カテゴリー「群馬県の世界遺産」の3件の記事

2014年11月11日 (火)

我が師の生家が世界文化遺産に・・田島弥平旧宅

P1050908 【世界文化遺産の田島弥平旧宅】Click please!

 この度、群馬県に誕生した世界文化遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の一つである伊勢崎市境島村の「田島弥平旧宅」を訪れました。彼は幕末から明治時代にかけて近代養蚕飼育法の確立に貢献した人物です。

 しかし、驚いたことにこの建物を見るや否や、私は30年ほど前、この特徴ある大きな家を訪れた記憶が蘇りました。

 というのは、この家は私の音楽の師である田島秀雄先生の生家であり、ここで先生の父上様の葬儀に参列したことがあるからです。先生の闊達な人柄は広々したこの環境と、偉大な人物を先祖に持つ所以ではないかと感じます。先生のお陰で私の職業は生涯を通じて音楽教育が貫けました。

P1050905 【この地・島村は利根川のスーパー堤防で守られてる】

 江戸時代まで、ここ島村は利根川の中洲であったとのことで堤防ができた現在は利根川の南側に位置し、埼玉県側であっても行政区は群馬県です。200年に16回も繰り返された利根川の氾濫は流れを変え、当時の村人は利根川の脅威に大変な苦労されてたことが分かります。その一つが弥平宅にある古井戸です。

P1050909 【当時、最先端であった汲み上げ式井戸ポンプが現存】

 ご覧のように汲み上げる位置が庭から2mほど高くなってます。これは利根川の氾濫に苦慮して工夫され、洪水が井戸の中に入らないためです。

 この井戸をよく観察すると手動式ポンプがなかなか良く考案されてます。取っ手を上下に動かすだけで母屋の2階まで水を押し上げることができる画期的なものです。この価値ある井戸について触れてるパンフレットや解説は見受けられません。きっと、2階の養蚕室へ水を送った生き証人でしよう。

P1050920

 ところで、田島弥平は文政5年に生を受け明治31年に世を去ってます。彼の功績は養蚕の最先端を行き、非常に独創的でありました。それまで自然飼育法であったものを養蚕の建物は「空気の循環」が重要であることに気付き、「清涼育」の実践と普及に努め、その証が大屋根の上に出てる櫓です。

 ここから温まった空気を煙突式に逃がし、温度と湿度の調整を図りました。この蚕飼育法に全国から伝習生が研修に訪れたとのことです。

P1050922 【櫓内部・・・パンフレットより転記】

 弥平は大きな母屋建設に当たり、蚕のために家の向きから深く考えました。現代でもそうですが、一般的に家は南向きに建てます。

P1050912【母屋の軒先に掲げてある遠山近水村舎の書】

 この母屋は遠く谷川岳、赤城山、榛名山を望み、近くに利根の流れに佇む村舎と記しています。

 弥平は人間の住み心地より、蚕の生育に適した環境作りは、先ず、家の方向を南東向きに作ることで、それにより、夏季はすぐ裏を流れる利根川の水上を渡って来る涼しい風を家の中に取り入れ、温まった空気を外部へ逃がすことを重要視し、長い櫓を設けたことが認識できます。

P1050911 【最上階にある空気を逃がす櫓・建物全体が煙突になってる】

 1階が住まい、2階は柱を設置せず大広間の蚕室で「清温育」を確立し、年間を通じて生育できる養蚕技術を実践、普及しました。

P1050918 【蚕種】

 彼は蚕種を自らイタリアに輸出販売するため、暑いインド洋経由でなく、アメリカ~イギリス経由でイタリアへ出向き、蚕種を五万枚以上運んだと伝えられます。明治12年~13年の飛行機のない時代、この勇壮な海外行きに驚くほかはありません。

 日本の黎明期に先駆け、弥平の蚕飼育に対する創造性と海外を股にかけた行動力に、私は学ぶことが多かったです。

 我が恩師・田島秀雄先生は田島弥平さんの6代目に当たるとのことです。先生の生家が世界文化遺産であることに驚くとともに、その誇りを胸に一日とても感銘し帰路につきました。

| | コメント (0)

2014年10月31日 (金)

現代人の生活に生かせないか・・・「荒船風穴」

P1050868 【荒船山】

 群馬県に住んでることから「荒船風穴」の存在は以前から知ってました。また、若き日よりユニークな山容を誇る荒船山(1423m)に数回登頂し、時折、「荒船風穴」についての案内標識を目にしたことがありました。

 風穴とはどんなものか、いつかは訪れたいと思ってたところ、驚くことに今回、世界文化遺産に登録され、秋晴れの一日、群馬の西の里深く佇む世界文化遺産見たさに国道254号を西へ西へとAudi TT Quattroを走らせました。

P1050849【現地に設置してある説明標識】

 しかし、神津牧場を過ぎてから、まもなく車を降り、900mの坂道を歩いて下らなくてはなりません。もちろん、帰りはこの坂道を20~30分かけて登らなくてはなりません。

 急峻な坂道は高齢者に無理かもしれないと思いつつ、また、道が細いのでパスが近づけず、団体見学はできないかもしれません。アクセスは自家用車かタクシーになります。

 長い坂を下りながら風穴とは低い所に存在するのかと思いを巡らし、樹木が生い茂げる曲がりくねった一本道を、もうすぐ着くかとワクワクしながら歩きました。

 群馬県とは、先日ブログに載せた「尾瀬ヶ原」や谷川岳、野反湖など多くの地で自然散策が満喫できても、行っても行っても自然だけであることが分かります。人間の住んでるところはほんの一部でしょう。群馬県の面積の90%以上は未だ人間が足を踏み入れたことのない自然のままと捉えてます。

P1050855 【辺りの山は紅葉まっ盛り】

 標識に沿って近づくと、突如、眼前に現れた石垣による四辺形の大きな穴が三つです。これが荒船風穴です。近づくと平素見る石垣と異なってます。それは積み方です。

 たまたま、他のグループに女性解説員が付きましたので、私も紛れ込んで彼女の丁寧な解説に耳を傾け、質問もできました。

 普通の石垣は隙間なく整然と積まれますが、ここは故意に隙間ができるような独特な積み方です。きっと危険性を感じながら積み重ねたであろうと当時の建設者の気持ちに思いを巡らしました。

P1050861【現在でも冷気が噴き出している一号風穴】・・・Click please!

 この辺りに佇むと空気はひんやりしてます。真夏に訪れれば、きっと、天然クーラーでしょう。自然は昔も今も変わらずです。

 この冷気を有効利用した明治初期の養蚕技術の発展に思いを巡らしました。江戸時代より年間、春季に一回であった養蚕が四季を通じて複数回の孵化を行うことが可能となり、当時としては最先端の技術として、経済的にも躍動的に推移したことでしょう。

P1050858 【風穴内部を計測中、4.6℃】

 これでは真夏でも寒過ぎます。しかし、朽ちることのないこの天然エネルギーによって蚕の孵化時期の調整を始めたのは、私財を投じて建設した地元の庭谷静太郎氏と伝えられます。高山社で養蚕技術を学んだ彼は、冷気が噴き出すこの場所に大きく着目したのです。

P1050863 【冷気ができる自然構造・・・推定】

 蚕種貯蔵の依頼は日本中はもとより、遠く朝鮮半島まで広がりを見せ、荒船風穴は生糸の大量生産に貢献したことになります。

P1050876  この写真はパンフレットによるものですが、元々、明治43年に「北甘楽郡案内」に掲載されたものです。当時は、風穴に屋根をつけ、風穴内を工場のようにして、各地より依頼された蚕種を冷蔵保存してるものです。これにより年間を通じて生糸の生産につながりました。

 この蚕種貯蔵技術の発達により、当時、一部の特権階級のものであった絹が、一般庶民にまで広がり、生活文化の高揚に貢献したと伝えられます。

P1050864 ところで、私たち現代人は地球温暖化による気候変動に直面し、特に真夏の気温には閉口する時代になってます。私たちの子々孫々にとって、一層その辛さが気になるところです。このまま、気候変動時代が続くと未来の人間に襲来する猛暑、厳冬が心配です。

 しかし、私は「地球はそれほど見捨てたものではない」との考えを今回の「荒船風穴」を見学して強く感じました。猛暑になっても、今後、私たちはすぐクーラーに頼らない生活方法を模索できるのでないでしょうか。

 例えば、地中1~2mの温度はどこを掘っても、5℃前後と年間を通じて一定です。これは一般住宅に冷房として使えるかもしれません。冷蔵庫のなかった時代には購入したスイカを2~3時間、井戸の中にぶら下げて冷やたものです。近年の新築家屋は地震対策上、土台のすべてがコンクリートで敷き詰められるようになりました。

 縁の下は結構、冷気が溜まってるものです。例えば、【床を少し高くし、縁の下の体積を増やし】、この冷気をうまく室内に取り入れれば、かなりの節電につながるでしょう。今回、「荒船風穴」を作った先人が、気候変動時代に生きる現代人に大きなヒントを示唆してるように感じてなりません。

| | コメント (0)

2014年10月16日 (木)

偶然にも、高山社の空気流通法に似てる私の鳩舎

P1050805 【世界遺産・高山社跡の二階の床にある空気流通口】

 この度、めでたく世界遺産となった群馬県【富岡製糸場と三つの絹産業遺産群】の一つである藤岡市の高山社跡を見学しました。私の家から車で30分ほどで、高山社跡前の道路は有名な「二千階段」へ行く途中であり、以前に亡き妻と通過したことがあります。

 先ず、見事な石垣を形成した長屋門の構えに、江戸~明治時代の重厚さが漂い圧倒されます。

P1050815 【入口である石垣の長屋門】   Click please!

 時代劇に出てきそうな構えの長屋門の中央が中庭への入り口で、左右対称の白壁は倉庫になってます。入口には大きな扉があり開閉できます。白壁の倉庫内はおそらく当時の養蚕関係の物品を貯蔵してたものと推測されます。

 入口を入ると、どこか日本の原風景が漂う大きな母屋が目に入ってきます。子供の頃、倉賀野町や近隣集落でよく見かけた懐かしい一般的な農家の風貌です。

P1050803 【養蚕法の改良を教育した高山社跡】

 昔は家の周囲にも田んぼと並んで、桑畑がたくさんあり、桑の実である赤い「どどめ」を食べたものです。子供心に葉は蚕の餌となることは知ってました。群馬県の多くの農家では二階で蚕を飼ってた記憶があります。現在でも私の倉賀野町ではこの形に似た建物が数軒存在します。

 高山社は幕末に生まれた高山長五郎(1830~1886)によって確立された養蚕飼育法で、それまでは年一回であった養蚕を、四季を通じて生産できる「清温育」の技術を、この場所で日本全国からや朝鮮半島、中国からの留学生に指導し、生徒は卒業後に地元に帰り、「清温育」を普及し、また、指導員として各地に派遣されたと伝えられます。

 「清温育」とは、それまで年によって収穫にばらつきがあった繭の収穫量を安定させたり、品質向上をめざすもので、それは蚕の飼育管理を夏期、冬期の「温度調節」、乾燥期、梅雨期の「湿度調節」、年間を通じて新鮮な酸素を取り入れる「空気流通」など蚕の健康管理や、餌となる桑の葉の乾燥を防止、脱皮後の桑の葉の給餌法などを、きめ細かく管理調整できるよう確立した蚕の生育法といわれます。

P1050811

 一方、母屋の裏庭には深さ4mほどの石垣で出来てる「桑貯蔵庫」が現存しており、今回の見学で私が最も感銘を受けたものです。これこそ高山社の昔を今に伝える貴重な証拠と認識できました。

 母屋については昔あちこちで見た農家の家の中と変わりありませんでした。現在でも、群馬県内には同様な建物が散在してます。

 ただ私が、母屋で感銘を受けたのは二階と一階の空気を流通させた窓(写真上)です。一階からは天窓となり、二階としては床にある窓です。空気は東西南北に動くだけでなく、上下にも動くことを利用し、温度、湿度の調整と、十分な酸素の流通を徹底し、蚕の健康管理を図ったことが頷けます。

541 【Persimmon Marsh Loftの空気流通窓】

 偶然ですが、高山社母屋に存在する空気流通口と、私の鳩舎の流通口が余りにも酷似してます。まるで、私が真似したのではないかと思われる程よく似てますが、「清温育」確立者・高山長五郎の考えた蚕飼育法と、私のレース鳩飼育法は空気流通の必要性で一致してたことになります。

 40年ほど前、高崎市のレース鳩界の今は亡き大先輩から教わったことが頭から離れず、現在の鳩舎建設時にこの空気流通窓を作りました。当時の大先輩曰く「鳩舎の構造は鳩舎全体を煙突にすべきである」との教えでした。舎内では常時、汚れた空気を換気し、新鮮な酸素の必要性を諭したのでしょう。

P1050798 Click please!

 今回、高山社跡を有意義に見学しましたが、今後は他の絹遺産群も順次見学し、世界遺産としての歴史を認識するのみに終わらず、今後の生き方にプラスになる観点で、群馬県にある世界遺産にしっかり触れてみたい。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 情熱 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 暦について 月の満ち欠け 未来ある子供の安全 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査