カテゴリー「天体」の95件の記事

2019年4月 7日 (日)

早朝に 土星と木星 ランデヴー

「春はあけぼの」とは大昔より中国大陸から黄砂が飛来してた証拠ではないでしょうか。このため春の星座は冬のようにはっきり見えません。今の時季の早朝には、南の空に土星と木星が並んでます。また、よく見るとその西に「さそり座」のアンタレスが赤く見えます。太陽からの距離は、地球はAU1(約1億5千万㎞)、木星はAU5.2、土星はAU9.5です。因みにアンタレスは619光年と計測され、惑星たちとは比較にならない遠い距離です。

The evidence that spring is Akebono may be by the yellow sand coming from the Chinese continent since ancient times. For this reason, the vernal constellations can not be seen clearly visible unlike winter. In the early morning of the current season, Saturn and Jupiter are lined up in the southern sky seen from Japan. Also, if we look closely, the Antares of "Scorpio" will appear red in a little bit of the west. The distance from the sun is that the Earth is Astronomical Unit 1 ≒(150,000,000km), Jupiter is AU 5.2, and Saturn is AU 9.5. By the way, Antares is measured at 619 light years. It is remote distance that can not be compared with the planets.

 
P1070571

 

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

今チャンス 一度は見たい カノープス

Photo【国立天文台より転載】

 全天で21個ある一等星のうち、最も強い光を放つシリウスに次ぐ明るさを持つ南半球のカノープスを見た日本人は少ないでしょう。その理由はこの星の位置が赤緯-52度41分、赤経06h23mだからです。
 
 山岳を考慮せず、すべて平野として単純計算すると、90度-52度41分=37度19分となり、これを北緯で考えると新潟県中部~福島県中部です。理論上はここより南であれば見えることになります。しかし、地平線すれすれであり、実際には南に山岳があることが多く、関東では例外的に南に山岳がない房総半島南部などでは見られそうです。
 
 もちろん、沖縄など南西諸島では見られるわけですが、それでも水平線上10度ほどであることと、赤経06h23mはシリウスとオリオン座の間の下に位置し、夜間に現れるのは冬季のみであり、その時間帯も短いです。2月の今がチャンスと言えます。
 
  この他、カノープスが見られる可能性のある場所は高山山頂です。この場合、関東の山岳はもちろん、もしかして東北地方の高山山頂でも見える可能性があることになります。地平線すれすれであっても、今の時季は幸い空気が澄んでることもあり、その可能性は大でしょう。
 
 という私も未だ一度もないと思われますが、もしかしたら見てるかもしれません。ただ、若い時なのでこの星に対する知識もなく、天体に関心が薄かったこともあり、今思うともったいなかったです。
 
Photo_2【カノープスは冬のダイアモンドのの下方にある】
 
 それは最初の就職でインドに滞在し、南インドのベンガル湾を望むプリーや、マドラスに行ったこともあるからです。プリーは北緯20度、マドラスは北緯13度であり、前述の計算からするとカノープスは水平線から大分高くなるからです。ですから折角のチャンスを生かせなかったのです。当時の私にとってカノープスは猫に小判でした。
 
 ところで、このブログのコメンテイターであるTMさんが、先日、ハンドルームを「南極老人星」の名で感想を寄せてくださいました。実はこれこそカノープスを指す星です。
 
 中国は国土が南北に広範囲に亘ることから、カノープスが見える地域と見えない地域があります。そのため、いずれにしても、日本と同様、中国では見えるか見えないかの境界があります。見えても、地平線すれすれです。こんなことから、南極老人星を見られた人は長寿になるという言い伝えがあるとのことです。
 
 今は、日本でもカノープスが見られる季節です。生涯に一度でいいから赤味がかかってるいわれる南極老人星カノープスを見てみたいです。幸い、私の友人にニュージーランド人Mr. Barry Spence がオークランドに在住され、現在、頭上より少し南にカノープスを毎晩のように見られる状況にあると思われます。彼は家族ともども私の家に滞在してたことがあり、現在フェイスブックの友人であることから、カノープスについて、どのように光ってるか訊いてみたいと思います。
 

| | コメント (2)

2019年1月30日 (水)

下弦の月の右側の薄い光は太平洋の光の反射か

P1020608

 
1月も末となり日照時間が伸びてます。冬至の昼の長さは9時間41分でしたが、群馬県の今日は日の出が6時47分で、日の入りが17時07分ですから、昼の長さは10時間20分です。皆さん、春は確実に近づいてます。もう少しの辛抱です。お酒でも飲んで待ちましょう。
 
P1020358

It became the end of January, and the sunshine time is growing. The length of daytime of the winter solstice was 9 hours and 41 minutes, but today's sunrise was 6:47, and the sunset will be at 17: 07 in Gumma prefecture, so the length of the day became 10 hours and 20 minutes. Everyone, spring is surely approaching. We need a little more patience only. Shall we wait for spring with drinking booze?
 
P1070289
 
今朝5時の南東の空には、左から金星、木星、下弦の月が並んでます。これらはほぼ黄道にあります。恒星と異なり、惑星と月は常にその配置が刻々と移り変わります。下弦の月の右側が薄く白くなってます。これは太平洋に太陽光が反射してる光と考えられます。月を拡大してご覧ください。

In the southeastern sky at 5 o'clock this morning, Venus, Jupiter and waning moon are lined from the left. These are almost on the ecliptic. Unlike the fixed stars, planets and moon are constantly changing their placement. Would you please enlarge the moon. You will be noticed that the right side of the waning moon is slightly white. This is considered to be sunlight reflection of the Pacific Ocean.
 
P1070291
 

| | コメント (2)

2019年1月16日 (水)

よく見える 冬のダイヤモンド 今チャンス

皆さん、一年で最も寒い季節ですが、この世には、いやなことがあれば、逆にすごく良いこともあります。それが今の季節の星座です。特に深夜によく見えます。ぜひ、現在、日本上空に広がってる「冬のダイアモンド」を確認してください。この六角形が捉えられると、星座が一層、身近なものになります。

https://www.youtube.com/watch?v=AGqbhJ5nlI8

Everyone, it is the coldest season in the year here in Japan, In this world, there is disgust, and conversely there is something really good as well. That is the constellations of the current season. Especially at midnight it looks really nice. Please check "Winter Diamond" currently spreading over Japan. When this hexagon is visible, the constellation becomes more familiar with you. Please comment if you can confirm this huge hexagon. This huge hexagon is visible now in the Southern Hemisphere as well.
 
P1020328
 

| | コメント (4)

2019年1月 6日 (日)

日食で 浮いてる地球 感じよう 

今日の午前中に部分日食が起こると言われ、その時間は群馬県では8:42に始まり、10:04に最大となり、11:35に終わるそうです。日食とは太陽と地球の間に月が入る天体現象です。しかし、太陽までの距離は月の400倍も遠いです。日食は新月のときに起こりますが、両者の軌道は約5.1°異なるので、交点では皆既日食になり、交点に近いときは部分日食が起こります。目を傷めないようにして下さい。

It is said that a partial solar eclipse will occur in this morning in Japan, the time is as follows. it will start at 8:42 in Gumma Prefecture, will be the largest at 10: 04, and will end at 11: 35. A solar eclipse is a celestial phenomenon that the moon enters between the sun and the earth. However, the distance to the sun is 400 times remote than to the moon. Although the solar eclipse occurs at the new moon, but the orbit of the two differs by about 5.1 °, so that at the intersection it becomes a total solar eclipse and near the intersection, a partial solar eclipse occurs. Please do not damage your eyes.
 
P1070181_3拡大してください。】
  

| | コメント (2)

2018年12月29日 (土)

忙しくも 年末早朝 並ぶ惑星  

年末の今、日本海側は大雪です。しかし、太平洋側では早朝に南東の空に4つの星がほぼ一列に並んでいます。星の名は右から、おとめ座の1等星「スピカ」、最も明るい明の明星「金星」、「木星」、そして最も太陽に近い「水星」です。この星たちは黄道上にあるため一列です。水星が最も見難くいですが、空が澄んでる今の季節はよく見えます。なお、今後、日に日にこれらの惑星の中に細い下弦の月が入り込みます。星に願いを込めまるか。

 
Now, the end of this year, the Sea of Japan side is covered with heavy snow. However, on the Pacific side, four stars are aligned almost in a line in the southeastern sky early in the morning. The names of the stars from the right are, the first star of Virgo "Spica", the brightest morning star "Venus", "Jupiter", and "Mercury closest to the sun". These stars are one line because they are on the ecliptic or in the zodiac. Although Mercury is hardest to see, In the current season these stars can be seen well because the sky is clear. In addition, the thin waning moon will enter into the row of these planets day by day. Shall I wish on these stars?
 
P1070165
 

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

空気澄み 水星観察 よい季節

P1070158【上が金星、下が木星、その下に水星】・・・この写真では水星は見難い


朝6時に窓を開けると南東の空に金星が一際明るく輝いてます。そして、その遥か下に木星が輝いてます。そして、地平線のすぐ上に水星が見えます。肉眼で水星が見えるチャンスは少ないので、皆さんよく見てください。生涯に一回かもしれません。下の写真が水星です。
 
When opening the window at 6 o'clock in the morning Venus is brightly shining in the southeast sky. And Jupiter is shining far below that. And you can see Mercury just above the horizon in the more east. There are few opportunities to see Mercury with the naked eye, so please look it, everyone. It may be once in a lifetime. The lower picture is Mercury.
 
P1070160 【水星を拡大して撮りました。】
 

| | コメント (1)

2018年12月21日 (金)

天体ショー 1月6日に 部分日食

Photo

 
今宵は平成30年最後の満月です。つまり、宇宙空間で太陽~地球~月がほぼ一直線に並んでます。2週間後の1月6日の午前中には太陽~月~地球と並び、暫くぶりに部分日食が起こります。地域によって食の大きさは異なります。関東では、ほぼ半分欠けると予想されてます。この日は日曜日なので皆さん目に注意しながら観測しましょう。
 
Tonight is the last full moon in 2018. In other words, the sun ~ the earth ~ moon is almost aligned in outer space. In the morning of January 6th, two weeks later, the sun ~ moon ~ the earth will be formed a row so that the partial solar eclipse will happen in our nation after a long interval. The size of eclipse differs according to region. In the Kanto region, it is expected to be almost half lacking. Since this day is Sunday, everyone, let's observe it while paying attention to your eyes.
 

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

座流星群 12月14日 ふたご座に

12月14日~15日にかけて「ふたご座流星群」が見えると予想されてます。これは小惑星などの軌道に地球の公転軌道が近づくと起こる現象で、毎年ほぼ同じ日に見られます。「ふたご座」は冬の巨大なダイアモンドの東にある星座です。放射点が「ふたご座」にあり、流星が流れる方向はいろいろです。

 
It is expected that "Gemini swarm of meteors" will be visible from December 14th to 15th. This astronomical phenomenon occurs when the orbit of our earth approaches the orbit of an asteroid or the like, and it is seen almost at the same day every year. "Gemini" is a constellation in the east of the huge diamond in winter. The radiation point is in "Gemini", the direction of the meteors is various.
 
Photo
 

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

下弦の月と明けの明星が12月4日早朝に近づく

P1070078

 
12月4日の早朝に月と金星がかなり接近して見えそうです。この日の月は月齢27の下弦の月で、かなり細いです。しかし、よく観察すると両天体の位置関係は刻々と変化し、見る見る内に離れていくでしょう。これは月の公転に因ります。写真は今朝5時に撮影しました。もちろん、実際は近づくのでなく、宇宙空間で地球~月~金星がほぼ一直線に並ぶからです。
 
On the early morning of December 4th, the moon and Venus will approach quite close. Because the phase of the moon of this day is 27, it is a waning moon. So it will be considerably thin I guess. However, if we look closely, the positional relationship of both celestial bodies will change constantly and will move away within the sight seeing. This is due to the revolution of the moon. The picture was taken at 5 o'clock this morning. Of course, it is not actually approaching, because the Earth ~ the Moon ~ Venus is lined up almost on the straight line in space.
  

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

anti sarcopenia anti-aging anti-constipation anti-diabetes anti-heat stroke Anti-locomotive syndrome anti-sarcopenia anti-senile dementia Audi TT Quattro English pronunciation facebook ISSからの景色 Mars Retrograde migratory bird My Soprano Saxophone natural phenomenon New Year's resolutions soprano saxophone お薦めの散策コース お酒の飲み方 がん予防 ご挨拶 さそり座 しだれ桃の世話 イクステーリア インドの自然 インド生活の思いで ウォーキングの効用 エクステリア エコの実践 グルメ・クッキング ゲーム サイクリング サマータイム サルスベリの育て方 ストレッチング スポーツ トキの野生化へ ビール ピアノの練習 ファッション・アクセサリ フェアプレー ブログについて ホームコンサート ボケない方法 ボランティア―活動 ミネラル ユーモア レース鳩 レース鳩の世代交代 レース鳩の交配 レース鳩の夏の健康管理 レース鳩の血統 レース鳩の訓練 レース鳩の雛の餌 レース鳩の餌 レース鳩の馴致 レース鳩の高度ある舎外 レース鳩・帰還後の手当て レース鳩持寄り前の調整法 レース鳩梅雨時の管理 レース鳩飼育者の健康維持 一人暮らしの健康維持 七夕について 上毛新聞「ひろば」に掲載 上毛新聞に連載 二十四節季 二十四節気 交通安全 人命救助 人生 住まい・インテリア 体脂肪率 便利な生活と盲点 倉賀野のすばらしさ 倉賀野の七不思議 健康 健康的な冬の過ごし方 健康的な夏の過ごし方 健康管理 健康診断 健康長寿 健康食 健康食品 先人の知恵 八重桜 内視鏡による検診 前立腺 創意工夫 助け合い 動物愛護 医師の一言 古代史 君子蘭 君子蘭の育て方 吹奏楽演奏会 呼吸筋 国際交流 国際宇宙ステーション 地球 地球環境 多年草 大相撲 大腸の健康 天体 太陽太陰暦 夫婦 夫婦の絆 姿勢 季節の移り変わり 学問・資格 安全な入浴法 安全パトロール 室内楽の楽しみ 害虫 家庭内の整頓 家族 寒中の過ごし方 小学校の英語教育 庭の石の不思議さ 庭作り 心と体 心の温かさ 心肺機能の強化 恋愛 惑星の動き 愛車の手入れ 愛鳩の友に掲載記事 我が家の仕来たり 我が家の菜園 持寄り前の調整 指揮法 携帯について 携帯・デジカメ 教育 文化・芸術 新みかぼフィル 旅行・地域 日中友好 日本に関する英文表記 日本の安全 日本の素晴らしさ 日本シャクナゲ 日本シャクナゲの育て方 日米関係 日記・コラム・つぶやき 早朝の時間帯 星座 暦について 月の満ち欠け 杉の木 果物の木 柴犬「ころ」 梅の花 植物の生態 樹勢よくする方法 樹木の天敵 次女Marie Persimmon Marsh 歯の健康管理 母の思い出 比較文化 毛細血管 気候変動 気象 水分補給 決意 海外日本人学校 渡り鳥 火山の噴火 災害への備え 父の思い出 生活様式の変化 生活習慣病の予防 発声法の研究 発電所 登山 百日紅 目の健康 睡眠法 石楠花の手入れについて 神秘なこと 私のウォーキング 私のクリスマス 私の経済展望 種鳩の管理 第九 筋トレ 筋肉トレーニング 素敵な女性 経済 経済・政治・国際 経済講演会 群馬のいい所 群馬の日帰り温泉 群馬の歴史 群馬の秘湯めぐり 群馬の自然 群馬県の世界遺産 群馬県民の声援 翻訳 考古学 肉体の鍛錬 肩甲骨の健康 肺の健康 胃の内視鏡検査 背骨の運動 背骨を鍛練 腰痛対策 自然 自然の恵み 自然の脅威と恩恵 自然散策 自然環境の保護 自然界の掟 自転車的生活 花木 花桃 花梅 若さの維持 英作文 英語のボキャブラリー 英語の勉強 英語の発音留意点 草花 落ち葉の再利用 蔵人 藤の咲かせ方 血圧 血圧対策 血流の促進 血液検査 血糖値を下げる 衛生について 西洋シャクナゲ大輪 親の役割 観葉植物 語学 谷川岳遭難救助の鳩 赤紫の藤 超音波による検診 趣味 足腰の鍛錬 車の運転心得 車検 近所の交流 道具 選手鳩鳩舎の構造 長寿について 防災 集中力を高める 雨水の有効利用 青春真っ只中 音感 音楽 音楽会 音楽教育 頭の活性化 風邪対策 骨の検査 高崎のいい所 高崎市 高速運転について 高齢化社会 鳩レース 鳩月刊誌ビクトリアル 鳩舎の改築 鳩舎の構造 黄道十二星座 鼻の健康法 1年を振り返って 1月1日の天文 1月1日の天文学上の意味 MRIによる検査