フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「天体ショー」の31件の記事

2024年3月27日 (水)

果たして惑星たちは見えるか!

Skyview_140605450342568
【クリックし、拡大すると画像が明瞭になります。】
 
 画像は国立天文台による「今夜の星空」です。これによると、最近は昼間の時間帯に、すべての惑星たちが太陽の近くに集合しています。しかし、実際に、惑星たちはそれぞれ近くに寄っているわけではありません。遠い宇宙の彼方から見た場合、地球も含め、たまたま、ほぼ一直線に並んでいる現象です。
 
 この現象は今日の姿で、暫くの期間、惑星たちは同様の配置です。日中ですから、この現象を直接確認できませんが、日の出直前に火星がうすく見られるかもしれませんし、日没後なら西の空に木星がはっきり見えます。
 
 このように、惑星たちが、一見、集合してることは珍しいことです。なお、夜間に惑星を確認する方法は恒星のようにキラキラ光ってません。自ら光を発してないからです。
 
 ところで、この「並んでいる惑星たちを同時に見られるチャンス」が近々あるかもしれないのです。
 
 実は、日本時間で来月4月9日の夜、北米や太平洋上では皆既日食が起こります。このため、太陽は新月に隠れ、全く見えなくなります。この千載一遇のチャンスに、もしかして、人類はこれらすべての惑星たちを「同時に見ること」が可能かもしれないのです。果たしてどうでしょうか。
 
Dear my friends abroad
 The image is "Tonight's Starry Sky" by the National Astronomical Observatory of Japan. According to this, all the planets have recently gathered near the sun during the daytime. However, in reality, the planets are not close to each other. When viewed from the far universe, the Earth and other planets just happen to line up in a straight line.
 
 This phenomenon is occurring today, and the planets will be in a similar configuration in the near future. Since it is daytime, we cannot directly observe this phenomenon, but Mars may be faintly visible just before sunrise, and Jupiter will be clearly visible in the western sky after sunset.
 
 It is unusual for planets to appear to be clustered together like this time. In addition, the way to see planets at night is that they don't sparkle like fixed stars. This is because it does not emit light themselves.
 
 By the way, there may be occurred a great opportunity to see these planets lined up at the same time in the near future.
 
 In fact, on the night of April 9th next month (Japan time), a total solar eclipse will occur over North America and the Pacific Ocean. For this reason, the sun will be hidden behind the new moon, so that the sun will not be visible at all, though day time.
So this is a one in a million chance, humanity may be able to see all of these planets at the same time. Can it really be seen?
 
 

2023年12月14日 (木)

ふたご座流星群について

410399711_6770133513109657_8673952497022
  
 北極星側から見ると、現在、宇宙空間の軌道を反時計回りに公転してる私たちの地球は、巨大な「冬のダイアモンド」の方向に進んでます。ですから、今の季節にはよく見えます。特に、昨夜は天候が晴れ上がり、「冬のダイアモンド」の東側に位置する「ふたご座のポルックス」がよく見えました。
 
 調べてみると、一等星「ボッルクス」の位置は赤緯28°であり、鹿児島県奄美大島の頭上を通過することから、広く日本列島から良く見えます。
 
 昨夜、私は何気なく「冬のダイアモンド」を眺めていたところ、夜空を一直線に横切る流れ星が見えました。後で分かったことですが、現在、「ふたご座流星群」が見えると言われており、私が見たのもこの流星だったことになります。
 
 前述の通り、私たちの地球はその公転軌道【約9億4千万㎞】を【毎秒約29㎞の速度】で1年かけて周遊してることから、時々、宇宙に群を成してる流星に出合います。宇宙空間にある直径数センチメートル程度のチリの粒が、公転中の地球の大気に飛び込んできて大気と激しく衝突し、光を放つ現象と言われてます。
 
 地球が流星群の位置に差し掛かると、チリの粒がまとめて地球の大気に飛び込んで来ることから、毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。今回の流星は「ふたご座流星群」と名付けられてますが、丁度その方角から見えるだけで、考えられないほど遠方にある「ふたご座」とは直接の関係はありません。今宵も「ふたご座流星群」が見えると言われてます。
 
Dear my overseas friends who are crazy about swarm of meteors
 Viewed from the Polaris side, our Earth, which is orbiting counterclockwise in outer space, is currently heading in the direction of the giant "Winter Diamond." So it looks good in this season. In particular, the weather cleared up last night, and I could clearly see Pollux in the constellation Gemini, which is located to the east of the Winter Diamond.
 
 By investigation, we found that the first-magnitude star "Vollux" is located at a declination of 28°, and as it passes over the head of Amami Oshima, Kagoshima Prefecture, Japan, it can be clearly seen from a wide range of the Japanese archipelago.
 
Last night, when I was casually looking at "Winter Diamond" I saw a shooting star streaking across the night sky. I later found out that it is said that the Gemini meteors shower is currently visible.
 
 As mentioned above, our Earth takes one year to complete its orbit [approximately 940 million km], so frequently the our earth comes across clustered meteors in space. It is said to be a phenomenon in which dust particles with a diameter of several centimeters in space fly into the Earth's atmosphere as it revolves, collide violently with the atmosphere, and emit light.
 
 When the Earth approaches the location of a meteor shower, dust grains fly into the Earth's atmosphere together, as the result, a specific meteor shower appears at a specific time every year. This meteor shower is named the Gemini meteor shower, but it can only be seen from that direction, and there is no direct relationship to the constellation Gemini, because it is incredibly far away. It is said that the Gemini meteor shower will be visible tonight as well.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
     

2023年11月25日 (土)

今宵、月と木星がランデブー

Img_5393
 
 今宵、月を撮りましたが、月齢13なので光が強くて、いつものように月面のクレーターが全く写りません。その代わり、今宵は珍しく木星とのランデブーです。
 
 ところで、木星には衛星が95個発見されており、そのうち大きな4つの衛星が有名で、それらはイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストです。ガリレオが発見したことからガリレオ衛星と呼ばれてます。もちろん私のカメラでは写りません。天体望遠鏡が必要です。
 
 一方、現在、対称的に日の出前には東の空に金星が輝いてます。ですから、現在、木星と金星は地球を挟んで反対の位置にあります。なお、金星のことは英語で一般にビーナスですが、明けの明星はルーサファーとも呼ばれます。
 
Dear my friends abroad who are interested in an astronomical phenomenon
 I took a photo of the moon tonight, but since the moon' phase is 13th, the light was strong, so I couldn't see any of the craters on the moon's surface as usual. Instead, tonight we can see a rare rendezvous with Jupiter.
 
 By the way, 95 satellites have been discovered on Jupiter, and the four largest satellites are famous such as Io, Europa, Ganymede, and Callisto, which are called the Galilean satellites because he had discovered. Of course my camera doesn't show it. It will need an astronomical telescope.
 
 On the other hand, symmetrically, Venus shines in the eastern sky before sunrise in this season. Therefore, Jupiter and Venus are currently in opposite positions by seeing from our planet. Venus is generally called Venus in English, but it is also called lucifer as a morning star.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年4月23日 (日)

西の空 金星と三日月 ランデブー

Img_4644
 
 今宵、西の空に三日月と金星がランデヴーしています。おそらく、今夜9時頃までは見えるでしょう。
 
 月は一日で約12°東へ公転するので、明日の夕方には月が上になるでしょう。このため日本とは12時間前後の時差があるアメリカで見ればかなり接近してるでしょう。
 
 今宵はこの他、火星も南西の空に高く見えるでしょう。今日は風が吹いたので、その代わり、夜空は澄み、天体を見るには好都合です。最も明るい恒星シリウスも見てくださいね。
 
Dear my facebook friends abroad
 Tonight, the crescent moon and Venus are rendezvous in the western sky seeing in Japan. It will probably be visible by 9:00 tonight, Japan time.
 
 As you know, the moon revolves about 12 degrees east in one day, so tomorrow evening the moon will be at the top than Venus. For this reason, if you look the both at the United States which has a time difference of around 12 hours with Japan, The both celestials will be quite close, I guess.
 
 Tonight, Mars will also be visible high in the southwestern sky. The wind blew today, so the night sky is clear and good for astronomical observation. Please see also the brightest fixed star, Sirius as well.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

2023年3月 5日 (日)

金星と 木星による ランデヴー

 今夜も18時30分~19時頃に西南の空で、金星と木星が接近して見えるでしょう。と言っても、両者は考えられないほど離れてます。
  
 これは宇宙空間で地球~金星~木星がほぼ一直線に並んでいます。見かけ上、上が金星です。日に日にどんどん離れます。金星と木星の接近は珍しい現象です。どの国で見ても同様に同じ時刻に見えます。
 
Dear my overseas friends who are crazy about astronomical phenomenon
 Venus and Jupiter will be close together in the southwestern sky tonight from 18:30 to 19:00 in every countries. In fact, the two are incredibly far apart.
 
 In the outer space, Earth, Venus, and Jupiter are lined up almost in a straight line. In appearance, Venus is at the top. From now on, day by day, they are getting farther and farther away. The close encounter between Venus and Jupiter is a rare phenomenon. This phenomenon is seen at any country.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

2022年12月29日 (木)

今宵 夜空を見ましょう ランデヴー

Img_4059
 
 今宵の空を見上げると月がランデヴーしてます。上にある星はピカピカ光ってないので、つまり、太陽光を反射してるので惑星と分かります。
 
 これは木星です。明日は月が13°ほど東へ移動するので木星は月の右上になるでしょう。【北半球で見た場合です。】
 
Dear my friends ・・・Can you see the rendezvous in the sky tonight in your country?
 Looking up at the sky tonight, the moon is rendezvous. We can know that it's a planet because the star above isn't shiny, and the star reflects sunlight.
 
 This is Jupiter. Tomorrow evening, Jupiter will be in the upper right of the Moon because the moon moves east by 13 degrees when viewing in the northern hemisphere.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
 

2022年12月 8日 (木)

珍しく 満月と惑星 ランデブー 

Img_3989
【拡大してご覧ください。】 
 今日12月8日は、旧暦で11月15日ですから、江戸時代などでは今日が七五三のお祝いの日でした。
 
 また、旧暦の15日は満月なので、七五三の日は毎年必ず満月でした。
 
 ところで、今宵は満月で、珍しく月のすぐ右上【北半球で見た場合】に星が見えますが、それは火星です。火星が赤みを帯びてるのは表面が酸化鉄のためと言われてます。アメリカ西海岸などが夜間のとき、火星が月の後方を通過するため惑星食が起こるようです。
 
 先日書きましたが、火星は時々、地球に接近します。およそ2年2か月ごとです。それは宇宙空間で、太陽~地球~火星が一直線に並ぶ時です。
 
Dear my overseas friends who like to see the full moon
 Today, December 8th in the solar calendar, is November 15th in the lunar calendar, so in the Edo period in Japan, today was the Shichigosan celebration day that means festival day for boys of five years and for girls of three and seven years praying their health.
 
 Also, because of the 15th day in the lunar calendar is full moon, therefore, the day of Shichigosan was held in always full moon every year.
 
 Not change the subject, but it is a full moon tonight, and it is rare to see a star just to the right of the moon [when viewed in the northern hemisphere], it is Mars. Mars is reddish planet due to iron oxide on the surface. It seems that the planetary eclipse will be occurred because Mars passes behind the moon when the west coast of the United States was at night.
 
 As I wrote the other day, Mars sometimes approaches Earth. It's about every two years and two months. That's when the Sun, Earth, and Mars are aligned in outer space.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

2022年12月 1日 (木)

火星が午前0時に真南に・・・火星と地球が接近中

Img_3962
 
 今日2022年12月1日は地球と火星が大接近します。地球の公転は反時計回りで、その周期は365日ほどですが、火星は地球より外側をやはり反時計回りに公転し、その周期は687日と計算されてます。
 
 このため、地球と火星の距離は接近したり、離れたりを繰り返してますが、接近する周期はおよそ2年2ヶ月です。この天体現象は未来永劫に続きます。
 
 接近する時は、必ず、太陽~地球~火星が一直線に並ぶ時です。このため北半球の日本で見ると「火星は午前0時に真南に輝いてます。」今回は「冬のダイアモンド」の中央に火星が来ています。つまり、オリオン座の上の位置です。
 
 この現象は満月に似てる位置関係にあり、しかも地球に接近してるので、橙色した火星は平素より大きく見えます。
 
 当分の間、火星は午前0時に南に見えますが、火星は地球より外側を公転してるため、次第に地球に抜かされ、西へ西へと移動して行きます。これからの季節は夜空が澄んでくるので、天体観測には好都合です。
 
Dear my overseas friends who are earthling
 Today, December 1, 2022, the Earth and Mars will be very close. The Earth's revolution is counterclockwise, and its period is about 365 days, but Mars also revolves counterclockwise outside our Earth, and its period is calculated to be 687 days.
 
 For this reason, the distance between Earth and Mars repeatedly approaches and separates, but the approach cycle is about 2 years and 2 months. This celestial phenomenon will continue forever.
 
 When it approaches, it is always when the Sun-Earth-Mars aligns in a straight line. For this reason, when viewed from Japan situated in the northern hemisphere, "Mars shines due south at midnight." This time Mars is in the center of the famous "Winter Diamond". That is, it is above the constellation Orion.
 
 This phenomenon is similar to the full moon positionally, and because it is so close to the Earth, the orange Mars appears larger than usual.
 
 For the time being, Mars can be seen in the south at midnight when viewing from the northern hemisphere, but since Mars revolves outside the Earth, it will gradually be overtaken by the Earth and move westward day by day. The night sky will be clear in the coming season, so it is convenient for astronomical observation.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

2022年11月 9日 (水)

地上から天体見たり 上空から地球見られたり

Img_3875 
 昨晩の天体ショーをご覧になりましたか。しかし、実際は、メディアが知らせなければ「月食」が起こってることに気づき難いでしょう。その点、部分日食でなく、皆既日食は昼がかなり暗くなるので「何事か」と気づきます。
 
 特に、人類が生きてきた時間の99%以上は石器時代であることを考えるとき、私たちの遠い祖先は太陽が欠けて無くなったことに「この世も終わりか」と、慌てふためいたかもしれません。
 
 国立天文台によると、次回、日本で見られる皆既日食は2035年9月2日で、群馬県などがその中心と言われます。13年後です。何歳になるでしょう。それまで、ぜひ互いに生きていて、珍しい皆既日食を体験しましょう。
 
 ところで、現代は、逆に、上空から地球が常に見られてます。今朝、4時45分頃、関東地方上空を国際宇宙ステーションが北西から南東へ向かって通過しました。
 
 写真は国際宇宙ステーションによる地球の画像です。ここはどこでしょう。拙いブログでは、常にISSからの映像が見られるようにしてあります。・・・ここはスエズ運河の少し南の紅海です。
 
Dear my overseas friends who are interested in celestial phenomenon
 Did you see the astronomical show last night? However, in reality, it would be difficult to notice a "lunar eclipse" if the media did not inform it. In that respect, a total solar eclipse, not a partial solar eclipse, will make the day considerably darker, so everyone will notice something is strange.
 
 In particular, considering that more than 99% of the time that human beings have lived was prehistoric, our distant ancestors may have panicked about when the sun disappeared.
 
 According to the National Astronomical Observatory of Japan, the next total solar eclipse to be seen in Japan will be on September 2nd, 2035, moreover Gumma Prefecture is said to be the center of it. 13 years later. How old will you be ? Let's live each other until then and surely experience a rare total solar eclipse.
 
 "Not change the subject, but on the contrary, today, we can always see the Earth surface from above." At around 4:45 Japan time this morning, the International Space Station passed over the Kanto region from northwest to southeast.
 
 The photo is a picture of the Earth taken by the International Space Station. Where is it?. This is the Red Sea, just south of the Suez Canal. On my clumsy blog, you can always see the images of surface of our earth from the ISS.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
     

2022年11月 8日 (火)

月食中 想像できる 神秘なこと

Thumb
  
 国立天文台によると、今宵2022年11月8日午後6時09分から月食が起こるとされてます。ご存じの通り、太陽の光によって、宇宙空間には私たちの地球の影が常に長く円錐形に伸びてます。
 
 この影の中に月が入る場合が数年に一度あります。これは必ず満月の場合です。今回は約3年振りです。満月であっても月食が起こる場合と起こらない場合があるのは、地球の公転面と月の公転面が約5°異なることが理由です。
 
 ところで、月食により、分かることがあります。その一つは月食は必ず左下から欠け始め、皆既月食となり、皆既月食が終わると再度、月は左下から明るくなります。
 
 これにより、「月は地球の周囲を反時計回りに公転してる」ことが分かります。因みに、欠け始めの頃に弧を描く地球の影は、日の入り時刻である中国やモンゴル方面が映し出され、一方、月食が終わる頃の地球の影の弧は日の出時刻である北アメリカ大陸から南米大陸が、日本に居ながら見えてると私は想います。
 
 なお、皆既月食の時間帯(7時16分~8時42分)に月が赤黒く(赤銅色ともいう)見える理由は、太陽光が、地球の大気により僅かに屈折し、それが月を照らしていると考えられます。これは日の入り直後に空が未だ明るいのと同じです。
 
Dear my overseas friends
 Interpretation for you will be late because from now on I have to participate the radio calisthenics in the nearby park. Then I will interpret for our mutual understandings about lunar eclipse occurred this time.
 
・・・・・・・・・・・・・・・
  
 According to the National Astronomical Observatory of Japan, a lunar eclipse will occur tonight, November 8, 2022 at 6:09 pm Japan time. As you know, the sun's light always lengthens a long conic shadow of our Earth floating in space.
 
 "There is a case that the moon enters this shadow once every few years." This is occurred always the case when the moon is full. This time it has been about 3 years. The reason why a lunar eclipse may or may not occur even on a full moon is that the plane of the moon's orbit differs by about 5° from the plane of the earth's orbit.
 
 "By the way, there is something we can learn from the lunar eclipse." One of them is that a lunar eclipse always begins to fade from the lower left, then becomes a total lunar eclipse, and after the total lunar eclipse ends, the moon brightens again from the lower left.
 
 From this, we can understand that "the moon revolves counterclockwise around the earth". By the way, the arc of the Earth's shadow at the beginning of the eclipse shows the sunset time of Chinese or Mongolian prairie, while the arc of the Earth's shadow at the end of the lunar eclipse is the sunrise time from North America to South America. I imagine that we can see these continents while we are staying in Japan.
 
 The reason why the moon looks reddish-black (also called copper-red) during the total lunar eclipse (7:16 to 8:42 in this time) is that the sunlight is slightly refracted by the earth's atmosphere, it presumably illuminated the moon. This is the same as when the sky is still bright just after sunset.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
   

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー