, of course the leaves are open.
 
 If comparing the two photos, we can clearly see the fact that the leaves are closed and opened. If you enlarge the photo below, you can see that the leaves are completely symmetrical, and when she sleeps, the two leaves are tightly closed each other. There is not a single leaf that does not have a partner to close with.
 
 By the way, the "Silk Tree" is a mysterious plant, "Why does she sleep at night?" She looks just like a human. (Of course, some humans sleep during the day and are active at night.)
 
 However, the cause of the sleep movement of Silk Tree is still not well understood. The photo above shows that she is still closed even though it is already daylight, or the cause may relate to the temperature.
 
 On the other hand, in the case of humans, in order to get enough sleep, "If we have a lot of activity during the daytime, we will naturally get a deep sleep." During my active duty, I had a good sleep as soon as going to bed around at 10 p.m. and slept soundly until morning. Now that I'm older, I'm aware during night time. I need to make effort to increase both my brain and physical activity during the daytime, but I can't beat the aging process so that I wake up in the middle of the night. As a result, I seem to be dozing off during the daytime.
 

2024年4月28日 (日)

2種類の日本シャクナゲが開花してます。

Img_5957
 
 写真は、平地では珍しい品種の「日本シャクナゲ」が私の庭で咲き始めてます。
 
 皆さん、平地で多く咲く「西洋シャクナゲ」と日本の山岳地帯に咲く貴重な「日本シャクナゲ」の違いを一瞬にして見分ける方法をご存じでしょうか。
 
 概して西洋シャクナゲの花は多少人工的で派手ですが、日本シャクナゲは地味の中にも深い味わいがあります。しかし、これだけでは見る人の主観により、その区別が相違してしまいます。
 
 両者の決定的な違いは「葉の裏を見れば一目瞭然」です。西洋シャクナゲの葉の裏は普通の葉の色で緑や黄緑です。しかし、「日本シャクナゲ」の葉の裏は必ず黄土色をしてます。
  
Dear my overseas friends, I recommend you to see Japanese rhododendron
 In the photo, "Japanese Rhododendron" which is a rare variety found in flat areas, is starting to bloom in my garden.
 
 Everyone, do you know how to instantly tell the difference between "Western Rhododendrons" which often bloom in flatland, and "Japanese Rhododendron" which bloom in Japan's mountainous regions?
 
 In general, the flowers of Western rhododendrons are somewhat artificial and showy, but Japanese rhododendrons have a deep flavor. However, with this alone, the distinction will differ depending on the subjectivity of the viewer.
 
 The decisive difference between the two is "When you can see it at a glance by looking at the underside of the leaves." The underside of the leaves of Western rhododendron is usually green or yellow-green in color. However, the underside of the leaves of "Japanese rhododendron" is always ocher-colored.
 
Img_5974

2024年4月 3日 (水)

花桃の色彩は遺伝的に分離する

Img_5834
 
 元々の「源平枝垂れ桃」は築山の頂上にあり、現在、「ピンクと白」の二色で咲き始めてます。近いうちに写真をアップします。この写真はその子供であり、現在、次第に成長しつつ、色濃く咲き始めてます。
 
 しかし、不思議なことがあります。それは親の形質と異なり、ご覧の通り、花の色は紅のみであり、親より目立ちます。昨年も紅のみ咲いたので、おそらく今後もずっと紅のみで咲き続けるでしょう。現在、仲良く親と並んで築山の端で咲いています。
 
 庭にはこの他、この花桃の兄弟も咲き始めてます。やはり不思議にも、その兄弟はこれとは別で3色となり、ピンク、絞り、紅です。ところが、花の色は異なっても「枝垂れる」という形質は親兄弟皆同じです。
 
 私たち人間の親子とその兄弟でも、これに近いことは起こるようです。私には二人の娘がいます。長女は今でもサクソフォーンと車が大好きで、私の以前の車に似て黄色のスポーツカーに乗ってます。
 
 一方、次女は母親に似て、陸上競技の短距離が得意であり、高校時代には4×100mのアンカーとして県で3位になったことがあります。現在、二人とも母親に似て仕事熱心であり、身長が高いという形質は私に似てます。近いうちに次女の長女の誕生会があり、皆、顔を合わせるので一杯飲めます。
 
Img_5838
【上の花桃の親で、未だ3分咲きです。拡大してご覧ください。This photo is the parent of the flower peach above, and has still 30 percent of bloom. Please enlarge. 
  
Dear my overseas friends including Ms. Sarah in NZ
 The original "Bicolored Weeping Peach'' is located at the top of the Tsukiyama that means an artificial mound for plants, and she is currently blooming in two colors "pink and white". I'll upload her photo soon. Today's photo is of that child, which is now gradually growing and beginning to bloom brightly.
 
 However, there is something strange. She differs from her parent's traits. As you can see, the flower color is only red, making it more spectacular than her parent. Last year, only red flowers bloomed, so she will probably continue to bloom only in red colors. Currently, she is blooming at the edge of the tsukiyama alongside her mother.
 
 In addition to this, the siblings of this flower peach are also starting to bloom in the garden. Strangely enough, her siblings come in three colors such as pink, dapple, and red. However, even though the flower's colors are different, the trait of "Weeping" is the same for both parent and siblings.
 
 Something similar to this phenomenon, it seems to happen to us human parents and children. I have two daughters. My eldest daughter still loves alto saxophone and cars, and she drives a yellow sports car, similar to my old car.
 
 On the other hand, my second daughter is similar to her mother, so that she is good at short distances in track and field, and she once placed third in Gumma prefecture as an anchor in the 4 x 100m when she was in high school. Currently, both of them are enthusiastic about their work, just like their mother, and both of them are tall, which is similar to me. There will be a birthday party for my second daughter's eldest daughter soon, and we will all meet at my home.
 

2024年3月15日 (金)

見応えある黄色いルピナス・・・スカイツリーのよう

Img_5734
 
 今日は今までの気圧配置から一転して春らしい一日になりました。先程、藤岡農協のスーパーまで、野菜の買い出しに行ってきました。ドライブ中、群馬県南部に見える山岳の稜線は春霞に覆われ、とてもきれいな景色でした。
 
 「春はあけぼの」と有名な文章通り、古来より春になると大陸から薄い黄砂が飛来していたのでしょう。このような自然現象は未来永劫続き、ほのぼのとした日本の春の光景を作り出します。私たちの遠い祖先も同じ体験をしてきたのでしょう。
 
 ところで、私が生まれたとき4人の祖父母はすでに他界してたので、私は祖父母の味を全く知らずじまいです。一人くらい会って話をしたかったです。私の家系は世代交代がゆっくりなので、祖父母は4人とも幕末の生まれでした。
 
 ところで、写真はルピナスが春を先取りしてます。室内の温かな所で育てていたことから君子蘭同様に成長が早く、背が高くなり見応えがあります。
 
Dear my overseas friends
 Today's Gumma prefecture in Japan has become a spring-like day, with a complete change from the previous winter atmospheric pressure distribution. A while ago, I went to the Agricultural Cooperative supermarket in Fujioka-city to buy vegetables. During the drive, the mountain ridgeline in the southern part of Gumma Prefecture was covered in spring haze which was making for a very beautiful view.
 
 As you know, the famous sentence indicates "Spring is the dawn," since ancient times, a thin layer of yellow sand has been flying in from the Asian continent during the spring. These natural phenomenon will continue into the future as well, creating the heartwarming scenery of spring in Japan. Our distant ancestors probably would had seen the same scenery.
 
 By the way, my four grandparents had already passed away when I was born during the world war Ⅱ, so I don't know their tastes at all. I wanted to meet and talk to at least one person. Generational change in my family is slow, because all four of my grandparents were born at the end of the Edo period.
 
 Not change the subject, but the lupines in the photo are ahead of spring. Because it was grown indoors in a warm place, it grew quickly and tall. She is worth seeing.
 

2024年2月24日 (土)

植物を通じて、観察力を養う

Img_5668
Img_5669
 
 冬至の昼の長さは9時間41分【群馬県】でしたが、調べてみると、早春の今日は日照時間が11時間11分と随分長くなり、太陽高度【正午】は冬至では33°でしたが、今日2月24日では44°です。これは、私たちを載せた地球の公転上の位置が黄道十二星座の一つ「しし座」の方向へ来ているからであり、結果的に、地上の自然環境は大きく変化し、植物たちは躍動する姿を見せてます。
 
 数日前に地上に芽を出したチューリップ(写真上)は、私が数年前に球根を植えました。チューリップはこの築山以外でも、すでに庭のあちこちから芽を出してます。下の写真は水仙で、こちらは半世紀ほど前に、花が好きだった両親が球根を植えたものであり、近年、私がこの築山にすべて移植しました。日に日に勢いよく伸びる新芽を見ると誠の生命力を感じます。数本の芽は早くも蕾を膨らませてます。
 
 ところで、もう一度、上の写真をよ~くご覧ください。地上に出てきたチューリップの芽が皆で力を合わせて重たい土を持ち上げてます。これこそ「生きる力そのもの」で私はこの姿に感動です。今後、背が高くなり、色彩豊かな花を咲かせます。
 
 果たして、人間の私は日々このように「全力を出し切っているか」を思い知らされます。肉体的に概して楽なことばかりの傾向で、鍛えることや働くことを疎かにしがちです。精神的にも怠け癖が多く、「新たなことへの挑戦に積極的ではありません。」チューリップの芽が重い土を押し上げる力から「全力で生きる」ことを教わります。
 
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
.......................
 The length of the day at the winter solstice was 9 hours and 41 minutes [Gumma Prefecture, Japan], but when I looked into it, I found that today in early spring the daylight hours will be 11 hours and 11 minutes which is much longer than before, and the solar altitude [noon] was 33 degrees at the winter solstice. However, today, February 24th, it will be 44°. This is because the position of the Earth on which we are placed, is in the direction of Leo which is one of the zodiac constellations, and as a result, the natural environment on the ground has changed significantly. The plants appear to be vibrant.
 
 I have planted the bulbs of the tulips a few years ago (above photo) that sprouted on the ground a few days ago. Not only on this Tsukiyams that means the artificial mound for plants, tulips are already sprouting all over the garden. The photo below is of a daffodil. My parents who loved flowers, planted the bulbs about half a century ago, and I have recently transplanted them all to this Tsukiyama. When I see the new buds growing vigorously day by day, I feel their real vitality. A few buds are already swelling.
 
 By the way, please take a close look at the photo above. The tulip's sprouts that have emerged from the ground are working together to lift the heavy soil. This is "the real power to live" and I am moved by their phenomenon. In the future, it will grow taller and produce colorful flowers.
 
 As a human being, I am reflected whether I am doing my best like that. I tend to focus on daily life that are physically easy for me, and I tend to neglect training and working. I also has a tendency to be mentally lazy, and "do not activate on new challenges." The force of a tulip's sprouts that are pushing up heavy soil teaches me to "live to the fullest."
 

2024年1月25日 (木)

挿し木によって、生命を次代につなぐ植物の不思議

Photo_20240125072501
Azeria
 
 今日、1月25日は旧暦【太陰太陽暦】で12月15日です。このため、今宵は満月です。一方、日の出時刻は最も遅かった1月上旬に比較し、6分早まり、6時50分【群馬県】です。
 
 日の入り時刻については、最も早かった12月上旬に比較し、34分も遅くなり17時02分になります。立春を目前にして、特に、日の入りについては「陽が伸びたことが実感」できますね。
 
 ところで、今日の写真は、2年ほど前に庭のツツジを剪定したとき、10cmほどの小枝3本を挿し木にしたのが上の写真です。その後、日当たりの良い場所で時々水を与えて育てました。
 
 その挿し木が根を張り、見事に成長した姿【写真下】になり、今一回り成長したら庭に直に植える予定です。花の色は赤紫です。元の木は亡父が60年前に植えたもので今でも毎年咲いてます。それにしても、小枝を切って土に挿しただけの単純作業で生命を次代へ伝えていくのですから自然界の不思議さに驚きます。
 
 調べてみると、挿し木に適してる植物はツツジの他、アジサイ、ハイビスカス、金の生る木など多くあるようです。実は、この挿し木によって育った3本のツツジが昨年春にすでに開花したのです。このため、私は今年の5月をいっそう期待してます。
 
Photo_20240125083701
【左の赤紫が元のツツジです。】
 
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
 ...............
 Today, January 25th, is December 15th according to the lunar calendar. Therefore, there is a full moon tonight. On the other hand, the sunrise time is 6 minutes earlier than in early January, The latest sunrise is at 6:50 [Gumma Prefecture, Japan].
 
 Regarding the sunset time, it will be 17:02, it is 34 minutes later than in early December, which was the earliest in the year. With the first day of spring just around the corner in Japan. you can feel that the daytime is getting longer, especially when it comes to sunset.
 
 Not change the subject, but today's photo above is from when I pruned the azalea in my garden about two years ago, and used three 10cm twigs as cuttings. After that, I grew it in a sunny place with watering it occasionally.
 
 The three cuttings have taken root and have grown beautifully [photo below], and they grow a bit more, I will plant it directly in the garden. The color of the flowers is reddish-purple. The original tree was planted by my late father around 60 years ago, and she still blooms every year. Even so, with the simple task of cutting a twig and placing it in the soil, azaleas can pass on life to the next generation, therefore we will be amazed at the wonders of the natural world.
 
 After doing some research, I found that there are many plants that are suitable for cuttings, including azalea, hydrangea, hibiscus, and gold tree. In fact, three azaleas grown by cutting have already bloomed last spring. For this reason, I am looking forward to May this year even more.
 
 

2023年9月12日 (火)

若い「ねむの木」に、生きる力をもらう

Img_5097
【画像をクリックし、拡大すると臨場感が出ます。】
 
 1週間前に築山を広げ、側面の20~30Kgの重たい石も手作業で並べ替えたら、案の定、翌日にひどい腰痛になりました。でも、張り薬と飲み薬が効きました。
 
 それにもめげず、底には以前に刈り込んだ枯れた草を肥料として敷き詰め、その上に土を入れ、ご覧の「ねむの木」を植えました。この「ねむの木」は庭に自然と生えたもので生育が早いです。
 
 植物も生まれながらにして生命力が強いものがあります。写真でも、少しだけ花が見えます。この「ねむの木」は素性がよく形も整っており、今後、10年もすると樹高が3mになり、風流な樹形になると期待してます。
 
 と言うことは、私も10年後を元気で居なくてはなりません。
 
 それには、私自身、低栄養を避け、体重を減らさぬようにします。また、脈拍が110以上に速くならない運動を継続します。大切なポイントは「年齢を重ねたら痩せないことを目標」にします。痩せると見た目のスタイルとは別に「臓器まで痩せ細り、臓器の機能が低下します。」一方、抗酸化作用を続けます。
 
 それにしても、「ねむの木」は、何故、夜になると葉が閉じるのでしょう。不思議な植物です。人間に似ているのでしょうか。
   
 Dear my friends abroad
 A week ago, I expanded the Tsukiyama that means an artificial hill and manually rearranged the 20-30kg heavy stones on the side. Just as I feared, I had severe lumbago the next day. However, the poultice and oral medicine helped.
 
 Undeterred by lumbago, I spread the withered grass that I had cut earlier as fertilizer at the bottom, then I filled it with soil, and planted the "Silk Tree" as you see. This "Silk Tree" grows naturally in the garden and grows quickly.
 
 Some plants are born with strong vitality. Even in the photo, you can see some red flowers. This "Silk Tree" has a good background and is in good shape, and I expect that it will reach a height of 3 meters in 10 years and will grow an elegant shape.
 
 That means I also have to live healthy 10 years from now.
 
 To obtain this dream, I have to avoid undernutrition and avoid losing weight. Also, continue to exercise without increasing my pulse rate above 110. The important point is to make it my goal not to lose weight as I get older. If we lose weight, apart from improving our appearance, "Our organs also become thinner and their functions decline." On the other hand, I continue to have antioxidant effects.
 
 Anyway, why do the leaves of "Silk Tree" close at night? Does this mysterious plant resemble human?
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年6月26日 (月)

今が見頃なグラジオラス・・・年々増えてます。  

203791713_3945839902205713_9045506207037
 
 築山には現在、黄色と写真の赤のグラジオラスが20本ほど咲き始めており、色彩的になかなか魅力があります。球根なので毎年今の時季に咲き、これからも半永久的に自然と芽が出て咲くでしょう。
 
 また、年々、球根が増えてる傾向です。元は50年ほど前に亡父が植えたもので、主人はいなくとも植物は咲き続ける生命力があり不思議です。グラジオラスの色彩には思わず目が奪われます。お近くの方は見にいらして下さい、駐車場完備です。
 
Dear my friends who like gladioli
 About twenty yellow gladiolus and the red gladiolus in the photo are starting to bloom on Tsukiyama that means the artificial mound for plants, and the colors are quite attractive. As you know, since it is a bulb, it blooms every year at this season, and will continue to bloom semi-permanently.
 
 Also, the number of bulbs tends to increase year by year. It was originally planted by my late father about 50 years ago, and it is strange that the gladiolus has the vitality to keep blooming even without the owner. The color of the gladiolus catches our eye. If you're in the area including NZ, please come and see her, There is a parking lot.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年6月14日 (水)

青春の思い出として、庭で大きく育てたい

Img_4686
  
 どうしたことでしょう。この春一度咲き終わったのに、また、今咲いています。薄いピンクに優しさが漂います。この植物はブーゲンビリアです。もしかして、育て方が偶然良いのか、それとも、庭が本来の環境に合ってるのでしょうか。
  
 最近、比較的大きな鉢に植え替え、太陽光の当たる場所で育て、水捌けのよい土で水をたっぷり与え、2週間ほど前に肥料として油粕を与えました。
  
 樹木は当初の二倍くらいに大きく育っています。調べてみると、原産地は中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林であることから、水を毎日与えてる今の育て方が原産地に似ているのでしょうか。
  
 ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルでこの植物を発見したフランス人探検家ブーガンヴィルに由来するといわれます。いずれにしても、暑い国の植物であり、花が葉のような形をしているのがこの植物の特徴です。20代に過ごしたインドでよく見かけた花なので青春の思い出として大きく育て上げます。
  
Dear my friends, can you look at this plant in your country?
 What happened? It finished blooming once this spring, but now it's blooming again. This is gentle light pink. This plant is bougainvillea. Maybe it's just a coincidence that I've grown it better, or my garden may be suitable for it's natural environment.
  
 Recently, I replanted it in a relatively large pot, and raised it in a sunny place, gave it plenty of water with well-drained soil, and gave it oil cake as a fertilizer about two weeks ago.
  
 The trees have grown to about twice their original size." After researching it, I found that it originated in the rainforests of Central America and South America, so I wonder if the current way of growing it, which is watering every day, is similar to the original place.
  
 Allegedly, the name bougainvillea is from the French explorer Bougainville who discovered this plant in Brazil in 1768. In any case, it is a plant of hot countries, and the characteristic of this plant is that the flowers are shaped like leaves. I saw it often in India when I was in my twenties, so I will grow it big as a memory of my adolescence.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年6月12日 (月)

植物の生態をよく観察する・・「らんまん」の影響か

Img_4782_20230612072901
 
 NHK朝ドラ「らんまん」の影響を受けたのでしょうか。多くの植物に囲まれ生活している私は、今までより植物の形態をよく観察するようになりました。今の時季はユリが咲き、目を引くスタイルのよい存在感に感動しています。しかし、何と言っても洗練された色彩にこそ、ユリの美しさがあると私は見入っています。
 
 ところで、皆さん、「ユリには花弁が何枚ありますか。」の問いに対しは、6枚と答えられるでしょう。私も6枚と答えてしまいます。しかし、花弁をよ~く観察すると1枚おきに表側に3枚、裏側に3枚です。また、花弁についてる細かい点々も表側に多く付いています。
 
 このため、一見6枚に見えるユリの花弁は、学問的には3枚で、裏側から支えている花弁は萼(がく)と呼ばれるもので、蕾のときに外側から花を支えているものです。それが発達して一見、すべてが花弁のようになってます。
 
 お近くにユリが咲いていたら3枚が上側に、3枚が下側になってること確認してみてください。また、蕾は3面であり、それが下側の花弁(萼)になります。庭では、もうすぐ白ユリが咲きます。
 
Dear my overseas friends who like a lily
 Am I influenced by the NHK morning drama Ranman? As I live surrounded by many plants, I have come to observe the morphology of plants more closely than before. As you know, the lilies are blooming in this season, and I am impressed by the presence of the high eye-catching style. However, my eyes are fixed by the beauty of lilies in their sophisticated colors.
 
 By the way, everyone, to the question "How many petals does a lily have?", you can probably answer 6. I would answer 6 as well. The petals that support the petals from behind are called calyx, which support the flower from the outside since it is in bud. However, if we look closely at the petals, every other petal has 3 on the front side and 3 on the back side. In addition, there are many fine dots on the front side petals.
 
 For this reason, the petals of a lily that appear to have six at first glance, but they are academically three petals and calyxes. Seeing as it develops, everything changes. They looks like all petals.
 
 If lilies are blooming near you, please make sure that 3 are on the top and 3 are on the bottom." In addition, the bud has three sides, which become the lower petals (calyx). In the garden, white lilies will bloom soon.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お気に入り喫茶店 お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スマホ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 偶然性 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 剪定の必要性 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 収穫の喜び 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏の花 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節と黄道十二星座 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 孫娘たち 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日本文化 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 月までの距離 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の健康管理 梅雨の過ごし方 梅雨の頃の花 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 楽しい川柳 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温暖化 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 烏川 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 筋肉維持 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 藤の花 虐待防止 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢化社会を生きる 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー