カテゴリー「足の運動と手当て」の1件の記事

2019年10月24日 (木)

冬季を前に、生命を支えてる足のケアーは必須

P1070371_20191024093101

【階段の登り降りは大腿部のトレーニングになる】

 概して、私たちが日常生活でケアーしてる身体の部分と言えば、何と言っても顔でしょう。それは肌の色、皺の有無、目元など鏡を見ないことはないでしょう。男性に比較し、女性はいっそう言えるかもしれません。これは現在の健康状態や顔の美について満足したり、心配してるからです。

 一方、身体の他の部分となると人によって差はあるにしても、年齢と共に、概して運動機能が気になり、それは身体の柔軟性、スタイル、姿勢などで、場合によっては身体の内部のことでしょう。

 今回は、一般的に平素、疎かにしやすいと思われる部分について、平素から目を配り、改善すると健康になると考えられることを書きます。

 それは「足をもっと労わりましょう。」ということです。

 足には体全体の体重が重くのしかかり、例えば歩く場合には片足に体重の1.5倍ほどの重さがのしかかり、早く歩いたり、走ったりすればもっと負荷がかかります。そんな私たちの命を四六時中乗せてる足こそ、私たちは最もケアーしなくてはならないところと言えます。

P1060017

【キャフレイズは段差を利用すると運動量が大きくなる】

 機能の面からは「キャフレイズ」と呼ばれる踵の上げ下ろしです。これは何に効果があるかと言えば、「脹脛の筋肉増強」です。高齢になって脹脛が細いと歩行が困難となることはもちろん、それ以上に下肢の血液を高い位置にある心臓まで送り届けるポンプの力が弱体化し、血液が循環し難くなり、延いては心臓に負荷がかかり過ぎる日常になります。

 私たちが生命を維持できてる源は血液循環であり、これにより身体中の臓器や筋肉にきれいな酸素と食物で得た栄養を運び続けることに尽きます。

 しかも、心臓は膨らむことで静脈を通じて、全身から血液を吸い上げ、縮むことで血液を動脈を通じて全身に押し出してます。このうち、前者の吸い上げる役目を手助けしてるのが脹脛です。故に、脹脛は第二の心臓といわれます。これを知ると脹脛に筋肉があればある程、心臓の負荷が減ることに繋がります。脹脛は太いだけでなく、筋肉があるということです。

 一方、これとは逆に「つま先上げ」は運動機能として、これまた優れてるトレーニングです。キャフレイズとは異なる足の両側の筋肉を鍛えます。この運動はテレビを見ながらでも楽にでき、ベットに横たわっていても、いつでもどこでもできる運動です。「キャフレイズ」と違い、体重を乗せないので負荷がかかりません。これにより、つまづき難くなり、スムースな歩行が自覚できます。このように運動とは逆のことをするとバランスが取れます。

Photo_20191024102201

【左はつま先上げ、右は踵の上げ下げによるキャフレイズ】

 以上は足の運動面について書きましたが、今回のテーマはこれとは別の角度から足の健康について考えました。

 先ず指の独立には「五本指靴下」が断然お勧めです。指と指がそれぞれ独立し、指先に力が入れやすいので歩行の安定に有利です。しかも、指と指の間が清潔になります。

P1090025

【五本指靴下は運動能力が増す】

 それでは、平素、疎かになりやすい足のケアーについて、私の考えを述べます。

 要点は前述の如く、顔の状態を気にするのと同じ程に、日々足をケアーすることです。その第一は常に清潔にしておくことて、風呂でも踵をつるつるに、指と指の間をきれいに洗います。足首から下全体にクリームを塗ります。ドラッグストアーで足のクリームは手に入ります。「これをするとしないのとでは大違い」です。

P1090024  

 概して、手はすぐに見えても、足は靴下で隠れてることが多く、どうしてもケアーが行き届きません。冬季を迎え、足の肌がカサカサにならないよう、足の肌に潤いを与え、一日中、自分の命を支えてる足先に今まで以上に目を配りたいものです。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 星食 暦について 月の満ち欠け 未来ある子供の安全 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査