カテゴリー「草花」の3件の記事

2009年9月25日 (金)

グングン成長してきたサボテンにあやかりたい。

P1030700  どうしたことか今年になって見る見る成長した植物に、ご覧のサボテン【cactus】があります。今までそれほど気に留めてなかった植物ですが、置く位置をコンクリートの上から土の上に移動したら、急に成長してきたのです。下から徐々に水分を吸収できたのでしょうか。やはり、自然の土の上がいいようです。

 同時に、脇から新たに独立心旺盛な子供たちがたくさん出て来て成長を始めました。今後、ますます全体が大きくなり、どのような風貌になっていくか楽しみです。当面は押しくら饅頭して大家族のようです。このため鉢が狭くなり、先日、大きいものに植え替えてやりました。強烈な棘があるので作業が難しかったです。

 ホームセンターでサボテンの土を見つけ購入しました。見るからに水はけが良さそうです。多分、サボテンのための肥料も含まれているのでしょう。これで今後、今までより手入れをしっかりして成長や開花を期待します。

 例年の経験では、ある日、気づかないうちにいくつか蕾が一斉に出現し、翌朝、急に咲き驚きます。そして、その日の夕刻にはすべて萎れてしまいます。「また来年ね」というふうに何と短い開花時間なのでしょう。あとの364日は毎日ご覧のようにグロテスクで刺々しい格好してるだけです。まるで中国で想像上の植物といわれる優曇華(うどんげ)の雰囲気です。じっとしててここ一番というとき本領を発揮です。私たちもここ一番というチャンスをものにしたいですね。

 1年に1日の花はご覧の通り、極楽浄土を思わせる色彩と平素の殺風景さとは雲泥の差である豪華さを表現します。写真は昨年の開花です。

 果たして、今年も突然蕾が出現し驚かしてくれるでしょうか。例年は夏の開花でしたが、今年はまだ咲きません。世界経済が低迷してるのでそれに倣ってるのでしょうか。それであれば、いっそのこと、ぜひ大輪を咲かせて欲しいものです。

 脇から出てきた子供がかなり成長したので、そこから一斉に咲いたらどんな感じでしょうか。夢は大きく持ちましょう。

 翻って、相変わらず孤独な生活を余儀なくされてる私です。いつかは今の生活から脱却し、一人でない楽しい生活へ推移したいものです。

 サボテンは一年のほとんどを棘のある痛々しい姿です。それがある朝、打って変って芯から湧き出たように開花するのですから、人間の運勢もサボテンに倣い、ある日、突然思いもよらないいいことが降り注ぎ、私にも開花があるでしょうか。寂しくても明日も明るく生きよう。 

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

鳩を飼っていた絵本作家ターシャ・テューダー

 92歳で亡くなるまで100冊もの作品を出版した米国の絵本作家ターシャ・テューダー展を高崎市美術館へ見に行きました。隣接する旧井上房一郎邸も見どころの一つ。ここではターシャ・テューダーの庭をイメージしたガーデニングを施し、周囲の自然と共生する彼女の日常生活の雰囲気を彷彿させます。

 高崎市に住みながらいつかはこの日本庭園内の別荘を拝見したいと思いつつ、なかなかその機会に恵まれず、今回、ターシャ・テューダー展により初めて旧井上房一郎邸内を散策しました。

 庭園に入るやいなや、人とは樹木の中にあってこそ、人間らしさを取り戻せるのではないかと直感してしまいました。高崎駅の近くにありながら、広い屋敷いっぱいに草花や生茂る樹木はターシャ・テューダーの寛いだ生活を連想させている。庭園に建つ家屋もきわめて素朴。日本の古き良き時代が偲ばれます。ここにはターシャの絵本が展示されている。

 これは美術館内に再現されたターシャ・テューダーの生活の場。高齢でありながら自給自足の生活を通して「楽しみは自ら創り出すもの」との考えなのでしょう。チーズ、ジャム、ろうそく、石鹸、織物、編物など身の周りのほとんどを手作りでまかなっている。彼女は幼少のころから自然に囲まれた生活にあこがれた女の子でした。いっしょに遊ぶ人形などもすべて手作り。

 美術展を拝見し、私が彼女の言葉の中で感銘したことがあります。「人は焦らず、ゆっくり生活し、どんなに忙しくても午後4時までにお茶の時間にしなければいけない。」あるいはこれは精神のみならず、高齢で細い身体の彼女をいつまでも健康に維持し続けた源ではないかと思いました。午後のお茶は健康に欠くべからざるものなのでしょう。

 樹木、草花に囲まれ、ヤギや放し飼いのコーギー犬とともに午後のひと時を心休め、自然の緑に佇み、時間に追われず、素朴な生活に徹した彼女の姿が目に浮かびます。

 こちらは私の庭ですが、意外とターシャ・テューダーの自然に囲まれた生活に似ている感じです。【おっと、言い過ぎか。】というのは大きなしだれ桃を始めとして、色とりどりの各種シャクナゲ、すべて色彩の異なる花梅たち、中でも高さ10メートルほどの素姓のよい杉の木、そしてモクレンや白モクレン、雪柳に、しだれレンギョウなど所狭しとばかり樹木で覆われています。

 ターシャ・テューダー展を見て、彼女の日々は私とかなり共通項がある気がしました。【それは何と言っても一人暮らし。】食物、着るもの、洗濯、掃除は自分でするしかありません。

 でも、私の場合、男一人にしては家の中はきれいな方だと思います。内緒ですが、他の家を訪問したとき、内心私の家の方が整理整頓できていると感じることがあります。

 こんなことで、ターシャ・テューダーと私の共通点は好きな植物や愛犬など動物に囲まれていることでしょう。特に誠に驚くことですが、私と同じく何と彼女も鳩をたくさん飼ってるのです。女性で鳩が好きな人とは本当にいいですね。多分、愛くるしい姿や鳴き声、餌を与える楽しさ。自由に空を旋回し家に舞い戻る習性にきっと喜びを感ずるのでしょう。

 私はすでに半世紀以上にわたり鳩を飼育しています。音楽が職業でしたが、それよりも鳩の歴史は古いのです。女性で現在でも鳩を飼育してる著名な方はエリザベス女王です。そして現在、女王陛下の鳩の孫鳩が私の家にいます。この鳩は日英友好に一役買っており、私にとって生きてる家宝です。

 私はこれからも樹木に覆われた庭でミョウガを育てたり、春咲く花木のために1年かけて世話したり、周りの自然を慈しみ、ターシャ・テューダーのように人間本来の楽しい生活が味わえるよう、今日の美術展を生かしていきたい。

| | コメント (6)

2007年6月16日 (土)

花菖蒲真っ盛り

 倉賀野駅のすぐ北には花菖蒲がたくさん咲いてます。元々休耕田を利用して植えたと言われますが、現在では株数が減っています。それは宅地として転用し埋め立てられたからです。

 ところで、6月は意外と多くの草花が咲くのでその多様さには驚きます。夏至直前で日照時間が長く、適当なお湿りもあるから成長しやすいのでしょう。花菖蒲のよさは何と言っても色とりどりの花びらをつけてることでしょう。

  私の庭にもアヤメなどがありますが、花菖蒲は大きさや色彩からして女王のような品格を漂わせています。いつまでも色あせない姿には「もっと伸び伸びしなさい。ゆったりとした心を持ちなさい」と人間への精神的指針を示しているかのようです。

 教育者はどうしても言葉でいろいろとあるべき姿や、強い精神面の必要性を力説してしまいがちですが、植物はこのように言葉でなく「自らの立ち振る舞い」で私たちにものを教えてくれる気がします。動物もそうです。レース鳩を見ていても夫婦愛は人間以上と思うことがしばしばです。子育てを平等にし、父鳩は夜間はどこかに遊びに行かず、あくまで自分の巣の前にどっしり構え、妻や子供を安心させ、日中は無心に餌を運ぶのです。

 炎天下の日に、おさなごを車に待たせておきパチンコに興ずる母親のようなことは絶対しません。人間の世界では今年もこの悲劇が起こるでしょう。

 花菖蒲を観賞し、植物、動物、大自然は私たちに「本来あるべき姿や生き方」を示しているように感じてなりません。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

anti-aging | Anti-locomotive syndrome | anti-sarcopenia | anti-senile dementia | Audi TT Quattro | English pronunciation | facebook | My Soprano Saxophone | お薦めの散策コース | お酒の飲み方 | がん予防 | ご挨拶 | しだれ桃の世話 | インド生活の思いで | ウォーキングの効用 | エクステリア | エコの実践 | グルメ・クッキング | ゲーム | サイクリング | サマータイム | スポーツ | トキの野生化へ | ビール | ピアノの練習 | ファッション・アクセサリ | ブログについて | ホームコンサート | ボケない方法 | ボランティア―活動 | レース鳩 | レース鳩の世代交代 | レース鳩の交配 | レース鳩の訓練 | レース鳩の馴致 | レース鳩・帰還後の手当て | レース鳩持寄り前の調整法 | レース鳩梅雨時の管理 | レース鳩飼育者の健康維持 | 七夕について | 上毛新聞「ひろば」に掲載 | 上毛新聞に連載 | 二十四節気 | 交通安全 | 人命救助 | 人生 | 住まい・インテリア | 体脂肪率 | 倉賀野のすばらしさ | 倉賀野の七不思議 | 健康 | 健康的な夏の過ごし方 | 健康長寿 | 健康食 | 健康食品 | 内視鏡による検診 | 動物愛護 | 吹奏楽演奏会 | 国際交流 | 地球 | 地球環境 | 大腸の健康 | 天体 | 夫婦 | 夫婦の絆 | 季節の移り変わり | 学問・資格 | 安全な入浴法 | 家族 | 小学校の英語教育 | 心と体 | 心の温かさ | 恋愛 | 愛鳩の友に掲載記事 | 我が家の仕来たり | 我が家の菜園 | 持寄り前の調整 | 指揮法 | 携帯について | 携帯・デジカメ | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日中友好 | 日本の安全 | 日本シャクナゲ | 日本シャクナゲの育て方 | 日米関係 | 日記・コラム・つぶやき | | | 杉の木 | 柴犬「ころ」 | 植物の生態 | 次女Marie Persimmon Marsh | 歯の健康管理 | 母の思い出 | 比較文化 | 気候変動 | 気象 | 海外日本人学校 | 渡り鳥 | 火山の噴火 | 父の思い出 | 発声法の研究 | 発電所 | 登山 | 百日紅 | 目の健康 | 石楠花の手入れについて | 神秘なこと | 私のクリスマス | 私の経済展望 | 第九 | 筋トレ | 素敵な女性 | 経済 | 経済・政治・国際 | 経済講演会 | 群馬のいい所 | 群馬の日帰り温泉 | 群馬の秘湯めぐり | 群馬の自然 | 群馬県の世界遺産 | 群馬県民の声援 | 肉体の鍛錬 | 胃の内視鏡検査 | 自然 | 自然界の掟 | 自転車的生活 | 花木 | 花桃 | 花梅 | 若さの維持 | 英語のボキャブラリー | 英語の勉強 | 草花 | 落ち葉の再利用 | 蔵人 | 藤の咲かせ方 | 血圧対策 | 血流の促進 | 血液検査 | 西洋シャクナゲ大輪 | 親の役割 | 観葉植物 | 語学 | 谷川岳遭難救助の鳩 | 赤紫の藤 | 趣味 | | 車の運転心得 | 近所の交流 | 選手鳩鳩舎の構造 | 長寿について | 防災 | 集中力を高める | 音楽 | 音楽教育 | 頭の活性化 | 高崎のいい所 | 高崎市 | 高齢化社会 | 鳩レース | 鳩月刊誌ビクトリアル | 鳩舎の改築 | 鳩舎の構造 | 鼻の健康法 | 1年を振り返って | 1月1日の天文 | MRIによる検査