カテゴリー「二十四節気」の23件の記事

2018年7月23日 (月)

公転する地球から見る「大暑」の太陽の位置

P1030703【モリアオガエル生息地として有名な群馬県・大峰湖】

 連日、日本列島は猛暑に覆われ、40℃近い気温は今まで殆ど記録してません。この理由は、太平洋高気圧が列島を覆い、更にチベット高気圧なるものが重なってると天気予報では説明されてます。先般、西日本を襲った豪雨による災害では、この猛暑の中、復旧作業は並大抵のことではなく、心底よりお見舞い申し上げます。
 
 さて、日本は温帯に属するため、概して四季がはっきりしてます。しかし、近年は夏季において豪雨が多くなり、一方、冬季は日本海側を中心に列車や車が立ち往生するなど、ほぼ毎年、豪雪が繰り返されてます。また数年前、私たちは平野部でも50㎝ほどの豪雪を体験をし、流通は混乱し、平素の平和な暮らしが乱れました。これら気候変動については科学的な原因究明が待たれます。
 
 ところで、今日は二十四節気の「大暑」です。一般的に考えるならば、一年で最も暑いのは「夏至」の頃であり、一年で最も寒いのは「冬至」の頃の筈です。また、「春分の日」と「秋分の日は」太陽が天の赤道にあり、どちらも気温はほぼ同じ筈と考えられやすいですが、実際に、気温は後にずれることを私たちは体験上、知ってます。
 
 これは地球の表面を取り巻く大気が「すぐには熱しにくく、すぐには冷えにくい性質」があるからと考えられ、実際の暑さは夏至から1~2ヶ月後にずれ込み、実際の寒さは冬至から1~2ヶ月ずれ込みます。
 
 同様に、このずれ込みから春分の日はまだまだ寒く、秋分の日はまだまだ暑いということになります。
 
Photo 【冬のダイアモンドにある双子座】
 
 では、大暑について天文学的に考えます。秒速、約29㎞で反時計回りに公転してる地球から見る太陽の背景は、大暑では黄道十二星座の「双子座」から東へ抜け、隣の黄道十二星座である「かに座」近づいてます。上図にある地球から見た太陽は右から「夏至」、双子座の中に入ってる「小暑」、そして双子座から抜け出て、東の「かに座」に近づいてる本日の「大暑」の太陽の位置です。いずれも二十四節気一つで15°東へ移動します。
 
Photo_2【黄道十二星座の一つ「かに座」】
 
 大暑の日に、地球から見た太陽は上図の右の太陽です。本日の太陽は二つの黄道十二星座の丁度、中間にあります。そして、地球の公転により、逆に、太陽は東に進んで見え、8月7日の「立秋」には「かに座」のすぐ東に進みます。
 
 大暑の太陽の位置は赤経8hで、太陽黄経は8×15°=120°です。春分の日から今日まで地球は太陽の周りを3分の1周したことになります。
 
 ところで、赤経とは天の経度であり、15°は1hであり、hの下は60進法なので、h, m, sで表し、天一周は24hです。このため、それぞれ二十四節気とhは一致します。例えば、春分は0h、夏至は6h、秋分は12h、そして冬至は15hです。天体の位置はこの赤経と天の緯度である赤緯により、恒星の位置を表わします。
 
 例えば、最も明るい恒星シリウスの位置は赤経06h45m08s、赤緯‐16°42′58秒です。赤緯の表示は緯度と同様ですが、北半球にはプラスを、南半球には-をつけます。
 
 以上のように、大暑の日を通して、太陽と星座との位置関係を考えることにより、自分は宇宙のどこにいるかや、自分とは何か、を考えることにつながるのではないでしょうか。
 

| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

今日は夏至・・・若き日、太陽は北を通過した

P1030855【ねむの花・・・夏至の頃咲く】

 今年は天文現象から目が離せません。先ず、7月28に皆既月食があり、時間は夜明け前に西の空です。月食は太陽~地球~月の並び方で直線になり、満月のときです。同様に日食は太陽と地球の間に月が入り、新月のときです。直線に並ぶと言っても地球から二つの天体までは比較にならない距離の差があります。
 
 太陽・地球間の距離はAU1で表わし、これはAstronomical Unitの略で、惑星などの距離を計る単位です。恒星などの距離は光年で表します。
 
 実際にはAU1は約1億5千万㎞です。例えば太陽から水星まではAU0.38、金星まではAU0.72、太陽から土星まではAU9.55、海王星までは何とAU30と計測されてます。
 
 因みに月までの距離はAU0.0025です。実際の距離は平均38万㎞なので、月までの距離は太陽までの距離の400分の1です。
 
 一方、太陽の直径は1391016㎞で、月の直径は3474㎞ですから、月の直径は太陽の直径の400分の1です。つまり、偶然にも距離においても、直径においても、月は太陽の400分の1です。
 
P1030967
 
 このため「三角形の相似形」となり、地球から見る太陽と月の大きさはほぼ同じに見えることになります。
 
 今年の天文現象は月食の他、7月31日に火星が大接近、8月31日にはペルセウス座流星群が極大です。この夜、月明かりはありません。
 
 ところで本題で、今日は夏至です。これは地球から見た太陽が夏至点に到着する瞬間を言い、その時刻は日本時間19時07分と発表されてます。グりニッチ時間の10時07分が基準です。
 
 地球から見た太陽は夏至点にあり、ここは春分点から90°離れた位置です。この位置は赤経6hで、赤緯23.°26′です。夏至点の太陽の背景は双子座近くです。北回帰線が通過してる台湾では、今日は太陽が頭上を通過します。インドにいたとき北緯22度なので、太陽は少し北を通過しました。
 
Photo_2 【双子座と夏至点】
 
 二十四節気に合わせ地球と太陽の関係を考えると、地球は公転を続け、太陽の背景の黄道十二星座はおよそ二つの節気で一つの星座が変わります。現在は双子座で、実際私たちがこの星座を見ることができるのは、半年後の冬至の頃から真冬にかけてです。最も明るい一等星シリウスの左上です。オリオン座が見えれば、その左上が双子座Geminiです。発音はおよそジェミナイ。
 
 

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

冬来たりなば春遠からじ・・・いよいよ大寒

P1020497【真夏のオーストラリア・シドニー付近・上が南・・・本日のISSより】

 タイトルは英国の詩人P. B. Shelley(1792~1822)の「西風に寄せる歌」の一節で原文はO, Wind, If Winter comes, can Spring be far behind?です。

 日本は一年で最も寒い「大寒」です。二十四節気の一つ「大寒」とは公転軌道上を行く地球から見る太陽の背景が「やぎ座」付近であることを言います。
 
  しかし、紀元前一~二世紀の冬至には、太陽が「やぎ座」にあったらしく、その名残で現在でも南回帰線を英語でThe tropic of Capricornと表記されます。地軸の方向は千年二千年単位で徐々に移動してるようで、現在、真北に北極星がありますが、遠い未来の真北は他の星座になると考えられてます。
 
350pxcapricornus_constellation_maps 【やぎ座】・・・ウィキペディアより転記
 
 「やぎ座」の次は「水瓶座」であり、その次はいよいよ春分点がある「魚座」になります。およそ一ヶ月で太陽は次の黄道十二星座に移動して行きます。前述の通り、公転してる地球から見て、太陽の背景にある星座が移り変わるという意味です。
 
P1020499 【真夏のニュージーランド・左上がクライストチャーチ、右下の尖がった所がウェストポート・・・本日のISSより
 
 ところで、国際宇宙ステーションは地球が自転する方向に進むことから、その進行方向は北緯50度及び南緯50度付近では西から東へ、それ以外では北西から南東へ、南西~北東へ進み、秒速約7㎞で、地上からの高さ約400㎞の軌道に乗ってます。ですから、日本上空に差し掛かるときのコースは南西諸島~九州方面~北海道方向へ、あるいは大陸から南東方向へと、二通りに決まってます。
 
 私はいつも注意して送られてくる映像を見てますが、今の季節、日本上空はほとんど雲に覆われて見難いです。以前に北海道室蘭付近が見えたことがあります。いつか、鮮明な日本列島を記録に残したいです。
 
 一方、国際宇宙ステーションは北緯51度付近まで、及び、南緯51度付近までをコースとし、極地上空は通過しません。これはISSは地球の引力に引かれ、自転してる地球の周りを常に地球と同じ方向に飛行すること、及びISSは赤道に対して51.6度の角度で飛行してることに因ります。
 
 ところで、今日の群馬県の日の出は6時53分、日の入りは16時55分です。昼の時間を冬至に比べるとすでに23分も伸びてます。このため、植物たち動物たちはこれを察知し、蕾が膨らみ、梅の様子が下の写真です。
 
P1020504 【庭の紅梅しだれ】写真を拡大してください。
 
 あと二週間で節分と立春です。寒さに負けず体力をつけましょう。という私は最近の寒さに身体をこじらせ、実は胃など体調があまり良くないです。いくら若い気でいても、寒さは高齢者に堪えます。
 
 これからは三寒四温が繰り返され、私は温かな日にお気に入りの「鏑川の土手」を暫くぶりにウォーキングします。高齢になるほど足腰に筋肉をつけ、「新たなことにチャレンジ」し、脳の活性化を図りたい。
 

| | コメント (0)

2018年1月 4日 (木)

「小寒」の太陽は南斗六星に・・・これから冬本番

Photo【南斗六星は射手座にある】・・・ウィキペディアより

 今年になって初めての二十四節気は明日1月5日の「小寒」です。この時季に公転してる地球から見る太陽は毎年必ず「射手座」にあり、この日の太陽の位置は赤経19h、赤緯はおよそ-22°です。ご覧のように「射手座」には北斗七星に似てる南斗六星が含まれてます。
 
 ところで、この赤緯と赤経について、おさらいです。これは天空の位置を示す座標であり、これによって各天体の位置を表わします。丁度、地球上の緯度・経度の様なものですが、これとは少し異なります。簡単な方は赤緯です。これは地球上の北緯と南緯の度数と同じで、どちらも天の赤道を0°とします。赤道を中心に北側は北緯と同じ、南側は-をつけて表わします。赤緯の英語名はDeclinationです。
 
P1020522【春分の太陽】・・・拡大してご覧ください。
 
 一方の赤経は地球上の経度とは異なります。春分の瞬間の太陽の中心位置を0hとし、東の方向へ天空一周24hとします。つまり、1hは度数で15°です。地球上から見る天体は1日で右方向へほぼ一周することから時間を表わす単位を使ってます。このため、h(時)の次はm(分)で、次の秒に当たる単位はSで表します。赤径の英語名はRight Ascensionです。
 
 例えば、今の時季、南に一際明るく輝く恒星シリウスの位置は、赤緯-16°42′58″、赤経06h45m08Sと表わします。
 
 ところで、1月1日午前0時にシリウスが真南にありましたが、ご覧になったでしょうか。日本は東西に長いので、見る位置によって多少異なります。また、地球が太陽の周りを一周するのに365日5時間48分かかり、閏年が生じることから毎年真南に来る位置は多少変化します。今年は福井市と同じ東経にある地域で真南でしたが、どこから見ても毎年ほぼ真南です。
 
P1020474 【ブログ発信基地には換気用窓がある】
 
 一方、今冬は南米ペルー沖の太平洋で、海水面の温度が下がるラニーナャ現象が原因とされ、遠く離れた日本でもこの影響が出てます。日本上空を西から東へ流れる偏西風のコースが南下し、結果的に寒気団も南下し、典型的な西高東低の気圧配置が多くなり、12月から厳しい冬が続いています。
 
 従って、部屋の中は例年より暖房が必要となりました。この状態が続いたときに忘れがちなのが、部屋の換気です。閉めたままでは酸素不足や、空気中の埃、何より気をつけるべきはウィルスが浮遊し、充満しやすく、私たちは時々窓と反対側の窓を開け、1~2分空気を入れ替えることが喉や気管支、肺を守ります。新鮮な酸素を吸ってこそ、血流に乗って酸素が身体中に運ばれ、各臓器がしっかり機能します。これから約1ヵ月間、厳寒の日々が続きますが、換気を忘れないで生活しましょう。
 
P1020455
 
 今年も私はお気に入りウォーキングコースで「呼吸筋」と「足腰」の鍛錬を中心にアンティエイジングに挑戦します。先日のテレビで、健康で90才を超える現役ボクシング指導者の言葉が耳から離れません。彼のフットワークは若者のようです。
 
 人間「生きてるだけではダメ、動かなければダメ」という教えです。私たちの身体はいろいろ動くためにできており、じっとしていては退化します。皆さん、「小寒」に負けず、思い切り身体を動かし、柔軟性と剛健性をめざし、体力増進に励みましょう。
 

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

霜降となり太陽は「乙女座」から「天秤座」方向へ

Photo【黄道十二星座の一つ・乙女座】・・・スピカが一等星

 二十四節気の「霜降」とは太陽が赤経14hの位置に来ており、ここは「おとめ座」と「天秤座」の間で、「魚座」近くにある春分点から210°の天空です。
 
 2017年も残すところ67日になりました。今年が終わる12月31日24時には、全天で最も明るい一等星「シリウス」が真南に輝き、一年の節目を伝えます。ぜひ、この現象を見落とさず、一年の終了と新たな年に入る瞬間を天体によって認識してください。この時、「太陽~地球~シリウス」と並び、地球の位置は1年に一度、両者の間に差し掛かります。ですから、一月一日は天文学的に大きな意味を持ってます。
 
 私たちが乗ってる宇宙船・地球号はおよそ9億4千万Kmの公転軌道上を北極星側から見て反時計回りに、太陽から平均1億5千万Km=AU1離れた位置を秒速約29㎞の速度で公転を続けてます。
 
 この結果、一年をかけ、たくさんの星座が日々少しずつ東から西に移動して見えます。中でも、地球から見て太陽の後方には黄道十二星座が、ほぼ一ヶ月ごとに現れ、次から次へと西へ移動し、そして新たな黄道十二星座が東からやって来ます。
 
 紀元前パピロニア人が命名したとされる黄道十二星座が21世紀に生きる私たちにそのまま同じ姿を見せ、季節が移り変わる目安になってることに深い感動を覚えます。
 
 ところで、黄道十二星座はそれぞれユニークな形を成し、一度確認できれば毎年、季節ごとにその姿との再会が楽しみになります。個人的には「さそり座」が地上を睨んでるかの如く、文字通り恐怖を与えてる姿を呈し感動します。しかし、この猛毒を持つサソリは通常、自然界において、日本に住む私たちは見ることはできません。インド、アフリカなど南方の国に生息します。
 
 また、ユニークな形を成す黄道十二星座は「魚座」です。現在、日本上空を午後9時から10時に通過し、インドの形に酷似してます。
 
284pxlibra_constellation_mapsvg 【天の赤道にある天秤座】・・・ウィキペディアより転記
 
 一方、今の季節に太陽が近づく「天秤座」は南半球と北半球を恰も天秤で計るかの如くその一部が天の赤道上に位置し、「おとめ座」と前述の「さそり座」の間にあります。
 
 現在、「おとめ座」と「天秤座」は太陽が輝く後方にあり、見ることができません。半年後の午前0時であれば、ほぼ真南に見えます。半年後、これらの星座は180°移動し、深夜に見えます。
 
 実はこの文章は10月26日午前2時から4時頃にかけて書いてます。ちょっと休憩して、外に出たら快晴のため「冬のダイアモンド」が日本上空を覆ってます。西側に黄道十二星座の「おうし座」が東側に「ふたご座」が、下方には「オリオン座」と「シリウス」が強い光を放ってます。
 
Hosizorawinter480 【冬のダイアモンド】
 
 秋が深まる今の季節、深夜から夜明け前にかけ、巨大な六角形が手に取るように見えてます。神秘な星団「スバル」も右上に見えます。秋の夜長は星座を見て自らの生命は宇宙に漂ってることを認識したい。
 

| | コメント (2)

2017年8月24日 (木)

地球から見た太陽は「しし座」の中に・・・処暑

自動代替テキストはありません。

【しし座】・・・ウィキぺディアより転記

 半年前の2月23日の午前0時に南中する星座は「しし座」です。このとき太陽~地球~しし座と並び、半年経過した8月23日頃の処暑では地球~太陽~しし座と並んでます。現在、太陽を見たら眩しくて見えなくとも、その背景は「しし座」であると認識したいものです。
 
 黄道十二星座の一つである「しし座」は春の星座として馴染み深く、他の星座より、名称とライオンの形がよく一致し、特徴ある姿です。おそらく2000年以上、昔の古代バビロニア人が命名したと考えられます。しかも、地球の自転に因り、東から昇るとき頭が上になり、南にあっては図のようにあり、西に沈む時は頭を下げるユーモラスな動きをします。
 
 「しし座」という名称は「しし座流星群」でお馴染みです。毎年11月17日~19日にかけて見られる流星群で通常18日未明が極大です。これは公転してる地球が流星群に近づくことにより起こる現象で、昔からずっと繰り返されてきたと考えられます。2017年11月18日未明は運良く月齢1、つまり新月となることから「しし座流星群」を眺める絶好のチャンスとなりそうです。
 
 この現象は「しし座流星群」という名であっても黄道十二星座の「しし座」とは直接に関係なく、私たちの地球から見ると流星が出てくる放射点が「しし座」方向にあるということで、「しし座」から流星が来るわけではありません。
 
 一方、「しし座」ではレグルスという名の一等星が有名であり、それは太陽が通過する道である黄道上にあることも大きな特徴です。同様なことは「おとめ座」にある「スピカ」という一等星です。レグルスは時に月に隠されてしまいます。
 
 レグルスは全天で21個ある一等星の中でも、あまり明るくない一等星であることから、明るさで有名なシリウス【除夜の鐘が鳴るとき真南に輝く星】や南半球でよく見え、日本でも南西諸島の宮古島などで水平線の上に見えるカノープスの光度とは雲泥の差があります。
 
 それでも、冬の巨大なダイアモンドの中で東にある「ふたご座」の少し東にあるので、これを頼りに探せば威厳を放つ「しし座」がどっかり座ってます。
 
P1030107_2【処暑に咲いてるサボテン】
 
  ところで、処暑ともなれば朝夕は涼しくなり、夜間は平地でも虫の音が盛んになり始めてます。この遠因は地球から見た太陽の場所が天空に無数にある恒星のうち、「しし座」の一等星「レグルス」近くにやって来てるからであり、地球が反時計回りで公転してることにより、太陽は恒星たちの中を刻々と東へと移動して見える一瞬です。
 
 現在の太陽の位置は前述の一等星「レグルス」近くにあり、赤経10h、黄道では150°です。赤緯ではおよそ+12°です。
 
 この一等星は現在、太陽近くにあり見えませんが、秋が深まる頃の未明に東の空に「しし座」が頭を上に昇って来るので分かります。その後、日々どんどん見やすい位置になるので、来年の1月~2月には電光の少ない位置で「しし座」を見つけ、8月下旬の処暑に太陽はあの位置にあったと再認識したいものです。
 

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

夏至の早朝、珍しく下弦の月と金星がランデブー

P1030041【私のウォーキングコースの一つ藤岡市竹沼・・・本日午前中散策】

 今年の夏至の瞬間は日本時間で6月21日午後1時24分です。これはUTすなわち世界標準時で午前4時24分と発表されてるからです。このように夏至とは瞬間のことであり、これは公転軌道上を毎秒約29㎞の速度で反時計回りに移動してる私たちの地球から見た太陽の中心点が瞬間的に「夏至点」を通過することに因ります。
 
 ところで、この「夏至点」とはどこにあるのでしょう。春分点、秋分点、冬至点などと同様に天空にはその印はありません。しかし、これらは天の位置を表す赤緯、赤経で表されます。実際にはそれぞれは黄道十二星座の近くにあるのでそれを頭に入れておくと夜空を見た場合に理解しやすいです。
 
 例えば、春分点【赤経0h赤緯0°】はインドの形に似てる「魚座」近くであり、秋分点【赤経12h赤緯0°】は1等星スピカで有名な「おとめ座」近くにあり、夏至点【赤経6h赤緯23°26′.】は「おうし座」と「ふたご座」の中間にあり、冬至点【赤経18h赤緯-23°26′】は「射手座」と真夏に南の空から睨みをきかす「さそり座」との中間にあります。
 
 6月21日、太陽は夏至点を通過します。ここは真冬に日本上空に巨大に現れる「冬のダイアモンド」の中です。有名なオリオン座の少し上(北)であり、多くの星が塊のように見えるスバル星団の左(東)です。真冬に巨大なダイアモンドを見たとき中央に夏至点があると認識したいものです。
 
Hosizorawinter480【巨大な冬のダイアモンド】
 
 ですから、もし、日中に星が見えれば上図のような位置関係と考えます。このまま太陽は刻々と東(左)へ移動するかの如くですが、前述の通り、その動きは私たちの地球が北極星側から見て反時計回りに公転してることに因ります。2週間経過した7月7日は小暑です。このとき太陽は「双子座」の中【赤経7h】に入ります。
 
Photo 【冬のダイアモンドにある双子座・・・ウィキペディアより転記】
 
 ところで、表題のとおり、今年の夏至は夜明け前の午前3時半頃から4時過ぎにかけて、東の空に「下弦の月」と「金星」が寄り添って見えそうです。このような偶然の一致はまさにOnce in a blue moonであり、とても珍しい現象でしょう。
 
Photo_2【私の想像図】
 
 Barryさんお住まいのニュージーランドや、逍遥さんお住まいのオーストラリアなど南半球で見る場合、金星が下になり月が上になり、月は右側が光ると考えられます。実際はどうでしょうか。
 

| | コメント (2)

2017年5月22日 (月)

「小満」を過ぎ、脳と身体の活動も早朝から

800pxthe_pleiades_m45【The Pleiades ・・・冬、頭上に輝いたスバル星団・・・太陽は現在この少し東にある】

 二十四節気の「小満」になり、かなり日の出が早くなりました。群馬県の日の出は本日4時32分、日の入り18時49です。また、日の出の方角は東北東より少し北で、日没の方角は西北西より少し北です。
 
 「小満」はその字の如く、小さな満足という意味であり、これは植物が青々と成長し、例えば、梅が実をつけたり、麦に穂が出て今年も収穫できそうだという嬉しい気持ちに少し満足する季節です。このまま自然災害に遭わず穀類や野菜、果物などが豊作になることを願う時季と言えます。
 
 二十四節気とは、地球から見た太陽の位置が赤経1hから24hに丁度当て嵌まります。春分点は0hで東へ15°向かって1hが清明、2h=30°は穀雨、3h=45°は立夏、そして4h=60°が今回の小満です。
 
 hを単位として表すのはhourの略で天体は見かけ上、1日で一周24hすることに因ります。ですから「小満」は太陽が春分点から東へ60°=4hも移動しました。草木は燃え、多くの虫たちも朝から晩まで活動してます。日照時間の増加に伴い気温が上昇したからです。この根本的な理由は地軸が23°.21′傾いたまま、私たちの地球が反時計回りに9億Km以上の距離【1天文単位である約1億5千万㎞×2×π】を公転してることに起因します。
 
P1020865
 
 今朝、5時に家を出て、ご覧の鏑川土手を4K歩きました。太陽が高く上がっていても人は殆どいません。1Kも歩くと私の祖先が建立した「宮の森」に着きます。
 
P1020095
 
   土手の上から一礼して西へ西へと快調に歩きます。冬の早朝は血圧が高めになる傾向から早朝ウォーキングを控えてましたが、「小満」になれば気温が高くなり、早朝のため長袖を着てますが、額から汗が滴り落ちるのが分かります。この汗をかくことが健康に良いと自らに言い聞かせます。
 
 走ると苦しいので物事が考えられなくても、ウォーキングの良さの一つは物事がいろいろ考えられることです。心拍数105を保ち、早朝の方が身体にエネルギーがあるのでしょうか、いつもより5分ほど速く歩けました。5分と言えば距離にして約500メートルの差なので最近ではかなり速いです。朝の方が体内にエネルギーが蓄積されてるようです。
 
 帰宅後、シャワーを浴びてからフェイスブックを発信、庭木のすべてに水遣り、レース鳩の餌やり後、朝食の準備です。一人暮らしは栄養バランスを考慮し、今朝の主食は麦ごはんにカレー、みそ汁の具は菜の花、豆腐、わかめ、ネギです。これに牛乳コップ1杯です。
 
 実は明後日24日に胃カメラを予約してあります。前回も書きましたが、自分の身体の内部を知らないのは自分であるので検査します。お腹は空くし、食事は美味しいし、変な兆候は感じられないですが、果たして結果はどうでしょう。
 
 ウォーキング後の血流は良く、こんなとき脳への定着率も良いと考えられ、今朝もボキャブラリーに挑戦です。
 

| | コメント (2)

2017年3月 6日 (月)

啓蟄に、茂林寺に広がる湿原地帯をウォーキング

Photo【みずがめ座】・・・ウィキペディアより転記

 今年の啓蟄は3月5日です。啓蟄とは地球から見た太陽の位置が赤経23hにある日のことで、ここには「みずがめ座」があります。日本など北半球から「みずがめ座」を見るとその形は逆さまでも、オーストラリアなど南半球から眺めれば、口が上になり「水瓶」そのものです。
 
 「みずがめ座」の底の部分は赤緯±0°なので天の赤道に水瓶が置いてある感じです。有名な冬の星座「オリオン座」のベルトの部分に当たる「三っ星」の最も右の星「ミンタカ」も同様に天の赤道にあるので、北半球の星座か、南半球の星座かなど、他の星座を観察するのにこれを覚えておくと便利です。
 
 一方、「みずがめ座」には一等星のような明るい星はなく、夏山の深夜など周囲に光がなく、空気が澄んでれば、その大きな「水がめ」が逆さになってることが分かります。
 
 太陽が「水がめ座」を通り過ぎると、いよいよ「魚座」にある春分点【赤緯±0°、赤経0°】に到達します。前述の23hという現在太陽がある天の赤経は春分点から西へ15°の位置で23hと表記されます。
P1020453_2 【茂林寺裏の湿原地帯一周はおよそ2Kmで木道が続く】
 
 ところで、群馬県民は小学校低学年から高齢者まで「茂林寺」(もりんじ)の名前を知ってます。県民の殆どが小学生時代に「上毛かるた」を習ったからです。これは群馬県のかるたで、そのなかの「ふ」が「ぶんぶく茶釜の茂林寺」と詠まれてます。
 
P1020424 【北関東道を進む黄色い愛車】
 
 啓蟄の5日、私は暫くぶりに愛車Audi TT Quattroで高崎ICから北関東道に入り、245-40-18ミシュラン・パイロット・スーパースポーツタイヤは路面をしっかり捉え、轟音と共に東へと向かい、恰も「水を得た魚」のように快調です。
 
 あっという間に太田市を過ぎ、足利からトンネルを数回通り抜け、栃木県の岩舟JCT経由で東北自動車道を南下し、館林ICで下りました。
 
 英語版ナビは「茂林寺」まで的確に案内し、いつかは行きたいと願ってた「茂林寺」に到着。有名な寺の境内を一巡してから、寺の後ろに広がる広大な湿原地帯をめざし、早速ウォーキング開始です。
 
P1020442
 
 小動物の宝庫である湿地帯には鴨が泳ぎ、私はどんどんウォーキングです。小道は整備され、歩きやすく、いつものペースで歩いても景色はいつもと異なる別世界です。茂林寺の裏は幾分か低く、古来より湿原地帯といわれます。
 
P1020448 【案内板を読む】
 
 ここは館林市民の自然公園であり、自由に散策できることからウォーキングしてる人があちこちに見えます。湿原地帯でのウォーキングは空気がきれいで抜群の自然環境です。早春の小鳥の声に耳を傾け、五感が研ぎ澄まされます。
 
P1020439 【思わず歩きたくなる小道】
 
 湿原地帯はまるで尾瀬を彷彿させる雰囲気があり、長く続く木道は整備され歩きやすく、夏は蛍の生息地として大切に環境が保存されてます。
 
 ところで「茂林寺」は一般の寺より、二回り大きな本堂です。現在では珍しくなった茅葺き屋根は圧倒的な景観をなし、室町時代の応永33年(1426年)に開山と伝えられます。ぶんぶく茶釜で有名な境内にはいろんな表情をした狸が並び、訪問者をユーモラスに迎えてくれます。
P1020435 【本堂】
P1020428 【狸のお出迎え】
P1020429 【参道に並ぶたくさんの狸】
 
 ご覧の通り、山門も立派な茅葺き屋根です。近くの千代田町には萱野という地名があり、この地帯は昔から茅が採れたのでしょう。
 
 私は群馬に生まれ育ちましたが、県内には未だ訪れてない名所旧跡が数々あり、今後、順次あちこち巡り、今回のように近隣のウォーキングを兼ねた一石二鳥の旅にしたい。
 

| | コメント (2)

2017年1月 5日 (木)

冬は皮膚から、運動から、飲食から身体を温める

P1000416【私のお気に入りウォーキングコース・・・烏川と鏑川の合流地点】

 今日は二十四節気の「小寒」です。地球から見る太陽は一年かけて東へ東へと黄道十二星座の中を縫うように移動するように見え、「小寒」の太陽は「射手座」を通過したところです。
 
 黄道十二星座と二十四節気の関係は倍数なので、黄道十二星座の中に、二十四節気がおよそ二つずつ入ることになります。しかし、実際、日中に星座は見えず、半年後の午前0時に南中するので確認できます。「射手座」は小暑である7月7日午前0時に南中します。
Photo 【射手座・・・ウィキペディアより転記】
 
 一方、日本ではこれから約一ヶ月は寒冷の日々で、健康を維持しつつ冬を乗り越えなければなりません。英国詩人Shelleyの一節 O, Wind, if Winter comes, can Spring be far behind?=冬来たりなば春遠からじ。もうすでに庭の梅は蕾が膨らんでます。
P1020209【梅の蕾、本日撮影・・・紅白に咲き分る思いのまま】
 
 ところで、寒さはスムースな血流の敵です。寒さを防ぐには身体の末端の皮膚を乾布摩擦により温めると幾分か効果があります。特に衣服で保護されない首周辺、手首から肘まで、足首から脹脛まで、耳たぶ、そして顔全体です。
 
 これらの部分をタオルで1ヶ所につき20往復ほど乾布摩擦です。耳たぶはマッサージです。乾布摩擦はタオルがよいです。多少ごつごつして抵抗があるからです。縮んでいた毛細血管=capillaryが摩擦で生じる熱により開くことで血流がスムースになり、自律神経の働きが高まり、延いては体調が良好になると考えられます。
 
 また、運動で身体を温める場合は【気温が上がってから】です。特にジョギングやウォーキングは早朝を避けなければなりません。
 
 一方、冬季は冷たい飲み物や冷たい食事を控え、温かいものが適してます。私はお酒を飲むので冬季は日本酒のお燗です。焼酎のお湯割りやウィスキーのお湯割りも、意外と美味しく身体が温まることを体験上知ってます。「冷酒(ひやざけ)と親の忠告は後から効く」といわれ、健康を考えると冬はお燗です。一方、朝食は必ず温かいものです。
P1020204 【今でも使ってる昔ながらの炬燵】
 
 生活環境ではご覧の通り、日本古来の知恵「炬燵」が下半身が温まり、室温も温まります。日中、部屋に陽が差し込めば夜間も幾分か適温が保てます。湿度は湯気で50%度前後を維持できます。
 
 また、冬季に陥りやすいこと、それは換気不足です。時折、室内の空気を入れ替える必要があります。近年は子犬をなど小動物を室内で飼育することもあり、換気は不可欠です。反対側の窓を開ければ30秒で空気は入れ替わります。私たちの身体にとって「新鮮な酸素こそ最大の栄養」であることを忘れてはなりません。
 
 近年は空気清浄機という優れ物があります。しかし、埃を除去する点では優れても新鮮な酸素を生み出すことはありません。酸素は植物による光合成で生じるものです。空気清浄機に頼り過ぎ、換気を忘れてはなりません。
 
 これから本格的な冬です。脳は例外でクールダウンですが、「身体の各部位を温め」機能の活性化を図りたいものです。
 
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-diabetes | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | さそり座 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インドの自然 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | フェアプレー | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 便利な生活と盲点 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 助け合い | 動物愛護 | 医師の一言 | 古代史 | 君子蘭 | 君子蘭の育て方 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 多年草 | 大相撲 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 姿勢 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 心肺機能の強化 | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 新みかぼフィル | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝の時間帯 | 星座 | | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 水分補給 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の歴史 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 肩甲骨の健康 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然の脅威と恩恵 | 自然散策 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 衛生について | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 車検 | 近所の交流 | 道具 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | 1月1日の天文学上の意味 | MRIによる検査