カテゴリー「便利な生活と盲点」の17件の記事

2021年7月15日 (木)

ながらスマホ 横断歩道や踏切で 命取り

 今の世の中、これでいいのだろうかと思う光景の一つにスマートフォンから離れられない姿です。それは道を歩いていても、交差点を渡っていても、横断歩道や踏切を渡っていても、昨今は若い人のみならず老若男女が首を斜め下に向け、全員同様の姿勢でスマホを見つつ歩いてます。予想外の突発的事象が生じても対応が遅れるでしょう。

 私は時々電車に乗りますが、乗客20人中、19人ほどがスマホに集中してます。個人の行動はその人の自由ですが、車両内は静まり返って、横一列に椅子に座り、並んでスマホを見てる光景は誠に異様であり、今までなかった社会現象です。一体、この世はこれでいいのだろうかと不安に感じるのは私だけでしょうか。

Img_2203

 と言う私もスマホを使ってます。その利点は、確かにラインは一人暮らしの私にとって、昔、懐かしい賑やかな家族団欒をも彷彿させる働きが感じられます。やり取りは一対一でなく、グループで雑談ができるので、互いに身はどんなに離れていても、いつも一緒に、その場にいる感覚でやり取りできる時空を超えた優れものです。

 先日、娘の一人が北海道に行ってましたが、写真付きで津軽海峡の景色や、同行した秋田犬の元気な様子まで手に通るように伝え、私のみならずもう一人の娘もそれにコメントし、私もそれを読みつつ、皆での会話状態になりました。

 一方、車が好きな私は運転中、必ずスマホを携帯してます。これは運転途上で何かあっても、すぐに関係先に連絡できる安心感があります。しかし、使ったことはありません。今では、公衆電話が激減し、いざというときスマホは至極便利です。

 このように昔に比べ、スマホは安全面のみならず、カメラ付きのため写真撮影が可能であり、ナビや物品の支払いなど、たくさんの機能を備えてます。昔の生活に比べたらスマホは夢のように便利な必需品になりました。しかし、要は使い方ではないでしょうか。スマホは上手く使えば生活の質を非常に高めます。

 しかし、冒頭で述べたとおり、道路を歩きながらずっと首を斜め下に向け、スマホにくぎ付けの状態は、私には、逆に人間がスマホに使われているようにも見えます。交通安全上、危険極まりない行動です。私の家の前の細い道も時々若い女性が歩いて通過しますが、常に歩きスマホで集中してることが分かります。中には一人で歩いてるのに、スマホを耳に付けてないで話しながら歩く光景も目にします。何と不思議なことでしょう。そばに2~3人いるのかなと改めて見ると、やはり、一人で歩いてます。

 この光景を見るにつけ「これは本当に科学の進歩なのだろうか」と、未来が心配に感じます。今や、一時としてスマホを見てないと不安でいられない人もいるのでしょう。

 私が「スマホ漬け」の状態を見て心配するのは、手書きで漢字を書く機会が減少したり、視力の低下が進んだりしないかということです。しかし、それにも増して危惧するのは、スマホとは、その殆どが情報受け入れの状態であることから、人間として大切な「自らの創造力を培う」時間が奪われるのではないかと思います。

| | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

やみつきに ならない程度に 食べてみる

 男の一人暮らしの昼食はどうしても同じものになりがちです。食事内容に毎日あまり変化がないので、今回、珍しくコンビニで買ったカレーのカップめんを食べたところ、お腹が空いてたこともあり、本当に美味しく感じました。もしかするとやみつきになるかもしれません。若き日、カルカッタで本場のインドカレーを毎日のように食べましたが、日本のカレーもうまい。
 
 しかし、元々、私は朝食第一主義なので栄養面から考えても大丈夫です。時々はこのカレーカップめんを食べようと思います。よく研究されて作られてるので、日本の国はいろんな分野で優れていると感じます。
 
 Lunch for a man living alone tends to be the same meal every time. The meal content doesn't change much every day, so this time, I ate the curry cup noodles which I bought at a nearby convenience store. Because of hungry, I felt really delicious due to including many kinds of ingredients and spices. I may be addicted to it. When I was young, I ate authentic Indian curry in Calcutta almost every day, but Japanese curry is also good beyond description.

  However, since I am originally a breakfast-first principle, it is okay from a nutritional point of view. Sometimes I will eat this curry cup noodles from now on. I feel that Japan is excellent in various fields because it is well researched and made.
 
Img_2051

| | コメント (2)

2021年6月 3日 (木)

忘れがち 生命の基盤 緑と水

Img_2039

【写真を拡大してご覧ください。】

 6月となり、庭は多くの樹木に覆われ、私の家はこの森のような新緑の中に佇み、外から家屋が見えないほどです。殆どが落葉樹ですが、中には金木犀やツツジ、各種シャクナゲなど常緑樹もあり、年間を通じて緑は多いです。これらの樹木は井戸水で育ててます。

 日々、私たちは忘れがちですが、この樹木たちは昼の時間が長い今こそ、盛んに光合成を繰り返しており、結果的に自身で樹木を大きく成長させ、すでに来春の開花の準備に入ってます。学生時代に習ったように、光合成とは光エネルギー(太陽光)を使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を合成し、同時に私たち人間や動物の生命にとって欠くべからざる酸素を生産して大気に放出しています。

 私たちが何時如何なる瞬時も生きていられる根源は、無意識のうちに行なわれてる「肺呼吸を通じて、二酸化炭素を酸素にガス交換してること」に起因してます。酸素なくしては1~2分で生命は絶たれます。つまり、私たちは植物によって生かされてます。

 ところで、昨日の夕方、倉賀野駅の北東に位置する「新堤・地元での通称は鯉池」までウォーキングしてきました。最近、この池の周囲は整備され、とてもよい道路が完成しました。それにしてもこの鯉池は平地にしては誠に広いです。

Img_2034

 写真には映ってませんが、池の周囲は多くの桜が植えてあります。この池には四月頃まで鴨やオシドリなどたくさんの水鳥がいましたが、現在は一羽もいません。冬季の多いときは数百羽が羽を休めており、この習性は毎年のことで、人に慣れており、前回、私が口笛を吹いたら多くの水鳥が寄ってきましたが、餌をくれないと分かるや、遠くへ引き返して行きました。水鳥たちを騙したようで申し訳ない感じです。

 今ではすべての水鳥はおそらく北部ユーラシア大陸やカムチャッカ半島まで飛来し、そちらで短い夏を過ごし、子育ての最中と想われます。そして、日本が晩秋になる頃、今度は生れた雛を連れて大海原を渡り、猛禽類など生息する危険な山岳地帯を飛び越え、再び、ここまでやって来ることがすでに230年以上続いていると想われます。

 230年というのは、この新堤は天明3年・浅間の大噴火により、50Kmも離れた倉賀野一帯にも火山灰が20~30㎝も降り積もり、農業は壊滅状態となり、天明の大飢饉です。当時の人々は火山灰の片付けの日々が続き、それに合わせて農業用水確保のため、この新堤を作りました。ですからこの堤は当時の先人の苦境の日々が偲ばれる堤です。

 なお、こちらを「新堤」というのは、倉賀野町にはこの堤より、更に100年ほど前に作られた「古堤」が現在でも下町の諏訪神社近くに存在してます。

Img_2036

【拡大してご覧下さい。】

 大昔から現代へと時代が変わっても、人々の生活に共通する欠くべからざるものは「新鮮な空気と水の確保」ですが、ややもすると日々忘れがちです。

 今後、21世紀中期から後半へと続きます。また、近頃、誕生した赤ちゃんは22世紀まで生き、活動を続けます。

 山岳には建設用の杉やヒノキのみでなく、ブナの木など多量の水を蓄える樹木を植え、人類や動物の生命に永遠性が生じるよう今のうちに植林を実践しておきたいものです。

 

| | コメント (6)

2021年1月15日 (金)

いくら足が長くても、今後は無理しません。

Img_1405
【暫くぶりにAudi TTに乗る】
 
 お陰さまで腰痛はかなり改善してきました。医師に処方してもらった痛み止めを飲んでます。回復のお祝いに、今日は今年初めて「榛東温泉」に行ってきました。温泉成分が有る方がよいと考えました。
  
 これからは年令を考え、また、いくら足が長いとは言え、高崎駅の階段を一段おきに登るようなことはしません。
 
 それにしても、腰痛は本当に辛かったです。足を一歩前に出しても激痛です。このまま人生が終わるかと思いました。しかし、どうやら、そんなこともなく、再度、暫く第2の人生を進みます。
 
P1020380
【榛東温泉の後方に聳える榛名山系・水沢山】
 
 Thanks to you, my lumbago has recovered considerably. I'm taking the pain killing drug prescribed by my doctor. To celebrate the recovery, today I went to "Shinto Spa" for the first time this year. I thought it would be better to have hot spring ingredients.
 
 From now on, I will consider my age and "No matter how long my legs are, I will not climb the stairs by every other step at Takasaki Station.
 
 Even so, lumbago is really painful. I felt severe pain even if I put my foot forward. I wondered if my life would end as it is. However, somehow or other, I will go on to my second life again for a while.
 

| | コメント (2)

2020年10月16日 (金)

一日一回は文字を手書きしたい

Img_1269
 
 昨今は家の郵便受けを開けると、書かれてる住所や氏名など文字の殆どが印刷されてます。また、その内容の多くが役所からや各種の会社からの通知で、一度読んだり時間が経過すれは破棄されてしまいます。昔、郵便受けに入ってたのは自筆の手紙で内容を大切に読んだり、いつまでも保存してました。
 
 世の中はスピード感あるIT時代に推移してます。しかし、一日一回は文字を書く習慣を維持したいものです。文字は、その人の人柄が偲ばれます。日本文化の象徴である漢字やひらがなを手書きしましょう。
  
 Nowadays, when I open the mailbox at my house, most of the address and name of the letters are printed. In addition, most of the content are notifications from the municipal government office and various companies, and once read or over time, it will be discarded. A long time ago, letters in the mailbox were written by sender's own writing, I used to read the contents carefully and kept them forever.
 
 The world is transitioning to the IT era with a sense of rapid. However, we want to maintain the habit of writing once a day. The letters are reminiscent of the person's personality. Handwritten kanji and hiragana are symbols of Japanese culture.
 
※上の英文について、ネイティブの発音を聴くには、英文をドラッグしてコピし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/..
 

| | コメント (2)

2020年9月 6日 (日)

家の床が白い紙の粉で散らかる

Img_0423_20200906073301

 失敗談を一つ。毎朝500mほど離れた公園で住民と一緒にラジオ体操してます。汗びっしょりになり帰宅してから着てたものを洗濯しました。先日はうっかりし、ラジオ体操スタンプ帳を胸のポケットに入れたままで洗濯してしまいました。洗濯機から洗った物を出したら、粉々の白い紙がすべての洗濯ものに張り付いてました。

 結果的に、家の床はその白いゴミが点在です。当初、ティッシュが入ったのかと思いましたが、翌日ラジオ体操に行こうとしたらスタンプ帳がなく、粉々の原因が分かりました。


 I tell you a failure story. I do radio gymnastics with the residents every morning at a nearby park about 500 meters away. I was sweaty and returned home and washed the clothes I wore. The other day, due to my careless, so I washed the radio gymnastics stamp book in my chest pocket. When I took out the washed clothes from the washing machine, it shattered white paper and stuck to all the laundry clothes.

 As a result, the floor of the house is dotted with the white tiny trashes. At first, I thought if there was a tissue in it, but when I tried to go to radio gymnastics the next day, there isn't a stamp book, so I knew the cause.

 

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

日帰り温泉も暫く閉店・・・風呂に入れない

P1060179_20200504201201

 一人暮らし故、自宅の風呂は危険が伴うと考えられ、世間では気温差や高血圧が原因で風呂場で倒れる人がいます。最後はもっと楽しく終わりたいです。実は、この世との別れは未だずっと先のことと日々涙ぐましい鍛錬をしてます。

 新型ウィルスのため多くの日帰り温泉が閉店し、私にとってすごく不便です。脱衣場の温かいのが温泉のよいところです。こんなことからも一人暮らしは不自然です。それにも増して、会話のない生活と音楽のない生活に私は堪えられません。希望を持って生きます。


 It is thought that bathing at home is dangerous because of living alone, and there are people in the world who die in the bathroom due to temperature differences and high blood pressure. I want to end my life with more fun. Actually, I am still training tearfully every day so as to part from this world is in the remote future.

 Many hot spas for day trips are closed due to the new virus, which was very inconvenient for me. The merit of hot spring is that the dressing room is warm. Therefore, living alone is unnatural. More than that, I can't stand a life without conversation and without music. I will live with hope.

 

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

ゴールデンウィーク始まったが、Stay home

Img_0563

 今日は令和2年になってから120日目です。聞き慣れない言葉が飛び交てます。コロナウイルスはもとより、飛沫感染、三密、パンデミック、クラスター、濃厚接触、テレワーク、ステイホーム、倦怠感、潜伏期間、不要不急などです。一人ひとりがしっかりウイルス対策を実践しましょう。

 一方、今日は昭和の日です。昭和の前半は戦争で、私たちの親は誠に苦労したようです。息子を兵隊に取られたり、何と言っても子供たちに与える食料がない。空襲警報が出たら防空壕に逃げる。実は私は防空壕の中で育ちました。このため性格が暗くなりました。


 Today is the 120th day in Reiwa 2. Words that we are not familiar with are flying around, such as coronavirus, splash infection, three dense, pandemic, cluster, dense contact, telework, stay home, languid, incubation period, no need no urgent. Let's practice anti-virus measures for everyone.

 On the other hand, today is the Showa day. The first half of Showa era was a war, and it seemed that our parents really struggled. Their son was taken as the soldiers and there are no foods for children. When the air raid warning, people had to escape to the air shelter. Actually, I grew up in the air-raid shelter. Therefore, my personality became dark.

 

| | コメント (2)

2020年4月13日 (月)

ラジオ体操は朝15分間できる

Img_0408

【西洋シャクナゲぼんぼりとチューリップ】

 世は末のようなコロナショックです。どこにも出ないで食料調達など最小限の外出のみに国民全員が自粛し疲弊してます。

 その状況下にあって、何と言っても、医療従事に携わる最前線の医師、看護士、医療関係者の皆さんほど、ますます増える感染者に対応され、すでに燃え尽きでしまう神経の使いようでしょう。もしかして自らも感染するかもしれない可能性にありながら、患者のために努力されてる方々に心から敬意を表します。

 また、入学式を終えたら急遽、翌日から休校となり自宅待機が続く新小学一年生にとって、夢を持って初めて小学校の門をくぐり、初めて見る担任の先生やクラスメイトと出会っても、その後、学校に行けずにいるとは、どんなにか寂しく、落胆し、やり場のない心境でしょう。いつかはきっと思い切り活動できる日々が来ると確信しましょう。

 ニュースによると、アメリカやイタリアなど諸外国に比較すれば、日本のコロナウィルスによる患者数と死亡者数はずっと少ないと報じられてます。しかし、その統計とは関係なく、患者本人にとっては大変な状況です。私たちは日本政府の方針に従い、人との接触を極力避け、マスクの着用、手洗いの実行、薬によるうがいなど粘膜からウイルスの体内侵入を防ぎ、消毒の励行を徹底しましょう。

Img_0425_20200413093101

【日本シャクナゲ・・・京の華】

 私はすでに15年間も一人暮しゆえ、家の中にいても今までと特に変わった心境になく、しかも家の中が広いので密閉された環境にありません。今のところ、精神的にいつもと変わらない生活です。

 健康維持として重点を置いてることは血流のスピードを一日一回105~110程度にすることにしてます。脈拍を測れば血流の速さが分かります。

 昨日の夕方は家の付近を周回しました。一画一周ちょうど200mです。ここをある程度のスピードを保ち5周すると1000m歩くことになり、空腹感を覚え、夕食の美味しさに結びつけられます。英語のことわざ"Hunger is the best sauce"の実践に努めます。

 ところで、この4月1日から始まった近くの公園でのラジオ体操に参加してましたが、高崎市の指導により、公園での集会が中止になり、残念にも取りやめになってます。しかし、家でラジオ体操すれば効果は同じなので、続けるようにしてます。

 タイトルのように、ラジオ体操は通常10分間ですが、テレビ体操が6時25分~35分まで、従来からのラジオ体操は6時30分~6時40分までなので、私は6時25分からのテレビ体操を先ず行い、6時35分にラジオをつけると首の体操に入る所になります。そのまま、ラジオ体操第2をします。これで15分間続けて体操ができます。

 ラジオ体操やテレビ体操の良さは、平素の生活では動かさない筋肉と関節を動かし、しかも、専門家の適切な助言により修正できます。また、テレビ体操は女性アスリートの動きを見つつ出来るので、正確に身体を動かせます。特に気づくことは、ラジオ体操の中に踵の上げ下ろしがかなり含まれてることです。これはテレビ体操のお陰です。

 踵の上げ下げは脹脛に筋肉をつけ、上半身へ血液を送り上げる静脈内の弁を刺激し、血流を良くすると考えられます。

 多くの人が、当分は家の中で過ごすことを余儀なくされても、これを一つのよい機会と捉え、今までできなかった好きな勉強に集中できるチャンスです。現在の状況をマイナスに捉えず、頭の切り替えにより、健康的な精神生活を送りたいものです。

  

| | コメント (2)

2020年4月 4日 (土)

歯ブラシは縦に持って

Photo_20200404035601

 昨日、約半年ぶりに歯科検診に行きました。女性歯科医師曰く「カッキーの歯はよく磨けていて、治療を要する歯はありません。」とのことで安心しました。

 もうすでに1年程前から歯ブラシを横でなく、縦に持って上の歯も下の歯も上下運動です。元々、歯の裏側は縦に磨いていました。これにより歯間の歯垢がよく取れます。

 横に磨くのは歯茎をマッサージするときのみです。「歯茎をマッサージすると頭がすっきりします。」これは歯茎内の血管が刺激され、脳への血流がよくなるからと考えます。歯を磨くのは三度の食後です。


 Yesterday, I went to a dental checkup since around six months ago. A female dentist remark reassured me that "Kacky's teeth are well brushed, and no teeth need treatment". 

 Since already about a year ago, I held the toothbrush vertically instead of sideways, I move the toothbrush up and down on both the upper and lower teeth . Originally, the back of the teeth was brushed vertically. This removes plaque between teeth perfectly.

 I only brush sideways when massaging the gums. "Massaging the gums clears the head." This is because blood vessels in the gums are stimulated and blood circulation to the brain is improved. Brush my tooth after three meals.

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査