カテゴリー「二十四節気」の60件の記事

2022年1月20日 (木)

大寒に 明けの明星 光り輝く

Img_2779

【拡大してご覧ください。】・・・金星(公転周期は224.7日)は早朝に、これから9月上旬まで東の空に見えます

 今日は二十四節気の一つ大寒です。暦の上では年間で最も寒い日々がこれから立春まで約2週間続きます。しかし、日の出時刻は6時53分、日の入り時刻は16時57分(群馬県)になり、昼の時間は10時間04分となっおり、春は着実に近づいてます。

 因みに冬至の昼の時間は9時間41分でした。また、今日の太陽光の角度は地面に対し33°(正午)であり、冬至では30°でした。このため太陽光は少しずつであるが、次第に高くなりつつあります。

 ところで、太陽から約1億5千万キロメートル(AU1=1天文単位)離れて、やや楕円の軌道を反時計回りに公転してる私たちの地球は「大寒」の今日、私たち地球人は、一体、公転軌道上のどこを進んでいるでしょうか。

 これについては「どこと言っても」私たちは常に宇宙に浮遊してるので、すぐ分かる目印はなかなかありません。

 強いて言えば、それは恒星が形作ってる星座の方向で判断するしかありません。中でも、黄道十二星座のうち、「現在の地球はどの星座の方向であるか」と言うことです。

 実は、私は今までブログで、二十四節気を天文的に理解するのに、赤経の1h~24hを使い、「太陽の方向」で述べてましたが、これでは実際には、眩しくて太陽の背景にある星座を確認することはできません。また、この表現では、恰も太陽が移動してるかのような錯覚に陥りやすいので、今後は、二十四節気の地球の公転軌道上の位置を確認できるように、午前0時に真南にある黄道十二星座で示すことにします。

 これならば私たちは実際に星座を自分の目で見て、現在の地球の公転上の位置を確認できます。

 この方法で本日の「大寒」を説明すると、今日の深夜0時に真南にある星座は、つまり、地球が公転してる外側にある星座は「ふたご座」と「カニ座」であり、正式にはこの二つの星座の間になります。これなら現在の地球の公転上の位置を、私たちは見て判断できます。

 特に有名で見つけやすい「ふたご座」は巨大な「冬のダイアモンド」に属し、その東側に輝いてます。約2週間後の「立春」では午前0時に「カニ座」が真南になります。

 「冬来たりなば、春遠からじ」です。皆様、寒さとオミクロンを乗り越えましょう。

Img_2781

【拡大してご覧ください。】 

| | コメント (0)

2022年1月 5日 (水)

「ふたご座」が 午前0時に 真南に

Img_2735

【画像を拡大してください】

 今日は二十四節気の一つ「小寒」です。太陽から約1億5千万㎞の距離を保ち、やや楕円軌道を描きつつ、毎秒約29㎞の速度で公転してる私たちの地球は「小寒」の今日、公転軌道上の一体どこを進んでいるでしょう。

 実は、どこと言っても大宇宙を漂う中では目印となるのは「星座」のみです。この宇宙には88の星座があるといわれ、このうち地球が公転を続けることによって太陽の背景に季節と共に移り変わる星座は「黄道12星座」です。

 それらは春分点の近くにある「魚座」、そして「牡羊座」「おうし座」「ふたご座」「かに座」「しし座」、及び秋分点がある「乙女座」、そして「天秤座」「さそり座」「いて座」「やぎ座」「みずがめ座」です。

 逆に、地球は12ヶ月の公転中、この「黄道12星座」の前を通過することになり、と言っても光年単位の遠方です。「小寒」の今宵、午前0時に「ふたご座」が真南の空にあります。真南と言っても、かなり頭上に近いです。これにより、地球の公転上の現在位置が分かります。これは毎年同じです。

 一方、太陽の背景の星座は「いて座」です。つまり、「ふたご座」と「いて座」は反対の位置で向かい合ってます。「いて座」は現在、太陽の背景なので眩しくて見えません。半年後の小暑の午前0時に真南にあり、「いて座」は南斗六星を含みます。

 ところで、現在よく見える「ふたご座」は巨大な「冬のダイアモンド」の東の一角を成しており、恰も双子が並んでいるかの如くです。

1024pxgemini_constellation_mapsvg

【ふたご座】

 空を見上げると一等星は全部で21個です。その一つが、この「ふたご座」の兄のポルックスです。弟のカストロはポルックスに次ぐ光度です。前述の如く、「ふたご座」は今宵午前0時に真南にあります。もちろんこの時間の前後3時間ほどなら「ふたご座」を観察できます。

 話は変わりますが、私が初めて購入した車はいすゞ「ジェミニ」でした。これこそ「ふたご座」の名を取った車です。

 今の季節は星座がよく見えます。アルデバラン(NHK朝ドラ・Come come evrybodyのテーマ音楽の題名)は「冬のダイアモンド」の西の一角にある一等星です。つまり、「ふたご座」のポルックスが東で、「おうし座」のアルデバランが西に輝いてます。寒さ対策して観察しましょう。

 

| | コメント (2)

2021年12月 7日 (火)

冷えてくる 今日は「大雪」 次「冬至」

Photo_20211207053301
【初夏に見える・さそり座】・・・つまり【初冬に見えないさそり座】
 
 今日は二十四節気の一つ「大雪」です。秒速約29㎞で反時計回りに公転してる私たちの地球は「小雪」から、公転軌道上を15°周遊し、「さそり座と太陽」を線で結んだ延長線上に差し掛かっています。ですから、「さそり座」は現在、日中に輝いてるので見えません。「さそり座」がよく見えるのは概して初夏の夜空です。
 
 「さそり座」の首に位置する一等星は橙色して有名な「アンタレス」です。この一等星は黄道上の近くにあるため同じ橙色した惑星である「火星」が時々この星に近づき、人類に間違われやすく、このため「アンタレスという名は火星に対抗する」と言う意味です。実は現在「アンタレス」と「火星」は接近してますが、残念ながら夜間でないためその事実を確認できません。互いに橙色した両者が夜間に近づくときはまた、お知らせします。
 
Dear my friends all over the world
 Today is "Taisetsu" which means heavy Snow" season that is one of the 24 solar calendars in Japan. Our Earth, which revolves counterclockwise at a speed of about 29 km / s, has moved 15 ° from previous "Shosetsu" that means small snow. And now, our earth is on the extension connecting the constellation named "Scorpio and the Sun" with a line. Therefore, "Scorpio" is currently shining in the daytime so that we cannot see it. "Scorpio" is generally visible in the early summer night sky.
 
 The first-class magnitude star located at the neck of "Scorpio" is "Antares" which is famous for orange color. Since the "Antares" is exists near the ecliptic, the same orange planet "Mars" sometimes approaches "Antares". Therefore they are easily mistaken for humankind. The name of Antares opposes Mars in Greek." Actually, "Antares" and Mars are close to each other now, but unfortunately it is not at night so we cannot confirm that fact. If possible, I will inform you when both oranges are approaching in night time.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2021年11月 7日 (日)

立冬の 太陽の背景 てんびん座

 
 一年が始まる1月1日午前0時とは、星の中で最も明るい「おおいぬ座」のシリウスが、真南に来た瞬間です。今度はぜひ確認してくださいね。これは世界共通です。同様に、今日が「立冬」であることは、カレンダーに書いてあるからではなく、天体の位置で決まります。
 
 それは地球が反時計回りに公転してることで、太陽の背景が東から西へ次々変わり、背景にある星座名で決まります。地上では経度があるように天には赤経があり、春分の日の太陽の位置を赤経0度としてます。ここは秋に見られる「魚座」のすぐ下です。そこから測って、地球から見て太陽が225度移動した瞬間が立冬です。
 
 ここにある星座は図が示す「てんびん座」です。ですから今日の太陽は「てんびん座」の方向にあります。前にも述べましたが、紀元前には「天秤座」は赤道上空にあって、北半球と南半球を天秤で計って等しくなる位置にあったことからこの名が付きました。しかし、長い期間に星座の位置が南北にずれることは地球の歳差運動に因ります。この周期は約26000年と計算されてます。
 
 二十四節気とは地球が15度公転するたびに変わります。ですから立冬は春分から15番目の節気であり、地球から見た太陽の位置は春分点から15度×15=225度移動しました。これが立冬です。
 
Dear my friends abroad
 The beginning of the year, January 1, is the moment when Sirius which is the brightest of the stars in Canis Major, comes to the due south. Please check it out next time. Similarly, today's "Rittoh" in our tongue is determined by the position of the celestial body, not because it is written on the calendar.
 
 It is because the earth revolves counterclockwise, and the background of the sun changes from east to west one after another, and it is determined by the name of the constellation in the background. Just as there is longitude on the ground, there is a right ascension in the heavens, and the position of the sun on the vernal equinox is 0 degree in the right ascension. This is just below the "Pisces" seen now in autumn. The moment when the sun moves 225 degrees from there, is the beginning of winter.
 
 The constellation here is "Libra" as shown in the figure. So today's sun is in the direction of "Libra". As I mentioned previously, in BC, "Libra" was named because it was above the equator so that "Libra" divides the northern and southern hemispheres. However, the shift of constellations from north to south over a long period of time is due to the precession of the Earth. This cycle is calculated to be about 26000 years.
 
 Twenty-four solar calendars change by means of the earth which revolves every 15 degrees. Therefore, "Rittoh" is the 15th solar calendar from the vernal equinox, and the position of the sun seen from the earth has moved 15 degrees x 15 = 225 degrees from the vernal equinox. This is "Rittoh".
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (4)

2021年10月23日 (土)

霜降を 公転してる 地球で捉える

Photo_20211023093301
 
 今日は二十四節気のひとつ「霜降」です。その名が示す通り、今朝、地区のラジオ体操会へ行くとき手が凍え、今年になって初めて手袋をしました。
 
 天文学的に考えると「霜降」とは、公転してる地球から見た太陽が黄道十二星座の「てんびん座」のすぐ近くになる日です。もちろん眩しくて直接は確認できません。しかし、半年前の4月23日の午前0時に「てんびん座」が真南より少し東にあったことでこれを証明できます。
 
 ところで、「てんびん座」は紀元前のバビロニア時代に赤道上空にあり、北半球と南半球を天秤で測って、丁度、釣り合ってたように位置してたことに由来します。現在の21世紀ではそれから2100年以上経過し、「てんびん座」は赤道上空から南にずれてます。この原因は地軸がコマのように円を描くように振れる現象によるもので歳差運動と言われます。
 
 歳差運動の周期は2万5千年ほどで元に戻ると言われてます。この時間は250世紀です。現在はバビロニア時代から21世紀経過しており、およそ12分の1「てんびん座」の位置が命名当時よりずれてます。このため、現在の秋分の日に太陽は「てんびん座」になく、「乙女座」にあります。
 
Dear my friends abroad
 Today is one of the 24 solar calendars named "Sohkoh" in our tongue. "Sohkoh" means the season when frost comes. As the name indicates, I felt cold when I went to the district radio gymnastics this morning, so that I wore gloves for the first time this year.
 
 From the astronomical viewpoint, "Sohkoh"is the day when the sun seen from our revolving earth is in the near vicinity of the "Libra" that is "the Balance" of the Zodiac constellation. Of course, it is dazzling so it cannot be confirmed directly by us. However, this can be proved by the fact that "Libra" is a little east of the due south at midnight on April 23 that was half a year ago.
 
 By the way, "Libra" was located above the equator during the Babylonian era in BC. Therefore it is derived from the fact that it was located just as if it was balanced by measuring the northern and southern hemispheres. More than 2100 years have passed since the current 21st century, and "Libra" has shifted a little south from the equator. This is due to the phenomenon that the earth's axis swings in a circular motion like a top, which is called precession.
 
 The cycle of precession is said to return to the origin in about 25,000 years. This time is the 250th century. The 21st century has passed since the Babylonian era, and the position of "Libra" which has shifted from about one-twelfth. For this reason, the sun is not in "Libra" but in "Virgo" on the current Autumnal Equinox Day.
 
上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
 

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

太陽は 乙女座の 秋分点に

120841252_3225063094283401_6086644836546

【乙女座と、地球から見た今日の太陽は最も右に】

 私たちはカレンダーにより、今日は秋分の日であると知りますが、そのカレンダーは何からできてるかといえば、天体の動きを基にしてます。

 北極星側から見て、地球は反時計回りに秒速約29㎞の速度で公転してることにより、太陽の背景にある黄道12星座は西から東へ日々、移動してるように見えます。太陽が到着する星座により、二十四節気が決まります。

 上の図で右の太陽が秋分点の位置【赤経12h丁度】であり、天の赤道上にあります。地球が反時計回りに公転してることから、約2週間後の「寒露」の太陽は中央【赤経13h】に、そのまた約2週間後の「霜降」の太陽の位置はその左【赤経14h】へと移動してるように見えます。

 今日・秋分の日の太陽は真東から上り、赤道上を通過し、真西に沈みます。これは世界のどの地点から見ても同様です。

 秋分の日の昼と夜の時間はほぼ同じですが、厳密には、昼の方が少し長いです。これは日の出の定義が太陽の頭が出た瞬間であり、日没の定義も太陽がすべて沈んだ瞬間であるからです。もし、太陽の中心部で日の出と日没とすると昼と夜の時間が同じです。また、光は屈折することから、実際は日の出少々前から、また、日没後も少々太陽光が見えます。このため、実際には9月26日頃が昼と夜の時間が同じになります。

 一方、秋分の日【春分の日も同様】に、 北極点や南極点では一日中、太陽は水平線または地平線に顔半分を出してる状態でも、太陽の進行方向は逆です。北極点での太陽は東~南~西~北の順で水平線をぐるっと移動します。しかし、南極点で太陽は東~北~西~南の順に地平線に半分顔を出したままでぐるっと回り、北半球では考えられない動きです。太陽が昇りもせず、沈みもせずの日です。

 ところで、今日の太陽がある秋分点の反対側は「魚座」のすぐ下にある春分点【0h】です。天の位置を示す赤緯は地球の緯度に相当しますが、北半球上空には+をつけ、南半球上空には-をつけます。一方の赤経は春分点が基準となり、地上のように東経や西経はなく、その代わり、春分点から東へ一周24hに分かれます。hの下の単位はm、sです。

 なお、秋分の日の太陽の背景にある「乙女座」の最も明るい星「スピカ」は唯一黄道上にある一等星として有名です。しかし、今の季節には見えません。春分の日の深夜0時に真南より、ほんの少し東寄りに輝きます。

 

| | コメント (6)

2021年9月 7日 (火)

白露では 太陽の位置 未だ南半球

Leo_constellation_mapsvg
 
 今日は二十四節気の一つ「白露」です。秒速約29㎞の速度で、反時計回りに公転してる私たちの地球から見ると、太陽の位置は「しし座」の東にあります。このため、日の出直前に高山など星の良く見える位置で東の空を見ると「しし座」の頭から胸の一等星「レグラス」が見えるでしょう。
 
 「レグラス」は21個ある一等星の中で唯一黄道上にあります。今日の太陽黄径は春分点から計って165°です。赤経では11hの位置にあります。赤緯では僅かに南半球にあります。
 
 Today is one of the 24 solar calendars, "hakuro". The position of the sun is east of "Leo" when we view from our earth, which revolves counterclockwise at a speed of about 29 km / s. For this reason, if you look at the eastern sky in a position where you can see the stars well, such as high mountains, just before sunrise, you will see the first-class star "Regulus" in the chest and the head of "Leo".
 
 "Regulus" is the only one on the ecliptic among the 21 first-class stars. Today's sun ecliptic is 165 ° measured from the vernal equinox point. It is located at 11h in Right ascension. Declination is slightly in the Southern Hemisphere.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

処暑過ぎて 季節は秋へ まっしぐら

New_20210824034901
 
 昨日は二十四節気の「処暑」でした。秒速約29秒で公転してる地球から太陽を見ると、現在、その遥か後方に「しし座」が来ています。日中は眩しくて見えませんが、半年前の「雨水」の日の午前0時に「しし座」が真南に来てることで分かります。又は、日没直後に「しし座」が西の空に沈みかけるので分かります。
 
 尚、冬によく見える「しし座」は地球の自転により、東の空に昇るとき上を向き、深夜は西を向き、明け方は下を向くので珍しい星座です。「しし座」の胸に位置する一等星「レグラス」は唯一、一等星の中で太陽の通る道である黄道上にあることで有名です。
 
 地球が反時計回りに公転してることにより、太陽は「黄道十二星座」の前を西から東へ次から次へ移動して行きます。これから次第に星がよく見える季節なので「黄道十二星座」を確認したいものです。
 
 次は私の想像です。一年が12ヶ月あるのは黄道上に12の星座があるからではないかと想います。
 
 Yesterday was the "Syosyo"that means after hot summer" in 24 solar calendar. Looking at the sun from our earth which revolves at a speed of about 29 seconds per second, "Leo" is now far behind the sun. This constellation is not visible due to the sunlight during the day, but it can be seen from the fact that "Leo" comes to due south at midnight on the day of "Usui" that means rainwater six months ago. Or you can see it because "Leo" sinks into the west horizon immediately after sunset.
 
 Leo which is seen in winter, is a rare constellation because it faces upward when it rises in the eastern sky, faces west at midnight, and faces downward at dawn due to the rotation of the earth. The first-class star "Legurus" located in the chest of "Leo" is famous for being on the ecliptic which is the path of the sun among the first-class stars.
 
 As the Earth revolves counterclockwise, the Sun moves from west to east in front of the twelve "Zodiac constellations". Now is the season when we can see the stars better, so let's check the twelve "Zodiac constellations".
 
 Next is my imagination. I guess that one year has 12 months because there are 12 constellations in the ecliptic.
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年7月22日 (木)

太陽の 西にふたご座 大暑の日 

Photo_20210722090001

【冬のダイアモンドの一角にある・・・ふたご座】と公転してる地球から見る今日の太陽の位置

 毎日暑い日が続いています。今日午前9時の私の室内温度は28°C、湿度は40%、気圧は1018ヘクトパスカルです。

 気温と湿度はエアコンで調節できても、気圧は調節できません。暑いことだけでなく、高気圧が原因して私たちの体調はおかしくなるとも考えられます。生前の母は晴れた日で、一見、天気の良い日に「今日は何となく身体がおおごと」と言ってたことがあります。気圧は天気を変えるのみでなく、私たちの体調の変化に関係するかもしれません。

 タイトルの通り、今日は二十四節気の一つ「大暑」です。文字通り暑い日という意味ですが、大気に包まれてる地球は「温まり難く、冷め難い」性質があるため、夏至より1ヶ月経過してからが暑いようです。同様に冬至から1ヶ月後位が厳しい寒さになるようです。

 調べてみると、今日の太陽高度(角度)は正午で73.9度【群馬県】です。因みに夏至の日は77度でしたから、太陽の角度はすでに3度ほど低くなってます。

 ところで、私たちを乗せた地球は、公転面に対して23°26′ほど傾いたまま、太陽から平均1億5千万Km離れた宇宙空間を、秒速約29㎞の速度で公転し、公転距離はおよそ9億4千万Kmです。これにより、太陽の角度は日々変化しています。現在は、次第に角度が低くなりつつあり、冬至には30°ほどになります。夏至に比較すると47°も低くなります。

 また、地球は北極星側から見て反時計回りに公転しているので、星座は1日に約1°ずつ東から西へと移動しています。これは夜間に同じ恒星の位置を調べると分かります。3ヶ月で90°ほどです。当然、日中も恒星は約1°ずつ東から西へ移動しています。

 大暑の今日の太陽の背景は「ふたご座」のすぐ東です。見えませんが、つまり、太陽と「ふたご座」が並んでます。二十四節気では太陽は、公転してる地球から見て天を赤経で15°ずつ東へ移動します。ですから24×15=【一年】で365°です。今日の太陽が「ふたご座」のすぐ東にあることは、半年後の大寒の深夜0時に「ふたご座」が真南より少し西にあるということです。

 私たちの地球はいつまでも地軸が23.26°で回り続けることはなく、その傾きは徐々に変化してると言われてます。こうなると、北極星は現在ほぼ真北にありますが、遠い未来はとんでもない所で光っているかもしれませんね。

 

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

「穀雨」の日 地球の公転 実感したい

Photo_20210420083401

【星空はウィキペディアより出典】

 最近の早朝に南東の方角に出てる明るい星は木星です。地球のすぐ外側の惑星は火星であり、木星はその外側ですが、火星の数倍の明るさです。木星がいかに大きいかが分かります。当分の間、毎朝、木星のすぐ西に橙色した火星も見えます。

 今日は二十四節気の一つ「穀雨」です。太陽から平均約1億5千万㎞の距離を保ち、やや楕円形に公転してる地球の一年間の公転距離は約1.5億Km×2π=「約9億4千万㎞」です。ですから私たち地球人は宇宙に浮いてながら1年間でこれだけの長い距離を絶え間なく宇宙旅行しています。

 ところで、二十四節気は地球が15°反時計回りに公転すると次の節気になります。この次は5月5日子供の日で立夏です。

 二十四節気について、節気と次の節気では地球から見る太陽の背景も同じく15°東へ移動します。一ヶ月前は春分の日でしたから、それ以来30°東へ移動しました。上の図で最も右の太陽が春分、中央が清明、最も左が今日の穀雨の太陽の背景で、星座名は「魚座」です。

 「魚座」は黄道十二星座の一つで、ご覧の通り、インドの形に似ており、夏から秋にかけ、夜間にほぼ頭上に大きく見えます。しかし、現在は日中ですから、眩しくて確認できなくても、太陽の背景は今後は次第に「魚座」から東へ離れて行きます。

 空気が澄んでる広大な砂漠や海では、日の出直前に東の空に「魚座」が見える筈です。後一ヶ月もすれば更に、日本でも早朝、東の空に「魚座」見えるでしょう。

 しかし、どこででも確認できるのは6ヶ月後の「霜降」の午前0時に「魚座」が真南に見えることで上記についての事実が分かります。

Img_1934

【穀雨に咲いてるピンクの牡丹】

 私たち地球人は、どの国に属していようと、民族が異なっていようと、主義主張が異なっていようと、宇宙空間に浮いており、秒速約29キロで公転してる地球上で生きてます。いわば掛けがえのない地球に住む運命共同体です。未来の人類のために大切なことは地球環境をより良くして、次代にこの素晴らしい地球を引き継ぐことです。

 今日が二十四節気の一つ「穀雨」であることを考えるとともに、今宵、星空や上弦の月を見て、現実に自分自身が宇宙空間に浮いてる感覚を持ちましょう。

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の標準時 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査