カテゴリー「一生勉強、一生青春」の8件の記事

2021年3月15日 (月)

私の記憶法・・・繰り返しと実践で使う

Img_1802

 中学生時代は私にとって魅力的な英語教師との出会いが感じられず、英語は苦手な教科でした。しかし、高校に入ると二人のよい先生に出会い、授業時間がとても短く感じ、私にとって授業が充実してました。ですから、勉強法も好循環となり、自ら予習してもどう訳してよいか分からなかった箇所を、先生はどう訳すか集中し、まるで速記のように先生が訳されてことを夢中でノートに書いたものです。

 この体験が後々に尾を引き、英語は予習しておかなければ、授業内容は身につかないものと知り、少しでも分かり始めると楽しいもので、もっと挑戦したくなる気持ちになりました。結果的に、英語については半世紀以上前の体験が今でも生きてます。

 勉強とは、やればやるほどその範囲は莫大なものであることを悟ります。結局、英単語を学ぶにも無限への挑戦ということを認識します。いくら時間をかけてやっても目標には到達することはないでしょう。しかし、それが本来の学問のあり方で、生涯取り組むテーマが生じ、高校時代にお教えくださいった今は亡き二人の先生の指導が、年を重ねた今の私に道を拓いてくれてます。実は英単語の記憶が意外と認知症対策になってるかもしれません。

 ところで、オバマ元アメリカ大統領の「演説集」が発刊されてから、すでに13年が経過します。以前に読みましたが、最近、教材として再度読み返してます。私の愛読書「天声人語」より、ずっと平易な文章や言葉で組み立てられてる印象です。

 素晴らしい人のスピーチとは、それほど難解でなく、すべての人に理解できる言葉を使い、しかも、格調ある表現に満ちた内容で、万人に通じる主張と親しさを内包しているように感じます。

 この本はスピーチ集であることから、日常で頻度高く使われてる言葉を網羅しているように感じます。これを上手く学習すれば、現代アメリカ英語に近づけるではないでしょうか。

 一方、同時通訳の草分け鳥飼久美子氏の言葉が忘れられません。「英語勉強法はいろいろあり、自分に最も合った方法を見つけることが大切」は、いつまでも私の心の底にあります。これからも自分の方法で取り組んでいきたい。

 タイトルが示すように、記憶とは繰り返し出合い、再度覚えることが脳に定着する確率が高いでしょう。忘れては覚える繰り返しでも、その手段は五感を総動員することでより記憶できると思います。小さな子供がいつの間にか流暢な日本語を話すように、環境と繰り返しの実践こそ脳への最大の定着と思われます。

 

| | コメント (2)

2021年2月16日 (火)

「模倣から創造への過程が教育」を実践中

Img_1449_20210216034801
 
 一人暮らしゆえ、野菜のカブを料理して食することなどなかったです。しかし、高崎駅前の炙りや「どんどん」でおつまみに出たとき、何と美味しいのだろうと思いました。作り方をマスターに訊くと薄く切って僅かな塩をまぶし、袋に入れて揉むだけとのことです。
 
 早速、家で真似してみたところ、簡単にでき、それ以来、スーパーで新鮮な「かぶ」を見つけると実践してます。何事も訊いて、真似し、実際に自ら実践することと思いました。そう言えば、昔、学生時代に「模倣から創造への過程が教育」と教わったことがありました。
 
 ところで、毎日、文章を英文にしてますが、これも和英辞典にある例文を真似して、自ら考えた内容を英作文にしてます。ですから、学習は「模倣から創造への過程」と言えます。つまり、私の英作文は正式な英文の模倣です。
 
 I live alone, so I have never eaten Japanese turnip cocked by myself. However, I wondered how delicious it was, when I ate it as a snack with drinking at a tavern named "Dondon"in front of Takasaki Station. When I asked the master how to cock it, he taught me "just cut it into thin slices, and crumble it with a little salt in a bag".
 
 I immediately tried to imitate it at home. I noticed it was easy beyond imagination. Since then I have been cocking when I find a fresh "turnip" at the supermarket. Everything, we should imitated it, and actually practice it myself. I have ever been taught that "Process from imitation to creation is education" when I was a student.
 
 By the way, I write English sentences every day. I also imitate the example sentences in the Japanese-English dictionary and write my own ideas in English. Therefore, studying is "Process from imitation to creation" as well. In other words, English composition by me is the imitation from formal English sentences.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/
  

| | コメント (2)

2021年1月27日 (水)

人生には浮き沈みがある

Img_1627
  
 昔は高崎市の群馬音楽センターにおいて11年間で100曲ほど吹奏楽を指揮をしたり、2年間のインド生活をしたりで、何と花のある人生だったのだろう。それに対して、現在は一人暮らしで寂れた日々である。
 
 しかし、これにへこたれず、今の環境で自分の出来る限りの前進を目指そう。長い人生には浮き沈みがあるもの。
 
 「冬来たりなば春遠からじ」である。あと1週間で立春。愛と音楽そして英作文に希望を持って生きたい。
 
 It used to be a life with flowers, conducting a wind orchestra about 100 music in 11 years at the Gumma Music Center in Takasaki-city and have been in India during two years. On the other hand, What a lonely life now due to living alone!
 
 However, I am not afraid of this situation and I will aim at the best progress as possible as I can in my current environment. There are ups and downs in a long life.
  
 Shelly's valuable saying "If winter comes, can spring be far behind?. The spring in the lunar calendar will come just one week later. I live with hope of affection, music and English composition.
   

| | コメント (2)

2021年1月21日 (木)

読書が減り、漢字を書かなくなり、言葉が貧困に

Img_1607

【今日の浅間山】

 21世紀になり、20年が経過して生活のいろんな場面において、今までに体験しない大きな変化が起きつつあります。その一つに、現金をあまり使わなくなりました。給料や年金は銀行振り込みであり、毎日の買物はスーパーからコンビニ、ホームセンター、駅での切符、そしてガソリンスタンドでもキャッシュレスとなり、カードやスマホで決済することが当たり前で、現金を持ち歩きません。強いて言うならば、私の場合、現金での支払いは飲み屋さん位です。

 キャッシュレスでは店員との言葉のやり取りが殆ど不要となり、黙って処理をするだけです。現金を使ったとしても機械が対応し、客は黙っておつりを受け取る方式で決済が終了します。

 言葉を交わす人間的なやり取りがなくなり、うすら寒い社会になりつつあります。余談ですが、私はスーパーでも必ずレジの人に何らかの言葉をかけるように心掛けてます。例えば、今日は何時までお仕事ですか。頑張って下さいなどです。するとにこにこして応じてくれます。

 一方、家庭内でもテレビを見て過ごす時間が多く、自ら思考する必要はなく、与えられる番組をそのまま見聞するのみです。実は、テレビ番組の多くはテレビ局が事前に録画したものの再生がほとんどであり、国民は一斉に同じ録画を見て一喜一憂しても、実はそれは機械に支配されてるのです。

 子供は成長すると自分の部屋を持ち、閉じこもりがちになり、少子化も加わり、家庭内の会話は昔に比べて減ってる傾向です。

 このような生活を毎日繰り返してると、人間にとって大切な思考力や創造性、独創性が鈍ってしまい、更に、人間の喜びは本来、自ら新たに考え出したり、工夫したり、創作したりすることにありましたが、それは必要なくなり、与えられる取り敢えずの面白さに浸るのみになりがちです。

P1020132

【君子蘭の蕾が膨らむ】

 同様に、以前に比較し、普段の生活において文字を書くことがなくなりつつあります。手紙の代わりにメールとなり、字は書くものから打つものへと変化しました。家に届く郵便物も、すべては印刷されたもので手書きはありません。

 今年も美しい年賀状を戴きましたが、毛筆のみが一通で、殆どはきれいに挨拶文が印刷された中に、一筆が書き加えられてます。私はそのような技術を持ち合わせず、すべて手書きであり、その代わり、近況報告や今年の抱負など内容を多く書くようにしてます。

 このように現代では文字を書くことが甚だ少なくなり、今後は読めても書けない漢字が多くなるのではないでしょうか。もしかして、一日に一度も漢字を書かない日が起こり得ます。漢字は書かないでいると、日本人でありながら、日本文が書けなくなる日が近づいてくるようで恐ろしさを感じます。

 このために私たちは心して、日々漢字を手書きする生活を心掛けたいものです。時には手書きの手紙を友人に送っても喜ばれるのではないでしょうか。若き日に心ときめきながら書いたはラブレターは手書きでした。漢字は毛筆でなくても筆を止めたり、跳ねたりして趣があります。字を書く場合、それに付随する上手い下手があったりしても、活字と異なり、書き手の個性が滲み出て、書き手の顔にダブります。

 そういう私も、漢字を書くことがめっきり減ってます。それでも、たまたま英語が好きなことから単語帳には、訳を日本語で書く機会があり、なるべく漢字を丁寧に書くようにしてます。これからも意識して漢字を書くチャンスを多く作ります。

 一つ心配な点があります。IT化に伴い、近未来は小学生に一人一台パソコンのような端末を配布するとのことです。こうなると漢字は書くよりキーボードを叩く方が増えて来るのではないでしょうか。もちろん、世界に立ち遅れないため大切なことです。しかし、日本の文化の要である漢字を小学生のうちからしっかり手書きで身に付けてこそ、世界に羽ばたく未来の日本人と言えます。

 

| | コメント (2)

2020年12月20日 (日)

冬至に、すでに花が咲いてる枇杷の木

P1020368
 
 普通では考えられませんが、この寒い最中にもう花が咲いています。この樹木は半年後に実をつける枇杷です。昨年は殆どの実を枇杷酒にして、私は今でも時々飲んでます。
 
 殆どの樹木はすでに落葉し、いわば休養している時季なのに、それをせず葉から太陽光を浴び光合成して今後、実を大きくしていきます。何と働きものなのでしょう。
 
 人間にとって、仕事に勉強に大いに刺激となるまるで手本です。私などは寒いとすぐ弱音を吐きます。私たちはいつまでも若さを保ったり、未然に認知症を避けるには「一生勉強、一生青春」をめざし、弛まぬ強い心で日々を送りたいものです。
 
 Generally we can't imagine, but the flowers are already in bloom though this cold weather. This tree is a loquat that bears fruit six months later. Last year I made loquat liquor by this fruits, and drink it from time to time.
  
 Most of the trees in the garden have already fallen leaves, so to speak, it is the season of resting now, but instead of doing so, the loquat is exposed to sunlight from the leaves and photosynthesizes, and the fruits will grow gradually from now on. What a working plant it is!
 
 The loquat tree becomes a great example for us to work and study steadily. When it is cold, I am liable to say die. Even so, in order to keep youth forever and avoid senile dementia for us, we should live with a strong mind, aiming for "study for a lifetime, youth for a lifetime".
 

| | コメント (2)

2020年12月19日 (土)

好きなことなら努力を続けられる

Img_1494
 
 これから冬本番ですが、ご覧のように、梅やモクレンは春が待ちきれないのでしょうか。蕾が膨らみ始め、着々と開花の準備をしています。それに比較し、私たち人間は寒さに震え、コロナに滅入り、困ったものです。こんなときは気持ちを明るく持ち、美味しいものを食べたり、好きな音楽を聴いたり、もちろん、一杯飲んだりして、室内で好きなことをして過ごしましょう。
 
 最近の私は家の中をジムにし、時間があればトレーニングしています。若さを保つには心身を鍛えることです。年令と共に減少しがちな筋肉の増強に励んでます。最近はトレーニング用のゴムを片手ずつワンセット50回ほど引っ張ってます。皆さんも、引っ張れるものはいろいろ引っ張りましょう。
  
 Mid winter is approaching from now on in Japan, but as you can see, can't plum and magnolia wait for spring ? The buds are beginning to swell and they are steadily preparing for flowering. In comparison, we humans are trembling in the cold and our feeling seems to be depressed against Covid19. This situation is a mental and physical problem. At time like this, we should stay cheerful, eat delicious food, listen to our own favorite music, and of course, have a drink and spend our time indoors doing what we love.
 
 Lately my house have changed into gym so I train when I have time. I am of the opinion that we maintain young forever is to train both our mind and body. I am working hard to build muscles which generally tend to decrease with age. Recently, I've been pulling the training rubber with one hand about 50 times per set. Everyone, let's pull a lot.
 
 

| | コメント (4)

2020年11月25日 (水)

開花を夢に、今は基礎固めの時期

Img_1411
 
 築山(別名・源平の丘)の頂上の池を直径1mほどに大きく広げました。高い所に水か溜まるので築山の隅々まで水が行き渡ります。現在は開花時期でなくとも、つまりステージなくとも、植物の根はこれから迎える冬の季節に土の中で成長します。肥料も施し、4ヶ月後に来る春のため今しっかり準備したいものです。
 
 人生においても、華やかなステージを夢見て、寒い冬の間にいろいろ積み重ねを必要とするときです。
  
 それにしても、森の中のように植物に囲まれて生きることは精神が落ち着き、人間の幸せではないでしょうか。初冬で寒いけれど、今日も庭づくりに精を出そう。
 
 The marsh at the top of artificial hill Tsukiyama (Gempei Hill) has been expanded by me to a diameter of about 1m. Since water collects in high place, water spreads to every corner of the artificial hill. Even if it is not the flowering season now, in other words, without the stage, the roots of the plant grows in the soil during winter season. I also apply fertilizer and prepare well now for the spring coming four months later.
 
 In life, I dream of a gorgeous stage, and during the cold winter, I accumulate various efforts, for example, to expand English vocabulary and piano practice.
  
 Even so, human happiness may be found in living with nature surrounded by plants like a forest. It's cold in early winter now, but I will devote myself to gardening today as well.
 
日本文と英文に若干の相違があります。
 

| | コメント (2)

2020年9月14日 (月)

現在の師匠は辞書辞典

Img_1192

【職場から転出する際、記念品として戴いた国語辞典】

 小学校時代、中学校時代、高校時代、そして大学時代の恩師の消息について、私の知る限り3人ほどがお元気のようで多くの先生はすでに他界されてます。生徒の頃と学生時代に、また、卒業してからももっと先生に接し、先生の専門とする知識や、人生全般について生き方を積極的に教わっておけばよかったと今になって後悔です。

 私も学生時代は経験に乏しく、熱心に勉学しなかったこともあり問題点を認識できず、本質的な質問ができなかったのでしょう。それに反し、人生の後半戦にある現在、特に生き方について、また、勉強法について、いろいろ壁に突き当たることから、こんなとき先生がお元気ならば、どうヒントを下さるかがとても興味がある所であっても、もう、それは成りません。

 特に高校時代に出会った音楽教師のH先生には、よく指導して戴き、元々、私は高校卒業してすぐ就職する筈でしたが、担任でもないのに先生は我が家への家庭訪問など積極的な進路指導によって、結果的に私は思ってもいなかった地元の大学に進み、音楽専攻の道に進むことになりました。

 孔子曰く「40にして迷わず」ですが、それどころか、その倍近くになった現在でも、目の前に日々遭遇する諸問題に悪戦苦闘し、悩み、迷い続けてます。このようなとき、若き日からの愛読書として、私は亀井勝一郎著「愛の無常について」及び「日本の知恵、西洋の知恵」、また、「亀井勝一郎集」を愛読書として、その答えを見つけ出そうとしてる自分がいます。

Img_1194

【和英・英和辞典と睨めっこの日々】 

 ところで、拙いブログを最初に発信したのは2007年(平成19年)で以来13年間継続しています。最初の1年は毎日ある程度長い文章を書き続けましたが、翌年から一日おきとなり、3年目からは月曜と木曜に週二回に書いてました。しかし、数年前より、フェイスブックを始めたことから、その内容をブログに載せ始め、現在に至っています。

 フェイスブックは元々アメリカからから入ってきたこともあり、私が外国人(アメリカ人、ニュージーランド人、中国人)とも友人関係が生じたことから、どうしても共通語である英語版も必要となり、一緒に書くことにしました。

 実は、これが思わぬ生活を一変させ、明けても暮れても「これを英語で何と言うか?」ということが常に頭から離れなくなり、ニュースを聴いたり、人の話を聞いてても心の底で英語に訳してることが習慣になり、つまり、毎日、英作文する生活になりました。

 ですから、英語では言えない日本語に遭遇すると、すぐそれが大切な課題となり、私にとって和英辞典ほど大切なものはないようになりました。これはブログで日本文を書くときも全く同様であり、改めて漢字の読みと意味、使い方など確認しては発信するようになってます。

 このように日本文であっても漢字の間違いや、英文では最低限、スペルミスがあってはならず、特に日本文と英文は語順が逆であることや、どちらも、文法に則って正確を期すことが基本的な課題です。

 こんなことから、今更ながら言葉の勉強が欠くべからざる日々になり、タイトルの如く、もう師匠に会うことは不可能でも、国語辞典や和英辞典、そして英和辞典、漢和辞典が現在の私の師匠と言えます。

 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査