カテゴリー「健康管理」の19件の記事

2021年8月 1日 (日)

天気よく 靴を洗って 再出発

Img_2254
 
 今日は気温も高く、太陽光が強いので、2足の靴を洗濯機で洗い外に干しました。現在、靴の中のつま先部分を乾かしてます。左がウォーキング・シューズで、右が車の運転用の靴です。運転用の靴底はブレーキ対応がよくできるように、あまりゴツゴツしてません。
 
 どちらも27㎝で履き心地はよいです。ですから、車で山などに行って歩くときは左に履き替えます。今まで靴を洗ったことはなかったですが、これからは人に足元を見られないよう、いつも清潔な靴を履きます。
 
 Today, the Japanese temperature is extremely high and the sunlight is strong, so I washed two pairs of shoes by the washing machine and now I am drying them outside. I'm currently drying the toes parts inside the shoes. Walking shoes are on the left and driving shoes on the right. The soles for driving are not very rugged so that I can brake well.
 
 Both are 27 cm size and comfortable to wear. Therefore, when I drive to the mountain and walk, change my shoes to the left. I've never washed my shoes before, but from now on, I'm going to wear always clean shoes so as not to be seen my feet by someone.
 
 

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

続けたい 呼吸筋の ストレッチ

Img_1953

【毎朝行われてる倉賀野上四地区のラジオ体操会】・・・写真はお顔が鮮明でないので掲載しました。

 私たち人間は生れた瞬間から今の瞬間まで無意識のうちに呼吸してます。その回数については、無意識に呼吸してるときや運動中でなく静止状態にいるときは1分間に18回前後ですが、その都度、肺の中の空気をすべて入れ替えてるかと言えば、そんなことはなく、一回の呼吸でおよそ三分の一を入れ替え、この時、まだ肺の中に後に残っている三分の二の空気を残気と言います。

 この残気を時々は意識してすべて吐き出すには、深呼吸によってであり、新たな酸素を吸い込みたいものです。これには、平素から肺に残気があることを意識し、吸うよりも息を吐くことに重点をおくとよいでしょう。吐けば自然と新鮮な空気が肺に入ります。

 以前に喘息に罹ってる子供たちを対象とした「喘息体操」を群馬大学の医師が考案しました。そのピアノ伴奏音楽の作曲を私が依頼され、テレビ放映されたことがあります。当時、担当医師が残気のことをよく言われてたので、この時、私も残気を吐く切ることの大切さを知りました。

 ところで、呼吸するには肺の前後や左右など周囲に無数にある呼吸筋を伸ばしたり、縮めたりする柔軟性を鍛えることが大切です。これには特に、呼吸筋を伸ばす運動を日々取り入れたいものです。

 先日、NHKラジオの早朝番組「健康ライフ」で呼吸筋のストレッチについて取り扱ってました。なるほど、専門家はいろいろ考えるものと感心しました。このときの医師も残気について話されたので、私には懐かしく思いました。以下はその時の内容です。実践してみてください。

 呼吸筋をストレッチするには、椅子に座り、頭上で右手で左手首を掴み、右へ思い切り引き寄せます。このとき上体も右に曲げます。そして更に肝心なことは「右の尻」を椅子から浮かせます。そして空気を吐き切ります。どうですか。左胸がよく伸びたでしょう。これを暫くの間、伸ばします。逆でも行ないます。これで右側の呼吸筋がよく伸びます。

 一方、片方の腕で椅子の背もたれを引くと、上体がよく捻れます。数秒間続けます。同様に、逆も行ないます。肝心なことはこのとき、残気を吐き切ることです。

Img_1951

 倉賀野上四地区では冬季と金曜日を除いて、上四公園【倉賀野幼稚園の西隣】で毎朝ラジオ体操を行なってます。今朝も25名ほどが参加しました。

 私は呼吸筋のことを考えながら行なったところ、実はラジオ体操には呼吸筋を伸ばす体操が多く含まれてることに気づきました。ラジオ体操を考案した人は、全身の筋肉の柔軟性のみならず、呼吸筋の伸縮性の大切さを意識して考案されたと気付きました。

 健康維持の元は、新鮮な酸素を肺にしっかり取り入れ、血液循環により、各臓器や筋肉に十分な酸素を届けることです。私たちは呼吸筋の柔軟性を鍛えることを生涯に亘り継続したいものです。 

 

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

お腹が空く状態をつくる生活習慣

Img_1799

【5分咲きになった雪柳】

Dear overseas friends

 I recommend you to read the weblog by using simultaneous interpretation system, so you are able to understand the whole meaning in your own tongue.
 

 英語の諺にHunger is the best sauceがあります。「空腹であってこそ食事は最高においしい。」ということで、例えば、夏季にビアガーデンへ行くときなど、事前に飲み物や食べ物を口にせず、空腹にしておくとビールが美味しいことを体験上、私たちは知ってます。

 基本的には、平素の食事についても美味しく食べるなら同様のことが言えます。それには間食を避けたり、あるいは日中、身体をよく働かせ、エネルギーを消費して空腹にしておく工夫が肝心で、胃や十二指腸を暫く休めて、これらの臓器の中を空にしておく習慣を身につけたいものです。

 空腹が気持ち悪ければ、時にはお茶や牛乳、あるいは水分を摂ることで胃壁から出る胃酸を中和することになります。

 最近、私が考えてるHunger is the best sauceの状態を作るには、間食をしないことはもちろん、もう一つの方法があります。それは早起きし、いわゆる朝飯前に庭などの作業を自ら課し、ある程度、身体を動かしてから早めに朝食を摂ることです。速めではありません、時間帯を早くということです。できれば7時前後には摂りたいものです。8時~9時の朝食では遅いです。

 この理由は7時頃の朝食が習慣化すると午前11時半頃になると、もう、お腹が空いてきて昼食が待ちきれないほどの状況になります。結果的に午後5時頃になると、今度は夕食が待ちきれない状態になります。この一連の流れは空腹になる好循環です。常に、お腹が空いた状態で食事を摂りたいものです。

 これにより腸内は早めに活動し始め、腸内循環がよくなり、便秘の症状がなくなります。昔は「風邪は万病の元」と言われましたが、現在は「便秘は万病の元」と言えそうです。近年は大腸がんを患う人の数が極めて増加し、この遠因は食事内容の欧米化と共に、一般的には、テレビを見ながら夜遅くまで起きてる生活習慣が元にあるのではないでしょうか。自然の摂理で、早起きの習慣が身につけば自ずと宵っ張りになりません。

 ところで、便秘解消にはよい方法があります。それは就寝前にコップ1杯の水を飲むことです。私の経験ではこれを行ったからと言って夜中にトイレに起きる回数が増えたことはありません。夜中にトイレに起きる回数が多いのは萎縮してる膀胱に問題があると考えられます。

 昔から就寝前に飲むコップ一杯の水は「宝水」と言われてます。体内のいろいろの液体を薄めることにつながり、腸内環境はもちろん、血流がよくなり、血圧安定にもよいと考えられます。特に、胃腸の働きについては私たちの生活習慣と密接に関係してることから、前述の通り、「早い朝食時間の厳守」そして「充実した朝食内容の摂取」こそ健康管理の基本ではないでしょうか。

 

| | コメント (2)

2021年3月 2日 (火)

目を触らない習慣を持ちたい・・・ウイルス対策

Img_1692_20210302215801
【浅間山】
 
 若き日の私は、視力検査すると2.0でした。遠くが本当に良く見え、近くもよく見えました。しかし、45才くらいから近くがぼやけ始め、本を読むとき眼鏡が必要になりました。暫くの期間、そのままで不都合ありませんでしたが、昨年の秋に左目が白内障と分かり手術したら、本当によく見えるようになり、特に車の運転が楽になりました。現代医学の恩恵を受けてます。
 
 ところが、3日前から、悲しいことがないのに右目から涙が出るので眼科に行ったら「結膜炎」と分かり、薬を処方してもらいました。医師の話では、「無意識のうちに手で目を触ったのが原因でしょう。」とのことです。手にはウィルスが付いており、新型コロナ対策はもちろんですが、皆さん、手で目の淵を触らないようにしましょう。
 
 When I was young, the result of eyesight test was 2.0. I could see the distance really well and the near as well. However, when I was about 45 years old, my eyes became blurred, and I needed glasses when reading a book. For a while, it wasn't inconvenient as it was, but when I was suffering from cataracts on my left eye last fall so that I had surgery, then it looked really good beyond expectation and it made driving a car easier. I am benefiting from modern medicine.
 
 However, since 3 days ago, I was not sad, but tears came out from right eye, so when I went to the ophthalmology, I found out that I had "conjunctivitis" and the eye doctor prescribed three drugs for me. According to the doctor, "It was probably because I unknowingly touched my eyes." There is a virus on our hands, of course we are taking measures against Covid-19 now, but everyone, let's avoid touching the edges of our eyes.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2020年12月25日 (金)

医療関係者に心より敬意を表します。

Img_1526
  
 ますます「コロナ感染」が広がってます。年末を控え、この厳しい状況の中にあって治療に当たる現場の医療関係者に心より敬意を表します。
 
 私たち一人ひとりが不要不急の外出を避け、徹底して感染防止に努めなくてはなりません。家の中では時々換気を行い、室内の空気を衛生的に保ちましょう。今まで通り、手洗い、消毒、嗽、マスクの励行、最も危険な人混みを避けましょう。
 
 また、こんな時こそ室内でできる運動をして体力維持にも努め、栄養、睡眠も十分にとり、家の中で自分らしく過ごしましょう。
 
 ところで、今夜20時から娘が群馬テレビに出演します。
 
"Covid-19 infection" is spreading more and more. At the end of the year, we express our deepest respect to the medical personnel who are treating in this severe situation.
  
 Each of us must avoid unnecessary and unurgent outings and make effort to prevent infection. Ventilate the house often to keep the air in the room hygienic. As always, we never forget hand washing, disinfection, gargling and mask. We must avoid the most dangerous crowds.
  
 Also, at such times, try to maintain our physical strength by exercising indoors, enough nutrition and sleep, and spend the time at home as we like.
 
 By the way, at 8 c'clock this evening, my daughter will be televised in Gumma TV.
 

| | コメント (2)

2020年10月22日 (木)

思い切って白内障の手術をしてよかった

Img_1271
 
 皆さまの応援のお陰で今日は眼帯が取れました。あまりにも世界がよく見え、まるで青春時代の再来のようです。かなり離れた車のナンバーがよく見えます。今後、中身も青春のように生きます。
 
 これからは以前より運転が楽になるでしょう。しかし、鏡で顔を見たら、未だ目が赤いので私に会いたくても、もう少し我慢して下さいね。
 
 Thanks to your supports, I was released from my patch of left eye today. I am able to see the world so well that it's like the return of adolescence. I can see the number of the car far away.
     
 From now on, my spiritual content will be like youth. From now on, driving will be easier than before. However, when I look in the mirror, my eye is still red, so if you want to see me, please be patient for a while.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

鼻呼吸は脳を冷やし、頭がすっきり

Photo_20201001071201

【顔の中は上から前頭胴、蝶形骨胴、篩骨胴、上顎洞、鼻腔】

 上の図を見ても、私たちの顔面は眼球以外、殆ど鼻の臓器であることが分かります。

 私たちは呼吸を1分間におよそ18回ほと行なってるので、1日に25000回位です。呼吸によって酸素を肺に取り入れ、ガス交換し、二酸化炭素を外部に排出してます。これが呼吸の主たる作業です。しかし、この他に大切なこともしています。それは体温より低い空気を体内に入れ、一方、温まった空気を外に排出し、常に体温調節しています。

 しかし、鼻の通りが悪いと口呼吸になり、結果的に上図の通り、それぞれ2対ある前頭胴、蝶形骨胴、篩骨胴、上顎胴の中を空気が通過せず、いわゆる鼻声になり、もちろん鼻の中にたくさんある臓器が不衛生になるでしよう。

 これらの臓器はほっぺの中にある上顎胴を除き、眼球の間の奥にあり、そこは喉の上、つまり、脳のすぐ下に位置し、それぞれの臓器は鼻腔と細い穴で繋がってます。前頭胴は額の中にあり脳の前に位置します。ですから、呼吸により瞬時にこれらの臓器の中を空気が通過し、前述の通り、1日に25000回も体温より冷たい外気が脳を冷やすと考えられます。

 また、空気を排出することで体温を下げたり、脳のすぐ下を通過し、温まった空気を排出してます。ですから、鼻呼吸は吸い込んだ空気を粘膜により、きれいにして肺に送る役目のほかに、脳を冷やし、頭をすっきりさせてることになります。

P1020228

【群馬県富岡市・大塩湖】

 現在、世界を震撼させてるコロナ禍において、人混みの中ではマスクは細菌を撒き散らさないため、及び、細菌を吸い込まないため絶対必要なことです。私は一人暮らしゆえ、家の中や車の運転中はマスクをしてません。買物などで人混みの中でのみマスクを着用してます。コロナ禍に あってマスク、手洗い、そして嗽は最低限の感染予防です。

 しかし、時々マスクをして感じることは、見た目がよく、厚手のマスクであれはあるほど吐いた空気が熱くて、呼吸が辛く、居たたまれなくなることがあります。ですから、マスクはおしゃれとして良いものより、比較的薄手のものが熱を逃がしやすく、呼吸が楽に感じます。

 このようにマスクをすることで知ることは、私たちは呼吸により体内の温かな空気を外部に逃がしていることを実感します。ですから、長い時間マスクしてると脳が冷やされなくなります。感染の危険がない場所ではマスクを外した方が、頭がすっきりします。

 ところで、鼻の健康維持のため、私は1日に1~2回ほど鼻洗浄してます。この方法は先ず、点鼻薬を1~2滴鼻腔内に垂らして数分が経過してから塩分濃度0.9%のぬるま湯を鼻腔内に通過させます。これにより鼻の通りがすごく良くなり、自然と鼻呼吸になります。0.9%の根拠は私たちの血液の塩分濃度が0.9%だからです。

 鼻呼吸は空気の浄化、そして脳活動向上のため大切な生活習慣です。

 

| | コメント (2)

2020年6月 1日 (月)

伝統校の職員室を禁煙にした密かな自負

Img_0560_20200606062701

 私が高校教員になった頃、教育現場では生徒が喫煙したら謹慎処分が行なわれ、生徒は1週間から2週間程度、自宅謹慎になることが常でした。これは法律に抵触することはもちろん、将来ある生徒の健康を考慮する教育の一環でした。

 一方、教える側の教員はどうかと言えば、所謂、ヘビースモーカーが多くいて休み時間の度にタバコを吸う習慣がありました。その場所は40~80名いる密室状態の職員室です。

 タバコを吸わない私などは、今でいう受動喫煙者であり、毎日毎時間のことで、これには困り果てました。しかし、多くの教員が吸っていることから、当時はそれが社会通念で、要職にある教務主任などもヘビースモーカーでした。

 このため、喫煙は問題にされず、それが最初に赴任した高校から4つ目の高校まで続き、この4校目が特に著しく、常にタバコの煙で充満した職員室でした。

 実は、私は鼻が悪くて30才頃、2週間の入院により鼻を手術したことがあります。こんな環境で、近くで1本でもタバコを吸う人がいると、途端に鼻が詰まる苦しい日々でした。

 ところで、5月31日は「世界禁煙デー」です。日本では5月31日~6月5日が「禁煙週間」です。

 前述の如く、タバコを吸ってないのに、タバコの煙を吸わされてしまうのが受動喫煙です。受動喫煙で吸わされるタバコの有害物質はタバコを吸う人に比べれば、少量かも知れません。

 しかし、健康に影響を与え、受動喫煙者のリスクが高まる病気としては、肺がん、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、そして乳幼児突然死症候群などといわれます。

 これらの疾患について、受動喫煙が原因で死亡した人数は年間1万5千人と推定されると言われます。この他、子どもの喘息、胎児発育遅延といった病気も受動喫煙との関係が指摘されてます。

 以前は電車やバスの中でも、タバコを吸う人をよく見かけました。しかし、近年はタバコが有害である指摘が浸透し、多くの公的な場所が全面禁煙になり、その点は社会は健康的な空間になりつつあります。それでも、コンビニやスーパーでは今でも多種のタバコが売られ、購入する人もたくさんいます。

 吸う吸わないは自由です。先日、近くのクリニックの前で、受付を待ってる男性患者がタバコを吸ってるには驚きましたが、私の知る限り、患者の健康回復を仕事とする看護師の女性がタバコを吸ってます。こちらも驚きの他はありません。

 ところで、本文の最初に戻りますが、私が4校目に赴任した県立M高校の職員室には誠に困りました。伝統校といわれながら職員の喫煙については伝統校とは程遠い有様で、喫煙に対して甘く、特に体育館にある体育教師の準備室には常にタバコの煙が充満し、私は7年間の間、殆ど入室したことはありませんでした。 

 健康教育を専門とする教師がこの状態で生徒に教育できるのか疑問でした。この煙の中に生徒は当然体育教師と会うために四六時中、出入りしてます。もちろん、一般の職員室にも生徒は休み時間に出入りしてます。

 私はこの状況は誠に危険と考え、就任して2~3ヶ月したある日、当時の著名な校長に校長室で直談判し「職員室のタバコの煙に誠に困っている実情を伝え、今後、職員室を禁煙にするよう校長から全職員に伝えてほしい」とお願いしたことがあります。翌日の朝会で校長が発言し、「生徒と職員の健康を考慮し、今日から職員室で喫煙しないでください。」と発言がありました。

 喫煙する先生方は突然のことで驚いたことでしょう。しかし、別室に喫煙所を設けられホッとしてるようでした。この日から、当時、創立110周年の長きに亘る学校の職員室は禁煙になり、すぐに実行してくれた校長には感謝この上もありません。

 この件で、もし、私が職員会議で発言し、禁煙をお願いしたら憎まれること必至です。私はM校在任中、一つの悪幣を改革したと今でも内心、自負してます。私が校長に職員室を禁煙するよう直談判したことは今でも誰も知らないことです。

 

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

入学式と始業式後、明日から5月の連休まで休校

Img_0425

 今日から1学期が始まったので、今朝、地元小学生の通学路をパトロールしました。しかし、先程、隣の小学生の母から連絡が入り、明日から5月の連休まで休校が決まったとのことです。再度、長い休校なので私はこの隣の子供さん二人を時には預かることにしてます。

 世の中、生活が一変しましたが、こんな時こそ正しい情報が大切です。先が見えませんが、今は辛抱の時です。皆さん、希望持って頑張りましょう。医療関係者に心より感謝いたします。


 Since the first semester started today, we patrolled the local elementary school zone. However, the mother of a neighbor whose childre are elementary school student, contacted me that it was decided that school will be closed from tomorrow until May holidays. Again, the long vacation begins, I sometimes take charge of two children of next door due to working couple.

 According to the news, one case has been reported in Tamamura Town. Life has changed a lot in the world, but at such times, correct information is important. We can't see the end, but now is the time for patience. Let's do our best with hope. Special thanks to healthcare professionals.

 

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

S状結腸を伸ばしてる「考える人」

Photo_20200203093701

 約半年前にテーマとしました快便方法を今回、改めて再度、一考察です。昔は「風邪は万病の元」と言われてました。これは今でも正しいですが、現代では更に「便秘は万病の元」と言えます。

 私は昨年、東京上野の国立西洋美術館でロダンの「考える人」を見ました。途端に、恰も便秘解消法を「考えるてる人」とも言えるのではないかと感じました。、そして、ついに、この姿勢が最も快便につながる方法と気づき、この彫刻は世の中に無言で健康法を示唆していると考えてしまいました。

 折角の著名な芸術をこのように捉えるのは失礼この上もありません。しかし、人間が生きる上で如何にしたら快便につながるかは最も重大な健康問題で、世界70億人にとって、例外のない共通のことです。

 ロダンの「考える人」の姿勢を細かく観察してみましよう。

★膝から下の足は少し手前に引いてます。すぐ立ち上がれるポーズです。

★両足を僅かに開いて、下半身の力を抜いてます。

★右肘を左の大腿部の上に置いてます。

★右手首で顎が下がらないようにしてます。この動作で背中がまっすぐになります。

スマホを見ず、新聞や本を読んだりせず、集中してます。

 上記の事柄で、私が最もポイントと考えることは3番です。私たちの大腸は肛門まで5つの部位に分けられ、それぞれ名がついてます。それらは小腸の後に続く上行結腸~横行結腸~下行結腸~S状結腸~直腸です。

Photo_20200203100201

 食べ物が胃に入るとそれによって横行結腸は圧迫を受け、動きを加速させると考えられます。

 ところで、S状結腸は誠によくできた臓器です。これは上から下がってきた便をすぐ肛門へ行かせず、曲がりくねって抵抗を付け、下に行き難くしてると考えられます。つまり、便が下がるのにブレーキをかけてます。このS状結腸の存在で私たちの生活の質【QOL】は保たれてると言えます。これが無ければおそらく1時間おきぐらいに便意を感じ社会生活に集中できなくなるでしょう。

 反面、一たび、何らかの原因でブレーキが効き過ぎると、その後から来る便もどんどん詰ってくるので渋滞となり、その上、大腸特有の作業である水分を吸収することから、固まっていきます。こうなると出難くなります。一たび出ないと悪循環に陥り、これが便秘=constipationと考えられます。

 便秘解消法はいろいろ考えられます。非常事態では薬に頼ることも大切ですが、それが習慣になるとよくないでしょう。

 私が考える日常生活では☆日々、運動を心掛ける。☆多種の野菜を食する。☆腸内を活発にするため朝食をきちんと摂る。☆日々、水分を多めに摂る。☆芋類の同じものをたくさん摂らない。このうち、「順序として野菜は食事の最初に食べる」ことが望ましく、その理由は食べたものは順に胃~十二指腸~小腸~大腸へ、その順番のまま進みます。後から食べたものが最初に食べた野菜類を追い越すことはない筈です。

 これにより、新たな便は常に野菜によるものが先頭です。これならS状結腸でも先頭集団は固まり難く、スムースに通過と考えられます。

 ところで、毎日通じがあることが望ましいでしょうが、どうしても量が少なくなります。このため毎日でなくても2日に一回でもよいと思います。大切なのは「息み過ぎずに出ること」で、その後、おなかの張りがなくなった「爽快感」を感じることが大切です。

 年齢が嵩むと、大腸の働きは鈍くなると考えられます。トイレでは前述の「考える人」のポーズを思い浮かべ、「下腹の左で曲がっているS状結腸を如何に直線にするか」です。

  

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査