カテゴリー「古代史」の2件の記事

2018年6月 4日 (月)

多胡碑を見学し、渡来人の遺業を悟る

P1030855

 昭和時代に両親が亡くなり、姉も一人なくなり、最近では親しかった友人の数人も逝去し、次第に年を重ねた私が今、最も関心あることは「私たちの遠い祖先は一体、何処から来て、どんな難局に突き当り、何に悩み、何に興味を持ち、どんな人と出会い、何に喜びを感じ、どんなものを食して生活してたか」です。真実は分かりませんが、私たちは遠い弥生時代の祖先の血を受け継いでることは確かです。
 
 生前の親から聞いた話や親戚から言い伝えられる先祖についてはせいぜい幕末までであり、僅か200年ほどです。運悪く、私は4人の祖父母と誰一人会ったことはなく、それは私の誕生以前に世を去っていたからです。
 
 祖父母4人はいずれも幕末に生まれてることから、幕末から明治維新についての話をたくさん知ってる筈で、私としてはいろいろ聞きたかった思いですが、それは叶いませんでした。もし、聞ければ思わぬことが聞けたかもしれません。でも、社会的にも個人的にもいろいろ体験された祖父母4人の血を受け継いでることは確かです。いずれも情熱家であったことは父母から聞いてます。
 
 日本の歴史は、石器時代を過ぎてから縄文時代~弥生時代と変遷し、この間、私自身の遠い先祖が存在したことは事実であり、おそらく数々の難曲に突き当り、一方、安住の地を捜し求め、自分の思いを次の世代に託し、また、子孫は次の世代に託し、日本語を媒介にして、これを数百代も繰り返し、平成の時代に私たちがいる事実があります。
 
P1030866 【多胡碑の自然環境】
 
 ところで、世界記憶遺産に登録された吉井町の「多胡碑」に先日行って来ました。鬱蒼としたケヤキの森の中に佇む1300年前の古碑は、当時の記録を漢文で今に伝えています。第二次戦時中、貴重な文化遺産を敵国に見つからないようにと、付近の住民は「多胡碑」を地下に埋めて隠したとのことです。
 
P1030862_2【多胡碑本体】
 
 私は前回30年前に見学したのみで、暫くぶりの訪問となり、ワクワクして多胡碑と共に記念館も拝見しました。
Photo_2【原文と現代訳】
 まず、漢文体のみで刻印され、専門家の研究では中国の「六朝風」書体であると言われ、これはもともと日本列島に住んでた日本人による書でなく、私は渡来人によるものと考えます。理由は漢字のみの文章であるからです。現代中国語も漢字のみの言語です。
 
 この頃の歴史を紐解くと、4世紀ごろより大和朝廷の朝鮮半島進出による捕虜たちは、主に中国黄河流域出身の技術者や学者が多く、日本に連れて来られた彼らは、そのまま日本に定住し、元々いた日本人との混血が代々続き、彼らが持ち込んだ漢字や仏教、学問、芸術が、やがて従来から住んでた日本人に浸透し始めたと考えます。
 
 一方、この時期、中国での戦乱による一部国民の民族移動として、また、百済や高句麗の滅亡も追い打ちをかけ、数多くの渡来人がこの300~400年間に日本へ渡り、定住し始めたと考えるとき、これにより、日本の文化は今までとはかけ離れた高度なものに変わり、特筆すべき漢字の伝来は当時はもちろん、現在の日本にとっても誠に大きな文化移入となりました。渡来人のお陰により、現代の私たちは日々漢字による生活ができてます。
 
 この間にあって、当時の中国の音を音読みとし、それが持つ意味を訓読みとした当時の学問的努力に最大限の敬意を払わなくてはならないのは現代日本人です。
 
P1030856_2
 
 実は、2年ほど前に私の庭から打製石器が見つかり、埋蔵文化財の専門家に鑑定依頼したところ、縄文時代後期ではないかとのことです。また、庭から調理用と想われる石も出てきました。こちらは私の推定で石器時代かもしれません。古代の証拠を手掛かりに遠い先祖への思いを募らせたい。
 
P1030936【私の庭から出土した打製石器】
 
P1020963 【同様に、調理用のまな板か】
 
 これからも古代の石器を捜し、遠い祖先の思いを深く感じたい。
 

| | コメント (0)

2015年4月30日 (木)

群馬県埋蔵文化財調査センターで鑑定・・・庭から出土した石器

P1060564【渋川市北橘町にある埋蔵文化財調査センター】

 先日、庭を掘り起こした結果、出土した打製石器を時代的により正確に確認しようと、本日、県埋蔵文化財調査センターへ出向きました。

 初めて訪問しましたが、一般道から入った高い位置に建物があるのは、古代の埋蔵文化財を研究調査するには現代社会から遮断されてるところが冷静に歴史の真実を把握するに相応しい環境と悟りました。群馬県小児医療センターの隣です。

P1060566 【入り口前の馬の埴輪】

 事前に予約して訪問したことから、課長さんが出迎えてくださり、すぐに石器専門の職員から持参した石器を鑑定いただけました。

 「これは間違いなく古代人の打製石器です。」の言葉に嬉しさがこみ上げました。この石は群馬県では谷川岳の近くから月夜野町にかけて出土する「黒色頁岩」(こくしょくけつがん)で、群馬県では広く発見される石器とのことです。

P1060517 【今月末、私の庭で出土した打製石器・最大幅10㎝、厚み2㎝、周囲がすべて鋭利な刃】

 時代的なことに関心を抱いてる私ですが、石器専門職員曰く「3万~1.5万年前の旧石器時代から1.5万年~縄文時代」のものであるが、おそらく縄文時代のものではないかと推定されました。

 いずれにしても弥生時代前のものであることは確かとのことです。それは石の素材が「黒色頁岩」であることや、打製石器であることから鑑別できるとのことです。

 おそらく、「この打製石器を直接手で握って動物を解体したり、食料確保の用途に使ったようです。」と話されました。あるいは「他の小さな石器を作る途中」であった可能性も考えられるとのことです。

P1060568  【発掘情報館】

 ところで、私はここを初めて訪れましたが、ここには群馬で出土した石器や土器が多数保管されてます。例えば、八ッ場ダム本体工事で発掘されたものや北陸新幹線工事で発見されたものですが、展示することより保管がその目的と言われます。しかし、課長さんから保管されてる石器、土器について詳細に説明を戴き、多くを見学できました。

 本来的に展示を目的とするのは「群馬の森」にある県立歴史博物館であり、ここは出土した埋蔵文化財の保管が業務の中心と話されました。

Photo 【群馬の森にある歴史博物館】

 私は子供の頃より、歴史にあまり関心を示せませんでした。歴史とは目で見たものでなく、あくまで推測の領域内であって確認した人がいないのに、一般的に言われてることは本当なのだろうかと疑念が残るからです。日本史の殆どは名だたる人の権力争いのみに主眼が置かれ、庶民の生活には目が向けられず、現代の私たちにとって肝心である「祖先の生き方や考え方」を学ぶことはできないものでした。

 しかし、地球上に人類が誕生して以来、旧石器時代から縄文時代や弥生時代となると「主眼は我々の遠い祖先である一般庶民がどのように生活していたか」であり、これを研究されてることでとても親近感が湧きます。これらの時代では打製石器、磨製石器、土器、鉄器、火の使用、次第に大陸の影響を受けたことなど埋蔵品から真の姿が証明され、現代人が目で見ることで当時の様子が理解できます。

P1060520 【打製石器の裏側には親指を入れる部分がある】

 ところで、今回、歴史に素人の私が打製石器を発見できたことは「生涯これが最初で最後」でしょう。この石を見て、石器であると直感できたことは私として物を見抜く力があったと言えます。これからも、日々起こる事象の中から、大切なものを見失わないで生きて行こうと思います。 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-diabetes | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | さそり座 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | フェアプレー | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 便利な生活と盲点 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 助け合い | 動物愛護 | 医師の一言 | 古代史 | 君子蘭 | 君子蘭の育て方 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 多年草 | 大相撲 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 姿勢 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 心肺機能の強化 | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 新みかぼフィル | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝の時間帯 | 星座 | | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の歴史 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 肩甲骨の健康 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然の脅威と恩恵 | 自然散策 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 衛生について | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 道具 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | 1月1日の天文学上の意味 | MRIによる検査