フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「新たな発見」の3件の記事

2024年1月22日 (月)

塀が意外なことに役に立っている

Img_5550
【クリックし、拡大すると臨場感が出ます。】
 
 写真は私の庭の南側の塀で、西側も東側も同様の塀で庭を囲んでます。塀のデザインは私のお気に入りです。塀の前は幅3mほどの小道で、車が一台通れる程の道幅です。
 
 先日、二階の窓からこの塀付近を見ていて驚きました。実は、最近見かけなくなった私と年齢がほぼ同じと想われる近所の女性が、私の家の方を向きつつ、この塀に両手で摑まり、一歩一歩、横にゆっくり歩いているのです。咄嗟のことなので、彼女は何をしてるのかと私は暫く見てました。
 
 そしたら、足がかなり弱っているらしく摑まり歩きをしていたのです。この塀は頑丈ですから手で摑まりやすく便利なのでしょう。彼女の表情は転がってはいけないと思ってるのでしょう。真剣な顔つきで時間をかけて横歩きで移動してました。
 
 この塀が思いもよらず彼女の役に立ったことは良かったと思います。しかし、人間とは元気でいた人も「年齢と共に、次第に歩けなくなる」ことを、この状況を見て私は実感しました。誰でもいずれそうなるにしても、可能な限り、私たちは手足が不自由な状況になることを遅らせたいものです。
 
 今日、高崎市の天候は晴れて風もなく良いので、お気に入りの土手をストライドを伸ばしつつ、前を向いて歩きます。
 
Dear my overseas friends
 The photo is of the south wall of my garden, and the garden is surrounded by similar fences on the west and east sides. The fence design is my favorite. In front of the fence is a path about 3 meters wide enough for one car to pass through.
 
 The other day, I was surprised when I looked around this wall from my second-floor window. In fact, a woman in my neighborhood who I haven't seen lately, I think she is about the same age as me, to my surprise, she is facing my house, and holding onto this fence with both of her hands, and walking slowly sideways, step by step. It happened so suddenly that I watched her for a while to see what she was doing.
 
 Then I noticed that her legs seemed to be quite weak so that she was walking by touching with her both hands. This fence is sturdy, so it's probably convenient for her to pick it up with her hands. The look on her face is serious so as not to fall down. She was taking her time walking sideways.
 
 I'm glad that this fence was unexpectedly helpful to her. However, this situation made me realize that even healthy people including me gradually become unable to walk as they age. As much as possible, we would like to delay this situation.
  
 The weather in Takasaki-City today is sunny and windless, so I will walk along my favorite bank, looking forward and widening my stride.
 

2023年8月25日 (金)

メンデルの「分離の法則」を楽しむ

Img_5048
  
 玄関前の築山に植わってる「源平枝垂れ」はその名の通り、1本の木が紅白に咲き分ける花桃です。開花時期は旧暦の3月3日前後で桃の節句です。
 
 現在、ご覧の通り、実が推定200個程で鈴なりです。と言っても、前述の通り、庭木の観賞用花桃なので実を食べることはできません。その代わり、毎年、春には下に次第を担う子供がたくさん生えます。
 
 不思議にも、メンデルの遺伝のうち「分離の法則」により子供の花の色が分かれます。3年前、1本の子供に濃い赤だけの花桃が咲いたので、現在、同じ築山の母親の近くで育て、すでに高さ1メートルほどに成長してます。
 
 あと数年すると、高い位置から見事に枝垂れ、真っ赤に咲く日を夢見て、私は水遣りしてます。もちろん、後8ヶ月後の来春にも咲きます。このため、花桃の下で一杯飲み、音楽や人生の楽しみについて語りましょう。
       
Img_3125
【親の源平枝垂れが開花ときです。写真をクリックし拡大してご覧ください。】
     
Dear my friends abroad
 As the name suggests, the “Genpei bicolored weeping peach” planted on the artificial hill named Tsukiyama in Japanese in front of the entrance is a flower peach that blooms in red and white. The flowering season is around March 3 of the lunar calendar, during the Peach Festival in our nation.
 
 Currently, as you can see, we have estimated 200 fruits." However, as mentioned above, the fruit is not edible because it is an ornamental flower peach in the garden. Instead, every spring, a lot of young children were born underneath.
 
 Strangely enough, the "law of segregation" of Mendel's heredity separates the colors of children's flowers. About 3 years ago, only one child peach bloomed dark red, so now she grows to about 1 meter in height near the mother of the same Tsukiyama.
 
 I've been watering it with dreaming that in a few more years her branches will weep from a high position and bloom bright red. Of course, she will bloom next spring as well, that is eight months later. So let's have a drink with me under the weeping peach and talk about great music and the joys of life.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
    

2023年6月23日 (金)

未だ磨けるか・・・美的感性

Img_4907
   
 最近の発見は一輪挿しの素晴らしさです。まず、一輪挿しの花瓶は細くて長く、スタイルが良い物ばかりです。その花瓶に何の花でも一輪、あるいは枝分かれしてる2~3輪でも挿すとその場の雰囲気が急に明るく豊かになります。
 
 ここはピアノがある客間兼用の部屋です。先日、女性客が見え、ここに座るなり、先ず、この一輪挿しの姿に感銘されてました。偶然にもお孫さんがローズと言う名の女の子で、現在、アメリカに滞在してることから孫娘を思い出されていたようです。
 
 私が一輪挿しで感じることは、一輪挿しに花が挿してあることで、殺風景な部屋がガラッと変わり、その場を和ませます。花は一輪でも、その存在感が如何に人の心を捉えているかが分かります。
 
 今までの私は、花はたくさんある方がきれいと思うくらいで、一輪挿しに興味はありませんでした。ところが、ある日、戸棚を整理していたら、5本も形のよい一輪挿しがあったのです。20年前に今は亡き妻が一輪挿しに興味あって集めていたようです。その後、二人の娘たちは成長し、独立して仕事に邁進してますが、賑やかだった昔の家族の姿が蘇ります。一輪挿しのお陰です。
 
 私の家は部屋数が多く、また、花は庭にたくさん咲くので、今後は一輪挿しを有効利用し、荒涼とした男の一人暮らしの生活に潤いを醸し出そうと思っています。ここで楽しく会話し、一杯飲めたら最高です。
  
★【日本文と英文に多少の差異がございます。】
Img_4837
  
Dear my friends abroad who are interested in flower and great music
 My recent discovery is the splendor of a single vase. First of all, the single flower vase is thin and long so that it has a good style. If I put a single flower or even two or three branching flowers in the vase, the atmosphere will suddenly become brighter and richer.
 
 Here is a guest room with a piano. The other day, a female customer visited me. As soon as she sat here, she was deeply impressed by the appearance of this vase with a rose. By accident, she seems to have been reminded of her granddaughter because she is currently staying in America and can't meet each other.
 
 What I feel about the single flower vase is that the flower in the single vase completely transforms from the dreary room to the happy atmosphere. Even with a single flower, I can see how its presence captures people's hearts immediately.
 
 Until now, I had never been interested in a single vase, just thinking that it would be prettier if there were a lot of flowers. However, one day, when I was arranging the closet, I found five beautifully shaped single vases. Twenty years ago, my late wife would be interested in single vase and collected them. Since then, the two daughters have grown up and are working now independently, therefore the bustling old family is revived in my heart. Thanks to the single vases.
 
 My house has many rooms and many flowers bloom in the garden, so from now on, I would like to make effective use of single flower vase in order to bring some comfort to the desolate life of a man who lives alone. It would be great if I could have a good conversation and have a drink here with a lady.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
   

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin 「さんぽ道」 いすゞ117クーペ うっかりミス お気に入り喫茶店 お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スマホ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 偶然性 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 再確認 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 剪定の必要性 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 収穫の喜び 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏の花 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節と黄道十二星座 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 孫娘たち 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日本文化 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 月までの距離 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の健康管理 梅雨の過ごし方 梅雨の頃の花 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 楽しい川柳 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温暖化 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 烏川 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 筋肉維持 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 藤の花 虐待防止 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢化社会を生きる 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー