カテゴリー「百日紅」の2件の記事

2015年7月23日 (木)

二十四節気の「大暑」・・・こまめな水分補給を

P1070005【庭先で紅く咲き誇る満開のサルスベリ】

 今日は二十四節気の一つ「大暑」です。天文学的には、太陽は春分点から120°移動し、現在の位置は黄道12星座の「双子座」を過ぎ、「かに座」方向へ向かってます。あと15°移動するともう「立秋」です。

 これらの表現は私たちの地球から太陽を眺めた場合であり、恰も、地動説的な見方です。太陽は背景にある黄道12星座の中を東へ東へと移動し続け、二十四節気と12星座は数字の上では倍数なので、毎年、二十四節気と黄道12星座の関係は一定です。

P1070001 【貴重な日本シャクナゲ】

 ところで、今の時季はどの植物もよく成長してます。毎日手入れしてるシャクナゲ類には最近、お礼肥を与えました。肥料は通常年2回で、12月~1月の寒肥と6月~7月のお礼肥です。来春の開花を夢見て施します。

 先日、油粕を根元から30㎝ほど離し円状に撒き、その上から土を被せました。これで根元がクレーターのようになり、水が溜まりやすくなりました。直植えなのでいくら水を与えても、すぐに土の中に浸みこみます。水はけの良さこそシャクナゲを植えるポイントです。

P1060997【西洋シャクナゲ・・・根元の周囲に花の土を施す】

 このシャクナゲは大きく枝から枝までは180㎝です。ご覧の通り、高く植えてあるので「水はけ」は抜群で、近くに大きな梅の木が日差しを遮り、「半日陰」の状態です。この二つはシャクナゲを育てるポイントと考えます。

P1060998 【日本シャクナゲの一種・・・細葉シャクナゲ】

 こちらは周囲に少し高く土を盛り、水分不足になることを防いでます。途端に成果が出たのでしょうか、勢いよく新芽が吹き、来春の開花に希望を抱かせてます。

 このように植物は今を盛りに成長してることから、この時期によく観察するとその植物が健康状態であるかどうかが一目瞭然です。栄養分を吸い上げ、新たな芽が伸びる姿にこそ、植物の健康美を感じることはありません。同時に、私たち動物はこれらからの植物から酸素を提供される関係にあって有難い恩恵に浴します。

 一般的に、花木では花の咲く時期は春が多くても、手入れは一年中休みなしです。その作業の主なことは「剪定と水遣り」です。植物と他の植物の間に隙間を作ったり、風通しをよくするために下枝を剪定します。剪定作業は、時折、「角度を変えて」遠くから眺めつつ行うと間違わずにできます。

 今が一年で最も暑い時期です。人間も生物であるので水分が必要です。ビタミン水やミネラル水による水分補給が不可欠です。運動は涼しいところ涼しい時間帯に行い、活動的な生活を励行したいものです。  

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

文字通り百日間、赤く咲いた百日紅(サルスベリ)

P1040005 click please!

 写真は8月上旬のサルスベリの開花です。3年ほど前に前橋農協花木センターで購入したもので、その後、成長を続け、枝ぶりの直径は購入時の3倍ほどになってます。成長と共に色合いも濃くなり、最近は貫禄が感じられてきました。庭先にあるので我家のシンボルになりそうです。

 しかし、頭でっかちで昨年5月に群馬県を通過した台風で根こそぎ傾いてしまいました。重量があるので私の手には負えず、大工さんに頼み、ロープを軽トラに結んでの修正は見る見るうち立ち直りました。しかし、昨年の開花は1ヶ月遅れでした。

 今年は順調に生育し、開花が確認できたのは7月3日です。このため、文字通り100日間開花を楽しませてくれました。現在、花は少なくなっても、あと、1週間は咲くでしょう。

P1040294  これが同じ場所から本日撮影した開花状況です。もう鑑賞に値しませんが、咲いてることは事実で、久しぶりの快晴なので朝、根元のクレーターにお礼の気持ちで井戸水を入れました。

 植物の生育に水は欠かせません。年々、サルスベリは見る見る大きくなりましたが、肥料は殆ど与えてません。水だけでいいと思います。

 サルスベリは強い植物なのでめったら枯れることはないようですが、鶏糞など強い肥料は与えない方が得策です。与えるにしても根元から1mほど離すべきで、これは鉄則です。今まで大きくしたい気持ちから、肥料を与え過ぎて枯らした植物はたくさんあります。肥料は少なめに遠まわしです。お礼肥と寒肥の年2回でいいと思います。

 P1040301 水は根元に溜まるようにたっぷり与えます。直植えの場合、水は与え過ぎることはありません。水はけが良いことから、すぐに地下に浸みこみます。

 ところで、サルスベリ(中国語で百日紅と表記)とは、日本で昔の人が樹皮を見て、つるつるしてることから、恰も、「猿も滑りそうである」との発想から名前がついたのでしょう。昔の方もユーモアがあるものです。サルスベリの樹皮は年に一回生まれ変わります。

 前述の通り、サルスベリは虫にも強いと考えられます。それは幹のあちこちに小さな穴が開いてます。多くは小さい蟻の巣です。おそらく幹の内部はトンネルのような通路と推測できます。上の方の小さな穴から水を入れると途中の穴から出できます。

 私は年に一、二度、殺虫剤を穴の中に噴霧しますが、余り行なうと樹木本体を傷める心配があるので、殺虫剤を噴霧した後は3分ほどして再度、水を入れて殺虫剤を洗浄します。

P1040300  また、余りにも蟻が多い場合はガムテープの裏側を表にし、ご覧のように、幹に貼り付けます。可哀そうですが、樹木を助けるため時々行ないます。効果は覿面です。しかし、暫くぶりに実施すると多く取れるので、蟻は鼠算方式で増えるてるようです。

 一方、サルスベリの剪定については毎年、枝を丸坊主にする方法があり、付近のお宅でも見かけます。その結果、翌春の新芽は桑の棒のように伸びて開花します。

 いろいろの育て方があっていいのですが、私は「樹形に重きを置くなら」丸坊主に剪定せず自然のままの方が翌春、細かい枝がたくさん出て、100日間咲かせるにはいいのかなと感じてます。サルスベリは花の少ない夏季に気持ちを和ませてくれます。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 古代史 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査