カテゴリー「新みかぼフィル」の2件の記事

2018年3月 5日 (月)

指揮者コンクールを彷彿させる「エグモント序曲」

Photo【エグモント山2518mニュージーランド北島】

 一年ぶりに藤岡市で開かれた新みかぼフィルメンバーによる低弦楽器を中心とした発表会を聴きに行きました。プログラム内容はオーケストラ楽員が個々に、あるいはパートごとに行なった練習成果の発表です。
 
 曲はバロック音楽の頂点バッハによる「無伴奏チェロ組曲第三番」に始まり、作品は一台のチェロで旋律と伴奏を同時に弾き、時折、対位法パッセージが含まれ、この曲はチェロ奏者にとって難曲でも、挑戦し甲斐ある名曲です。伴奏の合間にメロディーが浮かび上がって聞えたとき鑑賞者は嬉しいものです。
 
 すべてのプログラムについて感想をメモリましたが、それを述べることが目的ではなく、あくまで室内楽の楽しみを追い求める私がいました。
 
 有名な作品であるモーツアルトの「クラリネット五重奏曲」イ長調を聴いて、弦楽四重奏と共に、古典派純音楽として響きが本格的であり、クラリネットの音色は低音から高音まで、そして細かい音の動きまで、それぞれクラリネットの特徴ある音色が発揮され、ずいぶん変化が感じられ、特に幅のある低音の響により魅力が感じられます。モーツアルト固有の雅やびな音色が会場に伝わり、私の心は集中して拝聴できました。彼女とは以前に浜川のジムでお会いしたことがあり、演奏後挨拶でき嬉しかったです。
 
P1020730
 
 私は若き日、東京で行われた民音主催による指揮者コンクール本選会を聴きに行きました。審査員は斎藤秀雄氏をはじめ、外山雄三氏などそうそうたる指揮者たち。このときコンクールに参加したのが今や大御所の若杉氏や小泉氏です。
 
 一次予選の課題曲はべートーべン「エグモント序曲」で、本選会の課題曲はウェーバー「魔弾の射手序曲」、自由曲では若杉氏は確かモーツアルトの40番シンフォニーを指揮したと思います。オーケストラは同じ「エグモント」や「魔弾の射手」を幾度も繰り返し演奏することから、楽員は大変な精神力を使うことになりました。また、それは指揮者の今後の命運がかかってるからです。
 
 今回の低弦発表会で珍しくホルン八重奏による「エグモント序曲」は、その編成と挑戦に驚きました。しかし、拝聴するとロングトーンやフォルテはアンサンブルの領域を超える迫力に満ち、特に下降するパッセージが圧巻です。このような名曲を聴くことは心から楽しいことです。曲を聴いて何の曲でもいろんな編成で名曲を演奏することが可能であり、角度を変えた楽しみ方があると認識を新たにします。
 
P1020732【今が盛りの紅梅しだれと白梅しだれ】・・・拡大してご覧ください。
 
 同様のことは、十三名のチェロによるフィツェンハーゲン作曲「アベマリア」にも見られ、4パートに分かれて、一心にアベマリアに取り組む姿には平素からシンフォニーなど難曲に挑む仲間としての姿に、強い絆が溢れ、高音域の第一パートから低音域の第四パートまで、少しの対位法と多くの和声に弦の醍醐味をこれでもかと観客に訴えます。「チェロパートの絆よ永遠に!」です。
 
 コントラバスによるブルッフのコル・ニドライは長い曲をすべて暗譜で奏する記憶力と、それは音色と音程、そしてビブラートを含み、何より柔軟な表現を求め、終曲まで集中する彼女の精神に感服の至りです。N響に女性コントラバス奏者がいますが、彼女は群馬出身です。群馬県には凄い、若い、何より美しい女性コントラバス奏者が2人います。
 
 モーツアルトのピアノ三重奏曲第2番「ケーゲルシュタット」K498は最後を飾るに相応しい演奏で、ピアノ、クラリネット、そしてチェロ3人のテクニックと音色・音程に、表現上この上ない美的感性が漂います。特にピアノタッチの軽やかさとダイナミックな奏法両面に、そして「水を得た魚」のように生き生きとモーツアルトに向かう姿は感銘そのもの。
 
 ピアノ三重奏としての本格的な響きに室内楽の真髄に触れることができました。プログラム最後にこの演奏を拝聴でき、十分に心が洗われ、個人的には13年間、毎日一人での生活ですが、明日からまた希望を持って生きる力が湧いて来ました。新みかぼフィル楽員の皆さんに心底よりお礼申し上げます。
 

| | コメント (2)

2018年2月 5日 (月)

「上を向いて歩こう」に昨秋登った御巣鷹山を偲ぶ

Photo【お昼のミニコーンサートが開かれた浜川プールは写真の上方】

 「春は名のみの風の寒さや」で始まる「早春譜」が似合う立春の日、群馬県高崎市浜川プールロービーで開かれた「お昼のミニコンサート」は今年で9回目を迎え、会場いっぱいの市民の前での演奏は「みかぼ室内管弦楽団」です。
 
 客と楽員の一体感を強調する指揮者のユニークなトークに始まったコンサートの母体は「新みかぼフィルハモニック」で、こちらは年二回の定期演奏会を行っており、私は時々、拝聴してます。
 
 初めてこの「お昼のミニコンサート」の存在を知ったのは、私が以前に通ってたここで行なわれてるジムで知り合ったピアニストのNさんに教えてもらったことに始まります。ある冬の日、トレーニングしてる私に「ミニコンサートに来られませんか。」と声をかけて下さった彼女の誘いがきっかけです。
 
 まさか、ジムでトレーニングしてる方々の中にクラシック音楽の専門家がいるなど想像してなかった私は、とっさに「えぇ~私は前高で音楽を教えてました。」と応え、言わば共通の仕事を持つ彼女と出会えて、ホッとした思い出があります。それ以来、藤岡での定期演奏会を幾度か聴きに行ったり、その後、彼女が発信する楽しいフェイスブックを毎日拝見するようになりました。昨日のミニコンサートでは、演奏後、暫くぶりに直接お会いでき、彼女に備わる不変な「若さと真摯に音楽に向かう生き方」に感動です。
 
 私は早めに会場に来たことから、前から2列目に座り、演奏はもちろん、幾度かお顔を拝見したこのある楽員の発する一音一音の表情をも汲みとることができ、冒頭、指揮者の言われた「一体感」は生の音楽を通じて十分堪能できました。
Photo_2 【弦楽器群】
 
 プログラムは丁度よい一時間ほどで、プーランクやレスピーギなど大作曲家の作品の一部でしたが、充分にその触りを楽しめ、音楽に対する楽員の真剣な眼差しに惹かれるとともに、フランスやイタリア音楽が十分に味わえました。寒さを忘れ、未熟な私の精神は西欧音楽の世界にグッと惹き込まれてました。
 
 可能であれば、事前にプログラムを示した看板かチラシがあれば、鑑賞者は事前にどう演奏されるか期待が膨らむと感じます。おそらく後方の方々は何の曲目か分からなかった可能性があります。
 
 楽器紹介では女性クラリネット奏者の音に安定感と輝かしい音色が心に迫って感じた客が多かったのではないでしょうか。また、多くの客が毎朝聴いてるNHK朝ドラ「わろてんか」の主題にお客はにこにこ顔で、一体感はこんな共通点からも生まれました。
 
 「オーバーザレインボー」について、私は次女の結婚式でSoprano Saxophoneでこの曲を演奏したことがあり、懐かしいです。今回、トロンボーン独特のポルタメントを生かした奏法に、他の楽器にはない自由なユニークさに客はずいぶん惹きつけられてました。
 
 「クシコスの郵便馬車」はピアノで耳にする名曲で、今回、音楽の楽しみの一つであるテンポ・リズムの動きが会場いっぱいに伝わり、途中の低音部による下から突き上がるフォルテに客は身体を乗り出して童心に帰ったようです。音楽の楽しみは多面であっても、心拍に結びつくのでしょう。楽しいテンポとリズムを伴う音楽に人間はウキウキし没頭しますね。楽しいミニコンサートの曲として「クシコスポスト」は相応しく効果があります。
 
P1000991 【昨秋、御巣鷹山の尾根で520名の御霊よ安らかに・・・レース鳩を飛ばす】
 
 ところで、昨年の初秋、私は歌手「坂本九さん」が眠る標高1600mの御巣鷹の尾根に墓参し、趣味として小学4年から飼育を続けてるレース鳩を籠に入れ、高低差200メートルある御巣鷹への急峻な登山道を登りました。
 
 10歩歩いては休み、10歩歩いては休む連続で11羽のレース鳩が入った籠は重く、でも、どれ程、無念であったか想像できない墜落直前の「坂本九さん」たちの気持ちを思うと、こんな辛さは何でもないと自らに言い聞かせ、籠を右手に持ち替え、左手に持ち替え、家を出たのは朝なのに正午にやっと高い現場に到着です。
 
 座席番号で分かるのでしょう。尾根の斜面には推定200メートル四方に亘りそれぞれの乗客の墓が散在してます。坂本九さんの墓前には娘さんと奥さんの写真が一緒に飾られ、私は暫くそこに留まり、心より一礼しました。
 
P1000984【籠の中で揺られたレース鳩も登山道の途中で休憩】
 
 昨日の「みかぼ室内オケ」によるミニコンサートで最後に全員で歌った「上を向いて歩こう」に私の内面はすぐ「御巣鷹山が思い出され、無念な最後を遂げた坂本九さんへの思いが蘇り」歌は好きでも、歌詞にある「涙がこぼれないように、幸せは空の上に、一人ぼっちの夜」などの言葉に、これからという人生の途中で、取り返せない運命に遭遇した、彼の最後の心境を感じ、思い切り声が出ませんでした。
 
 一方、若き日、海外日本人学校教員としてインドに住んでたとき「上を向いて歩こう」は夜の高級レストランでもよく聴きました。日本人であることが分かると専属の楽団が「この音楽」を演奏し始めました。「上を向いて歩こう」は若き日の思い出としても蘇り、今回、充実したミニコンサートになりました。
 
 音楽とは生活体験と結びつくといっそう旋律が際立ち、深く心に迫るものです。いつも音楽の深さと楽しみを教えてくださる新みかぼ管弦楽団楽員の方々に心よりお礼申し上げます。
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-diabetes | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | フェアプレー | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 便利な生活と盲点 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 古代史 | 君子蘭 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 大相撲 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 新みかぼフィル | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 星座 | | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然の脅威と恩恵 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 衛生について | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | 1月1日の天文学上の意味 | MRIによる検査