カテゴリー「人間の喜びとは」の30件の記事

2021年8月26日 (木)

枝を切り 挿し木で増える ツツジの子

Img_2309

 亡父が前回の東京オリンピック(1964年)の頃に植えたツツジは今なお、毎年きれいに咲き続けてます。このように植物によっては人間の生命とは比較にならない長寿のものもあり、特に、ツツジは樹齢何百年などというものも存在します。

 群馬県に住んでいることから、数年に一度、館林の花山公園に出向くと、江戸時代に植えたと想われる大きなツツジの見事さには圧倒されます。それほどツツジは長寿と言えます。

 ところで、上の写真は昨年、私が庭のツツジを剪定したとき、小枝の3本を念のために挿し木にしておいたものです。枯れるかと思っていましたが、そのまま雨がかかる所においておきました。そしたら最近になって、ご覧の通り、新たな葉が生まれ勢いが付いてきました。きっと地中に根が生じて養分を吸い上げ始めたようです。

 今まで、小さかったので3本一緒にしておきましたが、近いうちに1本ずつ植木鉢に植え替えます。その後、より大きくなったら適当な場所に直植えする予定です。植物とはその種類によってでしょうが、挿し木によって増えるので不思議なことです。

 今まででの経験で、挿し木により最も簡単にすぐ増えたのは「金の生る木」です。実は、最近亡くなられた隣の方に生前、枝を1本戴いたのを植木鉢に植えておいたら、すぐに根が出て見る見るうちに成長し、今では植木鉢からはみでる状態です。この調子でお金も増えればいいのですが、こちらは人間の経済的な知恵如何にかかっています。

 生活の基盤である経済の安定を願い、毎日水をやり、夏の間は玄関前に出しておきます。寒さに弱いので、晩秋には玄関の中に入れます。不思議なことに、この木の枝をその辺に転がしておいても根が出て来ます。

 ところで、肝心のツツジの枝の元の木は次の写真のツツジです。

P1060554

 このツツジは樹齢80~100年ほどと推定され、今では玄関前に植わってます。これより二回りほど大きかったのですが、剪定しました。この写真は数年前のもので、今ではこれより大きくなってます。

 挿し木にした3本はおそらくこれと同じ色の花が咲くでしょう。もしかして、私の人生が終わた後まで、ずっと咲き続ける可能性を秘めてます。ですから、二人いる娘のどちらかに、この家を継いでもらわなくてはなりません。

 私たち人間は限られた時間の中で生きてます。庭にはそれぞれ数本の花桃から、花梅、各種シャクナゲ、大きなサルスベリを初めとして、たくさんの植物が生い茂り、住宅街にしては植物園の中に暮らしている雰囲気です。

 「人間の喜びとは何か」と訊ねられれば、取り巻く環境が今までから次第に脱皮し、「芸術に満ち溢れた境地」に近づくことではないかと思ってます。

 

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

誕生日 祝ってくれる オリエンタル・エレナ

Img_2199
 【拡大してご覧下さい】

 ついに今朝、開花しました。豪華な姿でその名もオリエンタル・エレナです。花弁がたくさんあり、ユリにしては珍しく八重です。三つある蕾のうち二つが咲きました。おそらく一週間以上は咲き続けるので、今後は毎年、私の誕生日に合わせて咲いてくれるでしょう。植物の好きな私には最高の演出です。
 
 今後はこのオリエンタル・エレナを増やし、庭のあちこちで咲くようにします。お近くの方は見学にいらしてください。
 
 It has finally bloomed this morning. The gorgeous figure is also called Oriental Elena. It has a lot of petals that is rare for a lily. Two of the three buds have bloomed. It will probably continue to bloom for more than a week, so it will celebrate my birthday every year. It is the best production for me who likes plants.
 
 In the future, I will increase this variety of Oriental Elena so that it will bloom here and there in the garden. Please enlarge the photo and see. If you are near including those who live in the city of Auckland in NZ, please visit here after a long interval.
 

| | コメント (0)

2021年7月13日 (火)

ユリを見て 人のあるべき 姿を追う

Img_2191
【昨日、撮影です。】 
Img_2193
【今朝、撮影しました。】
 
 今夏、5番目のユリの蕾が膨らみ、もうすぐ咲きそうです。昨年はなかったので、果たしてどんな紋様の花が咲くでしょうか。3つの蕾があり、こんなことでも実に楽しみです。植木鉢に植えてあるので咲いたらどこへでも持って行ける便利さがあります。多くのことに共通でしょうが、見える美しさとは色彩と形にあるようです。
 
 一方、人間の美しさはどうでしょう。健康のバロメーターである姿勢にいつまでも気をつけ、自分らしい生き方を求め、日々、一歩一歩実現に近づけたいものです。また、人間の特質は、言葉を通じて人と親しく交流したり、芸術や自然の素晴らしさに触れ、感性を磨くことではないでしょうか。
 
 As the fifth lily in this summer, the buds are swelling and is about to bloom. Since this lily wasn't last year, what kind of flower's pattern will bloom? There are three buds, and I'm really looking forward to this. Since it is planted in a flowerpot, it is convenient for me to take it anywhere when it blooms. As it is common to many things, the beauty we see seems to be in color and shape.
 
 On the other hand, what about human's beauty? I will pay attention to my posture which is called the barometer of health, and seek my own way of life, and approach the realization step by step every day. In addition, the characteristic of human beings is to interact with people intimately through words, to experience the splendor of art and nature, and to hone our sensibilities.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/  
 

| | コメント (2)

2021年5月30日 (日)

久々に 家族団欒 味わいました。

Img_1315_20210530095901
 
 娘の家に行くため昨日の夕方、本当に暫くぶりに関越自動車道を青い車で走りました。車は恰も「水を得た魚のごとく」生き生きし、アクセルを踏み込まなくても、すぐに100Kのスピードになりました。やはり、後ろに付いてるスポイラーも、扁平率35%のタイアも高速道を走ってこそ真価を発揮でき、車の安定走行に一役買ってます。
 
 今朝は娘の家を5時に出発、今度は一般道で帰宅しましたが、道路は空いててスイスイです。そして今朝も地区のラジオ体操会に出席し、その後、一人寂しく朝食ですが、昨夜の家族団欒を思い出し、人間はあれこれ雑談することが心身の健康に欠くべからざる大切なこととしみじみ感じてます。
 
 I drove a blue car as you see through the Kan-Etsu Expressway for the first time in a while yesterday evening to go to my eldest daughter's house. The car was alive "like a fish that got water" and quickly reached 100km speed per hour without having to step on the accelerator. After all, the spoiler attached to the back and the tires with a flatness of 35% can show its true value only when it runs on the highway, so it played a role in stable driving of the car.
 
 This morning I left my daughter's house at 5 o'clock and returned home on a general road, but the road is empty so that the car ran easily and lightly. After returning I attended the radio gymnastics in the district as well. After that, I had lonely breakfast remembering last night's pleasure dinner with family. I feel from the bottom from my heart that chatting about many kinds of topics with family members is essential and indispensable for our physical and mental health.
 

| | コメント (2)

2021年5月29日 (土)

不注意で 痛める年令 膝と腰 

Img_1333_20210529042601
【最近、開通した新鏑川橋の歩道】・・・水面から高いです。
 
 5日ほど前には、夜中の冷えが原因で左膝が痛くて、階段の昇り降りができず、近くのクリニックで塗り薬を処方してもらったら1日で回復し、階段の昇り降りも全く痛くなく夢のように感じました。同時に医師の判断力に敬服です。
 
 ところで、昨日は数日前の膝の痛みをすっかり忘れ、朝、重さ50Kほどの植木鉢を動かしたら、グキッと今度は腰を痛めました。私はまるで鶏のように前のことを忘れてました。
 
 今度は張り薬を貰い、どうにか回復中です。私は過去の辛かったことを忘れるようです。それにしても、今までは感じませんでしたが、「普通に歩けることがどんなに幸せか」を感じています。
 
 About 5 days ago, I had a pain in my left knee due to the cold in the middle of the night, and I couldn't go up and down the stairs. When I was prescribed an ointment at a nearby clinic, I recovered in a day, and the stairs didn't hurt me at all and felt like a dream. At the same time, I admire the power of correct judgement by the doctor named Mr. Mizuno.
 
 By the way, yesterday I completely forgot the pain in my knee a few days ago, and in the morning I moved a flowerpot weighing about 50kg and this time I hurt my back. I forgot the previous thing like a chicken.
 
 This time I got a poultice and am recovering. I seem to forget the painful things of the past. Even so, I didn't feel it until now, but I feel "how happy it is to be able to walk normally".
 

| | コメント (2)

2021年5月28日 (金)

春の花 終わりを告げて 夏への準備

P1070984_20210528035101
 【写真は昨年の開花・・・グラジオラス】拡大すると何かが見える。
 
 昨日は一日中雨で、芍薬と牡丹の掛け合わせの「オリエンタルゴールド」が散りました。これで春の花は終わり、暫く私の庭には花がありません。しかし、植物はこれからの梅雨にますます成長するので、庭の手入れは毎日欠かせません。
 
 今後は暫くして夏の花となり、色とりどりの6本のユリに推定50個ほどの蕾ができてます。また、築山にも黄色と共に各種グラジオラスが成長して背が高くなってます。
 
 続いて庭木としては巨樹であるサルスベリが後40日後に咲きます。こちらは開花期間が約100日と長いので楽しみです。花が咲かないのは我が人生のみになってます。
 

 It rained all day yesterday, and the "Oriental Gold" which is a combination of shakuyaku peony and botan peony, was scattered. This is the end of spring flowers and there are no flowers in my garden now. However, as the plants grow more and more in the coming rainy season, therefore the care of garden is essential for me every day.

 In the near future, it will become summer flowers, and the estimated 50 buds will be formed on 6 colorful lilies. In addition, various colored gladioli grow and become taller along with yellow in the man-made small hill named tsukiyama of Japanese tradition.

 As a garden tree, the giant crape myrtle will bloom 40 days later. I am looking forward to this tree because the flowering period is as long as about 100 days. It is only in my life that flowers do not bloom. I want to make it bloom somehow.

 

| | コメント (2)

2021年5月22日 (土)

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿はユリの花

Img_2004
 
 この芍薬も半世紀以上前に亡父が植えたもので、球根なので私が何もしなくても春になると地中から芽が出てきて咲きます。植えた主はこの世にいなくても毎年咲き続けるので神秘です。赤い花は遠くからも目立ちます。
 
 女性をイメージした牡丹はすでに終わり、芍薬ももうすぐ終わり、今度は数本のユリが咲き出します。
 
 ところで今日は富岡に用事があり、久々に青い車を中山峠経由で運転します。平成の初めの頃、6年間、富岡に勤務したので懐かしいです。
 
 This shakuyaku peony was also planted by my late father more than half a century ago. Since it is a bulb, the sprouts come out in spring from the ground and bloom without doing anything so that the plant is mysterious because it keeps blooming every year even if my father is not in this world. Generally red flowers stand out even from a distance.
 
 The botan peony with the image of a woman is already over, and this shakuyaku peony is about to end, and then several lilies will bloom soon in the garden.
 
 By the way, I have a business in Tomioka-city today, therefore I will drive a blue car via Nakayama Pass after a long interval. At the beginning of Heisei, I worked in Tomioka-city for 6 years, so I feel nostalgic.
 
Img_1642_20210522060101
 
 

| | コメント (2)

2021年5月17日 (月)

初挑戦 挿し木で増やす 貴重なシャクナゲ

Img_2014

 挿し木については、子供の頃、学校で習ったので、いわば遊びとしてしたことがありますが、現在、一日たりとも植物から離れることのない生活を送っていても、挿し木で花木を増やしたことはありません。ただ、拙い体験から「金の生る木」を剪定し、切った小枝をその辺に落しておいたら根が出てきて、その生命力に驚いたことがあります。このように簡単に根が出るものもあれば、簡単にいかないものもあります。

 今回は植木屋に行っても、殆ど見つからないシャクナゲの貴重な品種「フィリスコーン」の枝を一週間前に挿し木してみました。そしたら、ご覧の通り、新たな葉(中央の黄緑)が日に日に大きくなっているではありませんか。

 この枝は今年の枝でなく、2年ほど前に生じた枝で今春の新芽より太いです。ですから、今のところ、樹勢がよく栄養を内包しているのでしょう。基本となる土壌は赤玉土とピートモスを混ぜたもので吸水性と通気性に優れています。

 この土壌作りも、30年以上シャクナゲの魅力に取りつかれていても、幾度かの失敗を超え、やっと辿り着いた私が得た自信の土です。というのはこの土壌による八種類のシャクナゲ(日本種2本、西洋種6本)のすべてが今春は調子が良いからです。調子が良い証拠は花が終わった後、新芽がぐんぐん伸びてるからです。

 ところで、このフィリスコーンと命名された西洋シャクナゲは花に抜群の品格が備わってることが特徴であり、色彩は概して白であっても、クリーム色がかっており、中心部に微かな青さをを感じます。西洋シャクナゲ一般に見られるような豪華さのほかに、フィリスコーンには格調の高さが表現されてます。

 実は、広い意味で私の上司でもあった隣のTさんが生前、前の道からこの花を見て「本当に素晴らしい色」と褒めて下さったことが思い出されます。早いもので他界され、1年になります。彼には公私共に56年間、多面に亘りお世話になった方です。コロナ禍にあって、入院されてる病院は立ち入り禁止となり、半年間ほどお見舞いに行けず、最後はお目にかかれなかったことが今でもすごく心残りです。

Img_1891_20210517094201

【拡大してご覧下さい。】

 挿し木については初挑戦である故、いろいろ参考に学びつつ、水分不足にならぬよう注意しながら毎日、観察し続けます。新しい葉の芽には5月中旬の今の季節に小さい赤い虫が付きやすく、葉が食べられてしまいがちです。同時に、半日蔭になるよう、特に強烈な西日が当たらぬよう気をつけます。

 写真の親の石楠花と共に、将来は2本のフィリスコーンが色鮮やかに開花する日を夢見ています。

 

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

卒園式に合わせて「源平しだれ」が咲き誇る

Img_1858
【拡大してご覧ください。】
 
 この「源平しだれ桃」は6年前に次女の長女の誕生記念に植えたものです。ここ数日の暖かさで一気に開花しました。
 
 実は今日は彼女の卒園式です。それを祝福するように紅白に咲きました。生れたときは1カ月ほど私の家で過ごしましたが、早いものでもう6才です。
 
 私は毎日この源平しだれが大きくなり、よく開花するように水を遣ってます。同様に彼女が健やかに成長するよう今後をしっかり見守ります。4月には小学生になるので勉強に健康にそして明るく成長するよう、私は側面から支援するつもりです。
  
 This "Genpei Bicolored Weeping Peach" was planted by me six years ago to commemorate the birth of the second daughter's eldest daughter. It has blossomed all at once due to the warmth of the last few days.
 
 Actually, her graduation ceremony from nursery school will be held today. It is blooming in red and white to celebrate her graduation ceremony. She spent about a month at my home when she was born, but she became already 6 years old.
 
 Every day I water this weeping peach so as to grow and bloom well. Similarly, I will keep my eye on her future to grow up healthy. Since she will be a student in elementary school in April, I will support her studies from the side so as to grow up healthy and cheerful.
 
上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年2月22日 (月)

蜜蜂が来て梅林の様相を呈してきました。

Img_1729
 
 この大きな「白梅しだれ」も埼玉県花園町から「いすゞ117クーペ」のトランクに積んで運びました。もちろん、こんなに大きくないときです。私は花を眺めるのが好きです。これは花梅ですが、実は、実もたくさん生ります。
 
 収穫した梅は長女が梅酒を作るのに慣れていて毎年作ります。一方、枝が広がるので夏の期間は日陰がたくさんできます。現在、5本の梅が咲いており、庭は梅園の様相を呈し、どこからともなく蜜蜂やメジロなど野鳥もたくさん来ます。
 
 最近、私は野鳥のための水飲み場を作りました。昔と異なり、野鳥にとって飲み水がありません。
 
 This big "Weeping white plum" was also carried by me in the trunk of "Isuzu 117 Coupe" from Hanazono Town, Saitama Prefecture, of course, when it's not so big. I like to see flowers. This is a flower plum, but it also bears a lot.
 
 The harvested plums turns to wine every year because the eldest daughter is accustomed to making plum wine. On the other hand, as the branches spread, the shade is made spaciously under the tree, during the summer. Currently, different kind of five plums are in their best, the garden indicates an atmosphere like a plum garden, and many wild birds such as white-eyes including bees come from nowhere.
 
 Unlike in the past, these days, there is not a drinking water for wild birds so that I made a drinking place in the garden.
 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査