カテゴリー「私のウォーキング」の2件の記事

2017年7月24日 (月)

いつでもどこでもできるキャフレイズの勧め

P1030033【思わず歩きたくなる環境が大事】・・・左は我が先祖の宮の森

 最近、私は歩き方を変えてます。今までより幾分かゆっくりです。一般的に、歩く種類は速い順に、競歩、ウォーキング、一人で散歩、人と話しながらの散歩になるでしょう。本格的な競歩は50K、20Kと距離が非常に長く、その上、スピードは考えられないほど速く、競歩の選手は超人的です。
 
 私の場合はウォーキングであり、たびたび【4kmを40分】前後の速度で歩いてます。しかし、日本を代表するような20K競歩の男子選手の速度は1時間20分前後です。これを4kに換算すると16分ほどであり、私のウォーキング速度の2倍以上で驚くほかはありません。もし、競歩の選手が20Kでなく、4Kを歩けばもっと速いでしょう。世の中には何の道でも達人がいるものです。
 
 しかし、私たち一般人が歩くのは健康長寿を目的としており、競技として順位や記録を狙う競歩とは全く異質なものであることを認識し、踵から着地しない独特な歩き方を真似るべきではありません。
 
P1030162 【せっせと歩きたくなる高崎観音境内の響橋】・・・拡大してご覧ください。 
 
 私たちの身体は、脳への血液循環=the circulation of the bloodが十分に行き届くと、結果的に物事が無駄なく大切なポイントが考えられたり、あるいは、行き詰ってた事柄に道筋が見えたり、プラス思考で考えられるようになったり、もしかして個人的難題をも突破できるような一筋の明るさが見えるかもしれません。
 
P1010539 【烏川の共栄橋の歩道】
 
 それには心拍数が適度な速さであることです。私はそれを平素の1.5倍と考えます。これより早過ぎてはなりません。平均して平時の心拍数は72前後であることから、歩いてるときは105~110位をめざします。
 
 私たちの目標は「歩いて心身の快適さを覚えること」であり、速さを競ったり、記録に挑戦は不要です。特に人と競争してはなりません。あくまで、心臓や全身の筋肉や関節の快適さをめざします。
 
P1030732 【天然記念物の浮島やモリアオカエルが生息する大峰沼付近】
 
 ところで、人間が二足歩行になって以来、景色を眺める目の位置がずっと高くなり、それにより考える題材や資料が増え、判断力が高まり、頭脳が格段に進歩しましたが、これは一つに首を持ち上げる力が不要になり、重たい首を支える筋肉内の充血が解消され、その分、血液が脳に使われるようになったとも考えられます。
 
 一方、以前にも記述しましたが、歩く以外の血液循環法で私が皆さんにお薦めする簡単な運動は「キャフレイズ」=calf raise です。これはつま先を軸に踵を上下する運動です。
 
P1070235 【段差がある位置でつま先を乗せて踵の上下運動を行う】
 
 この運動後は予想以上に脹脛が硬くなり、筋肉が太く発達し、心臓の負担が楽になる感じです。50回ほど行った後、脹脛を触ると太くなってることが実感できます。そして足首が細くなります。これはどこでもできるので1~2分間で可能であり、副産物として姿勢の向上が望めます。行進曲風の音楽に合わせて行うと楽しく出来ます。
 
 若き日は競争したり根性も大切ですが、人生の後半戦に至っては直接目に触れないことから気づき難くても、「如何に血液循環をスムースにするかがポインド」でしょう。血液が身体の隅々に行き渡ることで生命維持装置である各臓器に酸素と栄養が与えられ、細胞が活性化し、高齢期に心配される認知症=senile dementiaを未然に防ぐと考えられます。
 
 皆さん、夕刻の涼しい時間帯に散歩しましょう。目安は40分~1時間で、週2回ほど行いたいものです。「人間は考える足から」とも言えそうです。
 
 「生活習慣は体型にでる」と言われます。真っすぐ前を見て楽しく歩きましょう。
 

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

親が死んでも食休みは本当です

P1010783 【群馬県・鏑川の土手は私のウォーキングコース・・・山名町】

 すでに15年ほどウォーキングをしてます。最近は以前より真剣に歩いてます。それはスピードです。ある程度のスピードを伴ってこそ、ウォーキングが有酸素運動になると考えるからです。いわゆる散歩は足腰の鍛錬にプラスでも、有酸素運動にはなりません。心肺機能を高めるには100mを1分前後のスピードを保つ必要があります。私は3k~4kの距離を実践してます。

 一方、ウォーキングの素晴らしさは「恰も哲学者の如く」いろいろ考えられることです。おそらく脳への血流が適度なのでしょう。

 季節はすっかり秋となり、気温は低くなっても、スピードを保持したウォーキングの後は汗がたくさん出ます。健康のポイントは【身体の中の不必要なものを如何に体外に排出するか】と考えるとき、汗をかくことはメリットがあります。その後の水分補給=rehydrayionこそ身体が生き生き感じられることはありません。

 これこそ生命維持の基本である新陳代謝=metabolismに合致します。P1010668【台風接近時の堰き】

P1010782【台風が過ぎ去った堰き】

 ところで、昔から「親が死んでも食休み」の諺が伝えられます。このことを身をもって体験したことが今までに2回ありました。いずれも山登りのときで、朝食後、三峰山の急坂を登り始めたら苦しくて堪えました。同様のことが昼食後、元白根山でありました。ずいぶん体力が落ちたものだと内心、年齢のためかと落胆したものです。

 しかし、後で考えたら、いずれも、あまり食休みせず胃の中に消化されてないものがたくさんある状態で、きつい登山道を登り始めたからと気づきました。

P1010780 【鏑川に咲く彼岸花】

 以前に我が町でも、午後8時ころからグループでウォーキングする人たちがいました。今でも続いているかは分かりません。「食後に歩くことが血糖値を下げる」との考えに従っていたのでしょう。

 これは一理はあっても、食後は胃の周りに血液が集中してる時であり、他の筋肉への血液循環が鈍るときです。私の考えでは、ウォーキングは食後かなり時間が経過してからが健康的と考えます。食後のウォーキングは慎み、少なくとも食後2時間以上経過してからが望ましいと思います。

P1010781 【藤岡市日野からの鮎川と鏑川の合流地点】

 以下は血糖値が低い人には勧められません。

 私のように血糖値が現在は正常値でも、長い期間、高めで医師から低くするよう指導されてました。このため如何にしたら血糖値が下がるか真剣に考えました。食べ物を減らしたりしても、なかなか下がりません。

 血糖値とは【食後に高くなり、時間の経過と共に下がる傾向で、一方、運動すると下がる】と医学的にいわれてます。

 そこで、この「二つの下がる要素」を同時に習慣化すれば、しつこい血糖値が下がるのではないかと考え、朝食前、または昼食前、あるいは夕食前にウォーキングすることを今では徹底してます。

 血液検査の結果、我が人生の歴史に光が差し込んだ如く血糖値が下がりました。医師に褒められれば、いい年して嬉しく、このウォーキング法を続けます。 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査