カテゴリー「天体」の107件の記事

2019年12月31日 (火)

今宵、除夜の鐘が鳴るとき、シリウスが真南に輝く

P1070945_20191231070501

 除夜の鐘が鳴るとき、つまり午前0時に「真南を見てください。」一際明るいシリウスが輝きます。最も明るい恒星シリウスと太陽の間を、公転してる地球が通過する瞬間です。1月1日午前0時は天文学的に大きな意味を持ってます。人類の先達は素晴らしい瞬間を1年の始めとしました。


 When the watch-night bell rings, "Please look at the due south surely in case of Northern Hemisphere" The brightest Sirius will be shining. This is the moment that the revolving earth passes between the brightest star Sirius and the sun. Midnight on January 1 is astronomically significant. The precursor of human being had begun a year from this marvelous moment.

| | コメント (2)

2019年12月22日 (日)

今日は冬至・・・地球から見る太陽の赤経は18h

Photo_20191222034901

【太陽はすでに通り過ぎた「さそり座」・・・Scorpio

 北半球では12月22日は冬至です。この日がどういう日かと言えば、秒速約29㎞の速度で公転してる私たちの地球が春分の日から270°太陽の周囲を約1億5千万㎞の距離を維持しつつ、反時計回りに回った日です。地球から見ると冬至の太陽の位置は赤経18hです。冬至の太陽の背景は「射手座」と「さそり座」の間です。

 ところで、太陽が通過する道にはその背景に黄道十二星座があります。私は「一年が12ヶ月ある」のは黄道十二星座があることに起因すると考えます。下図は「射手座」と地球から見た冬至の日の太陽の位置です。

https://www.youtube.com/watch?v=qIjvuUzEonE


 In the Northern Hemisphere, December 22 is the winter solstice. What we mean this day is that our Earth orbits at the velocity of about 29 km / s, and turned 270 ° from the vernal equinox counterclockwise while maintaining a distance about 150 million km around the sun. Seeing from our earth, current sun situates at the right ascension 18h, and the background of the sun of the "Winter Solstice" is between "Sagittarius" and "Scorpio".

 By the way, on the ecliptic that the sun passes through, there are the zodiac twelve constellations. I think that "One year has 12 months" is because there are 12 constellations on the zodiac. The picture below is "Sagittarius" and the sun at the winter solstice.

Photo_20191222035101

【いて座・・・Sagittarius と、地球から見た冬至の太陽の位置】

 一方、冬至では昼の時間が短いです。何故、昼が短くなり、夜が長くなるでのでしょうか。これはすぐに地軸の傾きが23°26′21″であると答えが出ます。しかし、ここでもう一歩踏み込んで、太陽の周りを公転してる地球が「宇宙空間のどこに行くと」冬至になり、「宇宙空間のどこに到達すると」夏至になるかを考える必要があります。

 現在、午前0時に南に向いて大空を見上げると「冬のダイアモンド」が頭上に覆いかぶさってます。つまり、23°26′21″傾いたまま公転してる私たちの地球が黄道十二星座の「ふたご座」と「おうし座」方向に近づいたときが冬至です。

 逆に地球が「射手座」や「さそり座」方向にある時が夏至になります。夏至の頃、午前0時に南の空を見ると「射手座」や「さそり座」が輝いてます。

 ですから春分、夏至、秋分、冬至など季節の移り変わりは「地軸の傾き」と共に、公転してる地球が太陽に比較し「どの星座の方向にあるか」を確認したいものです。それぞれ、地球は午前0時に南に輝く星座の方向にあります。

 

| | コメント (2)

2019年12月21日 (土)

宇宙に広がる巨大な「ダイアモンド」を見ましょう

Photo_20191221051801

【クリックし、拡大してください。】

 今日は12月21日で明日は冬至です。実はこの二日とも日の出が6時51分、日の入りが16時32分【群馬県】で同じです。昼の長さは9時間41分です。23日から日の出も日の入りも次第に遅くなり、昼が少しずつ長くなります。

 ところで、写真は「冬のダイアモンド」です。未だ確認してない人はこの冬に確認してください。宇宙に広がる巨大なダイアモンドに驚くでしょう。オリオン座やふたご座、そして恒星で最も明るいシリウスが含まれてます。

 このダイアモンドが午前0時に真南に来ると1月1日です。ですから、1月1日は天文学的に大きな意味があります。

 https://www.youtube.com/watch?v=5I31jJF_UXo


 Today is December 21 and tomorrow is the winter solstice. In fact, the sunrise is 6:51 and the sunset is 16:32 on both days. [Gumma Prefecture Japan] The length of the daytime is 9 hours 41 minutes. From the 23rd, sunrise and sunset will be gradually late. and daytime will gradually increase.

 By the way, the photo indicates "Winter Diamond". If you haven't confirm so far, please check it this winter. You will be surprised by the large diamond in the universe. Orion, Gemini, and Sirius that is the brightest fixed star are included.

 When the Dianond comes due south at midnight, it is January 1. So January 1st has a significant meaning astronomically. 

  

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

今宵、惑星が揃い踏み・・・月も一緒にランデヴー

P1060206

 今日は12月1日です。皆さん、今宵5時~6時にかけて西南の空をご覧ください。(南半球では西北の空です。)珍しく三日月と3つの惑星たちがランデヴーします。

 地球が反時計回りに公転してるので惑星たちは日に日に次第に地平線に沈みます。このため今がチャンスです。

 土星はAU9.5、つまり太陽~地球間の距離の9.5倍なので遠くて光度が弱いです。最も明るいのが金星AU=0.7【宵の明星】です。最も右が木星AU=5.2です。

https://www.youtube.com/watch?v=5I31jJF_UXo


 Today is December 1st. Everyone, please look at the southwestern sky (northwestern sky in the Southern Hemisphere) from 5:00 to 6:00 tonight. Unusually, the crescent moon and the three planets are close encounter, in other words it is rendezvous.

 As the earth revolves counterclockwise, the planets will gradually sink into the horizon day by day. So now is our chance to see this celestial phenomenon.

 The Astronomical Unit of Saturn is AU9.5 that means 9.5 times distant between the sun and the earth, so it is very far and the magnitude is weak. The brightest is Venus AU = 0.7 [the evening star]. The far right is Jupiter that is AU = 5.2.

 

| | コメント (2)

2019年11月11日 (月)

太陽と月がほぼ同じ大きさに見える理由を今宵の満月を眺めながら考える

 今宵は満月です。北極星側から見ると、月は常に反時計回りに地球の周囲を回ってます。満月の現在、月は地球の公転軌道の外側を秒速約29㎞で進んでいます。

 地球からの距離はその時によって多少異なっても38万Km前後といわれます。38万㎞とは愛車の走行距離と比較すると分かりやすいです。写真は日本列島と比較した月の大きさです。

 現在、もし月から地球を見ると真っ暗で何も見えないでしょう。地球の真後ろに太陽あるからです。


 I recommend you to see the full moon tonight. If viewing from the North Star side, the moon always goes around the earth counterclockwise. Currently, it is moving outside the earth's revolution orbit at a velocity of about 29 km / s.

 The distance between the earth and the moon is calculated around 380,000 km, even if it varies slightly depending on day. 380,000 km is easy to understand, if you compare to the mileage of your own car. The photo shows the size of the moon compared to the Japanese archipelago.

 Currently, if you look at the earth from the moon surface, it will be really dark and you cannot see anything because the back of the earth is the sun.

Photo_20191111182501

 

 一方、太陽と月がほぼ同じ大きさに見えることについてです。月の直径【3474㎞】は太陽の直径【139万1016㎞】の約400分の1であり、一方、地球から月までの距離は約38万㎞で、太陽までの距離はおよそ1億5000万㎞【1天文単位】です。このため、月までの距離は太陽までの距離の約400分の1です。
 
 つまり、直径も距離も月は太陽の400分の1です。
 
 故に、それぞれが作る宇宙空間における地球との三角形は二等辺三角形で相似形です。このため、太陽と月の見かけ上の大きさはほぼ同じです。しかし、地球の公転が楕円軌道であることから、その距離は多少伸び縮みするので、皆既日食が起こったり、金環日食が起こったりします。
 
 因みに地球の直径は12754㎞【赤道】で太陽の直径の109分の1です。

Photo_20191112062601

 On the other hand, as I mentioned before, the sun and the earth seem to be almost the same size. The moon's diameter [3474km] is about 1/400 of the sun's diameter [13991016km], while the distance from the earth to the moon is about 380,000 km, and the distance to the sun is about 150,000,000km [AU1] For this reason, the distance to the moon is about 1/400 of the distance to the sun.

 To sum up, the moon is 1/400 of the sun both in diameter and distance.

 Therefore, the each triangles created by the sun and the moon from the earth in the outer space are isosceles triangles and similar figires. For this reason, the apparent size of the sun and the moon is almost the same. However, since the earth's revolution is an elliptical orbit, the distance expands or contracts somewhat, causing a total solar eclipse or a ring solar eclipse.

 Incidentally, the diameter of the earth is 12754km [equator], so that it is 1 / 109th of the sun's diameter.

 

| | コメント (4)

2019年11月 1日 (金)

今宵は、土星、月、木星がランデヴー

P1090052

 今宵【11月1日】の午後5時30分頃から7時頃までに西南の空をご覧ください。天体のランデヴーが見られます。三日月を中心として左に土星、右に木星が並びます。天気はどうにか晴れそうです。

 土星は太陽から大変に遠く、太陽~地球間の距離【約1億5千万㎞】の9.5倍です。このため光度は弱いです。空気が澄む季節なので見られるでしょう。

【日本文と英文に多少意味の差があります。】


 Please look at the southwestern sky from around 5:30 pm to about 7:00 pm on tonight [November 1]. The celestial rendezvous will be seen throughout the world. Centered on the crescent moon, Saturn is on the left and Jupiter is on the right in northern hemisphere. The weather will be somehow fine in Japan.

 Saturn is far from the sun. It is 9.5 times the distance between the sun and the earth [about 150 million km]. For this reason, the light intensity of Satuen is weak. You will be able to see the rare astronomical phenomenon, if the air is clear. This is a one in a million chance, so I recommend you to see this phenomenon together with your sweetheart-to-be. 

 

| | コメント (6)

2019年10月 8日 (火)

天文学上から考える「寒露」

Photo_20191008210001

 今日は二十四節気の一つ「寒露」です。太陽から約1億5千万km離れ、秒速約29㎞の速度で公転してる地球から見ると今日の太陽の背景は「おとめ座」の下の位置です。

 ですから太陽は一等星スピカの近くです。スピカは黄道上にあるので有名な一等星です。もちろん眩しくて今は見えません。「おとめ座」がよく見えるのは、4月上旬の深夜に真南に見えます。今日の太陽黄経は春分点から195°です。赤経は13hです。


 Today is one of the 24 solar calendars, “Cool Dew” is Kanro in Japanese. Looking from our Earth, which is about 150 million km away from the sun and revolving at a speed of about 29 km / s, the background of the sun today is below Virgo.

 So the sun is near the first-class star Spica. Spica is a famous first-class star on the ecliptic. Of course, it's so bright in daytime that we can't see it now. “Virgo” can be seen in the due south at midnight in early April. Today's solar longitude is 195 ° from the vernal equinox. Right Ascension is 13h.

 

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

今宵、西南の空に三日月と木星が並んでます。

P1080980

 今夜、西南の空をご覧ください。三日月と木星が並んで見えます。木星は外惑星です。三日月の東に見えるのは土星です。木星の太陽からの距離はAU5.2で、土星の太陽からの距離はAU9.5です。AUはAstronomical Unitの略で天文単位です。もちろん地球~太陽まではAU1で、その距離は1億5000万㎞です。
なお、月までの距離は約38万㎞で、惑星とは比較にならないほど近いです。秋の夜長は好きな人と星を見るよい機会です。

https://www.youtube.com/watch?v=5I31jJF_UXo

 Would you please look to the southwestern sky tonight, if you live in the northern hemisphere. You can see the crescent moon and Jupiter in a row well. Jupiter is an outer planet. Saturn is visible to the east of the crescent moon. Jupiter's distance from the sun is AU5.2 and Saturn's distance from the sun is AU9.5. AU is an abbreviation of Astronomical Unit. Of course, AU1 is from Earth to the sun, and its distance is 150 million km. The distance to the moon is about 380,000 km, so the moon is extremely closer than the planets. Autumnal night is a good opportunity to see the stars with sweetheart.

 

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

今の季節・・・早朝にすでに「冬の大三角」が輝く

P1050971


 私は通常、ブログを早朝に書いてます。窓を開けると南東の空にすでに大きく「冬の大三角」が光輝いてます。季節はどんどん移り変わってることが認識できます。2000年以上前に、人類の先達が太陽暦の基準を設定したのは次の通りです。天空で最も光度があるシリウスが午前0時に真南に来る日を1月1日としました。これが元で私たちの誕生日も今のように決まってます。なお、オリオン座のベルトの位置が赤道上空です。


 Usually, I write weblog early in the morning. When I open the window, the "Big winter triangle" is already shining in the southeastern sky in the northern hemisphere. You will notice that the seasons are changing. More than 2000 years ago, human beings set the standard for the solar calendar as follows. The day when Sirius, the brightest in the sky, came to the due south at midnight was set to January 1. This is the reason why our birthday was decided. And the position of the waist of Orion is over the equator.


 

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

太陽と満月がほぼ同じに見える理由

P1060032

 太陽と満月がほぼ同じ大きさに見える理由を考えました。

 太陽の直径は約1,391,000 kmで、月の直径は約3474㎞と計測されてます。つまり、太陽の直径は月の約400倍です。

 一方、地球から太陽までの距離は約149,600,000 kmで、月までの距離は約37万㎞と計測されてます。つまり、太陽までの距離は月までの約400倍です。

 故に、両者は直径も距離も約400倍の相違となり、宇宙空間にできる三角形は相似形となり、地球から見る両者はほぼ同じ大きさに見えます。


 The reason why the sun and the full moon look almost the same size is considered as follows.

 The sun's diameter is about 1,391,000 km and the moon's diameter is about 3474 km. So the sun's diameter is about 400 times of the moon.

 On the other hand, the distance from the earth to the sun is about 149,600,000 km, and the distance to the moon is measured to be about 370,000 km. So the distance to the sun is about 400 times of the moon.

 Therefore, both of the diameter and the distance are about 400 times, the triangles that are made in outer space are similar, so that both seen from the earth look almost the same size.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia antioxidant Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロマン 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 星食 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 未来ある子供の安全 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の植え替え 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 狂い咲き 環境衛生 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査