カテゴリー「月」の2件の記事

2018年10月21日 (日)

十三夜が毎年必ず先負である理由

P1060031【十三夜の太陽、地球、月の配置】

 今宵は十三夜です。太陽系の惑星とその衛星たちは太陽の自転と同じく、北極星側から見て、反時計回りに公転し、反時計回りに自転してます。
 
 地球の一公転時間は365日5時間48分です。月の公転周期はおよそ29.5日で、月は一公転で一自転です。このため、太陽暦と太陽太陰暦では暦がずれます。
 
 一方、月がなぜ同じ月面のみ地球に見せ、月の裏側が見えないかについての私の想像です。
 
 「月の内部の質量が月全体で同等でなく、質量の高い部分が月の中心からずれ、地球に引き寄せられることから、結果的に、同じ月面が常に地球側に固定されてる」と考えてます。これは達磨が転んでも、起き上がるのと同じ原理で、達磨の底が地球側です。
 
13_2【北半球において、十三夜は右側が8割ほど光る上弦の月】
 
 また、太陽と地球がほぼ同じ大きさに見えることについてです。月の直径【3474㎞】は太陽の直径【139万1016㎞】の約400分の1であり、一方、地球から月までの距離は約38万㎞で、太陽までの距離はおよそ1億5000万㎞【1天文単位】です。このため、月までの距離は太陽までの距離の約400分の1です。
 
 つまり、直径も距離も月は太陽の400分の1です。
 
 故に、それぞれが作る宇宙間における地球との三角形は相似形です。このため、太陽と月の見かけ上の大きさはほぼ同じです。しかし、互いにその距離は多少伸び縮みすることから、皆既日食が起こったり、金環日食が起こったりします。
 
P1060032【月は太陽に対して、距離でも直径でも約400分の1であるので、宇宙空間にできる二つの三角形は相似形】  
 
 ところで本題です。十三夜の日は毎年必ず先負で、未来永劫、不変です。以下が理由です。六曜の順序は旧暦では月の最初の日の六曜が決まってます。それは次の通りです。
 
 旧暦では一月一日は【先勝】から始まり、以下、初日は二月【友引】三月【先負】四月【仏滅】五月【大安】六月【赤口】七月【先勝】八月【友引】九月【先負】十月【仏滅】十一月【大安】十二月【赤口】で始まります。一方、日々の順序も先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口です。
 
 このため、十三夜は旧暦で9月13日ですから、9月は先負から始まるので、9月13日は先負になります。この理由は「中秋の名月が毎年必ず仏滅である」ことに同じです。
 
 先負とは、その日の午前は凶でも、午後になると万事に平静であり良い日とされてます。すなわち、先んずれば負け、午後は吉というもの。昔、勝負事や急用は避けるべき日とされました。
 
 しかし、明治5年以降、これら六曜は意味のないこととされるようになりました。ところが、現在でも、結婚式、開店日、上棟式、車の購入日、葬儀などについては、依然として六曜に拘る社会の風習は存在します。
 
 一方、統計上、気象の点から「十三夜に曇りなし」となってます。今宵の十三夜はよく見えそうです。
 

| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

「仲秋の名月」を見て、その距離や大きさを再認識

B924a57010a343b282f9fc9fdeeab47e_l

 本日9月8日は「仲秋の名月」です。これは本日が旧暦(太陽太陰暦)の8月15日に当たるからです。「仲秋の名月」は現在の暦(太陽暦)では毎年その日が変わります。変わらないのは「この日は未来永劫、必ず仏滅である」ことです。これは旧暦の8月は六曜が友引から始まるためです。

 旧暦では秋が7月、8月、9月なので、8月が秋の真ん中になり仲秋といいます。しかし、「仲秋の名月」は満月とは限りません。

 月齢を調べると仲秋の名月である9月8日は13.9で、9月8日の日没時刻は18:02、月の出が17:18であり、月の出が日没より44分も早いです。

 因みに翌9月9日の日没は18:01で、月の出は17:59であり、日没時刻と月の出時刻がほぼ同じになり満月です。これは太陽~地球~月がほぼ一直線に並ぶからです。前述の時刻はいずれも群馬県での時刻です。

 ところで、「仲秋の名月」の晩に「月」までの距離や大きさなどについて改めて調べてみました。

Moo22 【月面にあるクレーターは隕石が衝突した痕跡と考えられてる】

 先ず、地球から月までの距離は38万km(平均)と計測されており、太陽までの距離は約1億5000万km=AU1であることから、太陽までの距離は月までの距離のおよそ【400倍】です。これは仮に、地球~太陽間の距離を100mとすると、地球から月までの距離は25cmの割合になります。

 また、太陽の直経は地球の直径(約12756km)の109倍あることが知られており、乗ずると約139万0404Kmとなります。一方、月の直径は3474kmと計測されてるので、太陽の直径は月の約【400倍】です。このように太陽と月は地球からの距離においても、直径においても400倍ということです。

 このため、地球上の一点と両者の直径を結んでできる二つの二等辺三角形は、互いに相似形であり、見かけ上、太陽と月が、ほぼ同じ大きさに見える理由になります。

 ところで、月までの距離(約38万Km)を少しでも実感するには、直径が12756Kmの地球を月まで30個程並べられることになります。また、地球一周は約4万Kmであることから、仮に月まで地球を転がすと約9回転半です。

 月の直径は約3474kmであり、地球の直径は約12756kmであることから、逆に月から見た地球の大きさは私たちが見る月の直径の約3.67倍であり、面積は約14倍という大きなものと推測します。

 月から地球を眺めるとアフリカ大陸、ユーラシア大陸、南北アメリカ大陸、オーストラリア大陸など、それらの位置が刻々と変化して見え、きっと、日本もはっきり見えると想います。

 それは、稚内から鹿児島まで直線距離で約1800Kmであり、月の直径が3474Kmであることを考えると日本列島は月から意外と大きく見えるのではないかと推測します。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 暦について 月の満ち欠け 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査