フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「人生100年時代を生きる」の52件の記事

2024年3月 3日 (日)

井戸に手動のポンプを取り付ける

Photo_20240303072101
Spirea
 
 今朝の群馬県は本当に冷え込み、野鳥に用意した庭先の水が厚く凍ってます。
 
 一方、日に日に膨らみ始める蕾を見ると、植物は私たち人間に本当に希望を感じさせてくれます。写真上は玄関先の植木鉢で育ててる木瓜(ボケ)で、品種名は「東洋錦」です。一見、赤い花が咲きそうな気配でも、実は、紅白二色が混ざた花が咲きます。
 
 また、写真下の植物も急に蕾が膨らみ、ご覧の通り、小さな花が咲き始めてます。あと1週間ほどで数万の花が咲く「雪柳」です。満開になったら再度、写真をアップします。こちらは亡父が60年前に植えましたが、主はこの世に居なくとも、脈々と生命を伝えています。
 
 ところで、今日3月3日は「ひな祭り」です。長女が誕生したとき7段飾りの雛段を組み立てました。しかし、今では物置に仕舞ったままです。いつか飾ってみたいです。
 
 話題は変わりますが、今から91年前の今日、つまり、1933年3月3日にはマグニチュード8を超える「三陸沖地震」が起こり、死者・行方不明併せて3千人以上が犠牲になったと伝えられます。四方を海に囲まれ、高い崖の上に成り立つ日本列島は地震が避けられません。当面の食料を常に用意して置きましょう。
 
 断水に備え、飲料水を確保するため、私は井戸に手動のポンプを取り付けることにしました。自然は脅威と恩恵を齎します。
 
Dear my friends abroad
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
.................................
 It's really cold in Gumma Prefecture this morning, and the water in the garden prepared for wild birds is frozen thick.
 
 On the other hand, when I look at the buds that begin to swell day by day, plants really give us a sense of hope. The picture above is a Japanese quince (boke) growing in a flower pot near the front door, and the variety name is "Toyo Nishiki." At first glance, it may look like red flowers bloom, but in reality, the flowers are a mixture of red and white.
 
 Also, the buds of the plant at the bottom of the photo are suddenly swollen, and as you can see, small flowers are starting to bloom. This is the Spirea" which will bloom in tens of thousands of flowers in about a week. I will upload the photo again when she is in full bloom. This tree was planted by my late father 60 years ago, and even though the owner is no longer in this world, she continues to live.
 
 By the way, today, March 3rd, is the Doll's Festival for girls. When my first daughter was born, I assembled a seven-tiered doll's tier. However, it is now stored in a storage room. I would like to decorate it someday.
 
 Changing the topic, 91 years ago today, on March 3, 1933, the Sanriku-oki situated in Northern Japan Earthquake, which had a magnitude of 8 or more, occurred, and over 3,000 people were killed and missing. Earthquakes are inevitable in the Japanese archipelago, because Japan is surrounded by the sea on all sides and built on high cliffs. Always we must have food ready for the time being.
 
 In order to ensure drinking water in case of a water outage, I decided to install a manual pump in the well. Nature brings threats and benefits.
 
 

2024年2月 3日 (土)

五分咲きの花梅を見て、人も希望が湧いて来る

Img_5588
Img_5587
  
 いよいよ冬から春への節分となり、今宵は豆まきです。年令の数だけ豆を食べたいところですが、私など、そんなに食べたら胃がどうかしてしまいます。
 
 ご覧のように、赤い梅【品種名・鹿児島】と、大きな白梅枝垂れが開花し、庭は次第に梅林の様相を呈してきて、何となく希望を持たせてくれます。白梅の方は毎年実がたくさん生り、文字通り、梅雨の頃に収穫できます。この他、ピンクや紅白に咲き分ける「思いのまま」も蕾が膨らんできました。
 
 ところで、このように季節が変わると人は年々年を重ねます。生まれて1年未満の赤ちゃんは生後8ヶ月などと月数で数えますが、その後は年数で数えます。もし、大人になっても自分の年を月数で数えたらどうなるでしょう。12を掛ければ簡単に答えが出ますが、あまりこの数字を意識したことはないですね。
 
 例えば、40才なら生後480ヶ月、50才では600ヶ月、還暦では720ヶ月になり、数字の多さがちょっと嫌になります。しかし、現実には平素忘れがちですが、実母が頑張って自分を生んでくれて以来の月数が実感できます。私などとんでもない数になります。
 
 更に、月数でなく日数で計算したら、よりとんでもない数字になります。50才で18250日、還暦で21900日。因みに30000日目は82才です。100才の人は閏年を24回含めると生後36524日です。今や、人生100年時代ですから、健康第一で生活すればその日も来るでしょう。「途中でいろいろあっても」くよくよせず、「常に希望と好きなことに向かって前進」です。一度きりの人生を伸び伸び生きたいものです。
 
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
 .............
 It's finally Setsubun which divides from winter to spring, and tonight bean-throwing ceremony will be held at each family in Japan. We have a rule to eat as many beans as our age, but if I were to eat that many beans, my stomach would be upset.
 
 As you can see, the red plums [variety name: Kagoshima] and the large weeping white plums are blooming, and the garden is gradually becoming the appearance of Kakky's plum grove, which somehow gives us hope. White plums produce a lot of fruit every year and can be harvested during the rainy season in June. In addition, the buds of bicolor "Omoinomama" which blooms in pink and white, are starting to swell.
 
 By the way, when the season changes like this, people age year by year. Babies less than a year old are counted in months, such as 8 months old, but after that we count in years. What would happen if we counted our years in months even after we became adults? You can easily get the answer by multiplying by 12, but we've never really thought about this number.
 
 For example, if you are 40 years old, it will be 480 months, if you are 50 years old, it will be 600 months, and if 60 years old, it will be 720 months. However, in reality, although I tend to forget, I now realize how many months have passed since my mother worked so hard when she bore me. In case of me, there is a ridiculous number.
 
 Furthermore, if we calculate it in days instead of months, the numbers will be even more outrageous. 18,250 days at age 50 and 21,900 days at 60. By the way, 30,000 days is 82 years old. A person who is a centenarian is 36,524 days old, including 24 leap years. Nowadays, people can live for 100 years, so if you live your life with health as your top priority, that day will come. "No matter what happens along the way," don't worry about it and "Always move forward toward what you hope for and what you like." We only have one life, so we should live it to the fullest.
 

2024年1月10日 (水)

なるほどと頷くものばかり

Img_5512
 
〇If I take a walk, there is a rumor that I am hanging around without any purpose, so I stopped walking.
〇He traded in from a Benz to a wheelchair.
〇Salt is not good for our health, but to make it taste delicious, when my wife is away, I pour a lot of soy sauce including salt on my sushi and sashimi sliced raw fish.
〇My dog follows me in order to prevent my wandering without destination.
〇My wife tells me that you are bulky garbage, so I say her that you are nonflammable.
  
 私の家の前には倉賀野上四地区の集会所「ふるさと」があり、そこには地区の「掲示板」があります。今回、そこに掲示されていた「長寿会・お知らせ版」の中にあった「シルバー川柳」には思わず笑ってしまいました。
  
 川柳の内容は私たちの日常生活と密接に結びついており、どれを読んでも成程と納得できるものばかりです。それと共に、その光景が目に浮かび、思わず笑ってしまう楽しさがあります。誰でも、同様に感じていても平素はなかなか口に出して言えないことをユーモアを持って表現する所に素晴らしさがあります。
  
 このように、なるほどと思える内容や表現で川柳を作ろうと思っても、私などには難しいものです。でも、川柳は本当に楽しい世界です。
  
※これから小学生の安全を期して登校パトロールに行ってきます。
  
Dear my overseas friends
 In front of my garden is the Kuragano-town Kami-4th district's meeting hall named "Furusato", where there is a bulletin board for this district. This time, I couldn't help but laugh at the "Silver Senryu'' that was in the "Longevity Association Announcement" posted there. By the way, "Senryu" means witty epigrammatic Japanese poem containing 5-7-5 seventeen syllables.
  
 The contents of Senryu are closely connected to our daily lives, and no matter what we read, we can understand the content. At the same time, there is a witty joy that makes us laugh as we understand the scene. There is excellent beauty in the way everyone uses humor to express things in daily life, but would normally not be able to say out loud.
  
 Even if I try to create a senryu with content and expressions that make nice sense, it is difficult for me to create like that. But Senryu is a really fun world.
  
*From now on, I will patrol the school road to ensure the safety of elementary school students.
  
  

2023年12月25日 (月)

興味関心ある分野を一層伸ばしましょう。

Img_5454
【画像を拡大すると、一つ一つの粒がよく見えます。】
 
 筋肉維持はもちろん、心肺機能やスムースな血流のため、ほぼ毎日、故郷・倉賀野をウォーキングしています。途中で本来の目的以外に目に入り感銘することがあります。昨日は真っ赤なピラカンサツの光景に足が止まりました。寒い今が最も輝き、恰も、音楽家が第4楽章を演奏しているかの如くです。
 
 現在、多くの植物は寒さの中で枯れ枝となり、見る影もなく、じっと春を待ってます。そうかと思うと、廊下の君子蘭はすでに蕾を膨らまし、新年には咲く勢いで、その生命力に思わず感動です。年末は私たち人間にとっては今年も押し詰まり、いろいろあった令和5年も終わりに近づき、更に、年齢が一つ増えるので、何となく希望がなく寂しい気持ちに陥りがちです。
 
 しかし、私たちは年齢を重ねても「心の持ちよう次第」で、いくらでも輝けることがあるのではないでしょうか。樹齢数百年という樹木に威厳があるように、健康面でも精神面でも「老いて益々」という生き方はきっとあります。
 
 それには、自らの「興味関心がある分野を最大限に伸ばすこと」で、これこそ納得できる自分らしい生き方につながる可能性を秘めてます。例えば、楽器演奏も「心の動きと末端の10本の指の一体化です。」自分らしい生き方は何の分野であっても、自らの考えや表現を周囲に伝える手段である「柔軟性ある筋肉づくり」が基盤とつくづく感じてます。
 
Dear my friends throughout the world
 I walk around my hometown named Kuragano, almost every day, not only to maintain my muscles, but also to maintain cardiovascular function and smooth blood circulation, Along the way, I may see something than the original purpose and be impressed. Yesterday, I was stopped by the sight of a bright red Pyracanthus. It shines brightest when it's cold now, and she looks like a musician playing the fourth movement.
  
 Currently, many plants are withered withered in the cold, waiting patiently for spring without a trace to be seen. On the other hand, the Kaffir lily in the hallway has already budded and is poised to bloom in the beginning of 2024, and I can't help but be moved by its vitality. The end of the year is a busy year for us humans, and as we approach the end of the 5th year of Reiwa, which has been filled with many things. Of course we grow older by one year, we tend to feel somewhat hopeless and lonely.
 
 However, even as we grow older, we can still shine as much as we want, depending on our mindset. Just as there is dignity in trees that are hundreds of years old, there is certainly a way of life that allows us to get better as we grow older, both in terms of physical and mental health.
 
 To do this, we need to "maximize the field of our interest" and this has the potential to lead to a life that suits us. For example, playing a musical instrument is "the unification of the movement of our mind and our ten fingers at the end.'' No matter what field we are in, a way of life that suits us is "flexible muscle" which is a means of conveying our thoughts and expressions to those around you. I really feel that building muscle is the foundation.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年12月21日 (木)

寒波襲来でも、充実した一日を過ごす。

Img_5443
【こんな寒くては野鳥も食べ物がありません。カッキーが柿を一つプレゼント。In this cold weather, even wild birds have no food. Kakki presents a persimmon.】
  
 今日は地元・倉賀野小学校校区の今年最後の下校指導でした。今日の群馬県はいつもより一段と冷たい北西の風が吹き、1時間余りのパトロールは本当に寒かったです。
 
 しかし、子供の中にはTシャツ一枚の子もいて「寒くない?」と尋ねたところ「全然大丈夫だよ」と言ってました。元気な子もいるものです。
 
 私は倉賀野小の登下校パトロールを15年ほど行ってます。私自身も身体を鍛えて「未来輝く子供たちのために」来年2024年も登下校指導を行うつもりです。
 
 こんなこともあって、今日一日いろいろ忙しかったです。その他、用事があって前橋に行ったり、金融機関に行ったり、一人暮らしの高齢女性宅のゴミ出し作業、その合間に、スーパーで買い物したり、忙しかったです。
 
Dear my friends abroad
 Today was the last traffic instruction of this year for the local Kuragano Elementary School district. Today in Gumma Prefecture, the northwest wind was even colder than usual, and it was really cold during the hour-plus patrol.
 
 However, some of the children were only wearing T-shirts, and when I asked him "Aren't you cold?" He said, "It's totally fine." Some children are healthy.
 
 I have been patrolling the students of Kuragano Elementary School for about 15 years. I myself should train my body and next year in 2024, I am going to patrol "for the sake of children who have a bright future."
 
 Because of this, I was busy all day today. I was also busy for errand in Maebashi-city, going to a financial institution, taking out the trash at the home of an elderly woman who lives alone, then shopping at the supermarket for my dinner.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年12月15日 (金)

美しい声を聴かせる野鳥との共存を図る

Img_5427
【画像をクリックし、拡大してご覧ください。】
 
 野鳥のメジロが庭の柿を啄んでる様子を捉えることができました。近くで撮っては逃げてしまうので、かなり離れた位置からデジカメでアップで撮りました。野鳥は警戒心が強いので撮影が難しいです。
 
 実は、先日この柿の木の柿をすべて捥ぎましたが、野鳥が啄んだ跡があるものを、再度、柿の木の枝に差し込んだところ、餌の無い時季だけに野鳥たちは賑やかです。平素から、水はいつでも飲めるようにしてあります。これは半世紀以上に亘ってレース鳩の飼育を続け、毎日朝夕2回餌と水、そしてミネラルの鉱物飼料を与え続けた体験からです。
 
 考えてみると、人間の生活向上のために側溝の蓋はすべて閉じられ、現在、野鳥は住宅街で水が飲めない状態です。ですから、朝、水を与えておくと、夕刻にはかなり減ってます。また、住宅街には塒となる樹木が少ないことから、大きな常緑樹を植え、野鳥たちに安住の棲家を提供してます。
 
 ところで、先日、新たに柿の苗木を2本購入し植えました。品種名は「太秋」と「富有」です。桃栗三年柿八年と言われるので、本格的に食べられるのは10年後でしょう。私にとって、それまで元気に生きなくてならない目標が出来ました。これで私も本格的なカッキーになれるでしょう。
 
 それにしても、一人暮らしなのに柿の木が3本あっても、食べ切るでしょうか。豊作になったら近所に配ります。柿の栄養は殊のほか多く、特に目、口内、鼻などの粘膜の健康に効能があると言われてます。
 
Dear my overseas friends who are fond of persimmon
 Fortunately, I was able to capture a wild bird by camera, a white-eye is picking at persimmons in the garden. If I took a close-up photo of it, she would run away, so I took a close-up photo of it with a digital camera from quite a distance. Wild birds are very wary, so it is difficult to take a photo her.
 
 In fact, the other day I harvested all the persimmons from this persimmon tree, but when I put the one that had marks where wild birds had picked them, back into the branch of the persimmon tree, the wild birds were gathered, especially in this season when there is no food. Water is always available for her drinking. This is based on my experience of raising racing pigeons for more than half a century and giving them food, water, and mineral feed twice a day in the morning and evening everyday.
 
 If we think about it, all the gutter covers have been closed to improve the human's life, and now wild birds are unable to drink water in residential area. Therefore, if I give them water in the morning, they will be much reduced in the evening. Additionally, since there are few trees for their roosting in residential areas, large evergreen trees are planted to provide a safe roosting for wild birds in my garden.
 
 By the way, the other day, I purchased and planted two new persimmon seedlings. The variety names are "Taishu" and "Fuyu". It is said that peaches and chestnuts need to bear three years and persimmon needs eight years, so it will probably be 10 years to be eaten in earnest. Therefore, for me, I had a purpose that I needed to live energetically from now on. In the future, I will become a full-fledged Kakky.
 
 Anyway, though I live alone and have three persimmon trees, will I be able to eat all of them? When the harvest is plentiful, I will distribute it to the neighbors. Persimmons are extremely nutritious, and are said to be especially effective for the health of the mucous membranes of our eyes, mouth, and nose.
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年11月 2日 (木)

暫くぶりに、菊の色彩に感銘

Img_5284_20231102155001
【画像をダブルクリックし、拡大してご覧ください。臨場感が出ます。】
 
 現在の家族形態では考えられませんが、私は6人兄弟の末っ子であるのに両親と共に暮らしてました。両親と長く暮らしていたことで大きく影響を受けたことの一つに、植物を愛でる気持ちが育ちました。それが元で、現在でも多くの植物に囲まれ生活しています。
 
 以前に両親が健在の頃、私の庭にも菊が2~3種類ありました。しかし、いつの間にかその姿が無くなり、かなりの年数が経ちました。ところが、昨日、比較的近くの家に咲いてたご覧の菊を見て、その色彩に感銘し、若き日が蘇りました。
 
 植物を鑑賞する観点には、枝ぶりなど樹形、花の紋様や大きさ、花の色彩がありますが、昨日、ご覧の菊を見て、最終的には色彩の美しさのように感じてしまいました。このため、今後は再度、菊を育てる気持ちが強くなってます。
 
 昔を思い出すと、菊にはいろいろの色彩があり、しかも、私の好きな多年草です。何もしなくても毎年芽が出て咲きます。11月がチャンスなので、あちこち巡り、菊を手に入れようと決意しました。耳では、音楽の音色やハーモニーが心を打ちます。目から入る感動は色彩の美しさと感じています。
 
Dear my friends abroad who love flowers and great music
 It's unthinkable that the current family's structure in Japan, but even though I'm the youngest of six siblings, as the result, I lived with my parents. Living with my parents for a long time had given a big influence on me. I developed a love for plants, which led me to live my life surrounded by many plants still now.
 
 Previously, when my parents were still alive, there were two or three types of chrysanthemums in my garden. However, before I knew it, it disappeared and many years had passed. Yesterday, I saw the chrysanthemums blooming near my house, and I was so deeply impressed by the color so that I was brought back to my younger days.
 
 In general, when appreciating plants, we look at the shape of tree such as the shape of its branches, the pattern and size of the flowers, and the color of the flowers, but when I saw the chrysanthemum yesterday, I ultimately felt that it was the beauty of the colors. For this reason, I have a strong desire to raise chrysanthemums again in the near future.
 
 When I think back to the past, chrysanthemums come in many different colors, and they are my favorite perennial. It will bud and bloom every year without doing anything. November is the chance in Japan, so I decided to go around and get some kinds of chrysanthemums. To the ears, the tones and harmonies of music touch the heart. To the eyes, I feel that the beauty of color of plant captures my emotion to the core.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年10月 6日 (金)

たまには「吉井ドリームセンター」へ

Img_5182
【クリックし画像を拡大すると、運転してる気分になるでしょう。】
Img_5179
 
 群馬県の天気はすっかり冬型で、一日中、北西からの冷たい季節風が吹いてます。このため午後になってから、身体を温めようとお気に入りの「吉井ドリームセンター」へ愛車を走らせました。
 
 私は路面の良い道を、多少回り道しても空いてる広い道を選びます。扁平率35%は路面を掴むように走り、安定した走りなので、ついスピードが出ます。しかし、TTに乗ってからスピード違反で捕まったことはありません。
 
 空はよく晴れ渡り、上毛三山が一際よく聳え、正面に見える山が榛名山で、日本のほぼ真ん中と言われてます。たまには景色のよい群馬県をドライブも楽しいものです。
 
 ただ助手席に誰も乗ってないので、ちょっと心に空白があります。広いお風呂に入ったら、お腹が空きました。たまには、美味しい寿司を食べて心の空白を少しでも埋めよう。
 
Dear my friends abroad who like spar and sushi of Japanese cuisine
 The weather in my Gumma Prefecture is completely winter-like, with cold seasonal winds blowing from the northwest all day long. Therefore, in the afternoon, I drove my car to my favorite place which is the Yoshii Dream Center to warm up.
 
 Even if I take a few detours, I choose a road with a good surface, a wide road that is empty. With the tire aspect ratio of 35%, it runs stably as if it grips the road surface, so I could easily pick up speed. However, I have never been caught speeding since riding the Audi TT.
 
 The sky is clear so that the three well-known mountains in Gumma stands out clearly, and the mountain in the photo is Mt. Haruna, which is said to be almost in the middle of Japan. Once in a while, it's fun to drive around the scenic beauty in Gumma Prefecture.
 
 However, since there is no one in the passenger seat, I feel a bit blank in my heart. After taking a wide bath, I felt hungry. Once in a while, I will eat some delicious sushi to fill the void in my heart, with thinking of you.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年8月28日 (月)

高齢期を、果たして「柔軟な脳」で生きられるか

Img_5067
 
 同じ群馬県の都市でも、前橋市と高崎市では小中学校の2学期の始業式の日が異なります。私の住む高崎市では9月1日ですが、次女の子供たちの前橋市では今日8月28日から二学期です。
 
 このため、彼女たちにとって昨日は最後の夏休みの日となり、思い出のため、高崎祭りに行くというので、私が車で市役所近くまで乗せて行き、帰路は電車で帰って来ました。
 
 ところで、私も地区役員として、2学期が始まると黄色いユニフォームを着て朝の通学路を巡回し、挨拶運動や不審者対策のため、一週間の登校指導に毎朝参加します。未来に輝く子供たちのため微力ながら頑張ります。
 
 いよいよ秋となり、私自身も気を引き締め、高齢化社会を生きる基盤として、1、筋肉増強など健康長寿への実践、2、投資を通じて特にナスダックの研究、3、認知症回避のため脳に刺激を与え、新たな知識や記憶力へ挑戦です。
 
 本屋に予約してある「天声人語2023夏号」が今日手に入るので精読を始めます。年を重ねると、過去に経験した事のみに頼りがちですが、それと共に、移り変わる社会の動きに反応し「何より柔軟な考え方」にアプローチできたらと思います。
  
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for you will be later, because from now on I will participate the radio gymnastics held at the park and take a breakfast. Then I'll interpret into English for your understanding above mentioned contents.
 
 Even though, both cities in Gunma Prefecture, Maebashi City and Takasaki City have different opening ceremonies for the second semester of elementary and junior high schools. In Takasaki, where I live, it is September 1st, but in Maebashi, where my second daughter's daughters live, the second semester begins on August 28th today.
  
 For this reason, yesterday was the last day of summer vacation for them, so that they went to the Takasaki Festival to make memories, so I drove them to near the city hall and they returned by train.
  
 By the way, as a district officer, when the second semester begins, I will wear a yellow uniform and patrol the school route in the morning to participate in the week-long aiming for school attendance guidance every morning for greetings and measures against suspicious people. I will do my best for the children who will shine in the future.
  
 Now that autumn is finally here, I have also braced myself, and as a basis for living in the aging society. My purposes are 1) practice healthy longevity, such as muscle building. 2) conduct especially economic research on the NASDAQ, through investment. 3) and challenge new knowledge and memory against preventing senile dementia.
  
 Tensei Jingo 2023 Summer Issue" reserved at the bookstore is available today, so I will start reading it carefully. As we get older, we tend to rely only on what we have experienced in the past. At the same time, I would like to respond to the changing social movements and approach "flexible way of thinking above all new circumstances.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2023年6月 8日 (木)

ハンドルの遠近を調整し、更に運転しやすくなる

Img_4852
 
 今日の午後、暫くぶりに「吉井ドリームセンター」に行って汗を流してきました。風呂場には私一人でした。私の家から30分程なのでエンジンの調子をみるドライブには丁度良い距離です。初めに、ブログ載せる写真を撮るので背景に建物が入る位置に駐車しました。
 
 ところで、車を購入以来初めて帰り際に「ハンドルの遠近を調節」しました。「ブレーキが最も踏みやすい距離に座ることが大切」です。私は足が長いので(これを言いたいのではありません。)、椅子をかなり後ろに引いてます。その分、ハンドルが遠くなりがちなのでハンドルを手前に引き寄せましたら、ブレーキは踏みやすいし、腕も楽で、すごく運転しやすくなりました。やはり調節は大切です。
 
 ところで、最近、私の身辺にはいろいろあったことから、今日は心身共に温かいお湯に浸かって、一人で心をまとめました。今の考えで進みます。
 
Dear my overseas friends
 This afternoon, I went to my favorite "Yoshii Dream Center" after a long interval and soaked in the wide bathtub. I was alone in the spa. It's about 30 minutes from my house, so it's a ideal distance for a drive to check the condition of the engine. First, I parked in a position with a building in the background to take pictures for weblog.
 
 By the way, for the first time since purchasing this car, I "adjusted the perspective of the steering wheel" on the way home. "The most important distance to step on the brake is important." As you know, I have long legs (I don't mean to say this), so the chair is pulled far back. For that reason, the steering wheel tends to be far away, so when I pull the steering wheel toward me, the brakes are easy to step on, furthermore arms are comfortable, and it is very easy to drive. Adjustment is still indispensable.
 
 Not change the subject, but due to a lot of things that have happened to me recently, I was able to decide my mind and body together in the spar by myself today. I will proceed with my current thinking.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー