カテゴリー「倉賀野のよい所」の16件の記事

2022年12月 4日 (日)

今日から人権週間

Img_3977
  
 群馬県では、1年で日の入り時刻が最も早いのは今日12月4日から12月8日までで、16時28分です。しかし、これは経度・緯度から計算した時刻です。群馬県西南部は山岳地帯ですから、実際にはこの時刻より10分ほど早く陽が沈みます。
 
 因みに、日の出時刻が最も遅いのは来年1月4日から1月10日までで、6時56分です。ですから、冬至は昼の長さが最も短い日で、9時間41分です。
 
 ところで、昨日の午後は寒冷でしたが、陽射しがあり、風がなかったので、暫くぶりに家から倉賀野緑地まで往復4Kをウォーキングしました。ご覧の通り、紅葉してつい目を奪われました。
 
 この辺りは昔の恋人の家の近くですが、半世紀以上前に埼玉にお嫁に行ったとのことで、今頃どうしているでしょう。近年、年賀状も来なくなりました。
 
 今日の午前は植木屋巡り、寒さ厳しき折、午後はお気に入りの「吉井ドリームセンター」の日帰り温泉へ、青い愛車で身と心を温めに行こうと思います。今日から人権週間。人間として最も大切なことを考える日です。
  
  
Dear my friends abroad who want to soak into a hot spring for relax
 In my Gumma Prefecture, Japan, the earliest sunset time in a year is from December 4th to December 8th, at 16:28. However, this is the time calculated from the longitude and latitude. As you know, the southwestern part of Gumma Prefecture is a mountainous area, so actually the sun sets about 10 minutes earlier than this time above mentioned.
   
 On the other hand, the latest sunrise time will be from January 4th to January 10th next year, at 6:56. Therefore, the winter solstice is the shortest daytime, that will be 9 hours and 41 minute.
 
 Not change the subject, but yesterday afternoon was cold, but there was sunshine and no wind, so I walked from my residence to Kuragano Ryokuchi that means a Greenery Park in 4km after a long interval. As you can see, the marvelous autumnal leaves caught my eye.
 
 This area is near the house of my old sweetheart, but I heard that she married in Saitama Prefecture more than half a century ago, so I wonder how she is now. In recent years, New Year's cards have also stopped coming.
 
 This morning, I'm going to visit garden plants, and in the afternoon, due to cold, I'm going to go to my favorite day-trip hot spring named "Yoshii Dream Center" by my blue car to warm my body and soul. Human Rights Week starts today in Japan. It's a day to think about the most important thing as a human being.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

| | コメント (0)

2022年11月26日 (土)

ウォーキング 利点は健康 そして考える

Img_3950
【画像を拡大すると臨場感が出ます。】
  
 昨日の夕方、倉賀野町の南を流れる烏川付近をウォーキングしてたところ、通称・城山に隠れる日没に運よく出合いました。空には偶然に、飛行機雲が新潟方面へ伸びつつある光景です。現在は急に陽が沈む感じで、晩秋の陽は「釣べ落とし」と言われる所以です。
 
 調べてみると群馬県では、年間で最も早い日没時刻は12月4日から12月8日までの16時28分です。冬至になるとすでに5分ほど日が伸びます。
 
 ウォーキングコースは倉賀野城址から井戸八幡神社、そして旧・倉賀野河岸一帯の烏川の崖の上です。高い位置から見る烏川の流れは湖の如く穏やかで、川面にはシベリア方面から飛来したと想われるカモ類が50羽ほど羽を休めてる長閑な佇まいです。
 
 歩きながら考えました。「何故、この地は倉賀野という地名であるか」です。
 
 ある講演会の講師の説では、日本では昔から、このように高い崖のことを「倉」と呼んでいたようです。一例として、有名な谷川岳に急峻な崖を持つ「一ノ倉」という山がある如くです。こう考えると、高い倉の上に広がる野であったことから倉賀野と命名されたと言えるようです。現在でも、南の阿久津方面から眺めると、倉賀野は長い崖の上に存在してます。
 
Dear my overseas friends whom I met and including internet friends
 Yesterday evening, when I was walking near the Karasu-River, which flows south of Kuragano-Town, I was lucky enough to come across a sunset hidden behind Mt. Shiroyama as you see. Coincidentally, in the blue sky, there is a long contrail extending toward the city of Niigata. I feel the sun goes down suddenly. This is the reason why the late autumnal sun is called “Tsurubeotoshi” that means the autumn sun sinks really fast like a bucket used at the well in old days.
 
 According to research, in Gumma Prefecture, the earliest sunset time of the year is from December 4th to December 8th at 16:28. At the winter solstice, the sunset will be later 5 minutes.
 
 This time, my walking course was from the Kuragano castle ruins to Well Hachiman Shrine that situates on the cliff of the Karasu-River along the Kuragano River Harbor in Edo era. Viewed from a high position, the Karasu-River flows as calmly as a lake, so that about 50 ducks which are thought to have flown in from Siberia, are resting on the surface of the river.
 
 Not change the subject, but "I thought while walking." "Why is this place called Kuragano?"
 
 According to the theory of a lecturer at a lecture, a high cliff like this has been called a "Kura" in Japan since ancient times. As an example, there is a mountain called "Ichinokura" with a steep cliff in the famous Mt. Tanigawa. Considering this, it seems that it was named Kuragano because here was a field that spreads over a high cliff. Even today, when viewed from Akutsu-town direction in the south, Kuragano exists on a long cliff still now.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

| | コメント (2)

2022年11月19日 (土)

渡り鳥 既に飛来し 羽休め

Img_3921
  
 倉賀野駅の北東側にはご覧の通り、広い通称「鯉池」があります。何かと運動不足の折、昨日ウォーキングに行きましたら、2週間前には1羽もいなかった鴨が500羽ほど飛来しており、安らぎの光景でした。
 
 夏季に住んでたと推定されるカムチャッカやシベリアの現在は、私たちには考えられないほど寒冷であり、きっと餌の確保が難しいのでしょう。ロシア~日本間の渡りは有史以前より繰り返されていたと想われます。今春ロシアで生まれた雛たちも親に連れられて来ています。生まれて6ヶ月ほどで数千キロの海原を飛ぶとは、素晴らしい飛翔力と方向判定能力です。
 
 ところで、この鯉池について歴史を紐解くと、活火山・浅間山(標高2568m)の大噴火があった天明3年(1783)以降、倉賀野でも火山灰が20~30cm降り積もったと記されてます。実は私の庭でも20cmほど掘ると浅間砂が出てきます。火山灰を集めた灰塚だったようです。
 
 天明年間は史上まれに見る多難な時代で、田畑は壊滅的な被害を受け、その後も天候不順が続き、大凶作となり、いわゆる天明の飢饉が続きました。
 
 この堤は当時の農家の人たちが総出で、足掛け4年かかって作った人造湖で、以来230年以上経過した現在でも、倉賀野東部の田畑を潤してます。また、このように北からの使者の憩いの場として長閑な風景を醸し出してます。そばに行くと鴨たちは近寄って来ます。
  
Img_3924  
  
Dear my friends abroad who are interested in history and migratory birds 
 As you can see, on the northeast side of JR Kuragano-Station, there is a large pond for carp. When I didn't get enough exercise, I went for a walk yesterday, there were about 500 ducks which hadn't even existed two weeks ago, and it was a peaceful sight.
 
 Kamchatka and Siberia which are believed to be unimaginably cold now. The migratory birds have lived there in summer. But recently they must be difficult to secure food. Migration between Russia and Japan is thought to have been repeated since prehistoric times. Chicks born in Russia this spring also came accompanied by their parents. Flying over thousands of kilometers of the ocean in about 6 months of age is a marvelous ability of flying and the sense of direction.
 
 By the way, looking at the history of this carp pond, it is written that 20 to 30 cm of volcanic ash fell on Kuragano-town after Temmei 3 (1783), when the active volcano Mt. Asama (altitude 2,568 m) erupted. In fact, if I dig about 20 cm in my garden, Asama's volcanic sand came out. It seems that my garden was an ash mound where volcanic ash was collected.
 
 The Temmei era was a period of unprecedented hardship with devastating damage to the fields, followed by unseasonable weather and a severe crop failure, followed by the so-called Temmei famine.
 
 This spacious pond is an artificial lake that needed 4 years to build by all the farmers at the time, and even now, more than 230 years later, it continues to irrigate the fields in the eastern part of Kuragano-town. In addition, it creates a tranquil scenery as a resting place for messengers from the northern continent. If I go near the ducks, they come closer.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

| | コメント (2)

2022年11月10日 (木)

晩秋に 見事な紅葉 夏蝉しぐれ   

Img_3898
  
 写真は私の家から歩いて5分の所にある欅の木で、樹齢500年程と想われる倉賀野一の巨樹です。晩秋を迎え、ご覧の通り、見事な紅葉になってます。拡大してご覧になると臨場感が出ます。
 
 5月の新緑に始まり、夏季は数千匹と推定される蝉しぐれを呈し、早朝から鳴き声に癒されます。江戸時代中期より続く生命は自然の猛威に打ち勝った揺るぎない姿、そして四季折々の光景は我々人間に強靭な精神の在り方と共に、柔軟な生き方を教えているように見えます。
 
 太い幹の地上から10m付近には、不思議にも、大きな穴が開いており、家の方に尋ねても「昔から開いてました。」というだけで、穴が開いてる理由は謎です。私はウォーキングコースとして、この木のすぐ北を通過します。
   
476  
   
 ところで、ウォーキングの目的は下肢の筋肉増強や血流促進のほか、このように自然界の変化する姿を味わいつつできます。ウォーキングで大切なことは、ある程度の歩数と共に、たまたま私の足は長いこともあり、ストライドの広さに重点を置いてます。今日も秋晴れと予報され、温かい時間帯に歩きます。
  
Dear my overseas friends who like nature and health
 The picture shows a huge zelkova tree located five minutes on foot from my house. It's late autumn in Japan, and as you can see, the leaves are turning beautiful. If you zoom in, you will get a sense of presence.
 
 Beginning with the fresh greenery in May, estimated thousands of cicadas are chirping in the summer, and we are soothed by their chirping from early morning. Life that has continued since the middle of the Edo period has an unwavering appearance that has overcome the rage and ferocity of nature, and the scenery of the four seasons seems to teach us human beings how to live a flexible way of life along with a strong spirit.
 
 Strangely enough, there is a large hole in the thick trunk about 10m above the ground. I have ever asked the householder about the reason of this hole, but he said there was the hole since he was born only. So it is a miracle riddle. I pass just north of this zelkova tree for my walking course.
  
 Not change the subject, but the purpose of walking is not only to strengthen the muscles of my lower extremities and promote blood circulation, but also to enjoy the changing appearance of the natural world. The important thing in walking is a certain number of steps, and my legs are so happen to be long, I focus on the width of my stride. The forecast is for clear autumn weather today, so I will walk during the warmer hours.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/..
  

| | コメント (2)

2022年8月27日 (土)

夏惜しみ 歴史の倉賀野 ウォーキング

Img_3661
 
 以前より幾分か夕方は涼しくなったので、倉賀野を流れる一級河川・烏川の畔を往復4Kウォーキングしました。ここは流れが穏やかなので、江戸時代には江戸から高瀬舟がここに到着し、海産物を荷揚げしたターミナルであった倉賀野河岸の雰囲気が今でも感じられます。
 
 烏川の北側は広大な倉賀野緑地となっており、人々は愛犬を散歩させたり、ウォーキングする人たち、野球やサッカーをする人たち、また、時々、倉賀野中陸上部の生徒さんたちが走りにやってきます。
 
 彼らが走り過ぎると、私は倉賀野中校歌を歌いました。すると彼らは振り返ります。実は、倉賀野中校歌は私の姉が作曲し、すでに60年ほど歌い継がれています。
 
Dear my friends who like song of your alma mater
 The evening has become a little cooler than before in Japan, so I walked a round trip 4km along the banks of Karasu River which is the first-class river that flows south of my Kuragano-town. The current of this river here is calm, so I can still feel the atmosphere of the Kuragano river harbor which was a terminal for the sail-boat named takasebune that arrived here from Edo and unloaded seafoods during the Edo period(1600〜1868).
 
 On the north side of the Karasu-River is the vast Kuragano Greenery Park where people walk with their dog, walk, play baseball and soccer, and sometimes students of Kuragano Junior High School Athletics Club come to run.
 
 After they run too far, I sang the Kuragano Junior High School song. Then they look back. In fact, the Kuragano Junior High School song was composed by my eldest sister and has been sung for about 60 years.
 
※For the Japanese people   
上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年2月 8日 (火)

知られてない 巨大な古墳 大鶴巻

Img_2850
【高さ10mほどの大鶴巻古墳】拡大してご覧ください。
  
 昨日の夕方、暫くぶりに故郷・倉賀野の古墳群へウォーキングに行きました。最近の倉賀野には休日になるとリュックを背負って歩く歴史探訪の人たちの姿が見受けられます。倉賀野は今でもあまり発展してないことから、それが幸いして江戸時代を彷彿させる街並みが現存するからでしょう。
 
 しかし、それよりずっと古い5~6世紀に造られたと想われる巨大な大鶴巻古墳を見学する人は少なく、知らずに通り過ぎてしまうようです。理由は旧国道から離れた位置にあり、気づかないのでしょう。
 
 写真上は巨大な大鶴巻古墳で、私は小鶴巻古墳(写真下)の山頂に登って撮りました。2基の古墳には発掘された気配はなく、未だに古墳内には古代の遺品が眠っている可能性が考えられます。
 
 この他、倉賀野に現存する古墳は正六地区の浅間山古墳、下町地区の長賀寺古墳、南町地区の一本杉古墳、及び上町地区の安楽寺古墳です。古の倉賀野を散策するには、頂上へ登れる巨大な大鶴巻古墳がお勧めです。
 
Img_2851
【小鶴巻古墳】
  
Dear my friends who are interested in history
 Yesterday evening, I went to the old burial mounds in my hometown, Kuragano, by walking after a long interval. These days, there are many people carrying backpack on holidays to explore history of Kuragano. My town Kuragano still doesn't develop much, so fortunately there is a townscape that is reminiscent of Edo period.
   
 However, few people visit the huge Ohzurumaki burial mound, which is thought to have been built in the 5th to 6th century, which is much older than the townscape, and it seems that they pass by without knowing it. The reason is that it is far from the national road named old Nakasendo and they may not notice its existence.
 
 The photo above is a huge Ohzurumaki tumulus, and I climbed yesterday and took the photo from the mountaintop of the Kozurumaki tumulus (below of the photo). There is no sign of excavation in the both burial mounds. Therefore it is possible that ancient relics are still sleeping inside the burial mounds.
  
 In addition, the existing burial mounds in Kuragano are the Sengenyama burial mound in Shoroku district, the Cyohgaji burial mound in Shimocho district, the Ipponsugi burial mound in Minamicho district, and the Anrakuji burial mound in Kamicho district. I recommend you to explore the huge Otsurumaki Tomb that you can climb the top.
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2021年12月 7日 (火)

倉賀野に 土俵があります 諏訪神社

Img_2635
 
 寒くて家の中にのみいる時間が多くなりがちなので午後3時からいつもと違うコースで、倉賀野町をウォーキングし、見聞を広めました。
 
 それは養報寺~諏訪神社~300年以上の昔に造られた古堤~穴池踏切~鯉池~倉賀野駅北口の階段昇りです。倉賀野の町民でも高崎線の穴池踏切を渡った人は少ないでしょう。また、諏訪神社に相撲の土俵があること知らない人も多いでしょう。
 
 今日も姿勢に注意して、散策ではなく、ある程度のスピード感を意識したウォーキングに心掛け、帰宅後、牛乳を一杯飲みました。これが意外と骨粗鬆症対策に効果があると感じます。
 
Dear my friend overseas
 It's cold today so that I tend to spend more time in my home, so from 3:00 pm I walked around Kuragano-town through a different course to spread my knowledge.
 
 It is Yohoji temple~Suwa Shrine~an old agricultural irrigation built over 300 years ago~Anaike railroad crossing~Carp pond~climbing Kuragano station north exit stairs. Few people in Kuragano-town have crossed the Anaike railroad crossing on Takasaki Line. Also, many people may not know that Suwa Shrine has a sumo wrestling ring.
 
 Even today, I paid attention to my posture as usual and tried to walk with a certain speed in mind instead of strolling relaxingly. After returning home, I drank a glass of milk. I feel that this is surprisingly effective against osteoporosis.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

いい大人 あちこち探した 松ぼっくり

Img_2624
 
 次女に頼まれて、と言っても多分、次女の娘たちが欲しかったのでしょう。私に「松ぼっくり」を探してほしいとLineがありました。しかし、果たしてどこに落ちてるかと、近所の松のある家の庭を見ましたが、樹木が比較的小さいからでしょうか、「松ぼっくり」は見当たりません。結局、私はウォーキングを兼ねて我が町・倉賀野を歩き始めました。途中に戦没者を祀る忠霊塔で探しましたが、見当たりません。
 
 その後、私の家から20分ほどの距離にある養報寺の境内に行ったら、何と大きな松の木があり、しかも、嬉しいことに「松ぼっくり」がたくさん落ちてました。あちこち、いくら探してもなかったのに、やっと見つかり、いい大人がこんなことでも嬉しいものです。私が松ぼっくりを拾う姿をご想像ください。それにしても大きくてきれいです。次女の娘たちも喜ぶでしょう。
 
Dear my friends and my second daughter
 My second daughter asked me by line to look for "pine cones", but maybe her daughters wanted it. However, I looked for in the garden of the neighborhood, but I couldn't find any "pine cones" probably because the trees were relatively small. After all, I started walking in my town named Kuragano-machi, as well as walking. Then, on the way, I searched for it in the loyalty tower that enshrines the war dead during World War Ⅱ, but I can't find it.
 
 After that, when I went to the precinct of Yohoji Temple where is about 20 minutes away from my home, there was a big pine tree, and I was happy to find a lot of "pine cones" under the tree. So far I couldn't find it here and there, but I finally found it, so I was happy to the core. Please imagine me who is picking up pinecones in the temple. Even so, it's big and beautiful. The daughters of second daughter will also be pleased.
 

| | コメント (2)

2021年9月25日 (土)

倉賀野の 古墳群には 目を見張る

Img_2372_20210925041001
Img_2371-2Img_2386-2
 
 我が故郷・倉賀野町の南西部には大鶴巻古墳(上)と小鶴巻古墳(左下)が右下の図のように近くに並んであります。いずれも前方後円墳で、作られたのはいわゆる古墳時代で5~6世紀と推測されます。
 
 特に大鶴巻古墳の全長は123mという巨大なもので、ご覧の通り、平坦地に土を二段にして盛り上げられています。高さは10mほどです。頂上には現在アカシアの木が植えられ、そばで見るといずれも巨木化しています。
 
 この古墳群の北西の直線距離300mほどの所に、もう一基かなり巨大な浅間山(せんげんやま)古墳があります。こちらはあまり整備されてませんが、中仙道沿いにあり、私は近いうちに登って探検するつもりです。
 
Dear my overseas friends
The Ohzurumaki burial mound (top in Photo) and the Kozurumaki burial mound (lower left) are lined up nearby in the southwestern part of my hometown, Kuragano-town, in Gumma prefecture, Japan, as shown in the lower right figure. Both are an ancient burial mound that is square in the front and round in the back, and it is estimated that they were made so-called in the Kofun period in the 5th to 6th centuries.
 
 In particular, the total length of the Ohzurumaki burial mound is a huge 123m, and as you can see, the soil is piled up in two steps on a flat land. The height is about 10m. Currently, acacia trees are planted on the summit, and when I look at them at the summit, they are all huge trees.
 
 There is another fairly huge Sengenyama tumulus at a straight line distance of about 300m northwest of this tumulus group. This is not well maintained, but situated near Nakasendo that means ancient national road between Kyoto and Edo. I will soon climb to the top to explore.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。
  

| | コメント (4)

2021年9月16日 (木)

大鶴巻 頂上広く 高天原

Img_2373

【拡大してご覧ください。】

 楽聖ベートーヴェンはハイリゲンシュタットの森を散策中に楽想を練ったと伝えられますが、人里離れ、自然に囲まれた静寂な野道を散策すると、考えようとしなくても、あれこれ頭の中にいろいろ浮かんでくるものです。

 おそらく全身の血流がよくなることから、併せて脳内の血流がスムースになり、脳細胞が活発になるのでしょう。ですから、歩く速度は周囲の様子がよく見える自然の速さが相応しく、スポーツのように人と競うような速さでは物事は考えられません。

 今日は午前中、2時間ほどかけ、我が故郷・倉賀野町の西南部を散策し、約10年振りに写真の大鶴巻古墳に登りました。背の高いアカシヤの樹木に囲まれた平らな頂上は100坪ほどで意外に広く、高さは10mほどです。頂上に着くや否やの印象は、最近感じることがなかった自然の涼風が流れています。このように肌に快適な風は子供の時以来です。

 古墳への道はあまりはっきりしてませんが、周囲にある田んぼの畦道を横切ると古墳の麓に着き、頂上への道ははっきり有り、急勾配を登ると間もなく頂上です。頂上には一人の男性が子犬を連れていました。「ずいぶん涼しいですね。」と声をかけると「ここは空気がいいです」と言われ、子犬も私が来たので驚いた様子でした。ここは倉賀野町で最も景色がよい所です。

Img_2376

【頂上は高天原、アカシヤの幹で思わずテッポウした私】

 この大鶴巻古墳はいわゆる古墳時代に作られたものと推測され、1500年ほど昔、倉賀野にも豪族がいたのでしょう。どんな人が埋葬されてるかは全く不明ですが、本格的な前方後円墳で、この近くには同様の形を成す小鶴巻古墳もあり、この大鶴巻古墳と対になってる雰囲気です。頂上から北西に目をやると正六地区の大きな浅間山(せんげんやま)古墳が望め、西には、今では下佐野地区に所属する1つ古墳が見えます。

 昔の倉賀野には50基ほど古墳があったと言い伝えれますが、私が現在確認してるのは前述のほか、下町の諏訪神社の西にある「長賀寺古墳」、南町にある「一本杉古墳」です。これらは古の倉賀野を伝える貴重なものなので、今後、農地や宅地として地ならししてはなりません。

 ところで、倉賀野町の町中には不自然で比較的広い窪地があります。その場所は仲町と下町の間、そして横町の東にあたる場所です。ここを見学すると、切り立っていたり、あまりにも不自然な低地なので、私の推測では、前述の巨大な古墳はもとより、50基ほどの古墳を作るのに大量の土が必要なことから、この場所の土を掘って運び、多くの古墳を作ったのではないかと想像できます。大昔の倉賀野は宮之原と呼ばれ、山など古墳を作る土は他にありません。

 それにしても、初秋の日差しの中、今日は午前中のウォーキングで体調はまずまずでした。「健康とは運動と栄養で作るもの」であり、足腰に多少の負荷をかけ、肉体を鍛えることに留まらず、併せて、ウォーキングによって目や耳により見聞を広め、今後の生き方や発想力を培いたいと思います。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象病 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡りの習性 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査