フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「人間の喜びとは」の164件の記事

2024年4月11日 (木)

吉井ドリームセンターへTTクワトロを走らせる

166096427_3690299931093046_5581793001054
 
 今日の午後、暫くぶりに吉井町の「牛伏ドリームセンター」へ行き、お風呂に入って来ました。入浴料金200円は今のご時世では安いです。家から30分程のドライブなので、車の調整にも程よい距離です。道路はすべてよく、扁平率35%は路面を掴むように安定して走ります。
 
 以前のように、途中で鹿に遭遇するかと期待しましたが、今日は出ませんでした。その代わり、ここドリームセンターは桜の名所で満開です。また、浴槽から眺める牛伏山も桜がたくさん咲いてます。桜を眺めながらのお風呂は幸せです。
 
Dear my friends abroad
 This afternoon, I went to Ushibuse Dream Center in Yoshii-town for the first time in a while and took a bath. The bathing fee of 200 yen is cheap in this days. It's about a 30 minute drive from my house, so it's a good distance for getting the car adjusted. All roads are good, and the 35% flatness allows it to run stably as if gripping the road surface.
 
 I was hoping that I would encounter deer on the way like before, but I didn't see any deer today. Instead, Dream Center is a famous spot for cherry blossoms in full bloom. Also, there are many cherry blossoms on Mt. Ushibuse that we can see from the bathtub here. Taking a bath while looking at the cherry blossoms makes me happy.
 
上の英文を聞くには英文をコピーし→ https://ttsreader.com/ja/...
 

2024年4月 5日 (金)

花は人間のために、それとも、昆虫や野鳥のためにあるのか

Img_5839
 
 今日は幾分かひんやりしてますが、ここ数日の温かさで蕾が一気に開花し、まるで、楽しくおしゃべりしてるかの如くで、華やいだ雰囲気です。これはサイネリアです。私は前の道を通る人のために室外で育ててますが、雨の日には室内に入れます。そうすると一人暮らしで侘しく生活してる私の生活をパッと明るくしてくれます。
 
 こう考えると私には花がなくては、生きられないかもしれません。おっと、生きられないと言えば、音楽もなければ生きられません。私の場合、音楽で感銘するのは先ず、旋律が素晴らしいことです。それと共に、良く作曲された対位法で、べト八の第2楽章のように緻密に設計された対位法の美に胸を打たれます。同様に音楽で感銘するのは演奏家の奏でる音色です。
 
 話しは変わりますが、毎日、近くのスーパーに食材の買い物に行きます。この時、他の客の邪魔にならない程度に、レジの女性と必ず一言話をしてます。これが日常生活での唯一の楽しみで、この世には女性がいるので本当に有難いです。このサイネリアも私にとって誠に明るい女性に見えます。
 
Dear my friends abroad
 It's a little cool today, but the warmth of the past few days has caused the buds to bloom all at once, creating a gorgeous atmosphere, as if they were having fun and chatting. This flower's name is cineraria. I raise it outside for people passing by, but on rainy days I bring it inside. When I bring it inside, my life, which is lonely and lonely, suddenly becomes brighter.
 
 When I think it this way, I may not be able to live without flowers. Oh, speaking of not being able to live, I can't live without music. In my case, the first thing that impresses me in music is a masterpiece with a great melody. At the same time, it is a well-composed counterpoint, therefore I am moved by the beauty of the precisely designed counterpoint. For instance, as in the second movement of Beethoven's 8 symphony. Similarly, what impresses me about music is the tone quality played by the musicians.
 
 This is a different topic, but I go shopping for ingredients at a nearby supermarket every day. At this time, I make sure to have a word with the lady at the cash register without disturbing other customers. This is the only joy I have in my daily life, and I am truly grateful that there are ladies in this world. This cineraria also looks like a bright lady to me.
 

2024年4月 1日 (月)

いよいよ新年度がスタート・・・夢を持ちましょう。

Img_5809
  
 今日4月1日から新年度です。小中高生は進級し、クラス替えもあり、新たな友達、新たな担任、新たな教科担任との出会いなど新たな事づくめです。
 
 一方、学校を卒業し、今日から会社勤めになる人もいます。今までの友達付き合いから、今度は年齢の異なる人との交流になり、全く今までの環境と変わります。転勤になる人は、今までと先ず通勤路が変わり、職場環境はもちろん、人との出会いなど新たなことだらけです。これを機会に心機一転し、新たな目標に向かって前進です。
 
 また、退職した人は今日から生活が一変します。すべてに於いて自己管理となり、大きなことは今月から給料が来ません。経済と健康は生活の基盤ですから、計画性ある生活を心掛ける必要があります。と言っても、時間が生まれるので今まで出来なかった大きな「夢の実現」というチャンスが到来です。
 
 という私も、年齢を重ねつつあり、新たな気持ちで今年度を過ごさなくてはなりません。今年度は地区の役員(上四地区会計監査)を仰せつかったことから、地区の方々との交流を一層密にします。個人的には、学生時代のように、如何に「記憶力を増進」させるかチャレンジします。また、ピアノでモーツアルトなど新たな曲に挑戦し、ピアノを弾く時間を増やします。でも、聴いてくれる人がいないので困ります。これは迫り来る認知症対策です。このように、多くの人にとって「今日は人生の節目の日です。」
 
Dear my friends abroad
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
.........................
 The new fiscal and academic year starts today in Japan as different from your nation. April 1st. Elementary, junior high, and senior high school students advance to higher grades, change classes, and have new experiences such as meeting new friends, new homeroom teacher, and new subject teachers.
 
 On the other hand, some people graduated from school or university and start working at a company today. From the friendships you had before, you will now be interacting with people of different ages so that the environment will be completely different. For those who are transferred, there are many new things to do, such as a change in commuting route, a new work environment, and new opportunities to meet new people. They will take this opportunity to make a fresh start and move forward toward new purposes.
 
 Also, if you retired the company, your live will change completely from today. Everything will be self-managed, and one of the most big thing is that your salary doesn't come from this month. Economy and health are the foundation of life, so you need to keep a well-planned lifestyle in mind. That being said, now that you have plenty of time, you will have the opportunity to make a big dream come true that you have never been able to do before.
 
 I am also getting older, and I have to spend this academic year with a new mindset. This year, as I have been appointed as a district officer (the Kami-4th district accounting auditor), I will be working more closely with the people of the district. Personally, I am trying to strengthen to "improve my memory of English new words and phrases" like I did when I was a student. I will also try to play new pieces such as Mozart works by the piano and increase the amount of time for playing the piano. But I'm in trouble because there's no one to listen to my performance. These are cures against senile dementia for me in advance. For many people, today is a turning point in their lives.
 
 

2024年3月27日 (水)

上毛新聞「ひろば」に掲載を祝う

Photo_20240327155901
【クリックし、拡大すると画像が明瞭になります。】
  
 今宵は友人【昨日、上毛新聞ひろばに掲載された方】と暫くぶりに一杯やることになってます。投稿文が掲載されたお祝いを兼ねます。
 
 このため、私は体調を整えたり、ビールが美味しくなるように、先程「吉井ドリームセンター」のお風呂に入って来ました。当初、客は誰もいなくて広い浴槽を独り占めで、窓から「牛伏山」を眺めつつ温まりました。
 
 ところで、写真は牛伏山山頂から見た高崎市です。平素気づきませんが、高い位置から見ると、高崎市街地は周囲を武尊山(雪を被った正面の山)、赤城山、榛名山、観音丘陵などに囲まれてる場所であることが分かります。東京から来た新幹線はここで分岐し、正面に向かうと新潟へ、左に向かうと長野や金沢方面です。
 
 今宵は「今年度、最後の飲み会」です。毎晩、寂しい孤食のため、また、二次会へは行かないので今宵はお許しください。
 
Dear my overseas friends
 Tonight I'm going to have a drink after a long interval with my friend who was featured in Jomo Newspaper Hiroba yesterday. It also serves as a celebration that his post has been published.
 
 For this reason, I went to the day-spa at the Yoshii Dream Center to keep myself in shape and to make the beer taste better. At first, there were no guests in the bath, so I was alone in the large bathtub and warmed up while looking up at Mt. Ushibuse from the window.
 
 By the way, the photo is Takasaki City seen from the top of Mt. Ushibuse. I don't usually notice it, but when looking at Takasaki-city from a high position, Takasaki-city area is surrounded by Mt. Hotaka (the snow-covered mountain in front), Mt. Akagi, Mt. Haruna, and Kannon-Hills. The Shinkansen bullet train from Tokyo branches here, heading straight towards Niigata and heading left towards Nagano and Kanazawa.
 
 Tonight is "the last drinking party of this academic year." As you know, I eat lonely every night, so I won't be going to the second-party, so please forgive me tonight.
 

2024年3月22日 (金)

一人暮らしでも、孤独とは限らない

Img_5781
【画像をクリックすると、私の庭で雪柳を見ているようです。】
  
 有難いことに、フェイスブックや17年前に始めたブログ発信により、「20年間、一人暮らしでも孤独でない感覚」で日々過ごしており、お陰で良い時代に生きてます。
 
 SNSと言われるこれらの手段により、日本人はもとより、考えられないほど遠くにお住いの外国人に至るまで、また、お会いしたことがある人から、多くの場合、むしろお会いしたことのない人まで、瞬時に交流できる時代に生きてます。一昔前では考えられない時代です。このため、多くの皆さんと繋がってる感覚がとても幸せに感じます。
 
 人生の第4コーナーに差し掛かった今頃になり、昔のようにテストのための英語から脱皮し、今では「外国の方に自らの考えや感想を伝える英作文」を行わない日はありません。
 
 何せ、発信すると瞬時に地球上の隅々まで届きます。そのうち日本語が通じる人は2%で、後の98%の方には日本語で書いても理解されません。その点、英語は誠に素晴らしい表現手段です。内容は、私の好きな音楽のことから、植物のことから、天体のこと、そして、健康から人生に至るまで、何にでも通じる言語です。
 
 英文で書くときの基本は、高校時代に習った「五文型」に当て嵌まっているか確認してます。ご存じの通り、英文の語順は概して日本語と逆で、最初に結論を言い、後からそれを説明したり修飾したりします。また、名詞は単数か複数をはっきりさせ、そのため、前にはa、an、theが付きます。動詞では、過去か、現在か、未来か、完了かを明確にしてます。
 
 このため、寝ても覚めても「これを英語で何と言うか」また、日常生活で必要な「英単語」を使えるように記憶する方法を模索中です。それには「決してローマ字読みをせず、声に出して正しく発音する」ことが、脳に効果的に定着すると感じてます。気持ちとしては、外国に住んでる状態に近くなります。
 
Dear my friends abroad
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
.......................
 Thanks to Facebook and the weblog I started 17 years ago, I have been able to spend my days feeling like I'm not alone even though I've been living alone for 20 years, and thanks to that, I'm living in a good time.
 
 Through these SNS, it is possible for me to connect not only Japanese people but also foreigners who live unimaginably far away, as well as people I have met and, in many cases, people I have never met. We live in an era where we can communicate instantly each other. These are times that would have been unimaginable than before. Because of this circumstance, I feel very happy to be connected to so many people in the world.
 
 As your imagination, now I am approaching the fourth corner of the life, I have moved away from using English for test as I used to in school age, and now I write English compositions to convey my thoughts and impressions to people throughout the world.
 
 After all, when I send a message, it instantly reaches every corner of the earth. But, only 2% of them can understand Japanese, and the remaining 98% will not understand if I write in Japanese. In that respect, English is truly a wonderful means of expression. The contents can be used for anything from my favorite music, plants, celestial bodies, health to life.
 
 When writing in English, I make sure that the basics is "Five Sentence Patterns" that I learned in high school. As you know, the word order in English sentences is generally the opposite of that in Japanese. State the conclusion first, then explain or qualify it later. Nouns should be made it clear whether they are singular or plural, so that a, an, or the are preceded. Verbs specify whether they are in the past, present, future, or present perfect form.
 
 For this reason, whether I'm awake or asleep, I'm always thinking, "How do I say this Japanese in English? and I'm trying to find a way to memorize the "English words which I must use in daily life. I feel more effective that saying it loud and pronouncing correctly will help it stick in my brain. The feeling is almost like living in a foreign country.
 
 

2024年3月13日 (水)

埼玉県花園町で、珍しく「衝動買い」

Img_5733
【クリックし拡大すると、ピントが合います。】
 
 今年の三月は例年に比較して、寒冷に感じますが、皆さんの地方では如何でしょうか。昨日は、植木で有名な埼玉県花園町までドライブし、ご覧の白い花の馬酔木(アセビ)を衝動買いしてきました。
 
 この姿を見た瞬間、花の白さと葉の緑とのバランス、そして、未だ小さい樹木でも、樹形の良さに惹きつけられ、内心「私の庭で大きくなりなさい」と、迷うことなくゲットしました。
 
 この馬酔木の一番の魅力は「色彩と樹形のバランス」です。
 
 一方、バランスと言えば、私たちが健康的な生活を送るにも、静【休憩】と動【運動】のバランスが必要であり、特に、食事では偏らない栄養バランス。また、私の好きな音楽の分野でも、バランスは美の中心であり、明るくリズミカルな楽曲も楽しく、一方、これでもかと悲しくなるゆっくりした旋律や優美な旋律にも心が惹きつけられます。私にとって、グリーク作曲「ソルベーグの歌」のように、生涯において心の虜になるものもあります。
  
 ところで、寒い中にあっても、庭は次第に色彩豊かになりつつあり、私の目標である「庭全体をキャンパスにする構想」に年々近づいてます。現在の庭は、写真と対になるピンクのアセビ、枝垂れ花梅、君子蘭たち、黄色いルピナス、ピンクのシャクナゲの一部、真っ白い雪柳などで、そろそろ開花する植物はハクモクレン、枝垂れレンギョウなどです。お近くの方は花見にいらして下さい。お茶とピアノ演奏付きです。
 
    
Dear my overseas friends who like plants and western classical music
 March this year is colder than usual, but how is it in your region? Yesterday, I drove to Hanazono-town, Saitama Prefecture, which is very famous for its plants, and I bought the white-flowered Japanese andromeda by impulsive-buying, as you see in the photo.
  
 The moment I saw this plant at the shop, I was fascinated with the balance between the whiteness of the flowers and the greenness of the leaves, as well as the good shape of the tree. Even though she is still small, and I think to myself without hesitation "You should grow in my garden".
 
 The most attractive feature of this Japanese andromeda is her "balance of color and shape."
 
 On the other hand, speaking of balance, in order for us to live a healthy life, we need a balance between static (rest) and dynamic (exercise). And in particular, a nutritional balance that is not biased when it comes to meals. Also, in the field of music that I like, balance is the core of beauty, and bright and rhythmic music is fun, I am also attracted to slow melodies and graceful melodies that are even slightly sad. I was attracted and captivated throughout my life, like Grieg's `Solbeig's Song''.
 
 By the way, even though it's cold now, the garden is gradually becoming more colorful, and year to year my garden is getting closer to my purpose like a campus. In the current garden, there are pink Japanese andromeda, weeping plums, kaffir lilies, yellow lupines, some pink rhododendrons, pure white spirea, and plants that are about to bloom include white magnolia and weeping forsythia. If you are nearby including NZ, please come and appreciate the blossoms. Tea and piano performance are available as usual.
 

2024年3月10日 (日)

早くも春節から1ヶ月が経過・・・このため今宵は新月

Img_5724
 
 今朝の群馬県では、久しぶりに日の出が見えました。時間は6時02分です。今日は風もなく穏やかなので、珍しく春らしい一日になりそうです。また、今日は旧暦で2月1日ですから、中国では春節から1ヶ月が経ちます。
 
 実は、私は中国には仲良くして戴いた友人が二人いるので、彼らのことを忘れることができません。一人は天津の日本語学校の女性の先生で、最初は日本でお会いしました。当時私は富岡高校に勤務してましたら、彼女は私の音楽の授業を見たいとのことで、参観して戴いたことがあります。彼女が音楽室に入って来たとき、私はピアノで、先ず、中国国歌を弾いて歓迎したことがあります。
 
 その後、私の鳩が中国内モンゴルへ飛んで行ってしまったとき、私はその鳩に会いに行くことになりました。でも、中国語が分からないので、事前に彼女に手紙で「通訳してください」とお願いしたところ、快く通訳を引き受けてくださるとの連絡を戴き、北京空港で彼女と再会し、急行列車で12時間もかかった遠い内モンゴルまで一緒に行っていただき、道中と現地でずっと通訳して戴きました。
 
 その後、数年して彼女は再来日され、私は群馬県の谷川岳・天神平にお連れしたことがあります。
 
 もう一人は日本から飛んで行ってしまった私の鳩を飼っていてくださったCさんで、現地で1週間ほど移動式家屋パオの中で楽しく交流できました。お二人ともお元気でいるでしょうか。
 
Dear my friends abroad who like international exchange
 This morning in Gumma Prefecture, I saw the sunrise after a long interval. The time was 6:02. Today is calm and windless, so it looks like it's going to be a rare springlike day. Also, today is February 1st according to the lunar calendar, so one month has passed since the Spring Festival in China.
 
 Actually, I have two good friends in China, so I can't forget them. One is a lady teacher who works at a Japanese language school in Tianjin-city, and we first met in Japan. At the time, I was working at Tomioka High School. At that time, she wanted to see my music class, so I agreed to her coming to see my class. When she came into the music room, first of all, I welcomed her by playing the Chinese national anthem by the piano.
 
 Several years later, when my pigeon flew away to Inner Mongolia, China, I decided to go and see it. However, since I don't understand Chinese, I wrote a letter to her in advance and asked her to translate for me. She informed me that she would be happy to help me, so we met again at the Beijing airport, and took the express train to the railway station in Inner Mongolia by 12 hours. She traveled with me to Inner Mongolia, which took a long time, and translated for me both on the way and in inner Mongolia.
 
 A few years later, she returned to Japan, so that I took her to Mt. Tanigawa and Tenjindaira in Gumma Prefecture.
 
 The other person was Mr. C, who took care of my pigeons that had flown away from my loft in Japan, and I was able to enjoy interacting with his family in a mobile tent for about a week. I hope they both are doing well.
 

2024年3月 2日 (土)

私の趣味の一つは、部屋の模様替え

Img_5432_20240302161201
 
 2ヶ月ほど前に自称「インドの間」を模様替えしてから、部屋の使い勝手が良くなり、部屋が広くなった感じです。20代の若き日にインドで描いた油絵「ビクトリアメモリアル」や象の行進を見つつ、ピアノを弾くと気持ちも若くいられます。
 
 最近は、速い曲より、しみじみ音色を味わうように、言い換えれば、声楽のように音色を求め、また、無限の和声の響き、対位法の動きを味わいつつ弾くようになってます。
 
 写真では、ちょっと見えませんが、天井はアーチになってるので響は意外と豊かです。このため、弾き手の私は上手でなくても音色が味わえます。ピアノを弾きたい方、歌を歌いたい方はこの部屋で響きを確かめてください。
 

Dear my friends who are crazy about western classical music
 Since I redecorated self-proclaimed "India Room" about two months ago, the room has become more usable and feels more spacious. I feel young when I play the piano while looking at the "Victoria Memorial" oil painting that I painted in India at Calcutta-city in my 20s and the elephant procession.
 
 Lately, I am enjoying tones quality deeply and quietly rather than fast music, or in other words, I've started to seek out the tones like vocal music and the infinite harmonic resonance and the movement of counterpoint.
 
 Although you can't really see it in the photo, the ceiling is arched, so the sound is rich than imagination. For this reason, I enjoy the tone quality even if I am not a good player. If you want to play the piano or sing, please try tone quality in this room without hesitation. Parking lot is available.
 

2024年2月18日 (日)

自然との一体感ある生活をめざしたい

Img_5647
Tttt
 
 先日、庭で紅梅をカメラに収めていたら、偶然にも6日目の上弦の月が映ってました。花にピントを合わせたので月がぼやけてます。一方、昨日、白梅を撮ったら鳥も来ていました。そして、春風も穏やかにそよそよと吹いてます。
 
 これらを総合すると、風流な対象として眺められる自然界の景観となり、これは昔から言われる「花鳥風月」そのものです。これこそ「人間の心が落ち着く自然の姿」でしょう。
 
 それでも、実際には、水が飲めるよう設備を施し、日々、新鮮な水に取り換えてます。このため、毎日、庭に野鳥が飛来し、ピーチクパーチク良い声を聞かせてくれます。
 
 これからの日々は植物による光合成に感謝し、自然との一体感と共に、快い音楽ある生活を大切にして生きたい。
 
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
.......................
 The other day, when I took a picture the red plum blossoms in my garden, I happened to see the waxing moon of the 6th day in the photo. The moon is blurred because I focused on the flowers. On the other hand, when I took a picture of white plum blossoms yesterday, a birds was on the branch. And the spring breeze is blowing gently.
 
 When we put all these natural things together, we get a landscape of the natural world that can be viewed as an elegant object, and this is exactly what has been said since ancient times about "flowers, birds, wind, and the moon." This is the image of real nature that calms the human spirit as well.
 
 However, in reality, I have installed facilities to make the water drinkable and replace it with fresh water every day. For this reason, wild birds fly into the garden every day, and I can hear their beautiful voices.
 
 In the near future, I want to live my life with gratitude for photosynthesis by plants that produce indispensable oxygen for humans, a sense of unity with nature, and a life filled with pleasant music.
 

2024年2月15日 (木)

さあ、お考え下さい。

Pc
【写真をクリックすると、ピントが合います。】
 
 写真の二本の樹木は生後3年ほど経過した幼木です。ご覧のように幹がカーブしてます。これは生後1年のとき人工的に曲げ、それを暫く紐で縛っておき、1年後に紐を解きます。枝が垂れてるのは樹木の本来の性質で、いわゆる枝垂れです。2本は全く異なる種類ですが、どちらも花が咲く樹木で、片方が八重の枝垂れ桜で、もう片方が源平枝垂れ桃です。
 
 前述の通り、人工的にこのような形にしたもので、今後はこの姿のまま高さ3メートルほどに成長し、4月にはどちらも八重の花が咲きます。
 
 実は、この2本の幼木のうち、一方はプロの園芸士がこのような形にしたものですが、片方はアマチュアの私が見よう見まねでこの形にしました。植木鉢に植えたのは両方とも私です。数年後には2m以上に成長し、見事な花をたくさん咲かせると期待してます。
 
 「さて、ここで問題です。」どちらがプロの園芸士が作ったもので、どちらが植木の好きな私が作ったものでしょうか。ぜひ、コメント欄にご自身のお考えを述べてください。答えは後ほどお知らせ致します。
 
Dear my overseas friends who like flowering tree
 The two trees in the photo are young trees that are about three years old. As you can see, both trunks are curved. This is artificially bent when the tree is one year old, by tied with a string for a while, and then untied after one year. It is a natural property of trees that their branches droop. The two trees are completely different species, but both are flowering trees. One side is a double weeping cherry tree and the other side is a bicolored weeping peach tree. 
 
 As I mentioned above, they were artificially bent like a snake, and they will continue to grow to a height of about 3 meters in the future, and double flowers will bloom in April, I guess.
 
 Actually, of these two young trees, one was bent like this shape by a professional gardener, but the other was shaped like this by me who is an amateur by imitation. Recently, I planted both in the flower pots. In a few years, I can expect it to grow over 2 meters tall and produce many beautiful flowers beyond description.
 
 "Now, here's the question." Which one was made by a professional gardener, and which one was made by me who love plants? Please feel free to share your thoughts in the comments section. I will let you know the answer later.
 
   

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー