カテゴリー「高速運転について」の1件の記事

2018年10月18日 (木)

高速道路を片道200K走ります。

P1060024 【倉賀野緑地で今朝撮影】

 暫くぶりに高速道経由で遠出することになり、昨日はアウディー高前でエンジンルーム内を一通り点検してもらいました。内容は適正な空気圧、エンジンオイルの量、バッテリーの状況、冷却水、ワイパーの水量、その他です。車検が今年6月末であったことから不具合はなく、サービスのヘッドからすべてOKを戴き、費用は無料でした。
 
 以前に遠出したのは関越高速道~日本海高速道路経由で秋田市へ、及び、上信越道~中央高速道経由で岐阜県へ行きました。昔に比べ、現在ではナビがついてるので、誠に誘導には目を見張ります。しかし、数年経過するとナビには登録されてない新たな高速道が完成しており、ナビの矢印は田んぼの中や山の中を道なき道を進み、恰もヘリコプターに乗ってる感覚になります。
 
 それだけ、日本の高速道路網は日々、工事が行われ、年々新たな高速道が誕生してることが分かります。これらは自動車税によって賄われることから、税金を払うときは心が痛んでも、必ずその見返りは時間的短縮、安全という形で納税者に還元されてます。
 
 ですから、これらの道路を走行することにより、日本に住む幸せを享受することになります。
 

 ところで、英語に興味がある私はナビを最初から英語版にしてます。ネイティヴの女性の声を聴きつつ、誘導してもらいます。

P1060021
 
 愛車Audi TT Quattroの全長は4m18㎝、車幅1m83㎝、高さ1m38㎝、排気量2000cc、常時四輪駆動、4人乗りです。しかし、実際は大人2人用です。後部座席は小さい子供なら十分に乗れます。このため室内は広く、他のスポーツタイプの二人乗りに比較し、閉じ込められてる感覚がなく、ゆったりし、運転しやすいことが理由で、この車を選定する決め手の一つになりました。
 
 通勤に使わないことから、9年経過しても走行距離は5万K台です。
P1060028【拡大してご覧ください。】
 
 今回、藤岡ICから千葉北ICまで高速に乗ります。関越道~新たな圏央道~南関東道経由です。圏央道は最近、全線が開通したことから、前述の通り、私のナビには表示されないでしょう。道なりにどんどん北東から東へ向かいます。圏央道が終わる大栄JCTで南関東道を右折し、この辺でナビが復活する筈です。そして目的地の千葉をめざします。
 
 千葉市へは幾通りかコースがあります。帰路は圏央道の途中から東北自動車道へ、そして、館林ICから北関東自動車道です。いずれにしても都心から離れて渋滞のない道路を選びます。一般的に、渋滞すると走り出しても車間距離が短くなりがちです。空いてる道路で前方状況と路面をよく見つつ、100mの車間距離を鉄則とし、どうしても前車の速度が遅い場合は、追い抜き車線に入ります。
 
 人間の心理とは私も含めてそうですが、車に乗ると性格が一変しやすいものです。自分を監視するもう一人の自分で制御し、安全第一で走ります。帰路については「とんぼ帰り」せず、翌朝、早めに出発し、高崎をめざします。
 
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-diabetes | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | Mars Retrograde | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | soprano saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | さそり座 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インドの自然 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | フェアプレー | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | ミネラル | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 便利な生活と盲点 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 助け合い | 動物愛護 | 医師の一言 | 古代史 | 君子蘭 | 君子蘭の育て方 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 多年草 | 大相撲 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 姿勢 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 心肺機能の強化 | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 新みかぼフィル | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝の時間帯 | 星座 | | | 暦について | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 水分補給 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 筋肉トレーニング | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の歴史 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 考古学 | 肉体の鍛錬 | 肩甲骨の健康 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然の脅威と恩恵 | 自然散策 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 英語の発音留意点 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 衛生について | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 車検 | 近所の交流 | 道具 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高速運転について | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 黄道十二星座 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | 1月1日の天文学上の意味 | MRIによる検査