カテゴリー「骨の検査」の1件の記事

2017年11月16日 (木)

骨密度を計測・・・毎日溶け、毎日作られてる骨

P1000243【ウォーキングは必ず踵から着地し、背骨に負荷を与える】

 平素、その存在を忘れがちなのは私たちの体内にある206個の骨です。忘れがちなのは体内のため、自らの骨を見ることは生涯にわたり先ずないからです。というものの私は子供のとき脛を家の上がり口に思い切りぶつけてしまい、薄い肉を持ち上げたとき白い骨を見た記憶があります。体外から最も近くにある骨は頭蓋骨とこの脛骨でしょう。ここは弁慶の泣き所といわれ、触ると骨の形も想像できます。
 
 身長は骨の大きさや長さにより大かた決定し、姿勢も骨と骨の連結により決まります。
 
P1060964【ダンベルは軽いものも使い方で効果あり】
 
 ところで、骨の量は30代から40代にかけピークに達し、その後は次第に減る傾向といわれます。しかし、前向きな生活習慣や人為的な努力によって、より丈夫な骨にすることは可能と考えます。それはカルシュームを含む食品の摂取と、紫外線を浴びることで生ずるビタミンDにより、骨の大部分を占めるカルシュームが吸収できると考えます。
 
 日々、家に閉じこもった生活でなく、骨の存在を意識しつつ「骨に負荷をかける運動」こそ骨が丈夫になるでしょう。
 
P1020273 【検査結果】 
 
 先日、暫くぶりに近くの医院で骨密度を計測しました。1週間ほどで結果が分かり、医師が丁寧に私の骨の量について説明してくれました。表の見方は、左の数値1~4まであり、1は本格的な治療の対象となり、2は注意が必要で医師の指示に従って食事や運動に心がけ、3~4は問題はないと区別されます。
 
 それによると私の数値は2.63なので年齢にしてはまあまあ基準にあり、特に問題はなしと診断されました。内心は、もう少し良いのかと思いましたが、年齢にしてはこんなもんでしょう。
 
 ところで、私は骨はずっと同じものであると考えてましたが、驚くことに、骨は丈夫さを保つため「日々、古くて脆くなった部分を破壊し」、「新しくて強い骨に毎日、作り換えてる」との医師の説明です。
 
 私たちは今の骨量と質を保ち、骨量の減少を最小限に抑えるには、食事と運動で増やすことで、結果的にQOL=Quality of Life=生活の質の改善を図りたいものです。生活の質は見えない骨の量と質に大いに懸かっていても、これは気づき難いことです。
 
2290【谷川岳・天神平で撮影】
 
 一方、最近、私に近い年齢の人や先輩方を見るにつけ、一目瞭然なことは、その人の歩く姿勢です。私はこれに大いに注目してます。歩く姿勢はその人の「健康度」と「精神の充実さの程度」の表れと思えてなりません。
 
 歩いてないときでも顎が上がったり、前屈みであれば肺や心臓、そして胃腸が圧迫され、見た目の姿勢の悪さのみならず、消化器にとって害はあっても益はないでしょう。「人の振り見てわが身を正せ」は、中高年において視覚から得る大切な情報です。
 
 私たちは特に歩く姿勢に注意したいものです。前述の如く、姿勢が悪いと内臓に悪影響とともに、気持ちまで憂鬱になります。習慣的に姿勢を正しくすることは中高年にとって「生活の質」の核心です。姿勢は私たちの骨の量と質に関係します。
 
 近年、耳にする骨粗鬆症=osteoporosis・・・【脇道で失礼、この発音はおよそ、明日、手をポロ視す】は比較的、体重の軽い女性が高齢期に罹りやすく、スタイルを気にするあまり、若いときダイエットでやせ過ぎると、後々骨まで痩せてしまうと考えられます。標準体重を保つことは骨粗鬆症対策として重要なことです。
 
 ところで、納豆はビタミンK₂を含有し、骨の形成を助けるといわれます。東北から関東の人は納豆の消費が多く、大腿骨骨折を起こす頻度が少ないといわれます。私たちは日々、好き嫌いなく多岐に亘り食したいものです。
 
 宇宙飛行士が地球に帰還したとき、骨の量が減ってた話は有名です。宇宙空間では骨に負荷がかからないため骨が弱くなったのです。私たちは重力ある地球上にいる恩恵をしみじみ感じつつ、骨に負荷を与え、正しい姿勢をキープしたいものです。
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査