カテゴリー「一人暮らしの健康維持」の16件の記事

2022年6月15日 (水)

今年こそ 美味しい枇杷酒 飲めるかな

Img_3457
 
 梅雨に入って、品種名「長崎クイーン」という枇杷が鈴なりです。高い所に生ってるので気づくのが遅れ、野鳥に少し食べられましたが、野鳥には毎日、その姿と声に癒されてるので少しはプレゼントです。
 
 高崎駅前の「どんどん」というお店には20年間ほど毎週飲みに行ってたので、1000回程通いました。実はそこで知った「枇杷酒」のおいしさが忘れられず、近年、自分でも作りましたが、なかなか「どんどん」のような味になりませんでした。
 
 ですから、今年こそ夢のようなおいしさの「枇杷酒」造りに挑戦したいです。今日は多くのビワを捥いで早速、取り掛かります。今作っても飲めるのは夏の終わり頃なので、それまでは、ビールやウィスキー、あるいは日本酒で場をつなぎましょう。
 
Dear my friends who like chatting while drinking liquor
 The rainy season has come in Japan, the variety name "Nagasaki Queen" of loquat" is abundant like a bell. Since it grows in a high place, I was late to notice it, and some of the loquat were eaten by wild birds a little, but every day I am healed by its appearance and voice , so it is a little gift for them.
 
 I went to the tavern called "Dondon" in front of Takasaki station every week for about 20 years, so I went there about 1000 times so far. Actually, I couldn't forget the deliciousness of "loquat liquor" that I drank there, therefore, in recent years I made it myself, but it didn't taste like "Dondon".
 
 This year, I will challenge "loquat brewing" with a dreamlike taste. Today, I'm going to pick a lot of loquats. Even if I make it now, I can drink it at the end of summer, so until then, I will connect with beer, whiskey, or Japanese sake, of course thinking of you.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年3月13日 (日)

各種梅 今年の開花は 長持ちだ

Img_3000
 
 昨夜は娘の誕生会に参加し、今朝帰りましたが、時間が6時半に近かったので家に立ち寄らず、車でそのままラジオ体操会場に行って体操してきました。
 
 今日は曇りがちですが、庭の植物の世話をする予定です。写真は赤と白の花が混ざっている「思いのまま」の梅です。今年の梅の花は例年より豪華に咲いています。お近くの方は見にいらしてください。
 
Dear my facebook friends
 I attended my daughter's birthday party last night and returned home this morning. But I didn't drop in my house, I went to the radio gymnastics venue directly by car and did exercised because it was close to 6:30.
 
 It tends to be cloudy today, but I plan to take care of the plants in the garden. The photo is a plum that is "as it wishes" with a mixture of red and white flowers. This year's plum blossoms are blooming more luxuriously than usual. If you are near, please visit me to see the blossom without hesitation.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (4)

2022年1月11日 (火)

喜びだ!! 年重ねても 新たな発見

Img_2733
 
 歩いて5分の近くにあるセブンで偶然に買った「宇都宮餃子」(259円)が、こんなに美味しいものとは知りませんでした。
 
 一度食べたらやみつきになってます。この餃子の特徴は、薄い皮のもっちり感、たっぷり入っている野菜、焼くとパリパリになる皮にキャベツ・ニラ・ネギなどの野菜の甘さがマッチしてます。
 
 ところで、宇都宮に餃子が伝わったのは1940年(昭和15年)以降と言われ、満州(中国東北部)から帰国した宇都宮の軍人が製法を持ち帰ったことが始まりとされてます。
 
 栄養素が詰まっている感じで、何と言ってもエネルギーがあるのてしょう。最近の私は心は侘しくとも、まるで疲れを知らない子供のようです。
 
Dear my friends living both in northern and southern hemisphere 
 
  I didn't know that the "Utsunomiya Gyohza which is the Chinese dumplings" (price 259 yen) that I bought by chance at Seven convenience store which is about 5 minutes on foot, is extremely delicious beyond description.
 
 Once you eat it, you'll be addicted to it I guess. The characteristic of this Gyohza dumpling is feeling chewy of the thin skin, the plenty vegetables in it, and the sweetness of vegetables such as cabbage, garlic, and green onions that we say nira that match the skin that becomes crispy when it baked.
  
  By the way, it is said that this Gyohza dumpling was introduced to the city of Utsunomiya in Tochigi prefecture after 1940 (Showa 15), Utsunomiya soldiers who returned from Manchuria (Northeast China) brought back the manufacturing method.
 
 I feel like it's full of nutrients, and after all, it has energy. Though I feel lonely everyday due to living alone, these days I am really behaving like a child who is tireless.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2021年10月16日 (土)

杉の木で 「テッポウ」による トレーニング

Img_2489
 
 私が日々取り入れてるトレーニングの一つに力士が行う「テッポウ」があります。これは上半身や肩甲骨を鍛えるために、とても良いと感じてます。実は、最近、その太い杉の木が枝を切り過ぎたために枯れてしました。
 
 今後も「テッポウ」を続けたいので、この杉の木を私の身長の高さで切断することにしました。幹の直径は25~30cmほどあるので、素人の私が切るのは難しいですが、挑戦してみます。大きめの鋸で切ります。
 
Dear my friends living both in southern and northern hemispheres
 
 One of the trainings I take every day is "Teppo" performed usually by sumo wrestlers. The method of training is like a pushing-up against the fat tree. I feel this training is very effective for the upper body and shoulder blades. In fact, recently, this thick cedar tree died because it was cut too many branches by me.
 
 But I want to continue "Teppo" from now on, so that I decided to cut this cedar tree at my height. The diameter of the trunk is about 25 to 30 cm, so it is difficult for me as an amateur to cut it, but I will try it. I cut with a large saw.
 
上の拙い英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
 
 

| | コメント (2)

2021年9月27日 (月)

午前中 秋の陽射しを浴びて 10Kウォーキング

Img_2421

【高崎~藤岡間の新鏑川橋への幅広い歩道・・・写真を拡大すると歩きたくなるでしょう。】

 鏑川に架かる新鏑川橋が建設されて丁度1年が経過します。私は時折、吉井ドリームセンターへ車で行くとき、素晴らしい路面で景色がよいこの橋を経由して行くと空いてて、とても快適なドライブです。

 気候が温暖となった今日の午前中、何となく体を動かしたくなり、思い切って10Kウォーキングに挑みました。午前9時30分頃、倉賀野の家を出発し、倉賀野~阿久津間の共栄橋を渡り始めたら、体が燃焼し始めたのでしょうか、暑くて長袖を捲り、その後、長い土手を通過し、新幹線のガード下を潜り抜け、山名町の田んぼに入りました。

 この辺一帯はハウスによるトマト栽培が盛んです。季節に関係せず作付けしていることから、ハウス内には比較的小さな苗が見えました。おそらく、年末から正月にかけて出荷するものでしょう。温度を調節したり、換気をしている様子を見学しつつ、西に南八幡小学校を見て目指すは最近の技術の粋を集めて建設された新鏑川橋への歩きやすい歩道です。

 歩道と言っても、車が通過できるほどの幅の広さです。ウォーキングは環境がよいと歩きやすく安全なことから、そのつもりがなくても自然とスピードがアップします。ここは見渡す限りの田んぼの中です。

 ところで、人間の心臓と肺は休みなく活動し、これによって私たちの生命は維持されてます。安静時の脈拍は1分間に70回前後で、1日は1440分ですから、1日に10万回ほど動き、血液を循環させてます。因みに呼吸回数は安静時1分間に18回前後なので1日に2万5千回ほどです。つまり、概算では1回呼吸するうちに心臓は4回ほど動きます。

 ですから、心肺については平素から労わったり、また、一定の負荷をかける起爆剤としての運動は不可欠と考えてます。ウォーキング中、時々はこのことを意識し、鼻呼吸を心がけ、息をしっかり吐き、胸が膨らむように新たな酸素を吸い込みます。

 これによって心肺機能は充実し、自分の体が機械のように感じられます。同時に、全身の筋肉の7割が集中してると言われる足腰は、一般的には筋肉が衰えやすいと考えられるので、年齢を重ねでも決して筋肉を落とすことはできません。筋肉とは、年齢に関係なく使えば増えると言われてます。

 このため、ウォーキングはもとにより、最近の私は庭の太い樹木を使って毎朝「テッポウ20回」を心がけてます。実は、昨日、ある用事で高崎に行ったとき、初めてお会いした方が「ずいぶん上半身がしっかりしてますね。」と普段、言われたことがないことを初めて言われました。透かさず、毎朝「テッポウ」をしてます。」と応えたところ、その人は珍しそうな顔をしてました。

 高齢になるほど日々、私たちは適度な運動を心がけ、大切なことはそれに見合った栄養を摂取することではないでしょうか。このバランスが肝心で、どうしても栄養のみが超過しやすい傾向にあります。

 なお、近年、私は早朝にトマトジュース【抗酸化作用】を飲んでます。その他、牛乳【筋トレやウォーキング後の筋肉づくり】、豆乳【早朝の抗酸化作用】、ニンジンジュース【早朝の抗酸化作用】、コーンスープ【大腸を整える食物繊維】など飲んでます。

 

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

肩甲骨 トレーニングに 休みなし

Img_2349 P1030368_20210908031801
 
 先日、伐採した左のハクモクレンは高さ1m30㎝ほどの幹が残してあり、太さは約15㎝です。同様に、裏庭の杉の木でも、そこへ行ったとき運動します。それは関取の真似をして私は「テッポウ」を行ないます。樹木から足を遠くへ離すと、上半身により負荷がかかり効果があります。やってみると肩甲骨や三角筋、上腕など周辺の筋肉が鍛えられます。通常、20回位行ないます。
 
 私は年令にして背が高いので、猫背にならないことも目標にし、雨天の日は室内の太い柱でも鍛えることができます。毎日、行なう運動は、この他、踵の上下運動で脹脛を鍛えます。こちらは50回ほど行い、これにより下半身の血流がスムースに循環すると考えてます。
 
Dear my overseas friends
 
 The other day, I remained the trunk of white magnolia which was cut down. And it has a trunk with a height of about 1. 30 m and about 15 cm in diameter. Similarly, the cedar tree in the backyard also is used for exercise when I go there. I imitate sumo wrestler's "Teppo" that means pushing up. If I move the legs far away from the tree, the upper body will be more loaded and effective. When I try it, the surrounding muscles such as the shoulder blades, deltoid muscles, and upper arms are trained. Usually, it is done about 20 times.
 
 I'm old and tall, so my purpose is to avoid to be stooped. On rainy day, I can train with the thick pillar in the room. In addition, the other exercises that are performed every day, the calf is trained by moving the heel up and down. This is done about 50 times, and I think that the blood circulation in the lower body flows smoothly.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2021年9月 5日 (日)

庭仕事 プロに頼らず 自ら取り組む

Img_2341Img_2343
 
 高崎の方はご存じでしょうが、高崎公園には高さ10mほどの巨大なハクモクレンがあります。写真のハクモクレンは私の庭の植木ですが、年数が経てば思いのほか巨樹になる可能性があるので、今のうちに写真右の小さな芽を残して伐採します。近くには枝垂れ桃や花梅があるので密集を避ける目的もあります。しかし、今日も雨模様で、もし、一時的にでも雨がやんだら作業の開始です。
 
 このように最近は樵をしたり、ピアノを弾いたり、料理を作ったり、何でも英語での表現に挑戦したりで多面的な生活を一人で送っています。何でも自らやると、いろいろ勉強になり、豊かな生活になります。あるいは、高齢化社会ではこれが健康につながったり、認知症予防にとっての基盤かもしれないと思います。
 
 As you may know if you live in Takasaki-city, there is a huge white magnolia about 10m high in Takasaki Park. The magnolia in the photo is a plant in my garden, but it may become a giant tree over the years in the future, so I will cut it down leaving the small buds on the right of the photo. There are weeping peaches and flower plums nearby, so there is also a purpose to avoid crowding. However, it seems to be raining today, if it stops raining even temporarily, my work will start.
 
 In this way, recently I have been living a multifaceted life by myself, such as playing the lumberjack, playing the piano, cooking and expressing everything in English. If we do anything ourselves, we will learn a lot and have a rich life. Or, in the aging society, I think this way of living may be the basis for health and senile dementia prevention.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

結果には 思い当たる 節がある

Img_1976
 
 最近の2日間、珍しく就寝しようとすると不整脈を感じました。「何が理由か」と、いろいろ思いを巡らしましたが、今までとそれほど違った生活はしてなかったてす。
 
 しかし、一つの原因を突き止めました。それは「夕食の食べ過ぎ」です。また、食事内容に「生モノが多かった」ことに因るのではないかと悟りました。生モノとは「刺身」及び、塩で揉んだだけの「生のカブ」です。両方とも美味しくて、つい食べ過ぎました。
 
 このため、昨晩の夕食では生モノを避け、食事量も少し減らしたところ、就寝時に不整脈を感じませんでした。一人での生活は注意してくれる人がいないので、健康維持には、もう一人の自分で食生活をきちんとチェックしなくてはなりません。
  
 I felt an arrhythmia when I tried to go to bed, which was rare for the recent past two days. I wondered "what was the reason", but I didn't live a different life than before.
 
 However, I found one cause. That is "overeating dinner". Also, I realized that it might be due to the fact that there were many raw foods. Raw products are "sashimi" that means sliced raw fish and "raw turnips" that are simply massaged with salt. Both were delicious for me and I just ate too much.
 
 For this reason, I avoided raw foods at dinner last night and reduced the amount of food, As the result, I did not feel any arrhythmia at bedtime. There is no one to be careful about living alone, so I have to check my eating habits by myself for maintaining health.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (2)

2020年10月22日 (木)

白内障の手術が終わる・・・この世がよく見えるか

Img_1288
 
 未だ、左目に大きな眼帯をし、右目だけでものを見るのは誠に不自由で、やっと、この文を書いてます。今日、白内障の術後の健診にもう一度、眼科に行くので眼帯が取れる予定です。車の運転ができず、昨日も今日も遠い眼科まで往復タクシーです。
 
  一人暮らし故、食事の用意もよくできません。普通に見えることが何と素晴らしいことか実感してます。私たちは眠っているとき以外は常に目を使ってます。それでも、今度は今までより「世の中がよく見えるのではないか期待してます。
 
 I am still wearing a big patch over my left eye due to cataract surgery, and it's really inconvenient to see this world with my right eye only, so it is also hard for me to write this sentence in both languages. Today, I'm going to an ophthalmologist again for a postoperative medical examination, so it will be released from the patch. I could not drive a car yesterday so that I took a round-trip taxi to a distant ophthalmologist. Today I have to use a taxi as well.
  
 Since I live alone, I can't prepare meals well. I realize how wonderful it is to look normal. We always use our eyes except for sleeping. However, I hope that "I may able to see the world better than ever" this afternoon.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/..
 

| | コメント (4)

2020年9月24日 (木)

森の中に佇む家をめざす

Img_1217

【拡大し臨場感を出して下さい。】

 人生の第4コーナーに差し掛かった今頃になって、両親から受け継いだ植物の魅力に取りつかれています。殊の外、花が好きだった両親が他界したのは昭和時代です。その頃の私は中年に差し掛かり、音楽とレース鳩に夢中の日々を送り、草花や花木にはほとんど興味を示しませんでしたが、仕事には一応精を出してる頃でした。

 ご覧の通り、水やりなど毎日何らかの手を差しのべてるサルスベリは年々成長を続け、すでに9月下旬というのに今が盛りで、もしかしてその名の通り、百日紅をめざして一向に咲き終わりません。今年の開花は例年より少し遅れ、7月15日頃でした。ですから後1ヶ月咲き続ければ100日間咲くことになりますが、果たしてどうでしょう。

 私が花木の魅力に目覚めたのはシャクナゲに興味を持ったことが切っ掛けです。シャクナゲはきれいで花が咲く植物としては花が大きかったこともあります。如何にも山の花という感じがします。

 手入れをしているうちに、いろいろの色彩があることを知り、西洋シャクナゲと日本シャクナゲに大きく分類されることもいつの日か知り、中でも貴重な日本シャクナゲの色彩には我を忘れるほど魅せられます。西洋シャクナゲは色彩が華やかでこれもまた観賞に値します。どちら常緑樹です。

 一方、同時に垂れ花桃にも魅力を感じ、しだれることから根元を高くするため、今でも築山に2本植わってます。最初の花桃は大きくなりましたが、晩年には小さい赤い蟻に根元を蝕まれて朽ちました。

338-1_20200924094001

 【懐かしい最初のしだれ花桃】

 現在は写真の花桃の二世、そして品種が異なる「源平しだれ」が植わってます。花桃はすべて枝垂れで、現在は5本が植えてあり、6本が鉢に植えてあり、棒や紐で幹の型を形成中です。

 この他の花木も多種で、金木犀、藤、品種の異なる花梅が5本、ツツジが3本、大きなハクモクレン、雪柳、八重桜、柊南天、南天、ドウダンツツジなどです。昔は樹木に花が咲くことを知らなかったですが、本来は種族を残すためにすべての樹木に花が咲くでしょう。

 ところで、最近は多くの家の庭では、樹木をあまり植えない傾向です。どこを見ても、新築の家、家、家のみで殺風景に感じます。ぜひ、花を鑑賞できる植木を1~2本は植えてほしてものです。

 樹木に囲まれる良さは、新緑、開花、紅葉など四季折々に風景が変化し、季節感が感じられます。それと共に、私たちが生きていく上で、欠くべからざる酸素を生じさせることから、樹木の中にいると呼吸が楽になります。

 本来、私たちは光合成してる植物にいくら感謝してもしきれない筈です。年々、樹木に覆われる家をめざします。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査