カテゴリー「渡り鳥」の3件の記事

2018年12月23日 (日)

渡り鳥 子供を引き連れ 高崎に 

P1070131


先史時代より渡りを繰り返しているのでしょう。高崎市木部町の鏑川に白鳥が飛来してます。3ヶ月間程ここで生活します。今年、北部シベリア生まれた雛たちを親鳥が引き連れ、推定3000K程の旅を終え、ここで羽を休めてます。もしかして間宮海峡や樺太を通過し、ここまで飛来するのか、そのルートを白鳥たちに訊いてみたい。

Their migrating has been repeating since prehistoric times I guess. Swans are flying from Siberia and they are at Kabra-river in Takasaki-city at Kibe-town in Gumma prefecture. They will stay here for about 3 months. The parents of the swan brought the chicks born in northern Siberia this summer and finished their estimated 3000km journey. Now they are resting their feathers here. I'd like to ask the swans about their route whether they pass through the Mamiya Strait and Sakhalin or not?
 
P1020452
 

| | コメント (0)

2015年6月11日 (木)

人の住む環境で営巣するツバメの習性

P1060802 【羽根が長いツバメ・・・撮影は本日、家の近くで】

 野鳥の中でも私は幼い頃からツバメに愛着を持ってました。それは20才まで住んでいた家に毎年ツバメがやって来て子育ての様子を見ていたからです。

 私の家は国道旧17号線沿い(旧中仙道)にあったことからツバメの飛翔にとって広い道路があり、障害物がなかったからでしょう。

 広い道路上は低空飛行がしやすく、小さな昆虫の捕獲に便利であり、家が江戸時代末期に建築した蔵造りであったことから、落ち着けて天敵の心配がなく、毎年、営巣したのではないでしょうか。

 当時、ツバメが家の中に巣を作ったことから、父はツバメのために早起きして戸を開けてやっていました。やがて卵が孵り、雛たちは大きな口を開けて親が運ぶ餌をねだる光景は実に生命力に溢れ、その後、巣につかまりながら羽ばたきの練習を繰り返し、ついに、勇気を持って巣から飛び出し、近くの電線に止まり、最初の内は親から餌をもらっていました。

P1060800 【新築した隣の家の軒先の巣】

 この度、私の東隣に若い家族Aさん一家が新築され引っ越して来られました。そして、最近、気がついたのですが、この家の玄関前の内側にご覧の巣が完成しました。時折、ツバメの鳴き声がするので気にしてたところ、珍しく巣を作っていました。

 なるほど、ここなら高さが3mほどあり、外部から見えなく、カラスや猫、蛇の天敵から雛を守れる環境です。それにしても、野鳥であるツバメが不思議にも人間の家の軒先に巣を作る習性を見ると、ツバメは人間嫌いではなさそうです。

 私は現在の場所に50年ほど暮らしてますが、ツバメは我が家に一度も巣を作ったことがありません。しかし、隣の新築した家は2月に引っ越ししてきて、すぐにツバメが巣を作りました。ツバメは安全面からここと決めたのでしょう。

 このため、ツバメの身になって巣作りの条件を観察しながら考えてみした。それは、なるほどと思わざるを得ません。

 巣作りの場所となる第一条件は、天敵に見つからない位置です。第二の条件は、巣の前に障害物がないことです。障害物とは大きな植木や垣根などです。全面が広い道路や、広い庭が入りやすいのでしょう。理由はツバメが巣に入るとき、低空飛行から上昇して巣に入るからです。

 障害物があると巣作りの条件から外れます。ある程度のスピードで入ることから、入りやすいことが条件で、また、近くに電線があると羽を休めながら天敵の見張りができると考えられます。

P1060805_2 【私の推測によるツバメの渡りのルート】

 何と言っても、ツバメは渡り鳥=migratoryである不思議さです。通常、野生の鳥類は一年で1シーズン子育てすると考えられることから、ツバメにとって気候の良いとき日本で育雛し、その後、日照時間が短くなり、気圧配置が変わり、日本が涼しくなり始めたら南下する習性を持ちます。ツバメは寒さが苦手なのでしょう。

 もっと驚くべきことは、日本で生まれた雛は生後2~3ヶ月ほどで故郷を離れ、9月初旬に、南へ南へと海上を飛び続け、そのコースはおそらく、島伝いに渡り、沖縄など南西諸島~宮古島など先島諸島~台湾~フィリピン群島~カリマン島(ボルネオ島)、あるいは、マレー半島、ジャワ島、ニューギニア、北オーストラリアという想像を絶する数千キロメートルの地まで飛翔する方向判定能力と海上を飛び続けるエネルギーです。

 目的地におそらく1~2週間で到着し、暖かな南の島々でのんびり暮らし、4月上旬になると今度は逆方向へと、半年前に来たルートを北上し、日本の古巣近くに来るのではないかと推測します。

 渡りの行動は、地軸が23度26分ほど傾いていることに起因し、100万年単位の先史時代から石器時代~縄文時代~弥生時代~現代へと、次代に命を託して繰り返されてきたのでしょう。そして、未来もこの習性を子々孫々へとバトンタッチしていくと考えられます。

 ツバメの育雛、子育ては誰にも頼らず、すべて夫婦で巣作りと餌の捕獲、子育て、そして飛翔の教育をすることから、私たち人間より、ずっと生命力に優れた動物と言えます。これは前述の渡りのコース上で起こる自然淘汰による結果と考えます。

 ツバメが持ってる習性の一つは、人の住む環境に営巣することです。暫くは毎日、子育てなどツバメの生態を観察するのが楽しみになりました。

| | コメント (0)

2014年11月 3日 (月)

季節風と共にやって来たコハクチョウ・倉賀野新堤

P1050891【コハクチョウが舞う今日の新堤】

 台風19号が日本列島を縦断し、三陸沖に抜けると同時に気圧配置が変わり、群馬県も季節風が吹き始めました。北西よりの冷たい風に季節の移り変わり感じると、人間は何とはなしに寂しい気持ちになります。

 しかし、季節の受け止め方は動物、特に渡り鳥には好都合なのでしょう。4月に飛来し、日本で一生懸命に雛を育てた燕は、9月上旬、生まれた雛を連れて東南アジア方面へ向かい、いつの間にかいなくなりました。

 例えば、燕については数千キロという人間の想像を絶する飛翔距離、その飛翔エネルギー、そして方向判定能力に驚嘆せざるをえません。

 途中で、体力の尽きた雛は逃げ遅れて猛禽の餌食になったり、台風に遭遇した場合、体力の限界で海に落ちてしまうものもいるでしょう。しかし、これこそ渡り鳥が何万年も生き伸び、結果的に強靭な体力を持ったもの、方向判定能力の優秀なものだけが子孫を残せる掟が続いてきたと考えられます。

 私たちが日常、見る渡り鳥は、この自然淘汰を太古の昔から幾度となく繰り返した結果、生き残ってる強い遺伝子を持った鳥ということになります。

P1050886 【新堤のカモ類】

 南へ渡った燕とは逆に、今度は晩秋から初冬にかけ、シベリアやカムチャッカからと推測されるカモや、コハクチョウが日本で冬を過ごし、なぜか、日本では子育てしないことも人間には分からないことです。しかし、燕も含め、緯度の高い地域で子育てをすることは夏鳥も、冬鳥も共通です。

 これは北半球のことですが、南半球でも同様に緯度の高い地域【南極に近い方】で子育てするのか、友人のニュージーランド人Mr. Barry Spenceに訊いてみます。彼は我が家にホームステイしたことがあり、現在でも、フェイスブックで日々、連絡が取れる環境にあります。

P1050881 【水面の高さを一定にしてる水門】

 ところで、近年、倉賀野町近辺でコハクチョウの群れが見られます。それは烏川の水の流れが緩いところ、この新堤、また、近隣の山名町の鏑川でも目撃できます。一般の水鳥より一回り大きく、もちろん白いので目立ちます。また、集団で行動するのは猛禽対策による渡り鳥の習性と考えらます。

 渡りの途中は、海上であることから餌の確保が難しく、あるいは皆無でしょう。今までに蓄積した筋肉をエネルギー源として飛翔すると考えられます。

 レース鳩を飼育してる私としては、短距離~中距離鳩は別として、稚内から関東まで飛翔する1000K鳩は渡り鳥に共通するのではないかと考えてます。1000Kを飛翔するために必要な膨大なエネルギーは自身の肉を食べて(消費して)飛んでくると考えられることから、舎外や訓練、及び、それに適した餌で事前にエネルギー源を筋肉に蓄えさせてやることが長距離飛翔の基本と考えます。

 同様に、砂漠を横断するラクダは背中のコブ内に蓄積した栄養がエネルギー源であると言われます。昔、内モンゴルの大平原でラクダに乗りました。揺れて落ちそうになるので思わずコブに摑まりましたが、コブは頼りにならないほど柔らかかったです。コブの中味は骨でなくエネルギー源の油だったからでしょう。 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 情熱 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 暦について 月の満ち欠け 未来ある子供の安全 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査