カテゴリー「月」の11件の記事

2022年2月15日 (火)

15日 今宵の月は 十五夜です

Img_2887
   
【上の写真は今日午後5時過ぎに撮りました。予想通り、左下の方が少しぼやけてます。その位置は時間とともに変わります。日本時間の深夜に見事な満月になります。】
 The above picture was taken after 5 pm today. As expected, the lower left is blurred a little. Its position changes over time. It will be a wonderful full moon at midnight, Japan time.
 
 今年2022年の2月は珍しく、太陽暦と太陰太陽暦(旧暦)の日が一致してます。つまり、今日2月15日は旧暦で1月15日です。このため、今宵は十五夜です。
 
 しかし、日本でよく観察すると東の空に出る月は本当に満月でなく、ほんの少し左側(北側)が欠けてます。これが夜遅くなり、月の方角が南から西南になると、つまり、グリニッチが夕方になる頃、満月になります。
 
 それにしても、地球に住む人類に対し、月は決してその裏側を見せません。この理由について、私は「月の内部の質量が均一でなく、つまり、質量の重い岩石が地球側に偏っている」のではないかと推測してます。皆さんはどう考えますか。
  
Dear my friends on the irreplaceable planet
 February of 2022 is rare this year, because the days of the solar calendar and the lunisolar calendar (old calendar) coincide. In other words, today February 15th is January 15th in the lunar calendar. For this reason, The shape of the moon tonight is 15th night.
  
 However, if you look closely in Japan, the moon that appears in the eastern sky is not really a full moon, so that the left side (north side) of the moon is missing a little. When late at night, the moon moves from south to southwest direction, in other words, when Greenwich becomes in the evening, it will be a full moon if we see it in Japan.
  
 Even so, the moon never shows the reverse side to the human living on the earth. For this reason, I speculate that the mass inside the moon is not uniform, and rocks with heavy mass are biased toward the earth side. What do you think, everyone?
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (2)

2022年2月 3日 (木)

「福は内」 三日月木星 ランデヴー

Mikaduki_20220203072801
 
 先日、書きました通り、今月は珍しく現行暦(太陽暦)と旧暦(太陰太陽暦)の日にちが同じなので「日にちと月の形が一致」します。例えば、3日は三日月になり、15日は十五夜(満月)になります。
  
 このため、今宵3日の夕刻には南西の空に三日月が出ます。ところが、おまけがつきです。(洒落ではありません。)嬉しいことに、三日月が木星とランデヴーします。
 
 一方、この三日月(上弦の月)は「日本で見ると右下が光り」、逆に「南半球では左下が光り」、「赤道付近では下側が光ります。」 同じ月でも見る位置の緯度によって形が異なるので、これも地球が球体である証拠です。
  
Mikaduki
  
 ところが、明け方に東の空に見える月は、前述の反対になり、日本で見ると左下が輝きます。これは今月26日~28日にかけて見えます。

 今宵、南西の空に見える「三日月と木星のランデヴー」を見ながら「鬼は外、福を内」と叫ぶのも乙なものです。果たして「福は内」が叶うでしょうか。
    
Dear my friends including living in Southern hemisphere
 As I wrote the other day, this month is unusual because the dates of the current solar calendar and the old calendar (lunisolar calendar) are the same, therefore "The date and the phase of the moon coincides each other". For example, the phase 3rd is the crescent moon and the 15th is the full moon.
 
 For this reason, the crescent moon will appear in the southwestern sky on the evening of the 3rd tonight. However, there is a bonus. (Not cracking a joke in our tongue.) Fortunately, the moon rendezvous with Jupiter. How happy we earthlings are!
 
 On the other hand, this crescent moon (waxing moon) is "the lower right shines when viewed in Japan", conversely "the lower left shines in the Southern Hemisphere" such as NZ, and "the lower side shines near the equator" such as India. This is one of the evidences that the earth is a sphere.
  
 However, the moon that can be seen in the eastern sky at dawn is the opposite of the above, so the lower left shines when viewed in Japan. This will be visible from the 26th to the 28th of this month.
     
 Tonight, while watching the "Rendezvous of the Crescent Moon and Jupiter" in the southwestern sky, it is also a good idea to shout "Oni wa soto, Fuku wa uchi" that means "Devils out, Fortune in". This is our Japanese traditional annual event, By the way, will "fortune come true for me" this year?
   
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
    

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

分かり難い 月の満ち欠け 上弦・下弦

Photo_20211129090201
 
 今朝、ラジオ体操会場で見た下弦の月です。ところで、上弦の月とは新月から満月に向かって日に日に明るい部分が大きくなる月で、逆に下弦の月とは、満月以降、次第に明るい部分が小さくなる月です。結果的に、早朝に東側が光っている場合が下弦の月で、夕方、西側が光っていれば上弦の月です。
 
 または、上弦や下弦という名前は「月が西に沈むとき」弦(影の線)が上にあれば上弦の月で、弦が下にあれば下弦の月です。
 
 日本語での名称は日本人にも分かり難いですが,英語では日に日に大きくなる月をwaxing moonと言い、日に日に小さくなる月をwaning moonと言うので英語の方が分かりやすいですね。
 
 なお、12月3日までは下弦の月です。このように月が満ち欠けするのは月が地球の周りを反時計回りに公転してるので、地球から見て、太陽光の月への当たり方が変化するからです。
 
Dear my friends abroad
 The photo shows the waning moon when I saw at the radio gymnastic venue this morning. By the way, the waxing moon becomes larger day by day from the new moon to the full moon, while the waning moon gradually becomes smaller after the full moon. As a result, the waning moon is when the east side is shining early in the morning, and the waxing moon is when the west side is shining in the evening.
 
 Or, the name of the waxing moon is "when the moon sets west" string (shadow line) is above, and the waning moon "when the moon sets west" the string is below.
 
 The Japanese name about this is difficult for Japanese people to understand, but in English, the moon that grows day by day is called the waxing moon, and the moon that shrinks day by day is called the waning moon, so English is easier to understand.
 
 Therefore, until December 3rd, it is the waning moon. The reason why the moon waxes and wanes is that the moon revolves counterclockwise around the earth, and the sunlight that hits the moon surface changes when we view from the earth.

 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...

| | コメント (2)

2021年9月21日 (火)

今宵こそ 浮いてる地球 感ずるチャンス 


Photo_20210921153801
 
 皆さん、今宵の月はほぼ満月で美しいです。遠い宇宙から見ると、今宵は太陽~地球~月が一直線に並んでます。
 
 ところで、地球から月までの距離は約38万Kmに対して、地球から太陽までは約1億5千万Km(AU1)=1天文単位あるので距離の割合は約400倍です。一方、偶然にも、太陽の直径は月の400倍あります。つまり、宇宙空間に相似形ができるので、地球から見た場合、太陽も月も見かけ上、ほぼ同じ大きさに見える理由がここにあります。
 
 今宵、中秋の名月を眺めつつ、私たちも宇宙空間に浮いてることを実感できたら素晴らしいです。今日は旧暦の8月15日です。この日は毎年必ず仏滅です。しかし、翌日は毎年必ず大安なので、夢を持って生きましょう。
 

 Everyone, tonight's moon is almost a full moon and beautiful beyond description. If we see from a remote universe, the sun, the earth, and the moon are lined up in a straight line tonight.
 
 By the way, the distance between the moon and the earth is 380,000 km, while the distance between the sun and the earth is 150 million km, so that the ratio of the distance between the two is about 400 times. On the other hand, by chance, the diameter of the sun is 400 times than that of the moon. In other words, because a similitude are formed in the outer space in appearance, therefore the sun and the moon appear to be the same size when we see the both.
 
 Not change the subject, but I think it is marvelous, if you can realize that we are floating in the outer space, while looking at the splendid round moon tonight. Today is August 15th of the lunar calendar. Unfortunately, today is sure to be the Buddhist annihilation that means unlucky day every year. However, the next day is always the luckiest day, so let's live with a dream.
 

※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.August
→Go to homepage
 

| | コメント (2)

2020年5月 8日 (金)

月面から日本列島を眺めた大きさを考える

28378247_590132767993654_465600661417326

 今宵は満月です。しかし、皆さん、月の上る方角が「仲秋の名月」のように東ではなく、南寄りになり東南東の方角に近いです。どうしてでしょうか。

 ところで、月面に日本列島があったら、どのくらいの大きさであるかを示したものです。月の直径は3,474 kmです。

 一方、稚内市から鹿児島市までの直線距離はおよそ1800㎞です。これを考えると、写真の大きさになります。ということは、逆に、月から地球を見ると、日本列島はこの大きさに見えると想像できます。


 Tonight is the full moon. However, everyone, the moon rising direction is near the east-southeast rather than the east, as "Mid Autumn Harvest Moon". Please tell me the reason?

 By the way, if the Japanese archipelago is on the moon surface, it shows how big it is. The diameter of the moon is 3,474 km.

 On the other hand, the beeline distance from Wakkanai City to Kagoshima City is approximately 1800 km. Considering this, the size becomes like the photo. On the contrary, if we look at the earth from the moon surface, the Japanese archipelago looks like this size, I guess.

 

 ※月の出の方角について私の考えです。満月は、地球を間に入れて太陽と正反対の位置にあります。現在の日没の方角はおよそ西北西です。このため現在、月が出る方角はその正反対でおよそ東南東と考えます。

 My thoughts about the direction of the moon rise as follows. The full moon is the exact opposite direction of the sun with the earth in between. The current sunset direction is approximately west-northwest. Therefore, I think the moon will rise in the east-southeast direction.

 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

珍しく「ふたご座」の中にある今宵の満月

P1060011_20200110171001

 今宵10日は満月です。その満月が珍しく「ふたご座」の中に入ります。また、月の下に最も明るい恒星シリウスが輝きます。シリウスは1月1日午前0時に真南に来るので私たちが使ってるカレンダーの元になってます。

 この満月が次第に小さくなり新月になると、中国などアジア諸国では旧の1月1日です。

 ところで最近、日の入りが遅くなって、夕方、日が18分も延びてます。明日から日の出も少しずつ早くなります。いよいよ春が近づきますが、人生の春は未だ遠い。

https://www.youtube.com/watch?v=qBYGZGo5ObM


 It will be a full moon tonight. The full moon is floating unusually in Gemini. And the brightest fixed star Sirius shines right below the moon. Sirius arrives just due south at midnight on January 1 and is the basis for our solar calendar.

 When this full moon wanes and becomes a new moon, it is the lunar calendar's January 1 in Asian countries such as China and Mongolia.

 By the way, recently, the sunset became later and the evening has extended for 18 minutes. And to our pleasure, the sunrise will be a little faster from tomorrow morning. Spring is finally approaching, but the spring of my life is still far away.

 

| | コメント (4)

2019年10月23日 (水)

頭上近くにある今朝の下弦の月に驚く

Photo_20191023063101

 早朝、下弦の月を見て驚きました。普段、見慣れない位置にあるからです。これから数日の間、次第に東に移動しますが、群馬県から見ると朝5時~6時に下弦の月がかなり頭上近くにあるでしょう。

 これは太陽の軌道と月の軌道が5%ほど異なることで起こる現象と想われます。例えばこの下弦の月を宮古島で見れば、殆ど頭上ではないでしょうか。

 ニュージーランドから見れば北のかなり低い位置と想像されます。ニュージーランドの方、実際はどうでしょう。


 I was surprised the position of the waning moon early this morning. During the next few days, when looking from Gumma Prefecture, the waning moon will be quite overhead to east at around 5am to 6am. This position of the moon is not familiar to us.

 This is thought to be a natural phenomenon that occurs, since the orbit of the sun and the orbit of the moon differ by about 5%. For instance, if we look at this waning moon in Miyako-island in Okinawa prefecture, it might be almost over head.

 Of course, from New Zealand, it can be seen quite low in the north I guess.

 Dear New Zealanders,  please inform me the fact.

 

 

| | コメント (2)

2019年9月14日 (土)

今朝、仲秋の名月が満月で見えました。

P1080954

 群馬県の昨夜は曇りで仲秋の名月が見えませんでしたが、14日の早朝には晴れ上がり、西の空に輝く満月を見ながらこの文を書いてます。今宵も満月が見えるでしょう。

 ところで、プログの「仲秋の名月が毎年必ず仏滅である理由」について、昨日100件以上のアクセスがあり驚きました。これについて私は六曜を研究していて知りました。

 天体と暦について、今までで一番の発見は「一年の始まりはシリウスが真南に来る」事実です。つまり、「除夜の鐘」が鳴るときは、太陽とシリウスの間に地球が入る瞬間です。


 It was cloudy last night in Gumma so we couldn't see the harvest moon. However, in the early morning today, it is fine and I am writing the blog while watching the full moon shining in the western sky. We will be able to see the full moon this evening in Japan as well.

 By the way, yesterday, I was surprised there was more than 100 accesses to my blog titled “Reason why harvest moon is unlucky day every year.” At first, I didn't know this fact, but I noticed it while studying six days.

 As far as celestial bodies and calendar, the most important discovery so far is the fact that "Sirius comes to the due south at January 1st". In other words, the night bell rings is the moment when the earth enters between the sun and Sirius.

 

| | コメント (4)

2019年9月 5日 (木)

仲秋の名月で日本列島の大きさを考える

Photo_20190904205501

   稚内から鹿児島までは直線距離で約1800㎞です。月の直径は3,474 kmで、地球の直径は12,742 kmであるので、もし月に日本列島があれば、図のような対比になります。

 今月13日は旧暦では8月15日なので仲秋の名月です。昔は7月、8月、9月が秋だったことから、8月を仲秋と言ったようです。

 今回、十五夜を見て「日本列島が月にあったらこの大きさである」と想像するのも楽しいでしょう。つまり、月から日本列島を見ればこの大きさです。因みに仲秋の名月は未来永劫、必ず仏滅です。


 The beeline distance from Wakkanai to Kagoshima is approximately 1800 km. And the diameter of the moon is 3,474 km and the diameter of our earth is 12,742 km, so if there is a Japanese archipelago on the moon surface, the contrast is as shown in the diagram.

 The 13th of this month is August 15th in the lunar calendar, so it is the famous harvest moon. As you know, in the olden days in our nation, July, August, and September were autumn, so August was said to be midautumn.

 It will be fun for us to imagine the comparison of the size between the moon and the Japanese archipelago when watching the harvest moon this time. In other words, it is the same size if we look at the Japanese archipelago from the moon. By the way, the famous harvest moon in midautumn is surely unlucky day.
 

| | コメント (2)

2018年10月21日 (日)

十三夜が毎年必ず先負である理由

P1060031【十三夜の太陽、地球、月の配置】

 今宵は十三夜です。太陽系の惑星とその衛星たちは太陽の自転と同じく、北極星側から見て、反時計回りに公転し、反時計回りに自転してます。
 
 地球の一公転時間は365日5時間48分です。月の公転周期はおよそ29.5日で、月は一公転で一自転です。このため、太陽暦と太陽太陰暦では暦がずれます。
 
 一方、月がなぜ同じ月面のみ地球に見せ、月の裏側が見えないかについての私の想像です。
 
 「月の内部の質量が月全体で同等でなく、質量の高い部分が月の中心からずれ、地球に引き寄せられることから、結果的に、同じ月面が常に地球側に固定されてる」と考えてます。これは達磨が転んでも、起き上がるのと同じ原理で、達磨の底が地球側です。
 
13_2【北半球において、十三夜は右側が8割ほど光る上弦の月】
 
 また、太陽と地球がほぼ同じ大きさに見えることについてです。月の直径【3474㎞】は太陽の直径【139万1016㎞】の約400分の1であり、一方、地球から月までの距離は約38万㎞で、太陽までの距離はおよそ1億5000万㎞【1天文単位】です。このため、月までの距離は太陽までの距離の約400分の1です。
 
 つまり、直径も距離も月は太陽の400分の1です。
 
 故に、それぞれが作る宇宙間における地球との三角形は相似形です。このため、太陽と月の見かけ上の大きさはほぼ同じです。しかし、互いにその距離は多少伸び縮みすることから、皆既日食が起こったり、金環日食が起こったりします。
 
P1060032【月は太陽に対して、距離でも直径でも約400分の1であるので、宇宙空間にできる二つの三角形は相似形】  
 
 ところで本題です。十三夜の日は毎年必ず先負で、未来永劫、不変です。以下が理由です。六曜の順序は旧暦では月の最初の日の六曜が決まってます。それは次の通りです。
 
 旧暦では一月一日は【先勝】から始まり、以下、初日は二月【友引】三月【先負】四月【仏滅】五月【大安】六月【赤口】七月【先勝】八月【友引】九月【先負】十月【仏滅】十一月【大安】十二月【赤口】で始まります。一方、日々の順序も先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口です。
 
 このため、十三夜は旧暦で9月13日ですから、9月は先負から始まるので、9月13日は先負になります。この理由は「中秋の名月が毎年必ず仏滅である」ことに同じです。
 
 先負とは、その日の午前は凶でも、午後になると万事に平静であり良い日とされてます。すなわち、先んずれば負け、午後は吉というもの。昔、勝負事や急用は避けるべき日とされました。
 
 しかし、明治5年以降、これら六曜は意味のないこととされるようになりました。ところが、現在でも、結婚式、開店日、上棟式、車の購入日、葬儀などについては、依然として六曜に拘る社会の風習は存在します。
 
 一方、統計上、気象の点から「十三夜に曇りなし」となってます。今宵の十三夜はよく見えそうです。
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査