カテゴリー「花梅」の5件の記事

2019年2月24日 (日)

庭全体 咲き出しました 倉賀野梅林

P1070375


日に日に梅の花が咲きだしています。この花梅は幹が蛇のようにくねっています。写真は今朝撮りました。庭の光景は春爛漫の趣きですが、私の心も長~い冬から抜け出し、やっと春が来る気配を期待してます。5本ある梅は今月末には満開です。来訪者に味わっていただきます。

The plum blossoms are blooming day by day. The stem of this flower plum is bending like a serpent. I took the picture this morning. The atmosphere of the garden is the tranquility and gorgeous in the midst of spring, but my heart also gets out of the long winter and I am expecting the sign that spring in my heart will finally come. There are 5 plums in the garden. They will be in full bloom at the end of this month. Visitors including sweetheart-to-be will taste it.
 
P1070371
 
The color indicates the same as my current heart.
 

| | コメント (4)

2016年2月22日 (月)

例年より開花が早い今春の花梅

P1000680 【しだれ紅梅】・・・画像はいずれも拡大してご覧ください。

 群馬県は昨年末から気温が高めであり、梅の開花が早まってます。例年は3月上旬が満開ですが、今年は2月中旬より殆どの花梅が開花し、本日はもう満開の状況です。庭には花梅が6本植えてあり、古いものは30年経過し、根がしっかり定着してます。

 庭に入ると梅独特の香りが漂い、これに誘われてメジロが訪れ蜜を吸ってます。一般に、早春は多くの花木が咲かず殺風景ですが、その環境にあって色彩豊かな花梅は私たちに辛い冬からの脱皮と「春への憧れ」を呈します。

P1000667 【白梅しだれ】

 紅白でおめでたい色です。この白梅しだれは実がたくさん生るので6月が楽しみです。でも、私一人では食べ切れないので近所に配ってます。その梅から作った梅ジュースをいただくことがあり、花見をしたり梅ジュースを飲めたりで、花梅が近所との交流に一役買ってます。

P1010893 【和室の襖も紅白梅】

 家を建築時、襖の絵を決めるとき紅白梅にしました。日本建築では畳と梅の花がとても似合います。今の時季、和室にいると本物の紅白梅と襖の紅白梅の両方が味わえ、古来からの日本人の味わいに浸れます。

P1000688【鳩舎の前にありレース鳩も紅梅を鑑賞】

 ところで、私の鳩友ピジョンクレージーさんは梅加工を本業とされており、梅農家から搬入された梅の実を数種の食品に仕上げてます。その梅農家が肥料としてレース鳩の糞が有効とのことで、ピジョンクレージーさんが飼育してる鳩の糞を畑に持って行き埋めると聞きました。

P1000694【品種は思いのまま・・・1本の木で上部は紅、下部は白】

 実の生る果物は鶏糞が効力があることは知ってましたが、彼にとっては鳩を飼育してることが結果的に本業を栄えさせて効率の良い循環型になってます。

 これを聞いて私もレース鳩の糞を埋めました。開花が良いのはあるいは、そのお陰かもしれません。何事もすべて捨てないで、有効利用できるものは循環型にする生活をしたいです。

P1000669 【品種は鹿児島・・・最も早く開花】

 梅の中では最も深紅です。前の道のそばに植えてあることから、通る人がよく眺めてます。

P1000675 【紅梅の中では最も薄い色彩】

 ところで、梅をきれいに咲かせるにはある程度の剪定が欠かせません。想い切った剪定は色が鮮やかになる傾向です。剪定は遠方から眺めつつ全体の樹形に重点を置き、眺めては剪定・・・また、違う角度から眺めては剪定です。私は自らの観点で剪定します。

 一方、年間を通じて水を与えることが生育に不可欠であり、梅花を咲かせるには1年かけて世話することになります。3月中旬まで咲く予定なので、お近くの方は見にいらしてください。

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

花梅の剪定は樹形を頭に描いて

P1060392 【今朝、剪定した花梅】

 花梅は種類によって開花時期がずれたり、花の色も異なることから2月~3月にかけて楽しめましたが、ようやく終わりました。今朝は庭先の3m以上ある背の高い花梅の枝を梯子をかけて剪定しました。

 花梅は1ヶ月近くにわたり開花を続け、寒くて殺風景な庭に希望を感じさせる植物です。

 この花梅は記念樹として植えましたが、今まであまり剪定しなかったので枝が四方八方に伸び、この花梅の特徴である縦長の樹形でなくなりました。

P1010968 【横に広がり過ぎて開花】

 前述の通り、開花は約一ヶ月で1年のうちで9割以上は枝と葉のみであることから、庭木とは「樹形に重きを置く」必要があります。それは花がない時季でも、それなりに幹の形と枝ぶりが観賞に値するので、年間を通じて、角度を変えて眺めては剪定する必要があります。

P1010973 【最初はこのように背の高い梅でした】

 今回、剪定しましたが、これから5月~8月にかけて芽を吹くので徒長枝がでたら先を詰めます。剪定のポイントは、細かい枝がたくさん発芽することをめざします。そうすると来春、蕾がたくさん付きます。如何にたくさんの花を咲かせるかが、剪定する人間の腕の見せ所と言えるでしょう。

 一方、花が咲き終わったら、5月頃にお礼肥として油粕を根元から離して施します。また、来春良い花をたくさんつけるためには夏に水を朝晩与えます。出来れば、根元の回りをクレーターのように掘り、水が溜まると根に吸収しやすいでしょう。植物にとって水ほど不可欠な栄養素はありません。

P1060387【七分咲きの西洋シャクナゲ】Double click please!

 庭は梅からシャクナゲの季節に変わりつつあります。この他、花桃、雪柳、しだれレンギョウが今を盛りに咲いてます。お近くの方は華やかな西洋シャクナゲの色彩を、ご覧にお出ください。  

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

春の到来を告げる紅梅・白梅をご覧ください

P1060207 【しだれ白梅】 Click please!

 二十四節気の「雨水」になり、今まで表現をじっと抑えていた花梅たちは、我が世の春とばかりに一斉に開花を始めてます。梅の良さの一つは開花期間が長いことです。例年、2~3週間は咲き続けます。開花しても未だ多くの蕾が出番を待っている状態です。

 梅の花の良さのもう一つは六月に実を収穫できることです。現在では自宅で梅を漬けることは少なくなりました。何もせずにいた私は、実は自然落下させ、そのまま肥料として来春のための栄養としましたが、これ程もったいないことはないと気づきました。

 P1060199 【品種名は鹿児島の紅梅】

 それは、昨年、友人Samuel Toddさんに分けて上げたところ、研究熱心な彼はインターネット検索され、見事なまでに梅ジュースを作り、美味しい味に仕上げられました。私は一杯いただきましたが、こんなに美味しく感じた飲み物は初めてと言っても過言でないほどで、私はとっさに閃きました。

 「そうだ、来年こそは六本ある梅の実を有効利用し、梅ジュースを作ろう」と、気持ちが沸き上がったのです。

 このように何かに閃いたとき人間の脳は活性化される思いです。特に五月頃のアブラムシ対策として、農薬を使わず、勢いのある水道水で洗い落とす方法を実行してることから、その点も心配ないです。

P1060205 【梅が眺められる和室の襖も紅梅・白梅の柄】Click please!

 前述の通り、花梅の良さは桜の開花と異なり、期間が長いことであったり、早春のため花のない時期に庭を華やかにしてくれることです。子供のころ、昔の家の懐かしい裏庭に大きな梅の木があり、白梅のきれいさが脳裏に残ってます。

 現在の私の心の奥には当時の温かな雰囲気が懐かしくあり、あるいは無意識のうちにそれを再現してるかもしれません。家族で実を捥ぎ、母が甕に漬けたことが蘇ります。

255 【紅梅しだれ】

 こんな大きな紅梅しだれも、手にした時は2mほどの長さで埼玉県花園町から倉賀野まで、愛車いすゞ117クーペのトランクに根だけ入れ、幹や枝は外に長く出し、家まで運んびました。その甲斐あって今では心を和ましてくれてます。

 一般的に、「しだれの品種」は色鮮やかなものが多く、しだれる姿は恰も優しく手を差しのべてるかの如くです。

 2月下旬に梅が開花するのは、急激に日照時間が伸びてることに起因するのでしょう。因みに本日の日照時間は群馬県で11時間16分です。冬至の日照時間が9時間41分であったことから、すでに95分も日が伸びてます。お近くの方は紅梅・白梅を見に来てください。

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

大雪の重みに耐え、開花を始めた紅梅・白梅

P1040842 【しだれ白梅と手まえは思いのまま】・・・画像をクリックし臨場感を味わってください。

 3月になり日照時間がかなり伸びてます。現在、我が群馬県の日の出時刻は6時03分、日の入り時刻は17時46分であることから昼の長さは11時間43分です。日の出前の明るさと日没後の明るさを加味すると、実際には昼と夜の長さがほぼ同じになっています。

 因みに、昨年末の冬至には日の出時刻が6時52分、日の入り時刻は16時33分だったので昼の時間は9時間41分でした。冬至頃と比較するとすでに2時間も長くなってます。

 もちろん、日照時間のみならず、太陽の角度が20度ほど高くなってます。太陽はあと十日で赤道の真上に達します。因みに太陽の角度は冬至と夏至では47度も開きがあり、ずいぶん異なるものてす。

P1040816_2 【紅梅・・・高い位置で咲かせるので剪定済み】

 枝先には蕾がたくさんあります。これらの花梅の購入先は埼玉県花園グリーンセンターや前橋農協花木センターです。当時の愛車いすゞ117クーペのトランクに根元を入れて運んだのですから、その光景を想像すると40代は植木に夢中であったことが思い出されます。

 本当のところ、この気持ちは現在も全く同じです。しかし、もう植える場所がないので困っていたところ、運良く隣の土地が12坪ほど買えたので、また、若いときのように花木センター巡りをする楽しみが増えました。私が心してることは、開花の色彩を確認して手に入れることです。その色彩や樹形に心がノックアウトされたときのみ購入します。

P1040824  こちらは室内の襖です。庭と同じく白梅と紅梅の柄になってます。建具やさんによれば京都から仕入れたとのことで、室内の紅白梅は1年中でも庭の紅白梅との饗宴は3月の今だけです。

 ところで、梅の良いところは剪定がどうにでも可能であり、翌春はかなり違った風貌になります。また、実もなることから梅ジュースや梅酒を作る近所の方へ分けてます。私はそれができないので花の観賞のみです。

P1040856 【紅梅しだれ・・・幹がくねっている】

 実は、先日の記録的な大雪に持ちこたえられず、ついに幹が南側に傾いてしまいました。降りしきる中、夜中に起きて幾度も揺すって落としても、翌朝まで降り続いた雪の猛威に太刀打ち出来ず、今春は傾いたまま辛そうに開花です。

 おそらく地中の根が引っ張られ傷つき、栄養の不足から他の梅より開花が遅くなってます。開花が終わり4月になったらロープで北側へ引き起こします。雪とは重いことを再確認しました。

P1040819 【品種は鹿児島】

 深紅です。咲き始めたのが最も早く2月下旬です。色が濃いので目につきます。今年は寒肥えを施したからでしょうか、色彩は概して濃いです。また、逆に大雪の利点で水分は充分です。この鹿児島は巨木になる気配です。剪定をうまく施し鑑賞にたえる樹形こそ主の仕事です。

 咲き終わったらお礼肥を、年末には寒肥えを施し、花が散ったら四方八方から眺め樹形を整え、翌春を期待します。

 花梅の下にテーブルがあるのでお茶をお入れします。花梅を見に来られる方は春分の日頃までにお出で下さい。4月になると「源平しだれ」など花桃になります。

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 星食 暦について 月の満ち欠け 未来ある子供の安全 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査