カテゴリー「人生100年時代を生きる」の22件の記事

2021年5月19日 (水)

今の時季 ツバメは軒先 抱卵中

Img_2009_20210519060201
 
 ツバメが巣を作る場所は付近に邪魔ものがなくて入りやすく、猫や蛇、そしてカラスが来ない安全な家の軒先などです。その点、東隣の家は前に広い空間があり、入りやすく、現在、抱卵してます。私の家は庭に植木が森のようにあるため、今までツバメが巣を作ったことはありません。
 
 それにしてもツバメの素晴らしいさについて、これから生まれる雛は飛べるようになると餌となる虫を自ら探し、9月には日本列島を南下し、その後、海上を飛び、数千Kある赤道付近の遥かな南国へ飛んで行くのですから生れ持った方向判定能力と体力の早熟性には目を見張ます。しかも、翌春、日本に戻ります。ツバメの一生は7年位といわれてます。
 
 それに比べ、人間は生後5~6ヶ月では未だ歩けません。しかし、人間には100年という晩成の可能性があります。ゆったり生きましょう。
 
 The place of swallow's nest is easy to enter for her, and there are no obstacles nearby, such as the eaves of a safe house where cats, snakes and crows do not come. In this respect, the eastern neighber has a large space in front, so the swallows are easy to enter. Currently the parents are incubating eggs. My house has many trees in the garden like a forest, so swallows have never built a nest in the past half century.
 
 Even so, the wonderful thing about swallows is that when the chicks that will be born are able to fly, they will search for insects to feed by themselves, and in September they will fly southward on the Japanese archipelago, then fly over the sea to a far southern country near the equator which is thousands of kilometers away. Therefore, I am amazed at the ability to determine the direction and the precocious physical strength. Moreover they return to Japan next spring. The life of a swallow is said to be about 7 years.
  
 On the other hand, humans are still unable to walk 5 to 6 months after birth. However, humans have the potentialities of 100 years of late growth. Let's be relaxed and live comfortably.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年5月12日 (水)

自己改革 いつになっても 可能です

Img_1993
 
 球根から芽が出てきて咲く植物は本当に得した気分です。結局、人間は何もしなくても毎年、花が楽しめるからです。今年は5色のユリが咲く予定です。また、球根のグラジオラスも色彩豊かな数種類の花が咲く予定です。
 
 一方、人間も植物に負けず、年令を重ねれば重ねるほど顔色のよい、また、ユリのように姿勢のよい姿でいたいものです。そのために人間にとっては充分な朝食が功を奏し、午前中には少し記憶力を鍛錬し、午後は適度な運動して、夜間は昔のように夜遊びせず、充分な睡眠時間の確保ではないでしょうか。
 
 今日から早速、試したいと思います。果たして見た目だけでも若くなるでしょうか。
 
 The plants that sprout from the bulb and bloom, so I really feel benefit mood. After all, humans can enjoy flowers every year without doing anything. Five colors of lilies are scheduled to bloom this year. In addition, the bulbous gladiolus will also have several colorful flowers.
  
 On the other hand, human beings are not defeated by plants, the more older they get, the more their complexion and their posture is good like lilies. For this reason, a good breakfast is effective for human beings, a little training of memory in the morning, moderate exercise in the afternoon are indispensable. I don't play during nighttime as in the past, and obtain enough sleep time, isn't it?
 
 I will try it from today. Will it really make me younger just by looking?
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
 

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

早いもので今日で3月が終わります。

Img_1881
【拡大するとピントが合います。】
 
 今日で今年度が終わります。退職すると年度の認識はなくなりますが、現役中、4月1日は大きな節目でした。私は職場が7回異動となり、その都度、カルチャーショックを受けました。
 
 良かったことは新たな人との出会いや異業種の人との出会いが多かったです。現在、出会いは殆どなく、増してや一人暮らしのため、少しばかり内面の充実を目指す日々に明け暮れてます。
 
 先ず、健康を考えて三度の食事の準備、世界経済の研究、心肺機能に少し負荷をかける筋トレとウォーキング、美を求めて花木の手入れやピアノです。現役時代と退職後に共通してることは英作文です。現在、最も力を入れてることは2025年になると65才以上の5人に1人が罹ると予想されてる認知症の対策です。
 
 Today is the end of this academic year. When I retired, I lost awareness of the academic year, but while I was on active service, April 1st was a big milestone. I changed my workplace seven times, and each time I was shocked by different cultures.
 
 The good thing was that I met many new people and people from different occupations. Currently, I rarely meet people, and since I live alone, I am devoted to the days for a little inner fulfillment.
 
 First, three meal preparations with thinking over health, research on the world economy, muscle training and walking that includes a little load on cardiopulmonary function, maintaining flowering trees and piano practice in search of beauty. What is common to both on active service and after retirement is English composition. The most important prevention now is to take measures against senile dementia. This disease is estimated 1 in 5 people over the age of 65 in 2025 in our nation.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年3月16日 (火)

幹が枯れると根元に子が生える枝垂れレンギョウ

Img_1812
 
 昨年、私が今の場所に植え替えてから初めて咲いた「枝垂れレンギョー」です。今年は花が少ないですが、年々枝が増えて昔のように豪華に咲くと想います。
 
 一般のレンギョーはよく見かけますが、枝垂れレンギョウは数少なく貴重です。これも半世紀以上前に亡父がどこからか手に入れたものです。
 
 不思議なことに幹が枯れると根元から子供が生まれて、それが次代の幹になり世代交代しつつ、半永久に咲き続けます。次女の長女の誕生を記念して植えた「源平しだれ」も蕾が大きくなってます。
  
  お近くの方は見にいらしてください。花見のテーブルが用意してありますので、お茶を戴きながら人生を語りましょう。ご要望があればピアノを弾きます。
 
 It is the "Weeping forsythia" that has bloomed since I replanted it here last year. There are few flowers this year than before, but I think that the number of branches will increase year by year, then it will bloom as luxuriously as it used to be.
 
 General forsythia is common, but the weeping forsythia is rare and valuable. This was also obtained from somewhere by my late father more than half a century ago.
 
 Mysteriously, when the trunk dies, a child is born from the root, which becomes the next generation trunk and continues to bloom semi-permanently beyond generations. The buds of "Genpei Weeping" that literally means bicolored weeping peach which was planted by me to commemorate the birth of second daughter's eldest daughter, are also swelling.
 
 If you are near, please come visit me. There is a blossom viewing table in the garden, so let's talk about the way of life while having tea. I will play the piano if requested.
 
Img_1290_20210316170501
 

| | コメント (2)

2021年2月28日 (日)

「思いのまま」のように幅広く生きたい

Img_1756
 
 今朝撮った「思いのまま」です。今日は比較的温かな春の日になりそうです。ご覧のように、この梅は下の方が白い花で、上の方がピンクです。今まで剪定し過ぎたので、今年はあまり剪定せず大きく育てます。今朝も水をたっぷり与えたので日中温かくなれば満開になるでしょう。
 
 ところで、人間の生涯は以外と短いかもしれません。「思いのまま」のように、私たちも一つのことのみに邁進するより、もう一つの異なる分野の楽しみも会得したいものです。それだけ精神的に豊かな生涯を送れるでしょう。
 
 This plum's variety is "Omoinomama" that literally means "As we wish" I took the photo this morning. Accordimg the weather forecast, today is going to be a relatively warm spring day. As you see, this plum has white flowers on the bottom and pink on the top. I've pruned too much so far, so this year I'll grow big without pruning too much. I gave plenty of water this morning so if it gets warm during the daytime, it will be in her best.
  
 By the way, human life may be short. We also want to enjoy the fun of another different field, rather than trying to do just one thing. We will be able to live a mentally rich life.
 

| | コメント (0)

2020年11月14日 (土)

近年こんなに歩いたことはない

Img_1372

【新鏑橋への上り坂】

 昨日は予想通り、小春日和だったので、結局、家から歩き始め、目的地の「新鏑川橋」を渡り、藤岡市まで往復しました。このため、予定した距離の2倍以上のウォーキングとなり、推定10㎞です。往路と復路は多少コースを変え、晩秋の景色に変化を求めました。

 ウォーキング時間は2時間30分です。たくさん汗を掻き、午後になってから疲れを癒すため吉井ドリームセンターに行きました。これから家で長距離を歩いた褒美にビールと鳥皮の焼き鳥です。一見、寂しくとも、しっかり歩ける健康に感謝し、一人で「乾杯」です。13日の金曜日に「完敗」しません。

Img_1369
  
 As expected, it was Indian summer today, so after all, I started walking from my home, and crossed the destination of "Shin-Kabra River Bridge", and made a round trip to Fujioka City. So I walked more than twice the planned distance. It is estimated to be 10 km in total. I changed the course a little on the outbound and inbound routes for changing scenery.
 
 The walking time is 2 hours and 30 minutes. So I sweated in the afternoon, I went to the Yoshii Dream Center to heal my tiredness. Beer and kebab of chicken skin are the rewards at home for walking the long distance. At a glance, I am lonely but thankful for my health of walking and "toast" for marvelous day alone. It is not a "complete defeat" on Friday's 13th.
  

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

一度きりの人生

Img_1208
  
 倉賀野町を流れる烏川の河川敷を整備して出来た運動場です。今日も午後4時半からここまで往復しました。かかった時間は1時間10分ほどです。
 
 帰路に昔の小中学校時代の同級生にばったり会いました。彼曰く「もう、ぼちぼちいいやい。」つまり、この世はもういいと言う意味でした。何ということを言うのでしょう。
 
 私など、「人生これからだ」と思ってるのに、内心、何と夢のないことを言うだろうと感じました。私はこれから自分らしい生活を取り戻そうと望んでいるのに、世の中には夢のない人もいると思いました。
 
 It is a playground constructed by maintaining the riverbed of the Karasu-River that flows through Kuragano-town. I walked a round trip from 4:30 pm to here today as well. It took about 1 hour and 10 minutes.
  
 On my way home, I met an old classmate by accident. He said, "It's meaningless to live" In other words, it meant that he said this world is not fascinated.
 
 Even I thought "life is from now on", I felt that he has not dreams. I want to regain my own life in the near future, but I thought there were some people who has no dream in the world.
 

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

学校では退職後の経済まで教えない

P1030044

 今日も午前中から大宮の銀行へ行ってきました。実はこの銀行は私が住む高崎にあったのですが、統廃合で大宮に移転しまい、私の口座もそのまま大宮に行ってしまいました。今日、私は口座を0にし、今後、高崎のみで経済活動することにしました。

 定年は意外と早く来ます。皆さんも、いずれ定年を迎えると、その後、給料のない人生が500ヶ月ほど続きます。年金だけです。こうなると経済の勉強ほど大切なことはありません。健康法と経済の勉強は高齢化社会の両輪です。

 学校では退職後の経済のことは教えてくれないです。これは教科書を作る人も、現場の先生も退職後の経済生活を体験してないからでしょう。

 写真は以前に、中国・内モンゴル自治区の移動式住居「パオ」の中で日中交流をしてる小生です。


 Today I went to the bank in Omiya-city in the morning. Actually, this bank was in Takasaki where I live, but due to its consolidation, It removed to Omiya and my account went to Omiya as it was. Today I made everything 0 and decided to do economic activity only in Takasaki-city.

 Retirement comes unexpectedly early. When we reach the retirement age, we have to live without the salary during 500 months. it is pension only life. When this happens, nothing is more indispensable than studying economics. Studying way of health and economics are two wheels of our aging society. School doesn't teach us about economics after retirement. 

 This is probably because neither the textbook creators nor the teachers in the field have ever experienced economic life after retirement.


 The picture is me who used to have a Japanese-Chinese exchange in a mobile home "Pao" in Inner Mongolia, China.

P1040314_20200905092401

【写真は日本の真ん中に聳える群馬県の水沢山で、景色は最高】

 ところで、次期、日本のリーダーを決める日程が迫ってます。国においても、新型ウィルスと、それによって行き詰ってる国内経済、つまり、健康対策と経済対策のバランスを取って行かなくてはなりません。

 国民の前で、立候補した三者による徹底的な議論が望まれます。


 Not change the subject, but the policy debates have begun among the three candidates who have officially announced they will run in the Liberal Democratic Party’s presidential election, in which the winner will become the next Japanese prime minister. Regarding the novel coronavirus, the agenda is to balance socioeconomic activities with measures to contain infections.

 Discussions are also likely to be held on how to revive the depressed domestic economy.

 The picture shows Mt. Mizusawa in Gumma prefecture which stands in the middle of Japan. The scenery is marvelous beyond description..

  

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

怠け癖は年を重ねても治るか

P1060816

 何事も目的を達成するには一朝一夕にはいきません。毎日コツコツ継続する積み重ねでしょう。しかし、これには強い精神力が必須です。

 今朝は雨のためラジオ体操は地区ではなく、家で行ないました。やはり継続することで次第に身体が柔軟になりますが、私は姿勢を正すことを目的にしてます。

 ところが、精神的に柔軟さが不足してます。精神的にもっと柔軟さと集中力を増したいです。生来の怠け癖は年を重ねても治るでしょうか。教えて下さい。


 Rome was not built in a day, we cannot achieve the purpose overnight. It need continue to accumulate effort day by day. But it requires mental strength.

 This morning it rains, so I did radio gymnastics at home, not in the district. As a result, my body gradually became flexible by continuation, but I aim to correct my posture.

 However, I lack mental flexibility and my mental posture. At least, I want to be more flexible and concentration. Will my innate habit of laziness be cured, even I grow older? Or is it impossible? Please tell me.

 

| | コメント (2)

2020年7月 6日 (月)

運動は過去進行形でなく、現在進行形で

Img_0995

 群馬県もこのところ雨が降り続いてます。ここ数カ月は家の前の道で夕食前にウォーキングしてました。しかし、昨日は梅雨の晴れ間を利用し、約4ヶ月ぶりに鏑川の土手を4Kウォーキングしました。

 ここはシベリアから飛来すると考えられる50羽ほどのコハクチョウが毎年12月~翌3月まで羽を休める鏑川の流れが緩やかなところです。前回のウォーキングは確か、シベリアへ向かってしまった直後でした。「立つ鳥、跡を濁さず」の通り、今ではきれいな大河の自然が残されてます。同時に賑やかだった光景に比べ、渡り鳥の姿が見えない一抹の寂しさはあります。

 この一帯は高崎市木部町で、今でも広大な田畑が続く地域で、実は、幼き日の母が過ごしたふるさとです。ここに、私は自転車で生前の母を乗せ、一度だけ訪れた長命稲荷があります。母は「ここでよく遊んだ」と話してました。このお宮は遠い先祖が建設したもので、今でも土手の近くにひっそり佇んでます。幼き日の母が遊んだのは明治の末です。

Img_0984

 右が長命稲荷で、左は田植えが済んだ水田が広がってます。この景色は昨日ウォーキング中に土手の上から撮ったもので、この地での出来事を生前の母がもう一つ、よく私に自慢したものです。

 それは幼き日に母(私の祖母で私は会ったことがない)に連れられて「大きなほうき星」を見たと言うことです。今でいう「ハレー彗星」です。1984年の前回ははっきり見えませんでしたが、76年周期で出現するので、幼き日の母が見たのは1910年のハレー彗星です。

 それは本当に「大きな箒のようで尾を引き、光っていた」と目を丸くして話してました。子供心に珍しく深く印象に残ったのでしょう。

 次回、出現するのは2062年ころです。現在40代以下の人なら見られる可能性があります。もちろん、健康長寿でいたらと言うことです。

Img_0982

 昨日は、午後4時から自然に囲まれた土手を西に向かって歩き始め、約1キロで長命稲荷があり、それを過ぎると山名町のバイパスになる仮称「新鏑橋」が橋そのものは完成しており、現在、アクセス道路を建設中です。来年にはバイパスが完成し、開通するでしょう。

 実は昨日は日曜日で工事が休みで、数人の人たちが橋の上まで上がって見学してたので私も登ってみました。それは素晴らしい橋で隣の藤岡市へ400mほどで行けます。

Img_0991

 【拡大して下さい。】

 私は前から決めてました。橋が通行できるようになったらウォーキングもこの長い橋を渡り、藤岡側の土手も1Kほど歩くつもりです。そうすると1回のウォーキング総距離は5キロになり、速足なら1時間です。健康的なウォーキングは散歩の感覚から離れ、ストライドを伸ばし、腕を振りスポーツ的に前進です。

 ところで、あまり良い例ではありませんが、実は私はオリンピックで金メダルを取った方と知り合いでした。しかし、今から20年ほど前に彼の姿を拝見したら、華やかな当時の姿からは想像できないほどで、やっと歩いてる感じでした。その後、今の時代にしては若くして亡くなりました。その他、ラグビーで活躍された方も知ってますが、私より1才若いのにすでに他界されてます。

 このような現状見ると、本来、健康のために行う運動であっても、若き日に無理に無理を重ね、勝利のために肉体を痛めつけてることが起こり得るのです。

 私は運動は今になってよくしてますが、「苦しい運動ならば、それは間違ってる」と自らに言い続けてます。

 「心臓が苦しくない範囲で可能な限り速く歩き」、目的は心肺機能を高める有酸素運動です。これでも脈拍は通常の1.5倍になります。また、「疲れない範囲でダンベルを使う筋トレ」です。筋肉維持や増強をめざします。このとき、快い汗が全身から出て来ます。私は「汗びっしょりは不自然」と考えます。

 これからも、この方針で心肺機能を高める有酸素運動と、筋トレの両面を生活に取り入れていこうと思います。

 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査