カテゴリー「睡眠法」の1件の記事

2018年10月25日 (木)

快眠を促す寝室空間づくり・・・私の睡眠改善法

P1060042【開花が始まった菊】

 私たちが自らの意志でどうにもできないのが、眠ろうとしてもなかなか眠りにつけない時と、便秘です。【便秘解消法については後日、提案します。】
 
 眠れない晩は2時間くらい、それ以上に続くこともあります。それでも、その晩は眠れなくても、一週間を過ぎれば睡眠量は平均化されるように考えます。私は睡眠について現在、問題なく、深い眠りであり、朝起きてよく眠ったなあと感じてます。
 
 眠りには夢を見ている間のように寝てても脳が活動し、浅い眠りであったり、一方、床につくや否や、いわゆるバッタンキューでぐっすり睡眠に陥ることがあります。眠りにつけない場合は、このバッタンキューの状態を思い起こし、日中、それに近い生活習慣を実施すれば、解消方向に向かうのではないでしょうか。
 
 しかし、人間の脳はなかなかそう簡単に言うことを聞きません。仕事上のこと、また、人間関係で悩んだりすると就寝後も脳がマイナス志向に活動を続けることから眠りにつけないことがあります。しかし、それは人間としてごく自然なことではないでしょうか。
 
P1060006【実生から生えたマユミの実】
 
 ところで、睡眠は脳と身体の両方が結びついて、気になること、苦痛なこと、心配なことを、休みたい身体の欲望が上回る状態になると睡眠に陥ると考えられます。
 
 また、睡眠では私たちに分からぬ不思議なことがあります。それは眠りにつく瞬間です。生れて以来、分かったことがありません。もっとも、分かったら意識があるので眠らないことになります。
 
 睡眠は自然が与えてくれた脳と身体の休息なので、これが睡眠時間と睡眠の深さに問題なければ日中の社会生活では仕事やその他の活動がてきばきでき、顔が表情豊かになるでしょう。そうでなければ、能率は上がらず表情も乏しくなるでしょう。
 
P1060039
 
 次に、よい眠りに陥る環境について考えてみます。身体的に苦痛がないことがもちろんです。快適な寝室の空間について、私たちは工夫により改善できます。基本は日中の換気がよく、室内がきれいな酸素に満ちてることです。
 
 次に、具体策の一つとして、寝室の温度と湿度の適正化です。温度は季節によっても異なっても、19℃から27℃ほどに保ち、特に夏と冬は湿度を50%から60%に調整します。本来は気圧も考慮すべきですが、こちらは大気の成すままです。しかし、どちらかというとヘクトパスカル値が低い方が快眠につながると思います。高いと血圧も上昇機運です。
 
 特に熱帯夜のような場合は、湿度が高いことから就寝中にかなり汗をかき、脱水状態になります。今年の夏は猛暑続きで、殊のほか汗が出て体調不良に陥りやすかったです。
 
P1060044【湿度計】
 
 適正な湿度は常に湿度計によって判断します。これから冬を迎えるにあたり、乾燥してる場合は室内でお湯を沸かせばすぐに湿度が上がります。湿度を下げる場合は、エアコンで除湿します。
 
 また、よい睡眠を得るには、昼寝については午後3時以前とし、長くても30分以内にします。入浴については、就寝1時間前くらいに38~40℃のぬるめのお湯に入ります。これで血管が広がり、血圧が下がり筋肉もリラックスします。
 
 一方、どうしても眠れないとき海外での方法は、内緒話のように息の音のみで羊を数えるとよいと伝えられます。羊は英語でsheepです。つまり、one sheep two sheep, three sheep ~です。因みにsheepは単複同形なのでsheepのあとにsをつけなくてもいいのです。この方法が効果的なのはsheepの発音がsleep【眠る】に似ていることと、sheepを繰り返すことにより、息を吐くため深い呼吸になり、リラックスできると考えられます。
 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia | anti-aging | anti-constipation | anti-diabetes | anti-heat stroke | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | ISSからの景色 | Mars Retrograde | My Soprano Saxophone | New Year's resolutions | soprano saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | さそり座 | しだれ桃の世話 | イクステーリア | インドの自然 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | サルスベリの育て方 | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | フェアプレー | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | ミネラル | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の夏の健康管理 | レース鳩の血統 | レース鳩の訓練 | レース鳩の雛の餌 | レース鳩の餌 | レース鳩の馴致 | レース鳩の高度ある舎外 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 一人暮らしの健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節季 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 便利な生活と盲点 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な冬の過ごし方 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康診断 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 先人の知恵 | 八重桜 | 内視鏡による検診 | 前立腺 | 助け合い | 動物愛護 | 医師の一言 | 古代史 | 君子蘭 | 君子蘭の育て方 | 吹奏楽演奏会 | 呼吸筋 | 国際交流 | 国際宇宙ステーション | 地球 | 地球環境 | 多年草 | 大相撲 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 姿勢 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 安全パトロール | 室内楽の楽しみ | 害虫 | 家族 | 寒中の過ごし方 | 小学校の英語教育 | 庭の石の不思議さ | 庭作り | 心と体 | 心の温かさ | 心肺機能の強化 | 恋愛 | 愛車の手入れ | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 新みかぼフィル | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本に関する英文表記 | 日本の安全 | 日本の素晴らしさ | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | 早朝の時間帯 | 星座 | | | 暦について | | 杉の木 | 果物の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 樹勢よくする方法 | 樹木の天敵 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 水分補給 | 決意 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 災害への備え | 父の思い出 | 生活習慣病の予防 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 睡眠法 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のウォーキング | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 種鳩の管理 | 第九 | 筋トレ | 筋肉トレーニング | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の歴史 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 翻訳 | 考古学 | 肉体の鍛錬 | 肩甲骨の健康 | 胃の内視鏡検査 | 背骨の運動 | 背骨を鍛練 | 腰痛対策 | 自然 | 自然の脅威と恩恵 | 自然散策 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英作文 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 英語の発音留意点 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 血糖値を下げる | 衛生について | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 超音波による検診 | 趣味 | 足腰の鍛錬 | | 車の運転心得 | 車検 | 近所の交流 | 道具 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 雨水の有効利用 | 青春真っ只中 | 音感 | 音楽 | 音楽会 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 骨の検査 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高速運転について | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 黄道十二星座 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | 1月1日の天文学上の意味 | MRIによる検査