カテゴリー「自然の脅威と恩恵」の9件の記事

2022年7月18日 (月)

昨日の 自然の猛威 暫くぶり

Img_3556

【今朝5時の東の空】

 昨日の夕方6時10分頃から30分間ほど、群馬県高崎市は突然の豪雨と横殴りの物凄い風の夕立に見舞われ、自然の猛威の恐ろしさを感じました。こんなことは最近ありませんでした。
 
 その時間帯は、東京へ行ってた娘家族を私が車で倉賀野駅まで迎えに行ってる時で、駅舎内で待ってましたが、駅舎が突風で動くのではないかと危険を感じるほどでした。
 
 娘たちは無事に電車から降りてきましたが、帰宅するまでの道路は物凄い雨の量で、水路は溢れて、道路は川のようになり車はその中を走りました。
 
 私は植物をたくさん育ててることから、日々、自然の恩恵を感じてますが、昨日はいつにない自然の猛威を肌で感じ、この現象こそ気候変動の一端なのでしょう。
 
Dear my friends who are earthling under the nature
 About 30 minutes from 6:10 pm yesterday, Takasaki City, Gumma Prefecture, Japan was hit by a sudden heavy slanting rain and a terrible wind of a sideways hit, and I felt the rage of nature. This phenomenon hasn't happened recently.
 
 At that time, when I was picking up my daughter's family who went to Tokyo, I waited in the station building, but I felt dangerous that the station building might move due to a gust of wind.
 
 The daughters got off the train safely, but the road until we got home was a tremendous amount of rain, the waterways overflowed, the road became like a river, and my car ran in it. 
 
 As you know, because I am raising a lot of plants, I feel the benefits of nature every day, but yesterday I felt the unprecedented violence of nature, and this phenomenon is what we call, probably part of the climate change by global warming. The photo is the eastern sky around 5 o'clock this morning after the rage had passed.
 
※For the Japanese people上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。 
   

| | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

今年は行こう 梅雨の晴れ間の ビアガーデン

B0305550_05591777
 
 気象庁は2022年6月6日「関東甲信地方が梅雨入りした」と発表しました。 前年(2021年)より8日早く、平年より1日早い梅雨入りです。
  
 これから7月中旬まで、つまり、私の誕生日頃まで、じめじめし、蒸し暑く不快な日々が続きます。しかし、梅雨があるからこそ自然から食料が確保できる恩恵を感じつつ、心は晴れやかに過ごしたいものです。
  
 梅雨の晴れ間には、暫くぶりに高崎高島屋屋上ビアガーデンに行ってみたいです。もうすでにオープンしてます。ここでパーティーができたら最高ですね。
  
Dear my friends who love draft beer
  The Japan Meteorological Agency announced on June 6, 2022 that "the Kanto region and Koshin that means Nagan and Yamanashi prefecture have entered the rainy season." It is eight days earlier than the previous year (2021) and one day earlier than normal year.
  
  From now on until mid-July, in other wards, until my birthday, damp weather, sultry and unpleasant days will continue. However, we'd like to spend our heart radiantly while feeling the benefits of being able to secure food from nature through the rainy season.
 
  During a break in the rainy season, if possible, I would like to go to the beer garden on the roof of Takasaki Takashimaya where Barry and me have been to 33 years ago. It's already open. It will be great if we have a party here.
 

| | コメント (0)

2022年6月 4日 (土)

忘れまい 浅間の噴火と 普賢岳

Img_0064
   
 私の家の窓から活火山・浅間山(標高2568m)を毎日見ることができます。この写真は空気が澄んでる冬季にウォーキング途中、撮影したものです。若き日の私はこの頂上へ3回登り、噴火口の余りの大きさと深さに驚きました。
   
 昨日は長崎県・普賢岳の大噴火から31年が経過しました。地元の消防団など多くの方々が警戒中に犠牲となり、心よりご冥福を祈ります。
   
 浅間山も私が中学生のとき大噴火し、噴煙の高さが5000m程の上空まで登り、その光景は今でも目に焼き付いてます。その後、50K離れた私の倉賀野町でもザーザーと雨のように音を立てて細かい噴火物が降り続きました。
   
 浅間山と言えば、天明3年(1783年)に起きた大噴火では、頂上から出た溶岩流が「土石なだれ」となって麓の鎌原村を一気に襲い、同地区では477人が死亡したとされてます。現在でも多くの家屋が埋まったままで、鎌原村は「日本のポンペイ」とも呼ばれてます。
  
 実は私の庭を掘ると当時の噴火物が層になって出てきます。
 
Dear my friends
 I can see the active volcano Mt. Asama (elevation 2568m) every day from the window of my house. This photo was taken while walking in the clear winter season. When I was young, I had climbed this summit three times. I was surprised at the huge size and depth of the crater.
 
 31 years have passed since the great eruption of Mt. Fugen in Nagasaki Prefecture yesterday. Many people, including the local fire brigade, were sacrificed during the alert, so I pray for their souls.
   
 Mt. Asama also erupted when I was a junior high school student, the height of the eruption climbed to the sky of about 5000 m, so that the scene is still imprinted on my eyes. After that, even in my Kuragano-town where is 50K away, small eruptions continued to fall with a noise like rain.
  
 Historically speaking of Mt. Asama , in the large eruption that occurred in Tenmei 3 (1783), the lava flow from the summit became a "earth and stone avalanche" and hit Kambara village at the foot of Mt Asama, killing 477 people in the village. It is said that. Many houses are still buried now, and Kambara Village is also called "Pompeii in Japan".
   
 Actually, if I dig my garden, the eruptions of that time come out in layers.
   
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

久しぶり 雷鳴轟く 群馬県

Img_3403
 
 群馬県地方の夕方は、雷が聞こえ、窓から西の空を見るとご覧通り、空は荒れ狂っています。左のゴツゴツしてる山は妙義山です。現在、雨が激しく降ってます。雹も降り始めました。
 
 上空に冷たい空気が入ってるのでしょう。涼しい風が吹いてます。車通勤の人は前方が見にくいので、車間距離をとってください。
 
Dear my friends who live in Gumma Prefecture
 In the evening in Gumma prefecture, thunder can be heard, and as I see from the window, the sky is raging. The rugged mountain on the left is Mt. Myogi. It's raining heavily now. Hail has also begun to fall.
 
 There may be cold air in the high sky. A cool breeze is blowing. People who commute by car are hard to see ahead, so please keep a distance between cars.
  
Img_3404
 
 あれっ、もう虹が出てる。
 Oh, the rainbow has already appeared.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年5月19日 (木)

植物に 水を遣るには 葉に掛ける

Img_3361
  
 世界四大文明の発祥地とは、エジプト文明(ナイル川)、メソポタミア文明(チグリス‐ユーフラテス川)、インダス文明(インダス川)、黄河文明(黄河)で、紀元前3500年前後に発生したことが通説です。これらの地域に共通することは、いずれも中緯度に位置し、気候が温暖で、特に、大河流域に発生してることが分かります。
  
 人間が生活し始め、次第に国家ができるためには水が欠かせないことが大原則で、22世紀の現代でもこれは不変です。水は食料のみならず、工業製品の生産にも、原発にも欠かせません。
  
 幸運にも、現代人は「清潔な水道水のお陰で」生命が維持でき、日々、私たちはこれを忘れてはなりません。天災や事故により、ひとたび水道水が止まれば、すぐに危機に直結です。平和に暮らしていても、生きるということは「命の綱渡りしてるような現実」があります。
 
 ところで、光合成し、私たちに酸素を提供している植物にも水が欠かせません。朝夕、誠にたくさんの植物に井戸水を与えてる私の考えは、植物への水遣り方法は根もとのみならず、「自然の雨のように葉の上からかける」ことが大切と感じてます。実は、このことを今は亡き園芸士に教わりました。これにより目に見えて、植物が生き生きしてくることが分かります。
  
Dear my friends who economize on water
 This is the accepted theory that the birthplaces of the four great civilizations in the world are the Egyptian civilization (the Nile river), the Mesopotamian civilization (the Tigris-Euphrates river), the Indus civilization (the Indus river), and the Yellow River civilization (the Yellow river). What all these regions have in common is that they are all located in mid-latitudes and have a mild climate, especially the basins of great rivers.
  
 It is a major principle that water is indispensable for human beings to live and gradually form a nation. This is unchanged even in the modern age of the 22nd century, and water is indispensable not only for food, but also for the products of industry and nuclear power plants.
 
 Fortunately, modern people can sustain their lives "thanks to clean tap water" and we must not forget it every day. Once tap water stops due to a natural disaster or accident, it is immediately linked to a crisis for human beings. Even if we live in peace, "Living is like a tightrope walk".
 
 Not change the subject, but water is indispensable for plants that photosynthesize and provide oxygen to us. In the morning and evening, when giving well water to many plants in the garden, I really feel that it is important not only to water the plants from the roots, but also to "sprinkle them from the leaves like natural rain." In fact, this method was taught by a late gardener. This will visibly show that the plant comes alive.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2021年7月28日 (水)

虹を見て 子供の頃に ふと帰る

Img_2246
 
 群馬県高崎市では、午後5時頃、雷を伴った夕立が少々あり、その後、ふと、東の空を見たら、ご覧の通り、珍しく虹が出ていました。しかも二本です。虹は大気中の水滴の中を太陽光が通過すると、色によって屈折度が異なることから七色に分かれると言われます。
 
 それにしても、自然現象はこのように人間に時に恩恵をもたらすこともあり、時に災いももたらします。大昔の石器時代から縄文時代にかけての人々も虹の出現には驚いたことでしょう。今夜は虹を見たおかげで生ビールも一際美味しいでしょう。虹という言葉には夢があります。また、英語のレインボーいう言葉も美しいですね。
 
 In Takasaki City, Gumma Prefecture, there were a few summer afternoon shower accompanied by lightning around 5 o'clock in the evening. After that, when I looked at the eastern sky, as you see in the photo, there are unusual rainbows, and two more. It is said that the colors appear to be separated because sunlight enters the water droplets in the atmosphere and the refractive degrees of the seven colors are different.
 
 Nevertheless, natural phenomena sometimes give us benefits like this and sometimes disasters. Since the Stone Age to the Jomon period, people must have been surprised at the appearance of the rainbow. By the way, thanks to the rainbow, the draft beer is going to be delicious tonight. The word of Niji that means rainbow has a dream. English word of rainbow is also beautiful.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグして、コピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

群馬県高崎市も危険を感じる凄い雨

Photo_20200708111501

 今日、午前9時頃から10時頃まで群馬県高崎市も最近にない激しい雨が降りました。子供たちの通学時間から逸れてたのでよかったです。もし車を運転中であれば、前が見えなかったでしょう。

 いつものように換気のため家の中の窓を少し開けておいたら、かなり雨が吹き込みました。

 このため、暫くぶりにあちこち雑巾がけです。ついでに、廊下などをダスキンで磨きました。利根川や烏川はこれから水嵩が増すので近くに寄ってはなりません。


 From 9am to 10am today, it was heavily raining in Takasaki City, Gumma Prefecture where I have never seen before. I'm glad that the time going to school for the children was out of hour. If driving a car I think I could not see ahead.

 As usual, I left some windows in the house open a little bit for ventilation, therefore the rain entered a lot.

 For this reason, I cleaned up and swabbed the dust here and there after a long interval. Incidentally, I polished the corridors with a mop. The Tone River and Karasu River will increase in water volume from now on, so you should not come close to them.

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

深夜に強風と大雨であった群馬県・・・台風24号

P1050065

 
台風24号の通過で最も強風と大雨であった時間帯は、10月1日の午前0時から1時でした。その後、台風は群馬県から去り、やれやれでした。庭にある頭でっかちなサルスベリは事前に3方向から綱で結んでおいたので難を逃れました。しかし、三つの植木鉢が倒れてました。ところで、今宵は4ヶ月ぶりに1杯飲みに行きます。

The time zone that typhoon No. 24's strongest wind and heavy rain were from 0:00 am to 1 o'clock on October 1. Later, the typhoon passed away from Gumma prefecture, and I felt "Thank Heaven". The top heavy crape myrtle in the garden escaped the difficulty because it was tied by ropes from three directions beforehand. But the three planting pots fell down. By the way, I will go the tavern to drink tonight after the four months interval.
 

| | コメント (2)

2018年2月15日 (木)

三寒四温を通じ存在感を増してきた「紅梅しだれ」

P1020656【蕾をたくさんつけてる紅梅しだれ】・・・拡大してご覧ください。

 今振り返ると、父は生前、ダリアなど多くの草花を育て、その開花を見て母と心豊かに過ごしてた光景が思い浮かびます。水道のなかった時代、真夏は近くの川からバケツで水を運び、汗びっしょりで働く姿は子供心の私に何故そんなに一生懸命、草花に水をやるのだろうと思いました。チュウリップなどきれいに咲かせる作業に夫婦そろって花が好きだった両親の年に私が達しました。
 
 しかし、若き日の私は花にあまり心が動かず、今思うと何に心を奪われていたのか、あっという間に、元気な頃の父母の年齢に達し、いつの間にか2人の娘は独立し、彼女たちは若き日の私より、ずっと逞しく生きてます。気がついたら思いがけずの一人暮らしがすでに13年です。
 
 ところが、私はこの年齢に達し、内に潜んでた遺伝子が蘇ったのでしょうか。年齢を重ねてから植物を育てる喜びに心を奪われない日はなく、冬季を含め年間を通じて、剪定、水遣りを欠かしません。あるいは両親の心境に近づき、開花を心に描き、夢中でその日を追い求めてます。
 
 一方、小学校4年で飼い始めたレース鳩は今でも60羽ほど飼育し、毎朝、舎外運動させたり、時には遠方から訓練するなど世話してますが、レース鳩飼育を大変に思ったことはなく、これは成績より、天高く横一線に並びスピードを持って飛翔する雄大な姿に惹かれ、飼育することに心の負担を感じない自分に気づきます。
 
 「人間とは好きなことなら、いくらやっても疲れない」不思議さがあり、この点、他方、この年になっても英単語の奥深さに興味が尽きず、毎日奮闘です。子供の頃は成績を比べられ、楽しい思い出はなかったのに、今では毎朝、英作文でフェイスブックを発信しない日はありません。本来、「英作文とは自ら感じたこと、自ら考えた事象を英文にすること」ですが、昔は問題集のため、テストのため仕方なくやった英語でした。
 
Dscf0447【7年前に開花した同じしだれ紅梅】・・・拡大してご覧ください。
 
 本題に戻り、現在、庭で花木を育てる私の心意気は、もしかして生前の父母に追いつき、父母を越えるものかもしれません。植物の開花のためなら、どんな犠牲も払える心境です。良い若木を求め埼玉県花園などあちこちの花木センターまで遠出します。
 
 庭に花梅はすでに5本あり、広さでもう限界です。今、密かに心動くのは西洋シャクナゲ大輪であり、色に個性あるものを捜してる心があります。
 
 ところで、今日のブログのカテゴリーは「自然の脅威と恩恵」です。実は5年ほど前、関東を襲った大雪で写真の紅梅しだれは根元から南に傾いてしまい、いくら元に戻そうとしても全く動きません。前の道に枝がかなり出てしまい、結局、私は思い切って太い枝を切り落としました。丹精込めて育てた枝を切るのは偲びなくとも、公道に食み出でてはなりません。
 
 その後が、驚きです。傾いた方の大きな枝を切ったら、翌年から反対方向に枝が出始め、年々、全体の姿が整ってくるではありませんか。依然として幹は南側に傾いたままでも、却ってそれが複雑にして全体的にバランスが取れ、力強さを増した樹形になってきたのです。
 
 大雪という自然の脅威に遭っても「紅梅しだれ」は年々、自然治癒し、却って魅力ある姿になるという自然の恩恵を授かり、今ではすっかり、大雪の被害は感じられず、それどころか以前より樹勢は逞しく感じます。
 
 私たち人間も、日々の生活で健康や経済、その他、諸々の打撃を受けたり、人生の途上では失敗はつきものです。しかし、身体と脳の健康を求め、より高きをめざし生活すれば、人間の身体はある程度、治癒し、失敗を通じて却ってよくなることもあり、この体験から、より豊かな発想力も陶冶できるのではないでしょうか。
 
 梅の木は2~3月に花で人を喜ばし、6月に実を収穫という人間に二重の喜びを与える力を持ってます。私も梅に備わる自然に対する不屈な力と魅力ある開花の姿、そして実をつける喜びに背中を押され、今後の「生きる力」を養いたい。
 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査