フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「自然の恵み」の35件の記事

2024年1月 6日 (土)

今年は豊作です。

Img_5501
 
 橙色になってる実はすぐ食べられますが、未だ葉の色に似て、熟してない実もあります。私は時々捥いで昼食のときに食べてます。これは10年以上前に植えた「金柑」です。私の両隣の家の庭にはミカンが鈴なりですから、今年は柑橘類が豊作のようです。
 
 ご存じの通り、「金柑」は皮を剝かずにそのまま食べられるので、栄養をまるごと吸収できます。「金柑」の皮にはビタミンCが豊富で、免疫力を高めたり、血流を改善、更に、発ガン抑制作用、動脈硬化や脳血栓、心筋梗塞を防ぎ、抗アレルギーの働きがあるといわれてます。
 
 調べてみると、金柑の日本への渡来は江戸時代の文政9年、現在の中国寧波の商船が遠州灘沖で遭難し、清水港に寄港した際に船員が礼として清水の人に砂糖漬けの「金柑」の実を贈りました。その中に入っていた種を植えたところ、やがて実がなり、その実からとった種が日本全国へ広まったと伝えられてます。
  
Dear my overseas friends
 Fruits that are orange in color can be eaten immediately, but some fruits are not yet ripe that resembles the color of the leaves. I sometimes eat it for lunch. This is a "kumquat" that I planted over 10 years ago. The tangerines are bearing in the gardens of both sides of me, so it seems like there will be a good harvest of citrus fruits this year.
 
 As you know, kumquats can be eaten without peeling, so you can absorb all the nutrients. The skin of Kumquat is rich in vitamin C, which is said to boost immunity, improve blood flow, suppress carcinogenesis, prevent arteriosclerosis, cerebral thrombosis, and myocardial infarction, and anti-allergy.
 
 According to research, kumquats were brought to Japan in the 9th year of the Bunsei era 1826 during the Edo period, when a merchant ship from what is now Zhejiang Province in China, was lost off the coast of the Enshunada Sea, and when it called at Shimizu Port, the sailors offered kumquats including sugar to the people of Shimizu as a token of gratitude. That was pickled kumquat fruit. It is said that when the seeds inside were planted, they eventually bore fruit. After that, the seeds from the Kumquat spread throughout Japan.
   
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.co
 

2024年1月 3日 (水)

よく見えた今年の「初日の出」

Img_5484
 
 毎年、「初日の出」は私の家にいても、よく見えます。たまたま、東南東の遠方に建物がないので、ほぼ地平線から太陽が昇ります。
 
 この部屋は、ご覧のように、山小屋風の三階ですから、一般の二階家の家より頭一つ高いこともあり、誠に良く見えます。この写真は日の出後3分ほど経ったとき撮りました。
 
 実は、日の入りも荒船山や浅間山周辺に沈むときよく見えます。それとは別に、赤城山と榛名山も一望できます。客が来訪し、ここで一杯飲むこともあり、景色が良いので皆さん喜びます。
 
Dear my friends who like to see "first sunrise"
 Every new years, I can clearly see the first sunrise of the year even from my house. As it is lucky, there are no buildings in the far east-southeast direction, so the sun rises almost above the horizon.
 
 As you can see, this room is on the third floor in the style of a mountain hut, so it looks really good because it is one head higher than a typical two-story house. This photo was taken about 3 minutes after the first sunrise of this new year.
 
 In fact, when it sets around Mt. Arafune and active volcano Mt. Asama, I can see sunset. Apart from that, I can also see Mt. Akagi and Mt. Haruna. When guests come to visit and sometimes have a drink here, and everyone is happy because the scenery is beautiful.
  
Img_5483
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.co
 

2023年11月25日 (土)

野鳥との知恵比べは続く

Img_5387
Img_5388
 
 今まで庭に生る柿をあまり食べませんでした。この柿は亡父が、60年前にここへ引っ越して来た記念に植えたものですが、どうしたことかあまり甘くなかったのです。つまり、渋い部分があったのです。私カッキーと同じく渋いのです。幼かった娘たちも庭の柿を食べた記憶はないかもしれません。
 
 しかし、私はどうにか甘くならないかと工夫した結果、幹の途中から芽が出てきたので、それを生かすことにし、それより上の今までの太い幹を思い切り、切り落としました。
 
 それから3年ほどしたら、新たな芽が成長し、今年は20個程の柿が生りました。肝心の味は早く捥ぐと渋い感じなので、熟すのを待って食べたところ甘かったです。
 
 ところが、野鳥も同じ体験を持ち、色を見て先天的に美味しいかどうかを知っているのでしょう。甘くなると啄み始めます。もう2個食べられました。啄んてみて渋ければ途中で食べるのを止めてしまいます。
 
 ですから、私も負けてはいられません。毎日、観察し触ってみて少し柔らかくなったり、赤くなったら捥ぐようにしてます。食したところ、赤くなれば渋くなく甘いです。これからも野鳥と私の知恵比べによる柿の奪い合いが続きます。
 
Dear my overseas friends who are crazy about delicious persimmon
 The simultaneous interpretation for you will be later, because from now on I will participate the radio gymnastics held in the park then I take a breakfast in Japan time. After that, I'll interpret into English for your understanding above mentioned contents.
.............
 Until now, I haven't eaten many persimmons that grow in my garden. This persimmon was planted by my late father in commemoration of when we moved here 60 years ago, but for some reason it wasn't very sweet. In other words, the taste was astringent, just like Kakky who is me. Even my young daughters may not remember eating persimmons from the garden.
 
 However, I tried to find a way to make it sweeter. As a result, fortunately a bud appeared from the middle of the trunk, so I decided to cut off the thick trunk above it.
 
 About three years passed, new buds have grown, and this year about 20 persimmons have born. It tastes bitter if I pick it up too early, so I waited until it ripens and ate it, and it was sweet.
 
 However, wild birds probably have the same experience and they innately know whether it is tasty or not by looking at the color. When it gets sweet, the wild birds start to pick at it. They have already eaten two. If it tastes bitter, the wild birds stop eating halfway through.
 
 That's why I can't afford to lose this game. I observe it every day and touch it, and if it gets a little soft or red, I harvest it. From now on, the wild birds and will continue to compete for persimmons by comparing our wits with them.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
   

2023年8月 4日 (金)

暑い中、庭をきれいにしてもらう

Img_5012
  
 昨日は午前中、猛暑の中、地区役員のAさんに庭に伸びてしまった草を機械で刈って戴きました。私の庭は一般住宅の中では広い方なので、私一人では無理であったり、座っての手作業では腰を痛めることから昨年より彼にお願いしてます。
  
 必要経費の燃料代は私が持ち、お礼に昨晩は我が家で一杯飲みました。仕事を終えた後のビールほど美味しいものはなく、若き日のことを含め話は尽きませんでした。
  
 お陰様で、庭は見違えるように綺麗になり、4日後は「立秋」のため、もうそれほど草は伸びないでしょう。写真は日の当たるところでの作業を写しましたが、数本の大きな梅の木やサルスベリなど家庭の樹木としては巨木が生い茂り、作業はやり難かったと想われます。しかし、Aさんは裏庭まで刈り込んでくれました。
  
 一方、あと10日ほど経つと、庭ではスズムシ、コオロギなどが秋の夜長を鳴き通します。虫にとっては居場所が減ってしまいましたが、樹木はそのままなので、昨年同様、虫の合唱は充分に響き渡るでしょう。また、草を刈ることで「光合成」が減りますが、樹木は依然として生い茂り、酸素に満ちた緑の中で深呼吸できます。
  
Img_5010
  
Dear my friends abroad who like a nature
 Yesterday morning, in the intense heat, I had Mr. A, a district officer, use a machine to mow the grass that had grown in the garden. My garden is one of the largest in a typical house, so I can't mow it by myself. If I sit down and doing it by hand hurts my back, so I've been asking him since last year.
  
 I covered the necessary fuel cost, and last night we had a drink at my home as a thank you. There's nothing better than a beer after work hard, and there's a lot to talk about, including when we were young.
  
 Thanks to him, the garden has become unbelievably beautiful, and four days from now, it will be the beginning of autumn in Japan, so the grass won't grow much anymore. The photo shows the work under the sun, but it seems that the work was difficult because there were several large plum trees and crape myrtle, which are huge trees for general homes. However, Mr. A trimmed the backyard as well.
  
 On the other hand, in about 10 days, the many crickets will chirp through the long autumn nights in the garden. Although there are fewer places for insects to stay, the abundant trees are still here, so the chorus of insects will resound as well as last year. Also, cutting the grass reduces "photosynthesis", but the trees are still lush, therefore I can take a deep breath in the oxygen-filled garden.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年6月14日 (水)

美味しい枇杷酒ができるか

Img_4842
 
 明日の予定は、この枇杷をすべて収穫します。と言っても、車庫の屋根より高いので、背が高い私も届きません。高枝ばさみを使ったり、車庫の屋根に登って屋根から収穫します。実は写真に写ってる枇杷は全体の60%くらいですから量はかなりあります。
 
 ところで、捥いでも私一人ですべて食べたらお腹を壊します。少し食べて、後は近所に配ったり、残りは枇杷酒にします。欲しい方にはプレゼントします。早い者勝ち。
 
Dear my overseas friends who like loquat
 Tomorrow's schedule is to harvest all of these loquats. However, it is higher than the roof of the garage, though I am tall, I cannot reach it. I must harvest with using the long pruning scissors or by climbing on the roof of the garage. In fact, the amount of loquat in the photo is about 60% of the whole loquats, so there is quite a lot.
 
 By the way, if I eat it all by myself, I'll suffer from upset stomach. After eating a little, I distribute it to my neighbors, and make loquat wine with the rest. I will give it as a gift to anyone who wants it. First come, first served.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年6月 9日 (金)

国によって異なる雨の季節

Img_4848
  
 比較的、花が少ない今の時季ですが、一年中、庭に花が絶えないようにしてます。花と言っても、私が育てている植物は草花でなく、多年草や球根、また、樹木に花が咲く植物です。このため基本的に毎年その時季が来ると開花します。もしかして、私の人生に花が咲かないので、せめて庭に花を求めているのかもしれません。写真は昨日撮ったものです。
  
 ついに、群馬県も梅雨に入りました。今朝も雨が音を立てながら降ってます。梅雨になると、人間の気持ちとは逆に、植物は生き生きしてきます。これは誠に有難いことで梅雨のお陰で人間は食料に有り付くことができてます。
  
 ところで、若き日に滞在してたカルカッタ市では4月と5月が真夏で学校は5月が夏休みです。8月は夏休みではありません。6月から8月頃までは雨季ですが、降り方は夕立のようです。
  
 その代わり、9月から翌年の2月までの半年間は日本の秋晴れのような日々が続き、それほど暑くありません。ですから、この期間に旅行します。私が聴きに行ったカルカッタ・シンフォニーの定期演奏会はこの時季に毎月行われてました。
   
Img_4855
This is a program for Calcutta Symphony Orchestra conducted by Bernard Jacob who is my teacher for conducting.
  
Dear my friends abroad who like flowers and great music
 Now is the season when there are relatively few flowers, but I try to keep the flowers in my garden all year round. When I say about flowers, the plants I grow are not flower plants, but perennials, bulbs, and plants that bloom on trees. For this reason, it basically blooms at this season of every year. Perhaps, in my life, since flowers do not bloom, therefore I am looking for flowers in the garden. The photo was taken yesterday.
  
 Finally, Gumma Prefecture in central Japan has entered the rainy season." It's raining this morning as well. In the rainy season, contrary to human feelings, plants become lively. We are very grateful for this natural phenomenon, and thanks to the rainy season, humans are able to find food.
  
 By the way, in the city of Calcutta in India, where I lived when I was adolescent, April and May are midsummer, and May is summer vacation for school. August is not summer vacation. The rain season is from June to August, but the way of falling is like a shower.
  
 Instead, for half a year from September to February of the following year, the days are similar to clear autumnal sky of Japan, and it is not so hot. So I traveled to domestic India and Nepal during this period. The regular concert of the Calcutta Symphony orchestra that I went to listen to was held every month during this season.
   
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
   

2023年6月 2日 (金)

6月は色彩豊かなユリの季節

Img_4807
 
 6月になり、庭ではユリが本格的に咲いてます。まるで小さな子供が色を塗った絵の如くですが、ユリの色彩は自然が創り出した艶やかさです。
 
 色について花弁をよく観察すると、中心部は青く、そして白く、先の尖った部分はピンクであり、6枚の花弁と同じ数だけある6本の雄しべは茶色であり、1本の雌しべは黄色であり、花の内部は全部で5色から成ります。
 
 雄しべが花粉を作るのに対して、雌しべは花粉を受け取る部分です。その橋渡しをするのが蜜を吸いに来る蝶など昆虫ですから、双方が生きるため、子孫を残すため自然はうまく相互作用をしており、ウィンウィンの関係が存在してます。
 
 私たち人間も植物のように、うまく相互作用すればよいのですが、一方のみが得をしたり、他方が損をするとその関係は長続きしません。これには人ために行動するボランティア精神が世の中を明るくし、社会の潤滑油になるでしょう。今日も地区の子供の安全のために少しでも役立ちたい。また、今日は地区の「不燃物の日」で分別作業に勤しみたい。
 
Dear my friends throughout the world
 In June, the lilies are in full bloom in my garden. It looks like a picture painted by small children, but the color of the lily is the luster created by nature.
 
 If we look closely at the petals, the center is blue and white, the tip is pink, the 6 stamens which are the same number as the 6 petals, are brown, and the 1 pistil is yellow. Therefore the interior of the flower consists of five colors in total.
 
 As you know, the stamens produce pollen, while the pistil receives the pollen. Insects such as butterflies that come to suck nectar act as a bridge between the the two, so nature interacts well in order for both sides to live and leave offspring by creating a win-win relationship.
 
 We humans should be able to interact well, just like plants, but in case only one person gains and the other loses, of course, the relationship will not last long. I am of the opinion that volunteerism that acts for others will brighten the world and become a lubricant for society. Today I will help for the safety of the children in the district. Also, today is the district's "Noncombustible Day" so that I would like to work hard on sorting.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年5月17日 (水)

子供は、緑の中で生活させたい。

Img_4762
  
 まるで深い森の中に咲くルピナスです。赤も黄色も親はすでに咲き終わり、その後、下から新たな芽が3本ずつ出て来て現在、華やかに咲いています。人間ができることは、花を直射日光から守ってやり、半日陰が花の持ちが良いように感じます。
 
 今日も朝から水をたっぷり与えたのですくすく伸び元気です。
   
 同様に、人間の子供もすくすく成長するには、大人が生活の場や、学習しやすい環境を充分に整えてやりたいものです。私の家には現在、子供がいないので実践できませんが、娘たちが遊びに来た時は、人間生活に大切なこの緑いっぱいの涼しい環境を感じてほしいと思います。
 
Dear my overseas friends who like a plenty of greenery
 It's like that lupines are blooming in a deep forest. Both the red and yellow plants have already finished blooming, since then, three new buds have come out from the bottom each, and they are now blooming gorgeously. What humans can do is to protect the flowers from direct sunlight, then I feel that the flowers last longer in half shade.
 
 I gave them plenty of water from the morning again today due to hot weather, so they are growing and doing well.
    
 In the same way, in order for human children to grow up rapidly and normally, adults should create an environment where they can live and learn easily. I don't have children at home now, so I can't practice it, but when my daughters visit my home, I want daughters to feel coolness in this green environment which is indispensable to human life.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年4月26日 (水)

今日の群馬は一日中雨 室内で有効に過ごす

Img_4656
   
 写真は植木鉢で育ててる薄紫のジギタリスです。花はご覧の通り、一般の花の形態と異なり、ベルのような形をした花がたくさん咲き、珍しいので人目を惹きます。原産地はヨーロッパ、北アフリカ、中央アジアといわれ、見ていてゆったりした優雅さを感じます。面白いことにジギタリスの別名は「狐の手袋」といいます。なるほどです。
 
 ところで、今日の群馬県は一日中、雨と予報されてます。雨は生物にとって大変な恵みですから、晴雨に関わらず、今日一日が終わったとき「充実していた」と感想が持てるように過ごしたいものです。
 
 以前は「晴耕雨読」という言葉を聞きましたが、私の場合、晴れてれば、庭の植物の世話で一日が過ぎますが、雨の日は嬉してことがあります。それは井戸水が増えるからです。井戸水は蛇口を捻れば出て来てきて植物に与えたり、風呂に使います。
  
 概して2月末頃に井戸水は枯れることがあるので、今年はもう大丈夫でしょう。それにしても雨が止んだので、先程、庭の植物を見ましたら、どの植物も緑と黄緑の葉が生き生きしてます。雨の偉大さを感じます。
 
 概して、晴れの日の朝はラジオ体操会に出かけ、その後は作業を通じて身体を動かしたり、ウォーキングです。雨天の日は脳を鍛えられればいいのですが、意志薄弱でなかなか難しいです。今日はチェルニーの好きな曲を弾いたり、「雨だれ」を弾こうと思います。
     
 ところで、雨天に室内でできる運動は「キャフレイズ」です。これは心臓の健康によいと感じてます。最近は不整脈を全く感じません。「キャフレイズ」が功を奏していると考えられます。
 
Dear my friends abroad
 The picture is a light purple Digitalis grown in a flowerpot. As you can see, the flowers are different from other flowers in the shape of bells. So it is rare and eye-catching. Origin is called Europe, North Africa, Central Asia. I feel relaxed and elegant by looking at it. Interestingly, another name for Digitalis is "fox glove". Oh, I see.
 
 By the way, it's forecast to rain all day in Gumma Prefecture today." Rain is a great blessing for living creatures, so regardless of shining or raining, I would like to spend my day so as to feel that I was fulfilled when the end of today.
 
 In the past, I heard the phrase "Seikou Udoku"that means plowing the field on clear days and reading the books on wet days., but in my case, when it's sunny, I spend the whole day tending to the plants in my garden, but on rainy days, I'm happy. This is because the well water will increase. Well water comes out when I turn on the faucet and I give to plants or use for bathing.
    
 Generally, the well water will dry up around the end of February, so I don't worry this year. Even so, the rain has stopped temporarily, so when I looked at the plants in the garden, they were all green and yellow-green fresh green. I feel the greatness of the rain.
 
 Generally speaking, on sunny mornings, I go to a radio gymnastics meet, and after that I do some exercise and walk. I wish I could train my brain on rainy days, but it's quite difficult duo to the weak will. Today I'm going to play some of Czerny's favorite music songs, and "Raindrop" by the piano.
 
 Not change the subject, but when it rains, I will try to do "Calf-raise" indoors. I feel this is good for my heart health. I don't feel any arrhythmia at all these days. It is thought that "Calf-raise" is effective.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
    

2023年4月15日 (土)

自然の恵みである「雨」と、日本の水道に感謝

Img_4593
 
 今日は一日中、雨のようです。朝夕毎日、たくさんの植物に水遣りしてる私は、お陰で水遣りせずにいられます。植木鉢に水をやると、水が中に浸みていく音がします。植物にとって水捌けが大切なので鉢の中に軽石を混ぜてるからです。その後、鉢の下から水が出てきます。
 
 この音は、私たち人間が喉が渇いたとき、がぶがぶ水を飲む状態に似てます。今日の雨のお陰で井戸が枯れることは暫くないでしょう。有難いです。
 
 私たちは平素、水道の蛇口を捻れば水が出るのが当たり前のことと感じてますが、実は、水不足の不安は常に存在してます。水とは蛇口を捻れば出るものでなく、地下水を汲み上げたり、山の地下水である川の水により、私たちは生命を維持し、毎日が雨の恩恵に浴してます。
 
 5日後は二十四節季の「穀雨」。生活に不可欠な穀類や野菜も雨が降ってこそ得られる食物であることを再認識したいです。
 
 世界を見回すとき、中近東、インド、アフリカ北部、東南アジア、中南米では今が真夏です。拙い体験で、インドでは五月が夏休みでした。連日42°前後の猛暑でも水道水をそのまま飲んだらお腹を壊します。どんなに喉が渇いても必ず沸騰させ、冷やして飲んだことが思い出されます。日本の水道に感謝。
 
Dear my overseas friends
 It will be rainy all day today. I water many plants every morning and evening. When I water the flowerpots, I can hear the sound of water soaking into the pot. Because drainage is important for plants, so pumice is mixed in the pot by me. After that, water comes out from the bottom of the pot.
 
 This sound is similar to our guzzling water, when we are extremely thirsty. Thanks to today's rain, the well water will not dry up in the near future. Thank to today's rain.
 
 We usually feel that drinking water will come out from the faucet, when we turn on it, but in fact, there is always the fear of water shortages as earthlings. Water is not something that comes out just by twisting a faucet, but we are able to sustain our lives by pumping up groundwater and river water which is the underground water of mountains, and we are blessed with rain for our daily life.
 
 Five days later is the 24 solar season Kokuu that means "Rain for Grain" in our nation. I should reaffirm that grains and vegetables, which are essential to our lives, are food that can only be obtained when it rains.
 
 As you know, looking around the world, it's midsummer in the Middle East, India, northern Africa, Southeast Asia, and Central and South America. Due to my poor experience, in India, May was summer vacation. Even if it's hot around 42 degrees Celsius every day, I can't drink tap water as it is, it will upset the stomach. I remembered that no matter how thirsty I was, I always boiled it and drank it by cold. Thanks to Japanese waterworks.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー