フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「日本の素晴らしさ」の7件の記事

2023年9月 4日 (月)

未だ未だ咲き続けます。

Img_5089
【画像をクリックすると臨場感が出ます。】
 
 庭のサルスベリは9月になっても、ご覧の通り、7~8m四方八方に枝を広げ、涼しい日陰を作り、満開を続けてます。と言っても、一つ一つの花は誠に小さく、花は数日で散り、後から、また、新たな蕾が交代して開花します。
 
 しかし、人間の目には「恰も同じ花がずっと咲き続けているかの如く」に見えます。日々、暑さで気が滅入る人間に対し「暑いからこそよく咲ける」と言ってるようです。
 
 いよいよ9月となり、日本の学校では2学期が本格的に始まりました。しかし、欧米では多くが9月から新年度であり、海外留学では不都合です。明治時代は、いろいろの制度を海外に習う時代でしたが、「9月の新年度」を導入しなかったのは不思議です。
 
 この原因については、日本では四季を春夏秋冬と言い、花の象徴である「桜が咲く4月」が新年度として最も相応しいと考えたのでしょう。以来150年が経過し、毎年、年間スケジュールが決まっているので、これはもう変えられません。
 
 もし、9月を新年度にすると今まで同級生であったのに、4月から8月までに生まれた人が先輩になり、9月から3月までに生まれた人が後輩になってしまいます。一方、小学1年生にとっては今までより7ヶ月早く入学か、5ヶ月遅く入学することになり、大変に混乱します。
  
Dear my overseas friends 
 Even in September, the crape myrtle in the garden continues to bloom in full bloom, spreading its branches 7 to 8 meters in all directions, creating a cool shade. However, each flower is really small, and the flower scatters in a few days, then new buds bloom later.
 
 However, to the human eye, it looks "as if the same flower keeps blooming". Every day, it seems that people are depressed by the heat, "The crape myrtle seems to say that it is why it can bloom well."
  
 By the way, It's finally September which the second semester has begun in earnest at Japanese schools. However, in most of Europe and the United States, the new school year starts in September, so that it is inconvenient for Japanese student to study abroad. The Meiji era of civilization and enlightenment was a time when many systems were learned from overseas, but it is strange that they did not introduce the "new school year in September."
   
 The reason for this is that in Japan, the four seasons are spring, summer, fall, and winter, and they thought that April is cherry blossom season, the symbol of flowers, are most appropriate for the new school year. 150 years have passed since then, and the annual schedule has been decided every year, so this can no longer be changed.
   
 If September is the new school year, those who were previously classmates but were born between April and August will become seniors, and those born between September and March will become juniors. On the other hand, first-grade elementary school students will have to enter school seven months earlier or five months later than before, which will be very confusing.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
    

2022年1月27日 (木)

日本人 心安らぐ 障子文化

Img_2795
 
 年のせいか、月日が経つのがとても早く感じ、今日を含めて1月もあと5日のみです。令和4年になって以来、果たして前進したことはあるか自らに問うてます。
 
 一人暮らしゆえ、人と話す機会が少なく、社会との接点を目的に、一人暮らしの高齢女性のゴミ出しを定期的に行なったり、小学生の下校交通指導での声掛け運動、買い物ではレジの女性と必ず一言話すようにしてます。
 
 この意識して声を出すことが肺機能の健康につながると思います。現役時代は人前で話すことが多かったのに、現在はそれに代わりに腹式呼吸を意識し、音読することに努めてます。
 
 ところで、近年、日本文化の象徴である障子が少なくなりました。この環境は落ち着きます。今でも16本ある障子文化を守ります。たまには張り替えよう。
 
Dear my friends overseas especially living at Auckland in NZ
 Perhaps because of my age, I feel that the days have passed very quickly, and January, including today, is 5 days only. I am asking myself, "What have I made any progress since the beginning of 4th year of Reiwa(2022).
 
 I live alone, of course, thinking of you perpetually, so that I have few opportunities to talk to people, therefore for the purpose of contact with society, I regularly take out the garbage of elderly woman living alone, and I always talk to elementary school students when in traffic guidance, and when shopping, I make it a rule to talk a word with a lady cashier.
 
 I think that consciously speaking out will lead to the health of lung and cerebral function. When I was active with you, I spoke in public, but now there's no chance, so I am conscious of abdominal breathing to read a book aloud instead. How sad!
 
 Not change the subject, but in recent years, the number of sliding paper door named shoji in our tongue, which is a symbol of Japanese traditional culture, has decreased. This environment calms me down mentally. I protect the 16 shoji cultures still now. I will try to repaper these sliding door after a long interval aiming your coming again.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/... 
 

2021年2月27日 (土)

品種によって微妙に異なる花梅の色彩

Img_1737
【拡大すると庭にいるようです。】
 
 寒気の到来で今日は一日中寒かったですね。それでも、庭の梅たちは3月20頃まで満開の状態が続くでしょう。花梅は桜に比べて開花期間が1ヶ月ほど楽しめます。ですから未だ暫くは花見ができます。紅梅はその色合いが品種によって微妙に異なります。
 
 しかも、それぞれ味わいがあります。樹形としては枝垂れる品種は華やかさと優しさが出ます。庭は梅の香りに包まれてますが、枝を切って家に入れると家じゅうに梅の香りが漂います。お近くの方は観賞にいらしてください。
 
 It was very cold all day today due to the arrival of cold air mass. Still, the plums in the garden will continue to be in full bloom until around March 20th I guess. Compared to cherry blossoms, flower plums can be enjoyed during about a month. Therefore, you can still see the cherry blossoms for a while. The color of red plum varies slightly depending on the variety.
 
 Moreover, each has its own taste in color. As for the tree shape, the weeping varieties are gorgeous and tender. The garden is surrounded by the fragrance of plum blossoms, but if I cut the branch and put them in the house, the scent of plum blossoms will drift throughout the house. If you are near, please come to appreciate it.
 
 

2020年3月 3日 (火)

今日はひな祭り

Img_0242

 今日は3月3日で「ひな祭り」です。この人形は長女が生まれたとき私の姉たちから贈られたもので「梅香る」と名がついてます。庭は今正に紅梅・白梅が満開です。現在、長女も次女も独立してますが、雛人形は実家である私の家にいつも飾ってあります。私の家の物置には私の一番上の姉が95年前に生まれたときの雛人形も未だたくさんあります。本人はもうこの世にいないのにお雛様は残ってます。


 Today is March 3 "Hinamatsuri" that means celebrating Doll Festival in our country for hoping daughter's health and growth. This dolls were presented from my elder sisters when my eldest daughter was born, and is named "Umekaoru".that means plums are fragrant. Currently the garden is full of blossoms of red and white plums. At present, both the eldest daughter and the second daughter are independent, but their dolls are always displayed in my home where is their birthplace. There are still many dolls in my storeroom when my eldest sister was born around a century ago. The chick remains even though she is no longer in the world.

Img_0245

 

2019年5月20日 (月)

「新元号・令和」平和な未来願う

P1070785

 5月15日の読売新聞「ぐんま・ひろば」に掲載された友人TM氏の投稿文をご紹介します。なお、氏は度々このブログにコメントを下さる方です。

 日本には他国にあまり例の少ない元号があり、これによって日本人は日本の歴史をより深く理解したり、私たちはその元号当時の世相や生活を思い出すことができます。最初の元号は飛鳥時代の「大化」に始まり、今回の「令和」で248回目といわれます。

 以下は投稿文です。  

 新元号「令和」の「令」は、ひざまずき神意を聴く人をかたどった漢字だという。「令」には、命令、法令など抑圧的な印象があるが、よい、すぐれたという意味もあることを知ってほっとした。「令和」には、気品と柔らかい響きがある。

 「和」ですぐ思い浮かぶ語は「平和」である。在位30年の記念式典で天皇陛下は平成を「近現代において初めて戦争を経験せぬ時代」と振り返られた。「令和」には、よりよい平和国家への理念が感じられる。

 この度の改元は「元号」について理解する機会にもなった。国語辞書「広辞苑」には「元号は中国で皇帝が時を支配するという思想から、漢の武帝の時(紀元前140年)に『建元』と号したのが最初とされる」とあった。日本における改元の理由は即位始め、天変地異、飢饉、戦乱などが多いという。

 日本の元号には、新しい時代に向かっての目標、期待、祈りが映し出されている。眼差しを明るい平和な未来に向けて「令和」を生きてゆきたい。

 It is said that the "Rei" of the Japanese new era named "Reiwa" is a kanji shaped like a person who listens to deity with kneeling down. "Rei" has oppressive impressions such as orders and statutes, but I was relieved to know that it also means good and excellent. There is elegance and soft resounding in "Reiwa".

 The word of "Wa" that we immediately come to mind is "peace". At the commemorative ceremony of reign of 30 years, the Emperor loohed back on Heisei as "We did not experience war during the era, this is the first time in the modern world". The idea of ​​a better peace nation can be felt in “Reiwa”.

 The conversion this time also provided an opportunity for us to understand the "gengo" that means Japanese traditional era name.

 According to the Japanese dictionary named "Kojien" that is one of the most prestigious dictionaries used widely, it indicates that the first era name was "Kengen" at the time of Han's emperor (140 BC) from the idea that the emperor controls time in China. The reason for conversion in Japan was in case of successin to the throne, catastrophes, famines, and wars.

 The Japanese era reflects the purposes, expectations and prayers to a new era. We would like to live during "Reiwa" toward the bright, peaceful future with a glance.

  

2019年4月24日 (水)

珍しく 季節が生んだ 植物名

P1020887_1

この植物名は春一番です。ツツジとシャクナゲをかけ合わせた品種です。それにしても、皆さまとブログを通じて交流できた平成も後7日間のみです。果たして令和元年最初の日はどんな日でしょう。ましてや、昭和は遠くなりにけり。


The name of this plant is "First gale in the Spring". This is the new variety of azalea crossed by rhododendron. Even so, Heisei era when we interchainged through the blog remains seven days only. What day is the first day of Reiwa era? I have a most precious schedule in my life to go to Saitam prefecture. Especially, Showa era is far away.

 

2018年10月23日 (火)

きれいな音質に聴き入る

 https://www.youtube.com/watch?v=aIOsF8fg4Dg

Photo

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お気に入り喫茶店 お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スマホ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 偶然性 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 剪定の必要性 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 収穫の喜び 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏の花 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節と黄道十二星座 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 孫娘たち 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日本文化 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 月までの距離 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の健康管理 梅雨の過ごし方 梅雨の頃の花 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 楽しい川柳 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温暖化 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 烏川 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 筋肉維持 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 藤の花 虐待防止 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢化社会を生きる 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー