カテゴリー「自然の恵み」の14件の記事

2021年7月 3日 (土)

梅雨の時季 露天風呂で さっぱりし

P1040314_20210703215401
【榛東温泉はこの水沢山の南面にあります。】
 
 今日は久しぶりに愛車でドライブを兼ね、片道20Kほどの榛東温泉の露天風呂に入ってきました。梅雨の季節でも雨が降らなかったことから、今の季節に露天風呂ほどさっぱりするものはありません。
 
 ですから、今宵は刺し身とビールにしました。私にとって、この組み合わせは最高です。と言っても、勿論一つの分野が欠けてます。愛車は一昨日、初めての12ヶ月点検をしたばかりで、イオンの前を通過し、その後、榛名山の素晴らしい山岳道路の急坂を轟音と共にぐんぐん登り、快調でした。
 
  After a long interval, I took a drive in my car today and bathed in the open-air bath at Shinto Spar in the central Gumma Prefecture, where is about 20km one way. Since it didn't rain today even during the rainy season, there is nothing more refreshing than the open-air bath in this season. I recommend you to visit. This is the south side of Mt. Mizusawa in the photo.

 
 So tonight's dishes made by me were sliced raw fish named sashimi in our tongue and a draft beer, then "Bottoms Up" alone. For me, this combination is the best. But, of course, one area is missing. My car has just been inspected for the first 12 months yesterday, I passed in front of Aeon, and then climbed the steep slope of the wonderful mountainous road of Mt. Haruna with a roaring sound and was in good condition.
 

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

枇杷の実で 野鳥と私の 知恵比べ

Img_2076
 
 庭の片隅に、枇杷が黄色く色づいてきました。大きいのを今朝、朝食のあとにデザートとして2つ食べてみましたら美味しかったです。大部分は未だ小さいので、もう少し経ったらすべて捥いでしまいます。そうしないと野鳥に食べられてしまうからです。
 
 それまで、人間と野鳥の知恵比べが始まります。作戦としては早めに捥ぎ取り、今年は枇杷酒にせず、近所の子供や娘の子供にあげ、大方は私が食べてしまいます。
 
 At the corner of the garden, the loquats turned yellow. I ate two big loquats as dessert after breakfast this morning. It was delicious beyond description. Most of them are still small, so after a while, I will pick all of them off the branch. Otherwise, it will be eaten by wild birds.
  
 Until then, the wisdom comparison between human and wild birds will begin. As the strategy, I remove early. This year, I don't make loquat liquor, I give it to my neighbors children and my daughter's children, and I will eat most of them.
 

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

森の中 住まいは隠れ ひっそり暮らす

Img_2041

【この緑の中から、時にはピアノの音が聞こえます。】

 健康維持のため時々行ってるウォーキング中、あちこち見学しているので分かりますが、私の倉賀野町の中でも、樹木に覆われた家屋は意外と少ないです。

 広い空き地があれば、そこは駐車場になったり、また、新たに大きなに工場が建設されたりで、現代人にとって、樹木は意外と大切にされないように感じます。もっと、樹木を増やしつつ、いろいろ建設して欲しいものです。その上、歴史的に由緒ある大きな樹木は邪魔物として伐採されつつあります。

 倉賀野町で今では大きな樹木が存在してるのは倉賀野小学校前の今は亡き真下次男先生宅の欅などです。また、永泉寺境内も高さがある樹木に覆われています。あとはあまり見受けられません。

 6月の今の季節は新緑に覆われ、樹木の中は呼吸がすごく楽に感じます。最近、拙いブログでは事あるごとに書いてますが、私たちは無意識のうちに呼吸し、その回数は1分間におよそ18回ですから、1日の長さ1440分を乗ずると、一日におよそ2万5千回ほど、肺で二酸化炭素を酸素にガス交換し、心臓と脹脛によって血液循環を行ない、全身の臓器や筋肉に酸素と栄養を送り届け、生命を維持してる現実があります。

 ところで、この酸素を作ってるのは樹木だけです。これが光合成です。こう考えるとこの世で植物ほど大切なものはありません。地球温暖化によって諸外国でも緑が減って砂漠化し、気温が上昇していると伝えられ、この現象は、未来の子々孫々や動物の生命にはマイナスになってもプラスはありません。とりわけ、よくないと言われる化石燃料の発電を徐々に減少していくべきではないでしょうか。

 日本国内においても、山岳地帯では人工林が多くなり、しかし、それは特に葉が小さい針葉樹である杉や檜といった建築用木材の植林であり、経済を優先した植林が多いと言われてます。

 人類の未来を考えるとき憂うべきは、近年では毎年、日本中で大洪水が起き、以前に比較して災害が多く、度々、被災が報道されてます。このままでは子々孫々の時代にはどうなるのでしょう。

 優先すべきは、山岳地帯に元々たくさん生育してたブナなど広葉樹をたくさん増やしたいものです。ブナ林は山にたくさんの水を蓄え、洪水を減らすと考えられてます。

 ところで、現職で他界した亡妻は、退職したら中国奥地の砂漠地帯に行き、植林するプロジェクトに参加する夢を生前に持ってました。しかし、病魔のため、それは実現できませんでしたが、地球の未来と子々孫々の幸せをいかに願っていたかが分かります。

 私はその遺志を引き継ぎ、せめて我が家の庭だけでも、森の中に住んでるかの如く、緑に覆われた環境作りに現在も取り組んでます。未だ未だ、道半ばです。それでも植えるべき土地は多少未だあり、これからも植物に囲まれた新鮮な酸素の下、豊富な井戸水を大切にしつつ、最近、度々耳にする持続可能な環境づくりを日々実践したいと思っています。

 

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

色彩豊かな西洋シャクナゲの魅力

Img_1895_20210406033901
 
 何故、このような色彩になるのでしょう。花弁の淵のみが赤くなってます。これは珍しい西洋シャクナゲです。いろいろ掛け合わせることで偶然に不思議な紋様になると考えられます。
 
 これからも大切に育て全体的に大きくして、たくさん咲くように研究します。未だ暫く咲いてるのでお近くの方は見にいらしてください。
 
 This is a Western rhododendron. Why is it such a color? Only the edge of the petal is red. It is thought that it happens to become a mysterious pattern by crossing various kinds of rhododendrons each other.
 
 I will continue to carefully raise it and make it larger tree as a whole, and research it so as to bloom a lot. It will be bloom for a while, so please visit me if you are near including NZ.
 

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

持続可能なことを一つ一つ実践したい

Img_1781
 
 資源や自然環境を保ちながらの生活は尊い、と私は感じてます。これは持続可能ということで英語ではsustainableというようです。ご覧の通り、最近の春雨で車庫の屋根に降った水を溜めてます。元々は今は亡き両親が戦争中に使った防火用水で、平和な時代にあっては私が植物の水遣りに使ってます。もちろん防火用水でもあります。
 
 この他、やはり両親の時代から井戸があり、こちらも私の毎朝の日課である庭のすべての植物への水遣りに使ってます。蛇口を捻れば無尽蔵に出てくる水は使えば使うほど良い水になります。
 
 防火用水も井戸水も水道代が掛からず、何か得してる気持ちになります。私はケチなのでしょうか、しかし、地球によいことをしてるつもりです。
 
 Human's living while preserving resources and the natural environment is precious I think. This seems to be sustainable in English. As you can see, the water that has fallen on the roof of the garage due to the recent spring rain is collected. Originally it was used by my late parents during the World War Ⅱ, but in peaceful times I use it for watering plants . Of course, it is also fire protection water.
 
 In addition, there has been a well since my parents' days, which I also use to water all the plants in the garden, which is my daily routine. The more I use the water that comes out inexhaustibly when I twist the faucet, the more the water becomes better.
 
 There is no water bill for both fire prevention water and well water, and it makes me feel I'm getting something. Am I stingy? But I'm going to do something good for the planet.
 

| | コメント (2)

2020年11月30日 (月)

日々、次第に美味しそうな色に変化する蜜柑

Img_1300_20201130053501
Img_1386_20201207075401
 
 写真は同じみかんの木で、毎日見ています。しかし、日をおいて比較してみると秋の深まりと共に、色がかなり変化していることが分かります。野生の鳥たちが見ると、本能的にこの変化は甘くなってることに気づくのでしょう。金柑も同じで鳥が啄ばんだ痕が見受けられます。
 
 栄養素として、みかんにはビタミンCが多く含まれ、免疫力を高め、風邪予防や動脈硬化を予防する働きがあると言われてます。
 
 子供の頃は8人の家族と共に炬燵にあたっておしゃべりしつつ、みかんを食べた楽しい思い出があります。皆、どこへ行ってしまったのだろう。
 
 The photo shows the same tangerine tree which I see every day. However, if comparing them day by day, as autumn deepens, I noticed that the color has changed considerably. Wild birds will instinctively notice that this change becomes sweetened. The same as kumquats, I noticed traces of bird's picking.
  
 As a nutrient, tangerine is rich in vitamin C that is said to boost immunity and preventing cold and arteriosclerosis.
 
 When I was a kid, I had fun memories of eating tangerines while chatting with a family of eight at a kotatsu that is a Japanese traditional foot warmer. Where have they all gone?
 

| | コメント (2)

2020年6月26日 (金)

今朝は霧が巻いてます。

Img_0944

 珍しく今朝は霧が巻いてます。これは大気の気温が下がって水蒸気が飽和状態に達すると微細な水滴が煙のように立ち込め地表を覆う現象で、まるで雲の中にいるようです。

 特に山岳にある高速道路で運転すると前方が見えないので速度を落とさなければなりません。山で霧に巻かれると方向を見失うことがあります。

 
 Unusually it's foggy this morning. This is a phenomenon which minute drops of water envelop like smoke and cover the surface of the ground when the atmospheric temperature went down and the vapor reaches the saturation point, as if it was in a cloud.

 Especially when driving on a highway in the mountains, we cannot see ahead, so we have to slow down. You may lose sight of yourself if you are covered with fog in the mountains.

 

| | コメント (2)

2020年6月25日 (木)

「どんどん」で飲んだ枇杷酒の味が忘れられない

Img_0943

 今年は庭で果物がかなり収穫できました。未だ樹木は3年ほどですが、ご覧の果物は杏です。これから味見します。

 今までに金柑、梅、枇杷、そして杏が生り、このうち梅は長女が梅酒を作ると思います。もったいないですが、3分の2は落ちたままになりました。

 ところで、枇杷の種を使い、今日から私は枇杷酒を作ります。果たして美味しくできるでしょうか。昔、高崎駅前「どんどん」で飲んだ味が忘れられません。あの味に挑戦です。


 This year I was able to harvest a lot of fruits in the garden. The tree is about 3 years old, but the fruit you see is apricot. I will taste it from now on. Until now, there are kumquat, plum, loquat, and apricot.

 Among these, I think that the eldest daughter will make plum wine. But two-thirds of plum were falling, It's a waste.

 By the way, today using loquat seeds, I will make loquat liquor. Does it become really delicious? I can't forget the taste I used to drink at the tavern named "Dondon" near Takasaki station. I will challenge that taste again.

 

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

光合成による自然の恵み

Img_0712

 今年は庭の梅が豊作で、すでに30Kほど自然に落下しました。先日の土曜には長女が来て30Kほど捥いで帰りました。30Kはかなり重たいです。彼女は酒が強いので梅酒を作るのでしょう。もちろん、梅ジュースにしても美味しいです。しかし、未だ推定60Kほど木に生っており、枝がその重さで折れそうです。

 もともと、私は花を見るために植えました。これは「枝垂れ梅」です。花もきれいで、実も大きいです。


 This year, plum in the garden is a rich harvest, and about 30kg had already fallen naturally. Last Saturday, my eldest daughter came and picked about 30kg. 30kg is quite heavy. Since she is a heavy drinker, so she probably makes plum wine. I think plum juice is also delicious. However, it is still estimated to grow about 60K on the tree, and the branches are likely to break due to its weight.

 If you like plums, please visit me and pick it without hesitation. It's free. Originally I planted it to see the flowers. This is "weeping plum". The flowers are beautiful and the fruits are large.

 【日本文と英文に若干の意味の相違があります。】

| | コメント (2)

2020年2月 3日 (月)

今にも咲きそうな「白梅しだれ」の巨樹

Img_0090

 やっとピントを合わせることができました。これは「白梅しだれ」で樹木が驚くほど大きくなりました。ご覧の通り、蕾の中が白いことが分かります。立春に少し咲くでしょう。6月には実が収穫できます。

 昨年は長女がこの「白梅しだれ」で梅酒を作り持ってきてくれましたが、長女は酒が強いので梅酒までアルコール度が強いです。ご存じの通り、私は酒が弱いので割って飲みます。樹木の根元に毎日、水を与えているので今春は花がたくさん咲きそうです。


 At last I was able to focus well. This is "Weeping white plum", and the tree has become amazingly large. As you can see, the inside of buds are white. It will be bloomed a little at the first day of spring that is "Risshun" in our tongue. I can harvest the fruits in June.

 Last year, the eldest daughter brought me plum wine made from this plum. She is strong in alcohol so that her made-plum wine includes strong alcohol as well. I must dilute because I am weak in alcohol as you know. Water is given to the roots of the tree every day, so a lot of flowers are likely to bloom this spring beyond expectation.

 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査