カテゴリー「音楽会」の2件の記事

2017年10月10日 (火)

「不滅のアレグレット」に対位法の深遠さを感じる

P1020099

 今回、前橋市民文化会館で行われた前橋交響楽団第31回演奏会を娘たちと聴きました。3曲構成によるプログラムは「魔弾の射手」序曲、「コッぺリア」「ベートーベン第7番シンフォニー」で、いずれも親しみある名作ばかりです。
 
 先ず、指揮者のタクトが動き出すや否や生じた響きは、私にとって若き日の懐かしい哀愁漂うロングトーンです。続いてオクターヴ上で再度奏でられるクレッシェンドを伴う壮大な響きに、私は一瞬、青春時代が蘇りました。
 
 それは、学生時代に聴きに行った東京虎ノ門ホールで行われた民音主催「指揮者コンクール」の課題曲が「魔弾の射手」だったからです。今回の演奏で優雅な響きとそれに続く名旋律の数々に20代の若き自分に戻ることができました。
 
 当時の国内指揮者コンクールは第一次の課題曲「エグモント序曲」に続き、第二次審査は「魔弾の射手」序曲で、審査委員長である著名に斎藤秀雄氏は講評で「同じ曲を幾度も演奏することはオーケストラの楽員にとって精神的苦痛である」と言った説明が思い出されます。
 
 それでも、指揮者によって目に見える指揮法が変わり、それにより生まれる音楽はテンポ・リズムが変化して聞こえ、音色まで変化し、それぞれ異なる魅力ある楽曲に聴こえるものです。楽員がタクトに忠実に合わせ、生まれる音楽はまるで呼吸する生き物のようであり、同じ楽曲でも表現が多種であることを若き日に認識したものです。
 
P1020093 【演奏開始前にコントラバスが音合わせ】
 
 ところで、今回の前橋交響楽団のプログラムの中で、事前に私が最も楽しみにしてたのはベートーベン第7番シンフォニー第2楽章です。この楽章も若き日、闇に包まれてるような、しかも、とめどもなく湧きいずる美しさに心底より感銘したものです。果たしてこの曲の持つ「内面的深遠さ」をどう表現するか、期待を持ち、この楽章が始まるイ短調主和音の響きを待ってる私がありました。
 
 この楽章「不滅のアレグレット」は初演から人気があったといわれ、その根拠は文字通り、どこまでも暗い響きによる「対位法音楽の美しさ」にあり、人間の苦しみや愛を、あるいは人間的な喜びを極限まで表現したベートーベン不滅の傑作に改めて深く感銘する思いです。
 
 昔、バロック音楽などで聴いた対位法【counterpoint】がこれ程まで聴く人の心を打つとは考えられませんでしたが、この第2楽章を聴くと「音楽は旋律、和声、リズム」が三要素といわれても、私には対位法が内包されてこそ音楽芸術の深遠なる響きと感じてなりません。故に、弦楽四重奏を始め、多くの室内楽で対位法の無限な動きが、楽曲の魅力と感じてます。
 
 対位法とは、楽曲の中にあって、一方のパートが音を伸ばし、一方が音を刻み、他方が旋律を奏で、また、新たなる旋律も加わり、そのすべてが和声として響き合うので、聴き手を複雑にして魅力ある音の世界に誘います。
 
P1020094【よい音響を考慮した館内の構造】
 
 一方、私は指揮法に関心があるので、その動きを緻密に拝見しました。時々は効果的な「先入法」があるかなと思いました。これにより演奏と指揮の動きに、鑑賞者にとって、より鮮明な両者の関連性が感じられ、演奏はより動きある魅力を増し、惹きつけられるのではないでしょうか。この先入法は前述の審査員・斎藤秀雄氏が考案したと伝えられてます。
 
 実は今回の演奏会は娘の友人がクラリネットで出演されるとのことで聴きに行くことになりました。演奏後、高崎に戻り、久々に駅前「どんどん」で娘たちと音楽談義に花を咲かせ、充実した祝日になりました。
 

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

スバル輝く冬の夜空を演出・みかぼ室内管弦楽団

800pxthe_pleiades_m45【今宵も日本上空にあるスバル星団】

 今の時季、午後7時~11時ころまで日本の上空にあり、肉眼でよく見える不思議な星の塊は「スバル星団」=the Pleiadesです。中国名「昴」は日本でも大昔より「星はすばる、ひこ星、宵の明星がよい。流れ星も少々趣きがある」と清少納言の「枕草子」にも記されてます。
 
 21世紀の今でも、一日一回、沖縄県石垣島や宮古島、西表島など先島諸島の頭上を必ず通過することを知ると、宇宙の普遍性と人類の生命とは比較にならない永遠性を心底から感じざるを得ません。
 
 本日、私は高崎市浜川プール・トレーニングセンターで開催された「みかぼ室内管弦楽団」による「昼のミニコンサート」を聴きに行きました。毎年この時季に開かれ、すでに三回ほど拝聴し、指揮者のユーモア溢れる解説や指揮ぶりに、もちろん素敵な音楽に時間の経つのを忘れました。
 
 実は、室内管弦楽団の母体である新みかぼフィルハモ二ックのバイオリン担当Oさんと私はトレーニング仲間であり、フェイスブック友人であることから、この催しを知りました。寒い中、楽員の熱気はもちろん、観客の皆さんも演奏を楽しそうに聴いてます。
 
 私は前から二列目に席を取り、麗しいチェロの女性のすぐそばで楽しい時間が過ごせ、室内楽を生で聴くのは中世より音楽の喜びの真髄であることから、やはり洗練された音色に、そしてハーモニーに、何より、異なる旋律の動きが美的に組み合わさった四声対位法に胸が踊ります。
 
 その主たる演奏は「G線上のアリア」にありました。チェロの隣は、これまた女性コントラバス奏者の揺るぎないテンポ感と地底から響き来るような低音に圧倒され、私たちが生きてる実感、そして感嘆する魂の叫びは快適なテンポ・リズムそのものではないでしょうか。「G線上のアリア」の八分音符の速度は、私たちの心拍数にほぼ一致するように感じてなりません。
 
P1020240【美しいチェロの響きを目の前で堪能】
 
 プログラムは「ラジオ体操第一」に始まり、客は意外な幕開けに驚きつつも、寒くて固まった身を柔軟にしてます。実は私は本日、ラジオ体操は二回目です。朝、自宅でやって来たからです。
 
 お陰で、体調は良く、音楽鑑賞に集中でき、脳が活性化しつつありましたが、どこを捜しても楽員の中にフェイスブック友人のOさんが見当たらないのです。お目当ての女性に会えないのは青春時代以来のことで、どうしたのだろうと思いつつ「G線上のアリア」の四声部をすべて聴き取る覚悟でバッハ音楽の極意を楽しみました。
 
 一方、タイトルの如く、プログラムに「すばる」があり、実は最近、私は頭上に輝く星団「スバル」を毎晩の如く眺めてます。ですからその偶然性と今の季節に相応しい選曲に感心です。この曲は中国でも人気と言われることからよく聴くとなかなか素晴らしい作品です。元々「スバル」を「昴」と書くのは昔から中国で言われたことで、その後、日本に入って来たのでしょう。では、聴きましょう。
 
 ところで、今回の演奏で特に美しい響きが感じられたのはアンコールで演奏された「愛の讃歌」です。本番の演奏に続き、アンコールで二回目であることから、アンコールの方が一段と愛の表現は高まって聴こえました。
 
 特に、女性奏者たちの表情が今までより幾分か高揚し、顔つきに赤味みが感じられたのは私だけではないでしょう。ご本人の人生体験と音楽「愛の讃歌」がマッチしたような感じが会場に伝わりました。
 
 音楽とは楽譜を音にすることから超越し、このように自らの人生の喜怒哀楽に結びついて演奏できれば、表現は全く高い境地に入るのでしょう。
 
 指揮者の言葉、「ハンガリー舞曲第五番」中間部の遅くて引っ張る部分について・・・確かに「納豆」の粘るイメージですね。こんなことを言うと、もしかして、Not at all と言われそうです。
 
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査