カテゴリー「天体」の132件の記事

2022年6月25日 (土)

梅雨明けが 早まりそうで チャンスあり

Img_3491_20220625085301
  
 今年の梅雨明けは例年より早いかもしれません。理由は太平洋高気圧が日本列島に接近し、梅雨前線を北へ押し上げてるからです。その結果、私たちは星座や惑星たちを久しぶりに見ることができそうです。
 
 実は6月28日から暫くの間、早朝3時に惑星たちのそろい踏みが見られます。その方角は東~南東~南です。
 
 今朝も惑星たちはすでに並んでましたが、東の空に下弦の月が出てるのでまだ見難いです。このため、今月末から7月上旬は絶好のチャンスです。
  
 図の中には書きませんでしたが、実は水星も金星の下に肉眼でも見られるかもしれません。望遠鏡なら海王星、天王星まで見られるでしょう。
 
 すべての惑星が東の空に見えることは多くの人にとって生涯に一度でしょう。もし梅雨明けが早いと、このような千載一遇のチャンスも生まれるのです。
 
(※日本文と英文に微妙に差異がございます。・・・There is a subtle difference between the two tongues)
 
Dear my friends who are interested in spacious space
 The end of the rainy season may be earlier than usual in Japan. The reason is that the Pacific atmospheric high pressure is approaching the Japanese archipelago with pushing the rainy season front to the north. As a result, we will be able to see the constellations and planets after a long interval.
  
 Actually, from June 28th for a while, we can see the all planets at 3 o'clock in the early morning. The direction is east-southeast-south.
  
 The planets were already lined up this morning as well, but it is still difficult to see them because the waning moon appears in the eastern sky. For this reason, the end of this month to the beginning of July is a great opportunity.
  
 In fact, Mercury under the Venus may be seen with the naked eyes. Though I didn't write in the figure, if you use a telescope, you will be able to see Neptune and Uranus I guess.
  
 For many earthlings, it will be one in a million chance in our lifetime that all planets can be seen all at once in the eastern sky. If it finishes soon the rainy season and the invasion into Ukraine by the power, there will be a valuable chance for earthlings.
  
※上記の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (2)

2022年3月 5日 (土)

啓蟄の 地球はどこに 浮いている?

Photo_20220305073101 New_20210218171201_20220305072901
【図は左が水瓶座、右が獅子座で、この間に太陽と地球がある】 
 
 78億人の人間を乗せ、太陽の周囲を公転してる「地球」は今日3月5日に、一体、宇宙のどのあたりを進んでいるでしょうか。
 
 しかし、地上のように、一見、目印となるものはありません。ところが、地球が反時計回りに公転してる外側には黄道十二星座が並んでいます。ですから、その星座を見れば、地球の現在の位置が確認できます。
 
 今日は二十四節気の一つ「啓蟄」です。今夜の午前0時に真南にある星座は「しし座」で、地球の進行方向に対し右側にあります。
 
 反対に今日の太陽の裏側にある星座は「水瓶座」です。このため、「啓蟄」の今日、宇宙では北極星側から見て、水瓶座~太陽~地球~しし座の順で並んでいます。
  
Dear my friend who is an earthling
 What part of the universe is the "Earth" revolving around the sun with 7.8 billion humans on March 5th today?
 
 However, unlike the ground, at first glance, there is no such as landmark. However, the twelve constellations of the Zodiac are lined up on the outside of the earth's revolving counterclockwise. So, if we look at that constellation, we can see the current position of the earth.
 
 Today is one of the 24 solar calendar named "Keichitsu". The constellation just south of midnight tonight is Leo which is on the right side of the Earth's direction of proceeding.
 
 On the contrary, the constellation behind the sun today is "Aquarius". For this reason, in the universe today, the arrangement in the order is Aquarius-Sun-Earth-Leo when viewed from the North Star side.
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
  

| | コメント (2)

2022年2月23日 (水)

チャンスです ダイアモンドを 眺めましょう

Hosizorawinter480_20220223174401
 
 今夜も比較的よく星座が見えるでしょう。下の図は冬によく見え、今宵午後9時には日本の頭上から南に、そして午後11時には南西へ移動する巨大な「冬のダイアモンド」です。
 
 これを把握できたとき私は感動しました。オリオン座は分かりやすいし、最も南のシリウスは特別に明るいし、最も北のカペラは稚内の頭上であり、それを頭に入れておけば、簡単に6つの一等星を把握できます。左上の「ふたご座」も分かりやすいです。
 
 アルデバラン(Come come everybodyのテーマ曲)の右上に「スバル星団」が見えます。スバル星団は7つの星の固まりで宮古島の頭上を通過します。今宵、月が出てないのでチャンスです。寒さ対策して、確認しましょう。
 
  
Dear my friends who likes outer space
 We will find the constellations relatively well tonight as well. The picture indicates a huge "Winter diamond" that looks clearly and moves from overhead to south in Japan at 9 pm tonight and southwest at 11 pm.
 
 I was impressed when I was able to grasp this diamond. The constellation Orion is easy to see for us, the southernmost Sirius is particularly bright, and the northernmost Capella is above Wakkanai-city, so if you keep this fact in your mind, you can easily grasp the six first-class stars. The "Gemini" on the upper left is also easy to find.
 
 You can see the Pleiades that means "Subaru Star Cluster" in the upper right of Aldebaran (theme song of Come come everybody of NHK's morning drama). The Subaru cluster is a mass of seven stars that passes overhead on Miyakojima. It's a chance because the moon doesn't rise until 1 o'clock am. Let's take measures against the cold and check.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年2月 2日 (水)

金星では 日の出と日の入り 逆方向


Img_2808
 
 今のところ、毎朝、東の空に一際明るく輝く「金星」です。「明けの明星」で英語ではmorning star ですが、Lucifer (元々、ラテン語)とも言われます。
 
 おそらく8月頃まで、このように毎朝見える状況が続くでしょう。というのは、反時計回りに公転してる金星を私たちの地球も反時計回りで公転しつつ、外側から金星を追いかけてる状況だからです。
 
 ところで、金星の自転方向は唯一、他の惑星と異なり、時計回りと言われます。つまり、金星では、太陽は西から昇り、東に沈みます。金星は太陽からの距離がAU=0.72なので、もし金星で太陽を見るとかなり大きいでしょう。
 
 それにしても、私たちは人生に一度くらい、例えば、月面から私たちの地球を見たいものです。想像するに、地球は永遠に天の同じところに浮いており動かないでしょう。しかし、時間の経過と共に、五大陸が動くので自転してることが分かるでしょう。
 
Dear my facebook friends
 The photo shows "Venus" that shines brightly in the eastern sky every morning. It is called the morning star in English, but it is also called Lucifer (originally Latin).
   
 Probably we can see it until around August. This is because Venus is revolving counterclockwise. And our Earth is chasing Venus from the outside.
   
 By the way, unlike other planets, the rotation of Venus is said to be clockwise. Therefore, if we are on Venus, the sun rises from the west and sets to the east. Venus's distance from the Sun is AU = 0.72, so if you look at the Sun on Venus, it will be quite large.
   
 Not change the subject, but for example, we want to see the earth from the surface of the moon during once in our lives. We can imagine that the earth will forever float in the same place in heaven and will not move. However, as time goes by, we can see that the five continents move and our earth rotates.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2022年1月30日 (日)

一週間 すべて寄添う 旧正月・・・今年のみ

272850439_4657438091045887_1316833117045
 
 今年の2月1日は旧暦の1月1日です。国立天文台によると、この日は誠に珍しく、宇宙では惑星たちと月と太陽が集合しています。つまり、一週間の名前の元となってる天体たち「日月火水木金土」がすべて寄り添ってます。今年は何か、よいことが起こる前兆でしょうか。
 
 しかし、実際は、これらの天体は人類には想像がつかないほど互いに離れてます。事実としては、私たちの地球を含め、これらの天体は宇宙空間において、ほぼ一線上に並んでいることになります。本当に珍しいです。
 
 もちろん、この現象は太陽が出てるので日中であり、目で確認はできません。しかし、夜明け直前や、日没直後であれば、その一部が見えます。
 
 こんな時、星のきれいなネパールや内モンゴルの大平原、広大な砂漠地帯でこの現象を見たいものです。やはり旧暦を採用する国々にはそれなりの理由があるのでしょう。
 
Dear my friends abroad
 February 1st of this year is January 1st of the lunar calendar. According to the National Astronomical Observatory of Japan, this day is truly unusual, with planets, the moon, and the sun gathering in space. In other words, all the celestial bodies such as "Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, and Saturday" that are the origin of the name of the week in Japan, are snuggling up. Is this an auspicious sign that something good will happen in this year?
 
 However, in reality, these celestial bodies are so far apart that humankind cannot imagine. As a matter of fact, it is almost in line in outer space, including our earth. It's really rare.
 
 Of course, this phenomenon occurs in the daytime while the sun is shining, so that we cannot confirm visually. However, if it is just before dawn or just after sunset, we can see a part of this celestial phenomenon.
  
 At such times, we would like to see this phenomenon in the beautiful stars of Nepal, or the Great Plains of Inner Mongolia, or the spacious desert areas. After all, there may be some reason for the countries that adopt the lunisolar calendar.
  
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
   

| | コメント (0)

2021年12月12日 (日)

今の時季 ダイアモンドは 夜空にあり

Img_2658
【拡大してご覧ください。】
 
 クリスマスが近づき、街角もきらきら光ってますが、実は、今の季節に日本上空には一等星が7個も集まって、空もきらきら光ってます。それは午後9時、10時、11時、12時と東から次第に高く昇る「冬のダイアモンド」を形成する星たちです。その中には「冬の大三角」も含まれます。
 
 「冬のダイアモンド」をご自身の目で捉えられると、あまりの雄大さにきっと感動するでしょう。オリオン座はすぐに分かりますから、それを基に夜空を大きく見てください。最も北のカペラは稚内市の真上であり、最も南のシリウスはオーストラリア北部の真上です。オリオン座のウエストの三つ星は赤道上空です。ですから広範囲に広がってますが、日本からすべてよく見えます。
 
 この中には「NHK朝ドラ、Come come, everybody」のテーマ音楽の題名のアルデバランが輝き、そのすぐ右上にたくさんの星が集まってるスバルが見えます。冬の星座がますますきれいになる年末です。この機会に私たちも宇宙空間に浮いてることを実感してください。
 
Dear my friends abroad and staying in Japan
 Christmas is approaching and the street corners are shining brightly, but in fact, seven first-class magnitude stars are gathering in the sky above Japan in this season. It is the stars that form the "Winter Diamond" that rises gradually higher from the east at 9 pm, 10 pm, 11 pm, and 12 pm. This includes the "Winter Triangle".
 
 If you can see the "Winter Diamond" by your own eyes, you will surely be impressed by its majesty. Orion is easy to see, so take a big look at the night sky based on it. The northernmost Capella is directly above Wakkanai City in Hokkaido, and the southernmost Sirius is directly above northern Australia. The three stars on the waist of Orion are just above the equator. So it's widespread, but you can see every stars of it from Japan.
 
 In this stars, Aldebaran which is the title of the theme music of "NHK morning drama, "Come come, everybody" shines, and you can see the Pleiades with many tiny stars on the upper right. It is the end of the year when the constellations of winter become more and more beautiful. Please take this opportunity to realize that our earth is also floating in outer space.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。なお、右上の欄を必ずUS Englishにしてください。https://ttsreader.com/ja/...
 

| | コメント (0)

2021年10月30日 (土)

夜空見て 宇宙に漂う 実感持てる


Photo_20211030045601
【紫の線は地球から見て、夏に太陽が通る道です。】
 
 今の季節に夕方6時頃、西南に一際明るく輝く星は「金星」です。これからクリスマス頃まで約2ヶ月間「宵の明星」として見えますが、その後、金星は太陽に近づきます。このため、日中に出ているので太陽光に遮られて見えません。ですから、残念にも約1ヶ月間、見られません。
 
 しかし、待っていれば必ず出ます。それは2022年1月30日頃から今度は朝6時頃、東の空に「明けの明星」として出現します。
 
 ところで、今の季節では、深夜から明け方にかけて、日本列島を覆うかのごとく写真が示す巨大な「冬のダイヤモンド」が見えてます。有名なオリオン座もこの一部として含まれてます。ぜひ、ご自身の目で巨大な六角形を捉え、宇宙の神秘を感じてください。
 
 なお、ここ数日間は、日の出直前に東の空に水星が輝いてます。水星が見えるチャンスは誠に少ないです。 

 

Dear my weblog friends overseas
 The star that shines brightly in the southwest around 6 pm this season is "Venus". From now on, until Christmas evening, it will appear as the "Evening Star" for about two months, then Venus approaches the Sun. For this reason, it appears in the daytime so that we cannot be seen because it is blocked by sunlight. So, unfortunately, we haven't seen it for about a month.
 
 However, if you wait, it will definitely come out again. It will appear as the "Dawn Star" in the eastern sky from around January 30, 2022.
 
 By the way, in this season, from midnight to dawn, you can see the huge "Winter Diamond" shown in the photograph as if it covers the Japanese archipelago. The famous Orion is also included as part of this. Please catch the huge hexagon with your own eyes and feel the mystery of the universe.
 
 Currently, Mercury is shining in the eastern sky just before sunrise. There are really few chances for earthlings to see Mercury.

  

| | コメント (2)

2020年11月29日 (日)

距離も直径も400倍・・・宇宙空間の相似形

Aki4
 
 皆さん、今宵の月は満月で美しいです。遠い宇宙から見ると、今宵は太陽~地球~月が一直線に並んでます。ところで、地球から月までの距離が約38万Kmに対して、地球から太陽までは約1億5千万Kmあるので、距離の割合は約400倍です。
 
 因みに偶然にも、太陽の直径は月の400倍あります。つまり、宇宙空間に相似形ができるので太陽も月も見かけ上、ほぼ同じ大きさに見えます。今宵、月を眺めつつ、私たちも大宇宙に浮いてることを実感しましょう。今日は旧暦の10月15日です。
 
 Everyone, tonight's moon is a full moon and beautiful beyond description. If we see from a remote universe, the sun, the earth, and the moon are lined up in a straight line tonight. By the way, the distance between the moon and the earth is 380,000 km, while the distance between the sun and the earth is 150 million km, so the ratio of the distance is about 400 times.
  
 By the way, by chance, the diameter of the sun is 400 times that of the moon. In other words, because a similitude are formed in the outer space, in appearance, the sun and the moon appear to be the same size. Let's realize that we are floating in the universe while looking at the marvelous moon tonight. Today is October 15th of the lunar calendar.
 
※上の英文をネイティブの発音で聴くには英文をドラッグしてコピーし、次に貼り付けて下さい。https://ttsreader.com/ja/.
 

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

西南の空でランデヴー

Img_1395
 
 今宵、西南の空には三日月、木星、土星が一緒に輝いてます。このように見えるのは、遠い宇宙から眺めれば、私たちの地球と三つの天体が直線に近い所に並んでいることになります。また、南東の空には天高く橙色した火星が輝いてます。
 
 明朝は東の空に金星【明けの明星】が見えます。ですから、今の時期、惑星がよく見えてます。
 
Tonight, the crescent moon, Jupiter, and Saturn are shining together in the southwestern sky. What looks like this is that our Earth and three celestial bodies are lined up near a straight line when viewed from a distant universe. In addition, Mars, which is quite high and orange, is shining in the southeastern sky.
 
 Venus [Dawn Star] will be seen in the eastern sky tomorrow morning. Therefore, we can see the planets well at this season.
 

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

現在、火星が地球に大接近中!満月とランデヴー

Img_1226

【図を拡大してご覧ください。距離数は概算です。】

 今夜は時間が遅くなればなるほど満月と火星が接近して見えます。たまたま現在、火星が地球に大接近中なので光が強く見え、満月が近くにあっても火星もはっきり見えるでしょう。もちろん、火星も満月も太陽の光に照らされてることは共通です。

 国立天文台によれば10月6日に火星が地球に最接近するとのことです。

 しかし、私たちもそれが実感できます。その方法は火星の位置が太陽と反対方向にあるからです。つまり、太陽が西の空に沈むと、火星が東の空に出てきます。このとき、宇宙空間では、太陽と私たちの地球と火星がほぼ一直線に並んでいることになります。今回はおまけとして、満月もその一直線上に含まれます。ですから、今宵は大変に珍しい光景と言えます。

 ところで、私は10日ほど前の午前4時頃、西の空にあった火星がもの凄く明るかったので驚きました。これはもしかして火星の大接近中かと思い、調べてみると2年半ぶりに火星が地球の近くにあることが分かりました。

 火星は、他の惑星や多くの恒星に比較して、橙色をしているのが特徴です。これは火星の表面が酸化鉄で覆われてることによると考えられてます。火星の1日の時間は地球とほぼ同じで、軸が傾いてることにより四季があるとも考えられてます。

 星の中には橙色した火星に似てる恒星があります。それは「さそり座」の1等星アンタレスです。アンタレスは黄道近くにあることから、同じく黄道近くを通過する火星と間違われやすいことがあり、アンタレスと命名されました。これはギリシャ語で火星に対抗する星という意味といわれます。

 地球の兄弟ともいえる火星と、そして地球の子供ともいえる月が、互いに近くに寄り添う今宵は見ものです。しかし、両天体の距離差は約205倍も火星が遠方にあります。

 

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-arrhythmia anti-cancer measure anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke anti-hypertension Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia anti-stroke antioxidant Audi TT Quattro Covid 19 English pronunciation facebook ISSからの景色 Marie persimmon Marsh Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone studying English pronunciatoin お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 よい睡眠 イクステーリア インドの自然 インドの言葉 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 ガーデニング グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 シャクナゲ ストレス解消 ストレッチング スポーツ スムースな血流の促進 トキの野生化へ パソコン ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 ロフト ロマン 一人暮らしの健康維持 一生勉強、一生青春 七五三 七夕 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に掲載 上毛新聞に連載 世代交代 世界の指導者 世界の標準時 世界経済 両親に感謝 中生代 予防 二十四節気 五感 交通安全 人との出会い 人命救助 人生 人生100年時代を生きる 人間の喜びとは 人間の知恵 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野のよい所 倉賀野の七不思議 倉賀野の歴史 倉賀野小学校 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康的な春の過ごし方 健康的な秋の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 備えあれば憂いなし 先人の努力 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 再生可能エネルギー 初夏の花 前立腺 剪定 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 口腔衛生 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 和風住宅 国際交流 国際宇宙ステーション 国難のとき 地区とのつながり 地殻変動 地球 地球環境 夏の星座 夏季の花 夏至の天体 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 天体ショー 天敵 太陰暦 太陽太陰暦 太陽系 夫婦 夫婦の絆 失敗から学ぶ 奇妙なこと 姿勢 子供の頃の思い出 季節の移り変わり 学問・資格 学習に遅すぎることはない 宇宙に浮遊してる私たち 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 平和 庭いじり 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の弱さ 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 恩師 情熱 惑星 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 感染症 感染症対策 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持ちつ持たれつつ 持寄り前の調整 指揮法 挑戦は続く 挿し木 携帯について 携帯・デジカメ 支え合い 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 新聞投稿文 旅行・地域 日の出、日の入り時刻 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の未来 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日照不足 日米関係 日記・コラム・つぶやき 旧暦 早春 早朝の時間帯 早起きは三文の損 旬の野菜 昆虫 昆虫の生態 星座 星食 春の過ごし方 時代の波に乗る 晩夏から初秋へ 晩秋から初冬へ 暦について 月の満ち欠け 朝の習慣 朝ドラ 未来ある子供の安全 杉の木 果実酒 果物の木 枝垂れ桃 柴犬「ころ」 栄養価ある野菜 梅の花 梅雨の過ごし方 植物の不思議 植物の天敵 植物の植え替え 植物の生態 横隔膜 樹勢よくする方法 樹木の剪定 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康 歯の健康管理 歴史 母の思い出 母の教え 比較文化 毛細血管 気候変動 気圧配置 気象 水分補給 決意 流星群 流通 海外日本人学校 渡り鳥 源平しだれ 漢字を手書きする習慣 火山の噴火 火星の接近 災害への備え 父の思い出 牡丹 狂い咲き 環境衛生 生活改善 生活様式の変化 生活習慣病の予防 異常気象 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 相互依存 真冬から早春へ 睡眠法 石楠花の手入れについて 社会生活の基本 祖父母の情熱 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の先祖 私の夢 私の愛読書 私の料理 私の経済展望 秋の星座 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済活性化 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の素晴らしさ 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 脳の働き 腰痛対策 膝の健康 自分を変える 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然の脅威に対処 自然散策 自然現象 自然環境の保護 自然界の不思議 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若き日 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 蝉の一生 血圧 血圧対策 血流 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 言葉の重み 記憶力 語学 読売新聞に掲載 谷川岳遭難救助の鳩 資源ごみ 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足の運動と手当て 足腰の鍛錬 車の安全運転 車の運転 車の運転心得 車検 辞書の使い方 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 選挙の投票 野鳥の楽園 野鳥の生態 野鳥の飛来 長寿について 防災 除草 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風物詩 風邪対策 食事 食物繊維 香りを楽しむ 骨の検査 高崎のいい所 高崎のよい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 高齢者の運転 高齢者講習 鳩による国際交流 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 4月に咲く植物 MRIによる検査