カテゴリー「人間の喜びとは」の64件の記事

2022年8月10日 (水)

レース鳩 思い出たくさん 感謝する

P1020028
   
 小学4年から近年まで半世紀以上に亘り飼育していたレース鳩との生活は毎日の餌遣りと舎外訓練で充実してました。
 
 ご存じの通り、広島原爆の日と長崎原爆の日には市長による平和宣言後、たくさんのレース鳩が放され、平和のシンボルとして活躍しました。鳩は嘴も爪も鋭くないことから決して他の動物を襲いません。つまり武器を持っていない鳥です。
 
 特に楽しかった思い出は、私の家で生まれた鳩が中国北西部の内モンゴルまで飛んでしまい、連絡を受けた私は中国語会話をにわかに勉強し、一人でその鳩に会いに行ったことです。北京駅から急行列車で万里の長城の下をくぐり、10時間ほどかかりました。
 
 そして鳩に会え、私がいつもの口笛を吹いたら懐かしそうな顔をして私の顔をじっと目つめていました。この鳩の名は「日中友好号」で、中国の新聞でも紹介されました。
 
 また、英語の勉強を兼ね、イギリスが発行してるレース鳩月刊誌「ピクトリアル」を購読していたところ、表紙を3回飾ったことで誠に嬉しかったです。日本人では私一人です。
 
 一方、高校のマラソン大会では開会式の選手宣誓後に一斉に鳩を飛ばしたことが数回あり、大きな歓声が上がりました。
 
 中でも、涙が出たことが一度あり、それは写真の鳩が日本の最北地「稚内」からの1000K鳩レースで私の住む群馬倉賀野まで帰還し入賞したことです。この鳩の名は「稚内モザイク号」です。
  
 今日・8月10日は鳩の日です。
  
Dear my friends who pray eternal peace
 Since the 4th grade of elementary school to recent years, I have been raising racing pigeons for more than half a century, and my life was fulfilling with daily feeding and outdoor training.
 
 As you know on TV, on Hiroshima Atomic Bomb Day and Nagasaki Atomic Bomb Day, after the peace declaration by the mayor, many racing pigeons were released at the ceremony and played an active role as a symbol of peace. Pigeons never attack other animals because they do not have sharp beaks or claws. De facto, pigeon does not have weapons.
 
 One particularly fun memory was when a pigeon that was born in my home flew and strayed into Inner Mongolia in the northwestern part of China. When I received a letter from pigeon fancier there, I suddenly learned Chinese conversation and went to see my pigeon by myself. It took about 10 hours to go under the Great Wall by express train from Beijing Railway Station.
 
 And then I met the pigeon who stared at me with a nostalgic look when I blew my usual whistle. The name of this pigeon is "Japan-China Friendship Pigeon". She was also introduced in Chinese newspapers.
 
 Also, in order to study English, I was subscribed to "Pictorial", a monthly magazine about racing pigeons published by the United Kingdom, and I was very happy to be on the cover three times. I am the only Japanese.
 
 On the other hand, at the high school marathon competition, there were several times when pigeons were released all at once after the athletes take the oath at the opening ceremony, and there was a big cheer.
 
 Above all, there was one time when I cried, and that was when the pigeons in the photo returned to Kuragano, Gumma prefecture in a pigeon race from "Wakkanai" where is the northernmost place of Japan. The dis tance is 1000 km. She won a prize. The name of this pigeon is "Wakkanai Mosaic".
 
 "Today, August 10th is Pigeon Day."
  
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (0)

2022年8月 6日 (土)

素人が 大きな木を切る 骨折り仕事

Img_3601
 
 今を盛りに咲いてるサルスベリです。毎日、水を根元にたっぷり与えてます。しかし、個人の庭に咲いてることから観賞者は前の道を歩く人のみで、もったいない感じです。
 
 赤く目立ち、枝が四方八方に広がってるので珍しいのでしょう。多くの方は「この樹木は何ですか。」と尋ねます。
 
 ところで、今日の午前中は花桃の木を1本切りました。実生から生えたので色が地味で決断しました。その代わり、源平枝垂れ桃の子供でメンデルの「独立の法則」により、赤い花のみ咲く花桃があるので、今後はそれを大きく育てます。
 
 大きな樹木を素人が切るのは骨が折れ、汗びっしょりになり、作業後、吉井ドリームセンターのお風呂に入ってきました。
 
Dear my friends who like red flower
 It's a crape myrtle that is blooming now. I give plenty of water to the roots every day. However, since it blooms in a private garden, the only people who can see it are people walking along the path in front of the garden, therefore it is a waste due to few viewers.
 
 "It's a conspicuous red, and the branches spread out in all directions, so it must be rare." Many people ask, "What is this tree?"
 
 "By the way, I cut down a flower peach tree this morning." Since it grew from a seedling, the color was plain and I decided to cut down. Instead, there is a red flower peach that is a child of the Genpei bicolored weeping peach, according to Mendel's law of independence, so I will grow it big from now on.
 
 It took a lot of effort for an amateur to cut down a large tree, and I was drenched in sweat. After work, I took a bath at the Yoshii Dream Center.
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

思い出す 吹奏楽部の 夏季合宿 

2
【写真は群馬県中央に聳える子持山。標高1296m. The photograph is Mt. Komochi which rises in the center of Gumma Prefecture. The altitude is 1296m.】
 
 今日は8月5日です。現役時代の昔を思い出すと、この頃は高崎商業・前橋高校の吹奏楽部員50~60名ほどを一人で引き連れ、約1週間の合宿を毎年行いました。
 
 場所はいずれも山岳地帯であり、新潟県・苗場の下山山荘、草津シズカ山スキー場、万場高原荘、妙義少年自然の家、小諸青年の家、そして、写真の子持山中腹にある北毛青年の家などです。
 
 目的はコンクールや群馬音楽センターでの定期演奏会で、スケジュールに従い、一週間、寝食を共にし、文字通り、朝から晩まで音楽漬けの生活で、パート練習、分奏、全体合奏でした。
 
 それでも、夜は歓談の時間を設けたり、時には全員で山の中の川で泳いだり、近くの温泉に入ったり、レクレーションとして御荷鉾山山頂や子持山山頂に登ったこともあります。彼ら彼女らはすでに40~60代の社会のリーダーになってることでしょう。吹奏楽部の同窓会が楽しみです。
 
Dear my friends who like music and training camp
 Today is August 5th. When I think back to when I was active, I used to take 50 to 60 members of the Takasaki High School of Commerce/Maebashi High School wind orchestra club by myself for one-week training camp every year.
 
 The locations are all mountainous areas, including Shimoyama Sanso at Naeba Ski Resort in Niigata prefecture, Kusatsu Shizuka Mountain Ski Resort, Mamba Kogenso, Myogi Shonen natural home, Komoro Youth House, and Hokumoh Youth House on the slopes of Mt. Komochi in the photo.
 
 The purpose is for competitions and annual concerts at the Gumma Music Center. According to the schedule, we sleep and eat together for a week and were literally immersed in music from morning till night, such as part practice, several part playing, and full ensemble.
 
 Even so, we set up the time for chatting together at night, sometimes went to swimming in a river, and bathe at a nearby hot spring together, and even climbed Mt. Mikaboko and Mt. Komochi for recreation. They will have already become leaders of society in their 40s to 60s. I'm looking forward to hold the club reunion.
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (0)

2022年7月25日 (月)

サルスベリ いよいよ情熱 呈してる

Img_3569

 庭の赤いサルスベリがいよいよ七分咲きになり、私に不足する「情熱」を持ちなさい。と教えられてるようです。もしかして、認知症対策には日頃から物事に情熱を持つことかもしれません。情熱とは人生に希望を持つことでしょうか。
 
 お礼に先程、根元の池にたくさん水を与えました。小さな花が固まってるので、推定1万ほどの花が咲いてるでしょう。車と比較してみても枝ぶりの広さがお分かりになると思います。
 
 ところで、早くも7月もあと一週間のみになりました。13日後はもう立秋です。朝晩はいくらか涼しくなるでしょう。

【日本文と英文に多少の差異がございます。】

Dear my friends who are crazy about red flower
 The red crape myrtle in the garden is finally blooming 70 percent, and she seems to teach me "Have a passion" that I lack. Perhaps against senile dementia measurement, we must have passionate in daily life. Is passion a hope in life?

 As a thank her, I gave a lot of water to the pond at the base. Since the small flowers are gathered, an estimated 10,000 flowers will be in bloom now. You can see the size of the branches even if you compare it with the car. Therefore, the shade is wide.


   Not change the subject, but July is only one week left. After 13 days, it is already first day of autumn. It will be a little cooler in the morning and evening and it will become a suitable season to drink draft beer with you in heart.
 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。
   

| | コメント (0)

2022年7月17日 (日)

誕生日に ソプラノサックス 認識新たに

Photo_20220717055301

 昨日、皆さまから誕生日メッセージを賜り心より感謝いたします。一人で生活してても寂しく感じません。

 久しぶりにソプラノサクソフォーンを練習しました。それでも、アンブッシャー【唇付近の感覚】の筋肉はきちんと作用し、指は欲しい音程に自然と動き、腹式呼吸も戻り、17才で始めた始めた感覚は未だ鈍ってないことも分かりました。

 私の場合、クラシックサックスの音色を目指していることから技術を表す本格的な速い現代曲より、あくまで人に音を聴いて戴き、優雅な音色と心の表現を訴えることができればと思ってます。

 毎日、植物の世話や英単語記憶、ピアノ、車の運転など、いろいろ好きなことをしてますが、「私らしさ」に最も合ってることは、この楽器を吹くことと改めて認識しました。

 同時に、呼吸法が基盤なので、健康の観点からもソプラノサクソフォーン演奏は意義深いと感じます。クラシックサクソフォンの世界的名手マルセルミュール(仏)が100歳であったことは有名な話で、これは正しい呼吸法が長寿に作用したと考えられます。

Dear my friends who are crazy about Facebook
 I appreciate you for the birthday message yesterday from remote nations and Japan. Thanks to you, I don't feel lonely even if I live alone.

 I practiced the soprano saxophone yesterday after a long interval. Even so, I found that the muscles of the ambusher [sense near the lips] worked properly, the fingers moved naturally to my desired pitch, the abdominal breathing returned, and the sensation that I started at the age of 17 was not dull yet.

 In my case, since I am aiming for a classical saxophone tone quality, I would like to have people listen to the real sound rather than a full-fledged swift contemporary music that expresses the technique, and appeal with the refined tone quality and the expression from my heart.

 Every day, I entertained various matters I like, such as taking care of plants, memorizing English words, playing the piano, driving a car, etc., but yesterday, I realized again that the most suitable thing for "my personality" is to play this instrument.

 At the same time, since the breathing method is the basis to play this instrument, I feel that playing the soprano saxophone is significant from the viewpoint of health. It is a famous story that Marcel Mule (France) who was a world-famous classical saxophone player, was 100 years old, therefore it is thought that the correct breathing method affected healthy longevity.

 
※For the Japanese people 上の英文をネイティヴの発音で聴くには、英文をドラッグして、コピーし、左サイドの「英文をネイティヴの発音で聴く」に貼り付けてください。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。 
        

| | コメント (4)

2022年7月 8日 (金)

これからは ユリの品種に 挑戦です

Img_3526 Img_3527
 
 6月から7月にかけて色彩を充分に楽しませてくれたユリたちも、そろそろ終わりに近づき、力の限り良い香りを玄関前に放っています。最初に咲いた黄色はすでに咲き終わりました。
 
 特に白いユリは香りが強いので、嗅覚の鋭い昆虫を遠方から惹きつけるのでしょう。ご覧のように、雄蕊の粉が花弁についてるので昆虫が来た証です。
 
 一方、赤いユリは八重で豪華です。時々夜中に強い雨が降るので、玄関の前の屋根のあるところに3つの鉢を置いておきます。
 
 多年草のユリは球根ですから、私が何をしなくても毎年この時季に開花します。秋になったら異なる種類も植えたいです。
 
 植物は、私たち人間が生きる上で大切な希望や期待感を持たせてくれます。私も目や鼻の健康に留意し、もっと五感を研ぎ澄ませたいです。
 
Dear my friends who are beautiful like a lily
 The lilies which entertained me with the colors from June to July, are nearing the end and are giving off a powerful scent in front of the entrance. The yellow lily that bloomed first has already ended to bloom.
 
 The white lily has a strong scent still now, so it will attract insects with a sharp sense of smell from a distance. As you can see, the stamen powder is attached to the petals, which is a sign that insects have arrived I guess.
 
 On the other hand, the red lily is double petals so that luxurious. Sometimes it rains heavily in the midnight, so I put three pots under the roof in front of the entrance.
 
 The perennial lily is raised by a bulb, so it blooms every year at this time without any my action. I will plant different types of lily in the next fall.
 
 Generally plants give hopes and expectations for human's living. I will also pay attention to the health of eyes and nose and sharpen my five senses.
  
※For the Japanese people
 上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (2)

ふと出会う ネパール女性と 橋の上 

Img_1048_20220708043501
 
 人間の気持ちは環境に支配されやすく、特に私はその傾向が強いようです。
 
 この写真のような人間専用の橋は安全で、ついある程度のスピードで景色を堪能しつつ300m程を一気に渡ります。下の川は烏川です。
 
 先日は、向こうから一人の外国女性が明るいスポーツウエア―でウォーキングしてきたので、つい声を掛けました。
 
 何となく通じると思い、アップカーハンセーアーターハイ【お国はどちらですか。】とヒンディー語で訊きましたら、案の定、通じて、ネパールから来て、現在、倉賀野にいると言われました。その後、やり取りは英語になり、私もカトマンズに行き、雪に覆われたヒマラヤ山脈を見て感銘しましたと伝えました。彼女は喜んでました。
 
 偶然の出会いでも、外国の方との交流は本当に楽しく感じます。
 
Dear my friends who like interacting with foreigners
 Human feelings are easily dominated by the environment, especially for me.
 
 The human-only bridge like this picture is safe in traffic, and I could cross about 300m at a stretch at a certain speed while enjoying the scenery. This pedestrian bridge is over the Karasu River.
 
 The other day, when I walked here, a foreign woman walked from the opposite side with a bright sportwear, so I talked to her.

I thought she could somehow understand Hindi, so when I asked Up kar Hanse Artar Hai that means where are you from? She was told, as expected, that she came from Nepal and is now in Kuragano-town. After that, our language changed into English, and I told her that I was deeply impressed by going to Kathmandu and seeing the snow-covered Himalayas. She was happy to hear that.
 
 Even if we met by chance on the pedestrian bridge, I really enjoyed interacting with foreigners.

※For the Japanese people
 上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年6月22日 (水)

目立ちます 大きな黄色の ハイビスカス  

Img_3479
  
 どこを探しても、こんなに大きな大輪ハイビスカスは見当たりません。直径12cmほどです。しかも、色もあまり見当たらない薄い黄色です。今日は風が吹いてるので、風当たりがよく揺れています。
 
 遠方からもよく目立つので、まるでオーケストラの第一バイオリンのようです。大勢の人の前で、自由に思いっきり、主役として心情を表現できることはハイビスカスにとっても人間にとっても、最も幸せなことです。
  
 私もこれから、自らをいろいろ表現できる人生を送りたいものです。
  
Dear my facebook friends who are crazy about beauty
 No matter where I look, it difficult to find such a large hibiscus. It is 10 cm or more in diameter. Moreover, it is a pale yellow color that is rarely seen. The wind is blowing today, so the wind is shaking her well.
 
 It stands out even from a distance, so she looks like the first violinist in the symphony orchestra. It is the happiest way of living for both hibiscus and human beings to be able to express their feelings as the protagonist in front of many audience.
 
 I'd like to be a splendid life that I can express myself in various ways including music performance and denying living alone.
【日本文と英文内容に多少の差異がございます。】 
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (0)

2022年5月29日 (日)

不自然な 一人の暮らし 解放し  

285007198_4992278517561841_7317950063913
  
 昨夜は娘の家で久しぶりに過ごし、今朝帰宅しました。やはり、家族と色々話しながらの一杯ほど楽しいことはありません。
  
 しかも、秋田犬2頭と共にです。青い車も元気で埼玉~群馬間を往復しました。ドライブセレクトをダイナミックにして走り、コントラバスが加わったような低音の響きを味わいつつの運転です。
  
 途中の景色もよく、これからラジオ体操会に行ってきます。
  
Dear my friends who like calisthenics and chatting.
 Last night, I spent at my daughter's family after a long lime and returned home this morning. After all, there is nothing more fun than having a drink while talking with my relatives.
  
 Moreover, I spent with two Japanese Akita dogs. The blue car also made a round trip between Saitama and Gumma prefectures. It was a driving that made the drive select dynamic and tasted the low-pitched sound like the addition of a contrabass.
  
 This morning, the scenery on the way back is clear up and it is really sunny. I'm going to a radio calisthenics session from now on.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年5月28日 (土)

勉強は 将来のためより 今のため  

Img_3390
    
 現役時代によく通った高崎の「すすき野」という飲み屋さんに貼ってあった言葉「一生勉強、一生青春」は、今でもその通りと感じてます。
  
 子供の頃、勉強とは大人になれば要らないと思ってましたが、とんでもありません。大人になるほど「将来のためより、今のために」勉強の必要性を実感してます。
  
 人生とは、その第3コーナーから第4コーナーにかけて、常に生活全般、経済、健康法、人間関係、仕事、趣味などで、いかなる時も、より良い判断が迫られ、自ら答えを出さなくてはなりません。そして、「毎日が楽しく、賢い人生の舞台」にしたいものです。
  
 現在、私が生き方の教科書として講読してる2冊は「プレジデント」及び英文でも読める「天声人語」です。特にプレジデントは月に2回発行され、自宅に配達されてきます。中身は各界トップによって述べられてる人生後半の生き方、出会いの広がり、見聞、介護、気力、など誰にも共通するものです。
  
 一方、天声人語は時事問題を通して、時代に遅れないようにしてます。同時に、私は英語の語彙を広げたり、英作文とは英借文であるとの考えで、表現法を真似てます。つまり、学習とは「模倣から創造への過程」と考えてます。
  
Dear my friends who are crazy about reading and way of expression
 I still feel that the saying is correct "If we study through lifetime, we are young during lifetime" that was affixed to a tavern named "Susukino" in Takasaki-city, which I used to go when I was active.
  
 When I was a kid, I thought that studying would be unnecessary when I become an adult, but it's ridiculous. As I grow older, I realize the need to study "For the present rather than for the future."
  
 In our life, from the 3rd to the 4th corner, we have to draw out the answer, regarding the economy, way of health, relationships, work, hobbies, etc. At any time, we have to make better decisions. And we should make the life "every day a fun and a wise stage".
  
 Currently, the two books I subscribe to as textbooks on how to live are "President" and "Tensei Jingo" which can be read in English. In particular, the "President is issued twice a month and delivered to my home directly. The contents are common to everyone, such as the way of latter half of life, the spread of encounters, extensive knowledge, nursing, and willpower, which are described by the top executives in various fields.
 
 On the other hand, "Tensei Jingo" which means VOX POPULI, VOX DEI in Latin keeps up with the times through current affairs. At the same time, in order to broaden my English vocabulary, I am imitating the expression method, thinking that English composition is to imitate the English sentences written by native. In other words, learning is the process from imitation to creation.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査