カテゴリー「交通安全」の2件の記事

2016年10月31日 (月)

倉賀野小学校長の話に感銘・・・集団下校訓練

2498 【近隣のマンション最上階から撮影】

 地元の倉賀野小学校で年間、数回行われる集団下校訓練が本日行われ、巡回ボランティアーとして私も参加し、列をなして下校する小学生たちと共に歩きます。現代は少子化社会といわれても、余りの子供の数に驚き、同時に、未来ある元気な子供たちの姿に心底より拍手を送りたい気持ちでいっぱいです。

 集団下校に先駆け、全体集会で最初に校長先生の話がありました。「集団訓練はだんだん上手になるのでなく、細心の注意を払い常に上手でなければなりません。」の言葉に、小学生は耳を澄まし、自らのこととして捉えられたように感じ取れます。子供たちの心に響くスピーチは難しいものであっても、真剣に的確に子供の心に訴えるご指導に頭が下がります。

 これは先生方による教科指導と共に、平素の生活指導が功を奏してる表れでしょう。どの子供も、きちんと話を聞く生活習慣が身についてように見受けられます。

P1030052 【私たちが倉賀野小のときに中央玄関にあった由緒ある書】 

 一見して本日の地区ボランティアーは70~80名で、皆さん、パトロール用の服を着てるのですぐ分かります。これらの人たちが各地区ごとに子供たちと共に通学路を通り、子供の家の近くまで歩きます。

 信号では一度に全員が渡り切れないので、信号の地点から列が分散しても、それぞれ地区パトロール役員がついており、子供たちだけで歩くことはありません。

P1010143

 ところで、先日は群馬県内で不審なメールが教育委員会に届いたとのことで、県下の小学校では臨時に下校対策を行い、倉賀野小でも訓練でなく「本番として」集団下校を実施しなければなりませんでした。私たちにも緊急連絡が入り、学校へ集合し訓練と同じように「無事に下校」させました。

 結果的に事件は起こりません。これは、いわゆる愉快犯と考えられます。年末を控え、社会が慌ただしくなる時期になり、「常に防犯意識を持つ子供」に導くべきは大人です。

 私は一人暮らしのため、家に通学する小学生はいませんが、近所の二軒に小学生がいることから、平素より、交流を深めるよう努めてます。遊びを通して子供と人間関係ができてこそ、大切なことを聞いてくれると思います。

P1010147 【倉賀野一大きな欅の木は倉小の南にある】

 推定200~300年前の江戸時代に生を受けた大きな樹木も最初は実生から生え、風雨に晒され、倉賀野小学校の子供たちを見ながら巨大な欅に成長しつつあります。

 この樹木は倉賀野の七不思議です。実はこの欅の幹の途中には大きな穴があいてます。家の人に尋ねたことがありますが、理由は不明で昔からのことだそうです。

 子供たちは思いのほか早く成長します。小学生のうちに学習法や健康増進など人生の基盤を培ってやるべきは大人であり、愛情を持って「鉄は熱いうちに打て」です。

 学校のみに任せず、「将来ある子供」の成長に資することこそ地域の大人の役目です。集団下校はとてもよい交流の機会でもあります。 

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

普及したい「浮かび上がる横断歩道」・・目の錯覚

P1040861 【思わず減速してしまう横断歩道・・読売新聞より】

 目の錯覚をうまく利用した横断歩道が静岡市にお目見えし、交通事故防止に役立ってると伝えられてます。

 実際の路面は平面であるのに横断歩道が凸凹に浮き上がって見えることから、運転者はつい減速するようです。歩行者がいなくても思わずブレーキを踏むようになり、これは自分の車が傷つくことを恐れる運転者の心理をも捉えているでしょう。

 静岡市の駿府城公園近くにある横断歩道は、白い部分の周囲を他の色で縁取りし、立体的に浮き上がらせて見せるものです。

 歩行者側からは普通に見える横断歩道であるのに、運転席からは浮き上がって見える仕組みで、運転者に減速させる素晴らしいアイディアです。

 もし、この横断歩道が歩行者側からも凸凹に見えたら、高齢者などは転びそうになり却って危険ですが、その心配はなく、あくまで運転席から立体的に見え、思わず「ドキっ」とさせる優れもので、これは【人間の知恵】と言えます。

Photo  あちこち運転すると、トンネル内にはスピードを抑えるための工夫が壁に図柄で施してあったり、センターラインやサイドラインが太い点線で描かれてる道路にお目にかかることがあります。路面そのものは変わりなくても、特にカーブにおける太い点線は、はみ出さない心理になります。

 一方、交差点では「歩車分離式」のものや「スクランブル」のものが我が高崎市に何ヶ所があり【歩行者が多い時間帯では】交通の流れが効率的で安全に思います。

 普通の交差点では車が右折・左折するとき歩行者がいるので横断歩道前で待機することになり、危険も存在し、車が円滑に流れ難いです。

P1020008 【高崎市役所21階から眺めた高崎駅方面・・・駅前が歩車分離式交差点】

 人間は「考える葦」、人類の幸福のために「知恵を絞る」ことは大切でしょう。静岡市に設置されてる「目の錯覚」を利用した横断歩道が全国に広がり、交通安全につながることを期待します。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査