カテゴリー「二十四節気」の71件の記事

2022年8月 7日 (日)

今日は立秋であり、鼻の日でもあります。


 「立秋」の今日、私たちを乗せ反時計回りに秒速約29㎞の速度で公転してる地球は、一体、宇宙空間のどの辺に差し掛かっているでしょうか。
 
 と言っても、宇宙空間で目印になるものは恒星たちでしかありません。この答えは深夜0時に真南を見て判断します。そこには下の図の「やぎ座」があります。今後、私たちを乗せた地球は「水瓶座」から「魚座」の方角に進んで行くと「秋分の日」になります。
  
Capricornus_constellation_map_20220807022601
 
 一方、今日8月7日は語呂合わせで「鼻の日」です。私たちは時に「頭を冷やせ。」という言葉を聞きますが、鼻内部の空気の通りを良くすることで頭がすっきりするでしょう。
 
 具体的には、眼球の奥で脳のすぐ下にある一対の篩骨洞と一対の蝶形骨洞という副鼻腔に新鮮な空気が流れることで脳が冷えると考えられてます。私たちは上記の副鼻腔について、及び額の中にある前頭洞と頬の中にある上顎洞の存在とその役目について、鼻の日に考えたいものです。
 
Dear my friends who are interested in calendar and sinuses
 Today is "Risshu" that means the first day of autumn by 24 points in the old solar calendar. Where is our earth revolving today? Of course, our earth are now revolving counterclockwise at a speed of about 29 km per second in outer space.
 
 However, the stars are the only landmarks in outer space. This answer is solved by looking at due south at midnight. There is "Capricorn" in the figure below. From now on, when the earth approaches in the direction of "Aquarius" to "Pisces", it will be the "Autumnal equinox!" in the northern hemisphere.
 
 Not change the subject, but today August 7th is "Nose Day" by a Japanese pun. We sometimes hear the phrase, "Keep your head cool."
 
 Specifically, it is believed that fresh air which is flowing through the sinuses such as the pair of ethmoid sinuses and pair of sphenoid sinuses which are located behind the eyeballs and just below the brain, is cooling the brain. We would like to think about the above sinuses and the existence including of the frontal sinuses in the forehead and the maxillary sinuses in the cheeks on Nose Day.
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2022年7月23日 (土)

今日大暑 地球の位置を 考えましょう

Capricornus_constellation_map

【黄道12星座の一つ・やぎ座】・・・ウィキペディアより

今日は二十四節季の「大暑」です。私たちを乗せて約9億4千万kmの距離を持つ公転軌道を秒速約30kmで、北極星側から見て反時計回りに進んでいる地球は「大暑」の今日、公転軌道上の一体どこに差し掛かっているでしょうか。

 実は、このことは午前0時に真南を見れば分かります。それは黄道十二星座の「やぎ座」の少し右の方向に差し掛かってます。2週間後は早くも「立秋」ですが、この時はちょうど「やぎ座」の方向になります。

 今宵は下弦の月であり、これからの季節は星座が次第によく見えつつつあります。私たちは地球に乗って大宇宙に浮いてます。この意識を持つと、地球の動きや公転軌道上の現在位置がより理解しやすいと思います。

Dear my earthlings who are floating in the space
 Today is one of the 24 seasons named "Taisho" that means hottest day in a year. The earth which carries us on the revolution orbit with a distance of about 940 million km at a speed of about 30 km per second. And our globe is moving counterclockwise when viewed from the North Pole star side. What on earth, where is our earth approaching now?

 Actually, you are able to solve this question by looking at the due south at midnight in case of Northern hemisphere. It is approaching a little to the right of "Capricorn" in the Zodiac constellation. Two weeks later, it will be already "Rissyu" that means first day of autumn, but at this time it will be just in the direction of "Capricorn".

 Tonight, the phase of the moon is waning, and the constellations are gradually becoming more visible in the coming season. We are on Earth and floating in space. With this consciousness, I think it will be easier to understand the movement of our earth.

 ※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
      

| | コメント (2)

2022年6月21日 (火)

軌道上 地球の位置は 射手座の方向

Img_3465
【写真はユリではありません。ユースゲです。The flower of the photo is not a lily, but a Yusuge in our tongue.
 
 北半球に位置する日本では今日が夏至で、南半球では今日が冬至です。
 
 群馬県における今日の日の出は4:26で、日の出の角度は北から東へ60°です。日の入りは19:05で、日の入りの角度は北から西へ60°です。今日の昼の時間は14時間39分です。因みに、冬至の昼の時間は9時間41分でした。
 
 太陽高度について、今日は77°です。因みに冬至では30°でした。
 
 本来ならば夏至の日が最も暑く、冬至の日が最も寒い筈ですが、地球の大気の性質は暖まり難く、冷め難いので、年間の最高気温、及び最低気温はこれらの日より1ヶ月ほど後にずれます。
 
 夏至における地球の公転軌道上の位置は黄道12星座の「さそり座」と「射手座」方向の中間です。逆に地球から見る太陽の背景は黄道12星座の「牡牛座」と「双子座」の中間です。
 
Dear my friends who live in Northern and Southern Hemisphere
  Today is the summer solstice in Japan located in the northern hemisphere, and today is the winter solstice in the southern hemisphere.
 
  Today's sunrise in Gumma prefecture is 4:26, and the angle of sunrise is 60 ° from north to east. The sunset is 19:05 and the sunset angle is 60 ° from north to west. Today's daytime is 14 hours 39 minutes. By the way, the daytime of the winter solstice was 9 hours and 41 minutes.
 
  On the other hand, the solar altitude is 77 ° at noon today. By the way, it was 30 ° at the winter solstice.
 
  Normally, the summer solstice tends to think the hottest and the winter solstice is the coldest, but the nature of the Earth's atmosphere is difficult to warm and cool, so the annual maximum and minimum temperatures are about a month after these days.
 
  Today's position on the earth's orbit is between the "Scorpio" and "Sagittarius" directions of the 12 constellations of the Zodiac. On the contrary, the sun's background seen from the earth is between "Taurus" and "Gemini".
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

今の時季 深夜の真南 サソリの尾 

Img_3413
  
 各種シャクナゲを30年ほど育てていますが、今回、土壌作りの方法をやっと習得できたかもしれません。
  
 というのはご覧の通り、今春に生じた新芽がすごい樹勢で伸びているからです。すでに葉の中央には来春に咲く蕾ができています。写真の品種はクリーム色の花が咲く「フィリスコーン」と命名された西洋シャクナゲです。
  
 今までは市販の土を使ってましたが、今春はそれを止め、12本すべてのシャクナゲの土を軽石とピートーモスにしました。結果的に、どれも新芽が勢い良く、来春の開花が楽しみです。やはり、排水性と保水性が大切なのでしょう。
  
 ところで、今日は二十四節気の「芒種」です。日本では梅雨が始まる直前で、田植えが始まる頃です。
  
 「芒種」の今日、私たちを載せた地球は宇宙空間の一体、どこを浮遊してるでしょうか。
  
 北極星側から見て、地球は公転軌道上を反時計回りに進んでます。その進行方向に向かって右側(外側)見える黄道十二星座は「さそり座」で尾の位置です。それを確認するには午前0時に真南を見ましょう。一方、今日の太陽の背景は「おうし座」です。
 
Dear my friends who like to see constellations
 I've been growing various rhododendrons in my garden, since about 30 years ago, but maybe I have finally noticed how to make soil.
 
 Because, as you can see, the sprouts that came out this spring are growing vigorously. There are buds that will bloom next spring in the center of the leaves. The photo shows one of the varieties of Western rhododendron named "Philiscorn" with cream-colored flowers.
 
 Until now, I used commercially available soil, but this spring I stopped it and changed all 12 rhododendron soils to pumice stones and peat moss. As a result, all the shoots are vigorous and I am looking forward to the flowering next spring. After all, drainage and water retention are important.  
 
 By the way, today is the "Bohshu" of 24 solar terms. In Japan, just before the rainy season begins, and rice planting begins.
  
 Where is our earth floating in outer space today of Bohshu?
   
 Seen from the North Star side, the earth is proceeding counterclockwise in the orbit of revolution. The Zodiac constellation that can be seen on the right side (outside) is the position of the tail of "Scorpio". The way to confirm that is to look due south at midnight. On the other hand, the sun's background today is "Taurus".
   
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (2)

2022年5月21日 (土)

小満の 地球の位置を 知りましょう。 

Img_3371_20220521172301
【拡大してご覧ください。・・・マジョーレ・・ダリアの一種】
 
 今日は二十四節気の「小満」です。日の出は4時31分、日の入り18時49分【群馬県】で、昼の長さは14時間18分です。日の出の方角は東北東より少し北で、日没の方角は西北西より少し北です。
 
 「小満」には、植物が青々と成長し、例えば、梅が実をつけたり、麦に穂が出て今年も収穫できそうだという「小さな満足」の季節です。このまま自然災害に遭わず穀類や野菜、果物などが豊作になることを願う頃です。
 
 二十四節気とは、天空において、地球から見た太陽の位置が赤経1hから24hに当て嵌まります。「魚座」のすぐ近くの春分点が0hです。
 
 地球から見た太陽は二十四節気ごとに東へ15°移動し、1hとなる日が清明で、順次に2h=30°は穀雨、3h=45°は立夏、そして4h=60°が小満の太陽の位置です。
 
 この場所がどこかと言えば、今日の太陽の位置は真冬にたくさんの星が固まって見える「スバル星団」付近です。実は、「スバル星団」は宮古島の上空を毎日1回通過します。
 
 小満の今日、公転軌道上を反時計回りに進んでいる私たちの地球は、黄道十二星座のうち「さそり座」の方向を進んでおり、地球人の私たちは、午前0時に真南を見れば、その事実が確認できます。
  
Photo_20220521105701   
【今夜、午前0時に真南にある「さそり座」】

Dear the earthlings
 Today is "Shoman" of 24 solar calendar. The sunrise is 4:31 and the sunset will be 18:49 [Gumma Prefecture, Japan], and the length of the day is 14 hours and 18 minutes. The direction of sunrise is a little north of east-northeast, and the direction of sunset is a little north of west-northwest.
 
 "Shoman" literally means a season of "small satisfaction", plants grow lushly, for example, plums bear fruit and wheat ears are likely to be harvested this year as well. It is time to hope that the crops, vegetables, fruits, etc. will be abundant without suffering from natural disasters.
 
 Twenty-four solar terms means that the position of the sun seen from our earth in the sky corresponds to the Right Ascension 1h to 24h. The vernal equinox is 0h near "Pisces".
 
 The sun seen from the earth moves 15 ° to the east every 24 solar terms, and the day when the position of the sun becomes 1h is "Seimei", 2h = 30 ° is "Kokuu", 3h = 45 ° is "Rikka the first day of summer, and 4h = 60 ° is "Shoman" of today.
 
 Speaking of where this place is, the position of the sun today is near the "Subaru cluster" which means the Pleiades where many stars can be seen solidified in midwinter. In fact, the "Pleiades" passes over Miyakojima in Japan once a day.
 
 "Shoman" of today, our Earth which is moving counterclockwise in the orbit, is heading in the direction of "Scorpio" in the Zodiac constellation. If we, the Earthlings, look at due south at midnight, we can understand that fact.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

今日立夏 日の出時刻は 4時台に

Img_3267_20220505055101
 
 今日5月5日は子供の日ですが、二十四節気では「立夏」です。地球は立春から今日まで公転軌道上を90°反時計回りに【北極星側から見た場合】進みました。この間の日数は91日ほどです。
 
 「立夏」における地球の公転軌道上の位置は、進行方向に向かって右側に「てんびん座」があり、左側に太陽と、その後方に「牡羊座」がある宇宙空間です。
 
 「立夏」になると、北半球では春の植物の開花は次第に終わりを告げ、いわゆる初夏になることから、私の庭でもユリが開花し始めてます。この他、築山に生えた各種グラジオラスも背が高くなってます。
 
 日の出が4時47分【群馬県】とかなり早くなってることから、人間の私たちも、頭がすっきりしてる早朝の時間帯を勉強や趣味に有効利用しましょう。
  
 ところで、下の図は「天秤座」です。紀元前にこの「天秤座」は、現在の位置と異なり、赤道上空にあって、恰も北半球と南半球のバランスを取る位置にあったことから、この名が付いたようです。このように、私たちを載せてる地球は長い年月をかけ、コマのように地軸の方向が変わると考えられてます。その周期は約2万5800年と計算されてます。
  
Photo_20220505065001
 
Dear my friends who love lily
 Today May 5th is Children's Day in Japan, but it is "Rikka" in the 24th season. It means the first day of summer. The Earth has traveled 90 ° counterclockwise [when viewed from the North Star side] in the orbit of earth's revolution since the beginning of spring named "Risshun" to today. The number of days during this period is about 91 days.
 
 The position of "Rikka" in the orbit of revolution of earth is in outer space with "Libra" on the right side, and the sun is on the left side, and "Aries" is behind the sun.
 
 In the northern hemisphere, the flowering of spring plants gradually ended in this "early summer", and lilies began to bloom in my garden as well. In addition, various gladioli that grow on the man-made hill named Tsukiyama have become also taller.
 
 Since the sunrise is quite early at 4:47 [Gumma Prefecture], I recommend humans to make effective use of the early morning hours when our heads are refreshing for study and hobbies.
  
  Not change the subject, but the below photo is "Libra". It seems that this "Libra" got its name, because unlike its current position, it was in the sky above the equator in BC and balanced the northern and southern hemispheres. In this way, it is thought that the earth will change the direction of the earth's axis like a top over many years. The cycle is calculated to be about 25,800 years.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

穀雨では 「乙女座」方向を 進む地球  

Photo_20220421074601
 
 毎日、太陽が東から出て、西に沈むのは地球が「反時計回り」に自転しているからです。一方、地球は自転しつつ公転してます。
 
 このとき、地球は常に左に太陽を見ながら、右に黄道十二星座を眺めつつ、やはり「反時計回り」に公転しています。この公転軌道一周の長さは「太陽地球間の距離約1億5千万㎞×2×πですから、実に 約9億4千万㎞になります。私たちはこの距離を一年かけて周遊してます。
 
 この距離を二十四節季で割ると前回の「清明」から昨日の「穀雨」まで、地球は約3千9百万㎞も宇宙空間を移動しました。
 
 「穀雨」の現在、地球が公転してる進行方向に対して右に見える黄道十二星座は「乙女座」です。ですから、午前0時に真南より幾分か西寄りに「乙女座」が見えてます。この星座には一等星「スピカ」があるのですぐ分かります。「スピカ」は珍しくほぼ黄道上で輝いてます。
 
 私たちは平素から、カレンダーで二十四節気を知ったら、午前0時に南に輝く黄道十二星座を見て、現在、自分は宇宙空間のどこを漂ってるか認識したいものです。
 
Dear my beloved earthlings
 Every day, the sun rises in the east and sets in the west because the earth rotates "counterclockwise". On the other hand, while rotating, the earth is revolving without intermission.
 
 At this time, the earth is revolving "counterclockwise" while always looking at the sun on the left and the zodiac constellations on the right. The length of this revolution orbit is calculated by "Between the sun and the earth is about 150 million km x 2 x π", so it is actually about 940 million km. We will go around this distance over a year.
 
 If this distance is divided by the 24th season, the earth has traveled about 39 million km from the previous "Seimei" to yesterday's "Kokuu" that means grain and rain".
 
 Currently, one of the 12 constellations of the zodiac that can be seen to the right direction is "Virgo". Therefore, at midnight, we can see "Virgo" slightly west of the due south. This constellation has the first-class star named "Spica", so you will be able to fine out it easily. "Spica" is rare and shines almost on the ecliptic.
 
 We would like to see the twelve constellations of the zodiac shining to the south at midnight when we know the twenty-four solar terms on the calendar, and to recognize where we earthlings are currently floating in outer space.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年4月 5日 (火)

現在の 地球の位置を 考える

Photo_20220405041701
  
 今日4月5日は二十四節季の一つ「清明」です。太陽の周囲を反時計回りに公転してる私たちの地球は現在、一体、宇宙空間のどの辺を浮遊しているでしょうか。それは深夜0時に真南の方向にある星座を見れば分かります。
   
 その星座は黄道十二星座の一つ「乙女座」です。この星座の一等星「スピカ」は珍しく、黄道に近い所にあるので比較的分かりやすいです。
    
 ところで、その後、3時間経過すると、今度は橙色をした1等星「アンタレス」を中心とした「さそり座」が南に姿を現し、大きく曲がりくねった勇壮な形で地球の方を恰も睨んでいるように見えます。
   
 清明になると太陽角度は60°に高くなり(群馬県)、冬至のときの2倍の高さです。これは地軸が23°26′の傾きを保ったまま公転してる結果です。
   
 清明になると北半球の温帯では草木に芽が出始め、光合成が活発になり、年間で最も過ごしやすい季節です。屋外に出て自然の恩恵を享受したいものです。
     
Dear my friends as earthling
 Today April 5th is "Seimei" which is one of the twenty-four solar calendars in Japan. Which side of outer space is our earth which revolves counterclockwise around the sun, floating? You can understand, if you look at the constellation in the due south at midnight.
  
 The constellation is "Virgo", one of the twelve constellations of the Zodiac. The first-class star "Spica" in this constellation is relatively easy for us to find because it is located near the ecliptic.
  
 By the way, three hours later, "Scorpio" which is including the orange-colored first magnitude star "Antares" appears in the due south, as if staring at our earth, with winding and brave shape.
  
 In "Seimei", the sun angle rises to 60 ° (Gumma Prefecture), which is twice high as the winter solstice. This is the result that the earth is revolving with maintaining the inclination of 23 ° 26' in its axis.
  
 In the temperate zone of the Northern Hemisphere, buds of trees and weeds begin to sprout, photosynthesis becomes active, and it is the most comfortable season of the year. We'd like to go outdoors and enjoy the benefits of nature.
   
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (4)

2022年2月18日 (金)

私たちは、一体、今どこにいるのでしょう。

Img_2895
 
 私たちは、現在、宇宙空間のどこを浮遊しているのでしょうか。つまり、私たちを乗せた地球は今どこを公転中でしょうか。と言っても、地上のように山や建物など目印となるものは見当たりません。
 
 地球は太陽の周りを北極星側から見て反時計回りに公転してます。このことは星座が毎日同じ位置になく、少しずつ(約1°)西へ移動してることで分かります。
 
 地球の進行方向は、左の内側に常に太陽があり、右の外側に「黄道十二星座」が並んでることから、地球は太陽と、どの星座に挟まれた位置に達しているかで、地球の現在の位置が判断できます。
 
 明日は二十四節気の「雨水」です。この頃になると、私たちは太陽と「しし座」を線で結んだ宇宙空間に到達します。
  
Dear my friends as earthling
 Currently, where are we floating in outer space? In other words, where is the earth revolving now? However, we can't find any landmarks such as mountains or buildings like on the ground.
 
 The earth revolves around the sun counterclockwise when viewed from the North Star side. This can be understood by the constellations. These are not being in the same position every day and moving westward little by little (about 1 °).
 
 The direction of travel of our earth is that the sun is always on the left inside and the "Zodiac constellations" are lined up on the right outside. So that we can judge the current position of the earth.
 Tomorrow is "Rainwater" named Usui which is one of the 24 solar calendars in Japan. Around this time, we are about to reach outer space where the sun and "Leo" connect with a line.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

例年より 春の訪れ 遅れてる

Img_2897 Img_2892
 
 明後日は二十四節気の「雨水」というのに、この寒さは異常です。「思いのまま」という品種の梅は蕾が膨らんでも、なかなか咲けない状況です。と言うのも、ご覧の通り、防火用水の水が凍っています。未だ、早春でなく、真冬なのでしょう。
 
 しかし、来週には5本の梅が一斉に咲き始めると内心期待してます。早く、庭にメジロなど野鳥も飛来し、本格的な春が来て、テーブルでお茶を飲みつつ、梅花の下で歓談したい。
 
Dear my friends on the irreplaceable earth
 The day after tomorrow is the "Usui" that means rainwater season of 24 solar calendars, but this cold is unusual. The variety of plum named "as it wishes" do not bloom easily, even if the buds swell. Because, as you can see, the water for fire prevention is frozen. It's probably midwinter now, not early spring.
 
 However, I expect in heart that five plums will begin to bloom at once next week. Wild birds such as Japanese white-eyes also fly to the garden, and full-scale spring comes, and I'd like to have a chat under the plum blossoms while drinking tea at the table.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査