カテゴリー「太陰暦」の3件の記事

2021年8月 7日 (土)

今日立秋 秋の気配は すぐそこに  

Photo_20210807031201

【太陽の背景は、かに座である立秋】 

 月日の経つのは誠に早いもので今日は二十四節気の立秋です。2月4日の立春から半年経過しました。立春ころ見た太陽の遥か後ろ側の宇宙空間に今の私たちはいます。つまり、立春の位置から今日は約3億Km(2天文単位)離れた遠い位置に私たちを乗せた地球は浮きながら、しかも、秒速およそ29㎞の速さで太陽の周りを反時計回りで公転してます。

 多少、楕円である公転軌道一周の距離は【直径約3億キロ×3.1416≒9億4248万Km】ですから、宇宙船地球号は常に宇宙大旅行の真っ最中であり、地軸の傾きは約23度26分と当分は不変であり、今の時季、北半球はもろに太陽の日差しを浴び、結果的に連日猛暑です。

 今日の地球は立春から公転軌道を180°周遊し、今日は夏至と秋分の日のちょうど中間であり、立春から計って太陽黄経135°の立秋に差し掛かりました。地球から見た太陽の位置は赤経9hです。

 上の図のように、公転中の地球から見る太陽は「かに座」の前面に来ています。実際は眩しくて確認できませんが、これを証明できるのは、半年前の立春の午前0時に「かに座」が真南にあったことです。

 立秋となると、山岳地帯はすでに初秋が感じられ、平地でも朝晩は次第に涼しく感じられるようになるでしょう。群馬県高崎市では6月21日(夏至)の日の出は4時26分、日の入りは19時05分で、本日8月7日(立秋)の日の出は4時55分、日の入りは18時44分で、夏至に比べ、立秋は日の出はすでに29分遅くなり、日の入りは21分早くなってます。 

 ところで、話題は変わりますが、あと一週間後の8月14日が、今年の本当の意味での七夕です。前にも書きましたが、七夕の七は星のことを指すのでなく、月の満ち欠けが「七」日目の「夕」刻を指します。

 「七夕は月の形が肝心」で、この晩は上弦の半月です。午後6時には真南にあっても、地球の自転により、星が見え始める午後8時から10時にかけては、月が南西~西南西にあって、上部が次第に右に傾き、お椀の舟のようになります。

 この瞬間こそがポイントで、天の川を挟んだ織姫(琴座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)が、ほぼ頭上にあり、あたかもこのお椀の舟に乗り、年に一度会うことが許される夜空に描かれる天体の絵巻です。

 ですから、現在、主に都会で行われる太陽暦の7月7日や、主に地方で行われる月遅れの8月7日は七夕として天文学上、意味を持ちません。特に現行暦の7月7日では梅雨の真っ最中で、晴れても、織姫星も彦星も東の空に低過ぎて絵になりません。これでは、月の満ち欠けは七日目でなく、毎年異なります。

 原因は明治6年、旧暦から新暦に移行するとき、江戸時代と同様に、単純に7月7日を七夕としたことに起因します。天体に対しては正確な配慮が必要でした。150年経過した現在まで、未だにそれが尾を引いてます。「仲秋の名月」【旧暦8月15日】が毎年、現行暦で変化するように 【今年は現行暦9月21日】、七夕も年によって変化するカレンダーにしたいものです。七夕とは旧暦の7月7日です。

 以前に、私の家の前には小さな老人ホームがあり、七夕が飾られていました。90才を越えた女性のお年寄りの短冊には「昔の彼に会いたい」と書かれていました。これには驚きました。

 いつになっても、人には彦星や織姫星の気持ちがあるのですね。それより年令の若い私は勇気が湧いてきました。

 

| | コメント (2)

2021年4月14日 (水)

旧暦の 三月三日は 必ず大安

Img_1890_20210414030301
 
 今日は旧暦の3月3日「ひな祭り」です。平安時代~江戸時代、そして明治5年までは、桃の節句と言ってかなり暖かくなってからお雛様を飾ったのでしょう。私の庭には確かに未だ花桃が咲いてます。
 
 また、不思議なことに、この日は毎年必ず大安と決まってます。私の家には、今では珍しくなりましたが、娘の5段飾りのお雛様がたくさん物置に仕舞ってあります。
 
 ところで、庭では紅白の絞りの牡丹が満開になりました。ぜひ、拡大してご覧下さい。私一人で見ていてはもったいないです。牡丹は4種類あり、次第に大きなピンクの牡丹、そして、紫の牡丹へ、そして黄色へと次々に蕾が大きく膨らんでます。
 
 どんなことでも同様でしょうが、毎年育ててると無駄がなくなり、良く咲かせるコツが掴めてくる気がします。人生では一向に花が咲かない私ですが、コツが掴めれば好転するかもしれません。牡丹の成長を通して学んでます。
 
Img_1919
 
 Today is March 3rd in the lunar calendar, "Hinamatsuri" that literally means doll festival expecting the small daughter's growing up. Therefore, since the Heian period to the Edo period, and until the 5th year of the Meiji era, the dolls were probably displayed after it became quite warm rather than now, so that it is called the peach festival as well. Flower peach is still in bloom in my garden.
 
 On the other hand, strangely, this day is always lucky day every year called Taian in our nation. In my home, although it is rare now many dolls for daughter's five-tiered decorations are stored in the storeroom.
  
 By the way, the red and white dappled-peony is in full bloom in the garden. Please zoom in and see. It's a waste to see it alone, so please visit and see her. There is a parking lot in the garden. The location is west of the Kuragano Post Office in Japan where is not distant from NZ. There are four types of peony, and the buds gradually swell to large pink, purple, and yellow one after another.
 
 As with all things, if we grow it every year, there will be no waste and we will get the knack for making it bloom well. My life doesn't bloom at all, but life may improve if I get the knack of it. I'm learning through peony's growth how to live happily.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年1月30日 (土)

今の下弦の月が小さくなり、消えると旧暦の正月

Img_1635
 
 今宵、群馬県から見た午後9時の月です。右上が少し欠けてます。写真を拡大すると月面の山岳の凸凹が分かります。ところで、月面から現在の地球を見ると太陽の近くにあり、眩しくて見えないと推測します。月齢は17です。
 
 今後、月の満ち欠けは小さくなり、明け方に東の空で日に日に細くなります。そして、ついに月が見えなくなる新月は2月12日で、この日は旧暦の元日です。中国やアジア諸国では現代でも、この日を新年として盛大に祝うようです。
 
 日本でも明治5年までは、この日がお正月で梅もたくさん咲き始め、お正月が新春と言われました。太陽暦の1月1日は春とはかけ離れてます。
 
 This photo is the moon taken at 9 pm tonight seen from Gumma prefecture, Japan. The upper right is a little missing. If you enlarge the photo, you can see the unevenness of the mountains on the moon surface. By the way, if you look at the present earth from the moon surface, it is near the sun so that you can't see it because of dazzling. The phase of the moon is 17.
 
 From now on, the moon will become smaller day by day, and will gradually become thinner in the eastern sky before daybreak. And finally, the new moon when the moon disappears is February 12, which is the New Year of the lunar calendar. It seems that China and other Asian nations will celebrate grandly even the present day.
 
 Even in Japan, until the 5th year of the Meiji era 1872 year, this day was the New Year's day. Therefore many plums began to bloom, and it was said that the New Year was spring. Nowadays, January 1st of the solar calendar is far from spring.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査