フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

カテゴリー「地球の動き」の5件の記事

2024年4月 5日 (金)

今日の太陽高度は、ついに60°

Img_5835277758102_4835829546540073_7074753443316
【左は西洋シャクナゲ、右は源平枝垂れ桃】
 
 今日、4月5日の日の出は5時24分【群馬県】、日の入りは18時09分ですから、昼の長さは12時間45分です。正午の太陽角度は地面に対し60°です。因みに冬至では30°でしたから、太陽はずいぶん高くから地上を照らすようになりました。これは地軸が北極星に向いたまま、公転面に対して約23.4°斜めに傾いて公転してるからです。
 
 昨日書きましたように、現在、地球の公転上の位置は黄道十二星座の「乙女座」の東端にある一等星「スピカ」の方向に来ています。珍しいことに、今年8月10日の夕刻、この「スピカ」が月に隠れる「スピカ食」が起こると計算されてます。月の後方にも星があり、星が隠れてますが、明るい一等星「スピカ」が隠れることが時に起こります。
 
 この理由は、全天で21個ある一等星のうち「乙女座」の「スピカ」のみが黄道上にあるからです。
 
 ところで、前述の通り、太陽高度が高くなったことと、時々降る春雨の影響で、植物たちは生気が漲り、我が家の庭でもシャクナゲを中心に開花が進んでます。写真の西洋シャクナゲには目が奪われます。日本シャクナゲの開花は5月です。見にいらして下さい。
 
Dear my friends abroad
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
...............................
 Today, April 5th, the sun rises at 5:24 [Gumma Prefecture, Japan] and sunsets will be at 18:09, so the length of the today is 12 hours and 45 minutes. The sun's angle at noon is 60° to the ground. By the way, at the winter solstice it was 30 degrees, so the sun began to shine on the earth from a much higher sky. This is because the Earth revolves at an angle of about 23.4 degrees with its axis pointing toward the Polaris.
 
 As I wrote yesterday, the Earth's orbital position is currently in the direction of the first-magnitude star "Spica" at the eastern end of the zodiacal constellation "Virgo." Unusually, it is calculated that on the evening of August 10th of this year, a "Spica eclipse" will be occurred, "Spica" will be hidden by the moon. There are stars behind the moon so that stars are often hidden, but sometimes the bright first-magnitude star "Spica" is hidden.
 
 The reason for this natural phenomenon is that there are 21 first-magnitude stars in the universe, only Spica in the constellation Virgo is on the ecliptic.
 
 By the way, as mentioned above, the higher angle of the sun and the occasional spring rain have made the plants more vibrant, and the rhododendrons and other plants are blooming in our garden. The Western rhododendron in the photo is captivating. Japanese rhododendrons will bloom in May, I guess. Please come and see it.
 
 

2024年3月24日 (日)

平素、忘れがち…地軸の傾きによる恩恵に浴している

Img_5794
 
 私の住む群馬県では、3月になってから寒い日が多く感じます。皆さんの地区では如何でしょうか。それでも、お陰様で私は風邪も引かず、どうにか健康で過ごしてます。
 
 今まで、窓を通して部屋に入っていた日中の太陽光は現在ではもう入らなくなりました。これは太陽高度が高くなったからですが、宇宙空間に浮いてる地球の地軸が23.5度ほど傾いたまま公転しているからであり、結果的に、今日の太陽高度は正午では55°になります。
 
 因みに冬至での太陽高度は30°でした。また、夏至では77°です。この地軸に傾きがあることてで四季が生じるのですから、地球はよく出来ており、私たちはその恩恵に浴しています。
 
 ところが、数年前のブログ振り返ってみると、3月下旬の今の時季では、枝垂れレンギョウや源平枝垂れ桃がすでに満開になってます。ですから、今年の3月はやはり例年より寒いのは確かです。全般的に桜の開花も今年は遅い傾向です。
 
 その中にあっても、ご覧のゼラニウムや東洋錦などは春の到来を告げ、弱気な私に「もっと元気を出しなさい」と発破をかけてます。お礼に今日も井戸水をたっぷりやりましょう。
 
Dear my friends abroad
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
..............................
 In Gumma Prefecture where I live, there are many cold days in March. How is it going in your area? Still, thanks to you, I don't catch a cold and somehow I stay healthy.
 
 The sunlight that used to enter the room through the window during the daytime no longer enters the room. This is because the altitude of the sun has increased, but it is also because the axis of the Earth which is floating in space, is orbiting at an angle of about 23.5 degrees. As a result, today's altitude of the sun will be 55 degrees at noon in Gumma prefecture.
 
 For your reference, the sun's altitude at the winter solstice was 30°. Also, it will be 77° at the summer solstice. The four seasons occur because of the tilt of this earth's axis, so the earth is well made and we are benefiting from it.
 
 However, when I look back at Facebook from a few years ago, I see that in the current season, in late March, weeping forsythia and Genpei bicolored weeping peach was already in full bloom. Therefore, it is certain that March this year is colder than usual. In general, cherry blossom tends to bloom later this year throughout Japan, I guess.
 
 Even amidst this natural environment, the Oriental Nishiki that means Japanese quince you see in the photo heralds the arrival of spring and urge me to "Be more energetic" to timid me. As a thanks, I will present her plenty of well water today as well.
 
 

2024年2月29日 (木)

今日は4年ぶりの「2月29日」

Photo_20240229042501
  
 地球が公転軌道上を一周するのに必要な時間は365日5時間48分46秒と計測されてます。これは恒星を観測して分かることです。1年が365日では公転軌道上を1周するのに不足し、長い間には暦と季節がずれてきます。
  
 このため、閏年は通常4年に一回行い、1年を366日にしてます。だからと言って、閏年を400年に100回行うと多過ぎるため97回になってます。
 
 公転軌道上を一周するのに毎年、365日では5時間48分46秒不足してるのですから、この半端の時間を4倍すると23時間15分04秒であり、これでは1日には足りません。それなのに、4年に1度366日にしてしまうと、今度は暦の方が先に行き過ぎてしまいます。そのために、400年に100回ではなく、400年に97回に減らしています。
 
 今年は閏年に当たり、珍しく2月が29日あり、今日がその日です。オリンピックは毎回閏年に開催されます。なでしこジャパン、パリオリンピック出場おめでとうおめでとうございます。
 
 ところで、今日2月29日は語呂合わせで4年に一度の「ニンニクの日」ですから、元気をつけたいものです。また、東京スカイツリーが完成した日です。
 
 今日は例年より1日多い日なので、どう過ごしましょう。そうだ、1日得をした日なので、今宵は楽しくお祝いしましょう。「こらっ!またか」と言う声が聞こえてきそうです。
  
Dear my earthlings
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
......................
 It is estimated that the time needs for the Earth to complete one revolution in its orbit is 365 days, 5 hours, 48 minutes, and 46 seconds. This can be seen by observing fixed stars. 365 days in a year is not enough to complete one revolution on the orbit, so that in the future the calendar and seasons become out of sync.
 
 For this reason, leap years are usually held once every four years. The leap year makes 366 days. That being said, but, 100 leap years in 400 years would be too many, so the number is 97.
 
 At first I didn't understand why there were 97 leap years in 400 years, but after thinking this early morning, I realized the following.
 
 Every year, it takes 365 days, 5 hours, 48 minutes, and 46 seconds to travel around the orbit, so if we multiply this extra time by 4, we get 23 hours, 15 minutes, and 4 seconds, which is not enough for one day. However, if we change it to 366 days once every four years perpetually, the calendar will go too far ahead of season. Therefore, instead of 100 times in 400 years, human being has reduced it to 97 times in 400 years.
 
 This year is a leap year, and February has 29 days, which is rare, and today is that day. The Olympics are always held in a leap year. Congratulations to Nadeshiko Japan that can paticipate in Paris Olympic.
 
 By the way, today, February 29th, is "Garlic Day," which is a play on words that occurs once every four years, so we want to cheer up. It is also the day when Tokyo Skytree was completed.
 
 Today is one more day than usual, so how should we spend it? That's right, we gain a day than usual, so let's have fun tonight and celebrate. It may be heard a voice saying, "You go again to the tavern!"
  
     

2024年1月20日 (土)

今日から二十四節気の「大寒」です。

Hyay
 
 今日は二十四節気の「大寒」です。ところが、年間で最も寒い季節であるのに、廊下の温かな所で育ててる君子蘭は満開となり、春を先取りしてます。6鉢育ててますが、どの鉢も勢いが良いです。元は隣のTさんに一鉢戴いたものが増えました。しかし、Tさんは数年前に他界され、「元気で生活しなさい」と君子蘭を通して私に語りかけてるように感じます。彼は群馬県教育界の重鎮であったことから、半世紀以上に亘り、私は公私ともにお世話になったのです。
 
 ところで、復習ですが、「大寒」の地球は公転軌道上の一体どの辺を周遊しているでしょうか。これには太陽系の周囲にほぼ等間隔に並んでいる「黄道十二星座」の位置で答えます。午前0時に真南を見れば、現在の地球が宇宙の何処に浮遊してるか分かります。
 
 「大寒」の地球は「冬のダイアモンド」の東の一角を担うことで有名な「ふたご座」を過ぎ、「かに座」の方角近くに来ています。秒速約29㎞の速度で公転してる地球は、2週間後の「立春」には「かに座」を少し通り過ぎます。
 
 私たちは一見、地上で生活してるようでも、実際は宇宙空間に浮いてます。しかも、くるくる自転し昼夜を繰り返しつつ、公転し、宇宙を周遊してます。その距離は一周およそ9憶4千万㎞です。ですから、宇宙飛行士にならなくても、現実に私たちは今の瞬間もすでに宇宙空間を大旅行しています。
 
 ところで、大寒の今日、日の出時刻は未だ殆ど変化せず遅いですが、日の入り時刻については12月上旬の最も早いときに比較し、28分も陽が伸びてます。概して寒くても、少しでも春を感じる時には屋外に出て身体を動かしましょう。
 
Dear my overseas friends
 The simultaneous interpretation for your understanding will be after my breakfast in Japan time.
 ................

 Today is the "Daikan that means Great Cold" of the 24 solar calendars in Japan. However, even though it is the coldest season of the year, the kaffir lily that I am growing in the warm hallway is in full bloom, showing us that she is receiving spring in advance. I'm growing 6 pots, and all of them are vigorous. Originally, I received a pot from Mr. T next door, but now it has increased more. However, Mr. T passed away a few years ago, and I feel like he is speaking to me through kaffir lily to live with a healthy life. He was a prominent figure in our Gumma prefecture's educational world, and I have been indebted to him both professionally and privately for over half a century.
 
 Not change the subject, but as a review, which part of the orbit is the Earth orbiting during the Great Cold? The answer to this question is the position of the zodiacal constellations, which are arranged at approximately equal intervals around the solar system. If you look due south at midnight, you can see where the Earth is currently floating in space.
 
 The Earth in the "Great Cold" has passed the direction of "Gemini," which is famous for the eastern corner of the "Winter Diamond," and our earth is approaching the direction of "Cancer." The Earth, which is orbiting at a speed of about 29 km per second, will pass a little bit past the constellation Cancer on the first day of spring in two weeks.
 
 Even though we appear to be living on earth, we are actually floating in outer space. What's more, it rotates on its axis, repeating day and night, and it revolves around the universe. The distance of revolving is approximately 940 million km. So even if we don't become astronauts, in reality we've already traveled extensively through space.
 
 By the way, in today's cold weather, the sunrise time is still late with little change, but, compared to the earliest sunset time in early December, the daytime has increased by 28 minutes. Even if it's generally cold, if you feel a little bit of spring, let's go outside and get some exercise.
  
Photo_20240120154001
  
 これは双子座です。現在、夜間に双子座は南にありますが、午前0時には少し南南西に移動してます。しかし、かなり頭上に近いです。
 
 This is the constellation of Gemini. Gemini is currently in the south during the night, but by midnight it has moved slightly to the south-southwest. But it's pretty close to overhead if we see it in Japan.
 

2024年1月11日 (木)

群馬県では今日から日の出時刻が早まる

110
 
 調べてみると、群馬県では今日から日の出時刻が1分早くなりました。昨日までは年間で最も遅い6時56分でしたが、今朝から6時55分です。一方、太陽高度は冬至では30°でしたが、今日の太陽高度は31°です。日の入りはすでに20分程遅くなってます。
 
 この現象を察知してるかの如く、君子蘭の蕾が大きく膨らみ始め、すでに咲いてるものもあります。また、庭では品種名「鹿児島」と命名されてる真っ赤な花梅が今にも咲きそうな気配です。植物は地球の動きの変化をよく察知してます。
 
 このように日の出時刻や日の入り時刻が変化するのは、地軸が公転面に対して23°26′傾いたまま地球が公転しているからです。因みにこの角度は北回帰線と南回帰線の緯度数に一致します。
 
 今後、二十四節気では1月20日の大寒、そして2月4日の立春へと向かって行きます。日照時間が次第に長くなるにつけ、私たち人間も身体を鍛錬し、より柔軟にし、可動範囲を広げたいものです。今朝も、朝食前に地元・倉賀野小児童の交通安全パトロールに行きます。
 
Dear my friends abroad
 When I investigate it, I found that the sunrise time in Gumma Prefecture in Japan is one minute earlier from today. Until yesterday, it was 6:56 which was the latest time of the year, but from this morning it is 6:55. On the other hand, the solar altitude was 30° at the winter solstice, but today's solar altitude becomes 31°. Sunset is already about 20 minutes late.
 
 As if sensing this natural phenomenon, the buds of the kaffir lilies are starting to grow, and some are already blooming. Also, in the garden, the bright red flowering plum tree named "Kagoshima" looks like it's about to bloom. Plants sense the change of the Earth's movement.
 
 The reason why the sunrise time changes like this is because the Earth revolves with the its axis tilted 23° 26' to the plane of revolution. Incidentally, this angle corresponds to the latitude number of the Tropic of Cancer and the Tropic of Capricorn.
 
 From now on, in the 24 solar terms, we will move towards the "Daikan" which is the great cold on January 20th and the first day of spring on February 4th. As the daylight hours gradually get longer, we humans should train our bodies to become more flexible and expand our range of motion. This morning, before breakfast, I will go on a traffic safety patrol for the local Kuragano elementary school children.
 

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin いすゞ117クーペ うっかりミス お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの思い出 インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スピーチ スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ ハイビスカス パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 不思議なこと 世の中、捨てたものではない 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中国語 中生代 予防 二十四節気 五感 井戸水 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生これから 人生の不思議 人生の基盤 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 今日は何の日 会話の仕方 低体温を防ぐ 低栄養を防ぐ 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 先祖 全員必修の意義 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 初夏の過ごし方 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 動物愛護について 反省 口腔衛生 古代史 可能性を導く 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 味覚 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球の動き 地球温暖化 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至 夏至の天体 多年草 大切な栄養素 大相撲 大腸の健康 天体 天体のランデヴー 天体ショー 天敵 太陰太陽暦 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子どもの交通安全対策 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 孤独感からの解放 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 宇宙は暗黒 安全な入浴法 安全パトロール 安全運転 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 寛大な心 小学校の英語教育 少子高齢化の結果 川柳 平和 平和の使者 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 心配な雹によるダメージ 思い出 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 想像力 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 抗酸化作用 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 換気の必要性 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 文章の力 文章を書く 料理法の改善 新たな発見 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日ロ友好 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 春への憧れ 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 本との出合い 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 柿の良さ 栄養価ある野菜 栄養素 梅の花 梅雨の過ごし方 植え替え 植物から学ぶ 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 植物の越冬 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の健康 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歯の渋 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 気象と健康 気象病 水分補給 決意 決断の時を知る 洗車 流星群 流通 海外日本人学校 海馬 渡りの習性 渡り鳥 温活 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生命力 生活の知恵 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 疲労回復 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 相手の気持ちを考える 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会の変遷 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の家族 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 秋の月 秋分の日 秋田犬 種鳩の管理 立春とは 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 精神力 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済効果か、人間か 経済活性化 経済講演会 美肌効果 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬の高速道路 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肉体作業 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 芸術性 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 菊の美しさ 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧の変化 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ 西洋シャクナゲ大輪 見えない所での努力 親の役割 親の役目 親離れ、子離れ 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 豊かに発想 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰のトレーニング 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 迷信 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 長寿会「お知らせ版」 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の切り替え 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 骨粗鬆症対策 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運動 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査 SNS

カテゴリー