カテゴリー「考古学」の1件の記事

2018年7月30日 (月)

100世紀続いた縄文時代も人々は火星の大接近に驚いたのだろうか

Photo【ウィキペディアより転載】

 私は一般の歴史より、先史時代の歴史に興味があり、学生時代に学校で習ったいわゆる平安時代以降、江戸時代までの日本史には、あまり楽しい学習の記憶が残ってません。それは、その事柄について心底から「本当に正しいのだろうか」、という思いが付きまとっていたからです。従って成績も芳しくありませんでした。
 
 それに反し、長女は日本史を専攻したほどですから、私よりは詳しく、日本史に限っては鳶が鷹を産んだようなものです。
 
 私は専門家ではありませんが、考古学=archaeologyに夢中になるのは、自分の遠い祖先はどう暮らしていたか【何に喜び、興味を持ち、悩み、楽しみ、いやな思い、苦しみ】の内面状況に起因します。
 
 中でも約1万年=100世紀、続いた縄文時代には、現在の日本列島も出来上がり、誠に長期に亘り、自然と上手く共存した暮らしが続いたと想われます。もしかして現代人より、精神的に人間らしい生活を送っていたのではないかと想うことさえあります。
 
 というのは、平成になって自殺者は年間3万人を超すことが10年ほど続いたり、最近でも2万人以上を連続してます。(警察庁) 現代は一見して物は溢れても、人間関係に苦しむ人が多く、何と言っても、予想を超えた格差社会であることは事実です。
 
2 【ウィキペディアより転載】
 
 ところで、100世紀も続いた縄文時代ですが、何と長い期間でしょう。縄文時代がそれ以降の時代と異なる大きな特徴の一つは、他民族との混血がなく、人々はすべて元々日本列島にいた日本民族の純粋種と考えられることです。
 
 この時代が基礎となり、現在の日本人特有の顔かたちが形成され、後に大陸との交流や、多くの渡来人との交流で少々変化したと考えられます。
 
 縄文時代は戦いが起こる必要もなく、このため、社会階級は未分化であって、後のような身分差別はなく、何事も、皆で協力し合い、狩猟、漁労、果物採取、あるいは特別な獲物を捕らえて食する時代であり、特に大きな動物を捕らえたときは大いに喜んだに違いありません。また、このようなことを祈願したり、喜びの祭りも行なったと考えられます。
 
 一方、この時代と現代とが不変であることは、地上ではなく天体の動きです。実は、平成30年7月31日は火星の最接近で、結果的に橙色に光輝きますが、縄文人も、数年に一回繰り返されるこの現象を不思議に思ったでしょう。ましてや、日食や大きな彗星の出現には学問が発達してないことから、何事かと人々は驚き、日食が終わるとホッとしたのではないでしょうか。しかし、お年寄りの体験からこのような天体現象は知っていた可能性もあります。
 
 電燈、テレビのない時代にあっては、日が沈めば、星座が降るように輝き、はっきり見えることから現代人より星座に関しては、詳しかったと想像されます。特に、月の満ち欠けはカレンダー代わりであり、温帯は四季が明確なので一年の繰り返しは分かったでしょう。もしかして、自分の年齢は分からなかったかもしれません。また、年齢を知る必要もなかったと考えられます。大人になったかは見た目で判断したのでしょう。
 
P1020963 【庭から出土した調理用と想われる石器】
 
 私の庭には石が何百個とあることから、時には珍しい形をした石に巡り合います。今までで最も驚いたのは縄文時代に使われたと想われる打製石器です。【下の写真】、群馬県埋蔵文化財の専門家による鑑定結果では、縄文時代のものと判明しました。
 
P1040963 【縄文人の指が入った位置が分かる】
 
 周囲は現在でも、すべて鋭利です。器用にも指を入れた位置が分かり、私も入れてみたところ切りやすいです。おそらく、肉や野菜を上の写真のまな板のような石の上で細分したと思います。この打製石器は、現在このままで飾ってあります。将来は外から見える箱に入れ娘に保存を託します。
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-diabetes | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | さそり座 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インドの自然 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | フェアプレー | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 便利な生活と盲点 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 助け合い | 動物愛護 | 医師の一言 | 古代史 | 君子蘭 | 君子蘭の育て方 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 多年草 | 大相撲 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 姿勢 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 心肺機能の強化 | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 新みかぼフィル | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝の時間帯 | 星座 | | | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 水分補給 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の歴史 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 考古学 | 肉体の鍛錬 | 肩甲骨の健康 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然の脅威と恩恵 | 自然散策 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 衛生について | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 車検 | 近所の交流 | 道具 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | 1月1日の天文学上の意味 | MRIによる検査