カテゴリー「赤紫の藤」の4件の記事

2021年5月 4日 (火)

如何にして 重たい鉢を 持ち上げた?

Img_1984
【写真を拡大してご覧下さい。】
 
 今日は「みどりの日」です。2月に梅の開花で始まった庭は、現在、つつじが咲いてますが、樹木の殆どは花を終え、新緑になりました。ご覧の樹木は直径60㎝ほどの大きな植木鉢に植えてある「赤紫の藤」です。
 
 昨日、推定100Kg以上あるこの植木鉢の下にブロックを3枚積み重ね、樹木を高い位置にしました。これで来春には、前の道から開花を見ると目の高さより少し高くなり、道を通る皆さんがよく鑑賞できると想います。
 
 ところで、この重たい植木鉢を私一人でどのようにして高く持ち上げたと思いますか。機械や道具は使いません。答えは下に書きます。
 
 Today is "Greenery Day". The garden, which started with the blooming of plum blossoms in February, is now in bloom with azaleas only, so that most of the trees have finished blooming and have turned fresh green. The tree you see in the photo is a "Pink Purple wisteria" planted in a large flowerpot with a diameter of about 60 cm.
 
 Yesterday, I piled up three blocks under this flowerpot which weighs an estimated 100 kg or more, and put the wisteria in a high position. With this, next spring, when passerby sees the flowering from the front way, it will be a little higher than the eye level, so I think that everyone who passes through the way can appreciate it well.
 
 By the way, how do you think I lifted this heavy flowerpot high by myself? I didn't use machines or tools. The answer will be written below in the near future.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 
答:写真の植木鉢の右側を思い切り持ち上げ、ブロックを一つ差し入れます。次は植木鉢の左を持ち上げブロックを一つ左に入れます。以後その繰り返しで高くなりました。しかし、今日になって少し腰痛気味です。仕方なく、榛名山麓の榛東温泉で癒し大分回復しました。
 
Answer: I lifted the right side of the flowerpot in the photo and insert a block. Next, I lifted the left side of the flowerpot and put one block to the left. After that, it became higher by repeating it. However, I have a slight backache today. So I healed at the Shinto-Spa at the foot of Mt. Haruna in the morning today, then it recovered.
 
 

| | コメント (2)

2021年4月17日 (土)

熊蜂が 藤の香りを 嗅ぎつける

Img_1927
【クリックし、拡大してご覧ください。ピントが合います。】
 
 一斉に咲き出した赤紫の藤です。この藤の特徴は丈が高くなく、丁度、人の目の高さで咲くことから前の道を通る人に見やすいです。また、香りを嗅ぎつけ、どこからともなく熊蜂が蜜を吸いに来て、その轟音がすさまじいです。
 
 私たちは普段、熊蜂を見ることはありませんが、どこからか遠方より飛来し驚きます。改めて熊蜂の嗅覚の凄さに感心します。
 
 しかし、美を見る感性、美を聴く感性で我々人間は動物に引けを取らないでしょう。お近くの方は春を感じにいらしてください。お茶をお入れいたします。
  
P1020898

 This plant is a red-purple wisteria that has bloomed all at once. The characteristic of this wisteria is that it is not tall and blooms at the height of human's eye, so it is easy for people who pass the way in front of the garden to see it. Also, the scent is sniffed, and the bumble bee comes from nowhere to suck the honey, and the roaring sound is tremendous beyond expectation.
 
 We don't usually see the bumble bee, but I am surprised to come from afar. I am impressed with the olfactory organ of bumble bee.
 
 However, as for the sensibility to see beauty and the sensibility to listen to music, we humans will be comparable to animals. If you are near, please come and feel the spring and chat together. I will make tea for you.
 

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

やればできる・・・100キロの植木鉢を10m移動

P1020810【今が盛りの赤紫の藤・・・移動後の写真】

 今まで庭の真ん中にあって、前の道を通る人たちには見難かった重さ推定100キロの藤の植木鉢を一人で移動することにしました。道を通る人の目の高さに合わせ植木鉢の下にブロックを入れ高さを調節します。
 
 初めに、少し動かそうと試みても重くて全くビクともしません。てこを使っても動きません。実は植木鉢の下から太い根が3本も出ているではありませんか。下の土から養分を摂っていたのです。その根の長さは何と3mほどです。いったい私はこの植木鉢をどのようにして10m先へ移動したのでしょう。
 
P1020815【レース鳩も藤を眺めてる】
 
 いよいよ作業に取り掛かりますが、どうにも動きません。先ず、下から出てる太い3本の根を傷つけないように掘り出しました。見た目には竹の根のようです。運良く、根は10㎝ほどの深さであまり深く入ってなく、比較的簡単に掘り出せました。いよいよ動かしますが、根を掘り起こしても重くてだめです。
 
 その後、植木鉢の下を掘り、角材を入れ「てこ」にして私の体重をかけたら少し持ち上がるではありませんか。小さな望みが生じました。「よし、騙し騙し少しずつやろう」と持ち上がった植木鉢の下に丸太を入れました。
 
P1020822【飛び石の道を通って移動】
 
 重いので腰を痛めないよう意識し、植木鉢の片方の端を思い切り持ち上げたら持ち上がりました。そして植木鉢を捻ったら少々回転します。「よし、しめた!」と自信が生まれ、そのまま、ご覧の飛び石まで出しました。植木鉢の端は大きな車の様に丸いので、後は左右に少しずつ回しながら移動です。藤には4mほどの枝があり、花がついてます。
 
 途中、他の植木に接触して藤の枝が折れないよう気を配りつつ必死に少しずつ移動です。動き始めたら結構動くものです。
 
 【難題とは取り掛かるまで心理的負担を感じても、取り掛り軌道に乗れば意外と進捗するもの】と思いました。このことは他の場面でもありうることで、工夫する心の持ちようが肝心と自らに言い聞かせます。
 
P1020804 【土台にブロックを入れる】
 
 誰もいない庭で一人黙々と工夫しつつ重労働するのも時には脳と体力を使うので、日頃ののほほんとした生活に刺戟を与え、良い事と作業後に思いましたが、よくこんな重いものを移動したものです。植木鉢の直径65㎝、高さ43㎝です。植木鉢の中の土が重いのです。
 
 P1020806【移動後、前の道から眺めた光景】
 
 植木鉢の中に花木用の土を補充し、水をたっぷり与えました。花が萎む気配がないので移動は成功したようです。
 
 オバマ前大統領の言葉Yes, we canが脳裏に蘇ります。それに引き換え、新大統領の言葉We make America great again.に何とはなしに行く末に不安を感じるのは私だけでしょうか。今宵「バク」で慰労会です。
 

| | コメント (0)

2014年4月17日 (木)

アルキメデスの叫びEurika!の心境・・・赤紫の藤

P1050061  埼玉県・花園グリーンセンターの片隅に鉢植えで咲いてた赤紫を発見したときの感動は今も忘れません。

 ところが、購入以来、5年間どうしても咲かず、藤の手入れに無知な私は試行錯誤し、いろいろ手を変え育てましたが、毎年、花芽がつきません。

 夏は水不足になって葉が萎れることもあり、水を与えると持ち直したり、初秋はそのまま早めに落葉してしまい、駄目かと諦めかけたこともありました。それでも、夏に葉が萎れる体験から【鉢植えの藤は水を多く必要する】ことを知り得ました。

 しかし、購入したときは咲いていたことから、いつかはきっと咲く筈と自らに言い聞かせました。何かポイントが掴めてないのだと悟り、例えば、木が成長したことから植木鉢が小さいのではないかと、木製の大きい鉢に植え替えたりもしました。

 同時に、蔓の剪定に問題があるのではないかとも思いを巡らし、今まで蔓をまとめて大切に縛っておいたのに、【ものは試しだ】と、1m以上も【伸びた蔓を20㎝ほど残し】すべて切り落としてみました。

P1050082  これが大正解だったのです。翌春、何と嬉しい驚きではありませんか。いつものように小さな芽は葉芽と思ってたら、それは次第に膨らみを増し、花芽(蕾)になったではありませんか。しかも、50個ほどついてるのです。

 このとき私はアルキメデスの叫び「Eurika・・・分かったぞ」の心境でした。

 【蔓を短く剪定することがポイント】だったのです。折角出たから、もったいないと蔓を切らずに毎年そのままにしておいたことが間違いでした。これこそ、失敗から学ぶ花の咲かせ方です。

P1050079    今ではこれ以上大きな鉢はないと思われる直径70センチほどの合成樹脂製の植木鉢に植えてあります。この中に鹿沼土を入れ水分対策を施しました。鹿沼土は水分が多過ぎれば、吸って蓄え、水分が少ないように見えても、蓄えておいた水分を根に供給する優れた調整作用があります。

 今の季節は「日本シャクナゲ」などと共に、その色彩は優しさ以外の何物でもありません。自然が織り成す色彩を味わうと、自らの日々の立ち振る舞いを客観的に見る機会になるものです。樹木から人間が生き方を教わることもしばしばです。

 今後も、【Eurika!】と叫べる新たな発見をソプラノサックスや英語学習で体験したいものです。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査