カテゴリー「室内楽の楽しみ」の1件の記事

2017年3月27日 (月)

室内楽の楽しみ・・・新みかぼフィルの低弦発表会

P1020566 【プログラムのパンフレット】

 フェイスブック友人Оさんの記事で紹介された新みかぼフィルハーモニック楽団員による低弦発表会が開かれ、小雨降る日曜日の午後「室内楽を楽しみ」に会場である藤岡市公民館へ向かいました。今まで藤岡市に縁のない私でしたが、ナビのない車でも無事に到着できました。会場へ入るや否や、美しいチェリストの女性が受付をしてくれました。
 
Photo【The Japan Timesより 】
 
 会場は音楽ホールというより大会議室です。しかし、室内楽が盛んてあった16~17世紀のヨーロッパでは、おそらくこのような雰囲気だったのではないかと想いを巡らし、以前にショパン生誕200年祭の折、英字新聞に掲載された親しい友人に聴かせたショパンの演奏スタイルに、ここは似てると思いました。演奏者と鑑賞する人たちに空間的隔たりがなく、いわば膝を交えて「室内楽を楽しむ」一体感が、今回の低弦発表会にもありました。
 
P1030552【群馬音楽センター前にあるコントラバスの電話ボックス】
 
 今回はコントラバスやチェロなど低音弦楽器を中心とした音楽会と銘打っても、プログラムが示すようにバイオリンはもとより、クラリネット、楽しいホルン四重奏が含まれ、多種多様なアンサンブルで鑑賞者はそのバラエティーな形態に目を見張り、特に圧巻は11台のチェロによるエルガーで、半円形に並んだ壮大な演奏スタイルは新みかぼフィル・チェリストの素敵な仲間たちと捉えました。
 
 ところで、全13プログラムの中でFB友人Oさんは、今回、5回もピアノで出演され、私は彼女がピアノを専門とすることは存じてましたが、初めてピアニストとしての卓越した感性を目の前にし、5回のプログラムどれを聴いても本格的タッチによるピアノテクニックと緩急柔軟な表現は驚愕そのもので、今回、改めて音楽家としての彼女に敬服です。
 
Photo_2
 
  一方、プログラムではメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲、及びベートーベンのピアノ三重奏曲【3番4番】があり、演奏を聴きながら大作曲家はよくぞこの演奏形式を確立させたものと感じます。それはピアノが重奏に加わることで音楽表現に幅が生じ、一段と芸術に深みが増す印象です。
 
 実は、私が初めてピアノトリオを聴いたのは17歳のとき、高崎で行われた「チェコトリオ」です。音楽に疎い私でしたが、奏者一人ひとりが個性的に気持ちを表現しつつ、重厚なハーモニーをなしてる印象が残ってます。遠い国から来日しての演奏に音楽に国境はないことも高校生の私に感じられました。
 
 今回の室内楽もオーケストラ演奏と異なり、奏者一人ひとりが奏でる旋律の動きが手に取るように聴こえ、特にピアノは伴奏でなく、他の楽器と同等の主張がなされ、三者の個性と個性の響き合い、音色のブレンド、時に激しく主張し、時に互いに柔和するハーモニーに裏打ちされた「対位法音楽」を目のあたりにします。
 
 有名なシューベルトの歌曲集「冬の旅」に見られる如く、本格的な楽曲ではピアノが伴奏や従でなく声楽との協演であり、二重奏です。ピアノは和声的役割はもちろん、時には声楽に対比的な旋律を奏でます。
 
 今回、私は数種の旋律を聴き逃すまいと耳を傾けました。果たして人間の聴覚は一度にいくつの旋律を聴きとれるのでしょう。耳を研ぎ澄ませ多くを聴き取れる鑑賞力を身につけたいものです。
 
P1020564
 
 ところで、今回、プログラム13曲すべてを拝聴しましたが、私が印象に残る演奏は新世界を彷彿させるドボルザークの「アメリカ」、そして、マルチェロのソナタです。女性コントラバス奏者とピアノニスト0さんによる二重奏です。コントラバス奏者は1~3楽章まですべて暗譜には驚きました。明けても暮れても、この作品に没頭され、どれ程の回数を練習したのでしょう。どこまでも作品の深遠さを追求する姿勢に脱帽です。彼女はこの演奏の前に、私の近くに座っておられました。
 
 私たちは、演奏とはややもすると「楽譜を間違わずに音に変換する作業」に陥りやすいことがあります。もちろん、楽譜はメモ程度に見ることも演奏の安定性から大切です。彼女の場合、楽譜の世界から離れ、コントラバスの持ち味、音質、音程、ビブラートなど表現を自らの意思通りに奏で、これは演奏家として作品に対する真摯な気持ちの表れです。特に独奏曲の場合、「音質と表現をいかんなく発揮する」には暗譜は演奏の基本であることを彼女から学びます。
 
 今回、暫くぶりに室内楽の極みに浸れ、新みかぼフィルハーモニック楽員の皆さまに心底より感謝申し上げます。 
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査