カテゴリー「健康的な春の過ごし方」の8件の記事

2021年4月 8日 (木)

年々高さが増す築山・・・植物を目の高さで楽しむ

Img_1904

【拡大すると全体像がよく分かります。】

 家の新築時に土台を作るために多量に出る土は一般的には不要の土として処分されます。しかし、私はその土を取っておき、ご覧の通り人工的な小高い山を作りました。これは築山と言いますが、最も高い所で1mほどあり、いわば大人の遊び場です。現在、ここには源平しだれ桃と品種名・羽衣と命名されてる花桃、そして3種類のツツジ、各種グラジオラス、そして水仙が植わってます。

 頂上には直径1m、深さ20㎝ほどの池をつくり、時々は井戸水を貯めてます。満水になっても、すぐに築山の隅々に浸みて行くので乾燥することもなく、植物の生育にとても好都合です。

 周囲が崩れぬように玉石を積み重ね、この作業も私自身で行い、かなりの重労働でした。結果的に肉体が鍛えられます。やはり時には比較的大きな石を素手で持ち上げ、崩れぬよう配慮しながらの作業や、築山全体の形造りが創意工夫になり、こんなことでも大袈裟に言えば、立体的な美的センスが求められます。

 築山の素晴らしさは、水仙でもチュウリップでも、グラジオラスでも、下に咲かず、目の高さの近くで咲くことから詳細に観賞にとてもよいです。一般的に草花は低い位置に植えます。しかし、その作業は得ていて腰を痛めやすく、花を上から見ることのみになります。花は人間の目の高さ近くで見るととても表情がよく分かります。

 ところで、実は、この築山は年々少しずつ高さが増してます。その理由は晩秋になると庭には樹木の落ち葉と枯れ草がたくさん出ます。それをゴミ収集車に出さず、すべてこの築山の上に被せ、肥料として有効利用してます。捨てるのはもったいないと感じてます。

 これは山岳地帯の自然を模倣してることになり、積み上げた落ち葉の上にきれいな土を被せます。これにより高さが増すわけですが、落ち葉や枯れ草は潰れてしまうので、実際には年々5㎝ほど高さが増してます。

 一方、土が崩れぬよう、昨秋は周囲に玉石を積みました。私の庭にはどうしたことか昔から比較的大きな石がたくさんあるので処分に困ってましたが、近年では逆にこれを有効利用してます。

 若き日の私が夢中になったものは音楽とレース鳩飼育で、植物に興味がありませんでした。しかし、両親は花が大変好きでした。最近、私が両親の年令に達し、両親から受け継いだ遺伝子が蘇ったのでしょう。現在は植物がよく開花するように、明けても暮れても庭の樹木の剪定と水遣りに専念する日々です。自分でも不思議なくらい一日中、夢中です。しかし、この夢中こそ、現在、広く社会で問題となってる認知症対策の最たるものかもしれません。

 間もなく、二本の日本シャクナゲが咲く気配で、急に蕾が大きくなり始めてます。果たして本来の味である素朴さを十分に表現するでしょうか。同様に赤紫の藤の蕾も膨らみ始めてるのでしっかり世話しなくてはなりません。家の前の道を通る多くの皆さんが、思わず立ち止まって見てくれる状況を作ります。そこに楽しい会話が生まれます。

  

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

二十四節気の「清明」では、太陽が「魚座」の中に

Photo_20210404032201
 
 春分の日から半月が経過し、今日は二十四節気で「清明」です。秒速約29㎞のスピードで反時計回りに公転を続けている私たちを乗せた地球から見る太陽の背景は「魚座」の途中になりました。
 
 上の図では左の太陽です。魚座は日本では10月上旬の午前0時に頭上近くの真南に大きく見えます。ご覧の通り、インドの形をしてるのですぐに分かります。この太陽の位置を赤経1hで表します。ここは天の赤道より少し北に位置します。なお、天の赤道は冬に出るオリオン座のベルトの「三つ星」の位置ですから、それを知っておくと便利です。
 
 いよいよ北半球の中緯度に位置する日本では最も清々しい季節になります。野外に出て自然を満喫しましょう。
 
 Half a month has passed since the vernal equinox day, and today is the "Seimei" which is the second season divided 24 solar calendar. The background of the sun seen from the earth on which we are dwelling, which continues to revolve counterclockwise at a speed of about 29 km / s, is in the middle of "Pisces".
 
 In the figure above, it is the sun on the left. In Japan, Pisces looks large in the south near overhead at midnight in early October. As you can see, it has an Indian shape so you can easily see it. The position of this sun is represented by Right Ascension 1h. It is located slightly north of the celestial equator. The celestial equator is the position of the "three stars" on the Orion belt that appears in winter, so it is convenient to know that.
 
 It is finally the freshest season in Japan which is located in the mid-latitudes of the Northern Hemisphere. Let's go outdoors and enjoy beautiful nature.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

花桃が満開になりました。

Img_1890
【この写真は二階の窓から撮りました。拡大すると臨場感が出ます。】
【This photo was taken by me from the window on the second floor. When you expand, it gives a sense of realism.】
 
 旧暦の「桃の節句」が近づき、庭の枝垂れ桃たちがすべて咲き始めました。写真の左は「源平しだれ」で、右は「羽衣しだれ」です。この他の場所にも花桃が咲いてます。
 
 また、私の好きなシャクナゲたちも各種が咲き始めてます。お近くの方は見にいらしてください。花見をしながら庭のテーブルで「人生や音楽」について語りましょう。お茶をお入れいたします。
 
The "Peach Festival" of the lunar calendar is approaching, and all the weeping peaches in the garden have begun to bloom. The left side of the photo is "Genpei bicolored Weeping" and the right side is "Hagoromo Weeping". Flower peaches are also in bloom in other places.
 
 Also, various kinds of my favorite rhododendrons are beginning to bloom. If you are near, please come visit me. Let's talk about "life and music" at the garden table while watching the peach blossoms. I will make tea for you.
 

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

枝垂れる植物のオンパレード

Img_1845
 
 昨年、植え替えた枝垂れレンギョウが玄関の横で満開になりました。花の色彩の中でも黄色は目立ちます。予想してたより花数が多く、今後は年々華やかに咲きそうで、また、一つ楽しみができました。
 
 これも亡父が50年以上前に、どこからか手に入れたものです。根元から子供が出てきて親の幹が枯れ、徐々に世代交代してます。何故、枝垂れるか、については明らかではありませんが、枝に太陽光が当たるとその表面が伸びる性質があるのかもしれません。時季は少しずつずれても、庭には枝垂れ梅、源平しだれなどが美を競ってます。
 
 お近くの方は見にいらしてください。お茶を飲みながら人生を語りましょう。ご希望ならばソプラノサクソフォーンも吹きます。
 
 The replanted Weeping Forsythia last year, was in full bloom next to the entrance. Yellow stands out among the colors of flowers. There are more flowers than I expected, and it looks like it will bloom year by year, and I can enjoy it again.
 
 This was also obtained by my late father from somewhere more than 50 years ago. A child comes out from the root, the trunk of the parent withers, and the generations are gradually changed. It is not clear why it is weeping, but it may have the property that its surface stretches when the branches are exposed to sunlight. Even if the seasons shift little by little, weeping plums and Genpei weeping peaches compete for beauty in the garden.
 
 If you are near, please visit me. Let's talk about life with a cup of tea. I also play the soprano saxophone if you wish.
 

| | コメント (4)

2021年3月 8日 (月)

楽しみな「雪柳」の満開はもうすぐ

Img_1782
 
 今日の日の出は6時5分、日の入りは17時45分です。【群馬県高崎市】また、昼の長さは11時間40分になりました。因みに冬至では9時間41分でしたから、すでに2時間も昼の時間が伸びてます。
 
 季節は早春から本格的な春へと進み、ついこの間まで枯れ枝であった雪柳は急に開花の準備に入り、1年に1回、純白のステージに立とうとしています。人間の私が応援できることは毎朝の水遣りです。
 
 最初は本当に小さかった雪柳でしたが、今では枝が四方八方へと膨らみ、私の背の丈ほどになりました。蕾の数は推定数万。日々の喧騒の中で汚れてしまった私の心をもうすぐ洗ってくれるでしょう。
 
 Today's sunrise is 6:05 and sunset will be 17:45. [Takasaki City, Gumma Prefecture] The length of the day will be 11 hours and 40 minutes. By the way, it was 9 hours and 41 minutes at the winter solstice, so the daytime has already increased by 2 hours.
  
 The season progresses from early spring to real spring. Yukiyanagi that is spirea which had been a dead branch until recently, and she is suddenly preparing for flowering and is about to stand on the pure white stage soon once a year. What I can support as a human being is watering every morning for her.
  
 At first it was a really small spirea, but now the branches swell in all directions and are about the height of my stature. The number of buds is estimated to be several thousands. It will soon wash my heart which has become dirty in the hustle and bustle of daily life.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (2)

2021年2月25日 (木)

まるで倉賀野梅林

Img_1745

【写真はクリック拡大するといずれもピントが合います。】

 真冬に戻ったり、春の気配を感じたり、三寒四温を繰り返しながら、少しずつ春本番へ近づいてることを庭の5種類の花梅の開花状況で感じる今日この頃です。玄関前で枝を垂れ下げながら咲く大きな白梅も満開になりました。

 先日は、隣の家族を呼び、庭で花見をしました。母に連れられて来た小学生の二人の娘さんと保育園児の男の子は花より団子で嬉しそうに花梅の咲く庭をぐるぐる回りながらはしゃぎ回ってました。疲れを知らない子供たちです。お母さんと私は屋外のテーブルでビールを飲み、ゆったりした解放感に浸ります。自然とは、人間の気持ちを互いに打ち解けさせ、あれこれ会話を弾ませます。

 午後4時からの花見は続き、次第に暗くなったので今度は家の中に入り、私がピアノで東北震災支援曲「花は咲く」を弾いたりして、結局3時間も愉快な交流は続きました。私も毎日一人のため、珍しく賑やかなことに気持ちがリラックスし、思い出に残る花見になりました。

 しかしながら、JRにお勤めのご主人は泊まりで仕事とのことで申し訳なく思いました。次回は彼も入れて「源平しだれ桃」を見る会を行ないたいと思います。

Img_1744

 ところで、梅の木は、たくさん水を与えると花が生き生きし、誠によく咲きます。亡き両親が井戸を掘っておいてくれたお陰で、今では、蛇口を捻ればスイッチが入りポンプにより無尽蔵に出てきます。ですから水道代はかかりません。

 私の日課は、朝起きると庭に出て、20分ほどすべての植物に水に遣ることから一日が始まります。これこそ朝飯前です。庭には50本ほどの樹木と、水仙、チューリップなど球根類が芽を出しており、水を欲しがってることが分かります。これらの植物には私の朝食より先に根を潤してやります。

 近年まで半世紀以上に亘り、レース鳩を飼育していたことから、鳩が今何を欲しているかが分かるようになってました。塩土や鉱物飼料を与えるとすべての鳩が集まり、啄ばみます。植物を見ても次第に同様の気持ちが分かりつつあります。動物も植物もよく観察することが基本と思います。

 ところで、梅の木の管理について、大切なことは花の「色彩の濃さと樹形の魅力」ではないでしょうか。色彩については水と、ごく稀に与える肥料です。特に土が乾いてるときはたっぷり与えます。根は私たちの想像を超え、地中の四方八方に広がりを見せることから、十分に水を与えなくてはなりません。肥料については遣り過ぎないことが肝心です。

 樹形については剪定です。これだけは自然に任せておかず、人工的に手を加えます。剪定には二種類あり、余分な小枝を切り落とすもの、もう一つは比較的大きな枝を大胆に切り落とすものです。これにより新たな芽が吹き出します。

 梅の特徴は桜と異なり、剪定により生まれ変わったように生き生きしてきます。結果的に今までと樹形が改善する植物です。注意点は、花の咲かない時季でも、樹形は一年中楽しむものですから、必ず、5メートル以上離れ、四方八方から眺めつつ行なうと失敗がありません。

Img_1743

 こちらは1本の梅でも紅白に咲き分ける品種名「思いのまま」です。おそらく幼木のとき、植木職人が遊び心で白い梅の木に紅梅を接ぎ木したのではないでしょうか。紅白共に花の形や大きさは同じです。お近くの方は見学にいらしてください。駐車場完備。

   

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

一気に春が来ました。しかし、人生は晩秋辺りか

Img_1727_20210221145501
【拡大してご覧ください。】
 
 今日の暖かさで枝垂れ紅梅が一気に満開です。私一人で見ててはもったいないです。今日は庭のテーブルで生ビールで乾杯します。
 
 思い出せば、この花梅を「いすゞ117クーペ」のトランクに載せて、はるばる埼玉県花園町から倉賀野まで運んだのですから、若かった私は情熱がありました。あの頃の情熱は一体どこへ行ってしまったのだろう。
 
 いや、人間の情熱に年齢は関係ないかもしれない。いつになっても素晴らしいと心から感銘すれば、今まで以上に情熱は溢れる出る筈だ。今度は、この情熱をどこへ振り向けるかが肝心だ。
   
 By means of today's warmth in Japan, the weeping red plum is at her best at once. It's a waste for me to see alone. Today I will have a toast with draft beer at the garden table, thinking together with you.
  
 When I recall, I loaded this weeping red plum on the trunk of "Isuzu 117 Coupe" and carried it all the way from Hanazono-town, Saitama Prefecture to Kuragano-town, so I was passionate when I was young. Where has my passion of those days gone?
  
 I deny it. Age doesn't matter to human's passion. If I am deeply impressed with how wonderful it is, I will be more passionate than ever. The point is where I apply this passion to.
 
※上の拙い英作文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

健康維持に、いつまでも身体を動かしたい

Img_1349_20210208055701
 
 群馬県では、今日の日の出は6時39分で、日の入りは17時17分予定です。このため昼の長さは10時間38分になります。因みに冬至の昼の長さは9時間41分でしたから、すでに昼が約1時間も長くなってます。水仙や梅が咲き出し、私は庭の植物すべてに水を与える日課が始まってます。いくら与えても井戸水なので植物には良さそうです。
 
 ところで、植物同様、私たち人間も同じ生物ゆえ、天気の良い日には外に出て十分に呼吸し、特に下半身の運動を怠らないようにして、いつまでも思い通りに身体が動くことを目標に、今日もウォーキングしたい。
 
 In Gumma prefecture, Japan, today's sunrise is 6:39 and sunset will be 17:17. Therefore, the length of the daytime is 10 hours and 38 minutes. By the way, the length of the daytime at the winter solstice was 9 hours and 41 minutes, so the daytime became already about an hour longer. With daffodils and plums blooming, I started my daily routine of watering all the plants in the garden. No matter how much I give water, it is well water, so it is not harmful for plants.
 
 By the way, like plants, we humans are the same creatures, so when the weather is fine, we go out and breathe well, especially exercise the lower body. I will aim for my body to move forever as I want. I 'd like to walk today as well.
 
Img_1666
  

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 予防 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地球 地球環境 夏の星座 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 食事 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査