フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「野鳥の楽園」の4件の記事

2024年4月12日 (金)

庭に飛来する野鳥は家族

Fs
156050201_3616751815114525_8209265847371Photo_20240412040901
 
 庭の花梅や花桃が開花するとシジュウカラやメジロなど小さな野鳥が蜜を吸いにやって来ます。花は下向きのものもあることから、その場合は逆さまになって蜜を吸い、花から花へ機敏に移動します。
 
 写真上のキジバトが蜜を吸う姿は見られず、こちらは地面に降りて落ちてる自然のものを拾って食べてます。水は私が用意したものを飲み、天気の良い日には時々その飲水器に入って気持ちよさそうに水浴します。水浴すると水が汚れるので、その後、新たな水に入れ替えておきます。
 
 習性として必ずペアで来るので羨ましい限りです。羽色はレース鳩のように多種多様でなく、ご覧の通り、統一された保護色のみで、これは猛禽類など天敵から見つかり難い羽色と考えられます。
 
 鳴き方はオスのみポポッポッポ―、ポポッポッポ―の繰り返しです。巣は常緑樹の中で外部から見えない所に作り、現在、産卵~子育ての季節です。庭に野鳥たちが飛来する光景ほど平和な姿はありません。
 
 Dear my overseas friends including staying in our nation
When the plum and peach bloom in the garden, small wild birds such as tits and white-eyes come to suck nectar. Some flowers face downwards, so in that case they turn upside down to suck nectar and move nimbly from flower to flower.
 
 The turtledove in the photo cannot be seen sucking nectar; instead, they go down to the ground and picks up fallen natural foods to eat. They drink water that I have prepared for them, and on sunny days they sometimes take a bath in the drinking fountain. The water gets dirty after bathing, so I replace it with fresh water afterward.
 
 I feel jealous because they always come in pairs as a habit. Their plumage colors are not as diverse as racing pigeons, but as you can see, they only have a uniform protective color which is thought that it is difficult to be found by natural predators such as birds of prey.
 
 Only males sing a repeating popo-popoh-popo-popoh. The nest is built in an invisible place in an evergreen tree, and it is currently the season for laying eggs and raising chicks. There is nothing more peaceful than seeing wild birds flying into the garden.
 

2024年3月 6日 (水)

番で飛来するメジロに心和む

1236_20240307071001

【画像を拡大してご覧ください。】

 庭には背の高い植物がたくさん植えてあるので、日中は小さな野鳥が入れ代わり立ち代わり訪れ、その軽快な動きと共にピーチクパーチク元気な鳴き声が聞こえます。特に、今の季節は梅の花の蜜を吸いにメジロなどが飛来します。
 
 一方、ヒヨドリ、山鳩などは私が用意した「飲み水」で喉を潤す姿が見られ、1日経つと水が半分ほどに減ってます。私が観察してないときにも時々来てることが分かります。このため、私の日課として、毎日、新たな水に交換しておきます。
 
 現在、私は犬も、猫も、また、長い間飼育してたレース鳩もいないので、毎日、目にするのは庭にやって来る野鳥だけです。しかし、厳しいようですが、水のみ与え、餌は与えません。彼らの生態系維持のためにも餌は自ら探してもらいます。

Img_5070
 
 ところで、野鳥を観察してると不思議なことに気づきます。それは野鳥は1羽で来ることは先ずありません。必ず、仲間と飛来してきます。私の想像では、仲間と一緒にいることが一早く天敵の発見に繋がり、互いに危険を知らせる習性があると考えられます。長い年月の間に、彼らが習得した一つの生きる方法なのでしょう。
 
 特に、小さなメジロは必ず2羽で行動してます。1羽を見つけると1~2mほど離れた所にもう1羽がおり、1羽が飛び立つともう一羽も続いて飛び立ちます。おそらく、カップルで行動していると考えられ、一人暮らしの私は羨ましくも感じます。
 
Dear my overseas friends who are interested in wild birds
 There are many tall plants in the garden, so small wild birds come and go during the day, and I can see their nimble movements and hear their cheerful chirping. Especially in this season, I can see white-eyes sucking nectar from plum blossom.
 
 On the other hand, bulbuls, turtledoves, and other birds were seen quenching their throats with the drinking water I prepared, and after a day, the amount of water was reduced to about half. I find that they sometimes come even when I'm not observing them. For this reason, my daily routine is to replace with fresh water every day.
 
 Currently, I don't have a dog, a cat, or the racing pigeons that I had been keeping for a half century, so the only living things I see every day are the wild birds that come into my garden. However, although it may seem to be harsh, I only give water and no food. In order to maintain their ecosystem, I ask them in my heart to find their own food.
 
 By the way, when I observe wild birds, I notice something strange. Wild birds rarely come alone. They will definitely come here with their friends or family. I guess that being with friends helps them discover natural enemies quickly, by this behavior, they have a habit of alerting each other to danger. It is probably a way of life that they have learned over the years.
 
 In particular, small white-eyes always move in pairs. When I see one bird, there is another one about 1 to 2 meters away, and when one takes off, the other one follows. They are probably acting as a couple, which makes me jealous as I live alone.

https://ttsreader.com/ja/...
  

2021年6月 4日 (金)

夜間に 就眠運動する 不思議な習性

Img_2038
 
 裏庭で、自然に生えた「ねむの木」が青年のようにグングン成長してます。それにしても、この植物の特徴は葉が左右対称に並んでいて神秘的です。それにも増して、夕方になるとその葉が重なって閉じ、朝は開く習性です。なぜこうなるのでしょう。
 
 また、夏には極楽浄土を彷彿させるピンクの花が咲きます。これから真夏を迎え、庭に広く日陰を作ってくれます。この木の他にも、小さな「ねむの木」の苗が1本あるので、今度は皆さんに見てもらうため表の道近くに植えます。
 
 庭はますます森のようになり、光合成が盛んに行なわれます。生れたての酸素を吸いましょう。
 
 In the backyard, the naturally growing "Nemunoki"that means silk tree grows rapidly like a young man. Even so, the characteristic of this plant is that the leaves are lined up in left and right, so it is mysterious beyond description. In addition, the leaves overlap each other and close in the evening, and open in the morning. Why does it behave?
 
 In summer, pink flowers reminiscent of the Land of Perfect Bliss bloom. The midsummer is coming, and it will create a large shade in the garden. In addition, there is one more small "Nemu no Ki" seedling, so this time I will plant it near the front road so as to be seen by everyone.
 
 The garden becomes more and more like a thick forest, and photosynthesis takes place actively. I inhale freshly-born oxygen.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/

2020年2月27日 (木)

花梅の蜜を吸いに来る野鳥で賑わう

Img_0212_20200227061101

 庭に樹木があるので多くの野鳥が遊びに来ます。今の時期は梅が満開のため花の蜜を吸いにメジロが来ます。メジロは必ず番いで来ます。蜜を吸い終わって1羽が飛び立つと、もう1羽もすぐに飛んで行き、常に2羽で行動します。一人暮らしの私には羨ましい光景です。

 この他、ムクドリも遊びに来て賑やかです。もうすでに数羽の野鳥が樹木を塒にし、庭は野鳥の楽園になってます。私にも数寄屋橋「銀座コーヒー店」のような楽園が来るでしょうか。


 Many birds come to play because there are trees in the garden. At this time, plums are in full blossom so that white-eye comes to suck flower's nectar. White-eye always comes in pairs. When one bird takes off after sucking the honey, the other also flies away immediately and always acts with two birds. It is an enviable sight for me who live alone.

 In addition, starlings come to play and are lively. Some starlings have already roosted in the evergreen trees, and the garden has become a paradise for wild birds. Will a sanctuary like "Ginza coffee shop" at Sukiyabashi in Tokyo come to me?

Photo_20200227060501

 

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー