フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「倉賀野小学校」の8件の記事

2024年4月22日 (月)

倉賀野小児童の交通安全を願い、通学路で「声掛け運動」

Photo_20240422162101
 
 今日の社会参加は二つあり、一つは先程、倉賀野小児童の下校指導でした。学校近くの信号で赤い棒を持ち横断の手助けします。子供たちは数人まとまると横断しますが、あくまで子どもが主体で信号機の色を緑に変えます。その際「お帰りなさい」など「声掛け運動」しました。
 
 朝、ラジオ体操へ来る子や、ピアノを弾く子など普段から知ってる近所の子には「~ちゃん、お帰り」と声を掛けます。たまには、私が倉賀野小校歌を歌うと珍しのでしょう。いっしょに歌う子もいます。
 
 もう一つの社会参加は月曜なので、一人暮らしの高齢女性のゴミ出しをしました。これらの仕事は、間違いなく行うことが肝心なので、私自身が注意力を呼び覚ましたり、結果的にかなり歩くので健康的です。
 
 子どもの成長期で大切なことは「大人はちゃんと自分たちを見ている。」と子供たちが認識できることと思います。
 
Dear my friends abroad
 Today, there were two types of social participation for me, one of which was teaching the Kuragano elementary school children on their way home from school. At the traffic lights near the school, I hold a red stick to help students cross. Children cross the road in groups, but it needs that student leads in changing the color of the traffic light to green. At that time, I did a "call out campaign" such as "Hello!'' or How are you?.
 
 Sometimes, I , I say "Hello!' ~chan,'' to children in my neighborhood that I know regularly, such as the child who comes to radio gymnastics in the morning or the child who plays the piano. When I sing the Kuragano Elementary School song once in a while. Some children sing together.
 
 Another social activity of today was Monday, so I took out the garbage for an elderly woman who lives alone. These tasks are important because I must do without fail, so I wake up my attention, and as a result, I walk a lot, which is healthy.
 
 I am of the opinion that it is educationally important when children are growing up, they realize that adults are watching them closely.
 

2023年9月14日 (木)

パトロールを頑張ります。

Img_2358_20230914142901
 
 今日は午後2時45分から、地元・倉賀野小児童の帰宅時間に合わせて校区を巡回します。孫はよその学校で学んでますが、倉賀野小は私の母校なので、児童たちは後輩です。交通安全と不審者対策、何より、挨拶運動に頑張ります。
 
 私が黄色いユニホームと帽子を着用して巡回する姿をご想像ください。カッキーもやる時はやります。
 
 特に一人で帰る子がいるので必ず声掛けします。「人間社会は一人でないこと、社会は温かいこと」を子供に感じてもらいたいです。それでは行って参ります。
 
Dear my friends abroad
 Today, starting at 2:45 p.m., from now on, I will be patrolling the school district when the local Kuragano elementary school children return home. My grandchildren are studying at another school, but Kuragano Elementary School is my alma mater, so the children are my juniors. I will do my best to ensure traffic safety, prevent suspicious persons, and above all, promote greetings.
 
 Please imagine me patrolling around wearing a yellow uniform and hat. When I should do, Kakky does it.
 
 Especially if there are children who come home alone, I always say hello to them. I want children to feel that they are not alone in human society, and that society is warm. Well then, I will go.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2022年12月19日 (月)

倉賀野小学校の下校指導に意義を見出す

Photo_20221219161901
 
 写真は夏のものですが、今日は倉賀野小児童の下校指導があり、午後2時から通学路内の信号に立ちましたが、最初に低学年が来てから、その後、殆ど来なくなり、高学年が来るまで1時間も待ってました。
 
 今年の12月はとりわけ寒いことから、今日も冷えました。娘の娘は倉賀野小の児童ではありませんが、地元のためになることは、とても有意義です。
 
 それでも、途中で校長先生が来てくださり、初対面でしたが、少し話ができました。私の事は言いませんでしたが、「妻も城山小学校の校長してました。」と言いましたら、年代が違うので分からなかったようです。
 
 ところで、今日は下校指導が寒かったので、今宵、暫くぶりに馴染みの小料理屋「バク」で一杯戴き、心身を温めようと思いますので、今宵だけはお許しください。では電車に乗って行って参ります。
 
Dear my friends abroad
 The photo was taken in the summer, but today, I participated the school road's guidance of Kuragano Elementary School. After 1st 2nd graders came, students didn't come. So I waited for an hour until they come.
 
 "It was cold this December, so it was cold today as well." My daughter's daughter is not a student at Kuragano Elementary School, but it is very meaningful to help the local community.
 
 Even so, the principal came along the way, and although it was our first time meeting, we were able to talk a little. I didn't mention myself, but when I said, "My wife was also the principal of Shiroyama Elementary School," he didn't seem to meet because of the age difference.
 
 By the way, it was cold when I stood at the school route, so tonight I'm going to have a drink at the familiar tavern "Baku" after a long interval to warm up my body and mind, so please forgive me for just tonight. From now on I will get on the train and go.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

2021年5月24日 (月)

未来ある 児童の安全 大人が手本示すべき

Img_1976_20210524082701
  
 今日は、地元・倉賀野小学校児童のために交通安全を期して、私たち大人が3人一組でパトロールを行ないます。児童たちは学校近くの信号をいつも守って渡ってますが、信号が青になると一目散に脇目も振らず、すぐ横断するので、左右を確認してから渡るように指導します。また、通学路を児童と対面する形で巡回します。
 
 それにしても、概して児童や幼児にはコロナウィルスが蔓延したり、クラスターが発生しないのは不幸中の幸いです。あるいは夜遊びしてワイワイ飲んだりする大人より、子供の方が、三密を避けたり、手洗い、マスク、うがいの励行を徹底してるかもしれません。
 
 Today, we adults will patrol in groups of three for the sake of traffic safety for the children of the local Kuragano Elementary School. Children always follow the traffic signal near the school, but when the traffic lights turn blue, they don't look away their eyes at a glance and cross immediately, so I should instruct them to check left and right. In addition, we will patrol the school route facing the children.
 
 Even so, it is fortunate that children and toddlers generally do not have Covod19 spreads or clusters. Or maybe children are more likely to avoid three dense, washing their hands, wearing mask, and garglimg than adults who play at night and drink.
 

2021年1月 7日 (木)

3学期も登下校のパトロールを実施

Img_1583
 
 今朝はかなり寒いですが、いよいよ3学期が始まり、これから小中学生の登校時の安全を期してパトロールします。また、可能な限り私の方から声をかけます。私自身も社会との関わりを持つことで充実さを感じたいです。では朝飯前に地区を2kmほど一回りしてきます。
 
 It's quite cold this morning, and the third semester has begun. I'm going to patrol for the safety of elementary and junior high school students when they go to school. Also, I will talk to them as much as possible. I also want to feel fulfilled by having a relationship with society. Then, before breakfast, I will go around the area for about 2km.
 

2020年2月11日 (火)

倉賀野小学校の集団下校訓練に参加

P1060153_20200211061901

 昨日は地元の倉賀野小学校で集団下校訓練があり、パトロール班として私も参加しました。これは同じ町内の子供たちが1年生から6年生までグループになり、自分たちの町内まで集団で帰宅する訓練です。

 校庭では校長先生の話があり、その後、注意事項を聞いてから学校を出発します。それにしても子供が多いのには驚きます。未来輝く子供たちが交通事故にならないよう、また、誘拐されぬよう社会全体で守る必要があります。

https://www.youtube.com/watch?v=IMU-ohrgQ2g


 Yesterday, we had a returning group drill at Kuragano Elementary School, and I participated as a patrol squad. This is a training for children in the same direction. The children are grouped together with from first grade to sixth grade and return home collectively to their own town.

 In the schoolyard, there is a explanation by principal, and after that, children hear the precautions before leaving school. Even so, I am surprised that there are many children. The whole society needs to protect the future shining children from traffic accidents and from being kidnapped.

 

2020年1月27日 (月)

倉賀野小学校の音楽教育に感銘

Img_0073

【珍しく体育館の外壁に校歌の楽譜がある倉賀野小】

 1月24日、倉賀野小学校で校内音楽会が開催され、保護者のみならず近所の人も鑑賞できるとのことで、隣近所に小学生がいる私は初めて倉小音楽会を聴きに行きました。

 プログラムは迫力ある金管バンドの演奏に始まり、前半は1年生から3年生までの合奏と合唱、後半は4年生から6年生の合奏と合唱です。演奏はクラスごとでなく、学年単位で各学年ともおよそ90名から100名がステージに一緒に登壇する大人数による演奏はどの学年も迫力十分です。

Img_0061

 プログラムの司会進行をすべて児童が行ない、また、殆どの指揮者も児童が行ってることです。この姿を見て、先生方の行き届いたご指導の下、今日まで一所懸命に練習を重ねてきた賜と感じます。

 中でも私が驚いたのは、3年生の指揮者はその指揮法が本格派であり、ただ単に拍子の図形を描いてるのみでなく、強弱からスピード、特に喜怒哀楽を表情豊かに指揮してます。これだけ表現力があるとは、もしかして指揮法をきちんと習っているか、あるいは生れ持った音楽的天性かもしれません。誠に素晴らしく見る人を惹きつける指揮ぶりです。もしかして彼女は音楽以外の分野でも秀でてるのではないかと感じました。

 1年生から予想してるより遥かにハイレベルな演奏です。特に合奏は本格的です。子供たち全員の集中力、真剣な眼差しが観客席に伝わります。指揮者の棒に合わせ、テンポ・リズム感がよく合っており、小学低学年から、このように緻密な音楽体験ができる児童は羨ましくも感じます。

 私も倉小の卒業生です。しかし、当時は歌を歌ってることで、音楽の時間は過ぎたように思います。今回のような合奏や大人数の前での演奏体験はなかったように思います。それでも、当時の小西先生のお陰で、その後、私は音楽好きになり感謝してます。

Img_0067_20200127093201

【お顔が明瞭でないので掲載させていただきました。】

 その点、現在の倉小音楽教育はとてもハイレベルであり、現在、倉小に学ぶ児童は豊かな音楽体験ができて幸せと思います。

 子供たちのステージでの行動を通して、演奏によって心まで清々しく磨かれてるように感じたのは私だけではないでしょう。一人として集中力に欠ける子供が見当たらず、全員が真剣そのもので各自が合奏上の役割を果たしつつ、皆で一つの大きな音楽を作り上げるという共同作業に没頭してます。一つのことに集中する子供たちの姿は美しく、尊いものです。

 こんなところにも、日頃の先生方のきめ細やかなご指導が見出され、更に児童全体を表現力豊かな子供に方向づけされ、倉小は教育を大局的に捉えていると感じます。

 一方、概して校内音楽会は得てして、どの演奏がよかったとか、そうでなかったとかという風に、所謂、成績を競わせ、音楽によって勝者や敗者を出すという、本来、あまり教育的ではない事も行なわれてます。これによって本来好きな音楽を、その後、やらなくなる子供も起こり得るものです。

 こんなことから、倉小音楽会は音楽教育の目標である「生涯を通じて音楽を愛好する」という趣旨にも合致し、将来は音楽好きな人がますます増えるのではないでしょうか。

P1060153

 ところで、以前に集団下校訓練の折り、知り合ったAETでアメリカ出身の先生と今回、休憩中に歓談する機会があり、先生も私のことを覚えていて下さり嬉しかったです。

 時々、拙いブログにもアクセス戴いてることを知り、英語版もよいといわれました。このため、今後も続ける気持ちです。約1時間半の倉小音楽会をすべて聴き、久しぶりに未来輝く子供たちの素晴らしい演奏と成長に感動し、会場を後にしました。

 

2013年6月24日 (月)

倉賀野小学校・校歌は極めて秀でたメロディー

Photo_20210710023201 【高崎市立倉賀野小学校】

 半世紀ほど前に倉賀野小学校を卒業し、現在も倉賀野町に住んでいることから私はボランティア―活動に取り組み、倉小児童の登下校の安全を期して、時々1時間ほどグループで通学路を巡回してます。

 また、年に数回行われる集団下校にも参加してます。これは全校児童が地区別に幾つかの集団に分かれ、列を組んで一緒に帰宅する訓練です。この集団訓練をしておけば、いざというとき効率良く慌てず、無事に帰宅できることにつながります。一方、私たちはこれらの機会を通して、子供たちと触れ合うチャンスに恵まれてます。

 しかし、この集団下校の光景を目のあたりにすると、本当に少子化なのだろうかと思うほど、たくさんの子供たちの数に驚かされても、国全体では減少しつつあるのでしょう。

 P1030922

 ところで、歴史をひも解くと、現在の倉小校歌は中村孝也作詞、井上武士作曲によるもので昭和9年に制定され、その後、歌詞のみ現代用語に改められたものが現在、歌われてます。

 一方、私が倉小のときは、どういう訳かこの校歌を一度も教わりませんでした。おそらく当時の歌詞が原詩であったことから、子供たちに難解だったのではないかと考えられます。その代わりに、何かの式典の折、校歌として歌った思い出の歌があります。

 それは「赤城の山に春霞」の歌詞で始まる歌で今でも覚えてます。おそらく明治・大正時代に倉小校歌として歌われた昔の校歌ではないかと推測します。

P1030930

 写真は体育館が完成した頃の音楽教育の表れでしょうか。体育館の外壁の周囲には校歌の音符が一周して掲げられ、大変に珍しい光景です。一般的には校歌の歌詞が掲げられることはあっても、楽譜をこのように体育館の外壁にめぐらす学校は稀で希少価値があります。このアイディアは画期的で倉小教育に芸術的な崇高さが窺えます。

 へ長調4分の4は子供たちの声域に適し、旋律は「チューリップ」「うみ」を作曲した群馬が誇る作曲家・井上武士であることから倉小のために気持ちを込めて素晴らしいメロディーを創作したことが感じ取れます。私はすべての小学校の校歌を存じてませんが、倉小の校歌のメロディーは多くの小学校の中で抜きん出てるでしょう。それは芸術性に非常に富んだ旋律だからです。

 その原因の一つに「ドレミファソラシド」をすべてを使わない日本的音階で出来ていることが考えられます。具体的には音階の「シ」の音=実音Eの音が省かれてます。これが私たち日本人に歌いやすい理由の一つと思われます。

P1030931

 ところで、私は一人暮らしであることから家には倉小の子供はいませんが、倉賀野で生まれ、倉小を卒業し、倉賀野で育ったことから暫くは後輩の登下校の交通安全に、地域の一員としてしっかり巡回し、未来輝く子供たちの逞しい成長を期して、これからもパトロールを頑張ります。

  

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 偶然性 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 藤の花 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢化社会を生きる 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー