カテゴリー「ガーデニング」の5件の記事

2022年5月13日 (金)

小雨の中 藤の再生期して 剪定し 

Img_0513
  
 今日は朝食後、一休みしてから100キロ近くある大きな植木鉢の「藤」を剪定したり、土を入れ替えたりしました。しかし、根が密集し、たくさんの土を掘り出せません。
 
 途中で考えを変え、土を替えられないのなら、逆に、枝を少なくして栄養が行き渡るように剪定しました。また、土の表面に軽石を入れ、ついでに、固形の油粕を埋め込みました。
 
 根の量は変わらず、枝を半分ほど剪定したので、栄養の効率が良くなる筈です。果たしてどうでしょう。
 
 答えは、今後、蔓がたくさん出るかどうかでする。延いては、来春の開花が良いでしょうか。貴重な赤紫の藤なので大切に育てます。
  
Dear my friend who is fascinated by wisteria
 Today, after breakfast, I took a rest and pruned the "wisteria" in a large flowerpot which is nearly 100 kilogram weight, and replaced the soil. However, the roots are dense and it is not possible to dig up a lot of soil.
 
 So I changed my thought on the way and if I can't change the soil, on the contrary, I pruned the number of branches so that the nutrients will be distributed. In addition, pumice stones were put on the surface of the soil, and then solid oil cake was embedded as fertilizer.
 
 As a result, the amount of roots did not change, and the branches were pruned by half, so the efficiency of nutrition should be improved I guess. How is it?
 
 The answer is whether there will be many vines or not in the near future. By the way, is it good to bloom next spring? Since it is a precious red-purple wisteria, I will carefully raise it.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年3月31日 (木)

春の日に 植え替え作業で 重労働

Img_3111 Img_0145_20220331032401
【画像を拡大すると植えた所がよく分かります。】 
 
 昨日の群馬県は春らしい温かな日になり、どうしたことか、私は急に真っ赤な鹿児島という品種の紅梅を植え替え始めました。しかし、高さが3mもある樹木の根を掘るのに苦労し、暫くぶりに汗びっしょりになりました。
 
 取り掛かった作業を途中でやめることもできず、どうにか掘り出しましたが、今度は遠くまで引きずって行きました。一方、新たな場所には石が多くてこれまた掘るのに時間がかかりました。それでもどうにか植え替えられ、昨日の午前中いっぱい作業がかかりました。今度は庭先のよい位置で来年の2月に咲くでしょう。
 
 この品種は花のない寒い期間に1ヶ月以上咲き続けるので貴重です。当面、これから毎日、朝晩の水遣りを怠らず、新たな葉が芽を吹くまで大切に育てます。
 
 この樹木から私は、私に欠けてる情熱さを学びます。
   
Dear my friends who have a passion for nature and music
 It was a warm spring day in Gumma prefecture yesterday. For some reason I suddenly started replanting the variety of red plum named Kagoshima. However, it was hard for me to dig the roots of the tree that is 3m high, and I was perspiring all over after a long interval.
 
 I couldn't stop the work on the way, so I continued to dig it out, then I dragged it far. On the other hand, there were many stones in the new place so that I took time to dig again. Still, I could replant it somehow and it needed a lot of work yesterday morning. It will bloom in next February in an ideal location.
 
This variety is valuable because it blooms for over a month during the cold season without flowers. For the time being, I will continue to water carefully every morning and evening until the leaves sprout.
  
 From this red plum tree I learn the passion which I lack.
  
 ※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2022年3月28日 (月)

好まれなくても 優れた点は 学びたい

Img_3089
 
 1週間ほど前から私は庭で一つの作業をしています。それは玄関への敷石の両側にドクダミが繁茂してしまったので、その根を取り去る作業です。ご存じの通り、ドクダミの根は土の深いところまで蔓延し、しかも強くて簡単に取り去ることはできません。
 
 敷石は庭先から10mほど続いており、その両側をすべて掘り起こしました。しかし、小石が敷き詰めてあるので作業は容易でなく、毎日少しずつ行ってます。しばらく掘り起こしたままにして芽が出てこないことを確認してから小石を埋め戻す予定です。
 
 私は植物が好きですが、ドクダミは所かまわず生えてくる力強い生命力があり、数年後には、また、生えてくる可能性があります。ドクダミからはこの強靭な生命力を学びます。花はきれいなので一定のところに少しだけ残したい。
 
Dear my friend who likes flower and music
 I've been working in the garden for about a week. I am working of removing the roots of Houttuynia cordata that have grown on both sides of the paving stones to the entrance. As you know, the roots of Houttuynia cordata spread deeply into the soil and are so strong that I cannot remove easily.
 
 The paving stones continued about 10m. I dug up the both sides . However, it is not easy to work because it is covered with pebbles, therefore I pick up it little by little every day. I plan to dig it up for a while and make sure that no sprout buds come out, then I backfill the pebbles.
 
 Generally, I like plants, but Houttuynia cordata has a powerful vitality that grows everywhere, so that it may grow again in a few years. I learn this tough vitality from Houttuynia cordata. The flower of it is beautiful, so I will leave a little in a certain place.
 
D0e587c9
   
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (2)

2022年3月22日 (火)

本格的 花のシーズン 到来する

Img_0278_20220322033301 Img_0281
【クリックし拡大してご覧ください。】 
 
 今日から夜より昼間の時間が長くなります。今日の日の出は5時45分、日の入りは17時57分【群馬県】で昼の時間は12時間12分です。因みに冬至では9時間41分でした。
 
 3月も下旬となり、わが庭もいよいよ女王として君臨するかのような「花桃」の季節が近づいてます。
 
 不思議なことに遺伝における「分離の法則」でしょう。親が紅白に咲き分ける源平枝垂れでも、子供の中には写真右のように赤だけで咲く花桃が生まれてます。後2~3日で満開になる気配で、大切に育てます。
 
 写真左は雪柳の花を拡大して撮ったものです。枝に所狭しと咲いており、1本の樹木全体では数万と咲いてると想われます。植物を観賞するときは細かなところまでよく見ることが大切と感じます。私は今日も水遣りに専念します。おっと、今日は雨で必要ないです。
  
Dear my friend who likes peach flower
 From today, the daytime will be longer than the nighttime. Today's sunrise is 5:45, sunset is 17:57 [Gumma Prefecture, Japan], and daytime is 12 hours and 12 minutes. By the way, it was 9 hours and 41 minutes at winter solstice.
 
 The end of March has come, and the season of "Hanamomo" that means peach flower is approaching, as if she is reigning finally as a queen of my garden.
 
 Mysteriously, it would be the "law of separation" in heredity. Even if the parent of Genpei bycolored weeping blooms red and white, some children blooms in red only, as shown on the right in the photo. It will be in full bloom in a few days, so I will carefully grow it.
 
 The left side of the photo is a magnified view of the flower of Yukiyanagi spirea. It blooms narrowly on the branch, and it is thought that one tree as a whole blooms tens of thousands. When observing plants, it is important for us to look closely in the detail. I will continue to concentrate on watering today. Oops, it's raining today, so I don't need it.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2021年12月23日 (木)

グラジオラス 来春楽しみ 浮き浮きす

Img_2691

【幹がくねった源平枝垂れがある築山】

 半世紀以上前に亡父が植えた黄色のグラジオラスが今でも毎年6月に、築山の西端に押しくらまんじゅうしながら咲いていました。それは見た目にも窮屈で可愛そうで、私は、いつかその塊を別々に分けようと考えてました。

 今日の午前中は温かく庭いじりに適していたことから、それを思い出し、思い切ってグラジオラスの球根を掘り出したら25個ほどが出てきました。地面から10cmほどの深さで簡単に掘り出せました。

 その後、写真の日当たりのよい所に小さな穴を10ヶ所ほど掘り、一つの穴に2~3個ずつ植えました。これで来春からはすくすくと育ち、黄色いグラジオラスがたくさん咲くでしょう。

 実は、ここはすでにピンクのグラジオラスが咲く場所です。このため、来春からはピンクと黄色のグラジオラスが集団で共演することになりそうです。グラジオラスは色彩が見事なので楽しみです。

Img_2106Img_2172

【今年の6月に咲いたグラジオラス】・・・拡大してご覧ください。

 ご覧のような色彩で築山の南側一面に咲くと、かなり綺麗な雰囲気が予想でき、今から楽しみです。グラジオラスが咲く時季は5月末から6月頃です。一般的に、この時季は庭の花木の開花が終わったころであり、咲くタイミングが丁度良いです。

 今まではシャクナゲや、花桃、花梅、藤、ツツジ、レンギョウ、牡丹など、花木に集中して庭いじりをしてましたが、今後はユリも含め、球根類を研究し、個性ある色とりどりの色彩が観賞できればと思います。

 このように植物は花が咲くことから、平素、砂漠のような私の心を満たしてれます。毎年、色彩という夢を追って庭全体をキャンパスに仕上げたいものです。お近くの方は来春は見にいらしてください。

 

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査