カテゴリー「サルスベリの育て方」の4件の記事

2017年6月29日 (木)

カミキリムシに蝕まれても蕾をつけるサルスベリ Crape mytrle was undermined by a longhorned beetle, but has buds

P1030086【地上から10㎝の所に掘られた穴】・・・拡大してください。

 7月初旬から10月初旬まで約100日間にわたり開花を続けるサルスベリを楽しみに毎日,水遣りしてます。購入した4年前に比較し、枝ぶりは東西直径5メートルにも成長し、紅い花弁は年々濃くなりつつあります。
 
 ところが、この期待を裏切るかの如く、2日前の朝、根元を見て驚くと共に落胆してしまいました。それは誰か人間がドリルで穴をあけたのではないかと思うほど大きな丸い穴が掘られてるのです。大切に育ててるサルスベリであることから一体何事が起こったのかと冷静ではいられない心境です。直径8mmから1㎝の大きさで人の小指が入るほどです。穴は深そうで、根元に屑が落ちてます。
 
P1030092【サルスベリの梢に近い枝】
 
 このまま処置しなければ朽ちてしまうと判断した私は、すぐに処方しました。穴があいてるままでは内部に雨水が入り、腐ると考え、すぐに木工用ボンドを出口まで注ぎこみ、その後、穴と同じ太さの枝の一部を切り取って穴に差し込み、これ以上入らない奥まで金槌で叩き入れました。
 
 何故この穴が開いたか調べたところ、今までに体験したことのないことが起こったらしいのです。それは子供のころ見たことがある「カミキリムシ」=long-horned beetleの仕業と思いつきました。しかし、前述の通り、人間にドリルで開けられた程の大きさなので、こんなことが本当に起こるだろうかと疑うほど狼狽です。
 
F0073398_21534740【カミキリムシ】・・・図鑑より
 
 調べてみると、日本には多種のカミキリムシが生息するので今回の犯人が写真のものかどうかは特定できませんが、写真のカミキリムシは子供の頃、何度か見たことがあります。
 
 一方、藤の幹にも近年、同じような穴があいてるのを発見しましたが、中に虫殺しの薬を入れただけです。しかし、その後、毎年良く咲いてるのでこちらは大丈夫です。
 
 サルスベリがカミキリムシにやられることは防御の手立てがないけれど私は考えました。どんな不利が降りかかろうと、それに勝る栄養を施すことで乗越えられるのではないかということです。そのためには幹がもっと太くなるよう、いっそう水遣りを徹底し、サルスベリの体力を増強する考えです。
 
P1030102【根元に水か溜まりやすいクレーター】
 
 ご覧のような水たまりに毎日、朝夕2回、井戸水で施してます。水は20分ほどで浸み込みます。特別な植物を除いて水をやり過ぎることはなく、多くの植物は生き返り、見る見る成長することは西洋シャクナゲなどで体験してます。果たして、大きなサルスベリはカミキリムシの餌食にならず、今夏も見事な開花を見せるでしょうか。開花が待ち遠しいです。
 
P1040006【写真は以前に撮影】
 
 実は今年はこの写真より一回り成長してます。樹齢7~8年と若いと考えられることから、我が家のシンボルツリーになりつつあります。その点からもカミキリムシや、小さい赤蟻にく蝕まれぬよう、常に樹皮を点検し、何か起こったら直ちに処置する心構えが肝心と思います。
 
 ところで、先般記事にしました「根と根が地中で戦う」root competitionにより、やられた西洋シャクナゲが相手の根を切り取ったことで、すこぶる元気になっています。それは葉の勢いで分かります。こちらは来春からずっと見事な開花を見せそうです。
 
P1020851 【元気を取り戻した西洋シャクナゲ】
 
 植物は私たち人間にどれほど貢献してるか計りしれません。季節になれば開花し、それ以外の期間は青々した葉を見せ、年間を通じて樹形を味わわせ、心に平穏を与えてくれます。
 
 なかんずく、植物は光合成=photosynthesisによって酸素を生じ、これにより私たちは生きていられることを平素忘れがちです。これからも多くの植物に水を与えつつ、一人暮らしの寂しさはあっても、植物の開花やピアノ演奏を通じ、未来へ希望を持ち続け、高齢になると陥りやすいマイナス思考=negative thinkingとは縁のない生活でありたい。
 

| | コメント (6)

2016年10月 6日 (木)

倉賀野の銘木になるか。100日間咲くサルスベリ

P1010631 【今年の盛夏に撮ったサルスベリ】・・画像を拡大してご覧ください。

 数年前、購入したサルスベリは細く低い樹木でしたが、見る見るうちに枝が膨らみ毎年、初夏から盛夏、そして初秋にかけて赤い花が咲き続けます。花が少ない時季にあって、ずっと咲き続け、近所の人など前の道を通る人を和ませてます。

 庭先で7月初めに開花し、本日10月6日現在、未だ幾房か咲いてます。こんなに開花時期が長い樹木は珍しく、他の植物にはあまりないでしょう。サルスベリは中国語で百日紅と書きますが、名実ともに100日間咲いてます。

P1010791 【10月6日撮影】

 サルスベリの育て方について素人の私ですが、他に梅、シャクナゲ、花桃、しだれレンギョーなど多くの花木を育ててるので、植物の成長にとって肝心要は「日当たり」の良さと「十分な水遣り」と感じてます。シャクナゲが夏に日当たりを嫌う他は、概して日当たりを好む植物が多いです。

 水については鉢植えでなければ水をやり過ぎることはなく、一般に植物は多くの水に比例して育つことから、サルスベリも例外でなく、というより多くの水を好みます。水を与えるとどんどん成長します。幸い私の家では井戸水が与えられます。

 土地があるので剪定せず、自然の樹形を保ってます。一般的に剪定する場合が多くても、やはり、剪定しない方がふっくらし、自然な樹形になることは確かです。この調子で成長するとまだまだ一回りも二回りも大きくなる予感がします。大きくなればそれだけ花がたくさん咲くでしょう。

 最初から、根元にクレーターのように穴を掘り、そこに水を溜める方法を取ってます。特に初春から盛夏にかけての半年間はほぼ毎日、水を溜めてます。

P1010795 【蟻に食われた痕と3本のロープ】

 前にも書きましたが、サルスベリの天敵は小さい赤い蟻の大群です。黒蟻は地中に巣を作りますが、小さい赤い蟻は樹木の中に巣を作り子育てします。

 このため、私は日々蟻獲りでした。最近は殆どいなくなり、結果的に樹勢が良くなると思います。この作業をせず放置したままでは巣は拡大するばかりで害はあっても益はなく、サルスベリの樹勢に影響するでしょう。

 蟻退治で最も効果的な方法は紙のガムテープです。しかし、獲っても獲っても減らないことから内部はトンネルのようになり、相当食い荒らされてると推測できます。蟻と人間の根競べです。一番上の写真に梯子が写ってますが、私が登る毎日の作業です。

 一方、ご覧の通り、頭でっかちなので、三方向からロープで引っ張り、大風の対策がしてあります。 

 サルスベリは百日紅とも書き、推定では1000年前ころ中国から入って来たと考えられる樹木です。つまり平安時代前後でしょう。百日紅の中国語読みはおよそ「パイリーホン」です。花の色は赤のほか、紫、ピンク、白などがあり、夏を代表する華やかな花木です。

 これからも、毎年、水遣りと蟻との戦いですが、故郷・倉賀野町の銘木になる日をめざし、手入れに勤しみます。

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

植木職人の離れ業か・・・三色サルスベリに感銘

P1010715 【赤、紫、ピンク】・・・拡大してご覧ください。

 近所のH家の庭先に今を盛りに咲いてるサルスベリがあります。しかも、一本の木で三色の色どりにびっくりです。根元を見ると一本の木として繋がってるではありませんか。

 今まであまり気づきませんでしたが、今夏は三色がバランスよく咲き誇り、前の道を通る人を鮮やかな色彩で惹きつけてます。

P1010717 【三本が根で繋がってる】

 未だ、樹木として若く、幹の直径は3~4㎝と細いですが、今夏から成長が著しくなって存在感が増してきました。今後、数年経過すれば倉賀野町の銘木に成長する可能性が潜んでます。巨樹になればこの三色サルスベリは「倉賀野の七不思議」になりそうです。

 それにしても、施主は素晴らしい苗木を手に入れたものですが、このような植物の芸術品を考えつき、おそらく接ぎ木により見事に成功した植木職人の技術と心意気に脱帽です。

 このように自然界では起こり得ないものを人為的に創造することは、人間の知恵であり、人間だけが成せる技です。おそらく、他の樹木を通し、多年にわたる職人としての体験から、ある意味で「遊び心」で三色サルスベリに挑戦したかもしれません。生きてる植物による美術品といえます。

P1010718_2

 一方、花梅では「思いのまま」の品種が一本の木で二色で開花することは知られており、私の庭先でも、毎年三月に紅白に咲き分けます。近年は赤の方が優勢になってきました。しかし、よく観察すると赤が二種類であるので、樹木全体では三色になってます。

P1030504

 また、「源平しだれ桃」はその名の通り、紅白の咲き分けです。三年前に手に入れ、築山の頂上に植えたところ、大分、成長し樹勢がよくなってきました。こちらはその年によって平家(白)が勝ったり、源氏(紅)が勝ったりします。勝負は開花後に判断します。

P1000865 【築山の源平しだれ・・・今春は平家に軍配が上がる】

 今回、近所の三色サルスベリに深く感銘ですが、私たちはいろいろの場面で創意工夫し、発想を変えれば不可能と思っていたことが、可能になることが結構あるかもしれません。ただ初めから諦めてしまったり、挑戦を怠ったりでは創造力は遠のきます。

 このように無から有を生み出すことに比較すれば、すでにレールが敷かれてる読書や一般の勉強などは「著者にとっては創造」であっても、読者にとってはあくまで受動的なものです。

 何の分野においても、人が思ってもみなかった「奇抜なアイディア」「奇抜な方法」を考案することは、人間のみが持つ一つの才能でしょう。私たちは従来からのありきたりの生活から一歩でも二歩でも離脱し、より人間的で「心が躍る精神生活の充実」を求めたいものです。 

| | コメント (2)

2016年7月 8日 (金)

大きなサルスベリが咲き出す・・・蟻に蝕まれつつ

P1010477 【庭先のサルスベリ、梯子を掛け蟻退治】

 サルスベリは中国南部原産といわれ、3ヶ月以上、開花を続けることから中国語では百日紅(パイルーホン)と表記し、我が家のサルスベリも毎年、7月上旬より咲き出して10月上旬までその名の通り、100日間ほど咲き続けます。

 庭先のサルスベリは今年も2~3日前に咲き出しました。私は剪定しない育て方を選んでることから、全体的にふっくらし、豊かな枝ぶりが楽しめます。

 購入は5年ほど前で、枝の量は現在の5分の1程度でしたが、大きくしたいので水をたくさん与えていたら、誠に大きく成長し、現在、幹の直径は8㎝ほどになり、樹高は4mほどです。見た目には頭でっかちの様相です。今後も幹を太く成長させたいです。今夏も情熱的に咲くことでしょう。

 P1010481 【蟻の巣穴】

 ところが、天敵とまでは言えなさそうですが、サルスベリの幹にはあちこちに小さい赤い蟻によって掘られた穴が開いてます。幹の奥まで蝕まれています。このままでもサルスベリは生命力が強いので、共栄共存できるでしょうが、10箇所以上、穴が確認できます。こんなに穴が開いてては内部が広いと考えられ、害があっても益は無いでしょう。

 蟻をある程度、除去した後にボンドで穴を塞ぎます。しかし、蟻はその数で対抗するので、なかなか成果が出ません。私は春からずっと蟻の除去に精を出していますが、塞いでも強力な顎の力で再び開けてしまいます。

 蟻が主に活動するのは朝と夕刻時ですが、日中の暑い時間帯も動いてます。一番上の写真のように梯子をかけ、除去したり穴埋めします。

 一方、サルスベリを成長させるには「水が最も効果」があります。私は根元の周囲を直径2mほどの池にして朝夕水を溜めます。拙い体験上、これが最も成長に効果が感じられます。

P1040006 【3年前の開花】

 ご覧のように頭でっかちなので、強風に弱く、一度傾いたことがあります。このため、現在は三方向からロープで引っ張り、強風対策を施してます。これ以上大きくなってもスペースは大丈夫なので、我が倉賀野町一大きなサルスベリになる日が来ることを目標にしてます。

P1010473【グラジオラス】

P1010479 【大きくなってきたリンゴ】

 前述の通り、サルスベリは小さな蟻との戦いです。以前にあった花桃も結局、蟻に蝕まれて朽ちました。

 私たち人間の身体も、時には、何か病原菌に蝕まれるものです。「諦めず」日々しっかり処置していくことが健康につながると確信します。

 皆さまも夏は涼しい時間帯に身体を動かし、この夏を切り抜けましょう。こまめな水分補給、しっかりと三度の食事、時々は涼しい時間帯でのウォーキングは極めて効果があると感じてます。 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査