カテゴリー「道具」の1件の記事

2018年5月24日 (木)

良い道具はやる気を起こし、作業が捗る

P1030876【新緑・・成長した左は紅梅、右はサルスベリ】・拡大してください。

 
 今日はよく晴れてます。しかし、昔からいわれる皐月晴れではありません。この表現は太陰太陽暦に使われた江戸時代の名残で、この時代には現在の6月頃を皐月といい、季節は1ヶ月ほどずれてます。故に皐月晴れとは本来、梅雨の合間の晴れ間を指す言葉です。
 
 数日前、テレビで太陽暦の5月なのに女性アナウンサーが「今日は皐月晴れですね。」と話してました。正しくは皐月晴でなく、五月晴れ(ごがつばれ)ではないでしょうか。
 
 庭は新緑に覆われ、どの樹木も生き生きし、太陽光も強いことから光合成が盛んに行なわれ、樹木の新芽はどんどん膨らんでます。同時に、空気中に酸素を放出し、今の時季、たくさんの樹木の中で、私たちは呼吸が楽であることを認識できます。
 
 地上にある植物はこのようにすべて光合成を行ない、私たちに酸素を提供してるので、草一本見ても有難い気持ちになります。私たちは植物によって生かされてることを知ると、草むしりもできなくなりそうです。しかし、このままでは地中の養分が吸い取られ、肝心の樹木が蝕まれ、蚊の発生を助長します。
 
P1030873【昨年よりはきれいになってる庭】
 
 ところで、蚊の発生は5月中旬~8月上旬まで3ヶ月間で、草はものすごい勢いで繁茂します。これは前述の太陽光が強烈であることに加え、梅雨の季節となり「光合成に必要な太陽光と水」が今までなく豊富になるからと考えられます。
 
 昨年5月~6月に私は体調を崩し、草むしりは到底できない状態で、庭は一面、草ぼうぼうで傍観するだけでした。一人暮らしはそれでも食料の準備だけは欠かすことができず、やっと生きてた感じです。しかし、今年は違います。それは仲間ができました。
 
P1030869【最近、手に入れた三角鍬】
 
 これは威力を発揮します。アサカキは土の表面を削るだけでも、こちらは地中に深く入って草の根を取り去ります。以前に小さいものを使いましたが、今度のは大きく自身の重さも加わり、かなり深く地中に入ります。これでしつこい根も一瞬におもしろいように取れます。柄が長いので背の高い私は腰を痛めません。
 
P1030868【鋭い刃を拡大したもの】
 
 「何事も道具がよければ」作業が捗り、使う人間も益々「やる気が出る」ものです。私はソプラノサクソフォンを演奏します。楽器こそはよい楽器でなければ、音を出すことのみに捉われます。しかし、良い楽器であれば音を出す方法を忘れ、脳は良い表現、良い音色のみに集中できます。
 
 「弘法筆を選ばず」は有名な諺でも、弘法も良い筆に越したことはない筈です。よくない筆でも、その筆を可能な限り生かして書いたと考えられ、一般人より良い字が書けたのでしょう。当然、弘法は自身の筆の管理に人一倍、神経を注いだと想われます。
 
 現在、道具を使う人、例えば、建築に携わる人、農業に携わる人、いろいろの技術者は道具を宝として扱うでしょう。特に楽器演奏家は楽器を命のように大切にし、日々、楽器の管理と調整に多くの時間を割いてます。
 
P1020431 【恥ずかしい以前の庭・・・草ボウボウ】
 
 これから3ヶ月間、日本は高温多雨となり、植物が最も成長する時期です。同時に、私は草との戦いが続きます。途中、草が繁茂する方が早くなるでしょう。折角、威力ある「三角鍬」を手に入れたので、野球の試合のように九回の裏に「三角鍬」でグランドスラムをめざしたい。
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-diabetes | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | さそり座 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | フェアプレー | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 便利な生活と盲点 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 動物愛護 | 医師の一言 | 古代史 | 君子蘭 | 君子蘭の育て方 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 多年草 | 大相撲 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 姿勢 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 心肺機能の強化 | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 新みかぼフィル | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝の時間帯 | 星座 | | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の歴史 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然の脅威と恩恵 | 自然散策 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 衛生について | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 道具 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | 1月1日の天文学上の意味 | MRIによる検査