フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「記憶力」の5件の記事

2023年5月 8日 (月)

夜更かしよりも、朝型に移行したい 

Img_4718
 
 この植物は植木鉢で育ててます。牡丹でも、シャクナゲでも、また芍薬でもありません。植物名は「オリエンタル・ゴールド」と命名され、言わば人間により創られたハイブリッド植物で、芍薬と牡丹の掛け合わせです。2鉢育てており、現在どちらもよく咲いてます。この植物名を訳せば「東洋の金」でしょうか。
 
 ところで、話題は変わりますが、私は年を重ねつつあるので生活は朝方になってます。記憶法については、どちらかと言えば、午後より午前中の方が脳の働き具合は良いと感じます。でも、なかなか覚えられません。
 
 一般的に、現代人は夜遅くまで仕事や勉強をしたり、昨今ではスマホを見続けてしまったり、生活はいわゆる夜型でしょう。でも、それが習慣になり、その人に合ってる場合もあるかもしれません。
 
 しかし、理想は大昔の人のように、地球の自転に合わせて生活するのが「脳にとって良い生活のリズム」と考えられ、何と言っても健康に結びつくでしょう。人間の身体は太陽が昇ると交感神経が活性化すると言われ、夜は脳や身体が休むために、地球はうまい具合に自転しています。
 
 ところで、人生には失敗もあれば、好機が訪れることもあります。要は、チャンス到来時に躊躇することなく前進したいものです。平素から夢に向かって、朝から午前中にかけての生活を充実させてはいかがでしょう。
 
Dear my friends throughout the world though time differs
 This plant is raised by me in a pot. It's not a botan peony, a rhododendron, or a shakuyaku peony. The formal botanical name is "Oriental Gold", so called a hybrid plant created by humans. This plant was made by means of a combination of botan peony and shakuyaku peony. I have two pots and both are blooming well. If I translate the name of this plant, it would be "Tohyo no kin" in Japanese.
 
 By the way, changing the subject, I'm getting older, so my life is getting early in the morning." When it comes to memorization, I feel my brain works better in the morning than in the afternoon. But I can't quite memorize, for instance, English words.
 
 In general, modern people work and study until late at night, and these days they keep looking at their smartphones, so their lives are so-called night owls. However, it may become a daily habit and suit the person.
 
 However, like people since ancient time, the ideal situation should be live in sync with the rotation of the earth. This life is considered a "good rhythm for the brain" and will lead to good health. It is said that the sympathetic nerves of the human body are activated when the sun rises, and the earth rotates nicely at night because the brain and body rest.
 
 By the way, there are failures, but there are also opportunities in our life." The point is to move forward without hesitation when an opportunity arrives. Why don't you enrich your life from early morning to in the morning toward your dreams?
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
  

2022年9月28日 (水)

記憶法 実生活に 結び付け

Img_3750
 
 早いもので9月もあと3日のみになり、お正月まで何と、あと94日になりました。この1ヶ月間、私は如何に自らの脳と体を鍛えたか甚だ疑問が残ります。
 
 2025年には65才以上の5人に一人が罹ると予測されてる認知症は誰でも他人ごとではありません。
 
 私の場合、学生時代には試験が終わればすべて忘れましたが、例えば、現代世界で使われてる英単語を今覚えるには「繰り返し書いてみる」、「声に出して発音する」「自らの実生活に結びつける」、中でも「実際に英作文として使うことで脳に定着する」ように感じます。しかし、いつになっても茨の道です。
 
 運動は毎日、ウォーキングとダンベル、電柱でテッポウなど筋トレを適度に取り入れてます。
 
 一方、大腸の健康は「心の状態と結び付きやすく」野菜や海藻類など食物繊維、そしてリコピンやβ―カロチンを含む飲み物の摂取、中でも「朝食をきちんと摂る」ことが効果があると考えます。
 
Dear my friends who want to prevent senile dementia
 It leaves only 3 days until the end of September, and it is 94 days until the new year. I have a lot of doubts whether I trained my brain and body or not for the past one month.
 
 Dementia which is predicted to affect one in five people over the age of 65 in 2025, is in common for everyone.
 
 In my case, when I was a student, I forgot all after exams, but now, for example, to memorize English words that are used in the modern world, “try to write them repeatedly,” “pronounce them aloud,” To connect them to real life, especially when I actually use them for English composition so that they tend to stick in my brain. However, it will always be a thorny road.
 
 For physical exercise, I incorporate with moderate muscle training such as walking, dumbbells, and teppo which is like somo wrestler's training against utility pole every morning.
 
 On the other hand, I believe that the health of the large intestine is "easily linked to the state of mind", and it is much effective to consume vegetables, seaweed, and other dietary fiber, as well as drinks containing lycopene and β-carotene, especially "eating breakfast regularly".
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

2021年5月27日 (木)

マンネリ避け 新たな工夫で 挑戦す

Img_2023

 昨日、北高崎駅近くをブルーの車で通過し、高崎市では最大の書店である戸田書店で新たに発売なった「天声人語」英文対照版を購入しました。

 目的は時代の先端をゆく新鮮な日本語の文章に触れ、内容については、さまざまな時事問題を網羅し、簡潔で分かりやすい論評を読んだりですが、一方、私の核心は、日本文と同じ内容について英単語やその表現法に触れ、新たな言葉の記憶に挑戦したいからです。

 この本は年間に4回(春夏秋冬)発売され、次が発売されるまでに約90日分の内容を読み終えなければなりません。ですから、1日1本の記事の熟読を目標にしてます。通常の本なら1週間もあれば読み終わっても、日英両語なので改めて単語の意味、アクセントの位置、発音記号、その語が含まれる慣用句や例文も辞書で調べ、ノートに書き写します。この本は学生時代の教科書に似てます。

 それにしても、語学は辞書を引く回数ともいわれてます。いつになっても学ぶことの多い国語の辞書と共に、私はそれより引く回数が多いのは英和辞典です。また、英作文が趣味の一つであることから、本当に英米人に通じるかどうかを和英辞典で確かめて文章を書くようにしてます。こんな年になって毎日、辞書と睨めっこになるとは思ってもなかったです。

 ところで、英単語の記憶について、ただ丸暗記すると忘れる可能性が高いです。「それを実際に英作文で使うこと」、「実際に発音すること」、現役時代のように職場で毎日会ってたAETのようなネイティヴとの会話で使うことが脳に定着すると思いますが、現在はその環境になく、専ら、英作文で使用することにしてます。

 如何に脳に定着し、結果として瞬時に書けたり、すぐ口から出るかが記憶の目標である筈です。しかし、学生時代から英語は好きな科目でしたが、どうしても試験のためでした。本来は社会生活で自由に使えることが目的であるなのに、今は亡き当時の先生方も「今度の試験に出題するから良く覚えておけ」などと、言われたものですから、点数が取れても、試験が終われば単語の意味などどこかへ飛んで行ってしまいました。

 日本では中学から高校まで、英語の単位数は多く、授業はほぼ毎日で、この6年間で相当の時間を割いて勉強してます。しかし、高校を卒業して英語が自由に使える人は一握りでしょう。

 この原因は、大昔から日本では英語を使わなくても、日本語ですべて用が足りてしまう地理的環境にあるからと考えられます。

 一方、最近私が感じてることは、小学生はかなり英語に興味を持ってます。私は小学校の英語の授業を拝見してませんが、あるいは中学・高校ような試験をせず、AETの先生により会話を中心としてるからかもしれません。

 最近の拙い体験では、小学生に英語で話しかけるとすごく興味を持って、真剣な目をして聴き取ろうとしたり、話そうとする態度が見られます。中には下校途中にわざわざ私の庭の前の道を通り、英語で話しかけてくる子供たちもいます。あるいは英語でのやり取りを望んでいるのかもしれません。

 そのようなとき大切なことは「手助けとして一切、日本語を使わず」、彼らから英語で応対する工夫やその体験を試みてます。

 折角、学校で英語を学んでも、それを使うことが意外と少ないのでしょう。私も機会ある毎に、将来ある子供たちに笑顔で話しかけてみたい。

2021年3月25日 (木)

いつまでも脳の活性化と、記憶力向上をめざす

Img_1840

【柊南天の開花】

 年を重ねても覚え方如何では記憶は鮮明に残るでしょう。また、若年でも目的が希薄であったり、効果のない覚え方如何では記憶力が向上しないかもしれません。若き日、試験勉強ではいろいろ覚えたものです。よく覚えられれば良い点が取れると共に、その内容によっては生涯忘れません。しかし、一般的に、私もそうであったように、テストが済み、その後、反復しなければ、折角、記憶したことも水の泡となってしまいます。

 記憶力について、私は中学生時代に話された恩師の言葉が半世紀以上経過した今でも深く心に残ってます。この先生は私が属してたバスケット部の顧問であると共に、担任でもあったS先生で、20年ほど前に他界されてます。こんなことから先生との繋がりは大きかったです。

 先生曰く「人間の脳とは、かなり使ったつもりでも未だほんの一部しか使ってない。脳には未だ未だいくらでも入る余地がある。」というものでした。どうしたことでしょう。この教えが深く印象に残っており、生涯忘れない言葉になってます。

 実は、私は年を重ねた今でも、好きな趣味の一つとして英単語の記憶に挑戦してます。「優れた教師の言葉は、ご自身が亡くなった後まで生徒に影響を及ぼすもの」と実感です。

 ところで、記憶したことが鮮明に残り、生活で使えるようになるには、私の考えでは、脳の働きは意外と平素の生活習慣がものを言うのではないかということです。例えば、時間通りに規則正しく生活してること、睡眠時間を7時間取ってること、食事を定刻に摂ってること、ストレスなど脳に疲労を溜めないこと、などは健康な脳の基本であり、きちんとした生活習慣が脳内まで整理するのではないでしょうか。

 更に、自ら脳を活性化させるには「日々、同じことの繰り返しを避け、小さなことであっても未経験、未体験なことに挑戦」し、今までとずれることが大切で、これが楽しいことであれば脳は更に生き生きするものとなり、この状態を保つと、新たな記憶も脳に定着しやすいと考えます。

 一方、食事内容も工夫したいものです、ナッツ類は栄養面と共にしっかり咀嚼することからも脳に良いし、ポリフェノールを含むチョコレートもよいと言われます。また、カレーが記憶力によいと聞いたことがあります。もちろん、血糖値を上げない食事を習慣づけたいものです。また、タンパク質は筋肉や臓器など体を構成する要素として重要なもので、筋肉をしっかり保つことが脳の活性化につながると考えます。

 それと共に、日々の運動が脳によいです。ほんの少し負荷がかかり、呼吸や脈拍が通常より上がる有酸素運動です。身体を動かすことで血液循環が向上し、脳に栄養が運ばれます。見方を変えると、これらは認知症対策でもあります。2025年には65才以上の5人に1人が認知症になると予想されていても、未然に避けたいことです。

 私が努力目標としてることは記憶を確実にすることで、それには1、目を使う、2、耳を使う、3、手を使う(書いてみる)、4、口を使う(発音する)、5、実生活で繰り返す。これにより脳に定着する確率が高まると考えます。脳を活性化するには、一つのことに集中するより、2つのことを同時に行うと効果があるように感じます。その点、楽器演奏は両手で異なる動きをし、その音を聴くので効果があると考えられます。

 

2020年7月16日 (木)

いくつになっても記憶力向上をめざす

Img_1015

【庭に生ってる柿・・・persimmon触って食べて味で覚える英単語】

 現代はインターネットの時代で、いろいろ新たな言葉に出合います。それは日本国内のみならず、家に居ながらにして海外の最新情報を伝える文章もクリック一つで瞬時に入ります。

 私たちの健康長寿のため意外と大切なことは、何才になっても、新たな言葉を使えるように記憶することが脳活動に効果があると思います。例えば、私にとって未だ興味があるもの、知らなければならない、使えなければならない英単語について、また、新たな漢字など言葉の記憶法は、言ってみる、書いてみる、その文字を分解してよく見る、読むことは自ら聴ことになります。

 写真の柿を始め、食べ物は嗅ぐ、味わうなど身体の各部を動員して覚え込むとpersimmonが脳に定着しやすくなると考えられます。学生時代と違って教科書がなくてもネットの現代はいろんな分野に言葉の教材が溢れてます。

 更に、新たな言葉を調べるとき、単語のみでなく辞書に載ってる例文をノートに書き写したり、特に、英作文に使って記憶するとより効果があると思われます。この場合もそれを音読すると同時に耳で聞いてることになり、更に手書きなど、いろいろの手段を動員すると記憶の可能性が高まるでしょう。ここが学生時代のテストのための一夜漬けと異なります。私の場合、いろんなテーマをネット発信できることが課題です。

 ところで、娘の子供たちを見ていると、3~5才位なのに日本語を話す力に日々驚かされます。彼女らは字は殆ど読めません。漢字は皆無でしょう。しかし、暫くぶりに会うと普通の会話は不自由なく話せてるのですから、幼児はある意味で語学の天才です。

 その方法を私たちも真似すればよいのですが、環境が違い、同じには行きません。おそらく、日々目の前の事象を必ず言葉と結びつけ、両親や兄弟姉妹、友達と同じ視点で繰り返しやり取りするから伸びるのでしょう。更に、そこにに喜怒哀楽が伴うことでいっそう身につくと考えられます。

Img_1030

 私たち大人の新たな言葉記憶法の一つはノートに書くことですが、私はあまり復習することがなく、復習するのは再度、その言葉に出合ったときくらいです。

 言葉の数は無限にあり、比較的生活に結びついた言葉でも意外と知らないことが多く、言葉の学習に終わりがないです。その無限の道、茨の道でもコツコツ繰り返す日々の積み重ねが、次第に脳に定着するのではないでしょうか。自ら書いたものを世間に出すことで、つまり、実際に使うことで責任や真剣味が違ってきます。この責任や真剣味が記憶にプラスになると考えられます。

 小さな子供が言葉を覚えるのも保育所や家庭で使わざるを得ない環境にあり、先生や周囲に真剣に訴えたい気持ちが基となり、一つ一つの言葉や言い回しを身に付けてると考えられます。勉強と言うより生活を通して言葉は身につくもので、この点は私たち大人も同じかもしれません。もしかして、新たな言葉を覚える方法は、小さな子どもたちが手本と言えるかもしれません。

 今日の誕生日を機会に年を重ねても、記憶力は年齢に関係ない気持ちで、日本人として漢字能力も磨きたいです。

  

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お気に入り喫茶店 お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スマホ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 偶然性 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 剪定の必要性 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 収穫の喜び 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏の花 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節と黄道十二星座 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 孫娘たち 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日本文化 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 月までの距離 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の健康管理 梅雨の過ごし方 梅雨の頃の花 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 楽しい川柳 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温暖化 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 烏川 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 筋肉維持 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 藤の花 虐待防止 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢化社会を生きる 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー