フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「人生これから」の7件の記事

2024年3月15日 (金)

東洋錦の姿から学ぶバランスの大切さ

Img_5731
【拡大してご覧ください。】
 
 写真はもうすぐ開花の「東洋錦」です。この植物は、1本の木で紅白二色に咲き分けるボケです。概して、左の方に紅が集中してますが、中央の幹付近にも紅い蕾が見えます。
 
 実は、昨年の秋に四方八方から眺めつつ、バランスを考えて剪定したので、全体のスタイルは、素人の私の目には納得する姿になりつつあります。未だ幼木なので、よく眺めて育て、鑑賞に値するボケにしたいです。
 
 植物に限らず、私たちが日々生きる上で、例えば、芸術への取り組みでも、また、小さな子供を育てる上でも、前述の「四方八方から眺めつつ」ということはポイントではないでしょうか。
 
 ところで、昨晩は珍しく高崎市内で友人と夕食を摂り、2時間ほど楽しく会話ができました。私にとって、これも精神上、及び栄養上の観点から、とても有意義でした。今の私の夢の一つは、山の中で湧きいずる水の如く、ずっと枯れない会話ある生活です。
 
Dear my friends abroad
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
............
 The photo shows "Toyo Nishiki" which is about to bloom. This plant is a single tree that blooms in two colors such as red and white. Generally, the red is concentrated on the left side, but you can also see red buds near the central trunk.
 
 Actually, I pruned the tree last fall while looking at it from all sides and keeping the balance in mind, so the overall style is starting to look acceptable to my amateur eyes. It's still a young tree, so I'd like to take a good look at it, and raise it, and make it into a tree worthy of appreciation.
 
 I think the above-mentioned "looking at things from all directions" is a key point, not only when it comes to plants, but also in our daily lives, such as when studying on art such as piano performance or when raising small children.
 
 Not change the subject, but last night I had a rare dinner with a friend in Central Takasaki-City, and we had a fun conversation for about 2 hours. This was also very meaningful for me from both a mental and nutritional perspective. One of my dreams right now is to live a life filled with conversation that never dries up, like water gushing in the mountains.
 

2024年2月26日 (月)

私の教科書

Img_5685
 
 昨日、高崎市の本屋でご覧の「天声人語2023冬号」を購入できました。この本は年間に4冊が発行され、朝日新聞に掲載されたコラム3ヶ月分がまとめて日本語と英文で書かれてます。今回は2023年10月~12月分が掲載されてます。
 
 扱われるテーマは日本社会、国際情勢、文学に歴史、科学技術など多岐に亘り、特に「時事問題にはっきり意見を述べること」に重点が置かれてます。ですから、これがしばしば論争の種になります。
 
 同じ内容を日本文と英文を比べながら、読めるように同じページに並べて記載されてます。近年は、日本語を勉強する外国人の読者も少なくないので、漢字にはルビが添えてあり、この本で日本語を勉強してる外国人の便宜を図ってます。
 
 私たち日本人には、通常の漢字は殆ど読めても、漢字には訓読みと音読みがあり、その時によって読み方が異なり、また、漢字の数の多さは外国の方にとって本当に難しいものと想われます。
 
 その努力を知ると、日本人が英単語・熟語を習うのは未だ楽なのかもしれませんが、私には英語は難しく、勉強はいつになっても終わりがありません。しかし、この天声人語には現代英語の表現が使われ、私にとって教科書です。平均して1日一つのテーマで読んでいくと5月下旬に読み終わり、その頃、2024春号が発刊されます。
 
Dear my overseas friends
 Yesterday, I was able to purchase the "Tensei Jingo VOX POPULI VOX DEI 2023 Winter Issue" at a bookstore in Takasaki-City. This book is published four times a year, and is a compilation of three months' columns published in the Asahi Shimbun, written in Japanese and English. This time, the contents from October to December 2023 are published.
 
 The themes covered are wide-ranging, including Japanese society, international affairs, literature, history, and science and technology, with a particular emphasis on "expressing clear opinions on current events". Therefore, this is often a bone of contention.
 
 The same content is written side by side on the same page for easy reading while comparing the Japanese and English texts. As you know, in recent years, there have been many foreign readers studying Japanese, so the kanji Chinese characters have been added with rubies to make this book more convenient for those who are studying the Japanese language.
 
 Although we Japanese can read most of the normal kanji, there are two way of kanji readings such as Chinese style phonetic reading and Japanese pronunciation reading, and the way of reading differs depending on the time, and the large number of kanji can be really difficult for people from other countries, I guess.
 
 Knowing their efforts, it may be easy for us Japanese people to learn English words and idioms, but English is extremely difficult for me, and I will never stop studying. However, this Tenseijingo uses modern English expressions, so that it is an ideal textbook for me. If I read one theme a day on average, I will finish reading it in late May, and the 2024 Spring issue will be published around that time.
 

2024年2月25日 (日)

樹木に剪定が必要、人生は改革が必要

Img_5679
【画像をクリックし、拡大すると香りまで漂う感じです。】
 
 庭は、一本一本微妙に異なる梅の花の色彩と、その香りに包まれてます。最後に咲き始めたご覧の肌色に近い紅梅は色彩にとても優しさが表現され、心が和みます。実は、この花梅は元々背が高かく、その後方にあるサルスベリが夏季に開花すると、サルスベリの花が見え難くなることから、3年前に思い切って幹を下から1mの所で切りました。
 
 結果的に、今度は横からたくさんの小枝が出て、樹木全体がふんわりした良い形になりました。剪定したことで、おまけに花の色彩が向上したので、やはり剪定は樹木に大切と感じてます。
 
 一方、剪定が大切と感じたのは柿の木もそうです。こちらは味がちょっと渋かったです。ところが、たまたま幹の下の方から新芽が出てきたので、こちらも3年ほど前に思い切って幹を切断したところ、今ではその新芽がすでに3mほどの高さに成長し、昨秋は実がたくさん生り、甘く食べることができました。
 
 剪定は本来、樹形が目的ですが、それとは別に、花の色が良くなったり、実が美味しくなることを知りました。
 
 同様に、人生もマンネリの状態を改革するには、思い切って自己改革の必要があるでしょう。一度きりの人生です。出来れば、今までにない新たな人生の模索です。人生は「もう」ではなく、つまり年齢には関係なく、「まだ」これから一花咲かせる意気込みが生きる喜びに変わると確信します。
 
Dear my friends abroad who hope for an affluent life
 Each plum blossom has a slightly different color and the garden is enveloped in its scent. The red plum blossoms which are the last to bloom, are close to the skin color as you see, and her color is very mild and soothing. In fact, this flowering plum tree is originally tall, and when the crape myrtles behind it bloom in the summer, it becomes difficult to see the flowers of crape myrtle, so three years ago I took the plunge and cut the trunk 1m from the bottom.
 
 As a result, many twigs came out from the sides, giving the whole tree a nice and fluffy shape. Pruning also improved the color of the flowers, so I feel that pruning is important for trees.
 
 On the other hand, I felt that pruning was also important for persimmon trees. This taste was a little astringent. However, new shoots happened to come out from the bottom of the trunk, so I took the plunge and cut the trunk about three years ago, as the result, now the new shoots have already grown to a height of about 3 meters, and last fall they produced fruit. It grew in abundance and was sweet to eat.
 
 As you know, the purpose of pruning is originally to improve the shape of the tree, but I learned that it also improves the color of the flowers and makes the fruit more delicious.
 
 Similarly, in order to get out of the rut in our life, we need to take the plunge and reform ourselves. Our only live once. If possible, I would like to explore a new life that I have never had before. I am convinced that life is not "already". Regardless of age, the joy of living will be replaced by the enthusiasm to bloom "From now on".
 

2024年2月16日 (金)

実に的確な表現・・・三寒四温

Suisen
 
 皆さん、今日は一日中、寒かったですね。体調は如何でしょうか。私の住む群馬県高崎市は日本のほぼ真ん中に位置しますが、午前午後共に北西寄りの風が吹き続けてました。このため、運動は家の前の道を行った来たりする程度でした。明日はもっと頑張ります。
 
 この時季は昔から言われてる「三寒四温」の繰り返しでしょう。この四字熟語をよく見ると、三日寒く、その後それより一日多く、四日温かいと読めます。このため次第に温かくなる意味が含まれ、今の季節に相応しい的確な表現になってます。ですから希望を持ちましょう。
 
 こんな寒い晩の夕食には食前酒です。と言っても、食事中ずっとですが、お燗した日本酒こそ友達です。そして、今宵のつまみはホッケです。もちろん、不足する栄養素はビタミンIであり、尽きない何気ない会話です。
 
Dear my overseas friends including in NZ
 Everyone, it was cold all day today. How are you feeling? I live in Takasaki City, Gumma Prefecture where is located almost in the middle of Japan. Today, the wind continued to blow from the northwest from morning till evening. For this reason, I only exercised by walking up and down the path in front of my yard, but I will try to walk harder tomorrow.
 
 This season is a repeat of the old saying, "three cold days and four warm days." If we look closely at this four-character idiom, we can grasp the meaning as cold for three days, warm for one more day, so that warm for four days. Therefore, it will be gradually becoming warmer, therefore it is an accurate and suitable expression for the current season, so let's have hope in the near future.
 
 It's need for us an aperitif for dinner on this cold day. However, throughout the meal, Japanese hot sake is my friend. And tonight's dish is Atka mackerel fish. Of course, the shortage of nutrient is vitamin I that means love in our tongue, and a constant casual conversation.
 

2024年2月 8日 (木)

姿勢に表れる「筋肉の減少」

426539678_6979644558825217_4193481296096
 
 筋肉が衰えると身体活動が減少する傾向です。私たちはこの事を意識し、年令が嵩むに従って筋肉を減らさない工夫を、可能であれば筋肉を増強する心構えが健康維持につながると考えます。筋肉が減少すると、それは先ず姿勢に現れ、運動能力に支障を来すと考えられます。学生時代に習った「ルーの法則」を思い出し、筋肉を鍛える習慣を持ちたいものです。
 
 人間の身体にはたくさんの筋肉があり、それぞれに名称があります。主な筋肉の名称を覚えて通常の会話でも使いたいものです。筋肉が伸びたり縮んだりすることで、私たちは日常、いろいろの動作をしています。
 
 その中で、最近、私が特に意識し、増強を試みてるものに「三角筋」があります。これは腕の上部の外側にあり、腕を下に伸ばしてから、手の平を内側にして腕を水平に横に持ち上げる筋肉で、いわゆる肩幅になります。
 
 通常は軽いダンベルを持って鍛えますが、何も持たなくても、単純に両腕を下から横に水平に上げることで充分に鍛えられます。丁度、鳥が飛ぶような動作です。これを20回も連続するとかなり効果があり、少し休憩すると再度続けられます。最近の私はウォーキング中、「息を吐きながら」同時に両腕を水平に持ち上げます。
 
 注意することは両腕を頭上まで持ち上げないことです。頭上まで持ち上げると肩から首筋にある「僧帽筋」を使うので、「三角筋」を鍛えるには水平です。これは、恰も、ここ鏑川に飛来してる渡り鳥のコハクチョウが翼を広げ、優美に水面上を飛行する姿です。
 
Dear my overseas friends who want to increase your deltoid
 If muscles weaken, our physical activity tends to decrease. We are aware of this and believe that as we get older, we should maintain good health by preventing muscle loss and, if possible, to strengthen muscles. When muscle mass decreases, it first appears in our posture, which is thought to impede athletic performance. We remember the "Lou's Law" that we learned at student age and get into the habit in daily habit.
 
 As you know, there are many muscles in the human body, and each has a name. We will should remember the names of the main muscles and speak them in normal conversation. We perform various daily movements by stretching and contracting muscles.
 
 Lately, the one I have been particularly conscious and trying to strengthen is the deltoid muscle. This is a muscle located on the outside of the upper part of the arm that extends the arm downward and then lifts the arm horizontally to the both sides with the palm inward. It creates what is called shoulder width.
 
 Usually, we can train by holding light dumbbells, but we can get a sufficient workout by simply raising both arms horizontally from below to both sides. It's just like a bird flying. Training this movement 20 times is quite effective, and after taking a short break, we can continue again. Recently, while walking, I lift both arms horizontally while breathing out.
 
 Please be careful not to raise your arms above your head. If lifting it above your head, you use the trapezius muscle, which runs from your shoulders to neck, so horizontally is the best way to train your deltoid muscles. This is as if a picture of a migratory swan that comes to Kabra River from the continent, spreading its wings and flying gracefully over the water.
 

2024年1月21日 (日)

心を律して栄養バランスを❕

Photo_20240121045701
Uywy
 
 1月下旬となり、一般的に木の実が少ない季節ですから、庭に飛来する野鳥たちは餌探しに苦労しているでしょう。昨日観察してたら、隣の家のミカンをヒヨドリが啄んでました。美味しいミカンを野鳥に食べられてはもったいないので、平素、留守のお宅なので今日捥ぐよう伝えましょう。
 
 それにしても、野鳥は実が熟さないうちは啄めみません。私の家の柿の木でも11月頃では未だ食べ頃でない実は食べず、柔らかく熟している柿のみ啄んでました。
 
 写真(上)は私の故郷・倉賀野町に発音が似てるクロガネモチです。この写真は12月に撮ったので実がたくさん生ってますが、昨日の段階で、すでに3分の1ほどに実が減ってました。いよろよ美味しくなったようです。しかし、下の写真の南天は未だ食べ頃でないようで、啄んだ様子はありません。
 
 野鳥でさえ、美味しいものを好むのですから、私たち人間は味にはより拘りがちです。しかし、人間は野鳥の30倍もの長い人生を歩みます。時には美味しいもの、甘いものも心の栄養となり楽しいですが、人生の第4コーナーに差し掛かってる私は、美味しいという観点より、Hunger is the best sauce.を基盤とし、5大栄養素をバランスよく摂取するよう心を律するつもりです。
 
 ご存知の通り、五大栄養素とは、(1)蛋白質(魚、肉、卵、豆腐など)、(2)脂質、(3)ビタミン(人参、トマト、椎茸など野菜類)、(4)炭水化物(ごはん、パン、麺類などエネルギー源)、(5)ミネラル(身体の調子を整えるカリウム、カルシューム、鉄分、亜鉛、ナトリウムなど)です。これらには血糖値上昇を抑制する「食物繊維」も含まれてます。
 
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
..............
 This time, I am very sorry. Since the sentence is too long, I will summarize and translate only the main points.
..............
 The photo (above) is Kuroganemochi, which has a similar pronunciation to my hometown's sound of Kuragano-machi. This photo was taken in December, so there are a lot of berries, but as of yesterday, the berries had already eaten by the wild birds about one-third. It seems like it's getting more and more delicious. However, the Nanten in the photo below doesn't seem to eat yet, and there are no signs of it being eaten.
 
 Even wild birds like delicious food, so we humans tend to be more particular about taste. However, humans live 30 times longer than wild birds. Sometimes delicious and sweet foods nourish our soul and are fun, but really as I am approaching the fourth corner of my life, I try to take in a well-balanced intake of the five major nutrients based on the idea that "Hunger is the best sauce" rather than just delicious food. From now on, I'm going to control my heart.
 
 As you know, the five major nutrients are (1) protein (fish, meat, eggs, bean curd, etc.), (2) lipids, (3) vitamins (vegetables such as carrots, tomatoes, shiitake mushrooms), and (4) carbohydrates (rice, bread, energy sources such as noodles), and (5) minerals (potassium, calcium, iron, zinc, sodium, etc. that regulate our body's health). They also contain dietary fiber, which suppresses the rise in blood sugar levels.
 

2023年12月19日 (火)

花を見ながら年越しか

Img_5446
 
 年末というのに、上の芙蓉といい、下のハイビスカスといい、良く咲いています。しかも、未だに次から次へと蕾が出て来るので、この調子では咲いたまま2024年を迎えそうです。いくら温かな室内の廊下で育てていても、こんなことは今までありませんでした。
 
 それとともに、同じ場所に6鉢ある君子蘭も葉と葉の間から、すでに蕾が顔を出してきました。1月中旬には君子蘭も咲きそうです。元々、君子蘭は隣の方から一株を戴いたのが増えて増えて、近年、6鉢に減らしたところです。しかし、幹は近年になく太く、鉢の中の株数も4株ほどになってます。
 
 こんなによく咲くということは、2024年は、もしかして私に何か良いことが起こる前兆でしょうか。お近くの方は見にいらして下さい。
 
【日本文と英文に多少の差異がございます。】
 
Dear my overseas friends who love natural beauty
 Even though it's the end of 2023, the Fuyo confederate rose above and the Hibiscus below are blooming nicely. Moreover, the buds are still coming out one after another, so at this rate it looks like it will continue to bloom until the beginning of 2024. No matter how warm I was raising them in the hallway indoors, something like this had never happened before.
 
 At the same time, the buds of the six potted kaffir lilies in the same place are already starting to emerge from between the leaves. They are are also likely to bloom in mid-January. Originally, I received a single kaffir lily from a neighbor Mr. Takano, and it has increased and increased. So in recent years I have reduced the number to 6 pots. However, the trunk became thicker than before and the number of kaffir lily in one pot has become about 4.
 
 Is the fact that it blooms so vividly a sign that something good beyond expectation will happen to me in 2024? For instance, can I come across a sweetheart? If you are nearby including NZ, please come and see her without hesitation.
 
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/
 

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー